”カル”をみたのですが、内容があやふやで納得いきません(苦笑)
映画にはいくつかの謎があって、公式HPまでいって見たものの、
どこにその謎の答えが?みたいな感じです。見落としちゃったんでしょうか?
とにかくズバリ解説をお願いします~~m(__)m

A 回答 (3件)

では私なりの解釈を



1 犯人はスヨン(ヒロイン)とスンミン(親友)の共犯だと思います。但し首謀はスヨン,実行犯はスンミンですね。スンミンはスヨンに同性愛的なものを感じていて,スヨンはそこにつけ込んだのではないかと思います。

2 元々女の子だったのでしょう。ただスンミンは成人してからの出で立ちでも分かるようにボーイッシュだし,記憶も曖昧で少年のように描かれていたのではないでしょうか。少年とスンミンが同一人物であることは,やけどの痕で分かります。

3 それは当然自分に疑いの目を向けるためでしょう。

4 スンミンはスヨンのことをとても愛しているのに,スヨンの気持ちはいつしかチョ刑事に向いていたから・・だと思います。おそらく彼女を殺して自分も自殺するつもりだったのでしょう。でもスヨンの方がしたたかで,スンミンに見切りをつけ,逆に彼女を殺してしまいましたね。

5 これも二人の共犯だと思います。スヨンは子供の頃父親に性的虐待を受けていてそれを見ていたスンミンと共謀し,父親に復讐をしたのでしょう。私は最後はスヨンはチョ刑事も殺すつもりだったのではないかと思っています。
で,水槽の死体の頭は彼のものになるはずだったのかなぁと・・でも殺せなかった(車でひき殺すのをためらいましたよね)なぜなら愛してしまったから?
彼女が殺した男達は彼女と性的関係があったと思います。幼少の頃のトラウマから彼女と関係を持った男達を殺したのだと私は考えています。でも彼だけはそういう関係にならなかったですよね。スヨンの最後のセリフ「あなたが残ってくれて良かった」=「あなたを殺す羽目にならなくて良かった」のではないかと・・・

長くなりましたが,こんな感じですね。浅はかな解釈かもしれませんがまぁご参考まで。
曖昧な点はお許しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんm(__)m
参考まで、などというレベルではありませんね~~、スバラシイ!!
納得いきますね、これ。
ここまで解説していただけると溜飲下がります!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/03 13:12

この映画は、監督(または関係者)しか謎を理解していないと思います。

パンフレット・解説本を読んでも謎は謎のままです。
前の方の解釈の部分は理解できるのですが、「写真」に関してはいかがでしょうか?そう、スヨンとスンミン・殺された男たちが一緒に並んで写っている「写真」です。
場所は別荘ですが、いつ・誰が取った物でしょうか?スヨンの父親でしょうか?
私は、友人と映画館で観たのですが、友人と検討しても判りませんでした。また、この映画は、観た人それぞれ捉え方が違う為、大勢の意見を参考にした方が謎に迫れると思います。でも謎は謎のままで正解は有りません。
    • good
    • 0

「カル」はビデオで見ましたか?私はビデオで見たのですが,本編終了後に謎の部分がまとめてあり,「この謎は本かパンフレットを読めば解明されます」みたいなことを言ってました。

「これって本の宣伝じゃん!」と苦笑いしたのを覚えています。
本来は本を読めば分かるのでしょうが,もう少し細かく挙げていただければ(例:あのシーンってどういうこと?みたいに)私なりの解釈(あしからず)でお答えできると思います。あくまで自分なりなので自信は無いんですけどね(笑)

この回答への補足

お返事ありがとうございます!
私もビデオだったんですよ。すぐ本も手に入るわけないし。
dekafumiさんなりの解釈でいいんです、(大歓迎)
えっと、、、
1 一体ヒロインを取り巻く男達を殺害したのは誰?どっち?
2 ヒロインの親友が実は幼少のころのあの少年だったのか?なぜ女に?
3 血液パックをバスに塗りつけてた意味は?
4 その親友とCDショップで待ち合わせしましたが
  なぜ彼女はヒロインを殺そうとしたのか?
6 父親はヒロインが殺したのか?

だんだん映画の記憶がなくなってきちゃって、謎はこれだけだったのかな?
って感じです(苦笑)
謎であって謎でないのは、主人公の刑事は母の入院費を有力者からでも
融通してもらってたんですしょうかね?(ええのんか~~?!)
以上よろしくお願いいたします。待ってます!!




    

補足日時:2001/05/10 11:04
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Qズバリ映画!!

映画館でM子さんがAとゆう映画を見たとします、そして数ヶ月経過しました。AがDVDで販売されました するとM子さんは映画館でAを見たのにDVDを購入しました。  この様な経験を実社会で経験した人に回答求めます
何故?一度映画館で見たのにわざわざDVD(同じ内容の)を購入してしまうのですか?
又映画にとらわれず、形が違えど同じようなタイプを経験をされた方回答お願い致します。 (例)ライブを見に行ったのにその後に発売されるライブビデオ等を購入してしまう。等です

Aベストアンサー

私もVIDEO、DVD(最近はほとんどDVDです)ともに気に入った映画はすぐに買ってしまう方です。否むしろ既に見た映画で気に入ったものしか買わないと言うべきで、見てない映画はソフトを買いません。

他の方も仰っていますが、先ず第一に気に入った映画は何回見てもいいものです。私も好きな映画はほぼ月一ペースで見ています。(もう10回以上見た映画も)
だって封切作はロードショーが終わったらもう見れないでしょ?
これは映画に関する個人的感性の問題では無いでしょうか?一回見た映画をもう一度見る(買ってまで)事が理解出来ないのなら、この板の常連さんからは余り支持を得ないでしょうね。

また、DVDには特典映像があったりして、これがまた映画好きには堪らないのです。
(最近の廉価版には無いのもありますが)
更に最近のコストダウンには目を見張るものがあり、安いものだと1,500円で買えるものもあったりして、お小遣いの範囲で充分買えるレベルになりました。あんな小さな媒体に映画が入っていて且つ値段も安い、映画好きならやっぱり買いでしょう。

あと私の個人的な使い方ですが・・・。私は仕事柄英語を多少使いますので、洋画を語学用にも使用しています。数回程度、普通に日本語字幕の音声英語で鑑賞したあと、字幕を英語に変えて数回続けて見ます。最後に字幕を消して生音声でそのまま鑑賞します。コツは各段階で間を空けない事ですね。(ストーリーやディテールを忘れてしまうから)
以上はbisyamontenさんには関係ない事かも知れませんが、好きこそものの上手なれです。好きな映画だから語学も苦にならないのです。
だから誤解しないで下さい。これは好きぶ好きの問題です。映画好きは何回見たってそのソフトを買ってしまうのです。この病気、私には治せませんねぇ。
以上、nyahahaでした。

私もVIDEO、DVD(最近はほとんどDVDです)ともに気に入った映画はすぐに買ってしまう方です。否むしろ既に見た映画で気に入ったものしか買わないと言うべきで、見てない映画はソフトを買いません。

他の方も仰っていますが、先ず第一に気に入った映画は何回見てもいいものです。私も好きな映画はほぼ月一ペースで見ています。(もう10回以上見た映画も)
だって封切作はロードショーが終わったらもう見れないでしょ?
これは映画に関する個人的感性の問題では無いでしょうか?一回見た映画をもう一度見る(...続きを読む

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Q西太后の謎

 映画「西太后」で、皇帝亡き後、西太后が嫉妬していた「麗妃」という側室が、手足を切り取られ甕に入れられていました。不思議で仕方ないのですが、この「麗妃」という女性がこんな目にあっていることを、第一夫人である「東太后」は知らなかったのでしょうか?もし知っていいたらやめさせたでしょうか?「麗妃」は貴妃ですから、ただの側室ではないはずなので、いなくなれば分かるはずですけど。

Aベストアンサー

そもそもストーリー自体に無理があります。
実は麗妃の話は西太后の残虐性をアピールするために後世に作られた作り話である可能性が高いとされています。
ちなみに元ネタは漢の呂后が側室だった戚夫人を殺したときの話です。

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Qイノセンスの謎(ネタバレあり)

大部前にイノセンスを見てわからなかったのでふと質問してみようと思いつきました。

最後の方で、記憶が人(刑事)と入れ替わったり、何回も同じような映像が流れますよね?屋敷の中で死んだふりをしているところです。あのあたりからまったくわからなくなりました。なんで想起シーンに入り、同じようなシーンが流れるのでしょう?

あの辺の解説、犯人、動機などを教えてください。犯人は少女ですよね?確か、自分の存在を気づかせようとして。でも、わからない。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

解説しているサイトがあります。かなり詳しいです。

●イノセンスQ&A
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/faq.html

●イノセンス解説
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/index.html

●イノセンス用語集
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/gitswords.html

●イノセンス学術的作品批評
http://www.ne.jp/asahi/shusei/home/hansakkashugi6.htm

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Q「天空の城ラピュタ」の謎

仕事柄、演出、音楽等かなり詳細な部分にこだわって映画を観ます。先日、久しぶりに「天空の城ラピュタ」を観ました。何度、観ても何1つ、文句の付けようのない素晴らしい映画です。タイムリーな世代で「もしも~♪空を飛べたら~♪」(なんて歌がTVCMで流れていたなあ、なんてことを思い出した。)

が、何度観てもよく判らないシーンがあります。

「飛行石は、都合良く力を発揮するなあ」
「単線の鉄道に前から軍用列車が来るのはまずいだろ」
「ママーって言ってるけど、ほんとの子ども?」
「ボロ船でよく龍の巣越えれたね」
「パズーとシータはくっつきすぎだろう」
「ぜったいつかっちゃいけない言葉は、あんな簡単な言葉じゃ危なくねえ?」
・・・は\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ


物語序盤

残業予定のパズーが嬉しそうに肉団子を買いに行く
  ↓
採石場に戻る
  ↓
「だめや、何も出ねえ」みたいな話しで
  ↓
残業はナシ
  ↓
親方はナント、パズーが嬉しそうに買ってきた肉団子持って帰る。(ヒドイナー)

この場面はどう解釈したら良いのですか?

仕事柄、演出、音楽等かなり詳細な部分にこだわって映画を観ます。先日、久しぶりに「天空の城ラピュタ」を観ました。何度、観ても何1つ、文句の付けようのない素晴らしい映画です。タイムリーな世代で「もしも~♪空を飛べたら~♪」(なんて歌がTVCMで流れていたなあ、なんてことを思い出した。)

が、何度観てもよく判らないシーンがあります。

「飛行石は、都合良く力を発揮するなあ」
「単線の鉄道に前から軍用列車が来るのはまずいだろ」
「ママーって言ってるけど、ほんとの子ども?」
「ボロ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

肉団子入りスープは親方の夜食で、パズーの夜食ではないと普通に思っていました。そもそもパズーは見習いの坊主ですから、親方の使いっ走りも仕事のうちなんでしょうね。
残業云々については、親方始め鉱夫全員が残業して質の良い鉱石を採ろうと思っていたのが、掘るだけ無駄と残業は無しにした。という解釈で良いと思います。

> 「ママーって言ってるけど、ほんとの子ども?」
ドーラの息子は多分3人だったと思うのですが、シータの事を一番気に入っていた(シータを見て"いい・・・"と言った男)のが長男、親方と筋肉比べをしたのが次男、声のトーンが高くちょっとなよっとした感じのが三男だったと思います。

> 「ぜったいつかっちゃいけない言葉は、あんな簡単な言葉じゃ危なくねえ?」
シータの持っていた飛行石がラピュタに指示を与えるコントローラだった事は、ムスカが使って見せた事で分かります。
その真の力を発揮させるには、要塞に閉じこめられた時シータがつぶやいて、ロボットを目覚めさせたあの言葉が不可欠だったのでしょう。その言葉を得るまでは他の言葉に意味は無いのかも知れません。
ムスカも言葉は知らなかったですから、シータの一族にしか言葉は伝わっていないでしょうし、主人の危機に応えるくらいですから意志を伴わなければ伝わらないのかも。
という都合の良い解釈を加えてみました(笑)

こんにちは。

肉団子入りスープは親方の夜食で、パズーの夜食ではないと普通に思っていました。そもそもパズーは見習いの坊主ですから、親方の使いっ走りも仕事のうちなんでしょうね。
残業云々については、親方始め鉱夫全員が残業して質の良い鉱石を採ろうと思っていたのが、掘るだけ無駄と残業は無しにした。という解釈で良いと思います。

> 「ママーって言ってるけど、ほんとの子ども?」
ドーラの息子は多分3人だったと思うのですが、シータの事を一番気に入っていた(シータを見て"いい・・・"と言っ...続きを読む

Qライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか? 神奈川、東京でお願いします

ライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか?
神奈川、東京でお願いします

Aベストアンサー

1年前の映画です。 今上映している映画館はありません。

Qスイミング・プール 謎がとけません!

昨日スイミング・プールというフランス映画を見ましたが、難しくて頭の中がまとまりません(涙)夕べはあまり眠れませんでした。
正解はない映画のようなのですが、みなさんの解釈を教えて下さい!

Aベストアンサー

私の解釈では・・・

一言で言うと、この映画は「創作する過程」を描いた映画だと思います。最後の数分でどんでん返しがあるわけですが、私たち観客は最後の出版社のシーンに至って、ようやくオゾンの仕掛けに気付くのです。つまり南仏リュベロンの別荘でサラが窓から眺めた光景や物語の展開はすべて彼女の想像の産物であるのかもしれないと。

オゾンはインタヴューにこう答えています。創作するという行為では現実とフィクションの境界がなくなり、どこまでが現実でどこまでがフィクションの世界なのか分からなくなる、よくインスピレーションの源はと聞かれるが、僕は映画作家だし、その答えを映画の中でしたつもりだ、と。

彼も言っているように、私はこれは殺人事件ミステリーでも、女性の葛藤でもなく、「創作とは、フィクションはどこから生まれるか」ということを描いていると思います。その創作の過程で作家自身が物語の中に没入し、自分自身も物語の展開につれて変わっていくわけです。いかにも典型的イギリス人ミステリー作家のサラが、徐々にフェミニンになっていく様は、流石オゾンだと思いました。自分の想像の産物が自分の肉体に作用していくプロセスの描き方は秀逸で、その空気を捉えるのが本当に巧者です。

スイミングプール自体も象徴的です。オゾンの言葉を借りれば、それは映画を映すスクリーン同様、作家のイメージ(映像)を写すスクリーンなのです。最初、プールにはカバーがかかっていて、サラはなかなかプールに入ろうとしません。サラはスランプ気味のミステリー作家で、インスピレーションを得るために南仏の別荘に来たわけですが、ジュリー(実はジュリア)が彼女の生活に闖入してきて、静かであるはずの生活が乱されるようになります。実はそれがきっかけとなりサラは創作のインスピレーションを得ます。やがて、サラはプールに入るようになるのですが、それは彼女の創作が始まったということをあらわしているのではないでしょうか。

最後の最後に別荘の持ち主である出版社のシーンで、出版業者の娘ジュリアが現実として現れ、その後にプール際で微笑むジュリー(セニエ)のショットがジュリアのショットに変わりますね。これで、ジュリーというのは本の登場人物であり、プールサイドのことも殺人事件に至る過程もすべて、彼女が書いていたストーリーだったということをほのめかしていると解釈しました。

そして、その本のタイトルがスイミングプール。劇中劇のように、いれこのように、仕掛けは何層にもなっているのです。サラが生み出したジュリーの存在、それは時には親子のように、時には女性としてのライバルのように、時にはサラの過去と現在の葛藤のようにも思えます。ジュリーの存在を生み出すことや、彼女の傷やマルセルの扱いなどいろいろ心理学的な解釈もできるでしょうが、ここでは触れません。とにかく現実的には、サラはイギリスの家では年老いた父親を抱え、バーのカウンターでウイスキーのストレートショットを飲むような、女性というよりは男性的にミステリーを書いている作家です。その彼女が創作したジュリーという存在によって、彼女と生き、彼女自身も影響を受けていくのです。

サラが書いたものをプリントアウトして読むシーンの挿入が何度かありますね。あれは現実の部分なのです。彼女が書きながら窓から眺めるスイミングプール、それはフィクションの世界のことなのです。四角いフレームの中で、揺れ動く水に反射する光。

作家というのは(映画作家も含めて)インスピレーションの源は些細なディテールにあり、そこから全く別の世界へと境界を超えていくということを、オゾンは言いたかったのではないでしょうか。

シャーロット・ランプリングとの前作「まぼろし」も現実と想像の世界をテーマにしていましたが、これも同じテーマだといえると思います。映画のプロットとしては特に目新しくはありません。デビット・リンチの「マルホランド・ドライブ」アメナバールの「Open your eyes」(バニラ・スカイのオリジナル)「アザーズ」などの方が現実とフィクションの扱いがよりショッキングでした。それに比べ、この作品を見終わった後、オゾンは随所にオゾンらしいショットや色彩感覚を見せるものの、物語の仕掛けとしてはいつもの毒が少なくインパクトも弱かったという印象を抱きました。ディテールがいかにもステレオタイプで楽しく、その遊び方にオゾンらしさを感じましたね。

リュベロンというのは、イギリスの作家のベストセラー「プロバンスの12ヶ月」の舞台だし、一番笑えたのは、サラの服装です。いかにもわざとらしいスコットランド風チェックとかトレンチとか、モビレットで村を訪ね歩く時とか、彼女の書くミステリー小説のタイトルとか、いわゆるクリシェが多用されていて、遊び心がありました。観客はついセニエやランプリングの裸に惑わされて、官能的とか言ってしまいがちですが、私はそれよりも細かいディテールにオゾンのエスプリを感じましたね。

これはあくまで私なりの解釈ですが、きっと百人百様の解釈があると思います。

これで少しは眠れるでしょうか?

私の解釈では・・・

一言で言うと、この映画は「創作する過程」を描いた映画だと思います。最後の数分でどんでん返しがあるわけですが、私たち観客は最後の出版社のシーンに至って、ようやくオゾンの仕掛けに気付くのです。つまり南仏リュベロンの別荘でサラが窓から眺めた光景や物語の展開はすべて彼女の想像の産物であるのかもしれないと。

オゾンはインタヴューにこう答えています。創作するという行為では現実とフィクションの境界がなくなり、どこまでが現実でどこまでがフィクションの世界なのか分か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報