シュメールはバビロニア王国の南部の地域全般を指すってことであってますか?

A 回答 (1件)

以前にも似た様な質問がありましたね。


gooウィキペディアに詳しく掲載されていますので、
そちらでお調べになって下さい。

この回答への補足

うわぁ・・・
たのむから回答以外は書き込まないで

補足日時:2012/01/01 00:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新バビロニアの成立っていつ?

参考書に理解できない部分があるので質問します。

あるページには「アッシリアは世界帝国を築いた後、新バビロニアとメディアの連合軍に滅ぼされた」という記述があるのですが、
そのすぐ次のページには「アッシリアが滅びた後、新バビロニア、エジプト、リディア、メディアの4ヶ国が成立した」とあります。

この新バビロニアは一体いつからあったものなのでしょうか?
仕様参考書は ナビゲーター世界史B-山川 です。

Aベストアンサー

#1です。
>アッシリアが滅びた後、新バビロニア、エジプト、リディア、メディアの4ヶ国が成立した

は、正確には

アッシリアが滅びた後、新バビロニア、エジプト、リディア、メディアの四国分立時代が成立した

ですね。

Q幻のローラン王国について

はじめて質問させて頂きます。NHKで特集組んでいたローラン王国の事が詳しく
解説してあるサイトや書籍しりませんか?
昔からロマンを掻き立てる存在です。
一般の旅行者が行く事は絶対に不可能ですが、何か情報ありませんか?

Aベストアンサー

絶版の本もありますが、以下の本などいかがでしょう。


楼蘭への旅 ロプ・ノール旧湖床南北縦断記  
金子民雄∥著
出版地 :東京
出版者 :JTB
出版年月:2002.4
資料形態:254p  20cm  2500円
注記  : 折り込1枚
件名  : 楼蘭
ISBN:4533042384
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=02012046



楼蘭王国史の研究  
長沢和俊∥著
出版地 :東京
出版者 :雄山閣出版
出版年月:1996.2
資料形態:719,20p  22cm  20000円
件名  : 楼蘭
ISBN:4639013477
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=96006062


近10年楼蘭・ロプノール関係文献目録 1979-1988年  
伊藤敏雄,片山章雄∥共編
出版地 :東京
出版者 :楼蘭研究会
出版年月:1988.12
資料形態:52p  26cm  800円



失われた楼蘭 古代中国・西域への旅 驚異の世界史  
森本哲郎∥編
出版地 :東京
出版者 :文芸春秋
出版年月:1991.10
資料形態:245p  16cm  600円
シリーズ名: 文春文庫 ビジュアル版  
件名  : 中国―歴史―古代/ シルク・ロード
ISBN:4168104095

絶版の本もありますが、以下の本などいかがでしょう。


楼蘭への旅 ロプ・ノール旧湖床南北縦断記  
金子民雄∥著
出版地 :東京
出版者 :JTB
出版年月:2002.4
資料形態:254p  20cm  2500円
注記  : 折り込1枚
件名  : 楼蘭
ISBN:4533042384
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=02012046



楼蘭王国史の研究  
長沢和俊∥著
出版地 :東京
出版者 :雄山閣出版
出版年月:1996.2
資料形態:719,20p  22...続きを読む

Q古代バビロニアの寿命が200歳って本当ですか?

ある本で古代バビロニアの寿命が200歳と書いてありました。
紀元前3800年前のチグリス・ユーフラテス川付近の国のバビロニア(今のイラク周辺)が平均寿命がなんと200歳といわれているそうです。これはさまざまな調査機関がバビロニア時代の骨をもとに割り出した結果だそうです。
本当にそうなのですか?
またそういう証拠を展示している博物館などがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ありがとうございます。
グスコー出版 http://www.gsco-publishing.jp/special/index.html
鶴見隆史 http://www.amazon.co.jp/%E9%B6%B4%E8%A6%8B-%E9%9A%86%E5%8F%B2/e/B004LPE4VG
松田麻美子 http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&field-author=%E6%9D%BE%E7%94%B0%20%E9%BA%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E6%9D%BE%E7%94%B0%20%E9%BA%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90
書名の他に帯の説明を見ただけでも、滅茶苦茶なことをよく出すなと思いますが、購入するし読んでいる人もいるんですね。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4901423061/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
この本を気に入っている人も(サクラでないと思うのですが)多いので、びっくりしました。
効能を述べるなら根拠はなく、どう書いても、噓八百がその文章だけでわかるのでも良いのですね。
実は、スーパーマンも、スパイダーマンも、老子も、八百比丘尼も、在位102年の孝安天皇も、この健康法をこっそり実行していたと書いても良かったのじゃないですかね。なんで、バビロニアにしたのか、それがわかりません。
 
『今から3800年くらい前のバビロニアでは、人々の平均寿命が200歳だったといわれていますし、聖書や数々の歴史書にも、当時多くの人々が120歳以上生きていたことが記されています

この頃のバビロンの王朝は300年で滅んでいます。王は11代もいます。1代は30年程度です。どうやると平均寿命を出せるものでしょう。
『バビロニア時代の骨をもとに割り出した結果』
骨で死亡時年齢を推定する方法はまだ開発途上です。死亡時年齢50歳以上の場合はかなり困難を伴います。まして80歳以上と判定する根拠は皆無に近いでしょう。
http://anthropology.blog.ocn.ne.jp/bioarchaeology/2011/05/post_de26.html
よくもまあ、骨で割り出したなどと平気で書くものです。
 
商品広告では法規制が懸かるけれど、健康生活の勧めの宣伝本ならなんでもOKなのでしょう。

ありがとうございます。
グスコー出版 http://www.gsco-publishing.jp/special/index.html
鶴見隆史 http://www.amazon.co.jp/%E9%B6%B4%E8%A6%8B-%E9%9A%86%E5%8F%B2/e/B004LPE4VG
松田麻美子 http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&field-author=%E6%9D%BE%E7%94%B0%20%E9%BA%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E6%9D%BE%E7%94%B0%20%E9%BA%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90
書名の他に帯の説明を見ただけでも、滅茶苦茶なことをよく出すなと思いますが、購入するし読んでいる人もいるんです...続きを読む

Qエジプト以外の古王国についておえてください。

エジプトの古王国時代と言うのは有名ですが、ヒッタイト帝国やイングランド、ガーナなどでも古王国という言葉が使われていますが、そもそも古王国とはどんな意味なのでしょうか。以前歴史の分野で投稿させていただきましたが、詳しく知っておられる方がいなかったので、考古学に博識のある方もしくは心当りのある方がいましたら、おしえてください。お願いします。

Aベストアンサー

1番追加です。

古王国または、それに類する言い方をするのに、
バビロニア王国(古バビロニアBC1830年~BC796年 新バビロニアBC625年~こそ538年)と、ロシア(古ルーシ ノブゴロド王国・キエフ公国と、モスクワ大公国・ロシア帝国)があります。

イングランドやガーナで、古王国という呼び名があるかどうかは知りません。

Q前六世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となっ

前六世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となった事件ってなんですか?

Aベストアンサー

バビロン捕囚
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%8D%95%E5%9B%9A

Qフランス王の呼び名、ルイの番号はなぜフランク王国から数えるの?

フランスの王様はルイ16世など、ルイばっかり多いです。普通、○○△世なら、その王朝の何番目、という意味だと思いますが、なぜ、フランス王はカロリング朝(フランク王国)→カペー朝(フランス)→ヴァロワ朝→ブルボン王朝まで、ルイの番号を通算するんでしょうか?ルイ1世はルートヴィヒ1世 (フランク王)=ローマ皇帝でフランス王国自体が存在しません。血のつながりだったら、ユーグカペーの子孫なんだから、カペー朝から数えるべきでしょう。(フランス王国も成立した訳でもあります=権力弱いけど)なぜ、フランス王はフランク王からルイ〇世と数えるのでしょうか?

詳しい人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

#2です。お礼ありがとうございます。

>けっこういい加減ということなんでしょうか。
いい加減ということはないでしょうが、かなり複雑であることは間違いないでしょう。

お礼の内容でいえば、まず東フランク王国はカロリン朝ルートヴィヒ4世で系統が断絶し、一代限りのフランケン朝を経由してザクセン朝になります。

この王朝を「東フランク王国の継続」とみるかどうか、だと思います。
で、もうひとつの問題が王朝をつくる「王」と皇帝そして教皇の関係性がこの時代非常に不明確である、ということも頭に入れておく必要があると思います。

で、結論から言えばザクセン朝は名前こそ「東フランク王国」だけど、実質的にはカロリング朝とはまったく別の国、ということでしょう。
カロリング朝が断絶するとフランケン朝のコンラート1世が立ちますが、これは諸侯の間で選挙が行なわれ選ばれた王だったわけですが、ザクセン公やバイエルン公などの有力諸侯との軋轢やマジャール人などの侵攻に悩んでいました。で、コンラート1世は子供がいなかったので死ぬときに「東フランク王国の継続を優先」してザクセン公を指名し、次のザクセン公からザクセン朝になるわけです。

このザクセン公がハインリヒ1世として戴冠するときに「マインツ大司教の塗油の礼」を拒否したというエピソードがあります。マインツ大司教の塗油の礼、はそもそもフランク王国を創始したピピン3世が教皇から塗油の礼を受けたのが始まりで、フランク王国の継嗣は塗油の礼を受けることが慣わしでした。東フランク王国でもフランケン朝コンラート1世まではこの礼を行なっていたので、ここで王朝だけでなく国家そのものが変化することになります。
一般的にこのザクセン公ハインリヒ1世から「ドイツが始まった」とされます。
(塗油の礼:ヨーロッパでは古代から王位に着く者に油を注いでそれを認める儀式があり、旧約聖書にも記述があり、キリスト教でも礼として行なわれています)

したがって、質問者様のいう
「バイエルンのヴィッテルスバッハ家では神聖ローマ帝国の順番で名乗らずに、バイエルン公の順番で○○世としていたようです。」
にはもう一段階あって、ハインリッヒ1世の息子でザクセン朝ドイツ王だったオットー1世(神聖ローマ帝国初代皇帝:大帝)と、ヴィッテルスバッハ家の初代であるオットー1世は別の人で、血筋もほとんど関係なく、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世にバイエルン公として任じられた人になります。

神聖ローマ皇帝から任じられた家系が、皇帝と同じ順番で数えることはできない、というのが理由のひとつ

もうひとつはそもそも「皇帝」は王ではない、ということ
ローマ時代から皇帝というは事実上の独裁君主であっても、王ではありませんでした。ローマ時代はあくまでも「終身の特別官」であり、必ずしも世襲ではありませんでした。

神聖ローマ帝国においても建前上は「選挙君主制」をとっており、それは彼らからすれば「ローマ時代の伝統通り」だったわけです。実際には有力家系が皇帝になればあらゆる手を尽くして世襲するのですが、代が途切れると選挙制に戻ってドイツ王が選ばれるわけです。
ヴィッテルスバッハ家のルートヴィヒ4世はあくまでもヴィッテルスバッハ家の4番目のルートヴィヒということであり、その人がたまたま選挙君主制でドイツ王に選出された、ということにすぎません。そしてルートヴィヒ4世は世襲で5世にドイツ王を継がせる事が出来ませんでしたので、5世はヴィッテルスバッハ家の5番目のルートヴィヒでバイエルン公だった、ということになります。

あくまでもこの時代、皇帝は「選挙制」が建前ですから、皇帝の名前で継いでいかなかったのはそういう理由でしょう。フランス王はカペー朝が世襲を3百年ほど続けることで専制君主制というか絶対王政の基礎を作っていったために、王朝=国家として番号を数えることができるのにたいして、ドイツは神聖ローマ帝国の成立そのものが諸侯による選挙王制だったために、国家として統一した番号をふるのが難しい、という側面があるのだと思います。

ですから、ものすごくややこしい、わけです。
結局のところフランス・ドイツという枠ではなくヨーロッパ全体を見渡したときに、中世は諸侯の領地がせめぎあっていた、という現実が重要なのだと思います。ローマが崩壊し、イスラムとの戦いの中で、ローマの最後の名残だったフランク王国が分裂崩壊し、諸侯の中でも有力だった家系が王朝を開いていったのがフランスであり、世襲制の正統性を示すためにもカロリング朝の敬虔王ルイ1世から数えているのだと思います。血筋が変わっても「フランスの王」である実態は変わらないため、正統性を表すためにもフランス国の始祖から数えていたのでしょう。

逆にドイツはフランク王国が崩壊し東フランク王国になってもごたごたします。ひとつには「ローマ帝国の伝統」という考え方があって、選挙王制などを大切にしたことが大きいのかもしれません。または諸侯の勢力が西フランクの地域よりは拮抗していたのでしょう。

そのために、ドイツの統一の方法はフランスと異なり絶対君主が出にくい状態で経過したため、各諸侯は自分達の先祖から数えた番号を大切に扱ったのだと思います。そして諸侯の中にはドイツにもフランスにも入らずに諸侯領を死守した人たちもいて、ベルギーとかオランダなどはその名残がありますし、ルクセンブルグやモナコなどはいまだに諸侯領のまま維持しているわけです。

ですから国家という単位であることはまあ基本としても、日本人の感覚だと「なにをもって国家とするのか」が問題点になってしまいます。
諸侯領も国家の範囲ですし、そこから大きく発展して王朝を持った家系なら家系=王朝として数えられるわけですし、そういう点でいえばフランスは国家が家系を越えて存続したために、ローマ皇帝がもつカエサルと同様に番号がカロリング朝から数えられるようになったのでしょう。

非常に蛇足ですが、フランスとドイツは仲が悪いですね.フランスは10世紀にはフランスの原型が出来ていて、王様の番号もそこから数えている「由緒ただしき国」なのに隣のドイツは「東ローマ帝国の名残」とか「フランク王国時代の領地を取り戻す」と言って、フランスにちょっかいを出し続けていたわけで、これらの違いも君主国が成立しているのか、諸侯領の集りなのか、と言う違いが大きいのかもしれません。
ま、フランスもイギリスにちょっかい出し続けて仲が悪いですけどね。

#2です。お礼ありがとうございます。

>けっこういい加減ということなんでしょうか。
いい加減ということはないでしょうが、かなり複雑であることは間違いないでしょう。

お礼の内容でいえば、まず東フランク王国はカロリン朝ルートヴィヒ4世で系統が断絶し、一代限りのフランケン朝を経由してザクセン朝になります。

この王朝を「東フランク王国の継続」とみるかどうか、だと思います。
で、もうひとつの問題が王朝をつくる「王」と皇帝そして教皇の関係性がこの時代非常に不明確である、ということも頭に...続きを読む

Q前6世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となっ

前6世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となった事件は何か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%8D%95%E5%9B%9A
バビロン捕囚

Q【日本史】豊臣秀吉は手の指が6本あったって本当ですか? 自画像とかに手が6本の描いたものって残ってま

【日本史】豊臣秀吉は手の指が6本あったって本当ですか?

自画像とかに手が6本の描いたものって残ってますか?

それか手の指が6本だったという記述の書が残ってますか?

Aベストアンサー

確かにそういう話はありますがあくまでも邪説として扱われていますね。

この説の起こりは、織田信長時代にキリスト教布教活動のため来日していたポルトガル人の宣教師、ルイス・フロイスが編纂した『日本史』によるものですが、フロイスの記述には多分に私怨が含まれているという理由から否定的な意見が多く、それ故に「邪説」として扱われてきたということです。

Qすみません。印刷マクロをもう一度

以前印刷マクロを教えていただいたのですが、もう一度お助けください

シートに下のようなデータベースがあります。
 受付番号 氏名 〒 住所・・・・・印刷日(T列)
 1001
 1002
 1003
 1004
   ・
   ・
   ・  
印刷時に受付番号を入力することで印刷できるものです。
1回印刷したデ-タは次回は印刷範囲外で判断基準を印刷日とし印刷を実行した日に自動的に日付が印刷日に入力されるものをです。
たとえば、最初に受付1054までを印刷、次は受付1136までを印刷と印刷件数は不変であり、最初の時に1054までの印刷日に全て日付が入力、次は1136までの全ての印刷日に日付が入るようにです。
ご教授くださいませ。 

Aベストアンサー

ご迷惑を掛けてすみません。
直しました。とりあえず、いままでのものを踏襲する形にしましたが、印刷範囲は、受付番号から最下行までのS列に設定されます。印刷の最中に、UserFormを使用するなら、UserForm上のどこかにラベルを作って、そこに、メッセージを出せば、MsgBox は必要ありません。



Sub TestSample2()
  '----- 印刷範囲 列指定 ---------
  Const SHNAME As String = "入力シ-ト" '  <----- シ-ト名指定
  Const L_COL As Integer = 1 '"A" '  <------ 印刷範囲の左端列
  Const R_COL As Integer = 19 '"S" '  <----- 印刷範囲の右端列
  Const DATE_COL As Integer = 20 ' "T" ' <----- 印刷データ判定列(日付形式)
  Const PREV_MODE As Integer = 1 '  <----- 0 = 直接印刷 /  1 = プレビュー
  Const DT_FORMAT As String = "M月D日" '<-----印刷日の書式
  
  Dim SearchWd As Variant
  Dim c As Range
  Dim rw As Long
  Dim LastCell As Range
  Dim myPrintArea As Range
  Dim myDate As Variant
  Dim addmsg As String
  
  myDate = Date '本日の日付
  addmsg = Format$(myDate, DT_FORMAT) & "を" & vbCrLf
  If MsgBox("印刷日は、" & Format$(myDate, DT_FORMAT) & "にしますがよろしいですか?", vbYesNo) = vbNo Then
    Do
      Application.SendKeys "{F2}"
      Application.SendKeys "{HOME}"
      myDate = Application.InputBox(addmsg & "変更してください。", "日付入力", _
      Format$(myDate, DT_FORMAT), Type:=2)
      If VarType(myDate) = vbBoolean Or myDate = "" Then Exit Sub
      If IsDate(myDate) = False Then addmsg = "日付式が違います。" & vbCrLf
    Loop While IsDate(myDate) = False
      
  End If
      
      With Worksheets(SHNAME)
        If WorksheetFunction.CountA(.Range("A1").CurrentRegion) < 2 Then
          MsgBox "データがありません。マクロを終了します", vbInformation: Exit Sub
        End If
        
        SearchWd = Application.InputBox("【受付番号】を入力してください。", "番号入力", Type:=2)
        If VarType(SearchWd) = vbBoolean Or SearchWd = "" Then MsgBox "終了します。": Exit Sub
        
        Set c = .Columns(L_COL).Find( _
        What:=SearchWd, _
        LookIn:=xlValues, _
        LookAt:=xlWhole, _
        SearchOrder:=xlByColumns, _
        MatchByte:=False)
        
        If c Is Nothing Then
          MsgBox SearchWd & " は、受付番号列からは見当たりません。" & vbCrLf & _
          "終了します。", vbInformation
          Exit Sub
        Else
          Set LastCell = .Range("A65536").End(xlUp)
          Set myPrintArea = .Range(c, LastCell.Offset(, R_COL - 1))
          If MsgBox("'" & myPrintArea.Address & "' の受付簿の印刷を開始します。" & _
            "印刷日( " & Format(myDate, DT_FORMAT) & " )は、印刷と同時に、" & Chr(DATE_COL + 64) _
            & " 列に設定されます。", vbOKCancel) = vbCancel Then
            Exit Sub
          End If
        End If
        
        '日付を入力
        myPrintArea.Columns(DATE_COL).Resize(, 1).NumberFormatLocal = DT_FORMAT
        myPrintArea.Columns(DATE_COL).Resize(, 1).Value = myDate
        
        '"通知書”欄から"証券”欄までは印刷しない
        .Range("K1:N1").EntireColumn.Hidden = True
        .PageSetup.PrintArea = myPrintArea.Address
        If PREV_MODE = 1 Then
          .PrintOut Preview:=True
        Else
          UserForm2.Show vbModeless
          DoEvents
          .PrintOut Preview:=False
          
          Unload UserForm2
          MsgBox myDate & " 印刷分を " & myPrintArea.Rows.Count & "件印刷しました。", , "印刷完了"
        End If
        .PageSetup.PrintArea = ""
        
        '印刷終了後"通知書”欄から"証券”欄まで再度表示
        .Range("K1:N1").EntireColumn.Hidden = False
      
      End With

End Sub

ご迷惑を掛けてすみません。
直しました。とりあえず、いままでのものを踏襲する形にしましたが、印刷範囲は、受付番号から最下行までのS列に設定されます。印刷の最中に、UserFormを使用するなら、UserForm上のどこかにラベルを作って、そこに、メッセージを出せば、MsgBox は必要ありません。



Sub TestSample2()
  '----- 印刷範囲 列指定 ---------
  Const SHNAME As String = "入力シ-ト" '  <----- シ-ト名指定
  Const L_COL As Integer = 1 '"A" '  <------ 印刷範囲の左端列
 ...続きを読む

Q日本はなぜ後進地域だったのか?

様々な文献によると、かなり古い時代から海洋交易は盛んで、海に囲まれていることが、文化の発展にとって大きなハンディキャップとは言えないように思います。
また日本は、狭い列島の中に高山地方、寒冷地方、温暖地方、降水量や地質学的に見ても、バリエーションが豊富で、そのため地方ごとに特有の文化が生まれやすく、それらが情報交換することで高度に文化を発展させる下地は充分あると思います。
ところが、中国が三国史の時代、日本はまだ卑弥呼が生きる弥生時代…
人口が少ないにしても、後進地域という感がぬぐえません…
これは単に政治の仕組みが遅れているのか、技術的な分野もやはり遅れていたのか…?
このギャップがなぜ生まれたのか、皆さんのご意見を伺えると嬉しいです。

Aベストアンサー

四大文明という定説が崩れさってから久しいですが、
私はやっぱり、多くの人口を支えられる肥沃な平原を欠いたことが、
その条件を満たしていた他地域に遅れをとった大きな理由だと思います。
すっごく稚拙で、なんの裏付けもないお口汚しな回答で申し訳ないんですけど。
つまり、「人口が少ないと、文明の発展は遅い」ということです。

平原がないということは、大きな人口が定住できないということです。
大きな人口が定住できないと、そもそも
文明が発展する必然性を満たさないと思うんです。
私が思う、文明が発達する必然性とは、秩序と戦争です。

人口が大きくなると、その人口を問題なく運営する
新しい制度が必要になります。
そうなると、身分の差が著しくなります。
役割分担もできます。役割分担は、専門家を生みます。
専門家が生まれると、技術が発達しやすくなります。
身分の差があって専門家がいて技術が発達すると、
富の蓄積ということが起こります。

そうすると、戦争です。
戦争が起きると、技術の発達は著しく進みます。
もちろん、戦争が起きすぎると人が減って、
文明は後退するかもしれません。
でも、隣国との戦争に勝つために一所懸命
技術を磨くとすると、技術は発達すると思うんです。
中国もイスラムも14世紀まで、世界的にすごく進んだ地域だったと思います。
でも、どちらも広い地域を統一して戦争があまり起きなくなると、
絢爛豪華な文芸が興隆しますが、科学技術力の発展・・・
という点では、大航海時代で外に目を向けていた欧州と
差がついていくような気がします。

貿易に関して。
たとえば、海洋貿易で身を起こした国、というのはいろいろ思いつくんですけど、
自分が好きなのはフェニキアです(なんの脈絡もなくw)。
ローマと戦いさえしてなければ、カルタゴは・・・とか考えてしまいますけど、
ただフェニキア人も、独自の文明を持っていたとはいえ、
ギリシャやメソポタミアやエジプトなどすでに興隆していた「平原の文明」間の貿易者であったような気がするんです。

日本では海洋貿易があった、といっても、やっぱり、
卑弥呼以前の時代の技術では遠洋航海は無理だったのではないでしょうか。
それから、貿易で技術が伝わるか、というと、
簡単にはいかない面もあると思います。
もし、自分の村でしか作れない青銅の剣を作って、
よその村の特産品と交換することで、生活を成り立たせているとします。
あなたは、自分の村の特産品であり、生活がかかっているその技術を、
よその村の人に教えますか?(^^;

どっちかというと、「その特産品に目をつけた有力者が、
その村を侵略して併合し、技術を吸収しました。」
というのが普通ではないかと思います。

で、有力者が生まれる背景には、豊富な食料を背景にした
富の蓄積というものがあって、その豊富な食料を得るには平原が・・・
というオチでいかがでしょうか。

四大文明という定説が崩れさってから久しいですが、
私はやっぱり、多くの人口を支えられる肥沃な平原を欠いたことが、
その条件を満たしていた他地域に遅れをとった大きな理由だと思います。
すっごく稚拙で、なんの裏付けもないお口汚しな回答で申し訳ないんですけど。
つまり、「人口が少ないと、文明の発展は遅い」ということです。

平原がないということは、大きな人口が定住できないということです。
大きな人口が定住できないと、そもそも
文明が発展する必然性を満たさないと思うんです。
私が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報