先月から急遽お酒の発注をすることになりました。

今まで発注などはしたことが無いので戸惑っています。計算方法などもよく解っていません。
かなり困っています。こんな私ですが教えていただけますか?よろしくお願いいたします。

利益、粗利、の意味、利益率、粗利率、の意味はそれぞれ同じ意味に思えるのですが教えていただけますか。差益率の意味もお願いいたします。

2つめの質問ですがまず仕入れをしたとします。伝票に載ってある仕入原価が100円の商品に2割五分の利益を乗せるのは100円÷0.75=133円、それに消費税を×1.05=140円と教わりました。

3つめの質問です。商品を仕入れ、仕入れた商品が売れることで売上ができます。その売上から仕入額(原価)を引くことにより利益、粗利額が出るとおもっています。

仕入れが8万円で1日の売上が3万円だった場合と8万で売上が11万2千円だった場合の利益、利益率、粗利、粗利率、差益率の計算方法。


15%位の利益くらいの部門で仕入れを抑えて差益率が20%位で終わりそうなのですがそうなると来月苦しむと言われ、15%の利益なら仕入れがまだ4万ほどできるのになんでしないんだと違う店舗の人に言われました。売り場がかなり欠品しているのも理由だと思いますが。


当方の所属店舗の上司にはそんな事言われていません。

基本が解っていないので話しについていけていません。

仕入れ担当者が知っておかねばいけない知識=原価から利益を乗せることから始まりすべての計算方法が知りたいのです。お願いいたします。

当方の会社の上司は性格が非常に難しい人で話すのもかなり神経を使っています。それにその上司は休むまもなく忙しいので今まで聞くに聞けないまま時間が過ぎて行きました。

自分なりに調べましたが理解できるまでに至らず本当に困っています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いくつかの用語について、異なった意味で使ったり、間違った意味で使ったりしているようです。



「利益」というのは売上高から「費用」を引いたものを言うのですが、どこまでを「費用」と考えるか、によって5種類の「利益」があります。またこの5種類を明確に区別せずに漠然と「利益」という言葉を使う場合もあります。
質問者さんのお店では、これらの複数の「利益」がごちゃ混ぜになって使われているようです。

1、売上高から仕入れ原価を引いたものを「売上総利益」または「粗利」と呼びます。
2、粗利から質問者さんの給料や、お店の家賃、電気ガス水道代電話代などを引いた残りを「営業利益」と呼びます。
3、営業利益から銀行の借入金の利息などを引いた残りを「経常利益」と呼びます。
4、長く使っていて調子の悪かったオーブンがとうとう寿命が尽きて、交換しなければならない状態になりました。この時の廃棄処分などの費用を経常利益から引いた残りを「税引き前当期利益」と呼びます。
5、さらにここから税金を引いた残りを「当期純利益」と呼びます。

「利益」にはこの5種類があります。単に「利益」と言った場合は、状況によって上のどれかを指します。質問者さんのお店では「粗利」を「利益」と呼ぶことが多いようです。ですから、質問者さんが利益と粗利が同じように思えるのは当然なのです。

上記の5つの利益を売上高で割った値を、粗利率とか営業利益率、経常利益率などと呼びます。

ところで、

>伝票に載ってある仕入原価が100円の商品に2割五分の利益を乗せるのは100円÷0.75=133円、それに消費税を×1.05=140円と教わりました。

この場合の「利益」は上記5つの利益のどれでもない、漠然と「儲け」を意味する「利益」です。正式には「値入率(ねいれりつ)」と呼びます。しかし多くの企業では習慣的に「2割五分の利益(またはマージン)を乗せる」という言い方をします。
粗利率=(売上高ー仕入原価)÷売上高=粗利÷売上高
値入率=(売価ー仕入価格)÷仕入価格=粗利÷仕入価格
です。質問者さんのお店では上記の両方とも利益率と呼び、状況によって別々の意味に使い分けているようです。これが混乱のもとのようです。

「差益」という言葉は、会計では全く異なった状況で使われるので、質問者さんのお店でどのような意味で使われているのかよくわからないのですが、もしかすると、今月仕入れた原価と、今月の売り上げとの差の意味で使われているのかもしれません。

今月、680万円仕入れ、これを800万円で売ったとすると、粗利率は
(800-680)÷800×100=15%
です。
先月に仕入れた在庫が原価で170万円分残っていて、これを売れば今月はこれ以上仕入れなくても売り上げが1000万円までいくとします。すると今月の売り上げと、今月の仕入れの差は
1000万ー680万=320万
となり、出るお金と入るお金の差が320万円あることになります。もしかするとこの金額を「差益」と呼んでいるのかもしれません。

しかし、会計的にはこの金額は何も意味がありません。利益というのは、その売り上げを上げるために支払った金額です。先月の仕入れのうちの170万円は先月の売り上げのためには使われませんでした。今月の1000万円の売り上げのために使われたわけですから、今月の費用にしなければなりません。ですから今月の粗利は
1000万ー(680万+170万)=150万円
となり、粗利率は15%になります。これが正しい計算です。

いずれにしてもこれは私の想像にすぎないので、質問者さんのお店で「差益」という言葉がどのような意味で使われているのかは、たの会計・仕入担当者にお尋ねになるのが良いと思います。
    • good
    • 16

在庫を考えないといけませんね。



仕入が8万円で売上が3万円だった日は、その日に仕入れたもの全部が売れたわけじゃないんでしょう。
逆に、仕入が8万円で売上が11万2千円だった日は、以前に仕入れていたものもその日に売れたという事ですね。

こういう時は、「仕入れは今日仕入れた金額」で見るのではなくて、「今日売れたものの仕入れが幾らだったのか」、という発想で計算します。

例えば3種類のお酒を扱っているとします。単純化のために消費税は除いて考えますね。
A 仕入値1,500円 粗利率25% 売値2,000円
B 仕入値 800円 粗利率20% 売値1,000円
C 仕入値 700円 粗利率30% 売値1,000円

1/1時点での在庫は、Aのみ10個あったとします。棚卸残高は、15,000円ですね。

1/2にBを20個仕入れたとすると、仕入は16,000円
    また、Aを5個、Bが2個売れたとすると、売上は12,000円です。
    これに対応する原価は、1,500円×5個+800円×2個=9,100円。
    粗利は12,000円-9,100円=2,900円で、粗利率は2,900円÷12,000円=24.2%になります。

1/3に今度はCを5個仕入れたとして、仕入は3,500円
    売上は、Aが1個、Bが2個、Cが3個だったとすると、7,000円
    これに対応する原価は、1,500円×1個+800円×2個+700円×3個=5,200円。
    粗利は7,000円-5,200円=1,800円で、粗利率は1,800円÷7,000円=25.7%になります。

その日の仕入と粗利率には関係がないという事、お判りいただけましたでしょうか?


なお、利益と粗利、差益、の意味の違いですが、一般的には利益は概念が広く、粗利は売上から仕入を引いたものですが、そこから更に店舗の運営費用や人件費などを除くと営業利益と呼ばれ、そこからさらに銀行の借入れ利子などを除くと経常利益と呼ばれますが、そういった何種類もある○○利益を包括した、あるいはどれかをさす言葉です。
差益については、この文脈からは何を指して使っておられる言葉かちょっとわかりません。


ちなみに、仕入担当者が一番知っておかなければならないことは、商品が(価格も含めて)売れそうかどうかと、発注した際のリードタイムだと思います。売れない商品を置いておいては損を出すだけですが、売れる商品を棚に並べないのも、機会損失という名前の見えない損を出すことです。
機会損失は数字にはなりませんが、店舗にとって、実はかなりのイメージダウンであり損害だと思いますよ。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若葉マークです。どうしても判りません。教えてください。

「つなぎ売り」での一時的な下落のリスクを回避について、下記の内容をご回答されておられます。

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても
損失はゼロです。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、
20万円の利益が得られます。現物も20万円の評価損になりますので、実質的な儲けは生まれません
が一時的な下落のリスクを回避することができます。」

ご質問 若葉マークの考え&計算
(1) 持ち株が350円に上昇、1.000.000の利益。300円で信用売り350円に上昇、500.000の損失
  現渡し後、500.000の利益確定(経費別)
  この様な考えです。どうしても・・・損失はゼロ・・にはなりません。
(2) 逆に280円まで下落した場合、
  持ち株が280円に上昇、 300.000の利益。300円で信用売り280円に下降、200.000の利益。
  利益確定はしていませんが、・・・現物も20万円の評価損・・ではなく
  現物も30万円の利益が出ます。・・実質的な儲けは生まれませんが・・
  このまま利益確定をすれば、500.000の利益確定となります。
  この場合も利益が出てしまいます。

  わたくしの考え、計算方法の間違いついてご指摘・ご指導下さい。

「つなぎ売り」での一時的な下落のリスクを回避について、下記の内容をご回答されておられます。

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても
損失はゼロです。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、
20万円の利益が得られます。現物も20万円の評価損になりますので、実質的な儲けは生まれません
が一時的な下落のリスクを回避することができます。」

ご質問 若葉マークの考え&計算
(1) 持ち株が350円に上昇、1.000.00...続きを読む

Aベストアンサー

たぶんその回答は私が過去にしたものだと思いますが・・・

どちらも評価益になりますね。
たしかに、ご指摘の通りで「評価損」という言葉の使い方を間違っています。

私が言いたかったのは300円で信用売りしてからの評価損益です。したがって、正確に言い直せば

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても現物の利益が100万円分あるので、信用売りの損を考えても差し引き50万円の利益を確保できます。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、信用売りで20万円含み益、現物では30万円の含み益になります。300円の時から比較して実質的な儲けは生まれませんが一時的な下落のリスクを回避することができます。」

Q輸入仕入れ原価の出しかた

輸入商品の仕入れ原価はどうやって算出したら良いのでしょうか?
海外の場合、原材料などの高騰により仕入単価の上下が激しいため、金額を固定することができないのです。
何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

ドル単価自体が大幅に上下するなら、原価管理を商品に紐付ける個別原価計算とするのが適当と思います。

Qマークアップとマージンの違いについて教えてください

よろしくお願いします。
マーケティングの価格戦略について勉強しており、マークアップとマージンが違うということは理解できました。

例えば
原価80のものに利益20を上乗せした場合のマークアップは25%(20÷80)になりますよね?
逆に価格100から売上マージンを見た場合は20%(20÷100)になります。
これは言われてみればそれは確かにそうだよねという感じなのですが、この違いを把握するということにどういう意味があるのでしょうか?
分かりやすい例を交えて教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マークアップとは仕入れ値に一定の比率を加算して販売することです。
マージンとは利ざや,利潤をいいます。

仕入値段=原価80としたら,マージン(利ざや)20をプラスして販売価格とします。←この考えが基本です。
仕入れ値=原価80をそのまま販売したら設けはありません。
仕入れ値=原価80にマージン(利ざや)20を加算して100で販売すれば20の儲けになります。
マージン(利ざや)は,20でも30でも,あなたが自由に決めてよいのです。

Q人件費の原価・利益などの価値観

人件費の原価・利益などの価値観

メーカーなどの工場勤務の従業員の人件費についてお話したときのことです。
例えば工場の生産過程において
原料投入から製品そのものを作製する本業過程、それらを梱包・出荷する過程があるとします。

1 その中で上記の本業過程にあたる担当者は熟練された職人芸的なことをする専門職みたいな内容とします。
2 原料を投入する担当者、梱包・出荷の担当者は一般作業職的な人とします。

そうなると1の担当者は給料が高いのも会社がお金を掛ける金額が高くて、その人に特化した位置づけになるからでしょうか?
2は誰にでも出来るような単純作業だから単価が下がるのは当然なのでしょうか?


私の職場もメーカーで技術研究センターです。
技術一般職で試作・測定業務・試験作業・データ作成などをやっています。

○○研究室・商品開発室・生産技術課・製品技術課・プロセス開発室・企画管理室など(=技術総合職)からの指示・試験依頼、補助、研究テーマの作業の実行部隊です。

給料はとりわけ高くありません。
私たちも同じなのでしょうか?


Aベストアンサー

理想論から言えば、給料は付加価値創造に対する対価です。

ご質問の例で言えば、多くの場合1が付加価値を創造しています。
2はその付加価値を創造するための補助です。

当然1が高くなります。(あくまで理論です)

御社の場合の付加価値は何処が創造しているのでしょうか?(複数箇所あるかと思います。)
それを考えれば自ずと答えは出ると思いますが。

(無論、理論と実際は大きく異なりますが。)

Q経常利益は従業員に公表すべき?

会社を経営しています。
有限会社、取締役は私一人で、社員1名、アルバイト30名の規模です。

従業員(アルバイト)からアパートを借りるため、
会社の売上高と経常利益を教えてほしいと言われたのですが、
社員の賃上げ要求を避けるため、
また狭い業界なので競合他社にマークされることを避けるため、
公表したくないのですがそれは可能なのでしょうか?
法律的には正しいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

アパートを借りる際の審査に、必要なんですよね。
概算の金額でもいいので、知らせてあげたらと思いますけど

公表はする必要はないですけど・・・

Q原価+20%利益の計算のしかた

営業事務をしています。
いまさら営業さんに聞けないのですが不安なので教えてください!!
たとえば…原価4000円のものに20%利益をのせるとしたら
どういう計算になりますか?
数学は苦手です…いまさら聞けないんです。
助けてくださいっ!!

Aベストアンサー

4000 X 1.2 =4800
1.2は100%+20%という意味です。120%=1.2です。

Q利益率について

一口に利益率といっても、売上総利益率、営業利益率、経常利益率、当期利益率、総資産利益率、総資本利益率、投下資本利益率、さまざまな利益率がありますが一般的に利益率といえば、どれをさすのでしょうか?
また何%ぐらいが会社として理想的なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

みなさんのおっしゃる通り、立場により、状況によりどの利益を重視するかは異なりますし、業種によっても利益率は異なりますので一概には言えません。

具体的にいきましょう。
小売業:売上総利益率は30%前後が一般的と言われていますが、ユニクロやハニーズのようなSPA(製造小売)と呼ばれるところは40%を超えています。
製造業:30~50%くらいが多いです。
半導体検査装置、といった競争が激しくない製品であれば高い売上総利益率になりますし、反面競合の多い業種であれば低くなる傾向があります。
飲食業:ラーメン屋は60~70%程度、居酒屋は50~60%程度が多いです。

*ただし上記の数値は上場企業の一部に限った話で、もっと高い売上総利益率を取っているところもありますし逆に非常に低いところもあります。


そして「利益率」とはどれをさすか?ですが、、、
例えば、、
小売業・飲食業で、同業他社と自社との競争力を比較する場合、まず見る指標は「売上総利益率」です。
投資家が企業を比較する場合、経常利益率、投下資本利益率を見る場合が多いです。
(余談ですが投資家に対する開示義務には売上総利益は含まれておりませんので公表しなくてもよいことになっています。
だから決算短信には記載されず、有価証券報告書に記載されるのですが)

金融機関(銀行)がその会社への融資の可否を判断する際は、総資産利益率、投下資本利益率といった効率性をあらわす指標は重要視されません。
銀行にとってはあまり意味のない指標だからです。
しかし金融機関でもベンチャーキャピタルのような投資家集団は効率性を重視しますので、投下資本利益率は見ます。

おわかりでしょうか。
誰が見るか、どういう状況で見るか、で重視する指標は異なること、また何%がいいのか、はこれという正解を出せるものではないということです。

みなさんのおっしゃる通り、立場により、状況によりどの利益を重視するかは異なりますし、業種によっても利益率は異なりますので一概には言えません。

具体的にいきましょう。
小売業:売上総利益率は30%前後が一般的と言われていますが、ユニクロやハニーズのようなSPA(製造小売)と呼ばれるところは40%を超えています。
製造業:30~50%くらいが多いです。
半導体検査装置、といった競争が激しくない製品であれば高い売上総利益率になりますし、反面競合の多い業種であれば低くなる傾向があります。
...続きを読む

Q粗利益、粗利率

どなたか詳しい方いらっしゃったら教えてください!
よろしくお願いします。

売り上げ希望単価=1,100円
仕入れ原価=800円
値引き=100円
で売れたときの粗利益、粗利率は?

また、これに仕入れ後自社で加工して付加価値をつけ
販売単価=1,500円とし値引き=0円で売った。
今の加工費は1個あたり200円としたらこの商品の
限界利益、限界利益率、粗利益、粗利率はいくら?

Aベストアンサー

どういう経理システムになっているかわかりませんので、記述されている範囲で回答します。
 通常粗利を言う場合は製造管理費などを含みますが、記述が無いので0円とすると

>売り上げ希望単価=1,100円
仕入れ原価=800円
値引き=100円
で売れたときの粗利益、粗利率は?

 売上は1,000円ですから、粗利益は200円、粗利率は20%(200/1000)

>また、これに仕入れ後自社で加工して付加価値をつけ
販売単価=1,500円とし値引き=0円で売った。
今の加工費は1個あたり200円としたらこの商品の
限界利益、限界利益率、粗利益、粗利率はいくら?

 売上は1,500円、原価1,000円(800+200)ですから、
 粗利益500円、粗利益率33.3%(500/1500)
 限界利益、限界利益率はどのような意味で使われているのかがわかりません。固定費を回収できる限界利益という意味でしたらデータが足りません。
 

 

Q会社の利益について

初歩的な質問で申し訳御座いませんが、はずかしながら理解できません。
今年、春に入社した社会人1年生になるのですが会社の利益について教えて下さい。
粗利益、営業利益、経常利益、税引後利益の言葉の意味及び順番がわかりません。
粗利益=総売上-材料原価 
税引後利益=最終、会社に残る金額。
と理解しております。
社員の給料等を差し引いたのは営業利益?

粗利益→経常利益→営業利益→税引後利益の順になるのでしょうか?

恐れ入りますが、簡単な例で教えていただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

一般的に言えば・・・

売上-売上原価=売上総利益
売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益
営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益
経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益
税引前当期純利益-(法人税、住民税、事業税、等)=当期純利益

参考URL:http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/index.cfm?i=z_imasara02

Q教えてください。。。 先月末、前職を個人経営の小さな会社だったんですが円満退社しました。今月、先月

教えてください。。。

先月末、前職を個人経営の小さな会社だったんですが円満退社しました。今月、先月末までの分のお給料を支給されるのですが、色々と出費がかさみ、給料日より早めにお願いしたいのですが、早めに支給してもらうような事は可能なのでしょうか?
会社で前借りみたいな事をしてる人は実際にいたのですが、私の場合は退社してしまったし、前借りというか、ただ普通に支給される給料を給料日ではなく、大丈夫なら、今日明日とかにでもお願いしたいのです。

教えてください。。。

Aベストアンサー

労働基準監督署に申告しても事実確認などで時間がかかり
7日以内の支払いが困難になります。
直接会社に行ったほうがいいと思います。
こっちは何も悪い事ではないので。
急いで手続きをしてくれると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報