痔になりやすい生活習慣とは?

パラベン系保存料の分離を行ったのですが、MEP、ETP、PRP、IBR、BTPの順にピークがでてきました。
どうして分子量が軽い物質が最初に出てくるのですか?分子量は関係ないですか?
また、一般的に今回測定した物質は溶質時間は近いといえますか?(5-17minにピークがでてきた。)
近い物質はクラジエントの方が良いと聞きましたが 、アイソクラクティックではどうでしょうか?(メタ80:水20)

A 回答 (1件)

逆相HPLCとのことですので、分子量と溶出順は関係ないはずです。


カラム充填剤との相互作用が弱いものから先に出てきます。

現在の条件でピークがきちんと分離できているのなら、アイソクラティックのままで良いと思います。
(グラジエントにすると、再現性が微妙にあやしくなることもあります。また、連続分析の場合は、安定化待ちが必要になります)


このあたりは、装置メーカーのウェブサイトに解説があります。

(株)日立ハイテクノロジーズHPLC 基礎講座
http://www.hitachi-hitec.com/science/lc_basic/lc …
(今回のご質問だと、特に第1回と第4回が参考になるかと思います)

(株)資生堂 カラムの選択
http://www.shiseido.co.jp/hplc2003/column/html/c …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング