gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

21世紀になってもろもろの制度崩壊やひずみが明らかになってきた日本。
でも落ち着いて考えれば、もっと前からこれらの問題点はわかっていたはず。

各種の問題を後回しにして、減税だ、年金増額だ、公共工事予算拡充だ、と甘いことばかり言ってきた政治家が悪いのか?
そういう政治家を選んだ国民がバカなのか?

選挙公約では大衆受けのいいことばかり言う嘘八百・二枚舌の政治家が悪いのか?
それを見抜けなかった国民が悪いのか?

耳の痛い課題についても真摯に向き合う政治家もいたのか?
そういう真摯な政治家を排除してきた国民がいたのか?

官僚の操り人形となってコントロールされる政治家が間抜けなのか?
そういう政治家に無理難題を陳情して思い通りに操っていい気分になっている国民が間抜けなのか?

結局、日本は政治家と国民とどっちがバカでどっちが悪いんだ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

バカかどうか、ではなく、民主主義の質は国民のレベルによるってこと。



日本国民は、国政選挙は法律を作る人を選んでる、ってことを知らない人が大半なんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

この程度の国民とこの程度の政治家の国、ってことですね。

お礼日時:2012/01/20 12:15

政治家は国民に含まれるので質問自体が破たんしているが、あえて回答するなら国民。



なぜなら、民主党政権が公約を実行できないのは自分たちが参議院で自民党を勝たせてしまい、ねじれ国会にしてしまったからだという事に気づいていないから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

国民がバカなんですね。

>なぜなら、民主党政権が公約を実行できないのは自分たちが参議院で自民党を勝たせてしまい、ねじれ国会にしてしまったからだという事に気づいていないから。

いや、これはどうでしょう。べつに国民が意地悪してねじれ国会を生み出したのではなく、
衆院与党である民主が参院でも与党であってしかるべきなのに、参院選挙で負けたのはそれは国民が民主党に失望したからでしょう。(少なくとも参院選挙時の民意では)

言葉でうまく表現できないけれど、決して
「民主党に政権公約を実行してもらいたいにもかかわらず、間違って自民党に投票しちゃった」
というのは意味が違うと思います。

お礼日時:2012/01/20 12:14

 バカなのは国民、悪いのはバカな国民とそんな国民に迎合する政治家。



 救いが無いな。

 バカでもいいから良い政治家はいねーのか。
 出し惜しみする話じゃなく、金が入ってくる方法を持ってるやつは。

 未来を語れよ、明るい未来を。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ホント、救い甲斐がないですね。

>出し惜しみする話じゃなく、金が入ってくる方法を持ってるやつは。

海外のカジノで会社の金を100億円すった日本人のバカがいましたが、それを逆転させて
日本に国営カジノを設立して、海外のバカ社長を呼んできて100億円ぐらい巻き上げるってのはどうでしょうか?
以前はカジノ=ギャンブル=治安悪化=国民の堕落、と思っていましたが、外人専用のカジノにすればカジノ=外国の金の集金装置、になってお国の役に立つなあ、と思うようになりました。

お礼日時:2012/01/19 14:37

結局は金を手にした者が頭が良く、金の無い人がバカ。


選挙で国民が何処の政党を選ぼうが、誰に投票しようが、結果は同じ
与党は官僚の指導に従うのです。
100億円もの税金を使う総選挙を、何十回もして今の日本の現実。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

じゃ、官僚以外は全員バカですね。

お礼日時:2012/01/19 14:33

ローマ帝国の時代から人民大衆は救いようも無い馬鹿です、目先の利益に惑わされて5年先も想像しません



ですが2千年以上の歴史で学んだことは、人民大衆は馬鹿で先も見えなくても、民主主義は専制君主や独裁者よりもどれだけましか ということです

平成になって 昭和の頃よりも馬鹿で自分勝手になっているのは間違いないです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ローマ時代から民衆はバカでしたか。

じゃ、これからもずっとバカですね。

お礼日時:2012/01/19 14:32

>結局、日本は政治家と国民とどっちがバカでどっちが悪いんだ?



 私が悪かったです。申し訳ありませんでした。

 今後は、各種問題を後回しにせず、耳の痛い課題についても真摯に向き合います。

 また、有権者として、甘いことばかり言ってきた政治家を決して選びませんし、選挙公約で大衆受けのいいことばかり言う嘘八百・二枚舌の政治家を見抜き、真摯な政治家を排除しません。

 さらに、官僚の操り人形となってコントロールされる政治家に無理難題を陳情して思い通りに操っていい気分になったりしません。

 私がバカでした。原因は私にあります。
 猛省しつつ、生きる態度を改めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


そうですね。あなたが悪いんですね。

お礼日時:2012/01/19 14:31

政治家だって国民ですからまずは当選するために頑張っていますよね!


ですから投票していない人に言う資格はないと思う!
どっちがバカかなんてくだらないじゃないですか?
国民一人一人が政治家まかせにしないでやるべきことをやって出来ないことを政治家や専門家にお願いするように国民も考えなければならない時代になっているのかもしれないですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

くだらない質問でしたね。
おっしゃるっとおりです。

お礼日時:2012/01/19 14:30

マスコミも視聴率やら発行部数を恐れて指摘しませんが、大きく


言えば、小粒な政治屋を選択し続けてきた国民がバカなのです。
これは「鶏が先か卵が先か」の問題ではありません。
政治家を選ぶ国民先にありき、が民主主義の大原則です。
よって政治家を罵る行為は、究極的には天に唾吐く行為という
ことです。
それを理解せずに政治家を罵ることは、結局国民が救世主や
英雄を求めており、自分達で国を変えるという自覚も決意も
乏しいということを意味しています。
それは国政選挙での投票率の低さを見れば一目瞭然です。
マスコミは低投票率の度に「国民が政治に冷めている」とし、
政治家の質の低下を批判していますが、本来は投票に行かない
国民を叱咤すべきなのです。

しかしもちろん今の政治家は、ほとんどが政治屋になってしまった
ことも確か。
現在まだマシと言われた高度成長期から90年代までの政治家は
ほとんどが戦前の生まれ、戦前の教育を受けた世代です。
つまり我々は、現在の日本が完全に否定した戦前の人的資産を
使って、高度成長を達成してきた訳です。
しかし日本の真価が試されるはずの戦後世代の政治家はこの
体たらく・・・。
これでは戦後教育に疑問が投げかけられるのも当然です。

現代の国家は多数の利害が錯綜する国民を抱えています。
当然様々な分野から利害調整や陳情が出てきます。
あっちを立てればこっちが立たず。
多くの票を握っている団体に、選挙に縛られる政治家が配慮せざる
を得ないことも出てくるでしょう。
民主主義の必要悪です。

しかし、自らも選挙に縛られる存在でありながら、30年、50年という
大局的な見地から国の大方針を見定めて陣笠議員をコントロール
出来る(或いは調整しようという志を持つ)政治家が最低限存在する
ことが、衆愚政治ではない民主主義が成立する前提だったはず。

今、その前提が崩れてしまったのは、上述の教育の問題もさること
ながら、志ある人間が職業としての政治家を選択しなくなってしまった
ことが大きいと思います。
仮に高邁な理想を持っていても、党内調整に追われ、選挙における
“実弾”で簡単に意見を売ってしまったり、目先のことしか理解しようと
しない選挙民に囲まれ、それでも地べたを這いずり回って頭を下げ
続けることを嫌うのはある意味当然ですよね。

話が逸れましたが、まず国民のレベルが低すぎる。そしてそれに迎合
するマスコミ。政治家批判はその後です。
まずは国民が投票に行って意思を示すことです。全てはそこから始ま
るのですから。

個人的には投票率70%超が普通になってくれば、政治家も変わって
くるのではないかと思っています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

選挙に行かない国民が悪いんですね。

お礼日時:2012/01/19 14:28

馬鹿な政治家は野田便所のドジョウ総理 野田見ると皆鼻つまむ臭い臭い胡散臭い 何も考えずに行き当たりばったりで ど素人を適材適所と頭錯乱し選んでやっと首にしたかと思ったら喉元乾かないうちからいきなりチョンボ大臣を又人選するドアホなやつ、民主党は沖縄を馬鹿にして掛かってるし野田も国防の重要性何も解らないからいい加減な大臣選任しか出来ないお粗末、


悪いと言うよりもずる賢い鳩山元総理 親から金貰って脱税とは知らなかった 知らなかったと言えば悪いことしても警察もいらないし脱税してもOK、小沢も秘書のしたこと知らなかったで逃げとうすずる賢さ、
これを見抜くことが出来ない国民が馬鹿で悪い、

     政治家 & 国民 どっちもどっちだな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

いつの時代もワルはワルですね。

ハトヤマさんちの場合は、あの家の一億円はわれわれ庶民の一万円ぐらいの価値でしょうから、何を言っても感覚がずれてるんでしょうな。僕らが小さいころにおもちゃのウルトラマンを使って兄弟で戦争ごっこをしたのと同じような感じで、兄弟で政治家をやってるんでしょうな。

ゆきおくん「えーい、こうなったら衆院解散攻撃だー」
くにおくん「ずるいぞ、解散権の濫用だ!」
ゆきおきん「だっておまえだって自民党時代に何度もやってたじゃん。僕だってやるもん!」
お母さん「まあまあ、喧嘩しないで兄弟仲良く遊びなさい。ほら、お小遣いあげるから。
 一億円でいい? もっと欲しいの? ちゃんとお友達にも分けてあげるんですよ」

みたいな感覚で。(すげー感覚だな)

お礼日時:2012/01/19 14:26

どこの国でも同じです。


日本だけではありません。

大体、国民は政治については素人です。
経済のことなど判りません。
ろくな情報も持っていません。

国民の多くは、自分さえ良ければ、
今さえ良ければ、良いのです。

TPPだって、農業関係者は反対し、
輸出産業に就いている人は賛成する。
皆、自分にとって利益か否かで判断
しているだけです。

そして、こういうことは、世界共通です。

国民がしっかりすれば、という人がいますが
それは間違いです。
国民全員が政治や経済の専門家にはなれません。

近代民主制で最も旧い歴史がある英国ですら
あの程度です。

英国人に聞きました。
歴史上最も尊敬できる人物は?

一位・・チャーチル
二位・・・・・・・
三位・・ダイアナ妃
四位・・ニュートン

つまり、民主制の限界です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ビートルズが入っていないということは
イギリス人はビートルズは尊敬の対象ではないんですね。
政治とは関係ないけど。

お礼日時:2012/01/19 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民間は優秀なのに、なんで、政治家は無能なの?

トヨタとか、世界で1・2を争う企業が日本にはあると思います。現場主義を貫いて、必ず、自分で確認することを怠りません。管理職であっても現場に精通していると思います。もちろん、労働者を奴隷のように使ったりするなどの問題も一方で囁かれてはいますが。

一方、日本の財政は、世界一の赤字、民間とは180度、逆さまです。年金の原資まで、借金に突っ込んでしまっています。

1)民間は優秀なのに、なぜ、政治は、無能な人間ばかりがいるのでしょうか?

2)民間の経営者などは、政治に不満が無いのでしょうか?政治に乗り込んで、日本を改革しようという民間人経営者はいないのでしょうか?

いくら民間が頑張っても、政治がこれでは意味がないと思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

1)民間は優秀なのに、なぜ、政治は、無能な人間ばかりがいるのでしょうか?

= 党議党則に縛られており、自分の持論や意見が通らないから、一見無能に見えるだけです。党議党則や党の運営や執行部に反する事言って離党したりする政治家はいますが、政治はは数です。数は力です。少数政党や無所属議員の主張なんか「多数決」の原理で通用しないんです。多数決の原理、党議党則に縛られっ放しの今の政治のあり方では、良い政治なんか出来ませんよ。凄く有能な政治家がいて、大きな政党に所属したとしても、自分の意見・主張は通らず、あくまでも執行部のやり方に順ずるしかないんですから。


2)民間の経営者などは、政治に不満が無いのでしょうか?政治に乗り込んで、日本を改革しようという民間人経営者はいないのでしょうか?

= それは沢山いると思いますよ。しかし幾ら政界に乗り込んでも、1)で書いた通りの政治姿勢ですから、結局は「長いものに巻かれる」状態になるのは、この人達は有能なので、よく理解しています。だから、そういう民間人経営者はいないんです。それに今の政治家さん達、大体が世襲ですよね?そうなったらこれまでの強固な地盤を引き継ぐ訳ですから、かないっこありませんよ。そんな初めから勝敗が分かっている選挙に出る馬鹿げた経営者さんなんていませんよ。有能ですから、よっく理解してるんです。

こんばんは。

1)民間は優秀なのに、なぜ、政治は、無能な人間ばかりがいるのでしょうか?

= 党議党則に縛られており、自分の持論や意見が通らないから、一見無能に見えるだけです。党議党則や党の運営や執行部に反する事言って離党したりする政治家はいますが、政治はは数です。数は力です。少数政党や無所属議員の主張なんか「多数決」の原理で通用しないんです。多数決の原理、党議党則に縛られっ放しの今の政治のあり方では、良い政治なんか出来ませんよ。凄く有能な政治家がいて、大きな政党に所属した...続きを読む

Q日本の政治家が信用できない。

この質問では日本の政治家について厳しいことを言いますので、日本の政治家の行動に賛成の方は、あまり見ない方がいいかと思います。

題名にも書きましたが、私は日本の政治家が信用できません。
自分が稼いだわけでもないお金(国のお金)を黙って悪いことに使ったり、私たちが毎日一生懸命汗水たらして働いているのに、自分たちは、そんな私たちから絞れるだけの税金を絞って、まだ税金を増やそうとしていますよね。
自分たちは稼いでいるから、まだいくらでも税金ぐらいの「はした金」は払えるだろうけど。

それに、政治家たちは、私たちが毎日どれだけ苦労しているのかを理解していないと思わせる(実際そうなんだろうけど)発言が多いと思いませんか?

「美しい日本」だって、どこが美しいんだか。
その他の発言についても、子供を育てたり、キチンと家庭に入って「普通の」暮らしをしたりしたことの無い人が言う「夢想」です。

言うばかりじゃなくて、私たちと同じ生活を体験してみるべきだと思います。
政治家たちなんてみんな、産まれた時から恵まれた暮らしをしてきた「お坊ちゃま」・「お嬢ちゃま」ばっかりでしょうから。

ここまで読んでわかったと思いますが、私が日本の政治家に対して持っているイメージはマイナスのものばかりです。

そこで、皆様に質問です。
今までに、「日本の」政治家で、いいことをした人っていますか?
あまり昔すぎるとピンと来ないので、最近の人でお願いします。
その人がしたことの内容、どんな風に喜ばれたのかなども併せて教えて下さると嬉しいです。

政治家だってたくさんの人数がいるのだから、悪い人たちばかりではないと思いたいです。
なので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答下さると嬉しいです。
ちなみに、自薦でのご回答はご遠慮下さい(まあ、政治化の人はこんなHPなんて見ないとは思いますが(笑))。

この質問では日本の政治家について厳しいことを言いますので、日本の政治家の行動に賛成の方は、あまり見ない方がいいかと思います。

題名にも書きましたが、私は日本の政治家が信用できません。
自分が稼いだわけでもないお金(国のお金)を黙って悪いことに使ったり、私たちが毎日一生懸命汗水たらして働いているのに、自分たちは、そんな私たちから絞れるだけの税金を絞って、まだ税金を増やそうとしていますよね。
自分たちは稼いでいるから、まだいくらでも税金ぐらいの「はした金」は払えるだろうけど...続きを読む

Aベストアンサー

現在の日本って、世界でも稀に見る安全な国であり、工業製品では間違いなく世界でトップの中におり、経済力ではトップグループにいます。
個人的に誰がどういう業績をしたのかは知りませんが、敗戦で打ちひしがれていた日本を、現在のような先進国の仲間入りするまでに舵取りしてきた日本の政治家たちは、細かな部分では様々な問題を抱えていても大雑把なところでは間違っていなかったのではないでしょうか?

新幹線網を敷き、高速道路を整備し、鉄鋼や自動車、家電、精密機器、通信といった国の基幹を為す部分に力を入れて、時には優遇措置などを行って産業を育成していった結果、現在のような世界に認められた日本という国になっているのだと思います。

政治家に限らず、清廉潔白な人などはいないと思います。
特に政治家に関しては、小さな部分でのマイナスにとらわれずに、大きな部分でのプラスを見てあげる方が良いのではないでしょうか。

質問者さんは政治家のことを厳しく言われますが、現実には国も地方も“官僚”の方がタチが悪いと思いますが、、、
税金をムダ使いしたり、定年後に“天下り”をしたり、全て“官僚”といわれる特権階級の人たちですよ。

現在の日本って、世界でも稀に見る安全な国であり、工業製品では間違いなく世界でトップの中におり、経済力ではトップグループにいます。
個人的に誰がどういう業績をしたのかは知りませんが、敗戦で打ちひしがれていた日本を、現在のような先進国の仲間入りするまでに舵取りしてきた日本の政治家たちは、細かな部分では様々な問題を抱えていても大雑把なところでは間違っていなかったのではないでしょうか?

新幹線網を敷き、高速道路を整備し、鉄鋼や自動車、家電、精密機器、通信といった国の基幹を為す部...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q在日韓国人などの人はなぜ祖国へ帰らないのですか?

よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。

ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて)

荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問:在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=996194

質問:在日朝鮮人を帰国させるように政府の方針を変えることは出来ないのでしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=397244

Q日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖くて死にたいです。
ごはんもおいしく感じないし、なかなか眠れないし、ずっと不安に追われています
1、日本は100年以内に戦争をする可能性はどのくらいあるんでしょうか?
2、もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?
3、今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?
4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
教えてください。
私は、今頃戦争をしても何にも利益はないと思っています。
そう思いたいです。
そういう風に自分に言い聞かせていますが安心できません。 

未来が怖いです。もう死んでしまいたいです。助けてください。安心させてください。

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖く...続きを読む

Aベストアンサー

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、とても怖かったことをおぼえています。

質問に答えさせていただきますね
1、100年先のことは誰にもわかりません。1年先のことも、10年先のことだってわかりません。可能性はゼロではありません

2、万が一戦争が起きたとしても、核兵器は使われることはおそらくないでしょう。もちろん、可能性はゼロではありません。

3、今も昔も憲法改正が時代によって表に浮き上がってくることがありますが、これは何も戦争を日本からしかけてやるとか、他国を侵略するために改憲するというわけではありません。今日本を守っているのは自衛隊という組織ですが、これは政府の見解では軍隊ではありません。非常に微妙な立場にあるのです。
憲法では軍隊や武器を持つことを禁じられ、専守防衛という決まりでこの国を戦争が起こっても、こっちからは最初に手は出さない。相手が(例えば核兵器などを撃ってくるなど)しかけてこない限りは、手を出さないということになっているのです。(もちろん、相手が攻撃してくるのにただ見ているというのはあり得ません。ですので、敵のミサイル基地などを先に攻撃して、最低限の自衛行為を相手の攻撃がなくても行えるなどという議論もあります。重要なのは、先に攻撃できるという結論がでていないことです。あくまで、できるだろうという議論をしているだけなのです)つまり、今の憲法はややっこしいのです。憲法改正の目的は、自衛隊の存在を認めさせ、その他日本の防衛に関してよりきちんと、戦争から国を遠ざけ守るために改憲しようとしています。ですので、なにも戦争をするために改憲するわけではありません。

4、戦争はもちろん嫌です。そして、怖い。しないにこしたことがありません。ただ僕は、予備自衛官という予備役というものですので、戦争があれば行かなければならないかもしれません。なので、非常に怖いです^^;

質問者様がおっしゃる通り、今日本が戦争をしても利益はありません。それは、中国や、韓国、北朝鮮などすべての国について言えることです。現代社会、戦争はそう簡単に起こるものではありません。さまざまな要因が絡み合って、初めて起こるものです。
未来が怖い。よくわかります。誰しもが、怖いのです。そして、質問者様の年齢ぐらいなら、その怖さはきっとお母様や僕といった人たちより、何倍も強いものだと思います。
でも、怖がっているだけではだめです。たくさん勉強してください。中学に入って、公民や現代社会や日本史や世界史を勉強することになると思います。そうすれば、知識が増えます。日々のニュースや新聞を読んでください。そうすれば、世界が広がります。そして、世界のことを知ってください。

戦争は、誰もが怖いです、あなただけではありません。だから、安心してください。悩みすぎないでください。何かあれば、自衛隊が必ずこの国とあなたを守ります。だから、心配しないでください。怖がらないでください。あなたが悲しめば、お母さんも悲しみます。
あなたのような人がたくさんいれば、きっと戦争はおきなくなります。その気持ちと考えを大事にしてください。

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、と...続きを読む

Q日本政治が良くないのは、民度が低いからですか!?

日本の政治が良くならないのは、特に政治に関しての民度が
日本国民は低いからとよく言われますが、本当でしょうか?
では、政治に関して民度が高いのはどの国なんでしょうか?
そして、日本国民はその国の国民を見習うべきなんでしょうか?
自分が感じるのは、米国、ヨーロッパなどはもっと宗教が政治に
影響力を及ぼしているのではないかということです。
そんな傾向はないのでしょうか?

よく日本国民は民度が低いって言われますが政治以外の民度が
低いとは思いませんが、その点についてもいかがでしょうか!?

Aベストアンサー

>日本政治が良くないのは、民度が低いからですか!?

確かに政治のレベルは目を覆うほど低い、誠に情けないがその点は肯定せざるを得ない、そしてその責任の幾分かが我々国民に由来するのも否定出来ませんが、政治は日本の全てではなく方法論の1つに過ぎない、即ちある意味民度及び経済的なポテンシャルの高さが、失政に依る国力の低下に歯止めを掛けている、そうは考えられないでしょうか?

バブル崩壊・リーマン・ショックそして恒常的な円高、僅か20年の内に2度までも未曾有の経済危機に見舞われながら、そして何等有効な処方箋を提示出来ない怖ろしいほどに無能な政治家達に国家運営を託しながら、今尚相対的には世界で恵まれた環境下にあるのが日本国民の現状。

そもそも太平洋戦争に依る未曾有の敗戦を経験し、政治に依る方向性が全ての命運を決定する類の国家とは決別を遂げた結果が現在の日本の姿であり、その最も顕著な特徴は多様性を容認する健全な社会であるという事。

その点が例えば人治国家である中国や、政府・メディアが煽ればビビッドに反応して一方に大きく傾いてしまう傾向を有する韓国といった、民度が極めて低い国家とは大きく異なる点であり、そして概ね世界から肯定的な評価を頂いている、私としてはそう認識する次第ですが。

>では、政治に関して民度が高いのはどの国なんでしょうか?
>そして、日本国民はその国の国民を見習うべきなんでしょうか?

それは分かりません、依って御答え出来ないが、我々自身が否定しようがしまいが、(特に発展途上国に於いて)日本国民は見習われる立場にある、この事は明確な事実です。

>自分が感じるのは、米国、ヨーロッパなどはもっと宗教が政治に影響力を及ぼしているのではないかということです。
>そんな傾向はないのでしょうか?

政教分離がほぼ為されていない(トルコ他一部の例外を除き)イスラム国家群は別として、欧米各国に於いて宗教が国家運営にコミットする傾向としては、カトリックがプロテスタントを大きく凌駕するが、それも生活様式・モラルの範囲内にほぼ限定され、国家の方向性に関与するのは極めて例外的なものと思われる。

尚創価学会=公明党という例外を除いて、政治が宗教界からのフリー・ハンドをほぼ有する我が国の現状は、極めてメリットが大きいでしょう。

>よく日本国民は民度が低いって言われますが政治以外の民度が低いとは思いませんが、その点についてもいかがでしょうか!?

日本国民の民度が低いという前提条件はどうでしょう、信憑性を有する海外メディアが発する、それとは全く逆の評価はよく耳にしますが。

仮にそれが事実であるとすれば、恐らく自虐史観を有する本邦の低俗メディアが何等かの意図でアジったものを、客観的評価を下す能力が欠如した階層の方々が盲信する(当サイトにも少なからず生息しておられるが)という、恐らくほぼ国内限定の図式であろうかと思われます。

さて当サイトに於いても、何等合理的根拠及び実体験を持たずに日本的なものを全否定する風潮が少なくないが、仕事柄欧米のビジネスマンと接する機会が少なくない個人的な感想を申し上げれば、概ね彼らが持つ対日観は極めて肯定的であり、中韓を含めかつて発展途上国と呼ばれた国家群の、経済に於ける殆んど全てのモデル・ケースは日本が創造したというのも、欧米の知識層が有するごく一般的な認識であるようです。

>日本政治が良くないのは、民度が低いからですか!?

確かに政治のレベルは目を覆うほど低い、誠に情けないがその点は肯定せざるを得ない、そしてその責任の幾分かが我々国民に由来するのも否定出来ませんが、政治は日本の全てではなく方法論の1つに過ぎない、即ちある意味民度及び経済的なポテンシャルの高さが、失政に依る国力の低下に歯止めを掛けている、そうは考えられないでしょうか?

バブル崩壊・リーマン・ショックそして恒常的な円高、僅か20年の内に2度までも未曾有の経済危機に見舞われながら...続きを読む

Q老人はなぜそこまでして生きたいのでしょう??

元・医療従事者です。現在、寝たきり&ボケ老人が急増しています。少子高齢化により国の将来も危うい事になっています。自分で食事もできない、トイレにも行けない、お風呂にも入れない、という年寄りがたくさんいます。自分が医療機関で働いていた時も96歳で在宅酸素、イロウ、入浴全面介助という患者がいましたが、正直いってそこまでして本人は生きたいのでしょうか?? 本人は自分が社会の負担になっているということは理解できているのでしょうか?? また本人はどのように感じて生きているのでしょうか? 日本では安楽死を合法化しようという働きはないのでしょうか? ヘルパーさんやケアマネさんのような現場の方に答えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

私も老人嫌いなので質問の意図はわかります。
過去に老人ホームは乳母捨て山?という質問もしました。

そういうことで言うと
・70歳以上の介護を必要とする老人は必要ない
 老人税をとり(年齢万円、払えない場合は死刑)
・出産し、子供が自立した後の専業主婦は必要ない
・馬鹿は子供を産んではいけない、性格診断、常識検査、DNA鑑定をし
 将来子供を虐待する可能性のある性格や先天性障害を持つ可能性のある
 遺伝子を持つ場合は生ませない。
・傷害事件、詐欺、暴走族、麻薬・・・、これらの犯罪を犯した物は
 懲役数年や執行猶予で出てくると他の善良な市民に再び危害を及ぼすため
 終身刑や即死刑にすべき。凶悪な場合はそもそも逮捕しないでその場で射殺。


・・・
その他いろいろ思いますよ。

国は票稼ぎの為に福祉をPRしていますが、本来であれば若者向けの政策をしないと
非常に大変です。
失業率だって5%は嘘ですからね。
バイト、派遣など安定しない雇用でも就業と見なすし、ニートとか呼ばれる人には
元から失業率に換算していないですからね。

老人は大切にしましょう。
なんて口で言っていてもじゃあ介護の仕事をしてください。
と言われるとほとんど拒否しますからね。
自分の親ですら介護したくない。
というのが現実ですし。


あとは生きたいのではなく生かされているというのもあると思いますよ。
医療技術は発達し、介護などもビジネスですから。
長生きさせて金を取る。高齢化社会では立派なビジネスです。
あとはまあいい人は早く死んでしまう。
嫌われているやつは長生きする。というのもありますね。

私も老人嫌いなので質問の意図はわかります。
過去に老人ホームは乳母捨て山?という質問もしました。

そういうことで言うと
・70歳以上の介護を必要とする老人は必要ない
 老人税をとり(年齢万円、払えない場合は死刑)
・出産し、子供が自立した後の専業主婦は必要ない
・馬鹿は子供を産んではいけない、性格診断、常識検査、DNA鑑定をし
 将来子供を虐待する可能性のある性格や先天性障害を持つ可能性のある
 遺伝子を持つ場合は生ませない。
・傷害事件、詐欺、暴走族、麻薬・・・、これらの犯...続きを読む

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Qなぜアメリカは北朝鮮を侵略しないのですか?大量破壊兵器もってますよ。

イラク戦争を支持した人の見解を特にお伺いしたいのですが、アメリカはなぜ北朝鮮を侵略しないのでしょうか?かれらはわざわざ大量破壊兵器の保持を宣伝しています。

イラクへの侵攻は確か大量破壊兵器が理由だったと記憶しています。それも後でどこかの学生が捏造したものとわかったそうでしたが。

今回は完全に放射能も検出され、証拠も明らかになったにもかかわらず、米国政府は北朝鮮を侵攻する意図はないとの見解を出しています。

なんだかつじつまが合わないように感じるのは私だけでしょうか?イラク戦争を肯定するならば彼らは北朝鮮も侵略するべきだと思うのですがどうなのでしょうか?そうしないならイラクにしたことに対して何らかの弁明が聞きたいです。

そういえばなぜアメリカは、パキスタンとインドが核実験を行っていたときに彼らを侵攻しなかったのでしょうか?

何か北朝鮮と米国の間に条約みたいなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず大きな理由として挙げられるのは北朝鮮と中国は安保条約を結んでいると言うことです。北朝鮮または中国が有事の際にはお互いに助け合うと言うこと、つまり北朝鮮が有事の際には中国が北朝鮮の味方をすること(理由の遺憾に関わらず、これが安保条約です)結果北朝鮮を攻めると言うことはアメリカと中国の戦争になります。
第2には北朝鮮は第二次戦争後旧ソビエトつまり今のロシアが後押しをして建国した国なのです。朝鮮戦争はアメリカと旧ソビエトの代理戦争だったのです。ですから北朝鮮に攻め入ると言うことはアメリカがロシアと中国を相手に戦争をすることなのです。

Qもしも中国が日本に侵攻して戦争になった場合、私たちは殺されるがままですか?

社会党や一部の公明党の言うように、仮に自衛隊を廃止したとします。

もしも中国が日本に侵攻してきた場合、どうやって国民の命を守るのですか?
私たちは殺されるがままですか?

中国と北朝鮮が沖縄を核爆弾で攻撃して米軍を壊滅させ、九州に侵攻してきたと仮定します。
自衛隊がなかったら、どうやって国民の命を守るのですか?
九州の人たちは殺されるがままですか?

Aベストアンサー

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守るために動きます。
しかし、”国を守る”ために個々の国民まで守るとは限らない。戦術・戦略上、住民を見捨てることもあるでしょう。これは、”100人の犠牲で1万人が救われるなら…”というやつですね。国を守る軍隊としては、世界的にも極めて当然の措置でしょう。
ここの辺りが信用ならないって言われる所以でしょうが、軍隊は国を守ることが大前提で、それに付随して国民を守っているという事になっているのですから、その辺の認識の違いから”信用ならん!”となるのでしょうね。
それと法律問題。日本存亡の危機という時に法律が機能するでしょうか? 当然日本防衛に不利なる法律など機能する訳がありません。そんなのは超法規的に行動するに決まっています。これも世界的にも歴史的にも常識では?(小規模紛争で”日本存亡の危機”って程でもない時には困りますけどね)
それと、質問では既に核兵器が使用されていますが、まぁ、実際には現状(21世紀中頃までは確実に)ではまずあり得ない状況ですね。
やったら、米国が報復しますし(自国軍隊が被害を受けているのだから、当然の処置)、中国経済(世界経済も)も日本経済が破綻すれば壊滅的打撃を受けます。第2次世界恐慌ぐらいは起こるかもしれません。落ち目でも世界第2位の経済力を誇っているのですから、それぐらいの影響は与えます。
そうなれば、中国は戦争どころではありません。世界大戦でもない限り、経済あっての戦争なので。
更に、中国軍が日本に大軍を派兵する能力があるのか? 上記の全部の前提ですが、先ずこれが無理ですよね。どうやって数個~数十個師団規模、数万~数十万人の人員を日本に寄越すのでしょうか。中国は陸軍の国です。陸続きなら強大な戦力を有していますが、海を挟む日本にそれだけの兵力を派兵することは物理的に無理です。(どこでもドアでも開発したという前提???)
ここで自衛隊が居れば、自衛隊の空海戦力は世界有数で間違いありません。弾がないとかよく言われますが、他先進国の軍隊でそれ程の継戦能力を有する国がどれ程ありますか? 米国ぐらいでしょう。
最初の1週間程度を全力で防衛できる程度に弾があれば、後は世界に誇るジャパニーズマネーが弾は用意するでしょう。その為に、世界最大の軍需産業を有する米国の兵器も使用できるように互換性を持たせているのですから。
日本を過小評価し過ぎです。過大評価もダメですけどねぇ。上記ぐらいなら適当なところじゃないでしょうか。

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守る...続きを読む


人気Q&Aランキング