実際はどうであれ「香りが移る」という言葉で残り香・移り香という言葉がありますが、「紅が移る」という意味でそういう表現って無いでしょうか?移り紅、とか?

口吸いという表現があったならキスもあったと思うので、実際やったら紅が移ったのではないかと思うのですが・・・

A 回答 (3件)

名残り紅?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び有難うございます。

名残り紅いいですね、何か紅だけじゃなくて気持ちもある感じだし、エロい。素敵です!!

お礼日時:2012/01/19 16:50

付着紅、紅跡?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

紅跡いいですね!

有難うございます。

お礼日時:2012/01/19 10:42

でも唇にうつったものは、すぐに食べてしまったりして消えるでしょう。



最初にひらめいたのは「キスマーク」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q深いコクと豊かな香りを楽しむコーヒーが毎日の楽しみです。 ミルクだけ入れたいかなあ を英語にして下

深いコクと豊かな香りを楽しむコーヒーが毎日の楽しみです。
ミルクだけ入れたいかなあ

を英語にして下さい

Aベストアンサー

One of my daily pleasure is drinking coffee with rich flavor and aroma. I think I like to pour milk especially.

Q自負という言葉の使いみちについて教えてください 自負という言葉は 「陸上競技なら右に出るものはいない

自負という言葉の使いみちについて教えてください

自負という言葉は
「陸上競技なら右に出るものはいないと自負しております」
など、自分に自信があることについて使いますよね。

では悪い意味でも使えるのですか?

「私が嫌われたのは自業自得だと自負している」
という文でも使えるのでしょうか?

教えてください!

このような

Aベストアンサー

辞書的には「自信と誇りを持つ事」とあります。

だから「私が嫌われたのは自業自得だと自負している」は文脈しだいでは使えると思います。
例えば「嫌われるのを承知で、正しいと思ってやった」などの流れの中にあるとか。

Q英語で弱い香りと表現したいのですが

すいません。ある商品を海外から送ってもらったのですが、以前送ってもらったものより
香りが微かに弱く、それを相手に失礼のないように伝えたいのですが、辞書を見ても
香りが弱いの表現にぴったりくるものがありません。

貴方が以前送ったBより今回送ったAは香りがわずかに弱かったです。

A which you sent this time is light scent than B which you sent before

「香りがわずかに弱い」とはどのように表現したら良いでしょうか?
また弱いと言ってもほとんど同じで「わずかに」と表現も入れたいのですが、どのような表現が
良いでしょうか。

アドバイス頂けると助かります。

Aベストアンサー

あまり構文を変えず
I feel the scent of A you sent this time is a little bit weaker than B's one.
などいかがでしょうか。
香りがわずかに弱い、を a little bit とweakで、
相手に失礼のないよう I feel で丁寧さを出しています。

Q女房言葉・公家言葉・山の手言葉 等の研究

お世話になります。

タイトルに記載させて頂きました、女房言葉・公家言葉・山の手言葉に特に興味がありまして、詳細を研究したいと思っております。インターネットでも様々検索致しましたが、どうも満足するほどの詳細な情報を得る事は出来ませんでした。

そこで、詳細に研究可能な書籍やおススメなホームページなどなど少しでも有益な情報がございましたら、ご回答頂きたい次第です。

他にも面白い方言や言葉がありましたら、教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

公家言葉、女房言葉はこちらでどうでしょうか?


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4639018738/249-0475179-5844326?v=glance&n=465392

Qある英語の表現について質問です。

日本語で、『太陽の香り』的な表現を英語で表現するにはどういった言い回しが
一般的かつ自然でしょうか?

例えば、『Smell of sun』なんて自分で考えてみたのですが?
これって自然な表現でしょうか?

イメージ的には、太陽の香りを嗅いでるイメージだったり、
単純に太陽の香り。って感じを英語で表現したくて。

英語にめっぽう弱いので全く表現が浮かびません。
どうかアドバイス宜しくお願いします!

Aベストアンサー

smell of sunと言われれば、日光の臭いですね。
smell of the sunとすれば太陽の臭い(どういう状況か想像できませんが)となります。
aroma of the sunなら太陽のよい香りです。
しかし、これらの表現は、そのままですと、実際に臭いや香りがあって、それが太陽のものだということにしかなりません。

I smell the sun. と文にすることにより、あるいは動詞を使うことにより、臭いがあるかどうかは別として臭いを嗅ぐことになります。→太陽の臭いを嗅ぐ。
a smelly sunとすれば、臭いが(ぷんぷん)するような太陽ということになります。

いずれにいたしましても、どのような文脈で使おうとなさっているのか、分かりませんので、これ以上何とも言えません。(「イメージ的には、太陽の香りを嗅いでるイメージだったり、単純に太陽の香り。って感じを英語で表現したくて」とはありますが、自分が日光浴でもしていて日光のにおいを嗅ごうとしているのか、太陽の大きさをはるかに上回る巨大な生物が出現し、太陽の臭いを嗅ぐというのか、太陽の高熱にも耐えられる生物がいて、太陽に何らかの方法で近づいて臭いを嗅ぐのか、何ナノか今一つわかりません。ーー臭いを嗅ぐには、ごく微量であっても物質を鼻で感じることになるので、その意味ではご質問の「太陽の香りを嗅いでいる」というのは、どういうことになるのでしょうか?

smell of sunと言われれば、日光の臭いですね。
smell of the sunとすれば太陽の臭い(どういう状況か想像できませんが)となります。
aroma of the sunなら太陽のよい香りです。
しかし、これらの表現は、そのままですと、実際に臭いや香りがあって、それが太陽のものだということにしかなりません。

I smell the sun. と文にすることにより、あるいは動詞を使うことにより、臭いがあるかどうかは別として臭いを嗅ぐことになります。→太陽の臭いを嗅ぐ。
a smelly sunとすれば、臭いが(ぷんぷん)するような太...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと「それ故」「そこで」などは
いかがでしょう。

Q英語にしていただきたいのですが・・・・お願いします

英語を話す知人に送りたい文なので、英語に直してほしいのですが、

”私は季節の変わり目が好きです。
季節の香りを体で感じます。
その香りとともに、過去の想いや出来事を鮮明に思い出します。
私はそれで少し物思いにふける時間が好きなのです。”

これを伝えたいのですが、今の私の英語力では伝えられないので、英訳どうかお願いします。

Aベストアンサー

(1)
I can feel new season by it scent at every part of my body,
this is why I love the turn of season. The scent recalls me
many thoughts and things in past. I like such time of
thoughtful reflection.

(2)
At every part of my body I can feel new season by it scent,
this is why I love the turn of season. The scent recalls me
many memories in past. I rather love such moment spending
my time for reflecting.

(1)はかなり直訳的ですね
(2)は少し意訳してみました。

お気に召しますかどうか?

Q夜来香とは、梅の香りなんですか

 少し前に、梅に関する事を色々調べていた時、HP等で、
「夜来香とは、暗闇にほのかに香り来る梅の香りです」という記述がかなりありました。
 とても素敵な表現だと感心したのですが、図書館の辞書等で調べても、この言葉であるのは、ガガイモ科の植物の名前だというものだけでした。
 何件も見比べると、言い回しが同じ所が多いので、出典があるのではないかと思うのですが、自力では見つけられませんでした。
 どなたか出典や根拠をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
 回答は何度かあるのですが、こちらへ質問をするのは初めてなので、もし失礼な点等ありましたら、ご容赦願います。

Aベストアンサー

『梅の香り』と絡めて『春の夜』/『春の夜の月』を歌った『和歌』が沢山あるので、『万葉集』とか『○○和歌集』とかを片っ端から探してみると、「夜来香とは、暗闇にほのかに香り来る梅の香りです」の出典が見つかるかもしれません。

大空は 梅のにほひに 霞つゝ くもりもはてぬ 春の夜の月 (藤原定家)

にほひもて 分かばぞ分かむ 梅の花 それとも見えず 春の夜の月 (大江匡房)

春の夜は 軒端(のきば)の梅をも もる月の 光もかほる 心地こそすれ (藤原俊成)

Q英語でお酒の味はどう表現したらいいですか?

英語でお酒の味はどう表現したらいいですか?

日本酒の簡単な味を説明した表を作りたいのですが、
甘口sweet、辛口spicy、香りが強いaroma strong、香りが弱いaroma poor、味が濃い(濃縮)??、味が薄い(淡麗)light
いまいちよく分かりません。

Aベストアンサー

御質問はGoogleで「言語」を「英語」に限定して"wine"で検索すれば、色んな形容詞が得られます。

「辛口」は"spicy"ではなく"dry"です。"spicy"は唐辛子などの味が濃厚なものに使います。「甘口」は辞書には"sweetish"とありますが、これだと砂糖の味を想像してしまいます。"mild"でいいのではないでしょうか。「香りが強い」は"aromatic"で、"strong"をつけるとトイレの脱臭剤のような感じです:-)。「弱い」は"less aromatic"かと思います。「味が濃い」は"thick taste"。「味が薄い」はおっしゃるように"light"でいいと考えます。

Q「香に酔いぬ」と「香に酔えり」はどう違いますか?

俳句の推敲をしています。
「香に酔いぬ」と「香に酔えり」はどう違いますか?
「ぬ」と「り」の違いがわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ぬ」「り」の違いですが、
この場合、古典文法があてはまりますね。

「ぬ」…完了の助動詞:訳(~した)
「り」…存続の助動詞:訳(~している)

となります。
なので、
「香に酔いぬ(香りに酔った)」になりますし、「香に酔えり(香りに酔っている)」となります。


ついでに古語では「酔いぬ=酔(ゑ)ひぬ」「酔えり=酔(ゑ)へり」となります。


人気Q&Aランキング