gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

経済のことは恥ずかしながら私自身あまりよく理解していなので
詳しい方に質問させて頂きます。

中学生の子に「円高ドル安」が日本の景気を悪くする説明として
以下のような説明を考えてみました。
出来るだけ簡潔な説明を考えたのですが、この説明で大丈夫でしょうか?
もし間違っている点などありましたらどうか教えてください。


仮に、日本の自動車メーカーが100万円の自動車を
日本国内で作り、それをアメリカへ輸出し販売したとします。

この時、為替レートは「1ドル=100円」とします。

アメリカでは自動車の販売価格を1万ドルとして売ります。

自動車が売れた場合、1万ドルの儲けになり、自動車メーカーは
それを円に換え、100万円の収入を得、その100万円から
日本国内で働く社員の給料を支払います。
この場合、会社は利益をあげることもでき経営は順調です。

では次に、為替レートが「1ドル=70円」だった場合です。

上記と同じような流れでアメリカ国内で自動車を売った場合、
問題がおきました。

アメリカ国内で1万ドルで売れたけど、それを円に換えたら
70万円にしかならなかった。
これでは自動車メーカーは日本の従業員に給料をしはらったら
儲けを出せず赤字になってしまう。

つまり、日本で作った製品を外国で売った場合、必ず

「日本で働く従業員に給料を支払うために、
 その国の通貨から日本の円に両替する」

という作業が入る。

だから為替レートの変動が日本国内の輸出産業に影響を与え、
円高になればそこで働く従業員への賃金の低下、リストラなどが
行われ、国内の失業者の増加、消費力の低下などがおこり
結果、日本経済に悪影響を及ぼす。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中学生の親御さんか、先生か判りませんが、中学生に経済を完璧に理解させようとしても無理ですので、池上さん的にザックリと話せばよいでしょう。



 「円高ドル安」が『日本の景気を悪くする説明』としては、間違っていませんので、そのままでよいと思います。

 たぶん、「なるほど、わかった」と言っておしまいでしょう。


 賢い子なら、「輸入している物は安く買えるんだから円高はいいんじゃね?」と言うかも知れません。

 そしたら、

 そっちは、「円高ドル安」が『日本の景気を良くする説明』だ、ととりあえず言うことですね。

 「どんなことにも良い面と悪い面がある。円高で実際に景気が良くなるのか悪くなるのかは、買うのと売るののどっちの額が大きいかで決まるんだ」と言いましょう。

 車1台1万ドルで売った場合、そのために輸入した鉄や石油など原料の代金って、車の代金の何分の一なんだよ。

 例えば、2000ドルくらいかな。

 2000ドル分の原料が、1ドル100円だったのが1ドル70円で買えるようになっても、6万円しか儲からない。

 1万ドルの車が、1ドル100円だったのを1ドル70円で売らなくてはならなくなると、30万円損をする。

 差し引き、24万円の損だよね、不景気になるよね、と教えるのはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
悪い面だけでなく、良い面も説明に加えたうえで
両者を対比させる形の説明のほうが、より分かりやすく
全体的な理解につげられるとわかりました。

大変分かりやすく丁寧なご回答ほんとうに感謝いたします。
ありがとうございました。

また、他のご回答いただいた方にも恐縮ですが、
この場でお礼を書かせていただきます。
ご回答に感謝いたします。ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2012/01/01 12:29

輸出産業のことばかり説明をしているようだが,輸入産業はどうなるの?


逆に円高で儲かっているでしょう。
それでは,日本全体ではどうか?
輸入よりも,輸出の方が額が大きいために,日本全体では損をしていることになる。
    • good
    • 0

 


正解です
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング