日本でも出版されてるアメリカやイギリスの小説を用いたいと思っています。
日本の小説の場合は、作家の死後50年で著作権はなくなりますが、海外のものの場合は、確か、それぞれの国の著作権法が適応されると思うのですが、アメリカ・イギリスに関しては、何年という規定になっているのか、ご存知の方はいらっしゃいませんか?ただし、日本で翻訳化されている状態のものを用いるわけですから、日本の法律と、作者の国の法律と両方パスしていなければならないのかしら?
なんだか調べようもわからなくって困っているのです。くすん・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

正確にいえば、細かくなりますが、元の著作権(外国人の場合)は連合国であれば戦時加算で約11年加算されることがあり得ます。

その場合は、死後約61年になりますと自由に使えます(これ以上長くなることはありません)。翻訳者(日本人)の権利は生存中とその死後50年です(無名・調べてもわからない・場合は公表後50年)。

参考URL:http://www.fureai.or.jp/~bassotto/copyright/prot …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成程~。見事なまでに本当によくご存知ですね。
すごくすごく助かりました。有難当御座居ました。

お礼日時:2001/05/16 05:58

もしその翻訳に気にくわないところがある場合、多少、手を加えて発表してもかまわないのでしょうか?>


 原著作を新しく翻訳するのは構いませんが、翻訳されたものは二次著作物として著作権が発生していますので、翻訳されたのを元にしての改変するのであれば、二次著作権者(翻訳者)の権利を侵害することになります。もっとも、この権利も時の経過によりなくなります。

この回答への補足

いつも迅速なご返答有難当御座居ます。翻訳に手を加えて用いては不可ないことはわかりました。それでは、そのままの使用は?著者が亡くなってから50年経過さえしていれば、翻訳者の生死(というのもなんだか変ですが)は気にせずに、翻訳された文を使用してもかまわないのでしょうか?または何年経過すれば、使用してよくなるのでしょうか?・・・いつもすみませんね・・。

補足日時:2001/05/15 21:34
    • good
    • 0

 条約は批准しただけでは、国民に何等の権利義務は発生しません。

それに、対応する法律を作って、はじめて国民を拘束します。国により、この条約より厳しい内容(名誉国民の著作権は永久に認めるなど)をも、作れますが、当然国内のみの効力です。よその国のどのような法律でも、わが国では適用できません。
 翻訳権の言葉の使い方がまずかったので、誤解を与えたか知れません。原著作者は自分の作品について、いろいろな権利をっています。この中に翻訳権がありますが、この翻訳権は翻訳する権利で、翻訳する人を自由に決める権利です。この権利によって、翻訳した人や翻訳権がなくなった人の作品を翻訳した人の作品は二次的著作物といって著作権法28条によって権利があります。二次的著作物の定義は2条で「著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう。」とされています。

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

この回答への補足

なんとまぁ!あたしゃ「翻訳権」に関して、エラ勘違いしてたのですね。てっきり翻訳した人がもつ権利だとおもっとりましたわ。ほんじゃあ、たとえば、海外の小説で、その作家が亡くなって50年経過さえしていれば、(翻訳した人が生きてるとか死んでるとか関係なく、)商用として用いてもよいのでしょうか?
そのこととさらに、もしその翻訳に気にくわないところがある場合、多少、手を加えて発表してもかまわないのでしょうか?(意味はそのままで、言い回しをホンの少し変える程度)

補足日時:2001/05/14 20:35
    • good
    • 0

 #1の通りですが、もし、よその国で、著作権が存在していたとしても、日本では効力がありませんので、外国に財産を持っていないのであれば、何等心配することはありません。

ただし、翻訳されたものを用いるのであれば、翻訳されたものに著作権(翻訳権)が生じています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5862/cho.h …

この回答への補足

有難当御座居ます。
外国の権利は関係がない。おっしゃるとおりならすごく嬉しいのですが、果たしてそうなんですか?自分で僭越ながら調べた範囲では、万国なんたらかんたらというのがあり、関係なくはないような気がしたのですが。さらに翻訳権についても、現在の法律では気にしなくていいようなように調べた範囲では、とれたのですが・・・。
ごめんなさい、せっかく教えていただいてるのに反論してしまって・・・。
ウッカリ、やっちまうと悲惨なことになるから、ついつい慎重になってしまうのですわ。

補足日時:2001/05/13 12:36
    • good
    • 0

日本語に翻訳されたものを「転載」したいという話ですか? だとすると翻訳者にも著作権がありますから、翻訳者の死後50年しないと著作権フリーにはならないと思いますけど。

英語の原文を転載するなら、翻訳されていようがいまいが関係なく、原著者の死後50年プラス(日本で使う場合なら)戦時加算の10年半が経過すれば著作権は切れます。万国著作権条約の加盟国なら、この条件はどの国でも変わらないはずです。

この回答への補足

有難当御座居ます。あれからあたしも調べたのですが、確かに翻訳権はあるようなのですが、「翻訳権」は、何度も改正があったのち、今では、「日本の作品と同じく、著者の死後50年間効力を発揮」とありました。この場合の「著者」とは、原文の著者と言う意味ではないのでしょうか?それとも翻訳した人をこの場合は、「著者」と表現しているのでしょうか・・・?
ちなみにあたしが調べたのは、プリウスについてた日立がオマケでつけてるパソコン用電子事典で、すごく最近の事典です。
そして、ちなみにあたしが使いたいとおもっているものは、著者は亡くなって80年くらい経っていて、翻訳者の没後からは30年程たっています。すみませんややこしくて。でも文章読んでもよくわからなくて。

補足日時:2001/05/13 12:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の本を翻訳して日本で出版するには?

ベストセラーなどではありませんが、自分が英語で読んだ海外の本を
「是非、翻訳して日本でも出版してみたい!」「きっと日本にも
この本の内容を楽しんでくれる人が多くいるに違いない!」と
思った場合、どのようにしたらその本を日本語訳して日本で
出版できるのでしょうか?翻訳自体は自分でするという場合に、
どのようなプロセスを踏めば良いのかを教えて頂きたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実際的な話をするなら、翻訳権の交渉などは個人では無理です。作家のエージェントと日本側の出版社/エージェントとの話し合いになりますから、個人の関与することではないわけです(何部印刷して、定価はいくらで、著者印税は何パーセント払う、といった交渉は、個人ではできないでしょ?)。その本を日本に紹介したいのであれば、さわりの部分を訳して、あらすじなどを書いたレジュメを作成し、分野的にその本に興味を示しそうな出版社に売り込む、というのがいちばん現実的な方法でしょう。最高にうまくいけば「うちで版権を取って、あなたに翻訳を任せる」ということになります。あるいは「○○社が版権を取って、出版準備を進めている」といった情報を教えてくれるかもしれません。もちろん「見ておきます」と言われてそのまま音沙汰なし……という可能性もかなり高いわけですが。

なんか否定的になっちゃいましたけど、作家に直接OKをもらって、自分で訳して自費出版、という可能性もゼロではありません。出版社に編集者として就職し、その本の翻訳企画を提出するという手もあります。でも基本的には「読んで気に入ったから翻訳出版したい」という希望が、かなり実現性の薄いものだということは理解しておいてください。

実際的な話をするなら、翻訳権の交渉などは個人では無理です。作家のエージェントと日本側の出版社/エージェントとの話し合いになりますから、個人の関与することではないわけです(何部印刷して、定価はいくらで、著者印税は何パーセント払う、といった交渉は、個人ではできないでしょ?)。その本を日本に紹介したいのであれば、さわりの部分を訳して、あらすじなどを書いたレジュメを作成し、分野的にその本に興味を示しそうな出版社に売り込む、というのがいちばん現実的な方法でしょう。最高にうまくいけば...続きを読む

Q英語版の著作権切れの本のまとめサイトなど

お聞きしますが、日本版の著作権の切れた本が日本では青空文庫でまとまっています。

しかし星の王子様など、英語版の著作権切れの本がまとまったものはないのでしょうか?
海外サイトでも宜しいのですが。

もし知っていらっしゃいましたら教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

次のページの「中級~」の「Project Gutenberg」は、有名ですが、ダメでしょうか?その他のものもお試し下さい。

http://english.chakin.com/eul-tadoku.html

このページのある「英語のゆずりん」にはお世話になっています。

☆英語のゆずりん

http://english.chakin.com/

また、「シャーロックホームズ」でしたら、

☆原文で読むシャーロックホームズ
http://www.freeenglish.jp/holmes/

で、英和で利用できます。

Q翻訳文学作品の著作権、翻訳権

翻訳文学作品のうちで著作権が切れたものを探しています。
海外の翻訳文学作品の著作権(あるいは翻訳権)は何年したら切れるのでしょうか?
翻訳された場合は、出版社に翻訳権というものがあるのでしょうか?その場合、著作権はどのように考えたらよいのでしょう?
すみませんが詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」について教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000179


また、翻訳されたものは、二次的著作物として扱われ、翻訳者に、著作権があります。これも翻訳者の死後50年まで保護されることになります。

↓著作物にはどんな種類がある?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html


そして、著作権の切れていない翻訳された著作権を利用したい時には、原作者と翻訳者の両方に許諾を得る必要があります。

↓英語の「原作」を日本語に翻訳した「小説」をコピーしたい場合、「原作者」「翻訳者」のうち、どちらの了解を得ればいいのでしょうか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000307


また、出版社が持つのは、版権で、これは著作者と特段の契約がなければ、出版から3年で消滅します。

↓著作権法 第八十条(出版権の内容)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#080

↓私が著作権を有する著作物を、第三者に利用させる方法には、どのようなものがありますか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000098

↓著作権法 第八十三条(出版権の存続期間)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#083

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1453370

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」につい...続きを読む

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q著作権が切れた作家の小説の扱い

著作権が切れた作家の小説を自分で、電子化して、Kindle等で売ることはできるのでしょうか?
また、無料配布とかも可能ですか?

Aベストアンサー

可能です、販売もOK、無料配布もOKです。

ただし、原書の入手は、どうされますか?
作者の実家に行って、コピーさせてもらいますか?

市販の本をスキャンして電子化、だと本の権利は出版社にありますから、それを電子化する事はできません

Q日本と海外の音楽の著作権の違いについて教えて下さい

日本の音楽はJASRACに管理されていますが、アメリカの音楽はどうなのでしょうか。
ロシア等は著作権が緩いと聞いたことがあるのですが、なぜなのでしょうか。
アメリカは日本と同じように著作権には厳しいのでしょうか。

日本と海外の音楽業界の違いについての論文を書いているのでお助け願いたいです。
他にもこんなこと書いたら面白いんじゃないかというものがあったらついででいいので良かったら教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカはASCAPという団体の他、いくつかあります。日本以上に厳しいです。
ロシアには、RAOという著作権管理団体があります。
米国作曲家作詞家出版者協会(American Society of Composers, Authors and Publishers)は、アメリカ合衆国における音楽の権利保護を目的とした非営利団体である。英称のAmerican Society of Composers, Authors and Publishersを略し、「ASCAP(アスキャップ)」と呼ばれることがある。2007年8月時点で、およそ30万の音楽家が加盟している。アメリカ合衆国国内にある同様の団体は、Broadcast Music Incorporated(英語版wikpedia)と、SESAC(英語版wikipedia)(Society of European Stage Authors and Composers)が代表的である。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6%E4%BD%9C%E8%A9%9E%E5%AE%B6%E5%87%BA%E7%89%88%E8%80%85%E5%8D%94%E4%BC%9A

MACP(世界的な著作権管理団体の統括団体)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.macp.com.my/affiliated-societies.htm&prev=/search%3Fq%3DComposers,%2BAuthors%2Band%2BPublishers%2Brussian%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADFA_jaJP403JP403

各国の著作権管理団体リスト(英語圏のは読めると思いますので、ご自分で調査されるとよいと思います)
ACDAM Agenciaクバーナデ取り、ミシェル·ド·Autorミュージカル www.acdam.cu (キューバ)
ACUM 作家、作曲家と音楽出版学会 www.acum.org.il (イスラエル)
AEPI 知的財産SAの保護のためのギリシャ協会 www.aepi.gr (ギリシャ)
AGADU 協会ゼネラルデAutoresデルウルグアイ www.agadu.org (ウルグアイ)
AKM Staatlich GenehmigteゲゼルシャフトデアAutoren KomponistenウントMusikverlegerレッグ。 将軍MBH www.akm.co.at (オーストリア)
APRA オーストラレーシアの実行権協会 www.apra.com.au (オーストラリア)
ARTISJUS 著者の権利の保護のためにハンガリー局 www.artisjus.hu (ハンガリー)
ASCAP 作曲家の著者と出版社のアメリカの社会 www.ascap.com (USA)
BMI ブロードキャストミュージック社(USA) www.bmi.com (USA)
BUMA オランダ著作権団体 www.bumastemra.nl (オランダ)
CASH 作曲家と香港株式会社の作家協会 www.cash.org.hk (HONG KONG)
COMPASS 作曲家とシンガポールリミテッドの作家協会 www.compass.org.sg (シンガポール)
COTT トリニダード·トバゴの著作権音楽組織 www.cott.org.tt (トリニダード·トバゴ)
EAU エストニアの著者の社会 www.eau.org (エストニア)
FILSCAP 作曲家の著者と出版社のフィリピン人協会 www.filscap.com.ph (フィリピン)
GEMA ミュージカル舞台権利や機械複製権についてはドイツの社会 www.gema.de (ドイツ)
IMRO アイルランドの音楽権利団体 www.imro.ie (アイルランド)
IPRS インドの舞台右ソサエティ·リミテッド www.iprs.org (インド)
JASRAC 日本の音楽著作権協会 www.jasrac.or.jp / ejhp (JAPAN)
KODA デンマークの音楽著作権協会 www.koda.dk (デンマーク)
KOMCA 韓国音楽著作権協会 www.komca.or.kr (KOREA)
MACA 作曲家、著者と出版社のマカオ協会 http://www.maca.org.mo/ (マカオ)
MCSC 中国の音楽著作権協会 www.mcsc.com.cn (CHINA)
MCSK ケニアの音楽著作権協会 www.mcsk.or.ke (ケニア)
MCT 音楽著作権(タイランド)株式会社 (THAILAND)
MUSICAUTOR 音楽Autor www.musicautor.org (ブルガリア)
チャイニーズタイペイの音楽著作権協会 www.must.org.tw (台湾)
OSA 音楽作家や出版社の権利の保護のための社会 www.osa.cz (チェコ共和国)
右協会の実行 音楽のためのPRS www.prsformusic.com (イギリス)
RAO ロシアの著作権協会 www.rao.ru (ロシア)
SABAM 作家、作曲家、出版社のベルギー協会 www.sabam.be (ベルギー)
SACEM 作家、作曲家と音楽出版のフランスの社会 www.sacem.fr アンドラ、Luxemborg、モナコ、Cameroom、コンゴ、コートジボワール、ジブチ、エジプト、ガボン、ガンビア、ギニア、レバノン、マダガスカル、モロッコ、モーリタニア、ニジェール、セネガル、チャド、トーゴ、チュニジア、トルコで(フランス共和国&地域
SACM ソシエダ·デAutores Y作曲デムシカS.デGCデIP www.sacm.org.mx (メキシコ)
SACVEN 著者とベネズエラの作曲家協会 www.sacven.org (ベネズエラ)
SADAIC ソシエダアルゼンチンデAutores yを作曲 www.sadaic.org.ar (アルゼンチン)
SAMRO 南部アフリカ音楽右のOrganizationLimited www.samro.org.za (南アフリカ)
SAYCO ソシエダ·デAutores Y作曲デコロンビア www.sayco.org (コロンビア)
SBACEM ソシエダブラジレイラ·デAutores作曲電子Escritoresデ·ムジカ www.sbacem.org.br (ブラジル)
SBAT Sociedadeブラジレイラ·デAutores www.sbat.com.br (ブラジル)
SCD ソシエダChilenaデル取り、ミシェル·ド·Autor www.scd.cl (チリ)
SESAC SESAC社(USA) www.sesac.com (USA)
SGAE 作曲家と出版社のスペインの一般的な社会 www.sgae.es (スペイン)
SIAE 著者と出版社のイタリア協会 www.siae.it (イタリア)
SOCAN カナダの作家、作曲家や音楽出版社協会 www.socan.ca (CANADA)
SOCINPRO Sociedadeブラジレイラ·デAdministracao E ProtecaoドスDireitos Intelectuais www.socinpro.org.br (ブラジル)
SOKOJ Savez Organizacija Kompozitora Jugoslavije www.sokoj.rs (YOGOSLAVIA)
SOZA Slovenskýochrannýzväzautorský www.soza.sk (スロバキア)
SPA ポルトガルの作家協会 www.spautores.pt (ポルトガル)
STEF Samband tonskalダ·OGはflutning srettarをeigend www.stef.is (アイスランド)
STIM スウェーデンのパフォーミング著作権協会 www.stim.se (SWEDEN)
SUISA スイスの著者の著作権協会 www.suisa.ch (スイス)
UBC ·ウニオンブラジレイラDE作曲 www.ubc.org.br (ブラジル)
ZAIKS 著者ポーランド学会 www.zaiks.org.pl (ポーランド)
ZIMURA ジンバブエ音楽権利協会 www.zimmusicrights.org (ジンバブエ)

アメリカはASCAPという団体の他、いくつかあります。日本以上に厳しいです。
ロシアには、RAOという著作権管理団体があります。
米国作曲家作詞家出版者協会(American Society of Composers, Authors and Publishers)は、アメリカ合衆国における音楽の権利保護を目的とした非営利団体である。英称のAmerican Society of Composers, Authors and Publishersを略し、「ASCAP(アスキャップ)」と呼ばれることがある。2007年8月時点で、およそ30万の音楽家が加盟している。アメリカ合衆国国内にある同様の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報