痔になりやすい生活習慣とは?

日本が民主主義国家になったのはいつでしょうか?
明治維新の時ですか?

であれば、第二次世界大戦時の日本やドイツも民主主義国家となりますので
「民主主義国同士は戦争はしない」という学説は、どういった基準で出来上がったのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

国際政治学でよく出てくる学説ですね。


1980年代にマイケル・ドイルが発表し、ブルース・ラセットがまとめていますね。
クリントン政権が部分的に採用し、諸外国の民主化の理論付けに使った事で注目されるようになりました。
(世界の民主化を進めれば戦争が減る→自国の安全も高まるという理論です)

この論文の主旨は、戦争が起こる時にはどちらかの国家(あるいは両方)が民主主義の形をなしていない、というものです。
健全な民主主義国家同士であればまず協議から始まり、武力以外の方法で解決が図られる、と。

マイケル・ドイルは過去200年の国家間の戦争を検証した結果を発表しているのですが、
この場合の民主主義国家というのは、当事国がそう主張したからではなく、
政治状況や体制、制度が民主主義国家として成り立っているかを彼が判断した結果となっています。
例えば男女普通選挙が成立しているかといった制度的な条件もあれば、
軍事政権になっていないかなど政治状況的な条件もあります。
(この辺が論文中では厳密に定義されていないのが批判されるポイントでもあるのですが)

それで言えば、日本が民主主義国家となったのは少なくとも戦後ということになります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます!大変参考になりました。

お礼日時:2012/02/09 05:33

明治憲法は、法の支配による国家の運営という事を決めたという事で、近代国家の道を歩み始めたという事にはなりますが、これを民主主義の実現とするのには疑問があります。



普通選挙の実施で評価する方法を取った場合、民主主義の種類で評価が異なります。
(その国民全てが民主主義に相応しいレベルにあったのか?という問題はここでは無視します。)

1:広義の民主主義 男子普通選挙(男子にのみ選挙権が与えられる。)
2:狭義の民主主義 男女に関係なく選挙権が与えられる
これらは、どちらも納税額や身分には関係ないという前提です。

その選挙権の各国の状況ですが、
1867年 ドイツ(北ドイツ連邦)で男子普通選挙が実施される。
1870年 アメリカで全人種の成人男子への選挙権付与が連邦憲法修正第15条により義務付けられる
(南部ですべての州で人種に関わらず普通選挙が保障されたのは1965年)
1879年 ブルガリアにおいて男子普通選挙が実施される。
1918年 イギリスで男子普通選挙が実施された。

1919年 ドイツ共和政において、世界初の完全普通選挙が実施された。
1920年 アメリカで女性参政権を認めることが連邦憲法により義務化。

1928年 日本で衆議院選挙が、男子25歳以上(最初の男子普通選挙)で実施された。

1928年 イギリスで女子(21歳以上)に選挙権が認められる。

1945年 日本で婦人参政権が成立した。
1945年フランスで女子(21歳以上)の選挙権が認められた。

>明治維新の時ですか?
>であれば、第二次世界大戦時の日本やドイツも民主主義国家となりますので

狭義の普通選挙で計れば、WWII前の大概の国は民主主義ではないことになりますね。
日本はむしろ、明治維新から凄いスピードで進歩していると思いますが。
それに民主主義は、国民のレベルに大きく依存するもので、安易に導入すれば腐敗や衆愚政治に陥り、結果として軍事独裁や警察国家に成り下がります。実際そうなってしまった国の方が多く、日本は大成功した稀有な例だと思います。
戦争で中断しましたが、降伏ではなく、講和によって終戦し連合軍の統治を経なかった場合の事も考察しなければ、評価はできないと思います。

日本が終戦後、連合軍によって民主化されたというのは、GHQによる操作された情報です。
これをWGIP、ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラムと言います。
連合軍は、日本が再び逆らう事のない様に、精神面から弱体化する為に、戦争の責任は全て日本にあるという宣伝をしました。(だいたい、戦争は国家の権利であって、勝敗に関わらず責任を負う必要はありません。)
しかし、国民自体は、日本政府に騙されていた被害者であるとしました。
これを受け入れた場合、国民は罪悪感からは解放されますが、代償として国に対する信頼を失い、愛国心やアイデンティティを喪失し、以後自虐史観による連合国に対する劣等感を抱えることになります。
一方で、連合軍は単なる戦勝国ではなく、悪い政府から助けてくれた正義の解放者になることができ、占領政策や、独立後も影響力を保持できます。

個人の権利(表現・思想信条・結社・集会の自由・)も民主主義の重要な要因だと思いますが、
これで計った場合、戦争中の殆んどの国は民主主義ではなくなります。
スパイや工作員によるプロパガンダや情報漏洩を許す国など、平時でもありません。
更に、自由の国を自称するアメリカなどは戦後も共産主義を公然と弾圧しています。
欧米などは、ナチを擁護したり、ホロコーストを否定するだけで犯罪となっています。

最近は、日本でも隣国のポップカルチャーを否定すると同じような扱いをうめるようです。
その隣国では、親日的な言動をすると、生命すら危険に晒されるそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/02/09 05:32

日本は明治維新を経て、立憲君主制という民主主義の一つの形態に移行しました。


第二次世界大戦当時のドイツは選挙で選ばれた国家社会主義ドイツ労働者党を与党とした民主主義の一形態です。
実際のところ、選挙が妥当・公正か否かの問題は常に存在し、現代日本の国政選挙は最高裁判決によって違憲とされていますが、違憲選挙で選ばれた民主党が与党として政権を担っているのが現実です。

民主主義が独裁制度かという政治体制区分とは別に、人類の歴史上、戦争を容認している時代があったことを忘れてはなりません。当時、戦争は国家の権利であり、宣戦布告をしてから攻撃を開始するべし、という国際的ルールがあった程度で、戦争自体を否定する国際法はありませんでした。(現在でも国際法で戦争を全面的に禁止するには至っていませんね)

ご指摘の学説は「1980年以降は、民主主義国家同士は開戦しない」と解釈すればよいでしょう。

なお、当然のことですが、学説が真理ではありませんので、学説で説明つかないことが今後も起こると思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!大変参考になりました。

お礼日時:2012/02/09 05:33

民主制といっても、大きく分けて二種類あります。


形式的民主制と実質的民主制です。

形式的民主制てのは、議会制を採るなど、外形は
一応民主制に見える、というものです。
維新後、大東亜戦争前までの日本はこれだ、という
ことになっています。

実質的民主制てのは、国民の権利保護が第一となり
その為に権力分立とか司法独立とかが確保されている
現在の先進国タイプの民主制です。
日本では、大東亜戦争後これにさせられました。

ドイツは、第二次対戦時は既に民主制国家でしたよ。
ヒトラーは民主制が産んだ鬼子である、と言われました。

欧州は、世界で一番早く民主制を敷いた国ですが、
戦争ばかりやっていました。
そのお陰で軍事技術が発達し、世界を席巻することが
出来ました。

民主制国家が戦争云々てのは、先進国の間ではもはや
戦争は起きない、という意味でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/02/09 05:31

>「民主主義国同士は戦争はしない」という学説は



 そんな学説聞いたことがありません。出典をきちんと明示して下さい。ついでにいえば20年ほど前のフォークランド紛争は英国とアルゼンチンという民主主義国家同士の戦争でした。

>、第二次世界大戦時の日本やドイツも民主主義国家となりますので

 これはあなたの常識の欠落です。

・日本-大政翼賛会が成立し、複数政党による選挙を通じての政権交代は不可能となっていました。

・ドイツ-1933年のナチス政権の樹立以来、ナチス党の一党独裁が続き、さらには「全権委任法」によってヒトラー個人に独裁的権限が与えられていました。

 日本などは大正時代に庶民院-衆議院での第一位政党から首相が選ばれるという現在と同じ慣習ができあがり、ドイツに至っては第一次大戦を得て生まれたワイマール共和制は制度としては当時最も優れた民主主義体制とされたものです。

 が、民主主義体制というのはそれを維持するのに不断の努力を必要とします。日本も昭和に入ればテロが続き選挙の先例を得ない軍人内閣が幾度も誕生しました。ドイツに至ってはナチス党の権力掌握以降を民主主義と見なす人はいないでしょう。

 あなた、常識に欠けてますね。何を書いているんですか?????
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!ただ、、、
あなたの知的水準が極めて低いこと、そして、文化的素養の無さが露呈してしまったことが残念でなりませんw

お礼日時:2012/02/09 05:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本はいつから民主主義になりましたか?

私は昭和20年の敗戦後に日本国憲法が制定されて
民主主義になったと思っていました。

しかし実際にはどうだったのでしょうか?
本当に民主主義になったと言えるのはいつごろですか?
またその根拠も教えてください。

Aベストアンサー

> もう少しバカな私にも分かるようにご説明いただけないでしょうか?

数学的な証明は難しいので、例を挙げることで説明しましょう。

例えば選択肢が三つ(ABC)、投票権がある人が7人いる状況を考えましょう。
それぞれ、選択肢に順番をつけ、最も望ましいものに投票して多数決で決めることを考えます。
その順序がこのようになっていたとしましょう。
A>B>C
A>B>C
A>B>C
B>C>A
B>C>A
C>B>A
C>B>A
過半数が「最も望ましくない」と考えているため、Aはこの三つの中で最も悪い選択肢であるにもかかわらず、選ばれるのはAです。実際、AとBだけの場合はBが、AとCだけの場合はCがそれぞれ選ばれることになります。


このように、
> なせあの人がという多くの人が望んでいない人が当選することがあるってことですね?
という状況を否定することができません。

Q日本って何主義?

よくわからないのですが、
日本は民主主義なのですか?資本主義なのですか?

Aベストアンサー

みんな上手いこと言いますね。全員セイカイでしょう。

質問に対する答えは、日本は民主主義だし資本シュギです。
民主主義で社会主義を選ばなければ資本主義なのです。民主主義によって資本主義を選んだという二つの主義があっていいのですよ。
民主主義で共産主義を選んでもいいのです。民主主義で自分たちを役人と外人のための奴隷にしてもいいのです。

民主主義で資本主義の日本は同時に「個人主義(格差)=良くない」主義なので、その実態にふさわしいのは社会民主主義です。
北朝鮮がやむを得ず共産党独裁を続けながら目指している理想の国は私有財産権のない日本の姿です。ですからこの豊かな日本においてまだ格差だなんだと所得再分配を訴えている連中は理想が北朝鮮と同じなのです。
韓国と台湾以外の東アジアは社会主義です。そう、天皇がいましたね。日本は民主主義で資本主義である社会民主主義王国です。
つまり私たちが暮らす日本という経済大国は、その民主主義も含めて、ちゃんとした主義なんてもんがない自然な国ちゃんです。行儀のいいアニマルランド。

Q日本の民主化について

日本に『民主化』が定着したのは一般的に『第二次世界大戦後』といわれていますが、どのような過程を経て現在に至る『民主化社会の日本』が確立されたのでしょうか?また、その過程において比較して、隣国『韓国』の民主化とは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

日本国憲法の成立に伴って民主主義国家となったとみなされます。それまでの憲法から主権者が変更になったので、法的には革命と見なされています。
 ただ、日本には国民が主権者であるという自覚に乏しく前憲法の意識のまま、今日まで来ているため、国家の責任は国民の責任であるという民主主義が成立するための国民の成熟がなされていません。
 投票率や天皇制はどうでもよいというか、他の先進の民主主義でも同様ですが、他国の民主主義には国民に民主主義が宿っていて、政府は国民が雇っているという意識があります。政府に文句を言っているのが民主主義だという誤解、安保闘争などの暴力的な非民主主義的な行為を賞賛するマスコミ等など、多くの問題を抱えていますが、国民が力ずくで勝ち取ったのではないのに割と上手に民主主義に移行した方だとは思います。やはり戦争の疲弊が革命と同様の役割をはたしていたのでしょう。
 韓国の場合は、独裁への批判なしに移行したため、民主主義に必要な法治主義の意識が乏しく、権力を持った方が支配できるようなところがあります。俗に言う人治主義という傾向があります。大統領が替わると前大統領が逮捕されるようなところがそれです。

日本国憲法の成立に伴って民主主義国家となったとみなされます。それまでの憲法から主権者が変更になったので、法的には革命と見なされています。
 ただ、日本には国民が主権者であるという自覚に乏しく前憲法の意識のまま、今日まで来ているため、国家の責任は国民の責任であるという民主主義が成立するための国民の成熟がなされていません。
 投票率や天皇制はどうでもよいというか、他の先進の民主主義でも同様ですが、他国の民主主義には国民に民主主義が宿っていて、政府は国民が雇っているという意識が...続きを読む

Q戦前の日本の政治体制について。軍国主義?

以下、箇条書きで、文体も悪いので見苦しいかと思いますが、ご回答願います。


・戦前の日本は軍国主義ではなく民主主義国家だった、という認識でよいでしょうか?
・なぜあのような(戦争賛美)状態に至ったのですか?
・軍隊がクーデターを起こしたのでしょうか?
・世界の歴史上、戦前の日本のような現象(?)は珍しかったり恥じることなのでしょうか?


・軍が国政において強い力を持つことは今後も起こりうることでしょうか?
・中国は軍部が強い力を持っているようですが、クーデターを起こして戦争まっしぐら、なんてことはありえますか?
・核が開発された後と前とでは、軍の影響力の違い(所詮核を使うことは無いので戦争はできない、だから軍自体意味が無い、など)はありますか?
・今後の日本において、徴兵はありえますか?
・現在、徴兵を行っている国はどこですか?(徴兵同然、というようなことでも可)

Aベストアンサー

箇条書きの質問順に回答を記します。

・戦前の日本が軍国主義・ファシズム一色だったというのは、戦後史観の後知恵であり、その実体は、大日本帝国憲法の下で立憲君主制に基づく民主主義国家であったといえます。
天皇大権は象徴的なもので、議会主義が機能していました。その証拠に、戦後の社会党や民社党の源流である社会民主主義政党(社会大衆党)も一定の議席を得ていました。

・戦前の既成政党(政友会・民政党)や財閥は、基本的に軍縮・平和志向ながら、国民の貧困層のために福祉・生活向上を図ることには冷淡でした。
この現状打破を目指した若手官僚や社会運動家が政治・経済体制の改革を推進する中で、やはり現状に不満を抱いていた軍部と結び付いたのです。つまり、行き詰った国内経済を打開するために、中国や東南アジアの鉱物・食糧や市場を獲得しようと考えた非軍人のグループと、軍事費増大・海外進出を図る軍部との思惑が一致したわけです。
結局、平和(現状維持)か改革かの二択の中で、軍事行動も辞さないとする後者が優勢となり、国民全体の雰囲気もそちらの方に雪崩れ込んでいきました。そして、欧米列強の権益との衝突が、戦争へとつながったのです。

・5.15事件や2.26事件のような個別のクーデターは鎮圧されましたが、それ以後、統帥権を盾にした軍部の力が強くなり、軍人が政権を握るようになりました。

・三国同盟の締結により、日本の軍国主義がドイツのナチズムやイタリアのファシズムと同一視されますが、各々の主体が異なるので、この認識も誤りです。
また、戦前の日本の現象を恥じるかどうかですが、少なくても戦争責任は、A級戦犯だけでなく、当時の国民全般にあるように感じます。例えば、バブル期に国民全体が浮かれていたのと同じような連想をもちます。

・現行法制はシビリアンコントロールが徹底しており、政権に就けるのは文民(非軍人)だけなので、軍(自衛隊)が政治力を持つことはありえません。

・仮に中国でクーデターが起こったとしたら、13億人のパワーを軍事力で統制することは不可能なので、結果的には国家体制自体が崩壊する危険があります。現実的には、経済成長で国民の求心力を維持する途しかありません。

・核抑止力の主体も結局は軍なので、その影響力は逆に強まります。

・日本で徴兵制の立法論が提起されたとしても、例えば、男女共に適用するのか等の問題があり、妥当なコンセンサスが得られないですし、戦前と違って権利意識が強く、義務感が希薄な現代にあっては、徴兵忌避の大量発生等で機能不全に陥ることが予想されるので、実現性に欠けます。

箇条書きの質問順に回答を記します。

・戦前の日本が軍国主義・ファシズム一色だったというのは、戦後史観の後知恵であり、その実体は、大日本帝国憲法の下で立憲君主制に基づく民主主義国家であったといえます。
天皇大権は象徴的なもので、議会主義が機能していました。その証拠に、戦後の社会党や民社党の源流である社会民主主義政党(社会大衆党)も一定の議席を得ていました。

・戦前の既成政党(政友会・民政党)や財閥は、基本的に軍縮・平和志向ながら、国民の貧困層のために福祉・生活向上を図る...続きを読む

Q北朝鮮は民主主義なんですか?

タイトルの通りです。
なぜ「朝鮮民主主義人民共和国」なのか疑問です。
初歩の初歩のような質問で申し訳ないのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独裁ということもあります。
 つまり民主制であるなしと、国民の自由や権利・福祉が保証されているか否かは別問題であり、また自由主義や社会主義などの主義とも別物です。
 ただし、いわゆる“民主的”という言葉が、参政権や思想信条の自由などが保証されている状態を指すため、両者が混同されるのでしょう。

 それと、朝鮮民主主義人民共和国という呼称はあくまでも外国語です。なぜなら漢字を廃止しているからです。正式名称をカタカナ表記すると「チョソンミンジュジュイインミンコンファグク」です。

 つまり、彼らにとっての“民主主義”と、われわれの“民主主義”は別物だということですね。

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング