これからの季節に親子でハイキング! >>

22歳女です。心療内科に初めて受診した際の主治医と治療やカウンセリングに通い7年経ちました。

現在、ドメスティックパートナーの関係となり3年がたつ彼がいます。

主治医を信頼しているし、早く克服したいこともあり、診察では私の生活内容や、感情などありのまま話しています。

ですが、先日主治医に
「あなたと彼は典型的な共依存だね」
とだけ言われ…共依存の治療(主に、彼との生活についてのアドバイスだけですが)が始まりました。

私も共依存について調べてみたものの頭の中は(?◇?)の状態で…ネットで調べても、なんだか文章が難しく、「最終的に共倒れ(二人してダメになっていく)」ってことしか分からなくて…共依存がどんな症状なのか肝心なことが分かりませんでした。
私と彼のどこが共依存なのか…主治医に彼との生活の指導をいただいても、お互い無自覚なので、共依存には何が良くて何がダメなのかすら分からない状態ですから、自分から率先して共依存ではない上手な関係を築くために何をすればいいのかすら分からない状態で、「共倒れする時」を指をくわえ待っている感じがします。
そこで、難しい言葉は抜きに簡単に共依存の特徴を教えていただけませんか?(例えば「風邪の症状は鼻水や発熱」)のような感じで教えていただけたら嬉しいです。回答を参考に、自分を客観的に見てみたいと思っております。
そもそも、共依存とはきちんとした病気で、治療が必要なのですか?
ただただ「二人してダメになる」が頭から離れず苦しいです…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1のかたが、ほとんどですが、つけくわえるなら、「いまの私があるべき、私でないのは、全部あいつが悪い。

」と
あるいみ、責任転嫁をすべて出来るのも一つの形です。

だから、逃げない。 逃げられないと・・・思い込んでいるというか、思い込みたいのですね。
もし、にげた、分かれたとしても、一切の状況・環境を捨ててですから、立ち直るのに困難ということもありますが、
それ以降の、「悪いことは、あいつが、悪いからだ」という自分の気持ちからも抜け出て、前向きに進むができない。

いつまでも、あいつが悪いがために今の私の不幸、不遇という思いが続く。

自分の納得できない状況を説明するためにも、【責任者】が必要だから。

相手にとって、自分が必要でも、自分には必要ではない、しかし、コイツがいるから私は不幸。
この、【不幸】を説明するために、また、相手が必要という。

日常的にがんばるに、エナジーが必要なのでが、普通の人も、何々のため(子どもの、お金の)というようなことですが。
共依存のひとは、「負のエナジー」とでも言うようなもので動いているようにおもいます。
コイツがダメだから、私がいなくちゃ、がんばらなくちゃ・・・か、いやだけど、仕方がない、逃げられないから、
そういう、心情、状況が常にないと、自分を納得させて動く、働くことも出来ない、「負のエナジー」

憎むこともまた、元気の素みたいな・・・です。

次に、引っかかる人もまた似たような人ですし、引っかかるまでは、ずっと、別れた人のことを
悪く言うか、心配するか、いずれにしても、頭の中から、出て行きません。


全部が自己責任、誰かのためでもなく、ダレのせいでもなくと思えるようになればです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


回答読んでいて、グサグサきましたので、ベストアンサーに選ばせていただきました。

昔の自分のこと、そして今現在の自分のことを書かれているような気がしました。

お礼日時:2011/12/31 09:23

共依存関係にある二人は、たいていは、これこそ愛だと勘違いしながら苦しんでいると思います。



回避依存症の男性と、恋愛依存症の女性などが多いですね。

ここのHPも参考になるかと思います。
http://www.556health.com/


>共依存とはきちんとした病気で、治療が必要なのですか?

病名ではないです。症状の一つと理解した方がわかりやすいと思います。
もともと心が病んでいるから、共依存という関係的な症状におちいるのです。

愛し合っているように見えて不幸な関係なので、幸福になりたければ心の病の治療をしたらいいと思いますが、
できるだけ共依存のままでいたい、という人もいると思います。
そういう人は、はたから見ていて気の毒ですが、
とことん落ちなければ気が済まないのかもしれません。


>「二人してダメになる」が頭から離れず苦しいです…

今が共依存の関係でも、二人して治療に向かえるなら、希望はあると思いますけどね。
ネガティブな部分に注目して、なんだか自分をのろっていませんか?

あなたの幸福を軸に考えたらいいですよ。相手からの評価中心ではなく。
一人の人へ執着しすぎると自分が苦しくなるから、自分の幸せを中心軸にそえればいいし、
彼に愛されなければ自信を失うとか、あまり相手中心には考えない事です。



共依存は、お互いに精神的な根っこが弱いから、相手によりかかろうとしている状態です。
たとえば、あなたも彼も、自分の足で立つ代わりに、斜めになって寄りかかりあっているような危うい状態です。

健康な関係は、相互依存です。自分の根っこがはっているので、多少の衝撃を受けてもしっかり立っていられるし、
相手との関係を、必要性からではなく、楽しむことができるという関係です。
自分の足で立っていて、手をつないでいるような関係です。


もっと単純に言えば、愛情に飢えていると共依存になりやすいのです。
お腹が空いていて、毒かどうかも確認しないでとにかく食べてしまうようなものです。

自分の腹をそこそこ満たせるなら、相手との関係はデザートです。
毒だったり、おいしくなければ手を出しません。

なので、自分の腹を満たせるようになることが大事です。
そこではじめて、相手が自分にふさわしい相手か見極めることもできますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

いくつか、自覚出来る所がありました。
ですが、全く外れてる所もありました。

人によっても違うのですかね…

私自身が、依存しやすい人間らしく、共依存体質なのかもしれません…

難しいですね、共依存って。

お礼日時:2011/12/31 09:18

彼がDVをするということでしょうか?


逆だったら男女逆にして考えてください。

共依存とは、病気というよりもマインドコントロールです。
それから解放されるためには精神科医の力を借りるのが近道です。
PTSDは厳密には病気ではありませんが、治療のために精神科や心療内科に通います。それと同じですね。
どちらかといえば怪我でしょうか?
腰痛が酷くても別に死にはしないけど病院や整体に行かなきゃ治りもしない。そういう状態です。
病院が精神科、整体にあたるのがカウンセリングです。

全体的な傾向としては「相手のおかしさがわからない」というものがあります。

彼や夫がDVをするという女性に多い思考回路が、
「殴らなければいい人」「怒らせさえしなければ殴られない」「殴られるようなことをする私が悪い」
というような、明らかに殴る男が悪いのに自分が悪いという結論を出してしまうことです。
DV加害者はパートナーを意図的に貶め、パートナーが加害者を神のように崇めるようにマインドコントロールします。
これはモラハラ系であり、支配の道具として暴力を使います。
「腹が立ったら殴ってもいい」という認識自体が間違いなのですが、神様の言うことが間違っているはずがないという精神状態です。

もう1パターンあります。「彼には私がいなくちゃダメなの」です。
支配タイプとは逆に、加害者が「気が付いたら殴っていた」「殴っている時の記憶がない」「頭に血が上ると何もわからなくなる」というタイプです。
支配タイプは絶対に治療しようとしませんが(「俺をキチガイ扱いするのか!」と殴られるのがオチ)
治療しようとする人に多いのがこちらです。

こちらの加害者は殴ってしまったことで捨てられると思い、泣いたり土下座したりとパートナーに必死で縋りつきます。
共依存パートナーは「私の愛で立ち直らせてあげる」と使命感に燃えます。
燃える事自体が共依存の症状だと言われています。
正直、母親でもなければ加害者をそうした原因を作ったわけでもないのですから面倒見る必要はありません。
パートナーには不利益しかありません。
通常、利益よりも不利益が多ければ愛など瞬く間に消え失せるものです。
実際、こう思っていたパートナーも共依存から抜けると「あの頃の自分はどうかしていた」としか思えないようです。


あんまりわかりやすくなりませんでした…
「何でも自分が悪いと思い込む」「何でも相手が正しいと思い込む」「○○さえなければいい人」「○○だからしょうがない」「第三者の言うことは聞き入れない」
こんなところでしょうか。
客観的に見る工夫としては、口論や喧嘩になった時原因・経過・結末などを紙に書きだしてみることです。
主治医など第三者に見てもらい客観的な意見を理解できるようになれば突破口になるかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

彼氏は、DVではないんです。

いろいろあってドメスティックパートナー(=内縁の関係)です。

上手く質問を文章に出来ず申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/12/31 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共依存体質から抜け出して精神的に自立するには

共依存状態だったと気づき、離婚します。30代女性です。
いくつか本は読み、カウンセリングも行っていますが、
これからについて、相談させてください。

抜け出すために必要なこと、こんなことをしたらいい等
またヘンな男の人に捕まったりしないために気をつけること
明るくやっていくための心構えや人とのつきあい方などを教えて頂きたいです。

仕事等でも、ハラスメントのような経験が複数あり、他の人にくらべて、威圧的な人を引きつけてしまって、いじめられやすいようのではと気づきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

互いが相手に依存して生きることは、恋愛中の男女や結婚している夫婦のあり方に隠れてしまう場合もあり実際より多くの男女が依存と甘えの間をウロウロしているのではないかと私は思います。

まずは一人でも生きて行ける人間になることを目標に、「自分探し」は後回しにして、ごくごく普通に家族や友人との時間を楽しみ、趣味や人間関係に打ち込み、恋愛に寄りかからず、一人で生活を楽しめる時間と手段を持つことだと思います。依存する相手を探している男性は得てして女性に「大恋愛」を予感させることが多いようですから、全ての時間をあなたに使う男性を素敵だと思ったり、心の内をさらけ出して助けを求める男性を自分だけに救いを求めているのだと感じたり、強い嫉妬や束縛を愛情の深さと信じたり、仕事や友達、その他の人間関係を大事にせずあなただけが居れば良いという態度を必要とされていると考えたりしそうになったら、要注意ということだと思います。

健康な男性であれば、全ての時間を女性だけに使うことはまず考えられないと思うんです。仕事、親、友達、付き合い、趣味等、依存傾向にない相手は自分の世界観と使命感を持っているものです。恋愛の只中ではどんな男性も夢中になり、女性との時間を優先しようとするでしょうが、落ち着いた頃には女性だけに集中するだけでは生きて行けないものです。助けを求める男性を弱い、とは言いませんが、女性の考えを全面的に受け入れてばかりの男性、つまり話しを聞くだけではなく自分を変えてもらうことを女性に全面的に求める男性は一般的ではありません。強すぎる嫉妬も束縛も、熱い時にはどんな男性も感じるとは思いますが、その嫉妬にある自分の心の揺れや状態を女性に説明し全面的に理解してもらおうと感じるならば行き過ぎです。特定の女性以外の人間関係や仕事を御座なりにすることも同じです。

男性は女性との付き合いだけでは生きて行けないと考えることを、多くの女性が夢と希望で目を塞ぎ認めようとはしません。これは女性が男性との体の関係だけでは生きて行けないと考えることを、多くの男性が夢と希望で理解しようとしないのと同じです。多くの女性は「自分だけを愛する」イコール片時も離れず心も一体となると考え、依存傾向のある男性を運命の人と考えることが多い気がします。つまり寂しがりやの女性を始終満足させてくれる男性は要注意とも言えると思うんです。どんなに夢中でも、心の弱い部分は虚勢を張って隠そうとする、どんなに会っていたくても仕事や他の人間関係の重要性を忘れない、どんなに女性がアドバイスをしても参考までに留めておく、嫉妬はプライドと計りにかけて小出しにする等の行動や感情の制御は社会を重視する男性には至極普通のことだということを忘れずにいることだと私は思います。

職場やその他で威圧的な態度を取られたり、ハラスメント、いじめの横行は、もしかすると恋愛ではないものの上記のいずれかの依存的行動を知らずにあなたが伺わせているのかも知れません。依存は甘えとは違いますから、人に甘えているという意味ではなく、自分の意見と行動で仕事をするイメージがないからかも知れません。これとは逆に共依存にはまる人は、女性の場合まったく依存しそうにない性格に見える人もいます。自分の意見と行動で社会を渡り、私生活でも男性に頼られることに生き甲斐を感じるような姉御肌の人が実はパートナーと共依存していたり、会社で出る杭を打たれている場合もあると思います。いずれにせよ今は一人の私生活を充分に楽しめる女性になることだと思います。そして是非「自分1人でも生きて行けるけど、2人でいる方が充実する」恋愛をして欲しいと思いますし、同じように感じ生きていながらあなたと一緒にいることを選らぶ男性と巡り会うことを祈っています◎頑張って下さいね。応援しています。

互いが相手に依存して生きることは、恋愛中の男女や結婚している夫婦のあり方に隠れてしまう場合もあり実際より多くの男女が依存と甘えの間をウロウロしているのではないかと私は思います。

まずは一人でも生きて行ける人間になることを目標に、「自分探し」は後回しにして、ごくごく普通に家族や友人との時間を楽しみ、趣味や人間関係に打ち込み、恋愛に寄りかからず、一人で生活を楽しめる時間と手段を持つことだと思います。依存する相手を探している男性は得てして女性に「大恋愛」を予感させることが多いよ...続きを読む

Q共依存の彼と半ば無理矢理別れましたが…

共依存の状態にあった彼氏と、このままではマズいと思い無理矢理別れました。彼にとにかく振り回されてしまい、大変苦しい思いをしていましたが別れられずにいました。彼も私に依存し、私も頼られている事に依存していたように思います。

そこで長々悩んだ結果、ついにこちらから別れを告げました。が、正しかったのか分かりません。と言うのは、今までにも彼の方から2度程別れを告げられましたが(それは思いつきな感じでしたが)、なんやかやでよりを戻してしまっていました。今回は初めて私からの別れでしたが、結局お互いがお互いに惹かれている状態で話し合いも無いまま強制的にシャットダウンしたので、いつか元に戻ってしまうんじゃないかと思うのです。
(話し合いに応じるタイプではない為、このように無理矢理別れる事になりました)

気持ちの上では、なんだか終わってる感じがしません。たまに寂しかったり、悲しかったりもしますが、普段はあまりありません。それは「またそのうち連絡取る」という前提の上でのような気がしてしまいます。そして、実際また元に戻る事もあるかもしれません。

こういう気持ちですが、そのうち風化してなくなって行くのでしょうか。これが共依存の克服なのか?というと違う気がします。。私はこの気持ちをどこへ持って行ったらいいのか、どうすればいいのか分かりません。

因に今の時点では、彼は私に対し恨みに近い感情だと思います。しかし、彼が私を引きずる事は間違いないと思います。。私も同じかもしれません。

共依存の状態にあった彼氏と、このままではマズいと思い無理矢理別れました。彼にとにかく振り回されてしまい、大変苦しい思いをしていましたが別れられずにいました。彼も私に依存し、私も頼られている事に依存していたように思います。

そこで長々悩んだ結果、ついにこちらから別れを告げました。が、正しかったのか分かりません。と言うのは、今までにも彼の方から2度程別れを告げられましたが(それは思いつきな感じでしたが)、なんやかやでよりを戻してしまっていました。今回は初めて私からの別れでした...続きを読む

Aベストアンサー

せっかく距離を置いたのですから何故彼に惹かれなければならなかったのかを考えてみると良いかと思います。頼られるのがうれしかったのなら何故そんな人間にまで頼られようとしたのか。
その辺の本質的な原因を自覚しないとまた元に戻る事になるのではないかな?
仮に今回このまま別れても今後また同じような人間にはまる可能性は大きいと思います。
あなたの心理的に必要とするものがそこにあるような気がしている以上は。
恨みでも彼に感情的に振り回され支配されているのなら別れたとはいえないでしょう。精神的にも離れてこそ本当に別れたということのなるかと思います。
しばらくは意識的に関わらないようにしてしばらく別の角度から自分を眺めるのがよいと思います。
今までの自分の人との関わり方を振り返るのがよいのかなとは思います。

Q男性が共依存になっている場合についてご教授下さい

男性が共依存になっている場合の対処法などについてお聞きしたいです。

文章を書くのがあまり得意でなく、読みにくいかと思いますが、よろしくお願いいたします。

初めに私と相手の状態を提示します。
私は25歳男性で、非言語性学習障害(LD)で、17歳のころから鬱を患っており。
相手は24歳女性で、母親が幼少期に亡くなっており、育児放棄をした父親の下、機能不全家族の中で育ってきたようです。アスペルガーの傾向有り(あくまで「傾向」です。検査では境界線ギリギリのあたりだと言われています)

相手との関係ですが、結婚して約1年半。付き合い自体は6年程になります。

以下が経緯です。
妻と付き合い始めた当初、妻はあまり何も言わない(要求しない)人でした。
しかし、しばらくするとメールが途絶えると「どうしたのか?」「なぜ返信しないのか」等といわれる様になり始めます。
当時、私は「そんな女性もいるのか」位に考え何となくメールを返信しておりました。
それから、だんだんと要求はエスカレートしていき、「女性から来たメールは全部転送するように」「男女問わず誰かと出かけるときは、どんな人とどこに行って、何時に帰ってくるのか報告すること」等言われる様になります。
この時点で私の鬱がひどくなり始めました。しかし、この様な事態に、どう対応すればいいのか分からなかった私は何をするでもなく現状を受け入れていました。
そうこうしている内に本格的に私の調子が悪くなり、友人からの勧めで「彼女からのDV」ということで当時通っていた大学のスクールカウンセラーにかかりました。しかしカウンセラーからは「考えすぎ」「何か浮気などやましい事があるのではないか」等と言われすぐにカウンセリングを中止します。(ちなみに浮気などの事実は全くありません。ただ、過去に特定の女性とは付き合わずにセックスフレンドと遊んでいた時期があるという事実は彼女もカウンセラーも知っていました)この一件以来、カウンセリングに対して私は懐疑的になり始めました。
私がカウンセラーにかかっている間、彼女もカウンセラーにかかっていたのですが、カウンセラーの言葉は届かなかったようです。
この時、別れるという話もあったのですが、彼女に泣きつかれて「私が治すから」ということで、こちらが折れてしまいました。
それからは私自身「別れたいけど別れたくない(別れられない)」という状態が続きます。おそらくこの時点で共依存の状態になっていたのかと思います。
しばらくすると、この状況で、結婚するか別れるかという岐路に立たされます。彼女の実家が農家ということで婿養子に来て継いで欲しいとのことでした。
私は当初了承したのですが、次第に雲行きが怪しくなり始めました。ここの話も本当は詳しく書いたほうが良いのでしょうが、それをしだすと長い別の話になりますので、今回は端折らせて頂きます。
結婚の話が拗れて、彼女がどうしようもなく困っていると、なぜか却って「結婚しなければ」という強迫観念にかられてしまい、別れ話を持ち出すことができませんでした。
結局、私の親と彼女の親戚の力を借りて、彼女の実家から彼女を逃げるように連れ出し、結婚しました。
結婚した当初、彼女はよく働きました。しかし、しばらくして落ち着いてくると「仕事がしんどい」と仕事を辞めてしまい、家事もおろそかになりだしました。そして家に引きこもりがちになりました。「休んでるならどこかに出かけたらとうか?」といったところ「私はあなたが居ないと何もできない。あなたが居ないとどこに出かけても面白くない」と言われてしましました。
そんなことを言われると、私も一人でどこかに出かけたりということもできなくなり、どんどん精神的に追い詰められていきました。
この時点で依存されることに嫌気がさし、私の鬱がかつてないほどの悪化し、たまらず友人に相談したところ「そういう自虐風の自慢は聞きたくない」と言われてしましました。
それからというもの、この件はカウンセリングにかかることなく、友人に相談することもなくなりました。
そんなある日、お世話になっている心療内科で「共依存」という言葉を耳にしました。何となく調べてみると私の状況そのものでした。
しかし、共依存について調べてみても女性目線のものばかりで、しかも自分自身に依存されているというパターンが見当たりません。

そこでどなたか、私と同じ状況の方、具体的には
・男性
・相手に依存されている
・自分自身が共依存である
という方、アドバイス頂けないでしょうか?
今、私はどうすれば苦しみから逃れられるのか全く分からず困り果てています。よろしくお願いいたします。

なお、現在カウンセラーや友人が全く信頼できない状態です。
勝手かと思いますがよろしくお願いいたします。

男性が共依存になっている場合の対処法などについてお聞きしたいです。

文章を書くのがあまり得意でなく、読みにくいかと思いますが、よろしくお願いいたします。

初めに私と相手の状態を提示します。
私は25歳男性で、非言語性学習障害(LD)で、17歳のころから鬱を患っており。
相手は24歳女性で、母親が幼少期に亡くなっており、育児放棄をした父親の下、機能不全家族の中で育ってきたようです。アスペルガーの傾向有り(あくまで「傾向」です。検査では境界線ギリギリのあたりだと言われています)
...続きを読む

Aベストアンサー

度々失礼致します。質問者様の質問内容に非常に似ているケースを発見しました。恋愛依存症といもので、質問者様は回避依存症型、奥様は共依存症型ではないかと思いました。回避依存症型の特徴の一つとして、特定の人と付き合わず不特定多数の人と付き合うというものがあります。「恋愛依存症」で検索すると色々出てくると思いますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?
http://cafe-counseling.com/knowledge/seikaku/renaiizon/post-4.html

Q共依存脱出法教えて下さい。苦しいです

私は、両親のストレス解消にされてたので、アダルトチルドレンな訳なのですが、その症状を知っており、全て自覚して、共依存の彼を捨てようと決心したのですが、共依存を勉強すればする程、彼には私しか無いのでは無いか?とか彼がかわいそう。助けてあげたいと思う様になって困っています。ちなみに彼は、アダルトチルドレンな自分を理解しようとも変え様ともしない性格で、ただただ自分の感情にふたをしてる人なので、治らないと思います。でも自分の幸せを考えると、やはり彼と縁を切らないとと頭でわかってても感情がついていかないです。どうすれば良いのでしょう?少しの糸口にでもなったら良いと思い投稿しました。いい加減幸せになりたいです。助けてください宜しくお願いします

Aベストアンサー

彼と一緒になりながら幸福感を得る事は難しい事です。
そもそも「依存」とは頭では依存対象から手を切りたいと考えていても、思い込みや考え癖などから手を切れない状態を言うのでしょう。
要は「自分との戦い」でしかないと思います。
セルフコントロールとはそういうもので、妥協策はありません。
それが出来なければ彼と縁がなくなっても「そういう男性」しか愛せないまま対象が変わるだけでしょう。
勉強するのは自分を変える入り口でしかありません。
実践できなければ知識の無駄です。
貴方を助けられるのは自分だけです。
寂しい思いを散々し、免疫をつける事です。
耐える事の積み重ねで一人の時間が心地良い物になればこっちの物です。
気がつくと「助けなくてはならない彼」が魅力的に見えなくなり、助けなくてはならないという間違った責任感や、見捨てたのではないか?という罪悪感から開放されるでしょう。
今の貴方には信じられないかもしれないけれど、「彼は大丈夫」なんです。
愛ってもっと清清しくて自由な物です。
苦労した後に気付けるでしょう。
私もかなりネガですが乗り越えられました。
人生は楽しむものですよ。
頑張ってください。
一人で打ち込める物を出来るだけ探しましょう。

彼と一緒になりながら幸福感を得る事は難しい事です。
そもそも「依存」とは頭では依存対象から手を切りたいと考えていても、思い込みや考え癖などから手を切れない状態を言うのでしょう。
要は「自分との戦い」でしかないと思います。
セルフコントロールとはそういうもので、妥協策はありません。
それが出来なければ彼と縁がなくなっても「そういう男性」しか愛せないまま対象が変わるだけでしょう。
勉強するのは自分を変える入り口でしかありません。
実践できなければ知識の無駄です。
貴方を助けら...続きを読む

Q回避依存症、共依存症について

最近、心理学の勉強をしたり、調べていたりするうちに、
恋愛依存症というものを知りました。
もともと、私は人に執着をしすぎる、尽したがり、恋愛をすると頭がいっぱいになる
といった共依存の傾向が強く、自分でも理解していました。
また、典型的な回避依存症の男性に魅かれてしまい、今でも彼は色んな人と関係を持っていることを知っているのに、離れたときの苦しみを知っているから、怖くて離れられないでいます。
回避依存というものは、根柢では「捨てられたり、裏切られたりすることへの恐怖」からくるそうです。なので、「束縛されるのが嫌で、常に自分が優位に立って支配していたい。一人になってしまうのが怖くて色んな女性に惚れさせ依存させ、離れられなくする。そうすれば相手の方から去られても自分はそんなに好きではなかった、一向に構わないことだと自分に言い聞かせることができから。」よって、相手には惚れさせておいて、自分の心のうちはあまり見せず、ものすごく距離感をとり壁をつくります。そんな彼のことも知っているのに、私は一緒にいる時間は幸せで、好きなので離れることが出来ません。

*質問*
また、私には「本気で好き。やっぱり(私が)一番」だと言ってきます。
私はその言葉を信じてるんですが、そういう症状の人って一番とか本気で好きだとかないんでしょうか?

誰しも本命はいるとは思うんですが、
本命なのかと聞くと、「自信がなくて本命だとか言った所で、幸せに出来る自信がないから、そんな無責任なことは言えない」と言われてしまいます。
私たち恋愛依存症の人の最大の特徴は、「自信のなさ」です。
だれかに認めて欲しいというところは共通していると思います。
この症状について、勿論一緒に話したりしたことはないですが、お互い自覚はあります。

昔は離れようと必死でしたが、一時期、私が離れたり、離れようとしているので、彼は去られる不安や恐怖から、他の人に手を出しては、放置して傷つけるといった酷いことをしてしまっていたみたいです。(本人から聞いたわけじゃなく他人から聞いた話ですが)
一体どうしたらいいのでしょうか?
よろしければお願いいたします。

最近、心理学の勉強をしたり、調べていたりするうちに、
恋愛依存症というものを知りました。
もともと、私は人に執着をしすぎる、尽したがり、恋愛をすると頭がいっぱいになる
といった共依存の傾向が強く、自分でも理解していました。
また、典型的な回避依存症の男性に魅かれてしまい、今でも彼は色んな人と関係を持っていることを知っているのに、離れたときの苦しみを知っているから、怖くて離れられないでいます。
回避依存というものは、根柢では「捨てられたり、裏切られたりすることへの恐怖」からくるそ...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

人は誰でも自分の人生を生きています。
小さい子供ならともかく
大人になれば誰でも自分に責任を持たなくてはいけないんです。

だから自分に責任を持って自分で自分を幸せにしなくてはいけません。
他人は自分に責任を持ってはくれませんし、責任を持つ義務もありません。

共依存の人はそこが理解できていないんです。

あなたが彼を幸せにしようと頑張ったところで彼のすべてに責任はもてません。
お友達に対してもそうです。
あなたが彼らの代わりに頑張ってしまったら
彼らから「なんとかしなくてはいけない」という気持ちを奪ってしまいます。
彼らのすべてに責任を持てるわけはないのに彼らの代わりに頑張るのはかえって無責任です。

助けるところは助けて引くときは引く

他人のことはいいからあなた自身に責任を持って
あなた自身を幸せにすることを考えればいいんです。

回避依存症はそんなに簡単に考え方を変えません。
彼自身が「こんなことをしていてはいけない」と気がつくしかないんです。

あなたが頑張って彼を変えてあげようとは思わない方がいいです。

Q共依存的な友人関係を解消するには

共依存や,社会不安のある人との付き合い方に詳しい方からアドバイス頂けるととても助かります。

社会人で,大学に編入学しました。
大学で,かなり年下の,旧帝大院卒の同級生との付き合いに困っています。

女性の編入仲間が少ないこともあり,とある女性とつるむような形になりました。
編入試験は,競争率が高く合格者も少ない厳しい試験で,入りたくても諦める人が沢山いる中で,彼女の編入学した本当の理由は「社会に出たくないから」だそうで,入るのに苦労した自分はそれを聞いた時点でとても引きました。
勉強をあまりせず,大学も嫌い,勉強に対しても舐めた態度を取っていますが,毎月の試験に余裕で通ることを誇りにしています。
地頭が良くなく努力でカバーし,ギリギリで通過する私に対して
「努力に勝る才能はないとかいう『意味不明な』ことわざもあるし」と
いう上から目線の発言をするので,話すのも嫌になってきています。

彼女とは,勉強に対する姿勢も,編入学した理由も全く異なり(私は学費は自己負担,仕事をしながら通っています)また,彼女の不遜で図々しい態度に対して年上の自分が「ご機嫌取り」のような役割をしていると気が付き,とても疲れて来たため,できれば離れたく思い,最近,距離を置いているのですが,なかなか上手く行かず,親しい友人に相談したところ,私が彼女と「共依存」状態だと指摘されました。
「相手が嫌いで離れたいのに離れられていない」のでその通りだと思います。

転校生扱いなので,初めから席が決まっており,彼女はすぐ近くなのですが,距離を置いた途端に態度が急変し,ベタベタと寄ってきたり,ご機嫌をとってきます。
また,私以外の同級生とは一切話さないことや,私が話さないと露骨に落ち込んだり無言になったり,学校を休んだりします。
今までつるんでいたのに急に話さなくなることへの周囲の目などを気にしてしまうことや,彼女を見ていると「可哀相」と思ってしまい,物をあげたりと,中途半端な態度を取ってしまいます。

「自分は優秀だから余裕,人は嫌い」という態度をことさら表す彼女とは関わりたくありません。
露骨に無視などはできないのですが,こういう相手(精神的に問題がありそうな相手)の心理や,上手く離れる方法などがありましたらお知恵を貸して頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

共依存や,社会不安のある人との付き合い方に詳しい方からアドバイス頂けるととても助かります。

社会人で,大学に編入学しました。
大学で,かなり年下の,旧帝大院卒の同級生との付き合いに困っています。

女性の編入仲間が少ないこともあり,とある女性とつるむような形になりました。
編入試験は,競争率が高く合格者も少ない厳しい試験で,入りたくても諦める人が沢山いる中で,彼女の編入学した本当の理由は「社会に出たくないから」だそうで,入るのに苦労した自分はそれを聞いた時点でとても引きました...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

現役の大学生です。
ご質問を拝見して驚きました。同時に、ご自身とは性格・進路・目的などが大きく異なっていることがヒントになるのでは、と感じました。
彼女とのお付き合いに於いて、ご自身の個性を順次明らかにされることで、彼女自身にも気付きがでてくると思うのです。ご自身の態度として、○○の目的で編入し、卒業後は□□の進路を目指していることを繰り返し彼女にお伝えになることにより、彼女も”この人は自分とは考え方の違う人”であることに気付かれると思うのです。
優秀な学歴をお持ちの方であれば彼女の側から離れられるのではないでしょうか。

お付き合いは普通になさり、”お互いに立場が違うね”、って感じがいいと思います。

Q共依存と恋愛

別れて今は友達関係になっている彼女に「自分との関係は今思えば共依存になっていたのかもしれない」と言われました。

共依存という言葉は知らなかったのでネットなどでいくつかのHPを見ていたのですが、自分にはやぱり共依存というもの自体はわかったつもりなのですが、じゃあ健全な恋愛との違いは何なのか?悩んでしまいます。
(http://trauma.or.tv/1kouisho/6.htmlやhttp://media.excite.co.jp/daily/tuesday/030617/topics.html)とかみてました。
たとえば恋人が病気なら自分も力になりたいと思うし、悩んでいたら何とかしてあげたい、共感したいと思うのは普通だと思っています。

健全な恋愛関係と共依存な恋愛関係の大きな違いってありますか?

また、共依存な関係は修復できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私のイメージですが、良くあるケースとしてダメ男を支える献身的な女性という姿が浮かんできますよね、そのケースを例にとってみます。

もしダメ男が、その女性の支えによって癒され、発憤して立派な男性に成長したとします。その時に、その女性が心の底から嬉しいと思い、お互いに理想的な関係になれるなら、それは共依存とは言わないでしょう。

共依存関係なら、その女性が心の奥底(無意識的なレベル)で、ダメ男のままでいて欲しいと望んでいることが多い。すなわち、この女性は「ダメ男を献身的に支える」事を人生の目的にしている、、、そんな感じです。従って、当然のごとくその女性は自ら望んでダメ男と付き合い、自ら望んでダメ男のダメっぷりの犠牲になっているわけです。

もちろん男性側としては、そうやって耐えてくれる女性(自立しないで依存してちょうだいと無意識的に望んでいる女性)がいれば、堂々とダメ男でいられるわけですから、こんなに楽なことはありません(実際は苦しんでいたりしますが、その苦しみは、自立しようとする苦しみに比べたら楽なもんです)そして(無意識的に)その女性のためにダメ男を演じ続けるわけです。

そうやって共依存に陥り、

男性は「どうせ俺はダメなんだよ。どうやっても自立できないんだ」と開き直った人生を送ることが許される。

女性は「私がこの人を支えている」といういわば自己陶酔のために男性をダメ男のままでいさせてしまい、周囲からは「けなげでかわいそうな女性」という高評価も得る。

こうなってしまって、お互いに抜け出せなくなる。
これが典型的な共依存なのだと思います。

修復するためには、どちらかがそのメカニズムに気づき、お互いに「精神的に自立しよう」と話し合って二人とも共依存から抜け出す努力をすればいいでしょうが、なかなか難しいですよね。

私のイメージですが、良くあるケースとしてダメ男を支える献身的な女性という姿が浮かんできますよね、そのケースを例にとってみます。

もしダメ男が、その女性の支えによって癒され、発憤して立派な男性に成長したとします。その時に、その女性が心の底から嬉しいと思い、お互いに理想的な関係になれるなら、それは共依存とは言わないでしょう。

共依存関係なら、その女性が心の奥底(無意識的なレベル)で、ダメ男のままでいて欲しいと望んでいることが多い。すなわち、この女性は「ダメ男を献身的に支え...続きを読む

Qアダルトチルドレンとボーダーライン人格障害の違いについて。

アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害の違いについて。

アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害は酷似しているという記述を見かけました。

アダルトチルドレンは・・アルコール依存症、機能不全家庭、トラウマ、嗜癖・・といったキーワードで説明されることが多く、ボーダーラインは「見捨てられ不安」「自傷行為(リスカ、OD等)」「攻撃性」などのキーワードで説明される臨床単位。

そこまではわかるんです。

いくら明確に説明されていても、本質的な(本質的な心性の)違い、というのがわからないし、私はいったいどちらに該当するのかもわからない。

どちらも該当するようで、かつ該当しないような気がしてしまう。

でも、困っていることなんかはあります。

それで、医者に行けばどうにかなるんでしょうか。

クスリはたいして効かないとも言われ、カウンセリングが治療の柱になる。

なんとなく、ボーダーラインかな、とも思ったりもするけれども、かつて色々な医者にかかってきて、
けれども、ぴんと来なかったんです。

でも、どこにもかからず、放置しておくのもどこか不安で・・。

良い方法はないでしょうか。

アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害の違いについて。

アダルトチルドレンとボーダーライン人格障害は酷似しているという記述を見かけました。

アダルトチルドレンは・・アルコール依存症、機能不全家庭、トラウマ、嗜癖・・といったキーワードで説明されることが多く、ボーダーラインは「見捨てられ不安」「自傷行為(リスカ、OD等)」「攻撃性」などのキーワードで説明される臨床単位。

そこまではわかるんです。

いくら明確に説明されていても、本質的な(本質的な心性の)違い、というのがわから...続きを読む

Aベストアンサー

『アダルトチルドレン』の中に、『境界性人格障害』も含まれると考えると分かりやすいかも知れません。
「アダルトチルドレン」は、広い意味で「子供の頃、親に愛情を注いでもらうことが出来ず、その影響が、成長した後にも様々な形で症状となって現れる」という状態を指します。
「愛情を注いでもらうことが出来ず」というのは、具体的には、親がアルコール依存症などのために日常的に暴力を振るったり、子供に無関心であったり、さらには親自身がアダルトチルドレンであったために感情が不安定で、子供に過干渉になったり、激しく叱責したりするような状態です。
このように、親の愛情を受けられず、満たされなかった思いは、様々な形で子供に影響が出ますが、その一つとして『境界性人格障害』という形で現れる場合があります。

治療としては、その「満たされなかった思い」を、時間を掛けて少しずつ埋めていくという事になりますが、簡単ではありません。
薬は、たとえばその満たされなかった思いから来る「抑うつ状態」などを、対処療法的に改善するために処方されたりしますが、薬で「境界性人格障害」も含めた「アダルトチルドレン」が治る訳ではありません。
カウンセリングが行なわれるケースも多いですが、それ以外にも、医師や看護師など、病院スタッフとの「かかわり」の中で、少しずつ人との信頼関係を安定的に築いていく事自体が、「治療」になるとも言えます。

しかし、残念ながらそこまで『アダルトチルドレン』を深く理解して治療を行なう事の出来る医療機関は、多いとは言えないのが現状だと思っています。
特に『境界性人格障害』の場合は、患者さん本人の、医療に対する「極端な信頼」と「極端な不信」がめまぐるしく入れ替わり、信頼関係を築く以前に本人が治療を中断してしまったり、場合によっては医療機関側が治療を中止することもあります。

「良い方法」という意味では、HPなどで調べて、「境界性人格障害」も含めた「アダルトチルドレン」に関しての治療実績があり、医師だけでなく、カウンセラーやその他のスタッフも、ある程度専門知識を持った上でのかかわり方を学んでいる医療機関で診てもらうこと、ということになると思います。
具体的な病院名などは、挙げる事が出来ません。すみません。

『アダルトチルドレン』の中に、『境界性人格障害』も含まれると考えると分かりやすいかも知れません。
「アダルトチルドレン」は、広い意味で「子供の頃、親に愛情を注いでもらうことが出来ず、その影響が、成長した後にも様々な形で症状となって現れる」という状態を指します。
「愛情を注いでもらうことが出来ず」というのは、具体的には、親がアルコール依存症などのために日常的に暴力を振るったり、子供に無関心であったり、さらには親自身がアダルトチルドレンであったために感情が不安定で、子供に過干渉...続きを読む

Q妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。

はじめまして。
39歳の夫です。

結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。
妻も39歳でお互い再婚です。

結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。

結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようになりました。
ケンカの途中でベランダに走り乗り越えようとしながら「オラー!見てろー!飛び降りるぞー!」と叫ぶこともありました。
ケンカの原因ですが妻の言い分では、全て私にあるそうです。
「私には優しくしてくれないのに、私以外の女に優しい」「メールの返信が遅い、他の子には早いのに」っと、良くある嫉妬のようなものが殆どでしたが、それ以外で自分の意見が通らない、軽く注意されると言うことでも不機嫌になり、発狂していました。
たまたま、トイレが流れていなかったので「流れていなかったよ。」というと、不機嫌になり「流れが悪いから便器を交換しろ!」というので、「まずは、できることからで流れたか確認しようね。」というと、怒りが爆発しました。これも私が妻を不安にさせたことが原因だそうです。

不機嫌になる、怒るのは良しとして自殺を見せ、発狂するまで収まらないのは異常と思い、平常時の妻とも随分話し合いましたが結果として私に改善を求めます。
私も改善するから妻にも「怒る前に一呼吸おいてね。」という話をすると「それで怒ったら、やっぱり出来なかったと攻められるから、私は約束できない。」と言います。

このようなことは、最低月に1回起こりました。

心療内科にも行きましたが、改善はしませんでした。また、神頼みで除霊もしました。
その後、妻の妊娠のため精神科での検査等は出産後ということになり、高齢出産でもあるため、結果的に、私は無職になって家事の全てをこなし、妻の為に腰と顔のマッサージをする等、全力でサポートしてきました。
出産は、妻の実家の方が安心できるだろうということで、妻と一緒に妻の実家へ出産予定日一ヶ月前から居候することにしました。
妊娠中も私は掃除、洗濯はするようにしていました。
この間も、妻が発狂し、私の荷物を玄関から投げ捨てられ家を追い出される事もありました。

勿論、私も応戦し、幾度か妻を殴ることもありました。
殴った理由は「こんな子供要らない!生まれてきても不幸だ!」と言いながら自ら腹を叩いている時や、飛び降りをしようとしたとき、「子供には父親は要らない!」と言いながら殴りかかってきたとき等です。
一度は、殴り方が悪く鼓膜を抜いてしました....

出産後、産後の肥立ちもあるので一ヶ月検診が終われば東京へ戻り、ホルモンバランス等もしっかり検査して、この異常な怒りを治そうと約束していたので、なんとか頑張っていました。

それでも子供も無事生まれたのですが、先日、夜中にやっと子供を寝かしつけ、4時間の授乳、おむつ交換まで寝ようとした時、完全に寝入ったところで起こされました。
「腰と顔のマッサージをして欲しい」と言うのです。
寝入りばなを起こされ分けも分からない状態だったのですが、腰が痛いと寝れないだろうと思い、腰のマッサージをしました。ただ、本当に眠くて体が重くて、とても顔マッサージまでは出来ないと思い、「顔マッサージは明日にしてくれない?」と言うと、不機嫌になりました。
私は、そのまま寝てしまい4時間後の授乳、おむつ交換で起きました。妻は母乳をあたえ終わると不機嫌そうに、さっさと寝てしまいました。私は、母乳で足りない分のミルクを作り、与え、オムツを交換し子供を寝かしつけました。
翌日、「昨日はゴメン、顔マッサージするか?」と言うと「嫌々なら、しなくていい!」と切り捨てられました。正直あきれました.....
妻の怒りは納まらず、東京へ戻り、この異常な病気(?)をしっかり検査する約束をあっさり破棄しました。
怒りの原因が顔マッサージというのは、理不尽ではないか?っと応戦すると「腰のマッサージの仕方に誠意が無い。また、お前が原因なんだ。私が納得するまで謝り続けろ!」と言います。
妻のご両親も、もういがみ合うしかないのら離婚して欲しい様子です。
孫も居るし、ここは私に引けという状態になりました。

結局、私は妻を最大限にサポートするため暫く無職を貫き、妻の実家での生活もし、妻の為に一切の家事もこなしたのですが、生まれたばかりの子供とも引き離され、1人東京で、愛知の病院を探しています。
妻のご両親に病院を紹介し、妻を連れて行って検査をしてもらうためです。

私も、かなりヤバイです。
子供に会いたい.....

妻が何故、ここまでひどいのか?
原因が分かれば、治療もできるし、子供とも一緒に暮らせるはずです。
いろいろネットで情報を収集していると、これは境界性人格障害ではないか?と....

妻の実家、愛知県で境界性人格障害の診断のできる病院は無いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

はじめまして。
39歳の夫です。

結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。
妻も39歳でお互い再婚です。

結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。

結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようにな...続きを読む

Aベストアンサー

2度目失礼します。no.9の回答の者です。

人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。
なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。

ただ、思春期に入った子供達が次々とおかしくなって精神科に通うことになったので、その付き添いとして精神科に行ってもらい、子供を担当している精神科医に”子供の病状を説明する”という名目で夫と20分ほど会話をしてもらい、夫の様子を観察してもらいました。
正式な診察でなかったので、医者として病名(?)を口から出すことは出来ない状況でしたが、感想として「ご主人は社会全体に対して被害感を感じる人」「離れたほうがいいでしょうね」とコメントをもらいました。

奥さんは普段とおかしくなった時の差が激しいとのことなので、自分が診察される時には絶対本当の顔を見せないんじゃないでしょうか。

主さんは診断を受けることにこだわってみえますが、診断なんて医者によって違うし、患者のその日のコンディションによっても変わります。
診断=治療スタートではないと思います。また、治療を続けるには、奥さんの自主的な意思が必要です。治療を受ける動機は「困り感」ですが、それが奥さんにあるでしょうか?

診断が必要になるのは、離婚や親権争いなど、奥さんと関係を清算する時かもしれませんね。

あと気になったのが、「悪いことをすれば叩かれる」というフレーズですが・・・。果たしてそれはそうですか?主さんにとっては体に染み付いた常識かもしれませんが、自分からの一方通行の考え方、物の見方だと私は思います。本当にそれは正しいのか、考えてみていただきたいと切に願います。

人によっても状況によっても「悪いこと」の基準は変わります。戦争で相手をたくさん殺せば勲章ものですが、平常時に1人でも殺せば殺人罪です。人間の命の重みはどちらも同じなのに。

主さんにとっての「奥さんがした悪いこと」とは、何だったのでしょうか。妊娠中のお腹を叩いたことなどですか?
確かに、胎児にとって悪いことです。普通の母親ならそんなことはできません。
しかし、奥さんにはそうせざるを得ないほどの悪いことを主さんからされたという言い分があるかもしれません。悪いことをされたから叩いたという言い分があるかもしれません。

その言い分は、境界性の人なりの・・・きっと不条理なものなんじゃないかと思います。理由のない見捨てられ感だとか、思い込みの激しい誤解や被害感、そこから生まれる本当に不条理な憎しみなどなど・・・。

悲しいかな、人格障害の人たちはその不条理な感情の渦中にいて不条理さに気付くこともできないし、抜け出すこともできないのです。奥さんにとって先に悪いことをしたのは主さんということになっているかもしれませんね。それなのに主さんから叩かれたら、もう本当に憎む対象になってなってしまうんじゃないでしょうか。

奥さんからの暴力に対して、どうしたらいいかということですが・・・私もどうしていいかわかりません。
ただ、子供の家庭内暴力の場合、親は”逃げる”のがセオリーだそうです。
そして逃げて30分ほどたったら電話で「暴力を振るわれたら逃げざるを得ない。でも安心して。1週間(期間は状況による)したら様子を見に行くから」と告げ、何か相手から要求や謝罪があっても一切とりあわず居所も告げず避難し、言葉どおりに行動するんだそうです。

主さんも奥さんとの線引きが必要かもしれませんね。奥さんの要求にどこまで従えるかが本当の愛情ではありません。主さんがあんまりにも従ってくれるので、奥さんはさらに暴走するしかなくなって、かえって可哀想です。
奥さんは主さんを振り回して自分を満足させようとしていますが、本当の満足は人の振り回しからは得られません。むなしい負のスパイラルに陥るだけです。


主さんが、本当はどうしたいのかはっきりさせるといいかもしれませんね。
子供さんのことだけが気がかりなのか、子供を育てるための必要として奥さんを見ているのか、自分が独りになることが嫌なのか、それとも本当に奥さんというパートナーを必要としているのか・・・。

それによって対処の仕方も変わってきますね。

いろんなことを推測だけで書いてしまいましたので、違っている部分も多分にあると思います。それはどうかお許しください。そして、主さんが本当に「そうだ」と思うところだけどうか参考になさってください。

長文失礼しました。どうかお元気で。

2度目失礼します。no.9の回答の者です。

人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。
なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。

ただ、思春期に入った子供達が次々とおかしくなって精神科に通うことになったので、その付き添いとして精神科に行ってもらい、子供を担当している精神科医に”子供の病状を説明する”という名目で夫と20分ほど会話をしてもらい、夫の様子を観察してもらいました。...続きを読む

Q境界性人格障害の人の苦しみ

境界性人格障害の人は何か苦しいのでこのような行動をしているのでしょうが、何がそんなに苦しいのでしょうか?それが病気だとは分かっていますが、初歩的なところで考え込んでいます。

境界性人格障害だった妻と離婚しました。
元妻は感情の起伏が極端で、包丁を持ち出しては死んでやるとやっていました。
人恋しいと言っては飲み屋通い。月に10万円近くは飲み代になくなりました。
精神科に通院していましたが、薬を処方するだけで何も解決にはなりませんでした。薬だけでもかなりの量を飲んでいました。毎日眠れないと言って明日仕事がある私に深夜でも話しかけます。
こんな妻と離婚しました。皮肉なことに離婚してようやく第三者的に元妻を考えるようになりました。

元妻は42歳です。薬のせいか若いときは痩せていたのに今では若かったときの体重の2倍以上は太っています。このまま放置するのは私自身は苦しいです。離婚したと言っても住居費や生活費を渡して面倒を見ています。
何とか助けてやりバイトでもコンスタントにできるまでは面倒を見てやりたいのです。

Aベストアンサー

参考意見です。

以前、関連質問に回答した者です。
つい最近読み終えた本なのですが、精神科医の岡田尊司さんがお書きになった『母という病』(ポプラ社)をお読みになると、元奥さまの苦しみがリアルに想像できると思います。こちらの書籍はAmazonでも購入できますし、おそらく図書館でも借りることができると思います。
幼いうちに母親との安定した愛着関係を築くことが出来なかった人たちの苦しみ、その不安定さはどこからくるものなのかを、一人一人の人生にスポットを当てながら、精神医学と生物学的なレベルで解き明かすべく書かれたのが、この書籍です。

私事で申し訳ありませんが…この本を知るずっと以前のことです。
私自身が二児の母となった三十代の初め頃、重い鬱状態になりまして…。
過去もそして今も、自傷行為は一切ありませんが(ただ、小学生の頃と高校を卒業した頃に、摂食障害手前になってしまったことがあります)、その頃は何もかもが楽しめなくなり、起き上がることもままならず、自分には何の価値もなく思えて消えてなくなりたい気持ちばかりが押し寄せ、いつ終わるのかさえ分からない辛い日々を送っていました。
誰一人知り合いのいない土地へ引っ越したこと、慣れない家事と育児、父親との死別、遠く離れて住んでいる、私の父を亡くした悲しみから鬱病になってしまった母、そして仕事の心労から鬱病手前にまでなってしまった夫のことで、悩み事が次々と津波のように押し寄せて、知らず知らずのうちに過労になってしまっていたのがよくなかったようです…。

その後、とあることを切っ掛けに、私は重い鬱状態から回復できたのですが、回復して冷静に物事を考えられるようになると、私は子供を連れて里帰りなどで母と長期間過ごした後にグッタリと無気力になり、いつも寝込んでしまっていたことに気が付いたのです。
「もしかすると、私は母にとても気を使っている? 母の私たち きょうだいや孫たちとの対応の露骨な違いに、幼い子どもにさえ容赦のない母の言動に深く傷ついている?」と、それまで、どこの家にでもあることだと、疑問さえ抱かなかった母親との関係について考えるようになったのです。

驚いたことに、この本には私の体験とよく似たことが、発端から気付き、そして母親とどう向き合ったのか迄が書かれていました。
母親を愛したい、愛されているのだと信じたかった子供ほど、怒りを封じていたので、怒りを爆発させずにはいられない、そんな日が突然やって来るのだということが書かれていました。愛情を欲していた、その強さの分、怒りもまた大きくなるのだと。


私の半生は、『母という病』に登場する人たちのように壮絶ではありません。
幼い頃にしっかりと確かに愛されているのだと信じていた時期と、それほど年月を置かないある日を境に、まるで手の平を返したように突然冷たい態度を取るようになってしまった母と、どちらの顔も私は知っているので、何も疑わずに母を慕い信じていた頃の記憶を頼りに今を踏ん張れている状態です。

愛された記憶があった私でも、激しく自分を卑下したり、世を儚んだりしたことがあったのですから、幼い頃に母親から愛された記憶が一切ない、もしくは微かにしか持たない人たちの悲しみは、どれほど深く耐えがたいものなのか、この本を読んで思い知った気がしています。


この本には、父親と子の関係についてはあまり触れられてはおらず、母親に責任を求め過ぎている感を個人的に感じております(自分が母親だから余計にそう感じてしまうことは否定できませんが、同じ著者による『父という病』という本が今年の3月末頃に発売される予定なので、こちらを読むことで、そのあたりの疑問が補完できるかもしれません)。しかし、全体によく纏まっているし納得させられる事柄が多く、全部読み終えると今なお残る自分の中の問題が見えてきます。
それだけに辛いものがありますが、ご質問者ご自身も、この本を通して元奥さんのこと、そしてご自身のことが見えてくるのではないかと思うのです。

共依存ということを通して愛とは何なのだろうかと考え、そして自分が目指し求める愛の在り方を模索する。
それは、ご質問者に突きつけられている現実だと思いますが、この本を読むことで、ご質問者はご自身を許すことができるのではないかとも思うのです。

一方的に決めつけてはいけませんが、奥さんは育て直しをしてくれる方を求めているのではないでしょうか。
実母に甘えた経験がなくて、母親に添い寝をせがんだ娘さんの話が この本には載っていましたし、本では紹介されていませんでしたが、世間では女性のセラピストが赤ん坊を世話する母親のように、クライエントに接する治療法が存在します。
母親の慈愛を知らない女性には、男性パートナーだけではどうしても埋めつくせない悲しみがある、それはたった一人の力だけではどうしようもないこと。そのことを知るだけでも、ご質問者の自責の念、そして心の傷が薄れるのではないかとも思えるのです。

母親にほんの少しでも愛された記憶があるのなら、ご質問者はこの本が読めると思います。そうでない場合は辛くなるかもしれないので、無理にはお薦めできませんけれども。
ご参考になれば…。

参考意見です。

以前、関連質問に回答した者です。
つい最近読み終えた本なのですが、精神科医の岡田尊司さんがお書きになった『母という病』(ポプラ社)をお読みになると、元奥さまの苦しみがリアルに想像できると思います。こちらの書籍はAmazonでも購入できますし、おそらく図書館でも借りることができると思います。
幼いうちに母親との安定した愛着関係を築くことが出来なかった人たちの苦しみ、その不安定さはどこからくるものなのかを、一人一人の人生にスポットを当てながら、精神医学と生物学的なレベル...続きを読む


人気Q&Aランキング