ヴィクトリア女王は、自身が血友病の保因者であると知っていたんでしょうか?

知っていたなら、血友病や保因者の子供が産まれることに対して、
自分のせいだと思ったりしたんでしょうか?
保因者かもしれない自分の娘を嫁がせることに抵抗はなかったのでしょうか?

A 回答 (1件)

最初は保因者だとは知らなかったと思います。



ヴィクトリア女王のご先祖様、つまりイギリス王室にはそれまで血友病の人は出ていません。
ご先祖様にいないのに自分が血友病の保因者だとは考えないでしょう。
ヨーロッパでヴィクトリア女王の子孫に出た血友病について、遺伝子の異常・突然変異がヴィクトリア女王で起こり遺伝されたのではないかと言われています。
遺伝子の突然変異なんて自分では分からないと思います。
それに長男のエドワード7世には血友病の症状は出ませんでしたから、それこそ最初は血友病なんて他人がかかっている病気に過ぎなかったでしょう。
後に子や孫達に血友病の者が出て、それについてあらぬ噂(女王は母が浮気してできた子)をたてられ事もあり、それで自分と血友病の関係を悩んだかもしれません。
しかし、ヴィクトリア女王の時代の医学では血友病と遺伝の因果関係や、病気自体の詳しい事が分かっていません。
ヴィクトリア女王の亡くなった後の時代に遺伝子学は発展・研究されていきます。
だからヴィクトリア女王にもどうしようもなかった事でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

以前何かの記事で、ロシアのニコライ2世にヴィクトリア女王の孫が
嫁ぐという話が出たときロシア政府は、もしかしたらロシア皇室に
血友病の遺伝子が入るかもしれないので、その結婚をしぶったと読んだのです。

であれば、その当時どのような気持ちで子供たちの結婚を見ていたのだろうと
思い質問させていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/25 09:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺島しのぶの魅力を教えてください

第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した寺島しのぶさんですが、自分にはいまいち寺島しのぶの魅力が分かりません。ファンのかたが居られましたら、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

エロい役柄で定評のある女優さんですよね(笑)。正直、(私が女性だということもあり)このかたがおやりになるエロシーンをわざわざ観に行きたいと思うこともなく、残念ながら『ハッピーフライト』しかまともに観ていないのですが、すばらしい女優さんだと思いました。

この映画ではチーフパーサーを演じておられるのですが、なんといいますか、100のことをしても1つも伝わってくるものがない役者さんが少なくない中、このかたは黙って立ってるだけで100のことが伝わってきます。ご本人がどこかで語っておられましたが、『ヴァイブレータ』か何かに抜擢されたきっかけは、たまたま飲食店にいるところを、監督さんに「さみしそ~な背中をしている」と思われたのがきっかけなのだそうで、ご本人は、実際には寂しくないつもりだと弁解していました。

また、バラエティでは面白いのに演技ができない役者さんが少なくない中、寺島しのぶさんについては、正直、CMやトークショーで観るよりは演技をしている様子を観るほうが遥かに好きです。なんだか、普段出せないエグ~い自分の全てを演技でさらけだしている感じで、見応えあります。と言っちゃうと、また、ご本人が嫌がりそうですが(笑)。

ちなみに、確かに美人というのとは違いますが、とてもかわいらしいお顔立ちをされていますよね。駄菓子屋のおばちゃんか何かが似合いそうなのに、そういうのに甘んじることなく、ばりばりのキャリアガールなどを演じてしまえるところが、実際に観ると、意外とすがすがしいです。演技もきちんと勉強されていますしね。

エロい役柄で定評のある女優さんですよね(笑)。正直、(私が女性だということもあり)このかたがおやりになるエロシーンをわざわざ観に行きたいと思うこともなく、残念ながら『ハッピーフライト』しかまともに観ていないのですが、すばらしい女優さんだと思いました。

この映画ではチーフパーサーを演じておられるのですが、なんといいますか、100のことをしても1つも伝わってくるものがない役者さんが少なくない中、このかたは黙って立ってるだけで100のことが伝わってきます。ご本人がどこかで語って...続きを読む

Q女王を女王陛下とすると意味が違うもになるんですか?

王様は陛下と同じ意味ですよね?

女王は高権力者という意味もあるけど、王様のお后様という意味もありますよね?

でも、その女王に陛下をつけて女王陛下と呼ぶと、それは最高権力者という意味にしかならないのでしょうか?

それとも女王と同じで王様のお后様という意味ももつのでしょうか?


それと、王様を陛下、と呼ぶ国はお后様のことをなんと呼んでいたのでしょうか?

Aベストアンサー

敬称は敬称ですから、それによって本質的な意味が左右されると考えるのも変な話です。
陛下というのは皇帝、天皇、(皇帝等上位概念の無い)国王にのみ使われる敬称というだけです。

女王陛下というのは女王様と同じであって、女王そのものの意味に変化はありません。

また、女王は王様のお后ではなく「女性の国王」を意味します。
王様のお后は「王妃」と言います。
一般的には女王と王が共存しないということです。
今のイギリスなんかがそうですね。エリザベス2世は女王ですが、夫はエディンバラ公爵であって王ではありません。

Q寺島しのぶは美人でしょうか。

寺島しのぶは美人でしょうか。

Aベストアンサー

こんな事を言うのは何ですが

昔はもっと心の曇りが顔に出ている感じでした
本人が書いた記事を読んだこともありますが
家族の中でコンプレックスの塊だったと
不満もあって何をしたら良いのかわからないし
母親とも比べられるのが自分では納得いかなかった、と書いてありました

なのでその部分が顔に出ていましたし
梨園のお嬢さんにしてはちょっと品がないなぁ・・・(しぐさとか)と思う部分もありましたが
年令と共に落ち着いて
いい顔になってきたと感じますし

自信もついて美人になってきたと思います

Q戦前の日本が大国だったことが無かったことにされている理由

日本の近代化が始まったのは今から150年前であり、版籍奉還が1869年、廃藩置県が1871年で、ドイツの統一、イタリアの統一と同時期であることから、この3国は同時期に近代化が始まったと考えてよいと思います。

そして、第一次大戦後の1915年には日本は米英仏伊と並ぶ五大国の一員となっており、日本は100年前には既に先進大国であったのは明らかです。

しかしながら、戦前の日本は遅れており、先進国になったのは1970年頃だと主張する人が多い気がするのですが、彼らは戦前の大国だった頃の日本は無かったことにしたいのでしょうか?だとしたらそれはなぜでしょうか?
百歩譲って、戦前の日本はファシズムが生まれるような民度の低い国家だったと主張したいのであれば、それはドイツもイタリアも同じであり、日本、ドイツ、イタリアは戦前は後進国、小国であったことになりますが、そういう認識で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

戦前の日本が大国ではなかった、先進国ではなかった、というのを技術的なレベルやインフラの規模に求めるなら、今のGDP5位以下の西欧国はどうなるのであろうか。

6位のフランスはともかくとして、ブラジルに抜かれたイタリアは先進国ではないか。イタリアは原子力発電所を作る技術をもっていないし、車は作れるものの、電化製品だって日常家電程度しか作っていない、戦前の日本が「ヨーロッパに比べていろいろ作れないから先進国ではない」というのなら、今のイタリアやスペインなどはそろそろ先進国から降りていただこう。

日本が戦前大国ではなかった、という幻想はどこで作られたか、その発端は東京裁判史観に始まるといえるだろう。
東京裁判史観の基本は「日本は、国力が小さいため中国や東南アジアなどの資源を欲したため侵略行為を行い、国力に合わない戦争の結果、本土まで壊滅的な打撃をうけ、敗戦に至った。侵略行為は罰せられなければならないので、東京裁判が行なわれABC級戦犯が刑に処された」ということである。

この見方の基本の中に暗黙のうちに含まれているのは「日本は他国を侵略してはいけない」ということである。だから戦争犯罪があり、連合軍はそれを裁くことができた、という論理である。

なぜ日本は他国を侵略してはいけないかというと、それは国力に合っていないから、でつまり「植民地をもっている欧米と違って、19世紀になってから近代化したような高校デビューみたいな国が、帝国主義なんか選んじゃダメだろう」という論法である。

こうなると、戦前日本が「大国」であると非常に具合が悪いわけだ。

では、大国とはなにか、それは「発言力のある国」であり、帝国主義的な時代にあっては「他の民族、他の地域、他の国家に自国の都合を押し付けることができる国」ということである。簡単にいえば「うちの国がお前んところを植民地にしたら、お前は文句なしに従えよ」と押し付けられる国のことであったといっていいだろう。

実際に、第一次世界大戦前後に、そもそも独立国として成立していたのは、西洋国とアジアでは日本とタイぐらいで、中南米はともかく、アフリカから中近東・アジアまではほとんど独立国は存在しなかったし、その中で自国の発言を軍事力や経済力の裏づけをもって主張できたのは、欧米と日本しかなかったと言っていいだろう。なにせ国際連盟は63カ国しか参加していない(後は植民地)のだ。

その世界連盟の中で日本は設立メンバーであり、常任理事国であったわけで、これを「大国」といわずしてなにを大国というのか、よほどの検討が必要であろう。

もし日本が戦前から「大国的地位」があったとみなが認めたらどういうことになるか、戦前から大国なんだから「どんな戦争をしたって、それは自衛権の範囲」であるとみなされることだろう。

戦後、この点を強く印象付け、日本の実態をミスリードしたのは主に左翼であったように思う。特に日教組と旧社会党の影響は大きいのではないかとおもうが、このような視点で検証したものはないだろう。

ただ、左翼的な視点で日本の歴史が語られていたのは事実で、特に江戸時代から戦前までの時代を、農民や労働者のプロレタリアートと武士階級やその後の資本家などのブルジョワジーの対立のように描いている教科書も実に多かった。

戦後の日本の政治的なバランスは、米ソの冷戦の影響もあり、常に社会党や共産党に代表される社会主義的な要求を自民党が呑むことで政策が進む、ということで、資本主義化において一種の社会主義への憧れとガス抜きが行なわれたものである。
 したがって、教育課程においては日教組を枠内にコントロールしながら自由に教育させたために「戦前の日本は貧しく大国ではなかった」と指導していったのではないか、と推測する。

実際に私は管理教育世代だが、当時の授業の印象から「戦前の日本が世界に発言権がある大国だった」という認識は生まれてこなかっただろう、と思う。

ただ、敗戦当時の日本人は心の底から「戦争はいやだ」と思っていたようで、それが戦前日本の矮小化、評価の極小化につながっているようにも感じる。

戦前の日本は、世界でも有数の大国であったし、併合した朝鮮半島や台湾の行政に責任をもち、南洋州にも目を配り、国際連盟の常任理事国として大役を勤めていたわけで、戦後はこれを小さく見せようとする空気が蔓延したことだけは事実なんだと思う。

戦前の日本が大国ではなかった、先進国ではなかった、というのを技術的なレベルやインフラの規模に求めるなら、今のGDP5位以下の西欧国はどうなるのであろうか。

6位のフランスはともかくとして、ブラジルに抜かれたイタリアは先進国ではないか。イタリアは原子力発電所を作る技術をもっていないし、車は作れるものの、電化製品だって日常家電程度しか作っていない、戦前の日本が「ヨーロッパに比べていろいろ作れないから先進国ではない」というのなら、今のイタリアやスペインなどはそろそろ先進国から降...続きを読む

Q寺島しのぶさんは入れ墨を?

寺島しのぶさんは映画で、本当に入れ墨を入れたのですか?

Aベストアンサー

実際には入れてないんじゃないでしょうか?

下記で表彰式の時の映像が見られます。
背中の大きく開いたドレスを着ていますが、刺青は見当たりません。

参考URL:http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/ns_cinema/ns_cinema-top.html

Q【漢文】漢文の「天子」は産まれた瞬間に地位が確立する者のことで王子等のこと。 「武王」は軍師のこと。

【漢文】漢文の「天子」は産まれた瞬間に地位が確立する者のことで王子等のこと。


「武王」は軍師のこと。

では「文王」は今の時代の何に相当しますか?

孔子や孟子は文王ですか?

けど孔子や孟子は文王ではなく「先生」と言われていたようです。

Aベストアンサー

「文王」や「武王」は個人に与えられた諡号(しごう=贈り名 これは死後に贈られその功績を称えるもの)であって、普通名詞ではなく固有名詞です。中国・朝鮮等をはじめとした東アジアの王朝でこのように呼ばれる人は複数ありますが、最も古くかつ有名なのは、周(紀元前1152年 - 紀元前1056年)の始祖である「文王」です。また「武王」も同様で、周の武王(文王の子)が有名です。
 したがって、一般に付けられる称号ではありません。
 日本で言えば、天皇の贈り名です。ただし、現代(明治以後)は、元号がそのまま諡号になります。今上天皇が崩御されたら、「平成天皇」となるはずです。昔はそうではなく、中国にならって、生前の功績を称える諡号が付けられました。「神武」「綏靖」「安寧」など付けられましたが、平安時代以後は地名をあらわすもの、「平城」「亀山」などが多くなり、ついには「後」を付けた「後醍醐」も現れました。再び元のようにもどったのは、江戸末期の「光格」「仁孝」「孝明」からです。
 というわけで、孔子や孟子は関係ありません。

Q四つの嘘 最終回 寺島しのぶ演じた役の結末

四つの嘘の最終回を見逃しました。最後の方ちょっとだけ見ました。
寺島しのぶが演じた役が、その前の週で大学生のマンションに大金をもっていき、永作がマンションに戻ったらいなくなっていました。
その続きから始まったと思うのですが、どんな内容だったのでしょうか・・
お金は奪われてしまったのか、身の安全はどうだったのか・・など気になります。
最後は元気に旅行にでていましたが・・・

Aベストアンサー

>お金は奪われてしまったのか、身の安全はどうだったのか・
◆詩文が警察に通報していて、何とか二人は無事でした
警察沙汰にしたくないブッキの700万円は取られたままです
(被害届けは出せませんものね)
でも大森(モリリン)は詩文が引っ掻いた爪に残った(大森の)
皮膚のDNA鑑定であえなく御用となりました
>最後は元気に旅行にでていましたが・・・
◆「モリリン」に取られた700万は詩文に貸したことにしてしまった
ブッキが誘ってみんなでバンクーバー旅行というのが最後のシーン
(やっぱり、みんなロケに行ってたんだ)
(詩文との結婚に)怖気づいた澤田先生に振られた格好の
詩文はやっぱり、ボクサーがいいようです
ネリは「気持ち悪い」福山をペットにしたのかな?
旅行に出る前のシーンで
「ついていきたいなあ」と言うパンツ姿の彼に
「どこへでもついてきたがらないのっ」とネリ
「また怒られちゃった」(福山)
ブッキの旦那は愛人と切れてないが、ブッキは知らないなどなど
概略はこちらでどうぞ
◆テレビ朝日「四つの嘘」最終回あらすじ
http://www.tv-asahi.co.jp/4lies/story.html
◆「四つの嘘」動画
http://douga-net.livedoor.biz/archives/894576.html

>お金は奪われてしまったのか、身の安全はどうだったのか・
◆詩文が警察に通報していて、何とか二人は無事でした
警察沙汰にしたくないブッキの700万円は取られたままです
(被害届けは出せませんものね)
でも大森(モリリン)は詩文が引っ掻いた爪に残った(大森の)
皮膚のDNA鑑定であえなく御用となりました
>最後は元気に旅行にでていましたが・・・
◆「モリリン」に取られた700万は詩文に貸したことにしてしまった
ブッキが誘ってみんなでバンクーバー旅行というのが最後のシーン
(やっぱり、み...続きを読む

Qヴィクトリア朝時代の政治について

イギリスのヴィクトリア期、地方を治めていたのはやはり貴族なのでしょうか?今で言う、知事のようなものだと思いますが、当時はなんと呼ばれていたのでしょうか?また、その下にはどんな役人(?)がいたのでしょうか?
ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

ざっと見た感じで読む前の補足

1 ノルマンコンクウェスト
1066年にノルマン人がノルマンディから来て征服した。
この時起こったのが「土着の貴族層の撲滅」と「ノルマン系貴族による不在地主化」
なんせ、ノルマン貴族は数が少ないので地方支配は「代官制度」欧州大陸と比べて、支配地への愛着が薄かったそうだ。そのため現地に家来を派遣してというようなスタイルがつよかったみたい。

2 19世紀前半から産業革命
無人の荒野が気づいたら、大都会とかなっていたそうです。
そのために、19世紀後半のヴィクトリア朝で、地方自治の制度設計のし直しが必要になった。

Qネタバレ注意 映画「ハッピーフライト」の寺島しのぶさんの台詞で・・・

お世話になります。

東宝のハッピーフライトを観ました。
映画の中で台詞の意味がわからないものがひとつありました。

***************************************
機内食を配膳後、ファーストクラスのフルコースのデザートを駄目にしてしまい、ピンチに陥ったシーンで・・・
ベテランCA(演 寺島)「他にデザートはないの?」
若手CA「ビジネスクラスにマンゴープリンがあったんですが、全部出してしまいました・・・」
別のCA「困りましたね。フルコースでデザートなしというわけにはいきませんね。」
ベテランCA(演 寺島)「搭載しているビールのリストを作って!」
次カットで
ベテランCA(演 寺島)新人CAにレシピのレジュメ(のようなもの)を渡して、
 「あなた、料理は得意?」
 その後、CAたちはありあわせの材料でケーキを作って乗客に提供し、ピンチを脱するのであった。
***************************************

ビールのリスト?
2回観たのですが、2回とも「ビールのリスト」と聞こえます。
ビールでケーキを作ったのでしょうか?(そんなわけないよね)
「ピール」とも聞き取れますが、そうすると「果物の皮」になってしまいます。
皮をケーキの材料にするの?
それならば台詞は「搭載している果物のリストを作って!」となると思いますが・・・

どなたか、お分かりの方、ご解説お願いします。
(料理カテゴリの方がよかったかな?)

お世話になります。

東宝のハッピーフライトを観ました。
映画の中で台詞の意味がわからないものがひとつありました。

***************************************
機内食を配膳後、ファーストクラスのフルコースのデザートを駄目にしてしまい、ピンチに陥ったシーンで・・・
ベテランCA(演 寺島)「他にデザートはないの?」
若手CA「ビジネスクラスにマンゴープリンがあったんですが、全部出してしまいました・・・」
別のCA「困りましたね。フルコースでデザートなしというわけにはいきませんね。」...続きを読む

Aベストアンサー

私は「ミール」と聞きましたが、ミールなら食物なので違和感はありませんでした。それほど真剣に聞いていたわけではないので、ご参考に

Q英国ヴィクトリア朝の上流階級について

この時代を舞台とした小説を執筆しようと考えております。
以下の設定がありえるのかありえないのか、そして実例があったら教えてください。
どれか一つでもご存知の方、どうかよろしくお願いします。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ
周囲から反対されるのでしょうか。
未亡人がただの平民なら駄目だけど上流階級であるジェントリや貴族出身ならオッケーなどありますか。
また、この未亡人の子供は伯爵家の子供として認識されるのでしょうか。
伯爵の爵位が継げないことはわかりますが、未亡人の子供たちへの扱いはどうなりますか。

(2)伯爵がフランス人やドイツ人、オーストリア人と結婚する。またはその貴族。
外国人ということで周囲から反対されますか。そして平民は駄目だけど上流階級ならオッケーなどありますか。

(3)上流階級の子供は学校に行く? 女性も学校に行く? 大学は必ず入学?
寄宿学校などではなく、家庭教師で勉強させますか。
漫画での伯爵家の子供の主人公は学校には行ってませんでした。別の漫画での爵位持ちではない上流階級の子供は、寄宿学校に行きました。位によって異なるのでしょうか。
そして、いくつからいくつまで入るのでしょうか。
もし学校に行くとなったら、上流階級御用達の特別な学校ですか。そして、女性も学校に行ったのでしょうか。

この時代を舞台とした小説を執筆しようと考えております。
以下の設定がありえるのかありえないのか、そして実例があったら教えてください。
どれか一つでもご存知の方、どうかよろしくお願いします。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ
周囲から反対されるのでしょうか。
未亡人がただの平民なら駄目だけど上流階級であるジェントリや貴族出身ならオッケーなどありますか。
また、この未亡人の子供は伯爵家の子供として認識されるのでしょうか。
伯爵の爵位が継げないことはわかりますが、未亡人...続きを読む

Aベストアンサー

ヴィクトリア朝を舞台にした作品を私も好きで良く読んでいます。
また、趣味で色々調べた記憶を元に回答させていただきます。

ただ本格的にこの時代を学んだり研究しているわけではないため、
間違いがあったらすみません。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ

あまり一般的ではないように思えます。

平民→大反対。未亡人が嫁いでくるのは無理で、おそらくは伯爵が家を捨てて
   駆け落ちくらいしかないと思います。
   残された家族はおそらくは社交界の笑われ者になると思います。

ジェントリ→伯爵家が裕福であればおそらくは反対されると思いますが
   困窮しており、相手の未亡人が裕福な女相続人などであればおそらく
   結婚できるかと。でもやはり色々こきおろされると思います。

貴族→家格にもよると思いますが本人(未亡人)が元々貴族の令嬢であれば
   結婚できるとは思います。ですが、子供が男児なら置いていくように
   言われるのではないでしょうか。夫が死んだ以上、その実家を継ぐのはその子ですから。
   子供の祖父母あるいは、おじおばが面倒をみるという形で置いていくことを
   勧められると思います。
   ※なのでよほど愛に生きるという人でなければ結婚を諦めるのではないでしょうか。
   
   いっそ、子供がいなければ結婚を喜ばれるかもしれません。
   (婚家で養う必要がなくなるから)

>未亡人の子供たちへの扱いはどうなりますか。
家の主である伯爵の胸三寸でしょう。良くしてやれ、ということであれば
使用人たちの扱いは良いでしょうし無関心であれば使用人の扱いも悪いと思います。

(2)伯爵がフランス人やドイツ人、オーストリア人と結婚する。またはその貴族。

こちらもあまり実例を思いつきませんが、No1さんの回答にもあるようにヴィクトリア女王の
夫君アルバートはドイツ人ですし、フランス革命でフランス貴族がイギリスに
亡命してきていることもあるでしょうから、ありえなくはないのではないでしょうか。
ただ、意外と「言葉の壁」と「距離」があるのではないでしょうか…。

外国人の平民はおそらく問題外かと。
※国内の平民の外国人といえばおそらくメイドとかコックのはずです

(1)~(2)共に「ありえない」という論調で書いてしまいましたが
貴族であっても、気持ちひとつで周囲の大反対を押し切って結婚というのは
ありえると思います。特に19世紀末~20世紀初頭あたりになるとだいぶ
考え方も現代的になってきますので。

(3)上流階級の子供は学校に行く? 女性も学校に行く? 大学は必ず入学?

基本的に長男は絶対学校に行かせると思います。それもイートン校に。
国中のお坊ちゃまが集まる名門校ですから、将来のコネをつくるためにも
ぜひ通わせたはずです。次男以降は家の主人たる父親の考えにもよるのでは。

>漫画での伯爵家の子供の主人公は学校には行ってませんでした。
>別の漫画での爵位持ちではない上流階級の子供は、寄宿学校に行きました。

位もそうですがお金と、どれだけ名誉を重視するか・コネを欲しているか、かと。
(おボンボン学校は金がかかり、入学資格に「貴族の称号をもつ者の推薦」という
ハイパーなコネが必要です)

おそらく前者の漫画は「Under the rose」、後者は「エマ」かと思いますが
以下はその前提でお話させていただきます。

「Under the rose」の場合、多分主人公とはウィリアムのことですよね。
(「冬」に関しては主人公はライナスだと思いますが)
ロウランド伯爵家は裕福な貴族という条件バッチリなはずですが、彼は学校に行っていない。
おそらくウィリアムは兄アルバートが伯爵に、自分は補佐的立場になることを
この時点で決めてるのではないでしょうか。
ですからイートン校に行かずともいいという判断になったのではないでしょうか。

ただ、何になるにしろコネは役立つことはあっても不要にはならないはずで
お金に余裕があるなら貴族は子息を皆イートンに通わせたがるはずです。
でもあの漫画の伯爵は子供を学校に行かせたがらない。

これは推測ですが、それによってあの伯爵の「家族」に対する執着の一端を
表現しているのではと思っています。

「エマ」の方のウィリアムは、貴族ではなくジェントリの生まれですが
お父さんがやり手だったおかげで入学資格を得られたのでしょう。

ジョーンズ家はイギリス上流階級社会に根を下ろすためには何はなくともコネを
必要としているはずで、長男次男ともにイートン校にいれることは必然だったのだと
思います。

>そして、いくつからいくつまで入るのでしょうか。
イートン校にかぎっていえば13から18歳です。

>そして、女性も学校に行ったのでしょうか。
ヴィクトリア朝初期~中期は「女性に教育は必要なし」「よき妻、よき母たれ」という
時代なので良くて社交界デビュー前までにちょっと家庭教師に教えてもらうくらいだと思います。
どちらかといえば刺繍やダンスのほうが重要視されたはずです。

ただ、19世紀末~20世紀初頭に婦人参政権運動が起こり、そのあたりから
女性の教育も重要視されてきます。はっきり年代がかかれてないので何ともですが
「エマ」の最終巻あたりがその時代です。

ヴィクトリア朝を舞台にした作品を私も好きで良く読んでいます。
また、趣味で色々調べた記憶を元に回答させていただきます。

ただ本格的にこの時代を学んだり研究しているわけではないため、
間違いがあったらすみません。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ

あまり一般的ではないように思えます。

平民→大反対。未亡人が嫁いでくるのは無理で、おそらくは伯爵が家を捨てて
   駆け落ちくらいしかないと思います。
   残された家族はおそらくは社交界の笑われ者になると思います。

ジ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報