【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

先日、コンビニの駐車場にてお互いバックしていて衝突する事故を起こしました。

私がコンビニに向かって後退して停めようとしていてるところ(青い車)に、頭から駐車していた相手(緑の車)が後退しだし途中から左へハンドルをきった為に白線(駐車スペース区分けライン)を越えて私の右後輪辺りと相手の右前方のヘッドライト部分が接触しました。接触場所は画像のように私の車の後輪まで白線内へ入った所です。

私は停車しよとしているスペースの隣の相手の車が止まっていた事を認識しており、後退して最後部が白線内に入ったあたりで相手の車がバックランプを点灯し後退し始めました。相手は乗る前に周囲を確認して私の車は無かったと主張してます。

私に非はないと思い100:0を主張してます。後輪には接触痕があり徐行程度は動いていたことは分かっています。しかし、急にバックランプが付いたことに驚きブレーキをを踏みましたが真横まで後退してきた車が急ハンドルをして白線を越えて接触してくるとは予見出来ませんでした。(相手は白線を越えないように後退してからハンドルをきったと主張してます。)至近距離でハンドルをきり衝突されてはどんな操作をしようにも回避しようがありませんし、そのような極端な異常行動を予見することは出来ないかと思います。また相手は白線を越えて衝突したことに非があると認識しているようです。

相手の保険会社は駐車場でのことなので道路交通法は適用されず、バック同士の事故は50:50であると言っています。さらに解決するために譲歩して大きな不注意による過失(白線を越えて接触したことで周囲の安全確認不足については認めていない)があったこととして70(相手):30(私)と掲示してきました。
私に30の過失があるのならどのようなことか問いましたところ、過失があるかないかではなく駐車場でのバック同士は50:50でコチラが大きな過失があることとして譲渡し70:30にしているんだから納得しなと言われました。

物損事故でお互いに怪我はありません。
私の修理費は20万で相手が30万です。
私は過失割合によりどこまで直すか決めかねており、まだ修理しておりません。
相手は保険をしようして直したようです。

このような場合70:30が妥当なのでしょうか?

説明が下手な為に分かりにくいかと思いますが、不明な点には答えていけたらと思っています。
宜しくお願いします。

「駐車場での事故と過失割合」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>今回の件は相手の車が後退ランプを点灯し動こうとしてることに気付きブレーキをかけました。


事故回避努力があれば、自分の過失割合を下げられたと思います。

●他車がどっちの方向に移動するか判らないので、この段階で他車から離れる

>ただ出庫することは危ない運転ではないかと思いますし、鳴らす暇もありませんでした。
●他車の動きは不明なので、接触するリスクがゼロではない→クルマがある、は危険含み。

>また鳴らす義務は生じないかと思われます。
●義務云々ではなく、(事故回避)努力です。

>しかし真横にてハンドルをきり衝突されたことは当たり屋という言葉は不適かと思いますがそう感じなくもありません。
●相手に得をする要素は無いと思えるので、当たり屋ではないでしょう。

相手車のバックランプが点いた時
接触するかも知れない位置にいたら、
相手車が無理なく移動出来る位置で待機し、自車を認識させる(クラクション、ライト)のがベターです。
完全に停止して待っていれば過失ゼロになりますが
動いていれば過失が生じますし、事故回避努力が足りなかったようなので
相手側の7:3の主張に無理が無い気がしますが、
>相手は乗る前に周囲を確認して私の車は無かったと主張してます。
「乗る前だけでは全く不十分。最も大事な移動する際の安全確認を怠った過失が大きい。」
とツッコめば、8:2になるかも知れません。
エンジンを掛けっ放しの状態で、乗り込んで座るや否や直ぐにリバース~ドンッなら
単なるバカですから、あまり相手にしない方が良いかと思います。
あなたが対物保険に入っていれば、保険会社同士で示談交渉させるのが
一番簡単なんですけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

駐車場において駐車用に区分けされたスペースの隣に車があるからとそこを避けることは実際には難しいかと思いますが、車があるから危険を含むという考えはそうなのかもしれないと考えさせられてます。
クラクションは相手が後退ランプを出したときに後退しているところをブレーキを踏んで徐行程度の車体を止めることぐらいしか時間もありませんでした。それでも止まりきらないほどの時間しか無かったことがホイール痕から分かります。しかし、こういう場合はクラクションを鳴らすべきだったのですね。
相手が当たり屋ではないことは理解してますので大丈夫です。
相手の保険会社からコチラにどう過失があるのかが説明がなく分からなかったため貴方の回答に感謝とともに参考になりました。

お礼日時:2012/01/20 20:06

>コンビニの駐車場にてお互いバックしていて衝突する事故を起こしました。



道交法が適用しない駐車場内ですからね。
例え、右側走行していても違法性はありません。
興味ある判決では、駐車場内の移動レーンを右側走行中の車にぶつけた場合。
ぶつけた側の自動車の過失責任が80%前後を占めています。
今回も、なかなか難しい過失割合になるでしようね。

>私に非はないと思い100:0を主張してます。

これは、非常に「非現実的」です。
質問者さまの車が「一切動いていない・停止中又は、エンジンを切った状態での駐車中」でなければ、100:0にはなりません。
当然、この場合も「質問者さまが、証明する責任」を負います。
速度1キロでも、走行していれば過失責任が生じるのです。
例えば、渋滞ノロノロ運転の時に「後続車両(C)に追突されて、先行車(A)に(自分が運転している)車(B)が衝突した」場合。
C車は、当然過失責任がありますよね。
じゃ、B車はどうでしようか?
警察庁基準とか判例では「B車にも、過失責任有り」となっています。
減点・罰金になる場合もあるのです。

>このような場合70:30が妥当なのでしょうか?

