個人事業主のもとで経理をしています。
21年度に請求した売掛金(総額約50万)を23年度に現金で回収しました。
事業用の口座には入れず、事業主がそのまま業務に使った(あるいは個人的に
使った)ようなので通帳への記載はありません。
回収時の領収書の複写は残っています。

会計ソフトには売上の入力がなく、貸倒の処理もありません。
(当時の経理担当者は退職し連絡がつきませんが、もしかしたら売上発生時点ではなく、
請求額が確実に振り込まれてから会計ソフトに入力するという方法をとっていたのかも
しれません。)

この場合、経理としてはどう処理すれば良いでしょうか?
ポンと湧いたようなお金、何もしないほうが良いのでしょうか?
請求書や領収書の写しが残っているため、なんとなくスッキリしません。
経理を始めて1年ほどですが、未だに不可解な(?)ことだらけで四苦八苦しています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

経理 とは」に関するQ&A: そもそも経理とは

A 回答 (2件)

>会計ソフトには売上の入力がなく・・



かりに平成23年12月15日に50万円を現金で回収し、事業主がそのまま自分の財布に入れたとします。平成23年12月15日付で次の仕訳を起します。

平成23年12月15日
〔借方〕事業主貸500,000/〔貸方〕売上高500,000

このように、平成23年の売上にするほかありません。また現金50万円は、事業主に貸したことにします。

以上。
    • good
    • 0

請求書を差し上げた時点で下記の仕訳が必要


A(借方)売掛金500,000/(貸方)売上高500,00・・・・単純に計上し忘れただけです。

クライアントから振り込んで来たらこうすればよかったのです。
B(借方)現金500,000/(貸方)売掛金500,000

AとBの仕訳処理をすることで,商品をクライアントに500,000円で売り上げBでクライアントから現金が入りました。よって売掛金はAとBで相殺されてめでたしなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
そうですね、計上し忘れたのでしょうね。
まさか今頃になって回収、というのも予想外ではありましたが、まあ
回収は回収なので良かったです。
その都度こまめに会計ソフトに入力する・・・私もうっかり忘れないよう
気を付けたいと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2012/01/11 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q売掛金回収の仕訳について

現金での売掛金回収の仕訳を教えて下さい。

50万円の売掛金(複数件で)を回収するのに、銀行から釣銭分引き出し4万円の釣銭を用意しました。

【仕訳】
(釣銭準備時の仕訳)
現金  4万円     銀行 4万円

(回収時の仕訳)
現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

上記?で悩んでいます。
釣銭時に仮払金等で仕訳をすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃうと、得意先が「大変ですね。これおつり用に使ってください」とくださって現金が4万円増えてることになっちゃいます。

「売掛金50万円回収してきて、どうして54万円あるんだ」という話になってます。
4万円はおつり用に持ってただけです。
おつり用と言ってピンとこない用なら「両替用」ですね。
両替用に別途持ってたお金4万円が「取引先で集金したら増えてしまった」のではないのです。

現金を数えるときに「おつり用に用意した4万円を入れて数えてしまってる」ので、疑問点が出てるんでしょう。
おつり用のお金は会社のものですから、わかりにくいかもしれません。

あなたの財布の中に入ってる小遣いを上記の額に足して「○○財布内現金」として、借り方に記載してしまってるのと同じです。
売掛金がいくら回収できたのか、それは現金なのか、振り込みを受けてるのか、はたまた小切手なのか、もしかしたら切手代用なのか(あまりない)を考えて仕訳するんですね。
この場合は「右が先」です。

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃ...続きを読む

Q現金回収した売掛金の処理

今まですべて振込で回収していたので、借方)普通預金と貸方)売掛金の
科目で処理ができていました。初めてですが、4日に現金回収し、7日に普通預金へ入金したのですが(その間は個人で現金を保管)、どう勘定処理したらいいでしょうか。いままで、小口の支払いも社員の立替で処理していて、現金勘定を持ったことがありません。保管していた期間のために現金勘定を立てておかないとつじつまが合わないですね。相手への領収は4日付で発行しています。
4日 現金 10000  売掛金 10000
7日 普通預金 10000  現金 10000
ということになりますか。
ということにすれば、現金初めてなので現金出納帳の作成も必要ですね。

Aベストアンサー

どの位厳密に仕訳を起こすかは気分の問題でしょう。
別に
7日 普通預金10000 売掛金10000 摘要 4日現金回収済
とかでも別に構わないと思いますが・・・・
事業規模と事務の煩雑さを考えて適宜判断してください。

Q売掛金の仕訳について

簿記の売掛金の仕訳について教えてください。

医療関係で開業しました。保険請求ということで毎月売掛金が発生しているのですが、記入ミスなどで請求した金額の一部が請求出来ず、再度正しい情報で請求するという作業を行っています。
ここで質問なのですがこういう場合の簿記上の仕訳はどうしたらいいのでしょうか?

例)11月に30,000円の売掛金が発生。
12月に5,000分ミスが発覚し、12月末にミス分5,000円と12月の売上40,000の売掛金を計上。

11月○日  売掛金 30,000 / 売上30,000

12月●日  ???? 5,000 /  売掛金 5,000

12月△日  売掛金 45,000 / 売上 45,000

上記のような感じになるんでしょうか?
ちなみに????はどの勘定科目にしたらいいのか分かりません。

Aベストアンサー

A)お書きのように、請求できなくなった分をいったん売上から減額しておく方法
11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)

〔ミスが発覚した日〕
12月●日  売上 5,000 /  売掛金 5,000(11月の売上減少)

12月31日  売掛金 45,000 / 売上 45,000
         (11月の5,000円+12月の40,000円)


B)または、売掛金5,000円をそのまま次月に繰り越す方法があります。

11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)


12月31日  売掛金 40,000 / 売上 40,000(12月の売上計上)

売掛金と翌月あたりの入金額がぴったり一致したほうがいい場合はA)の方法のほうが適しています。当初は3,000円だった11月分の請求書を25,000円に直して請求しているのであればなおさらA)がいいと思います。

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q売掛金の返金の仕訳

物凄く簡単な質問で恐縮です。

売掛金 / 卸売上高
預金  / 売掛金

の仕訳を立てて入金した売上を、訳あって返金する事になりました。
その返金の仕訳って・・

卸売上高 / 預金

でしょうか??

Aベストアンサー

OKです。

Q事業主借・事業主貸時の現金出納帳の記入の仕方教えて下さい

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出金その他
返済/事業主借返済    ○○○円    

で良かったでしょうか?


*健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが、現金出納帳に、事業主借/健康保険・出金その他に金額記帳→その後事業主借返済/社会保険料・その他入金に金額記帳としなければなりませんか?

*事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金に金額  と記帳して良かったですか?

*青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計が合いません。
資産の部が少なく、負債・資本の部が多くなります。(事業主借が24万あります)
なので元入金での調整も出来ません。
赤字経営だからでしょうか?
赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計は同じになるのでしょうか?

分かりにくい説明になったかもですが、分からない部分は補足しますので宜しくお願いします。

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出...続きを読む

Aベストアンサー

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう場面ですか。
・現金を事業会計に回したのなら、
【現金/事業主借】
・家事用預金で事業経費を振り込み支払いしたなら、
【水道光熱費 (例)/事業主借】・・・現金出納帳には載らない

>青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と…

お書きの情報だけでは、その原因まではわかりません。
ただ、

>使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入…

お小遣い帳か家計簿用の単式簿記しかできないソフトではありませんか。
それでは 65万円の青色申告控除を取るための帳簿を作ることは無理です。
複式簿記ができるソフトに買い直しましょう。
「個人事業者専用」と銘打ってあるものがよいです。

>赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の…

それは同じです。
資産、負債ともに同じ数字ですが、期首より期末のほうが少なくなることが「赤字経営」です。

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう...続きを読む

Q売掛金の仕訳について

売掛金の仕訳について教えてください。内容は…売掛金\300000から保険料\400と振込手数料\210を引かれて振り込まれます。上記内容の仕訳を教えてください。宜しくお願いです。

Aベストアンサー

〔借方〕当座預金299,390/〔貸方〕売掛金300,000
〔借方〕保険料      400/
〔借方〕支払手数料   200/
〔借方〕仮払消費税    10/

Q現金仕訳で、事業主貸と事業主借の仕訳で困っています

個人事業主で本年度から青色申告者です。現金の仕訳についてですが、事業主貸と事業主借の仕訳に困っています。

現金の仕訳についてですが、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸し/普通預金 (適用)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (適用)月分給料 」
「・・・・・・・ /預り金(適用)預り金 源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」などと仕訳を行っています。

しかし、勘定科目の「現金」はマイナスが増えて行くだけで困っています。


自分なりの考えとしまして、(1)預金から引出した後、必要に応じた金額を「事業主借/現金」の仕訳を行ってから(2)(3)の仕訳を行う
のかとも思っています・・・
それとも、根本的に全く仕訳方法が間違っているのでしょうか?


生活費や個人的嗜好品などの購入も(1)の仕訳で預金から引出した現金を使っています。
これに対しても何かの仕訳をしなければいけないのでしょうか?

どうか良いご回答をお願いします。

Aベストアンサー

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事業主借 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/事業主借」


私ならBの方を選びます。シンプルであり間違いが少ないので。

現金勘定を使うと、仕訳処理が非常に複雑になり、また現金の管理も面倒です。事業用の現金と生活用の現金を区別して管理しなくてはなりません。

また、事業用の現金で生活費や個人的嗜好品などを購入する場合も仕訳が必要になります。しかし、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」

で処理しておけば、現金で生活費や個人的嗜好品などを購入しても仕訳は不要です。

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事...続きを読む


人気Q&Aランキング