一番古い脳腫瘍の手術の歴史について教えてください。
だいたいいつごろ
だれが行ったものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

三国志には曹操の診察を行った華陀が脳腫瘍の手術を勧め、それに激怒した曹操によって獄死させられるというシーンがあります。


三国志は時代的には紀元180年頃からが舞台となっているので、約1800年前の中国では行われていた可能性を示しているといえます。
世界初の全身麻酔手術(乳癌手術)が1804年に日本で華岡青州によって行われていますが、それ以前は麻酔措置を行っていたのか否かが不明です。
しかし、乳癌手術が紀元前3000~5000年のエジプトで行われていたことから考えると、2000年前の中国で脳外科手術が行われていたとしても不思議はありませんネ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

華陀(かだ、フアタ)は
お釈迦様(仏陀)の主治医ではなかったでしょうか?
うろ覚えで申し訳ありません。

補足日時:2001/05/10 10:32
    • good
    • 0

何度も申し訳ありません。

先程の内容に誤りがありましたので、訂正いたします。

Alexander Hughes Bennetは診断した人で、手術を執刀したのはRickman Godlee
でした。この24歳の男性は、術後4週間で死亡したそうです。
最初の成功例は、1888年William W.Keenによって施行された髄膜腫の手術とのことです。ただし、この頃の脳腫瘍手術の死亡率は、100%近くで、技術的に確立したのはHarvey W.Cushing以降(20世紀になってから)です。
    • good
    • 0

脳腫瘍の手術というのを、見落としていましたので補足いたします。


脳腫瘍の手術のの最古の記録は、ロンドンで1884年11月25日にAlexander Hughes Bennetにより行われたものです。患者は、24歳の男性で、疾患は神経膠腫だったそうです。
    • good
    • 0

古代メソポタミアの、シュメール文明では、BC2600年頃、脳外科手術の記録があるそうです。

誰が行ったかは、さすがにわからないと思います。

参考URL:http://park.ruru.ne.jp/minie/rekishi1.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 神経膠腫<脳・神経・筋の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    神経膠腫とはどんな病気か  脳の神経膠細胞から発生する腫瘍(しゅよう)です。脳腫瘍全体の約25%を占めます。40〜60代の壮年に発生することが多いのですが、小児でもその発生は認められます。成人の場合は大脳の前頭葉(ぜんとうよう)、側頭葉(そくとうよう)、頭頂葉(とうちょうよう)に多く、小児の場合は脳幹(のうかん)や小脳での発生が多く認められます。原因はわかっていません。 症状の現れ方  麻痺、手足のしびれ、言語障...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳腫瘍になった時の日常生活で気をつける事

脳腫瘍になったようです。
日常生活で気をつける事があったら教えてください。
例えば、ストレスに気をつけるとか、デットクスとか
食事、運動とかに気をつけるとか?
健常者が、健康に気をつけるのと同じ事が、やはりいいのでしょうか?

Aベストアンサー

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲み水は浄化したものを使用します。

人の体の免疫の多くの部分を担っているという腸管内免疫を高めるために整腸に心がけます。毎食、納豆かヨーグルト(なるべく低脂肪のもの)をオカズもしくはデザートとして加えるのは効果があります。

下記URLの「腸管免疫系を活性化する乳酸菌」の部分を参照:

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi21/mm21-45.html

整腸に関して私が記載させて頂いた下記のURLのANo.3:

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=1141322

食事に関して記述されている参考HP:

http://www.ola-method.net/ola/shoku.html

睡眠は早寝して十分にとるようにします。出来れば夜9時頃には就寝したいです。私の場合、習慣がつくまでもしくは習慣がくずれてしまったときには眠剤の助けを借りていました。

適度な運動は免疫力を上げますので大切です。

また、その他「気持の持ち方など」は下記の病院の道場で頻繁に模様されていて、ここの診察券をもっている方は誰でも参加出来ます。基本的に無料ですが有料のものもあります。

http://www.obitsusankei.or.jp/he-exe/purpose.html

上記の病院を経営している帯津良一さんには著書が多数あります。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.html

帯津良一の本の一例(沢山あります):

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?code=5805512

今回のご質問に対する直接的な回答になりませんが、「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲...続きを読む


人気Q&Aランキング