色無地を誂えたいと思い、お店を色々と見て回っています。私は37歳の主婦で、和服の知識はほとんどなく、購入は初めてです。お店にしたら相当なカモだと思います。
まず、近所にある「本きもの 松葉」という呉服店に行って直接お話を聞きました。

色無地反物 188,000円(唐草地紋、葡萄と蔦柄の柄)*この店のオリジナルの反物との事。
仕立てなど 約91,350円(表を見ると、その他加工料とか入っていました)
帯 200,000円相当のもの

「社長就任10周年との事で、今だけこの仕立て代91,350円をサービスで無料、仕立て代込み188,000円着物を作れます。あと、今だけ200,000相当の帯を18,000円でおつけし、最終的に198,000円でお作りできます。」と店員さんが言ってました。このお店で着物を買うと、着付けは一生無料で、ガード加工15,750円を先に支払うと向こう10年間はクリーニング代無料。「お店で脱いで、そのまま着物をお店に預けて帰ってください。こちらでクリーニングに出し、洗い終わったら、たとう紙に入れてお返しします。」
お店の出す値段は適正価格なんでしょうか?200,000万円の帯が18,000円というのがちょっと値引きしすぎなんじゃないの~!?とビックリしています。店員さんは話しやすくとてもいい感じでした。


次に、楽天市場の色無地専門店「みやこさかえ」に電話して聞いたところ、反物、仕立て、紋入れ、長襦袢、長襦袢仕立てで200,000円弱と見積もり価格を出してくれました。
このお店の反物は高くて8万円ちょっとでした。お店の人は「帯次第でお値段が変わりますねぇ。お客様のご予算で良い物を出させてもらいます」と言ってました。お店の方はとても親切でした。

反物+仕立て+紋入れで100,000円ちょっと、
長襦袢15,960円+長襦袢仕立て18,900円
帯は50,000円~60,000円くらい

5~6万円の帯は安物ですか?
お着物に詳しい方ならどちらのお店を選びますか?
文章を書くのが得意ではないので、うまく伝えられていないかもしれません…。
おしえていただけると有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1で回答した者です。



お子さんの学校行事ですか。いいですね。
シンプル目の訪問着やつけ下げから、小紋まで、色々な着物が向くとされるでしょうけれど、私の個人的な趣味で言えば、色無地か格のある江戸小紋が向いていると思います。あくまでも主役はお子さま、かつ学校への礼も示しているということで。


その前提を承知で、呉服屋さんが、それぞれの着物や帯を勧めているということでしたら、悩みますが、「みやこさかえ」の方でしょうか。
先のお店が悪いと言うのではありません。

ただ、別に呉服屋さんに他意がなくても、誘惑のネタが多いよなぁと感じます。色無地は帯によって、ガラっと雰囲気が変わります。それに女心として違うものを着たくなりますよね。

そして、もう一つ、手入れの問題があります。
「クリーニング」と言いますが、実は着物はあまり洗う必要はありません。下着も着ますし、そんなに肌に触れないでしょう?
長くしまいこむなら別ですが、部屋につるして風を通して汚れがないかチェックして、汚れを付けてしまっていれば部分のシミ抜き、汗をかいたなら汗抜き(水洗いです)、全体的に汚れはじめたなら丸洗い(クリーニングはここになりますね)、汚れもシミもあるようなら洗い張り、となります。ものにもよりますが、後に行くほど値段が高くなります。
ただ柔らか物は洗えば生地が弱ります。丸洗いなら仕立てに狂いが出ることもあるそうです。もちろん呉服屋さんですし、そんなことは起きないように、もし起きれば仕立て直しを、としてくださるでしょうけれど。
通常なら1回着ました、来年も着る予定です、となれば汚していなければ洗いは不要、汚れがあれば状態に合わせて簡易な方からとなりますが、「クリーニング無料」であれば、お店の方が汚れの質や程度に関わらずクリーニングをしてしまわないかと邪推してしまいます。


帯については、どんな帯を勧められているかによって値段の妥当性はかなり変わります。
あくまでも、私の好みですが、お子さんの行事の付添であれば、名古屋帯でも袋帯でもかまいませんから、有職文様で金銀が控えめの落ち着いた雰囲気のものが素敵ではないかと思います。
「みやこさかえ」さんのHPで少し見てみました。
http://item.rakuten.co.jp/iromuji/c/0000000282/
名古屋帯でしたら、4段目中央の七宝、5段目左の有職紋、最終段右の正倉院
http://item.rakuten.co.jp/iromuji/c/0000000281/
袋帯でしたら、2段目左の正倉院、3段目左の源氏香、春限定になりますが8段目右の桜、9段目はどれでも、10段目なら左と中央が素敵かなと思います。
名古屋帯と袋帯でしたら、袋帯の方がどうしても高いですが、同じ形の帯で迷った時には、値段が高い方にしておくと、正直な話、後悔する率が低いと思います。「この帯が好き!」と惚れこめる帯に出合えれば、その帯にしておくと気持ちが満たされていいんですけれどね。

脱線しますが、色無地でしたら「合うか合わないか」だけなら、上のページにある帯でしたら色さえ合えば全部OKです。
でも、たとえば袋帯の1段目左や2段目中央ですと、かなり華やかです。入学式卒業式よりも華やかさと格の高さが求められる場合に似合います。
そして、こういった金を使ったものは値段と比例するところがあります。写真だけを見れば7段目中央の4万台の帯と、6段目右の11万台の帯、似たようなイメージですよね。たぶん本物を見るとかなり違います。
動きのある柄や変わった柄は、礼を求めない場に向きます。お正月とか同窓会とか、洒落た帯を締めた着物姿だと素敵だと思います。せっかくですから、こういう場でも、お召しになったら素敵じゃないでしょうか。
こういった違いは、ご自分の素直な感性でいいと思いますよ。実際、友人と見ていても、特に着物の知識がない人でも、あまり外れません。「華やか」「派手」と思うものはフォーマル向けだし、「シック」「落ち着いてる」と感じるものは茶席や付添向け、「可愛い」「面白い」と思うものはカジュアルに近くなります。


最後に、少し個人的に着物を始めてお召しになる方にお勧めしていることを書いておきます。
着物を作るのが初めての方ですと、当然長襦袢も作られると思います。この時、よほど寒がりの方でなければ、長襦袢は単衣仕立てにすることをお勧めします。
と言いますのが、着物を着た時、襟元、袖口、足元は風が通ります。つまり冷えます。けれど、お腹まわりは温かいんですよね。肌襦袢があって、長襦袢があって、着物があって、帯が二重です。お腹以外も肌襦袢か裾除け、長襦袢、着物の3枚になります。しかも袷で作ると長襦袢と着物は二重になっています。春先とか結構暑いんですよね。
冬でも、襟元の冷えは室内は我慢ですが、屋外だとマフラーかストールが使えます。袖口は半袖シャツか肘までの長い手袋、足元は内側がネルの足袋があります。寒いのは防御の仕様がありますが、暑くなるのは防ぎようがありません。
袖部分だけは二重になる長襦袢も多いですから、胴部分は単衣にしておかれると、温度調節がしやすくなります。

どうしても高い買い物になります。
満足のいく、お買い物をなさってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ka28mi様、再度ご回答くださりありがとうございます。クリーニングについてとても詳しく教えていただき、ものすごく勉強になりました。着るたびにクリーニングに出すと思っていました(^_^;)長襦袢は単衣仕立てにした方がいいという事、おっしゃるとおりですね。こちらで教えていただいた事はすべてメモしました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/01/18 21:59

着る機会は、子供が主役の時なんですね。


それでしたら脇役の母親は色無地で地味にして帯を少し高価なもので格をあげるというのもありだと思います。

私も子供の入園、入学には着物を着て行きました。私の他にも着物を着てくる方がいましたが、訪問着や小紋と色々でしたね。

着付けですが、習うよりも慣れろ!です。
カルチャーセンターや数回で終了するようなところで習って後は家で練習という方法もありますよ。

ハクビ総合学院だと、2回レッスンで着ものをもらえるようですね。高い着ものでは練習には不向きですからこんなところで探してみるのも一つの方法ですよ。買う前に行くと、小物など何が足りないのかも見えてきます。
http://www.hakubi.net/course/kimono/detail/1775. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sky-paints様、再度ご回答いただき、ありがとうございます。ハクビ総合学院のHPを見ました。なかなか良さそうな学校ですね。私は着物に関しては無知なので、こうやって丁寧に教えていただけて本当に嬉しいです。感謝いたします。

お礼日時:2012/01/14 20:33

No.1の方のご意見に賛成です。


色無地は応用が利く範囲が広いのが利点ですが、
それには様々な格と用途に合った帯や小物を揃えていることが大前提でしょう。
どちらかというと和服を着慣れた方のもの、という印象です。

慶事だけに着るのでしたら、付け下げのほうが華やかで席によりふさわしいかと思います。
一つ紋の付け下げなら帯と小物を錦にすれば親族以外の披露宴でも略礼装として着られますが
お子様の行事の式服とする場合は紋なしで少し華やかな帯にすればいいでしょう。

付け下げについて
http://www.kanaiya.co.jp/mame/03-01.kimono-d-tuk …

私はケッコンの時に50歳台まで着られるような落ち着いたピンク地に
控えめな古典柄で付け下げを誂えました。当初は紋無しで。
帯も含めて40万くらいだったと思います。着物20万帯20万(帯のほうをやや格上にしました)です。
紋は後からでも入れられます。

価格だけで判断できるものではないので、呉服店もいくつか回ってみた方がいいでしょう。
たいてい「お名前を頂戴できますか?」と言われますが、渡してしまったら電話とDMがじゃんじゃんきます。(笑)
長い付き合いになるかもしれないのでお店を選ぶには、店頭や招待セールに行って周りをよく観察してください。
心を強く持って不用な買い物を断る勇気も必要です。
どうしても迷ったら、デパートの呉服売り場で相談してみるのもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

terepoisi様、ご回答ありがとうございます。付け下げの事を教えてくださりありがとうございます。ホームページ、とても勉強になりました。帯はやはり高いのを買った方がいいんですねぇ。それにしても、全部揃えるとなると結構なお値段になりますね。あと電話とDM攻撃があるなんて驚きました。私はピシャっと断る事が苦手な方なんです…。おっしゃるとおり、店頭やセールに行ってどんな方が来店しているのか、店員さんの接客態度など観察するのはとても良い事ですね。今度、「みやこさかえ」のお店に行くので、ついでにデパートの呉服売り場も覗いてみます。色々と教えて下さりありがとうございました。

お礼日時:2012/01/14 20:28

ネットではまだ着物を購入したことがないのですが、おしゃれ着ならネットでもいいと思うけど、色無地なら目でみて買います。


洋服のフォーマルドレスをネットで購入するのと同じだからです。店舗で買えば高いし、ネットで買えば安いけど、色無地は見て買いたい。しかもオーダーメイドですよね。

着付け無料サービスはどうかなぁ・・・。行くたびに買わされそう、買う用事がない時は行かない方がいいですよ。それこそカモです。

>5~6万円の帯は安物ですか?
ピンからきりまであるので、なんとも言えません。ただ、帯の値段からすると安い部類になるかな? ん~でも物をみていないのでなんとも言えません。
安いものが悪いわけではないですが、安くも作れるし、高いものも作れる。

原価を聞いて唖然となるぐらい上乗せして販売するところもありますから、適正価格というのが分からないんです。
欲しいものがあり、お金が出せるかどうかということでしょうか。

色無地は、色によってまったく変わります。同じ色でも微妙な光沢感や糸の違いで変わるんです。
また、自分の顔に合わせないと、合う合わないというのもありますよ。

着物や帯はどんな時に着たいのかによっても選び方は変わると思います。
レンタルでもいい場合もありますよ。
また、オーダーではないものもあるし、リサイクルもあります。

他に草履や帯締めなどの小物や下着に紐類など色々あり、また値段も色々ですが、その辺はお持ちですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sky-paints様、ご回答ありがとうございます。着付け無料サービスは着付けができない私にはいい話だなと思いましたが、「行くたびに買わされる」というところに妙に納得してしまいました。色無地は子ども達の卒園、入学、卒業で着たいと思っています。今度、「みやこさかえ」さんの店舗で実際に反物を見て、顔映りを見てもらおうと思っています。和装小物は肌着、帯枕、腰ひもくらいしか持っていないので、買うことになります。色々おしえていただいて、とても勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/14 11:49

40過ぎ、遊びで着物を着ている者です。



正直な話、着物の値段ってピンからキリまで色々あります。
実際の品質でのピンキリがあるところに加えて、ワケありや勉強価格で安くしたり、なんだかんだと吹っかけて高くしたりが重なるので、値段だけではなんとも言えないというのが、本当の所です。
ちなみに、質問者さまの書かれているお値段であれば、品質が分からないので絶対とは言えませんが、異常な値段とは思いません。


ちなみに、私だったら、ですが、ご質問にかかれている内容で全部なら、どちらの店でも買いません。
色無地を誂える時に一番大事な、「どんな場所へ着ていくの?」という問題が無視されているからです。
一つ紋つきの色無地って、入門書なんかでは「まず誂えたい」と書かれています。1枚持っていると重宝しますとか、何にでも使えます、とか。この重宝するというのが、帯で格を上げ下げできる、帯で季節感を演出できる、幅が広いからなんです。
そして、地紋や色にもよりますが、慶弔どちらでも幅広く使えるからです。

帯の値段は着物以上に幅が広いですが、礼装として着るための錦や唐織の袋帯でしたら、20~30万出した方が良いと思います。上質なものが格安で売られることがないとは言いませんが、安いものは、それなりの品質の方が多いです。そういった品を必要とする方もいらっしゃいますから。
そして染の名古屋帯であれば、数万円でも結構しゃれたものもあります。お洒落着や和のお稽古事の練習用ならば、これで充分です。先に書いた安い袋帯も、お稽古事の練習用なら十分に選択範囲です。
一方で、礼装用なら値段と好みだけで決めてOKですが、お稽古事に使うなら、それなりのルールがあります。

色に関して言えば、黒と白は一般的には無地にしませんが、それ以外でも弔事には向かない色などもあります。お茶席などでも、好まれる色や地紋もあります。
そして色無地って遊びに着るには難しい着物です。味のある素材だと大丈夫ですが、それではフォーマルに使いにくくなりますしね。誰にでも便利に使える着物だけれど、素敵に着るには奥が深い着物と言えると思います。
だからこそ、「何に着るの?」はとても大事な要件なんです。


ご質問へのストレートな回答にならず申し訳ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ka28mi様、色々と教えて下さりありがとございます。「何に着るの?」の一番肝心なところを書き忘れていました…。色無地を誂えようと思ったのは、子ども達の入学・卒業のためなんです。慶事のみで使用したいと考えています。この3月に長男の卒園式があります。子どもが2人おりますので、今後14回お式に出ます。そのたびにレンタルするのは割高なんじゃないかな…それだったら買った方が安いのでは?と思い始めました。反物は異常な値段ではないという事、帯のお話、とてもためになりました。色無地とは奥が深く難しいお着物なんですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/14 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物 値段 色無地 黄櫨染

全く購入する気もなくフラッと立ち寄った浅草の呉服屋さんで色無地を勧められました。
店内にはデザイナーさんというのでしょうか?喜重郎さんというお名前の黄櫨染の着物を作っている方がいらっしゃり彼が作った色無地について、店員さんと共に勧めてくださいました。
色無地も帯もとても素敵だと思いましたが、私は着物の知識は全くないので値段の提示をされてもその値段が高いのか安いのかもわかりません。お店の方々は、当然お安いお得ご縁だからとおっしゃって勧めてきます。今後フォーマルな着物は欲しいと思っているので、勧められたお着物もとても素敵だし欲しいと思いましたが、やはりもっと色々な着物を見てから決めた方がよいのでしょうか?店員さんにこんな安く手にする事はできないからと言われると購入した方が…とも思ってしまいます……
お着物の詳しい方に是非教えていただきたいです。現物をご覧にならないとわからない事もあるかと思いますが、黄櫨染の色無地というお着物の適正価格なのか教えてください。帯も黄櫨染です。
色無地 294,000円
仕立て(海外)31,500円
袋帯 294,000円
仕立て 8,400円
帯締め 26,250円
帯揚げ 26,250円
ガード加工(着物) 10,500円
ガード加工(帯)0円
お値引き ー370,400

合計 320,500円

全く購入する気もなくフラッと立ち寄った浅草の呉服屋さんで色無地を勧められました。
店内にはデザイナーさんというのでしょうか?喜重郎さんというお名前の黄櫨染の着物を作っている方がいらっしゃり彼が作った色無地について、店員さんと共に勧めてくださいました。
色無地も帯もとても素敵だと思いましたが、私は着物の知識は全くないので値段の提示をされてもその値段が高いのか安いのかもわかりません。お店の方々は、当然お安いお得ご縁だからとおっしゃって勧めてきます。今後フォーマルな着物は欲しいと...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ているものです。

着物や帯本体の価格は染だけでは決まりませんので、なんとも言いがたいです。ただ作家物とは言え色無地、袋帯と言っても染め帯で30万弱は安くはありませんね。
「作家」と言ってもピンキリで、大量生産と区別できないレベルの作家さんもいれば、一般庶民には手が届かない作家さんもいます。ネットでお名前を検索して見つからないレベルなら、「これ作家物よ」とは言えないレベルと判断された方がいいと思いますよ。もっとも、この先すごく有名になる可能性はありますが。

仕立て代は、少し高いように思います。
私がお願いしている呉服屋さんでは、京都の仕立て屋さんですが袷で3万していません。
ただ、袋帯の仕立てが同じようなものですので、単に土地柄かもしれませんね。
ひとつ不思議なのが、着物の裏地や帯芯の値段が入っていいないこと、ですね。ひょっとすると着物や帯の値段にセットなのかもしれません。

帯締め帯揚げは高いと思います。
もっとも、手の込んだ特殊なお品なら、ありえない値段ではありませんが。

ガード加工は、私がしてもらった某有名加工では1万を切っています。ただ、帯が0円ですからセット価格の可能性もありますね。

最終的に50%以上の値引きをしているわけですから、一度高めのお値段を提示してから安くする、という販売スタイルのお店なのかもしれません。色無地と袋帯のセットで、仕立て代込み32万なら、そんなものかぁ、って感じですから。

ただ、私でしたら買わないと思いますね。
まず、質問者様は「フォーマルな着物は欲しい」とのことですが、色無地は確かに略礼装ではありますが、結婚式とかだと地味ですよ?お茶、お華、日本舞踊などの和の習い事をなさっている方には必需品になるそうですけれど。
それにフォーマルとして着るなら、染め帯ではなく唐織りや佐賀錦などの織袋帯が必要ですし、紋を入れておくべきです。もし、無紋で染め帯を合わせるなら、セミフォーマルでしょうね。
お店では、どんな所に着ていくかという話は出なかったのでしょうか?どんな場でお召しになりたいのか、もう少しはっきりしてからでも遅くはありませんよ。

そして、勧め方が今ひとつ。客観的に見てお安いものでも、一度も着なければ本人にとっては高い買い物ですよ。「安いから」と勧めるのは、どうかなぁ?と思います。
私は大阪なので、お土地柄の可能性はありますけれどね。

最後に、質問者様はフォーマルの着物をお持ちではないのですよね?
長襦袢も草履もバッグもありませんが、勧められませんでしたか?一般的に着物を買えば、長襦袢は合わせて検討します。もちろん2枚目、3枚目の場合には省略したりもしますけれど。
セミフォーマルになるような組み合わせで色無地を勧めながら、長襦袢を合わせないというのが、私にはピンと来ません。

東京にお住まいなら、銀座には全国的に有名な呉服屋さんもたくさんありますよ。百貨店もいくつもありますよね。その着物に惚れ込んでしまって忘れられないなら別ですが、素敵と感じるレベルなら他の着物を見るべきです。
水を差すような回答になってしまい、申し訳ありません。

遊びで着物を着ているものです。

着物や帯本体の価格は染だけでは決まりませんので、なんとも言いがたいです。ただ作家物とは言え色無地、袋帯と言っても染め帯で30万弱は安くはありませんね。
「作家」と言ってもピンキリで、大量生産と区別できないレベルの作家さんもいれば、一般庶民には手が届かない作家さんもいます。ネットでお名前を検索して見つからないレベルなら、「これ作家物よ」とは言えないレベルと判断された方がいいと思いますよ。もっとも、この先すごく有名になる可能性はありますが。

仕立...続きを読む

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Q【着物】色無地を買ったのに「小紋」?

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを聞いた私は「え!?色無地じゃないの?」とビックリしてしまいした。
そこでオバ様店員に色々と聞けば良かったのですが、怖くて何も言えず。。

この色無地はわりと地味な色(カラシ色)なので念のため姉からも着物を借りてみようと思い、姉宅に行った際に色無地の端切れを持参して見てもらったのですが、姉も「一瞬小紋かと思った」と言っていました。

この色無地は着付け教室に通っていたときに呉服屋見学に行きその呉服屋で「色無地」として買ったものです。

気になったのでその色無地の端切れに書かれていた「柿本市郎」という名前でネット検索してみたら私が買った色無地とほぼ同じタイプの色無地がありました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumekimono/m-0009.html#

布のアップ写真のように少し明るい色(白っぽい)糸で梅などの花がところどころに入っています。
このサイトでも色無地としてでているので私が買ったものも色無地だと思うのですが、これを小紋と思われる方も多いのかな?と思ったのでこちらで質問させていただきました。

一応姉から借りた付け下げがあるのでそちらを着ていこうか色無地にしようか迷っています。
仮に、この色無地に1つ紋を入れて結婚式などに出席したら小紋を着てきたと思われる可能性もあるのかなと不安なのですが。。

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。25年ほど和装の道にいる者です。
写真を拝見しました。これは色無地です。
見る人によっては小紋に見えるかも知れません。
でも、いわゆる友禅や型染めによる染め技法でほどこした柄付けではなく、縫い取りという手法で織り込んである柄です。
ですから厳密に言うと「色無地」です。
そのオバ様店員の無知かそそっかしさか、ごきげんでも悪かったのか…とにかく気にすることないです。
色無地としては上等の品ですから紋を入れて上等の袋帯を締めればお友達の結婚式に堂々と着て結構です、
「それ小紋じゃないの?」という人がいたら「色無地なのよ」と教えてあげましょう。
ただし、会場によっては色無地では地味に映ってしまう場合もありますので、披露宴の格やほかの列席者とのバランスがとれるようできるだけリサーチして色無地か付下げか決めてください。

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Q友人の結婚式に紫の色無地を着ていこうと思っていますが・・・

2月に仲の良い友人が結婚することになり、呉服の問屋さんで働いていた時に購入した濃い紫色の色無地の着物を着ていこうかと考えているのですが、相談させてください。紋は一つ、花紋というのを同期の刺繍屋さんにいれてもらいました。
購入したメーカーのおじさんは長くいろいろと使えるものだよ、一着買うならと勧めてくれたのですが、女性の大先輩の方は仕立て上がったものをみて、「こんなん勧められたの・・・こんなんおばあさんが着るものやで」っとぼそっと言われてしまいました。とても気に入って買ったはずなのに、何だかその言葉が気になってしまってまだ一度も袖を通していません。紫の色無地は慶事にも大丈夫といろんな所に書いているとはいえ、実際は避ける方がよいのでしょうか?
帯は着物と同時に購入し、淡いピンクと若草色と金がうねうねと波打ってるような感じになっています。
このままではもったいないと思い、着たいなと思うのですが、衿、帯締め帯揚げなどを華やかな感じにすれば大丈夫でしょうか?もし大丈夫だとすると、どのようなものを選べば良いのでしょうか?
年齢31歳、既婚者です。身長152センチ、やせ形、童顔です。
経理部門だったためか?はずかしながらあまり詳しく着物のことがわかりません・・・詳しい方、どうか率直なご意見お聞かせいただけないでしょうか。

2月に仲の良い友人が結婚することになり、呉服の問屋さんで働いていた時に購入した濃い紫色の色無地の着物を着ていこうかと考えているのですが、相談させてください。紋は一つ、花紋というのを同期の刺繍屋さんにいれてもらいました。
購入したメーカーのおじさんは長くいろいろと使えるものだよ、一着買うならと勧めてくれたのですが、女性の大先輩の方は仕立て上がったものをみて、「こんなん勧められたの・・・こんなんおばあさんが着るものやで」っとぼそっと言われてしまいました。とても気に入って買った...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
無地の着物は、色が何色であっても、「年寄りの着物」という人はいます。それは、柄がないからです。(だから色無地というのですが)

で、そういう人は、色無地をそのように解釈しているので、自分が年寄りになっても色無地は着ません。
ようは、「好き・嫌い」の問題です。

洋服でも、花柄のワンピースが好き、とかストライプがいい、というのと同じですから、ご自分が気に入っていられるなら気にすることはありません。

色無地は、帯が映えますので冠婚葬祭の席でも充分に華やかに着ることが可能です。
ただ、刺繍の花紋は、いわゆる「一つ紋」というのとは違って、「紋付」の部類には入りません。お洒落な柄がついている、と考えてください。
ですので、紫の無地は法事に着用も可能ですが、冠婚葬祭の「葬」の場合、特にお通夜や49日法要などの場合には着られないと思います。
紋付、という場合には、染め抜き紋で家紋を入れる必要があります。
同じ理由で、親族の結婚式にも「紋付の着物」とは認識されませんので、近い親族(兄弟姉妹など)の結婚式には格が低い、と認識されると思います。

ですが、花紋入りの色無地は帯を代えることでお友達やいとこなどの結婚式、年末年始や会社などの会合から、美術館めぐり・ホテルでお食事、お子さんがいらっしゃる場合には入学式や卒業式・七五三などいろいろに着用の機会があります。

略礼装ですので、襟や足袋が色柄物はそぐわないと思いますが、帯が最も美しく見える着物です。品良く綺麗に着られるよいお着物だと思います。
参考にしていただけましたら幸いです。

こんにちは。
無地の着物は、色が何色であっても、「年寄りの着物」という人はいます。それは、柄がないからです。(だから色無地というのですが)

で、そういう人は、色無地をそのように解釈しているので、自分が年寄りになっても色無地は着ません。
ようは、「好き・嫌い」の問題です。

洋服でも、花柄のワンピースが好き、とかストライプがいい、というのと同じですから、ご自分が気に入っていられるなら気にすることはありません。

色無地は、帯が映えますので冠婚葬祭の席でも充分に華やかに着る...続きを読む

Q子供の行事には訪問着か付下げどちらがよい?

私は37歳で、2歳の娘がいます。
結婚の時に着物を作らなかったのですが、いまさらながら着物が欲しいと思い、購入を考えています。(確実に着る予定があるのは、七五三で2回。あとは卒園式と入学式にも着れたらいいなと思ってるので合計2~4回です。)

★着物屋さんに行くと、豪華な訪問着を勧められ、「1枚だけ持つなら訪問着がいい」と言われます。
でも、子供が主役の七五三や入園式に、親が豪華な訪問着を着るのは素人の私でもおかしいのではないか?!と感じます。
付下げ訪問着なら、訪問着よりも大人しい柄だし、値段もお手ごろのものがあるので、
付け下げ訪問着にしようかと思ってたのですが、お店の人が言うには「付下げは着物を2枚も3枚も持っている人が買う着物」だと言うのです。(2~3店舗での店で同じようなことを言われました)
友人は全て結婚しているので今後結婚式の予定もないし、子供の行事くらいでしか着る事がないのですが、本当に訪問着を買うほうがいいのでしょうか??

★色はピンクなどの色を勧められるのですが、もう歳的にピンクは駄目じゃないか?!と思ってしまいます。38~45歳くらいにはどういう色があいますか?


ちなみに、訪問着でも大人しめの柄があるのは知っていますが、訪問着というだけで高額になってしまうので、それならお手軽な値段の付下げ訪問着でよいのではないかと思っています。
あと、色無地が(子供の付き添いには)無難である、というのもどこかで読んだので知ってるのですが、色無地は少し寂しいような気がしています。

あと、付下げと、訪問着の違いはネットなどで勉強し、だいたい分かっているつもりなのですが、どちらとも言えない柄の着物を見て、この着物は付下げか訪問着か?を追求すると、店の人は「これは付下げっぽい訪問着」だとか、「訪問着っぽい付け下げ」だとかいう返事が返ってきます。訪問着か付下げか、それは大した事ではないのでしょうか?
パーティなどで着る予定は今の所ないのですが、もし仮に付下げをパーティなどで着たら、安物を着ている、ように見られるのでしょうか??

私は37歳で、2歳の娘がいます。
結婚の時に着物を作らなかったのですが、いまさらながら着物が欲しいと思い、購入を考えています。(確実に着る予定があるのは、七五三で2回。あとは卒園式と入学式にも着れたらいいなと思ってるので合計2~4回です。)

★着物屋さんに行くと、豪華な訪問着を勧められ、「1枚だけ持つなら訪問着がいい」と言われます。
でも、子供が主役の七五三や入園式に、親が豪華な訪問着を着るのは素人の私でもおかしいのではないか?!と感じます。
付下げ訪問着なら、訪問着よりも大...続きを読む

Aベストアンサー

No.2,3で回答した者です。
お悩みを増やしちゃったみたいですねー。申し訳ありません。
まぁ、先のご回答者様も仰っておられますが、着物は何枚持っていても悩むもの、なのかもしれません。それが楽しみになりだすと、足が洗えないって感じでしょうか。

ひとつひとつのお悩みは、自分で調べていくのも楽しいですし、ここのような掲示板でご相談するのも、色々なご意見が見れて楽しいですよ。
ちなみに、今回のご質問はカテゴリを「季節の行事」でされていますが、着物関係は、「美容・健康」>「ファッション」>「着物・和服」のカテゴリでご質問をされると、最初のご回答者さまを始め、色々な方のご回答が付くのではないかと思います。
お礼に書いてくださっている追加のご質問にも、私なりの「答え」を書かせていただきますが、そこで、新たにご質問を挙げられる方が、色々なご回答をいただけるので、ご参考になることでしょう。


>小紋は「式」と名のつくものには着ていけない。
私は、そんなことはないと思っています。「着ていかない方が無難」っていうのは、あると思いますが。
と言いますのが、「式」が付くものってレベルにかなり差がありますよね。
「結婚式」は当然ながら一般人にとってはフォーマルの最高峰でしょうし、礼を尽くすべき相手も多いですし、自分の装いで他人の評価にまで影響するかもしれません。洋服をお召しの方も、ブラックフォーマルかドレスです。「来賓」なんですしね。
一方で、ご質問にあるような「入学(園)式」や「卒業(園)式」。学校にもよりますが、フォーマルスーツをお召しになる人がいらっしゃる一方で、ビジネスシーン向けの落ち着いたスーツやジャケット姿の方が目立つ場合もあります。この場合、主役は子どもですし、来賓は地域のいわゆる「偉いさん」でしょう。保護者は、一歩下がった立場だと思います。
あと、公の式典などに、一般人として参加するようなケース。これは「式」ではありますが、一般の参加者は「観客」に近い立場だと思います。
こう考えると、「来賓」は留袖とか訪問着とか紋付き色無地とか、いわゆる「礼装」「盛装」でないとダメだろうと思いますが、「観客」は、もう少し控えてもいいんじゃないかな、と思ってしまうのですよね。「主役」>「来賓」>「観客」の順に派手さがトーンを持っている方がいいのではないかと。

上記のような考え方で、セミフォーマルに、特定の誰かに礼を表すのではないが改まった気持ちを表現したい位の場合、江戸小紋やそれに準じるような細かな柄が全体に均等にあるもの、もしくはきれいな色合いの飛び柄小紋に、織りの袋帯くらいがお勧めだと思います。下のようなイメージです。
http://www.okoshiyasu.jp/SHOP/188277.html
http://www.kimono-tamuraya.com/gallery/gallery-326.htm
http://item.rakuten.co.jp/kimonoichiba6/590242
ポイントは、柄を見た時に、「かわいい」「楽しい」「カッコいい」ではなく、「きれい」「上品」な印象を受けることですね。
現在では、「着物」というだけでフォーマル度があがってしまいますから、スーツと同感覚にするなら、この程度の着物に袋帯くらいの方が浮かない場合もあります。
このあたりは、本当に考え方によって違いますね。「結婚式と葬式以外は自由でいいでしょ」という方もいらっしゃれば、「着物を着るなら格を守る方が素敵」と仰る方もいます。その「格」も結構、人それぞれですから。

淡い寒色は、私も春の方が素敵だろうなと思います。部分だとかまわないでしょうし、それしかお持ちでない方がお召しになっているのもかまいませんが、お買いになるなら、温かな色合いの方が素敵そうですね。
一枚の着物でこなそうと思えばこなせます。結婚式と違って、どれも「これだけの礼は尽くすべき」と求められるわけではありませんから。ただ、そこは女心で、素敵な装いにしたいですよね。そうすると、七五三には地味、卒業式には派手、どーするのー!となってしまうわけです。最初の回答者さまが仰っている「200枚持っていて悩む」ゆえんです。
現実に、こんな着物も、質問者さまの求める3つともが「ふさわしい場」として挙がっていますよ。
http://www.kuwashi.com/SHOP/t004-g.html
http://item.rakuten.co.jp/kimono-world/606981/
私の好みですと、先の着物は七五三には地味だし、後の着物は入学式や卒業式には派手と感じますが、OKの方も多いと言う証拠ですね。

黒の羽織は、そのままお使いになれると思います。着物の場合、紅葉の終わりから桜が咲くまでは羽織なり道行なりを着るものという暗黙のルールがあります。実際問題は、大阪で着物を着ていると羽織物はいらないと思う時が冬でもあるんですけれどね。首・手・足さえカバーすれば温かいので。
黒の柔らか物の羽織でしたら、下が何色でも、紬でも小紋でも訪問着でも大丈夫です。多少、派手な着物でも黒で抑えればシックになります。
だから私たちの母親世代には、黒絵羽織をお持ちの方が多いんですよね。


ところで、正直な感想を述べますと、私でしたら七五三はレンタルにしてしまいます。根本から覆してしまって申し訳ありません。
フォーマルものって、それほど着ないですからね。そのくせ出歩くわけですから、汚す恐れは多分にありますし。

小紋の方は、質問者さまがイメージされている「洗濯機で洗える」だと、ポリエステル系と思います。私は、できれば正絹をお勧めします。
ポリエステルも良いものは高いんですよね。私はポリ着物は持っていないのですが知人によると、安いポリエステルは寒い、色柄でポリエステルだとはっきり分かる、着崩れやすい、飽きてきても染め変えもできない、ということで、お茶やお花の稽古に頻繁に着る人にはお勧め、お洒落には勧めない、のだそうです。
着物の場合、洋服と違い毎回洗う必要はありません。何年も寝かせるなら別ですが、質問者さまのように毎年着ようと思われるなら、5,6回お召しになって襟や裾がうっすら汚れて来たらお手入れに出す、で充分だと思います。もちろん汚してしまえば別ですけれど。
ご自分でのお手入れを思うと、木綿かウールが手洗いできますから、お勧めですが、卒業式や入学式には無理ですね。

私の一番のお勧めは、最初の回答者様も書かれている無地紬です。
紬の場合もお手入れは専門家に頼む方が無難ですが、染めの着物に比べて、洗うことによる劣化が少ないんです。むしろ、水をくぐらせるほどに、しなやかになってきます。
無地紬に刺繍で一つ紋を付ければ、入学式や卒業式程度なら大丈夫です。
博多の紋織の半幅帯で、ご家庭で雛祭りやお正月。
名古屋帯や洒落袋帯を締めて、初もうでやお食事会、お友達と会うにも素敵です。
控えめな金糸が入った袋帯や綴れの帯を合わせて、入学式や卒業式。
ネックは、ちょっと10万ではないかもしれません。刺繍になると紋も高くなってしまいますので。それに店頭には在庫がなくて、取り寄せでとなってしまうかもしれませんね。重宝すると思うのですが、需要は少ないようです。色かけはできても、染め変えはできない場合が多いので、淡い目の色がお勧めですが、お好みとお似合いになるかどうかで、濃い色合いでもOKです。黒は止めた方がいいと思いますが。

第二のお勧めは、最初にご紹介したような細かな総柄か、飛び柄の小紋です。
紬よりも、お手入れによる劣化があると思いますが、2,3年に1回程度なら十数年は問題ないと思います。
帯合わせは無地紬と同様にできますし、最初の購入時は、こちらの方が安くてバリエーションも豊富でしょう。色柄に飽きれば、生地が傷んでいなければ染め変えもできます。
変に濁った色合いでなければ、色にはこだわる必要はないと思います。

後は、迷いますね。
つけ下げ購入を前提にするなら、つけ下げ+ポリ着物も、質問者さまがポリ着物の欠点を承知でなら有だと思います。

ただ、一度に全部購入されようとしない方がいいのではないでしょうか?
仮につけ下げを七五三用に購入なさったとして、翌年のお正月やひな祭りは、そのつけ下げでも良いと思うのです。何度か着ていると、別の物が欲しくなってしまいますから、それから小紋や色無地を購入なさっても遅くありません。

蛇足ながら、高島屋のセット+お母さまの羽織があれば、後は草履と長襦袢、その他小物ですよね。
草履は、白または明るいグレー系のエナメルをお勧めします。何色の着物にも合いますから、先々増えても安心です。
そして、長襦袢は単衣仕立てにすることをお勧めします。「うそつき」と呼ばれるタイプにするのもいいと思います。袷の長襦袢と着物で羽織まで着ると、質問者さまがよほどの寒がりでない限り、大阪では暑いです。

長々となってしまいました。
色々とお悩みを増やしてしまいましたが、これも着物のだいご味ですよ。ぜひ、色々と迷われること自体を楽しんでくださいね。

No.2,3で回答した者です。
お悩みを増やしちゃったみたいですねー。申し訳ありません。
まぁ、先のご回答者様も仰っておられますが、着物は何枚持っていても悩むもの、なのかもしれません。それが楽しみになりだすと、足が洗えないって感じでしょうか。

ひとつひとつのお悩みは、自分で調べていくのも楽しいですし、ここのような掲示板でご相談するのも、色々なご意見が見れて楽しいですよ。
ちなみに、今回のご質問はカテゴリを「季節の行事」でされていますが、着物関係は、「美容・健康」>「ファッション...続きを読む

Q着物の購入について

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値段などの説明を簡単にしてくださり
その後で、着物の生地代と小物の価格のみでいいといってくださりました。

わたしも気に入ってしまったのもあり、
また断るのが苦手というせいかくもあり、つい親に相談もせずに購入するといってしまいました。

先ほども書いたように
ずっと着物に興味があったこと、また柄、色がとてもすてきだったこともあり
わくわくする反面
いままで経験したことのない額の買い物をしてしまったこと、
親に相談をしなかったこと
なにも調べずに店員さんにだまされているのではないかということ
などなど、不安でいっぱいです。

なので、この着物の購入が妥当なものなのか、
みなさまにアドバイスをいただきたいです。


○内容○
・つけさげ訪問着:絹画廊・辻ヶ花「御所桜」 ¥329,000
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリエステル100%の羽二重使用)
・袋帯:絹画廊・辻ヶ花 ¥0
 (「手かがり仕立て付」商品)
・長襦袢:3点セット品(生地中国・染日本)
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」商品) ¥0
・新はじく絹加工:付下げ訪問着、袋帯、長襦袢 ¥24,000
・帯〆 ¥9,900
・帯揚 ¥9,900
・辻ヶ花・装履バッグセット ¥29,900

合計(消費税込み) ¥402,700

○店員さんの言葉○
・こんなにやすいのはいまだけ(いろいろなフェアが重なっていた)
・帯は西陣織で登録番号が9番。とても貴重
・着物のもように貝がつかわれている
・辻ヶ花は高嶺の花
・クリーニングなどメンテナンスも責任を持つ(いまいちどういうことなのかよくわからなかったです;;)
・ながく続く呉服屋なので安心してください(チェーン店)
・決めるなら今、家に帰って考え直すとわからなくなるから
・お母さんには仕立て上がって、着姿をみせて説明するべき

とにかく私の着姿をほめられ、なんだか逆に不安になりました。
とてつもないなで肩のせいもあるとおもいますが。。。

いろいろ意見いただけたらなとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着なれている人間の晴れ着なら訪問着は便利ですが、着物を着なれていない方では、訪問着は箪笥の肥やしになりがちです。最初の着物は紬か小紋で、日ごろのお洒落に使える物の方がお勧めです。
次に、店員さんがあまり信頼できる方ではありませんね。その店員さんだけか、店自体がそういう傾向なのか分かりませんが、私なら、そのお店では買いません。
解約できるものなら解約し、できなければ勉強代と思って、せっかくの着物は楽しんでしまうことでしょう。同じ着物には巡り合えないでしょうから。


以下は、質問者さまの書いていらっしゃる着物や、店員さんの態度について、私が推測した所を書いてみました。

まず、「特注した」という点について、質問者さまは非常に特別なことと思っていらっしゃると思います。実際、今の日本で「特注」なんて聞かないですよね。でも、着物の世界では、実は「特注」は珍しくもないことです。
老舗の呉服屋さんなら独自の職人を抱えていて、オリジナル商品というのも当然ですし、個人で着物を一から染めてもらうことも普通です。一般的にはカタログをみて決めるのですが、その時に「ここの色を変えてほしい」「ここに模様を足してほしい」「刺繍を足してほしい」というのも、よくある話なのです。もちろん、お金がかかる話ですから、やらない人も多いですよ。


そして着物そのものについて、です。

「つけ下げ訪問着」というのは、訪問着のお手軽版です。
訪問着と呼ばれる着物は、一般的に縫い目に模様がまたがっています。これを作るには、まず着物の形に縫った後で、模様を入れていくのです。できあがりの「訪問着」も多いですが、本来は受注生産で作る方が綺麗に仕上がるものです。
ただ、この方法だと高価なうえに時間もかかります。仕上がりが思ったようにはならない場合も多いです。反物に最初に模様を入れておく方が、手軽だし、自分に似合うか確かめられますよね。
元々、反物に模様がある着物もあるのですが、それだと仕立てた時に上下が逆になったり、縫い目で模様が途切れたりするのです。
そうならないように、仕立て方を計算して模様を付けていったものが「つけ下げ」と呼ばれます。つけ下げの中でも、訪問着のように華やかで、縫い目にまたがる柄の物を、特に「つけ下げ訪問着」と呼んでいます。着ていく場所は訪問着と同じ、披露宴とか、パーティとかですね。

「ハイテクミシン仕立て」というのは、従来のミシン仕立てと手縫いの中間に位置するものです。
着物というと、仕立て直しができるイメージがありますよね。ところが、ミシン仕立ての場合は、基本的に仕立て直しは利きません。縫い目が残ってしまうからです。
でも、手縫いは時間もかかるし、高い技術の職人さんだと、それなりに高価です。職人さん事態が減ってきていらっしゃいますしね。
そのため、縫い目が残りにくい特殊なミシンで仕立てる呉服屋さんも出始めています。それがハイテクミシン仕立てです。それでも、あまり仕立て直しをしないことを前提に勧めるようです。

「辻が花」というのは、模様の種類です。
「貝が使われている」というのは、螺鈿のようなものでしょうか。
現在では、「辻が花」と呼ばれるものは高嶺の花でも、珍しいものでもありません。
元々は室町時代から江戸初期にかけての技法です。友禅に押されて一時は途絶えたのだそうです。そのため、「幻の染め」と言われたりもします。
しかし、久保田一竹という染色家が、辻が花と再現し、それに雰囲気の似通った「辻が花調」の着物も多数出回っています。

袋帯について、西陣織なだけでは高級品か廉価品かは分かりませんし、登録番号と希少性、品質の高さは何の関係もありません。
京都の西陣は錦織や唐織りなどの帯のメッカと言えますが、当然ながら割安な商品も作っています。
そして、登録番号と言うのは、織元さんが工業組合に何番目に登録したかというだけなんですよ。9番は現存していますし、非常に老舗の織元さんだと言えます。工業組合設立時からのメンバーでしょうね。でも、それだけです。
番号が小さくても一般向け商品しか作っていない織元もあれば、大きくても高級品を多く作っている織元もあります。

クリーニングについてですが、着物は普通はあまり洗わないのです。下に肌襦袢等の下着を着ますし、あまり汚すものでもないでしょう?毎日着物で生活していらっしゃる方は別ですが。
汚れが付けば部分洗いでシミ抜きをする、何度か着たり夏場に着たりすれば水洗いで汗をとる、それで無理な汚れになれば糸をほどいて反物に戻し「洗い張り」という方法で洗う、これが一般的です。
でも、最近は着物を着るのは数年に一回という方も多いです。何度か着てから洗うとなると何十年、汚れが落ちなくなりそうですよね。それにガード加工をしていると普通に水洗いはできません。そのためにドライクリーニングをするケースが増えているようです。
もっとも、私は個人的にはクリーニングはお勧めできません。汗は水でないと落ちませんし、着物は袷に仕立てていますから、狂いが出てしまうことがあるそうです。


最後に、店員さんが信用できない理由です。勧め方が、どうも良くないですね。私がお世話になっている呉服屋さんや着付けの先生だと、「残念ですけど、そういうお店もありますなぁ」とため息をついてしまいそうな気がします。

先に、着物と帯について書かせていただきましたが、その中で店員さんの説明を否定している箇所があることにお気づきだと思います。
店員さんが「高級品」と言っている内容が、私からすれば「別にそうとは限らない」となっていますよね。どうも、そのあたりで説明を端折っている感じがします。

そして、ご質問を拝見した限りでは、「どこへ着ていきたいか」「何に着たいか」を聞いていませんね?
良心的な呉服屋さんだと、必ずと言っていいくらい聞きます。「どんなものをお探しですか?」「どちらへお召しになりますか?」と。
と言いますのが、着物の世界には、結構お約束事が多いのです。気にしなければそれでいいようなものですが、楽しもうと思えば無視したくないものであるのも事実です。
先にも書きましたが、訪問着は披露宴だのパーティだのに向く着物です。正式なお茶席や観劇にも使いますが、辻が花では華やか過ぎて、あまり適当とはいえないでしょう。お正月にお出かけする晴れ着なら、「有」でしょうけれど、その場合は道行コートが必要ですね。

最後に、「考え直すと分からない」「家族には仕立て上がってから説明する」これは、ありえません。私が、この店では買わないという最大の理由です。
着物や帯は、同じものをあまり作りません。ですから、「一期一会です」「これも出会いです」という勧め方は、呉服屋さんはよくなさいますね。実際、同じものを後から欲しいと言われても作れない場合も多いのだそうです。特に帯は織元さんが廃番にするケースが多いそうです。確かに何十万も出して買ったものが、ゴロゴロしていたのでは悲しいでしょうからね。
しかし、値段が高いものですから、「お取り置きしておきますよ」と言うことはあっても、相談するなとは言いません。家庭でモメてしまったら、その後、買ってくれなくなるでしょう?
着物と言うのは、「着物一枚に帯三本、帯一本に着物三枚」と言われるくらい、帯との組み合わせで雰囲気が変わります。それに女心として同じ格好って飽きてくるでしょう?飽きた頃に違う帯なり、着物なりを買ってもらえば、また着てもらえる、そう考えるのが一般的な呉服屋さんです。

長々と失礼しました。
着物は楽しいですよ。それだけに、あまり好ましくない買い方をしたためにケチが付くようなことになっては残念だと思います。
解約できるといいのですけれどね。

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q色無地の色

40代後半です。
結婚する時、親に作ってもらった色無地の着物は、一度も着たことが無いのですが、ピンク色のような色なので、この歳では、少し抵抗があります。
さしあたって着る機会も有りませんが、これから、60代以降なっても着れそうな色の色無地を作っておこうかと思っています。
体型も太ってきたので、淡い色は無理だと思うので、濃い目の色合いのものをと思っています。
ただ、濃い目の色合いだと、温泉の仲居さんのような感じになりそうで、少し考えています。
中年以降の色無地の色でお勧めの色は、何色でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

50を過ぎた働くオバチャンで、ちまちまとお裁縫をするのを趣味としています。

いままで、着なかった色無地、ピンク系ということですが、
60歳以降で着られそうな、落ち着いた色を今から作るというご相談ですね?

水をさすようですが、ピンクを今からでも遅くありません、機会を見つけて、着てしまいましょう。
ちょいちょい着る。
紋がついていても、ついていなくても、ちょいとおしゃれとして、活用してやりましょう。

実は、オークションで見ていると、この手の若向きと思われる、色無地の殆ど未着用というのが実に多いのです。
きものがかわいそうです。

更に、あなたは、ブラウスや、Tシャツなど、そのような色使いのものを着用はしませんか?
いつも、年齢相応(40はまだ若いですよ)のダークカラーですか?

そんなことはないでしょう?

半襟に、やや、落ち着いた色合いのものを選んで、
帯も冠婚葬祭用のぎんぎらデハなくて、名古屋などの落ち着いてみえる
もの、帯揚げ・帯締めもブルーグレーのようなものでまとめると
ピンクもすごくおしゃれです。

真っ赤というわけでなければ、結構、きてしまえます。

今まで、着なかったということは、渋いのを作っても、たぶん
着ません。
だって、年相応に見えるだけでちっとも素敵に見えるわけではないから。

今あるものをとりあえず生かして、着るという習慣を身に付けると
年相応のダークなのが段々と似合わなくなってきます、不思議です。

実は、30年前の初期の作品(学生時代にも和裁やってました)がまだ、私は、にあうので、きています。
オークションでは、年相応のものを落としたりもしますが、似合いません。
娘には、私の、若い頃のを・・・と、思うのですが、基本カラーがちがうのか、なぜだか余り、しっくりと着ません。

どちらにしても、昨今は着物を着ているだけで目立ちますので、
なりきりで着てしまうと
まだまだ私って、いけてると思うのです。

きものだけで見ていてはダメです。
コーディネイトをあれこれ、手持ちのもので思索してください。

あー、半襟は、手持ちの何でもいいですから、
生地を宛ててみてください。
シルクのボロなどあると、ベストです。

笑っちゃうのは、シルクのパジャマのボロから、半襟分を切り取って
利用したのが、ちょっと、中華?ぽくて結構な好評を得ています。
地織りにラーメン丼?のような模様が浮き出しているのですが、ソレが
面白いのです。

もちろん、着付けは自分で何度でも練習して着る。
楽しいですよ。

今もっている、お宝を生かしてやりましょうよ。
作るのは、後10年以上経ってからで十分。
キットまた、その頃には、今イメージするような色は、着用する気にもならないでしょうから。

50を過ぎた働くオバチャンで、ちまちまとお裁縫をするのを趣味としています。

いままで、着なかった色無地、ピンク系ということですが、
60歳以降で着られそうな、落ち着いた色を今から作るというご相談ですね?

水をさすようですが、ピンクを今からでも遅くありません、機会を見つけて、着てしまいましょう。
ちょいちょい着る。
紋がついていても、ついていなくても、ちょいとおしゃれとして、活用してやりましょう。

実は、オークションで見ていると、この手の若向きと思われる、色無地の殆ど...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報