ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ホームセンターで購入した杉のラティス用の支柱を長持ちさせたいのですが、、、

何分、杉なんで、、、購入時には、防腐剤処理すみと記載はありました。

色は茶色く塗装?してあります。

根元は特に、雨水が当たるでしょうし、、、ところどころに、防腐剤を注入する方法などをアドバイス頂いたりしていますが、何分、杉なんで、心配しています。

根元に、何かを貼り付けるとか、ブロックで雨水を遮断するとか、の方法も頭に浮かぶんですが、、、

何か、よきアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

我家の近くにもホームセンターはあります。

もちろんラティスも常に
販売されています。あなたがホームセンターでラティス用支柱を購入
した時に、杉の支柱しか売られていなかったでしょうか。
ラティスは木製ですが、ラティス支柱は木製の他に樹脂製も売られて
います。既に購入されていますので買い換えは無理でしょうが、今後
の事もありますので、次回は樹脂製を買うようにされて下さい。
店頭に無い時は別途注文で買えますが、急ぐ時にはエクステリア製品
を扱う大型園芸センター、園芸資材店、建材店等でも購入出来ます。

樹脂製なら腐敗する事はありませんから、地面に30cm程度の穴を掘
って、底に砕石を入れて踏み固め、支柱を立ててからコンクリートを
流し込んで、完全に固まれば倒れる事も腐敗する事もありません。
素材が杉材ですから、上記に書いた方法では間違いなく腐敗します。

防腐剤を塗ったら腐敗しないと言うのは間違いです。確かに腐敗させ
ないようにする成分は含まれていますが、防腐剤を塗っても水は浸透
しますので、どうしても年数が経過すると腐敗して朽ちます。
要は防腐剤には水分を弾く成分は含まれていないと言う事です。

とりあえず樹脂製の支柱を立てる時の要領で支柱を固定し、地上部に
出ている部分は前回に説明したように、撥水性ステインを年毎に塗る
ようにすれば、何もしないよりは長持ちします。

ラティスも木製ですよね。支柱だけでなくラティス本体も腐敗します
ので、支柱に撥水性ステインを塗る時に、一緒にラティスも塗られた
らどうでしょうか。
撥水性ステインはペンキとは違います。感じとしてはドロドロでは無
く、サラサラと言う感じです。刷毛に付いたペンキをシンナーで落と
しますが、刷毛を洗い終わったシンナーのような感じです。
実際にステインを塗っていると、シンナーを塗っているような感じが
するはずです。ステインを塗って完全に乾いてから、水を掛けて見る
と弾くのが分かるはずです。弾く効果が持続している期間は木部に水
は浸透しませんので、出来れば1回塗りだけで終わらず、完全に乾い
てから再び塗る2回塗りをされると効果は大きいと思います。

撥水性ステインには色んな色がありますから、支柱とラティスの色を
変えられると面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも。

ポイントは撥水性ステインの二階塗りですね。

お礼日時:2012/01/15 05:20

 清水の舞台もそうですが、湿気や雨の多い日本では、古来、腐らせたくない柱の底には、石を置くと決まったものですが、それではダメですか。



 土の上に大きな石を置いて、その上にに杉の支柱が立つようにするわけですんで、多少はその杉を切って短くしないとダメですけど。

 どこの神社、お寺に行っても、たいがいそうなっていますので、そのようにすればたぶん、質問者さんが亡くなるまで、支柱は腐らないと思います。

 ついでに言えば、清水の舞台の支柱(桁)はむき出しなんですよ。

 なんでかというと、板などで囲って、雨水・湿気が入らないように工夫すると、たまたま入った雨・湿気が抜けなくなります。

 で、かえって腐りやすいのだそうです(木材の交換や手入れも難しくなりますし)。

 清水の舞台に習って「雨返し」の庇のようなものを付けて、直接雨が支柱を叩かないようにすれば十分で、ブロックなどで雨を遮断することはかえって有害なのではないでしょうか。


 ちなみに、お城のお堀の底に打って、石垣などの支えにするのは「松の木」だったと思います。

 ですから、土中に埋まる部分だけ松の木に変えて杉と繋ぎますかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答どうも。

昔の束の発想ですね。

お礼日時:2012/01/15 05:21

相当に心配症の方のように感じました。

木製の杭で質問をされて
いますが、他の方からのアドバイスに納得されたように思えまし
たが、どうも未だに不安が残っているようですね。

まず支柱の使用目的は何なのですか。支柱と言われていますから
樹木に対して使用されるのだろうと推測しました。
一般的に支柱は樹木を移植した時に、風で根が浮いたり動いたり
するのを防いだり、強風で倒れないように固定するために使用を
します。生垣や小中木で使用する1本支柱や、中高木で使用する
二脚鳥居、高木で使用する三本支柱等があります。
支柱を使用するのは固定のためですから、完全に根が活着し定着
してしまえば支柱は必要ありません。
ほとんど支柱が朽ちる頃には樹木も完全に定着していますから、
支柱は常に使用しなければいけないと言う事はありません。

竹垣や有刺鉄線をを張る時に使用するのは杭で、支柱とは呼びま
せん。竹垣は常に設置してある物ですから、最近では竹垣の杭に
は杉や松などは使わず、樹脂製の杭が使われています。

話しが横にそれましたが、支柱で使用する物の多くが杉です。
ヒノキ等の支柱もありますが、杉と比べると驚くほど高額になり
ます。耐久性は若干ですが長くなりますが、元々は樹木ですから
何れは朽ちてしまいます。造園業では予算が限られている事が多
いので、依頼者の要望が無い限りは杉を使用しています。
支柱には防腐剤は浸透させてありますが、防腐剤が浸透させてあ
る支柱に再び防腐剤を塗っても余り効果は望めません。
無駄な経費を使うだけでなく、新たに塗った防腐剤が溶けだして
地中に浸透し、周囲の植物の生育を妨げる事もあります。

支柱はそんなじ高額ではありませんから、朽ちる前に交換する方
が結果としては経済的です。何処の家庭でも支柱を腐敗させない
ように細工をする人はいませんから、細工をしても大きな効果は
望めませんので、無駄な事はされない方が良いかと思います。

地中に埋設する部分を銅板で巻く方法もありますが、地表近くの
銅板と杉との境から雨水は入り込みますから、銅板内の杉部分は
土に触れている時より腐敗は早くなります。

土に入っている部分と地上に出ている部分では、どちらの方が腐敗
しやすくなるとおもいますか。土には常に水分があるから、土の方
が先に腐敗すると思われるでしょうが、実際には地上に出ている方
が早く朽ちてしまいます。濡れる乾くを繰り返している方が、通常
より早く朽ちてしまいます。
地表に出ている部分に撥水性ステインと言う防水塗料を塗れば、通
常よりは支柱は長持ちします。出来れば1年に1回は塗るようにし
た方が良いですね。ただ通常の朽ちる期間より期間が若干長くなる
だけですから、何れは朽ちてしまいます。

杭では樹脂製はありますが、支柱では長くても2m程度の長さしか
ありません。半永久的に使用が出来ますが、杉の支柱よりも何十倍
もの金額になります。相手が樹脂ですから、場合によっては曲がっ
てしまう事もあり、支柱として使えなくなる事もあります。

とにかく用途が分かりませんので、これ以上は回答するのは無理で
す。用途を書いて貰えれば、今よりは案を考える事も出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも。

この支柱の用途は、木製柵(横桟)の支柱として用いています。

お礼日時:2012/01/13 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土に埋める木材を腐食させない方法

知り合いの息子たちが
卒業記念に記念樹を植え、その横に
卒業生の名前を書いた木材の柱を埋めるそうです。
子どもたちが成人するまで(後8年くらい)は腐食させないで
しっかり立たせておきたいということです。
そこで質問です。
土に埋めた木材を、腐食しないでもたせる方法を教えてください。
「焼く」とかという方法もあるようですが・・
「防腐剤を塗る」という方法もあるようですが・・
それぞれの注意点、手順、その他の方法など、教えていただけたらうれしいです。
安価で簡単な方法がベターです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは焼き杭にする事です。
ペール缶などに木っ端材などを入れ炎を上げ杭を炙る感じにすればOK。
最後に水をかけておかないと燃え尽きる場合がありますので、ご注意を。

Q庭木の支柱はずっと付けておくべき?

家の周りは田んぼで風が非常に強いところに住んでいます。

庭に植えた木に支柱を立てているのですが、この支柱はずっとつけておくべきでしょうか?

Aベストアンサー

樹を植えて数年も経つと、根がしっかりと大地にくらいつきます。
そうなると支柱の役目は終わりになります。
ただ、強風で樹が折れたり倒れたりするような場所であれば、
樹の成長とともに支柱を交換し、結束の位置を上げてやる必要があります。
結束位置の目安は樹の高さの2/3程度がよいでしょう。
注意点としては、樹と支柱の当たる箇所には杉の皮などを幹にまいてやり、幹と支柱が直接あたらないようにしてやります。
また、くくる紐と幹とも同じことです。
これを怠ると、紐や支柱に木の肉が盛り、食い込んでしまいます。
見た目に痛々しくなってしまいます。

Q庭木の支柱の必要性

先週、業者の方に庭木を植えてもらいました。

その際、すべての木に焼杉の160cm位の支柱(添え木?)をしてもらったのですが、必ず必要なのでしょうか? 斜めに打ち込み、木と支柱は紐でくくりつけられています。

また、紐で樹木をくくられているために、木の生長を妨げないか心配です。どんどん大きくなってほしいのですが、支柱との紐により、木が太くなるのを妨げないでしょうか?

樹木はハナミズキ(2,5m)、ドイツトウヒ(1,5m)、オリーブ(2m)、ジューンベリー株立ち(1,5m)、シマトネリコ株立ち(3m)です。

風通しは良いのですが、強風が吹くという場所でもありません。 支柱がかなり目立ち、幹が紐で締め付けられるような気がするので、はずせるものははずしたいのですが…

どうかご教授よろしくお願いします

Aベストアンサー

業者のやることに不信感をお持ちのようですね・・・・(^_^)

支柱の意義は根にあります。

植物が生きていく為には根っこが最も重要です。

支柱が無かったらどうでしょう。
少しの風でも木は揺れます。揺れると埋めた部分が動いてしまいます。そうするとせっかく出た細い根がプチプチと切れてしまいます。いつまでたっても根が生長できません。
それどころか植樹された樹木は根の量が絶対的に少ないと思われますので、水分供給量等のバランスが崩れ、いつか枯れてしまうかもしれません。(自然の樹木は、地面から上部分に見合うだけの根の量を持っています。)


「根付く」までは根を動かさないというのが基本なのです。
その為の支柱です。生長の為に支柱が必要なのです。

根付いてしまえば取ってしまってかまわないと思います。

又、縛っている紐というのは麻紐等の自然素材ではないですか?
根付く頃には腐って解けるようになっているとは思うのですが、そうならずに食い込む場合もあるので、時々は確認したほうがいいかもしれません。まぁ、1年以上先の話だとおもいますが。

業者も自分の都合ではなく、植物の為にしていることだと思われますので、
信用してあげて下さい。・・・・(^_^)

業者のやることに不信感をお持ちのようですね・・・・(^_^)

支柱の意義は根にあります。

植物が生きていく為には根っこが最も重要です。

支柱が無かったらどうでしょう。
少しの風でも木は揺れます。揺れると埋めた部分が動いてしまいます。そうするとせっかく出た細い根がプチプチと切れてしまいます。いつまでたっても根が生長できません。
それどころか植樹された樹木は根の量が絶対的に少ないと思われますので、水分供給量等のバランスが崩れ、いつか枯れてしまうかもしれません。(自然の樹木は、...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Qラティスの転倒防止について

庭と道路の境目に目線をかくす目的で、ラティスを設置しようと思っています。
その庭は駐車場兼で、今は車は持っていませんがお客さまが来た時にはごくたまに使う時もあります。

高さ120cm、幅3mで計画しています。
道路との間には、現在まったくブロック塀などない状況です。
車を置きたい時に、どかせるように簡易設置(据え置きというのでしょうか?)で地中に杭など打たないでと思っています。

両端に花壇BOXのついたラティス60×120を、中間に90×120のラティス2枚にして両端をそれぞれ(BOXと平面のラティスを)蝶番で連結しようと思っています。
真ん中に金具をつけて両開きに開くようにしようと思っています。

BOXにはプランターを入れて重しにすれば平気と思うのですが
中央2枚の下には「ラティススタンド」で固定しようかと思案中です。
これだけですと、風で転倒の危険はやはりありますでしょうか?
また、ラティススタンドでなく、なにかいい案などあればお教えください。

ちなみに、台風など来た時には家の脇に倒れないように移動させるのは可能です。

庭と道路の境目に目線をかくす目的で、ラティスを設置しようと思っています。
その庭は駐車場兼で、今は車は持っていませんがお客さまが来た時にはごくたまに使う時もあります。

高さ120cm、幅3mで計画しています。
道路との間には、現在まったくブロック塀などない状況です。
車を置きたい時に、どかせるように簡易設置(据え置きというのでしょうか?)で地中に杭など打たないでと思っています。

両端に花壇BOXのついたラティス60×120を、中間に90×120のラティス2枚にして両端をそれぞれ(BOXと平面の...続きを読む

Aベストアンサー

http://wooddeck.shop-pro.jp/?pid=4205698
http://www.kohnan-eshop.com/default.php/cPath/40_42?osCsid=56645eb3d75058075ec2560a17c653bd

大型ホームセンターいくと実物沢山ありますよー。

簡易タイプ+足に枕木を重しで使うといいかな

重しは必要だけど
ラティスを2枚300はなして
2枚繋げてもいいかも

Q堆肥作り・・・ただ、畑に穴をほって、野菜くずや雑草を埋めるだけではできないですか?

来年から畑で野菜を作る事になりました。
堆肥や肥料など、結構お金がかかるようなので、堆肥を自分で作れないかと検索したんですが、自分で作るにも、発酵剤など使わないといけないようですね。
かき混ぜ作業も頻繁におこなわないといけないようですし、買った方が安く簡単にすむのでは?と思います。
畑に穴を掘って、野菜くずなどを埋めておくだけは堆肥にはなりませんか?

Aベストアンサー

畑の一角に、ちょっと(3cm程度)小高いところを用意して(90cm角程度の高畦の苗床を作って)、この上に野菜屑を放置してください。
一-2週間で腐ってきます。一年間放置して、冬場はなにも追加しないで置く(9, 11, 3月に表面をかき混ぜて4月に使用)と、春には適当に腐っています。
「小高いところ」が適当に肥料分を吸った土で、運が良ければ培養どになります。削って使ってください(雨によって肥料分が地下に浸透する。この部分をかき集めて使用する)。

穴を彫って、、、、は既にある通りけんき性になって、おかしな事になります。「かき混ぜる」はこうきせいにするための作業です。
「発酵剤」はせいぜい米糠(在庫があれば、なければ使わない)を使うぐらいで、薬品とか菌類などは不用です。

けんき性にして硝化を推進して、その後こうきせいにして使用する、場合も有ります。けんき性にすると、SS(固形分)の分解が早いので、体積を減らすことができます。しかし、酸性が強くなるので石灰で中和する必要が出てきます。つまり、中和の度合いが面倒くさい。
だから、最初からこうきせいにして、アンモニアなどは蒸発、ゆうきさん(BOD)等水溶性成分は雨で流して、底に置いた土に混ざるようにして、土を培養度として使用する、という方法を書きました。

ただし、地区によっては腐敗臭を嫌う(過去の回答参照、自宅わきで台所廃棄物を腐敗させている方の臭いを公害として対応方法の質問がありました)場合があるので、注意が必要です。

畑の一角に、ちょっと(3cm程度)小高いところを用意して(90cm角程度の高畦の苗床を作って)、この上に野菜屑を放置してください。
一-2週間で腐ってきます。一年間放置して、冬場はなにも追加しないで置く(9, 11, 3月に表面をかき混ぜて4月に使用)と、春には適当に腐っています。
「小高いところ」が適当に肥料分を吸った土で、運が良ければ培養どになります。削って使ってください(雨によって肥料分が地下に浸透する。この部分をかき集めて使用する)。

穴を彫って、、、、は既にある通りけんき性になって、...続きを読む

Q木製生け垣

 10年程前に木製の生け垣を日曜大工で作りましたが、支柱を地中に埋め込んであるため、腐ってしまいました(もちろん防腐剤は塗ってありました)。支柱を取り替えようと思っていますが、また同じように腐ってしまうのが気になります、木によく似た材料で何か良い材料は無いでしょうか。

Aベストアンサー

木材に似た材料とのことですが、木材でも長持ちさせることは可能と思います。木材は水分に極めて弱いので、土に木の柱を立てる場合は湿り気を遮断することが長持ちさせるポイントになります。塗装しても、焼いても、樹脂を浸み込ませても、柱が土に直接に接していては長持ちは期待できません。私が試みて成功しているのは、柱がすっぽり嵌る内径の塩ビ管を土中に立てて、その中に柱を立て、隙間に小石を詰めておくやり方です。土中に立てる塩ビ管の長さは、柱を保持するのに必要かつ十分なものとし、底にはやはり小石を詰めて、柱の底面が土と接触しないようにします。塩ビ管の頭が土から少し出るようにしてこの部分でも柱が土と接触するのを防いでおけばよく、雨などは、濡れても止んだあと乾くような状態にしておくことができれば塗装で十分に凌げます。繰り返しになりますが、土との直接の接触を防ぐこと、これが肝要です。

Q(1)庭に雑草が生えないように土を固めたいのですが、かんたんで安く済む

(1)庭に雑草が生えないように土を固めたいのですが、かんたんで安く済む方法はなにがありますか??
見た目は悪くなってもいっこうに結構です。
当面家を空けるのでどうでもいいのです




(2)学校のグラウンドには雑草はこれっぽっちも生えていないのはなぜ?
一本くらい生えてもおかしくないよね


踏ん付けられているからなんて理由も通用しないし。


その雑草が生えない仕組みを我が家庭にも応用したいよ

Aベストアンサー

ホームセンターに行けば「固まる土」と言う商品がありますが、全てを
庭に使用すると高額になって予算オーバーしてしまいます。どの程度の
広さか分かりませんが、真砂土を2トン車1台分ほど購入し、真砂土に
石灰を混ぜて地均しをし、十分に散水して乾いたら固まる土と同じ効果
があります。固まる土の成分は強アルカリ性ですから、雑草は生えにく
くなります。真砂土3:石灰1で混ぜて下さい。

防草シートと言う物がありますが、このシートを使用する前には草引き
をして草の無い状態にする必要があります。草引きをせずに使用しても
構いませんが、雑草がシートを持ちあげてしまうので、風が吹いただけ
で破れてしまいます。草引きをするか刈ってから使用して下さい。
厚さにも色々とありますが、出来るだけ厚めの方が強いですね。
ただし先程に書いた事より効果は大きいのですが、値段が高いので予算
内では無理かも知れません。

学校の校庭に草が生えないのは、子供達が毎日のように踏んでいるから
です。しかし良く見ると分かるのですが、校庭の隅では草がボウボウに
生えています。小学校には環境美化の一環として、年に何回か保護者を
交えて児童と一緒に草引きをする所もあります。児童の健康の事を考え
て、除草剤は絶対に使用していません。綺麗なのは地道な作業をしてい
るからです。

ホームセンターに行けば「固まる土」と言う商品がありますが、全てを
庭に使用すると高額になって予算オーバーしてしまいます。どの程度の
広さか分かりませんが、真砂土を2トン車1台分ほど購入し、真砂土に
石灰を混ぜて地均しをし、十分に散水して乾いたら固まる土と同じ効果
があります。固まる土の成分は強アルカリ性ですから、雑草は生えにく
くなります。真砂土3:石灰1で混ぜて下さい。

防草シートと言う物がありますが、このシートを使用する前には草引き
をして草の無い状態にする必要があ...続きを読む

Q固い土の場合のDIYでの杭打ち

DIYで庭に木の5cm角くらいの杭(先端は尖っている)を打ちたいと思っています。
20cmくらい埋め込めれば十分だと思っています。

しかし、掛矢でいくら叩いても地面が硬くて入っていかず、あまり叩いていたら杭の方が割れてしまいました。
地面は粘土質の土です。

下穴をあけるなどが必要でしょうか?
もし必要な場合、どういった道具で穴をあけるでしょうか?

また、粘土質の庭でも杭を手作業で打ちやすくするための何らかの方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

雨の後など、土に十分に湿り気が残っているうちに叩き込んでみてください。

大げさに、あーだこーだと考えるようなことではないと思いますが、
だめなら、半分くらいまでツルハシ等で掘った上で木杭を叩き込んで、締め固めながら埋め戻すのはどうでしょう。

下穴をあけるとして、
長い鉄棒(ある程度の太さと強靭さが必要)の先を尖らせたものを叩き込む。ただし、抜くのに困ったら回しながら抜くなどの工夫がいるでしょう。
また、振動ドリルや電動ハンマなどが用意できるのでしたら、簡単に下穴を明けることが出来るでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング