上記の件で教えてください。販売管理システムを6月に導入するということでその前段階として、12月末要件定義が固まって1月に請求書がきました。この場合会計処理としてまず要件定義は12月にソフトウエア仮勘定で処理して6月導入(完成時点)でソフトウエアに振り返るのでしょうか?それとも1月の時点で要件定義の分はソフトウエアで計上して6月導入(完成時点)でソフトウエアで処理する(別々で処理するイメージ)べきなのでしょうか?(弊社は3月が本決算です。)
お手数ですがご教授していただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あなたが,定義と云う言葉を使うので,私も迷ってしまいました。

要するに12月で導入を決定したので,1月に請求書が来たのですね?そうして6月に完成するのですね?この場合相手と取引について綿密に打ち合わせをしてください。

(1)1月に請求書が来た段階で建設仮勘定へ計上します。例えば300万円かかるなら相手に対して手付金の形で100万円渡します。
(借方)建設仮勘定1,000,000/(貸方)現預金1,000,000
   (ソフトウエア)
(2)そうして6月完成したときに下記のように仕訳経理処理します。
(借方)                (貸方)
工具器具備品3,000,000/建設仮勘定1,000,000
(スフトウエア)          (ソフトウエア)
                     現 預 金2,000,000
    • good
    • 0

開発を外部に委託した「販売管理システム」の資産計上に関する会計処理についてのご質問ですね。




完成した「販売管理システム」が当社へ引渡された時点で「ソフトウエア」として計上します。ですから開発の途中で1回または数回の内金を支払う場合は、支払う時点で「ソフトウエア仮勘定」で処理します。そして最終的に完成して引渡された時点で「ソフトウエア」に振り替えます。
〔借方〕ソフトウエア仮勘定◇◇◇◇◇/〔貸方〕当座預金◇◇◇◇◇
【摘要欄】●●●●終了


なお開発契約書で、開発フェーズが終了するごとに各フェーズの代金を支払う(=分割支払)約束になっているのであれば、(支払う時点ではなく)要件定義フェーズが終了した時点で
〔借方〕ソフトウエア仮勘定☆☆☆☆☆/〔貸方〕未払金☆☆☆☆☆
【摘要欄】要件定義終了
と仕訳計上することになります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なお質問者にひとこと注意をします。

質問者はこのサイトで複数の質問を投稿して50回を超える回答を受付けたにもかかわらず、1度もお礼の投稿をしておりません。回答者に対して無礼ではありませんか。不愉快です。今後、態度を改めて下さい。そして、みんなで当サイトを盛り上げましょう。
    • good
    • 6

システムの要件定義書は、要件定義業務を経て作成された成果物であり、


導入するシステムと同等の納品物です。

請求書に記載されている納品日付けもしくは、要件定義書受領日付けで、要件定義単体で計上しましょう。
    • good
    • 0

システムの要件定義は、ソフトウエア開発の一部分です。


これは独立の資産とするのではなく、完成時点でトータルの開発費用をソフトウエアとして計上します。以上は既にご回答のあるとおりです。

ただし、仮勘定の勘定科目については、「研究開発費等に係る会計基準注解(注4)制作途中のソフトウェアの計上科目について」において、『制作途中のソフトウェアの制作費については、無形固定資産の仮勘定として計上することとする。』とされており、さらに同実務指針において、『ソフトウエア仮勘定』が例示されていますので、この『ソフトウエア仮勘定』で処理されるのが適当でしょう。

従ってお書きのとおり、12月にはシステムの要件定義の費用をソフトウエア仮勘定で処理して、3月決算の貸借対照表では無形固定資産の区分に計上し、6月完成時に合計額をソフトウエアに計上します。
    • good
    • 0

約1年6箇月前に親会社が基幹システムを変更するに当たり、共同利用している子会社に対して顧問会計士等による会計処理の説明がありました。


そのときの説明内容はホボ1番様の書かれている通りですね。

12月に確定した「要件定義」は、システムを導入する為のステップの1つであり、それ単独でシステムは動きませんよね。だから、仮勘定となります。
 ⇒工事の中間金と同じ性質です。
6月に「要件定義」に基づきカスタマイズ又は独自に作成された完成プログラムを導入した時点で、12月に計上した仮勘定を本勘定へ振り替えます。
    • good
    • 1

資産の取得原価は原則的にその資産を取得するために要したすべての費用です。



要件定義がないとそのソフトウェアが完成できないのですからこの「その資産を取得するために要したすべての費用」に該当します。

又資産の償却費はその資産を事業の用に供した日からです。そういう意味では稼動するまでは建設仮勘定のような仮勘定で資産計上するのが適当と思います。
要件定義だけでは事業にとって何の経済的効果も発揮しないのですから、その時点での費用扱いは適当でないと言うのが原則的判断でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長所と短所の伝え方。

長所と短所の伝え方。
    
    
    
大学の推薦入試の面接で長所と短所を答えるのですが、文として伝えることができません。

[長所]
・頭や気持ちの切り替えが早い
・好奇心旺盛で多趣味

[短所]
・熱しやすく覚めやすい
・負けず嫌い

これを文として伝えるにはどうすれば良いでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

長所の伝え方は…
「自分を客観的にみて良いと思うところは、非常に頭や気持ちの切り替えが早く好奇心旺盛でいつまでもチャレンジ精神を忘れない活動的な感性だと思います。」

短所の伝え方は…
「チャレンジをすることは好きなんですが冷めやすいところがあります。又、これを短所と見るか?長所と見るか?人それぞれだと思いますが負けず嫌いなところがあります。」

俺だったらこんな感じでしょうか?

Q会計ソフトの導入にあたり部門別管理の導入を企画しています。

会計ソフトの導入にあたり部門別管理の導入を企画しています。
質問にあたりこちらのことを簡単に説明します。

会社は社員数100名ほどで三つの部門があります。
業種はタクシー・貸切バス・旅行業です。
輸送実績等(輸送キロ数や輸送人員数・売上高など)を協会や陸運局に毎月報告する必要があります。
現在の会計処理は仕訳帳のみ記入して、あとは税理士事務所にすべて任せており部門管理などは一切されていません。
私の会計の知識レベルですが、去年日商簿記1級を取得しています。
入社1年目です。
導入予定の会計ソフトはPCA会計のシステムBです。

質問内容は、部門管理の導入をした場合の売上高の計上についてです。
旅行業部門が貸切バスの仕事を10万円で受注し、社内のバス部門に依頼した場合、
従来の方法どおり   

売掛金10万円/バス売上10万円
と売上を計上します。
(事務処理上、業務が煩雑になるため部門管理導入後も同じように計上します)
その後、観光部門に手数料として売上の10%を付け替える場合、

(1)バス売上1万円/観光部門売上1万円  又は
(2)支払手数料1万円/観光部門売上1万円
という仕訳が考えられますが、
(2)の仕訳で処理した場合に会社全体として売上高が11万円になってしまいます。

外部の旅行会社からの仕事の場合、当然のことですが(2)の処理をしています。
(部門管理していないので貸方は単なる売上になります)

しかし同じ会社の部門間の売上なので相殺する必要があると思うのですが、
関連会社の財務の責任者に確認したところ、利益額はどちらも同じ額になるので(2)の方法で問題ないだろうといわれました。(その人は税理士試験の簿記論・財務諸表論を持っています)

PCA会計のシステムBは管理会計仕訳として部門間の利益の付け替えを財務会計仕訳と区別して処理することができるようで決算資料などには管理会計仕訳を影響させないようにすることができるようです。

(1)の仕訳の様にバス売上と観光部売上を相殺して会社全体の売上を実際の売上と一致する必要があるのか
(2)の仕訳の様に利益額が同じなら会社全体の売上が多少多く表示されても問題ないのかを教えてください。
よろしく願いします。

会計ソフトの導入にあたり部門別管理の導入を企画しています。
質問にあたりこちらのことを簡単に説明します。

会社は社員数100名ほどで三つの部門があります。
業種はタクシー・貸切バス・旅行業です。
輸送実績等(輸送キロ数や輸送人員数・売上高など)を協会や陸運局に毎月報告する必要があります。
現在の会計処理は仕訳帳のみ記入して、あとは税理士事務所にすべて任せており部門管理などは一切されていません。
私の会計の知識レベルですが、去年日商簿記1級を取得しています。
入社1年目です。
導入予定...続きを読む

Aベストアンサー

旅行業の売上げは、1万円
貸切バスの売上げは、9万円ですね。

売掛金(売上先:顧客企業)10万円 / 売上高(部署:旅行業)    1万円
                 / 買掛金(仕入先:社内貸切バス)9万円
            +
売掛金(売上先:社内旅行業)9万円 / 売上高(部署:貸切バス)  9万円

  ※旅行業は、コミッションを売上高とする会計が一般的に行われています。
   (ビジネスモデルによって一部異なりますが)

これだと、買掛金と売掛金が五月蠅いので

売掛金(売上先:顧客企業)10万円 / 売上高(部門:旅行業) 1万円
                 / 売上高(部門:貸切バス)9万円

帳簿会計上も、管理会計上も問題ありません。

>(1)の仕訳の様にバス売上と観光部売上を相殺して会社全体の売上を実際の売上と一致する必要があるのか

これは、バス売上げを10万円としなければならないのでしょうか?
本件を外注のバス会社に依頼すれば、旅行会社の売上げが1万円でバス会社の
売上げが9万円です。
 ※管理会計と帳簿会計を分けるのも一つの選択肢ですが、個人的には煩雑に
  なるので、お奨めはしません。
 ※勿論、御社の管理に関わりますので、御社の管理し易い方法で管理して
  ください。

>(2)の仕訳の様に利益額が同じなら会社全体の売上が多少多く表示されても問題ないのかを教えてください。

税務的には、売上高が水ぶくれになっても所得額に問題がないならば、税務調査
時に問題になる事はありません。
(説明に時間を要しますが、問題にはなりません))

会計的には、(親会社があるならば)質問者さんが記載された方法で親会社がOK
すれば何も問題はありません。御社が上場しているのであれば会計原則に従がい
売上高が水ぶくれする会計処理は止めましょう。

旅行業の売上げは、1万円
貸切バスの売上げは、9万円ですね。

売掛金(売上先:顧客企業)10万円 / 売上高(部署:旅行業)    1万円
                 / 買掛金(仕入先:社内貸切バス)9万円
            +
売掛金(売上先:社内旅行業)9万円 / 売上高(部署:貸切バス)  9万円

  ※旅行業は、コミッションを売上高とする会計が一般的に行われています。
   (ビジネスモデルによって一部異なりますが)

これだと、買掛金と売掛金が五月蠅いので

売掛金(売...続きを読む

Qありがとうの伝え方。

ありがとうの伝え方。

みなさんは、彼氏・彼女・旦那さん・奥さんに、感謝の気持ちってどう伝えてますか?

わたし、ずっと友達だった人とつきあうことになったのですが、本当にいい人で、いろいろ頼ってばっかりで申し訳なくて…

どんなに些細なことでも、ありがとうとごめんねはきちんと伝えているつもりです。

…でも、もっと彼に感謝の気持ちを伝えたいな と思っています。

みなさんのありがとうの伝え方を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

頼りになるということは、相手もあなたの役に立ちたいと思っている。つまりあなたを本当に愛しているということでしょう。

ではその愛にどう応えるか?絶対に裏切るようなことはせず、ずっと寄り添い彼が困っている時は助けてあげる。それが一番でしょう。

あまり重く考えて大層なことをすると、余計に相手が気を使ってしまいますよ。傍にいてあげるのが一番の恩返しです。彼もあなたの役に立てて嬉しいんですよ。

羨ましい関係ですね。お幸せに。

Q固定資産管理システムの直接資本化。原価会計情報管理

お世話になっております。
別件でも、固定資産管理システムについて、質問させてもらっているので
恐縮なのですが、下記文書の意味が理解できません。

「建設仮勘定を通さない固定資産投資は、固定資産管理において通常、直接資本化されます。しかし、同時に原価会計の情報も管理したいと思うかもしれません。例えば、目標/実績比較を行うための計画値や予算、未確定債務管理など。この為、固定資産管理システムでは、固定資産取引を実績値と同時に内部指図に統計値として転記することが可能です。これは、直接資本化コンポーネントで可能になります。直接資本化は建設仮勘定を経由しない資産取得を参照し、資産は即座に資本化され、償却が行われます。」

まず、直接資本化する場合と、建設仮勘定を通す場合では何が違うのでしょうか?

また、原価会計の情報を管理するという意味が理解できません。
固定資産で原価とはいったい何をさしているのでしょうか?
取得原価であれば、直接資本化しなくても、必要だと思うのですが。

ピントのずれている質問だと思いますが、分かりませんので、ご指導のほどよろしく御願いいたします。

お世話になっております。
別件でも、固定資産管理システムについて、質問させてもらっているので
恐縮なのですが、下記文書の意味が理解できません。

「建設仮勘定を通さない固定資産投資は、固定資産管理において通常、直接資本化されます。しかし、同時に原価会計の情報も管理したいと思うかもしれません。例えば、目標/実績比較を行うための計画値や予算、未確定債務管理など。この為、固定資産管理システムでは、固定資産取引を実績値と同時に内部指図に統計値として転記することが可能です。これは、直接資...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産は、通常多くの工事や仕入れを伴うので一旦建設仮勘定に計上し、完成時に本勘定に振り替えという手続きをします。

このときに固定資産番号や耐用年数の設定などをします。

ご質問の建設仮勘定を通さない固定資産投資とは、工事が短期に終わる場合や、仕入れ検収が少ない件数で終わる場合などに、建設仮勘定を通さず直接固定資産に計上するて仕組みと思われます。
このときに原価を計算するというのは、たとえば配線廃刊などの付随工事、社内工数などの間接費用を固定資産に負荷する場合の計算方式でしょう。


ある程度の規模の固定資産ではこういうその他の費用が必ず出てきます。
こういうことをうまく処理する仕組ということでしょう。

Q若い人になるにつれて伝達事項が細かい伝え方だなと違和感がある人はいませんか?細かい人

若い人になるにつれて伝達事項が細かい伝え方だなと違和感がある人はいませんか?細かい人からの意見も教えてください。

Aベストアンサー

40半ばの会社員です。

ご質問が何をおっしゃりたいのか、今一つ分かりづらいのですが、「若い人の中には、何かを伝えたい時に、枝葉末節にこだわった細かい伝え方で、それに違和感を持つ」ということで良いでしょうか?

そういう人は、何を省けばいいのか、どんな順序で伝えるべきなのか、それが理解できていないのだと思います。

たとえば、
「××社のAさんから、電話がありまして、あまり急ぎではないようだったんですけれども、Bさんはいらっしゃるかと訊かれて、会議で席を外しておりますと答えたら、△△の事が分かる方はいらっしゃるかと訊かれて、CさんとDさんに訊いてみましたが知らないと言われて、分かるものがいないとお答えしたら、会議が終わり次第に電話が欲しいと言われました。」
というような、最期まで読まないと何が何だか分からない伝達、しかも受けた時間や相手の電話番号は書いていないというものになったりします。
手慣れた人なら、
「××社のAさんより、○時○分TELあり。
 △△の事で、TEL欲しいとのことです。(電話番号)」
で、済みますよね。

年をくった人にもいますけれど、経験値の問題で少なくて当たり前だと思います。
何を伝えるべきなのか、訓練次第で治ります。

40半ばの会社員です。

ご質問が何をおっしゃりたいのか、今一つ分かりづらいのですが、「若い人の中には、何かを伝えたい時に、枝葉末節にこだわった細かい伝え方で、それに違和感を持つ」ということで良いでしょうか?

そういう人は、何を省けばいいのか、どんな順序で伝えるべきなのか、それが理解できていないのだと思います。

たとえば、
「××社のAさんから、電話がありまして、あまり急ぎではないようだったんですけれども、Bさんはいらっしゃるかと訊かれて、会議で席を外しておりますと答えたら、△△の...続きを読む

Q弥生会計期中導入の件(長文です、すみません)

3/1~2/28会計期間で2月末で資産、負債、資本繰越残を入力しました。7月から伝票入力を開始するに当たり3月から6月末までの合計を費用、収益は相手勘定を複合(諸口)で入力するのは理解したのですが、資産、負債、資本をどう入力したらいいのか迷っています。思うには、資産、負債、資本を6月末残から2月末残を差し引いた金額をそれぞれ借方、貸方に入力すればいいのでしょうか?よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

3月から6月末までの科目ごとの借方、貸方金額の合計金額をまず入力した上で、伝票入力を開始してください。

Q電話での漢字の伝え方について

わたしの名前には「乃」が入るのですが
これを電話で氏名を伝える時にどう伝えればいいのか、いつも迷います。
いつもは「貴乃花や若乃花の“乃”」や、「及ぶの払いがない字」などの伝え方をしていますが
いつも、その方法で大丈夫だろうか、もっと的を射た例えがあるんじゃないかと思っていました。

最近電報を打つ機会があり、その時に名前を上のように伝えたのですが
最後に担当の方が復唱される時に、「乃は~~~の乃」と
すごく素敵な例え方をなさって驚きました。
そんな伝え方があったのか!と感動したのですが、どんな内容だったか全く覚えておりません。
電報係のかたはマニュアルでもあるのでしょうか?これからもその伝え方でいこうと思える感じだったのですが・・・。
もし何か思いつく例えがございましたら、教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

「○○の乃」という言い方なら、貴乃花・若乃花・乃木大将くらいが妥当じゃないでしょうか?

乃木坂(地名)・養老乃瀧(居酒屋チェーン店名)・揖保乃糸(素麺商品名)などは居住地によって知名度にバラツキがありそうですし、これらと比べれば先に挙げた人名のほうが知っている可能性が高いと思います。
人名でも、木村佳乃(芸能人)・かたせ梨乃(芸能人)・乃南アサ(作家)は避けたほうが無難でしょうね。
分かる人には一発で分かると思いますが、「???」という反応をされたときに気まずそう(笑)

字そのものを説明するなら、「及ぶの払いがない字」か「秀でるの下の部分」が分かりやすいと思います。
(自分の字を説明するのに、“賛美系形容詞”を遣いたくないという方もいらっしゃるかもしれませんが)

Q導入したシステムの会計上の扱い

 システムを導入した場合、広義では、システムは会社
の資産になるかと思うのですが、会計上どのように処理
するのでしょうが?ケースバイケースだと思いますし、
ソフトとハードで扱いも変わるかと思いますが、お教え
いただけますでしょうか。リースの場合もあるんですか
ね?

 
 

Aベストアンサー

ソフトは(無形)固定資産でしょう。償却期間も決められているはずです。

ハードはリースであればリース料。取得であればこれも固定資産ですね。

Q回答されて「伝え方が悪かった」という人の心理

たまにあるのですが。
回答した後にお礼で「伝え方が悪かったですね」
って言う人がいます。

どうみても逃げてる気がするんですが、
なぜそんなことを言うのでしょうか?

Aベストアンサー

>どうみても逃げてる気がするんですが、
>なぜそんなことを言うのでしょうか?


場合による。

自分は「これで伝わる」と感じたものを投稿して、回答者が「は?○○おかしいでしょ」となれば、「(あ、ここおかしいか)」とその時点で気付き、「伝え方悪かった」「文章が変だった」とかいうことも、あります。自分じゃ分からないことも、あるものです。

一方で、本当に「逃げ」の場合もあります。


印象としては「逃げ」として使っている割合が多いかな?とは思いますが。場合によります。

Q会計ソフト導入と工事原価管理について

電気工事事業を行う小さな会社に総務経理として入社したのですが、現状経理業務をすべて税理士に丸投げしており、この度経理業務を社内で行えるよう環境を整備することになりました。

その際上司より、通常の会計業務のほか、一現場ごとの費用の集計をしてほしいとの要望がありました。


・この場合、通常の会計ソフトと工事原価管理ソフトが必要なのでしょうか?

・ひとつのソフトで行えればと考えているのですが、可能なソフト等あれば教えてください。

・実際経理を担当しつつ工事原価の集計を行っている方はどのようにしているのでしょうか?

上記の三つが質問です。
何卒宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>上司より、通常の会計業務のほか、一現場ごとの費用の集計をしてほしいとの要望がありました。
>この場合、通常の会計ソフトと工事原価管理ソフトが必要なのでしょうか?
>ひとつのソフトで行えればと考えているのですが、可能なソフト等あれば教えてください。


次の建設業用の会計ソフトならば、どれも優れたソフトで、通常の会計だけでなく、工事現場ごとの費用の集計もできます。

・応研の『建設大臣NX』
・ミロク情報サービスの『工事部長3』
・オービックビジネスコンサルタントの勘定奉行i8[建設業編]


また、弥生会計で、建設業用のテンプレートを使えば、やはり、通常の会計だけでなく、工事現場ごとの費用の集計もできます。使いやすいです。↓

http://cc.yayoi-kk.co.jp/download/search_direct01Detail.asp?faqID=25625&baID=3&ProductCode=Kaikei09Std&category=HP#dl


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報