色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

化学によく出てくる、合成と生成の言葉の違いについて、教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

合成…2種類以上の物質から目的の物質を作ること。

たいていは人間に有用なもの。
生成…ある操作の結果によって物質が発生すること。


(正)水素と窒素からアンモニアを合成する。
(誤)過酸化水素水と酸化マンガン(IV)から酸素を合成する。
酸素は以下の式で過酸化水素の分解によって生成します。
2H2O2 → 2H2O + O2

(正)スチレンとブタジエンからスチレンブタジエンゴム(SBR)を合成する。
(誤)ブタジエンからブタジエンゴムを生成する。
ブタジエンゴムを作るのは重合反応ですから合成です。
    • good
    • 6

No.1です。


No.1での説明を補足します。

アルコールという物質に、できさせる(生じさせる)→アルコールを生成する

という言い回しをする人もいそうです。

これは、誤りとまで言っていいか分かりませんが、少なくともきちんとした日本語ではありません。
きちんと言うなら、No.1で書いたとおり、「アルコールが生成する」と言ったほうが適切です。
    • good
    • 0

「つくる」と「できる」の違いです。


前者には「意図」や「目的」がありますが、後者は必ずしもそれとは関係のない「結果」を客観的に述べるものです。
    • good
    • 4

アルコールを作る→アルコールを合成する


アルコールができる→アルコールが生成する
アルコールの純度を高める→アルコールを精製する

とにかく一度、辞書を引いてみることをお勧めします。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング