忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

現在、専門学校受験に向けて勉強中です。
受験する学校の過去の問題を取り寄せて一通りやってみたのですが「だが」と「しかし」と「ところが」の使い分けの違いがよく分かりません。
問題の中で空欄になっているところにそれぞれ合う接続詞、または副詞を次の語群の中から選べ、という問題なのですが

たとえば
1、みなさんは骨折があれば必ずレントゲン写真に写るはずと思われるかもしれない。( )、肋骨や手足の骨の小さなヒビは亀裂骨折といってレントゲンで見つけにくいこともある。

この文章の( )の部分なのですが私は迷いつつ「ところが」としました。正解は『だが』でした。

2、自分で食事をとれない状態なので、腹壁から胃にチューブを入れて栄養補給をするPEG(胃ろう)をして帰すという話になった。( )その前に、肺炎で急逝した。

私の回答は「だが」ですが正解は『しかし』でした。

3、病院で彼は「馬が心配だから早く帰りたい」と繰り返していた。( )じっさいは、馬はとっくにおらず馬小屋も取り壊されていたのだ。

私の回答は「しかし」ですが正解は『だが』でした。


この手の問題にいつも引っかかります。3問とも「だが」でも「しかし」でも「ところが」でも合っているような気がして明確な違いが分かりません。ネットでも調べてみたのですが結局よく分からないままです。
本格的に勉強をするのは本当に久しぶりでもともと頭も良くありません。難しい用語を多用されると混乱してしまいます。
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら分かりやすい解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本語って本当に難しいですよね・・・。



手元の国語辞典を見ると次のような記述があります。

しかし・・・
前の事がらと反対のことやふつりあいなこと、また、一部ちがうことなどが次にくることをあらわす。
例「約束の時間になった。しかし、かれは来なかった」

だが・・・
前の事と逆のことなどが次にくることをあらわす。
例「かれは努力した。だが、失敗した」

ところが・・・
後の文が前の文と逆の関係にあることをあらわす。が。しかるに。
例「ところが、たいへんなことになった」
(補足:しかるに[文章語] それなのに)

1.について
文の前半は写る。後半は写らない。真逆のことを云っているので「だが」

2.について
文の前半は医療について。後半は死去について。前半と後半は真逆ではないので「しかし」

3.について
文の前半は馬について。後半も馬について。どちらも馬の状態について。真逆なので「だが」

「ところが」についてですが、「しかし」「だが」とは扱いが異なります。
関連の接続語として「しかるに」があります。
特に改まった場面で口語体として使用します。
同じ流れで「ところが」も主として話し言葉の流れで使用します。

こんなかんじでいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごいですーー!!
とっても分かりやすいです!こんな違いだったのか~と画面の前でふんふん言ってました~。
繰り返し読んで頭の中にしっかり叩き込みたいと思います。
本当にありがとうございました。これでやっと眠れます(≧∇≦)ノ

お礼日時:2012/01/09 02:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ところが」と「でも」の違いが分りません

英語話者(日本語学習者)から
「"But"をあらわす表現は"ところが"と"でも"だが、使い分けがわからん」
と質問を受けました。

どうこたえていいかわかりません。

「う~ん、日本人の感覚としては"ところが"は正式文書やスピーチにも使えるが
"でも"は口語的表現じゃないかな?」と英語で返事をしましたが、わたしは
国語の専門家でないため、イマイチ自信がありません。

「ところが」と「でも」の違いは何でしょうか?

大変失礼ではありますが、回答の際は専門家としての回答か、
一人の日本人としての意見か、一言付け加えて頂ければ幸いに存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

専門家が書いた本から引用します。
『現代日本語文法7』(くろしお出版 2009)p.77-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「しかし」「だけど」「でも」は、いずれも後続部が先行部から
予測される結果に反することを示すもっとも一般的な形式である。
   ・その料理はすごくおいしかったんです。{しかし/だけど/
    でも}半分くらい食べてあとは我慢しなくちゃいけなかった
    んです。女房が、カロリーオーバーだって言うもんですからね。
 「しかし」「だけど」「でも」は、後続部に意志、勧誘、行為要求の
モダリティが現れることがある。
   ・確かに解決には時間がかかるでしょう。{しかし/だけど/
    でも}未来を信じていっしょにがんばりましょう。

 「ところが」は、後続部で提示される内容が強い意外性を持つことを
示す。
 後続部で話し手自身が意志的にする行為について述べる場合は不自然
になる。
   ・その料理はとてもおいしかったんです。{×ところが/でも}半
    分くらい食べてあとは残しました。カロリーオーバーですからね。
 この例では後続部で述べられている事態は話し手自身の意志的な行為で
あり、その意味で話し手にとっては予測や期待に反するものではない。こ
のような場合には、「でも」「しかし」などは用いられるが、「ところが」
は不自然になる。
 命令、依頼、希望などの文も用いることができない。
   ・勉強と仕事の両立は大変でしょう。{×ところが/でも}がんばっ
    てください。
 一方、次の例は第3者の行為なので、「ところが」が自然になる。
   ・その料理はとてもおいしかった。ところが、山本は半分ぐらい
    食べてあとは残してしまった。カロリーオーバーだからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用に際して、一部省略しました。) 

 「ところが」が使える例が少ないのですが、話し手の意志を離れた、客観的
な事実を描写する場合だと言えるでしょう。

saburoo





 

こんにちは。

専門家が書いた本から引用します。
『現代日本語文法7』(くろしお出版 2009)p.77-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「しかし」「だけど」「でも」は、いずれも後続部が先行部から
予測される結果に反することを示すもっとも一般的な形式である。
   ・その料理はすごくおいしかったんです。{しかし/だけど/
    でも}半分くらい食べてあとは我慢しなくちゃいけなかった
    んです。女房が、カロリーオーバーだって言うもんですからね。
 ...続きを読む

Q「~やら~やら」と「~とか~とか」の違い

物事を複数並列する時に「~やら~やら」と使っていますが、
最近の若者がよく使っている語で、同じようなものに「~とか~とか」があります。
「~やら~やら」と「~とか~とか」は、どう違うのでしょう?
なんとなく用法が違うとは思うのですが、正確にはわかりません。
以前から気になっています。どうぞ御教示ください。

Aベストアンサー

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?

ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、
私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。
「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。

これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。
1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。」
2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。」
1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。
2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。

1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。」
2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。」
これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。
2は素直な人が話しているなら単なる並列。
ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。

とまあ、こんなところです。
前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。
色々な回答がつくといいですね。

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?
...続きを読む

Q「~し」と「~して」の違い。

「~し、」と「~して、」の違いを教えて下さい。

外国の友達から次のような内容のメールをもらいました。

「去年から家庭教師を雇って、毎週日本語を勉強して、今年からあなたとメールのやり取りをしています。」
そこで、「去年から家庭教師を雇って毎週日本語を勉強し、今年からあなたとメールのやり取りを始めました。」と訂正してあげました。
(この文章も何だか変なのですが・・・)

するとその友達から『「勉強して、・・・。」と「勉強し、・・・。」の違いを教えて欲しい」』と言われました。

私なりに考えてみた結果、
「~て、~て」では、同じような表現の繰り返しになってしまい、幼稚な
感じになってしまうので避けたほうが良い。
むしろ、「~て、~て」と繰り返すよりも「雇って、」の句点を取ったほうがスッキリする。

「勉強して、」と「勉強し、」を文法的に説明すると、
「勉強して、」; 動詞「勉強する」の連用形+「て」。
「勉強し、」 ; 動詞「勉強する」の連用中止形。
で、良いのでしょうか?

意味にはほとんど違いは無く、中止形の方が書きことば的だと思うのですが、どうなのでしょうか?

一生懸命日本語を勉強している人に(私よりも目上の方です)対して、
「幼稚な文です。」と言ったら気分を害されてしまうでしょうか?

長文になってしまい申し訳ありません。

ぜひ、ご意見をお聞かせください。宜しくお願いします。

「~し、」と「~して、」の違いを教えて下さい。

外国の友達から次のような内容のメールをもらいました。

「去年から家庭教師を雇って、毎週日本語を勉強して、今年からあなたとメールのやり取りをしています。」
そこで、「去年から家庭教師を雇って毎週日本語を勉強し、今年からあなたとメールのやり取りを始めました。」と訂正してあげました。
(この文章も何だか変なのですが・・・)

するとその友達から『「勉強して、・・・。」と「勉強し、・・・。」の違いを教えて欲しい」』と言われました...続きを読む

Aベストアンサー

たしかに、ひとつの文に「て」が複数あると、見苦しく感じる場合はあります。

ただし、その前に、
「雇って」は「勉強して」を修飾しています。
このような修飾する/されるの関係がある場合は、修飾する側の動詞に「て」を付けないといけません。
よって、
「雇って勉強し」か「雇って勉強して」のどちらかに絞られます。
ここで、「て」が2箇所あると不自然だという考え方を適用して、
「雇って勉強し」
のほうが望ましい、ということになります。
ただし、口で言う場合は、「雇って勉強して」のほうが普通ですね。


本題とは離れるかもしれませんが、
複数の動詞を羅列する場合は、

(話し言葉)
「新宿までバスで行って、山手線で渋谷まで行って、田園都市線でニコタマまで行って、駅から5分歩いて」

(書き言葉)
「新宿までバスで行き、山手線で渋谷まで行き、田園都市線でニコタマまで行き、駅から5分歩き」

ですね。


>>>
「勉強して、」と「勉強し、」を文法的に説明すると、
「勉強して、」; 動詞「勉強する」の連用形+「て」。
「勉強し、」 ; 動詞「勉強する」の連用中止形。
で、良いのでしょうか?

よいです。

たしかに、ひとつの文に「て」が複数あると、見苦しく感じる場合はあります。

ただし、その前に、
「雇って」は「勉強して」を修飾しています。
このような修飾する/されるの関係がある場合は、修飾する側の動詞に「て」を付けないといけません。
よって、
「雇って勉強し」か「雇って勉強して」のどちらかに絞られます。
ここで、「て」が2箇所あると不自然だという考え方を適用して、
「雇って勉強し」
のほうが望ましい、ということになります。
ただし、口で言う場合は、「雇って勉強して」のほ...続きを読む

Q「その上」と「しかも」の区別

今接続詞を勉強しています、両方の違いを知りたいです
感謝。感谢。愿世界和平

Aベストアンサー

意味や用途は殆ど同じだと思います。「その上」の方が少し硬いくらい。実際、文章ならともかく、会話で「その上」を使う人はそう多くないはずです。

日本語では文章において、何度も同じ接続詞(あるいはそれ以外も)を繰り返すのは、基本的に文として美しくない印象を読み手に与えます。
そういう場合に、「その上」をどうしても短い文の間に繰り返さなければならない時に「しかも」を使う(その逆も)ということは多いと思います。そういう意味で、この2つが存在する意義は大きいです。

例: 彼女は美人。しかも頭がいい。そのうえ性格までもいいのですから、結婚出来ないわけがありません。
(この「そのうえ」を「しかも」とすると、文としてかなり違和感のあるものになります。)

Q「として」と「にして」とはどういう違いですか

みなさん、こんにちは、日本語を勉強している外国人です、本題のような日本語でのニューアンスの違いはなかなか分けることができなくて、困っています、もし、ご回答の方がいらっしゃるのなら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

例:
あなたは、マラソン選手としては、持久力が不足している。(マラソン選手に必要な持久力、が不足している。)
あなたは、マラソン選手にしては、持久力が不足している。(マラソン選手であるわりには、持久力が不足している。)

Q中学生の作文テスト『っ』について

期末テストの国語作文で、原稿用紙の行頭に小さい『っ』が来るため、前の行の最後に入れたところ、「次の行頭に持ってこないと減点!」と教師が言い張ります。
『原稿用紙の使い方』等、『っ』が行頭禁則になっているインターネットサイトを見せても、
「行頭禁則は印刷物の話で、手書きでは『っ』は行  頭!!」と減点のままでした。『ぎゃ』の『ゃ』なども行頭に来るのが正しいと言われました。
私、間違っていますか???
ホントにこれって減点??
高校入試もそうなのですか?

Aベストアンサー

学校教育では、行頭に書くようになっているようです。
特に、字数指定のあるような場合には、字数計算の関係上、1文字に1マス使うべきだと思います。

参考URL:https://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-es-kokugo.htm

Q「いかる」と「おこる」の違い

子どもに聞かれて困っています。
「いかる」は「怒り」と名詞形になりますが
「おこり」という名詞形はあんまり聞きません。

「いかる」のは広範な感じで、「おこる」は個人的?

明解な答えも欲しいですし、みなさんの感覚でもいろいろ聞かせてください。

Aベストアンサー

小学館の「使い方の分かる類語例解辞典」から関係部分を抜粋して以下のとおり紹介します。
1.「おこる」は、「足を踏まれておこる」のように直接的、物理的な原因によることが多いが、「いかる」は、「侮辱的な発言にいかる」のように、抽象的、精神的原因によることが多い。
2.「おこる」は、「父におこられた」のように、叱(しか)る意味でも使われる。
3.「いかる」は、「いかれる波」のように荒れ狂う意、「肩のいかった人」のように、角立ってごつごつしているの意でも用いられる。

対比表
烈火のごとく~
おこる ○
いかる ○
モラルの低下を~
おこる △
いかる ○
ぷりぷり~
おこる ○
いかる ×

「憤る」との使い分けも記載されていましたが、省略します。

Q「~していただく」は尊敬語?

いろんなところで目にする「~していただく」はそもそも尊敬語なのでしょうか?
一般的に尊敬語は動詞に
「お(ご)~になる」
「お(ご)~なさる」
「お(ご)~くださる」
などの言い方がありますが,例えば「理解する」の場合はどうでしょうか?
相手側に「理解してくれましたか?」とたずねる場合「ご理解してくださいましたか?」が正しいと思うのですが,最近は「ご理解していただけ(き)ましたか?」や「ご理解いただけ(き)ましたか?」の方を良く見かけます。この用法は尊敬語として正しいのですか?
また「理解してもらえましたか?」を尊敬語にする場合と区別する必要がありますか?

Aベストアンサー

「いただく」は謙譲語です。尊敬語ではありません。

「理解する」の場合は、
「ご理解いただく」
「理解していただく」
は正しい用法で、
「ご理解していただく」
は誤用です。
「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。
また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。普通の言い方です。それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。

それに対し
「ご理解していただく」の場合は、
「ご~する」の形が謙譲語にあたります。その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。

「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。

Q友達と会う、友達に会う

Today I am meeting my friend

今日、私は友達に会います。

今日、私は友達と会います。

外人さんに日本語を教えてといわれました。
に、と、はどちらが正しいですか?

お願いします

Aベストアンサー

どちらも正しいのですが、表現する内容に違いがあります。

『辞書には書かれていないことばの話』(岩波書店)より。

「相手を表す名詞がニ格で現れた場合は、主体からの一方的な働きかけを表し、ト格で表示された場合は、主体と相手との双方向からの相互的な働きかけを表す。

 1 王様はアンナと恋をした。
 2 王様はアンナに恋をした。

1は、王様が相手のアンナに恋をしているだけでなく、相手のアンナもまた王様に恋している、という相思相愛の恋を表している。それに対して2は、王様が相手のアンナに一方的に恋していることを表しているだけで、相手のアンナが王様に恋しているかどうかについては何も分からない、という片思いの恋である。」とあります。

ですからご質問の
「友達に」の方は「私が(一方的に)会いに行く」
のに対して
「友達と」の方は「(約束などをして)相手も自分に合う意志がある」
となるのではないかと思います。外人さんに通じますでしょうか?

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html


人気Q&Aランキング