通常は、五分五分でしようね。
双方共に(道交法上の)「安全運転義務違反」が問われます。
が、ここは道交法適用外。極端に言うと、日本の司法が通用しない米軍基地と同じです。
30(質問者さま):70(相手側)だと、充分納得できると思いますよ。
自分の保険を使えば、1円も必要ありません。
どうしても納得出来ない場合は、証拠を集めて(防犯カメラ記録・自車の録画装置など)訴訟を起こす事です。
第三者が納得できる証拠が無ければ、50:50の判決が出るでしよう。
頑張って、証拠を集めて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

動いていても10:0になる事例もあるそうです。

玉突き追突事故においてBは距離をとっていなかったのでは?それよりAに過失があったのかのが気になります。

駐車場にて司法が通用しないのなら何が適用されるのでしょうか?

保険を使えばその場では1円も必要ありませんね。
過失割合に納得できるよう頑張ってみます。

お礼日時:2012/01/20 22:49

>また鳴らす義務は生じないかと思われます。


他の回答者の書き込みに同意する部分でもあります。

ホーンを鳴らす義務はないけれど、事故を回避するために努力する義務はあります。
それがどのような手段であっても構いません。大声だってOKですし、身振り手振りだってOKですが、一番効果的なのは大きな音 ホーンを鳴らすことですね。
その努力義務を果たせなかったのが過失と言えば過失です。
鳴らす暇もなかったのは残念ですが。

では、この事故は絶対に回避できない事故だったのでしょうか??
もし、自分がコレに気がついていれば。とか、こうしていれば。があれば、それが過失になると思います。
捜せばそれなりに出てきます。

まぁいいや・・・補足によって多少分かってきたこともありますし。
貴方の保険屋さんはどのような見解で??

保険屋さん無しなら押せるだけ押して適当なところで折れた方が良いのでは。
10:0は万が一うまくいけば。程度でしょう。

努力の割には実入りは大したことがないと考えます。
私自身が面倒なことが嫌いなので、そうならないような最大限の努力をして運転しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

今回は鳴らす暇が無かったのですが、実際に時間があったとしても隣の車がバックで出庫することが危ないとクラクションを鳴らしていたかと言えば疑問となります。ただ事故となった今で言えば鳴らしていれば良かったのでしょう。質問をして気づかされた点でもあります。

探して出てくる過失はどの程度のものか分かりかねます。相手がしてきた過失と比較することで今回の過失割合が出るためです。ただ出てきたことが過失として今後スムーズな運転をするには難しい点が多いことが残念です。

保険屋さんは当事者双方の意見のみで話し合っているだけのようで、どう考えているのかは分かりません。

私も面倒なことは避けたい為に最大限の努力をしていましたが、このような結果となりました。この質問にてさらに知識を付けて事故を防げていけたらと思います。

お礼日時:2012/01/20 20:39

相手が車ではなく歩行者や自転車だったら、あなたの過失は95%以上です。


お互い動いている最中の注意を怠っているのですから50:50から大きく変わることは有りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

歩行者や自転車であれば車に非があるのですね。
しかし今回の件は車のことなので歩行者や自転車での過失は気になっておりません。

お互い動いており注意を怠ったとのことですが、宜しければどのような注意を怠っていたのか教えていただければ幸いです。

お礼日時:2012/01/20 20:23

私にも色々経験がありますけれどね~



7;3で飲んだらどうです?
そんなもんですよ。

双方動いており10;0なんかないですよ。
衝突時の状況を録画しているわけでもなし。

乗ってりゃ~色々ありますよ。

もしも、納得できないことには1円も払いたくない損をしたくないってお考えなら
車には乗られないことですよ。(リスクは付きモノ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうざいます。

双方動いていても10:0は実際にあります。
今回に適用されるとは思っていませんが。

出来ればお金を払いたくはありませんが、今回のことで私にどのような過失があるか分からないのにお金を払うことは今後同じ事故を起こす可能性を減らすことは出来ないと考えていまうので納得出来るよう理解しておきたいという思いもあります。なので、そんなもんだとか色々あるからってことで終えるのはどうかと思い書き込みさせていただいております。

お礼日時:2012/01/20 20:19

私が貴方の立場なら


9:1の主張です。

道路交通法がどうのこうのとは言いませんが、
駐車スペースを占有するに当たり
貴方が選んだスペースは空いていた。と言う事です。

そのスペースに入りかけたわけですから
横から突っ込んでくる方が悪いに決まっています。
そのためのラインですから・・・

100:0は止まって待て居たわけではなく、
あっ!と思って止まったわけですから
ぶつかる寸前まで動いていたので難しいです。

貴方もご自身の加入している保険会社に説明して
納得に行く過失割合を主張してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

白線を越えて移動することに違反はないと思います。
しかし、周囲の確認を怠たったのか真横から衝突してきたことに過失があるかと考えています。

主張はしますが、コチラの過失に納得出来れば70:30でいいのです。ただ相手の保険会社の説明が足らずコチラに質問をしにきた次第です。

お礼日時:2012/01/20 20:13

7:3なら妥当でしょう。



私なら、隣の車の運転手がこちらを見るまで止まってますもの。
車が動いていなくても、下がっている最中に、ドアをガッパリと開けられる可能性もありますから怖くて下がれません。

気がついていないのなら、ホーンを鳴らして気づかせるなどして、相手との意思疎通を図ります。

そのようなことをナニもしないで勝手に突っ込んでいって、止まっていたから向こうが悪いは、ただの当たり屋じゃないのか。ぐらいに思います。
でしょ??

この回答への補足

駐車している車に人が乗っている可能性はあり、ドアが開く事は予見出来るかと思います。今回の件は相手の車が後退ランプを点灯し動こうとしてることに気付きブレーキをかけました。ただ出庫することは危ない運転ではないかと思いますし、鳴らす暇もありませんでした。また鳴らす義務は生じないかと思われます。しかし真横にてハンドルをきり衝突されたことは当たり屋という言葉は不適かと思いますがそう感じなくもありません。

補足日時:2012/01/20 07:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

補足とお礼の使い分けが曖昧なため補足に書いてしまいました。

そのおかげか次の方からの回答に繋がりました。

お礼日時:2012/01/20 19:37

妥当な過失割合は



50:50

でしょう。

3:7はかなり美味しいですよ。
美味しすぎます。

すぐに食いつきましょう。
もうほんとんど
据え膳食わぬは何とやらですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

どの辺が美味しいのか分かるように説明していただけたら嬉しいです。

お礼日時:2012/01/20 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場内でのバックとバックの接触。過失は?

駐車場内でのバックとバックの接触。過失は?

先日コンビニの駐車場へ駐車しようとして、出ようとする車とバック同士で接触事故を起こしました。
状況は、道路と直角に駐車がスペース5台。相手はその真ん中に前方から駐車中。こちらは一旦道路から左折して駐車場前方へ道路と平行に進入停止。そこから相手の左となりスペースへバックで後退。このとき相手もバックで下がり出会いがしら状態で折衝しました。
ただし実際はこちらは停止するする寸前、相手は後ろ右半面がこちらの左後ろバンパに接触。
ここで質問です。一般に
下の2パタ-ンで過失はどのくらいになるものでしょうか。
1.どちらも動いていたとした場合
2.こちらは停止中。そこへ相手がぶつかってきた場合。
以上アドバイスよろしくお願いします。

こちらとしては止まるしかない様態でぶつかったのに、相手は誤りもせず過失半々と言ってきている。腑に落ちないので皆さんの意見を聞かせてください。
 ________
|店 ______|
 | | |↑| | |
 | | |+| | |
     ○ →
     ^^^
     ここで接触

駐車場内でのバックとバックの接触。過失は?

先日コンビニの駐車場へ駐車しようとして、出ようとする車とバック同士で接触事故を起こしました。
状況は、道路と直角に駐車がスペース5台。相手はその真ん中に前方から駐車中。こちらは一旦道路から左折して駐車場前方へ道路と平行に進入停止。そこから相手の左となりスペースへバックで後退。このとき相手もバックで下がり出会いがしら状態で折衝しました。
ただし実際はこちらは停止するする寸前、相手は後ろ右半面がこちらの左後ろバンパに接触。
ここで...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 駐車場のような私有地内の場合道交法が及ぶ場所ではないため道路上と同様には考えられません。(もちろん考えていないとは思いますが。)どちらにも優先権はありませんよね。
 実際に5:5と言う示談のケースは多く見受けられます。(どっちもどっちですね)直前停止を完全停止とみなすのもどうかと思いますし。
 質問を見る限り、5:5やむなし、と正直感じていますが、ご不満があるなら徹底的に根拠をもって話し合う。それでも納得いかない場合は簡裁に訴訟提起をして判決を仰いでみては如何でしょうか。
裁判で問われるのは予見可能性と回避可能性です。机上の空論ですが予見不可、回避不可を立証できれば訴訟でも勝てるでしょう。

Q駐車場内(こちら停止中)での事故で揉めています

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があったが実際は私の車の左側をすり抜けていった)を相手方が勢いよくすり抜けていき、私の車の左フェンダーと相手方の右リアバンパーが接触したのです。
 警察を呼び、事故の届けを出し、後は保険会社にまかせますということとなり、相手方からの謝罪も受けたので円満に解決するかと思ったのですが、相手の保険会社からは「うちのお客様はあなたの後ろを走っていて、あなたが右によられて道を譲ってくれたと思いいったのです。事故はあなたがバックしていたので五分五分です。」と言われました。
 こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。駐車場のスペースに入れようとして止まっていたのにぶつけられ、納得がいかない。傷もバックしてできた傷でないことは明白だ。」と交渉が暗礁に乗り上げました。私の過失は認めたくないため保険会社も使えず、自分で交渉しております。
 私の主張としては
   1 駐車場内で駐車する車を見た場合、後ろからきた車は一旦待って安全確認する義務がある
   2 余地がない場所を強引に通り抜けようとしておきた事故である
   3 停止中の事故でありこちらには過失がない
   4 損傷部位からバック事故はあり得ないこと
を伝えましたが相手の保険会社の回答はかわりません。
 それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。
 図面がないのでわかりにくく、申し訳ありませんが何かアドバイス等あればよろしくお願いします。

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があ...続きを読む

Aベストアンサー

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから「こっちの車の修理に20万かかるから、20万払え。裁判費用も負担しろ」と、貴方を訴えて来るでしょう。

で、勝つか負けるかは「証拠と証人しだい」です。駐車場の監視カメラの映像とか、近くに居た人の証言とか、勝てそうな材料が集められれば、裁判に勝てるでしょう。

それと
>こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。
ですが、世の中、そんなに甘くはありません。

交通事故の過失割合で10:0が認められるのは、以下のケースのみです。

・信号待ち中での、後方、真後ろからの追突
・事故の瞬間にエンジンを切っていた場合
・事故の瞬間にギアがパーキングになっていたか、ギアがニュートラルになっていてサイドブレーキをかけていた場合
・基本9:1の過失割合で、9側が酒気帯びの場合
・基本8:2の過失割合で、8側が飲酒運転の場合

質問者さんの場合、上記の4つに当てはまりませんので「絶対に10:0になる事は有り得ない」です。

停車していても、エンジンが動いていて、ギアが前進か後進に入っていて、何時でも車が動く状態であれば、絶対に10:0にはなりません。

質問者さんは「動いてないのに有り得ない」と思うでしょうが、それが「自動車事故での示談の常識」なので。

示談するか、民事裁判して無駄に時間と裁判費用を費やすか、どちらか決めて下さい。

なお、民事裁判の場合、こういうケースでは、判決が出ずに和解勧告を受け、示談と同じ結果にされ、時間と裁判費用だけを無駄にしてしまうか、判決が出たとしても結審までの2年余り、平日の昼間に不定期に裁判所へ何度も何度も呼び出され、仕事に支障が出ます。

このケースでは、普通は8:2で、運が良ければ9:1で示談になるでしょう。

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから...続きを読む

Q【駐車場内の接触事故】バックしてきた車との過失割合について

皆さんのお知恵を貸してください。
先日、お店の駐車場でバックしてきた車にぶつけられました。

当時の状況は、
私は、一般道路の右側レーンから右折で駐車場へ入るため、指示器を出して準備をしていました。
相手車は、左レーンで走行していましたが、突然、指示器も出さず私の前に割り込み、駐車場へ入って行きました。

相手車は若干ですが挙動不審な行動だったため、私は相手車の様子を見ながらゆっくり後に続いて走行しました。
駐車場へ入ってすぐの所で、相手車が右側の駐車スペースへ入るために右側へ進路変更し進みました。
そのすぐ後に当方車両へ向かってバックをして来たため、私はとっさに左にハンドルを切り逃げましたが、右側後方にぶつかりました。
クラクションを鳴らす余裕も無く、逃げるのが精一杯の状態でした。
もし私が逃げずに停車していたら、車のもっと前方(右ミラーと運転席ドア辺り)にぶつかっていたと思います。

車を降りた途端、相手車の助手席に載っていた男性が、お酒のニオイをプンプンさせて怒鳴り込んできました。
「そちらがバックされたので、ぶつかったのです」と当方が訴えると、
後で降りて来た運転者の女性が「全く後ろを見ていなかった。すみません。」と全面的に謝ってきました。
警察を呼び事故届けをした時までは、スムーズに進むと思っていました。

翌日に保険屋に連絡をして以降から、相手方の態度が一転し、
「こっちは悪くない、向こうが出て来たからぶつかったんだ。修理代を払って欲しい。」と、
全面的に当方に過失があるような主張をされました。

当方の保険屋は、動いていたので私にも過失がある、次年度から等級が下がって保険料が○○円上がります。と、どっちの味方をされているんだか...とても悲しくなりました。

その後、調査会社から調査が入りました。
相手方は対話拒否をされていた為、私の説明のみで進むと聞き安心していましたが、
昨日過失割合の結果を聞き、驚きました。
相手が6割、当方が4割とのことです。

この割合は妥当なのでしょうか?
そもそも、相手が全く後ろを確認せずバックをしたため起こった事故です。
動いていた私にも過失があるなら、それは危険を回避する為の行動だったので、せめて1割でも良いと思うのです。

駐車場へ入る前から、全く後ろを確認しない不審な行動の相手車は、
ぶつかった相手が人ではなく車だったことはラッキーだったと思います。
私は運が悪く、もらい事故だったと思っています。

私の主張は間違っているでしょうか。
納得させていただけるような、ご意見をいただけたら助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんのお知恵を貸してください。
先日、お店の駐車場でバックしてきた車にぶつけられました。

当時の状況は、
私は、一般道路の右側レーンから右折で駐車場へ入るため、指示器を出して準備をしていました。
相手車は、左レーンで走行していましたが、突然、指示器も出さず私の前に割り込み、駐車場へ入って行きました。

相手車は若干ですが挙動不審な行動だったため、私は相手車の様子を見ながらゆっくり後に続いて走行しました。
駐車場へ入ってすぐの所で、相手車が右側の駐車スペースへ入るために...続きを読む

Aベストアンサー

お答えしまひょ。
あんさん、調査の方に胸張ってこれを主張したんとちゃう?
>そのすぐ後に当方車両へ向かってバックをして来たため、私はとっさに左にハンドルを切り逃げましたが、右側後方にぶつかりました。
>クラクションを鳴らす余裕も無く、逃げるのが精一杯の状態でした。
あくまで「退避行為なんじゃ!」を!
これ・・・逃げるって「動かす」なのは判りまっか?
双方動いてるんやさかいこれになるんですわ〜!
>相手が6割、当方が4割とのことです。
で、相手が全面的に悪いにするんはこれをする
>もし私が逃げずに停車していたら、車のもっと前方(右ミラーと運転席ドア辺り)にぶつかっていたと思います。
その止まってる時にやのぉ〜、思いっきり「クラクションを鳴らす」やで〜!
間違いのぉ〜、クラクション鳴らしたら止まったはずですわ!
まっ!あんさんの取った行動は「自分で自分の墓穴を掘った」と一緒!

Q駐車場での事故。バックしてきた車にぶつけられました

コンビニの駐車場の駐車スペースに半分差し掛かったところで、左側3台目に駐車していた車がバックでカーブしてきて私の車の左側後ろのバンパーにぶつかってきました。
相手側はちゃんと後ろを見ていなかったと謝って下さいました。保険会社に連絡したところ、私も止まっていたわけではないので6:4と言われました。
私が駐車場に入る時は相手の車はバックしようとしてたわけではないし、バックランプも付いていなかったんです。相手側が私の車の方向へバックしてきても、私が止まれば当然ぶつかるし、前方へ逃げようにもお店があるので私は避けようがありません。
それなのに6:4は納得がいきません。たしかに私も止まっていたわけではないので、10:0になるとは思っていませんが、6:4はないと思います。
保険会社へそう伝えたところ、それなら本人同士で話をつけてくださいと言われました。
その後、相手の方に何度電話をしてもつながりません。留守電にメッセージを入れてもしかとされています。泣き寝入りするしかないのでしょうか。教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

事故を回避しようと動いたのですから、9対1でしょう。1割ぐらいは運が悪かったと。。
保険会社同士の話になると思いますが、まずは担当者に現場を見てもらいましょう。
とりあえずは、10対0の主張からスタートしてもいいのではないかと思います。
担当者がポンクラだったら、保険屋さん専属の弁護士がいるはずですから、ぜひ活用を。

相手は、おそらく保険会社に丸投げしているから下手に当人同士が話す必要はないと思ってるのでしょう。
相手の不誠実を証明する証拠として、電話がつながらなかったこと、留守電へメッセージを入れたこと、メモでもいいですから、残しておきましょう。
また、相手に言質を掴まれないよう慎重に話しましょう。

Q駐車場からバックしてきた車との事故の場合の過失割合

・状況はこちらが直進で左側によって止まった車の横を注意しながら確認、減速していたところ止まった車の向こう側の駐車場から少し左に切ってバックで出てきた車に当られました。
・被害箇所はこちら側:左側の4ドアの後ろ扉真中辺りから後ろのバンパーまでと相手側:右側の後ろの角です。
・こちらの言い分としては気づいたのは助手席の者が左を見て「さがってきている」と言う声に反応して右にハンドルをきりよけようとしました(対向車があったのでそれほど避けられませんでしたが)。視野の範囲外(真横)からなので前方不注意でもないし過失はないと思うのですが。
・また、相手方の言い分は「後方確認した」と言っているのですがこちらの車の接近に気づいていませんし接触する瞬間も気づいていなくまともに当っています。
・こちらは100:0を主張しているのですが相手の保険の方がそれは無理だと言うんです。こちらの過失を聞いても「何らかの注意義務がある」「判例でそうなっている」とだけで少しも話しが進みません。
・このような場合100:0になるのか、また100:0になった判例を見たり取り寄せたり出来るところがあれば教えてください。
長くなりましたがどうぞ宜しくお願いします。

・状況はこちらが直進で左側によって止まった車の横を注意しながら確認、減速していたところ止まった車の向こう側の駐車場から少し左に切ってバックで出てきた車に当られました。
・被害箇所はこちら側:左側の4ドアの後ろ扉真中辺りから後ろのバンパーまでと相手側:右側の後ろの角です。
・こちらの言い分としては気づいたのは助手席の者が左を見て「さがってきている」と言う声に反応して右にハンドルをきりよけようとしました(対向車があったのでそれほど避けられませんでしたが)。視野の範囲外(真横)...続きを読む

Aベストアンサー

判例(裁判)ではないが 10 対 0 の損保会社の実例ということで。。。

駐車場から車Aが出ると同時に、駐車場向かいに駐車していた車Bが発進し、接触したことがあります。
このとき あいおい損保では A 対 B が10割 対 0割になりました。
道路外から道路に侵入する方に非があるということで、
10対0でも5対5でも保険で払うのだし等級も同じということでした。

損保会社同士の駆け引きがあるらしく B は一ヶ月前にも事故を起こしていようで
今回は B に過失はないこととして処理したようです。

[この例が全てにあてはまるかどうかはわかりません。]

判例(裁判)ではないが 10 対 0 の損保会社の実例ということで。。。

駐車場から車Aが出ると同時に、駐車場向かいに駐車していた車Bが発進し、接触したことがあります。
このとき あいおい損保では A 対 B が10割 対 0割になりました。
道路外から道路に侵入する方に非があるということで、
10対0でも5対5でも保険で払うのだし等級も同じということでした。
...続きを読む

Q駐車場事故での過失割合について

駐車場事故での過失割合について



先日23日に駐車場で衝突事故にあいました。
場所:コンビニエンスストアの駐車場

事故内容:
コンビニエンスストアの駐車場に入り、車の駐車スペースを探していると、
前方から車が来ていたのを確認したので停車していました。

その際私の右側からものすごい勢いでバックしてくる車があり、ブレーキを踏む素振りもないので、
まずいと感じ、クラクションを鳴らす間もないと感じたので前進し回避しようとしましたが、間に合わず
私の車の後方にぶつかりました。 このときに目撃者が一人おり、立会人として、警察官に証言してくれました。
その後警察を呼び、事故の状況説明を行い保険会社にも連絡を取りました。
向こう側が全額支払うと言っていたので安心していたのですが、翌日双方の保険会社から、相手方が、
「私の車が突然飛び込んできたので、ぶつかった。全額私に支払わせるといってました。」という連絡が入りました。
事故を起こしたのは初めてで、保険会社の人に任せているのですが、私が、6割ほど払わなければならないという電話がありました。一応抗議し、保険会社の方とまたお話するとは思いますが、相手が払ってくれると思っており、突然てのひらを返されたような態度をとられ、不安で眠れない日々が続いています。
私はこの6割を負担しなければならないのでしょうか。

駐車場事故での過失割合について



先日23日に駐車場で衝突事故にあいました。
場所:コンビニエンスストアの駐車場

事故内容:
コンビニエンスストアの駐車場に入り、車の駐車スペースを探していると、
前方から車が来ていたのを確認したので停車していました。

その際私の右側からものすごい勢いでバックしてくる車があり、ブレーキを踏む素振りもないので、
まずいと感じ、クラクションを鳴らす間もないと感じたので前進し回避しようとしましたが、間に合わず
私の車の後方にぶつかりました。 このときに目...続きを読む

Aベストアンサー

駐車場内の事故でしたら、通路で車を止めて待っていようとも、過失が発生します。
駐車場内で無過失なのは、駐車スペース内に止まっていたのにぶつけられたという場合のみです。
あなたにも注意義務・予見義務・進路妨害・回避義務の責任が問われます。
いきなり突っ込んできたのに、どう回避すればよかったのかという主張もありそうですが、有人の車を発見したら、発見し次第、そこに近づかないというところまでを求められます。
有人の車がないかを探し(注意義務)、発見すれば急発進するかもしれないと予見し(予見義務)、そこに進入しない(進路妨害)、接触しそうになったら回避行動をとる(回避義務)。
回避義務は遂行していますが、結果として間に合わなかった。

しかし、通路にいる車と駐車スペースから出庫しようとする車ですので、出庫する車のほうがより注意義務が大きいものです。
急発進したのは回避行動だったという主張が認められれば、あなたの過失はぐっと低くなるはずなのですが。3割か、そのぐらいに。
これは、駐車場の形状やお互いのスピードなどを詳しく調べなければわかりませんので迂闊に言えませんが。
双方が譲らないままだと、損害リサーチが入ったりして、事故状況を詳しく調べ、双方の供述の矛盾を追求し、双方の保険会社同士で落としどころ探ります。どちらか、もしくは両方が過失割合を譲り合うこともあります。
それでも解決しなければ、訴訟で第三者に過失割合を決めてもらうことになります。
そして過失ゼロを主張している限りは、弁護士法上、保険会社は間に入れません。
保険会社に間に入ってもらうのは、過失を認め、車両保険か対物賠償保険を使うという意思を見せた場合のみです。
そうでないと、保険会社は当該事故の当時者性がなくなり、保険も使わない(保険会社から見ると関係のない)事故ということになってしまいますので、それに口を出すと弁護士法にひっかかってしまいます。

駐車場内の事故でしたら、通路で車を止めて待っていようとも、過失が発生します。
駐車場内で無過失なのは、駐車スペース内に止まっていたのにぶつけられたという場合のみです。
あなたにも注意義務・予見義務・進路妨害・回避義務の責任が問われます。
いきなり突っ込んできたのに、どう回避すればよかったのかという主張もありそうですが、有人の車を発見したら、発見し次第、そこに近づかないというところまでを求められます。
有人の車がないかを探し(注意義務)、発見すれば急発進するかもしれないと予...続きを読む

Q駐車場でバックしてきた車にぶつけられたのですが・・・

今日の昼、コンビニの駐車場でぶつけられました。
状況は、
・黒い軽自動車の右隣りが空いていたので、当方、前進で入れようとしたら、黒い軽自動車がバックしてくる。
・「あっぶつかる??」と思い、当方、止まりましたがそのままバックしてきて衝突。
・相手はまだ19歳の男の子。私(20代・女)もこのようなことは初めてだったので、動転してしまい、とりあえず相手の免許証のコピーと電話番号だけ聞いて別れました。(私は連絡先を教えるのは忘れました。)
警察への届けや相手の保険会社、今後どうするか?については話してません。相手はひたすら謝っていました。

私はいちおう自分の保険会社に事故連絡をしました。私の車もそのとき動いていたと言ってしまったので、こちらにも非がありますよね。
週明けに担当の方から連絡をくれることになっています。
その担当の人から相手、および相手の保険会社(相手が保険に入っていたら)に連絡がいくのでしょうか?

私の車は、1mくらいの線と細かい傷が付きましたが、メタリック系の色の車ということもあり、あまり目立ちません。
明日、車屋さんで傷を見てもらい、見積りを出してもらおうと思うのですが、その金額(全額じゃなくてもいい)を相手に負担してほしいです。保険を使わないとなると、その交渉も自分でしないといけないのですよね?

支離滅裂な文章で申し訳ございませんが、皆さんが同じ状況だったら、どうされるか?が知りたいです。
目立たない傷ですし、相手もまだ若い子なので、直さなくてもいいかなとも思ったりするのですが、相手の方が悪いのに、このままにしてしまうのは悔しいです。

今日の昼、コンビニの駐車場でぶつけられました。
状況は、
・黒い軽自動車の右隣りが空いていたので、当方、前進で入れようとしたら、黒い軽自動車がバックしてくる。
・「あっぶつかる??」と思い、当方、止まりましたがそのままバックしてきて衝突。
・相手はまだ19歳の男の子。私(20代・女)もこのようなことは初めてだったので、動転してしまい、とりあえず相手の免許証のコピーと電話番号だけ聞いて別れました。(私は連絡先を教えるのは忘れました。)
警察への届けや相手の保険会社、今後どうする...続きを読む

Aベストアンサー

直前停止は停止中の事故ではありません。
したがって、貴方にも幾分かの過失が生じます。

その程度の事故なら、保険を使って修理すると、次回の等級が
3等級ダウンして、保険料がUpするので、通常は保険は使いません
上下で4等級の差が生じます。
以降、毎年この差は続いていきます。

なお、蛇足ですが、駐車場で前進で駐車スペースへ入れるケース
は出るときはバックで出るため本当に事故が多いのです。
今回は入れるときの事故ですが・・・
面倒でも、バックで入れて、出るときは前進で出るのが常識ですよ。

私は前進で突っ込んで駐車している車の隣には絶対に駐車しないよう
に心掛けています。
隣の車が出庫するときに、バンパーを当て逃げするケースが多いから
です。

なお、駐車場(特に地下)を走行するときは、ヘッドランプを
付けて走るのも事故の回避につながりますよ。

Q一般的にどっちが悪い?

これは状況により一概には言えないと前置きをしますが、車同士の事故の場合、前方不注意と後方不注意のどちらが割合的に悪いですか?
あくまでもどちらが優先されるかの話です。当方後方不注意だと思います。(バック中の為)、相手は前方不注意(直進の為)だと思うのですが、どちらが割合的には悪いのでしょうか?
再度書きますが同一条件下の場合に、より注意しなければいけないのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!

駐車場の中でも優先権があるのはご存知ですか?
簡単に言えば、個別の駐車スペース(一台分)から出る時には、その周辺(車で走る部分)の車よりも、より高い注意義務があるんです。

注意義務を怠った過失の度合いが事故の過失割合ですので、今回の場合はバックしていた車により多くの過失があると認定されてしまうでしょうね。

これは判例でも示されていますので、保険屋が入った場合はだいたいこれで処理されてしまうのではないでしょうか。

ただし、入ってきた車に不自然な害意が推定できる状況であれば話は別ですが・・・。

どちらにしても事故はお互いが注意して未然に防ぎたいものですね!

Q駐車場内の接触事故 過失度合90%と相手方から請求されてますが

先日コンビニの駐車場内で接触事故を起こしました。

朝早い時間帯であったため、駐車場はがら空き状態、左隣の更に左隣に1両だけ駐車車両があり、車を前向き駐車で止めました。
買い物後、右後方の駐車場出口方向に車両の向きを変えようと、ハンドルを左に切って駐車スペースから後退して車を出す途中で、左隣に進入してきた相手車と衝突しました。

私の状況
乗車前、ギヤをバックに入れた時点で駐車場内に車両、歩行者がいないことを確認し、左後方に後退しました。その途中で衝撃、相手車の右ドアに衝突してしまいました。
ハンドルを左に切りながらの後退、また駐車スペースをひとつはさんで左側に駐車中の車がいるので、左後方のみに神経を集中してしまい、右後方の注意がおろそかになっていました。

相手の状況(主張)
コンビニの駐車場に駐車しようと前進中、突然私の車がバックしてきた、あまりにも速度が速すぎたため避けられず衝突したとの事です。

現場の状況(保険会社に送付した現場写真、スケッチから)
(当方)
・左にハンドルを切った状態で、約5m後退した位置で相手車と衝突
・左後部バンパーに擦過傷、併せてバンパーが左横方向に変形
(相手方)
・私の車両の左隣に進入
・右ドアにくぼみ(深さ約5~6センチ)ドア開閉はできる状態
・ブレーキによるタイヤのスリップ痕、約1.5m
  (写真撮影、証拠写真として保険会社に送付済)

相手方の要求
過失度合は(私側90:10相手側)
後方確認もしないで急加速で後退した私側に全面責任があるとのこと。

私側の反論
・スリップ痕
 長さ1.5m、代車が相手車と似たような車なので何回か実験してみました。なかなか難しく、均一なデータが得られませんでしたが、それでも1.5mスリップさせるのはかなりスピード出さないとだめと感じました。衝突の瞬間相手車は時速20~30キロ出ていたのでは?私の車に衝突しなければもっと長いはず。
・相手側の進入経路
 スリップ痕から駐車場内の通路ではなく空いている駐車スペースを突っ切って進入(写真撮影、証拠写真として保険会社に送付済)
 通路内を通った場合、私の左後方から接近しなければならず、特に神経を集中していた方向であるため視界に入っているはず。
 駐車場内の通行規制について法的な規制はないと聞きますが、一般常識として全く無視していいものか?
・後退速度
 相手側は急激な発進と主張していますが、これについても実験しました。ギヤをバックに入れ(バックランプが点灯)、サイドブレーキ解除、再度後方確認、後退といった一連の動作で駐車位置から衝突位置まで(約5m)移動する時間は平均7秒前後でした。予めサイド解除、アクセルをかなり踏み込んで急発進させると、3秒程度でも可能でしたが、この場合相当にスピードがつきすぎ、また車両のコントロールができなくなります。当時左隣に駐車していた車両に突入するつもりでやれば可能かも。しかしそんな速度で約2tの私の車が突っ込んで、カローラのドアが5~6センチくぼむ程度とは考えられません。
・相手の当初の位置
 相手が進入した駐車場入り口から衝突ポイントまで約20m。思いっきり譲歩して相手が時速18キロ(秒速5m)で進入、こちらが5秒かけて後退したと仮定すると、私が後退開始した時点で相手はまだ駐車場外です。駐車場外の車両の行動予測は不可能に近いと思うのですが。
・行動の選択度
 こちらはいずれにしろ左右どちらかに出なければならない・・・行動範囲が限定されています。当時駐車場はがら空き、相手側は自由に駐車場所を選択できた状況です。たった2台しか止まっていない駐車場で、なおかつ1台は後退しようとしている状況、わざわざその真ん中に危険を冒して無理に入ろうとしなくてもいいように思うのですが。
・前進車と後退車の優越
 駐車場は、前進車と後退車が錯綜する事が当たり前の場所です。後退する車は視界、行動がかなり制約されます。対して前進する車は数倍の自由度を持っていると思います。極論ですが、故意にぶつかろうと思えば前進する車はいとも簡単に狙った車に衝突できます。それでも後退する側に90%の過失という事態になれば、駐車場内は当たり屋の巣窟になるように思いますが・・・

このような状況ですが、それでもやはりこちら側の過失責任が大きいと判断されるのでしょうか?

先日コンビニの駐車場内で接触事故を起こしました。

朝早い時間帯であったため、駐車場はがら空き状態、左隣の更に左隣に1両だけ駐車車両があり、車を前向き駐車で止めました。
買い物後、右後方の駐車場出口方向に車両の向きを変えようと、ハンドルを左に切って駐車スペースから後退して車を出す途中で、左隣に進入してきた相手車と衝突しました。

私の状況
乗車前、ギヤをバックに入れた時点で駐車場内に車両、歩行者がいないことを確認し、左後方に後退しました。その途中で衝撃、相手車の右ドアに衝...続きを読む

Aベストアンサー

例えここで50:50と言う回答が出たとしても保険会社が認めなければ何もなりません。
せっかくそこまで検証されたのですから、保険会社に出かけ、センター長立会いの下、交渉すべきです。

1.スリップ痕
1.5mのスリップ痕は時速16.5kmに相当します。
20kmで2.25m、30kmで5.0mです。

2.前進車と後退車の優越
これは言わない方が宜しいかと。
下手をすると当たり屋呼ばわりされたとなる可能性を秘めています。
言うのであれば当たり屋と言う言葉は出さない方が良いでしょう。

Q駐車場での事故に10対0はない?

いつもお世話になります

身内が駐車場で車をぶつけられました。
駐車場内を出口に向かってゆっくり走っていると、ガツンと音がしてみると、左後方に相手の車がぶつかって停まっていたそうです。
相手が下りてこないので、降りて確認させると、後ろは見たと何度もいい、謝ることもなく私の車は古いからいいと言っていたそうです。おそらく自分に非がないと思いこんでいる?
こちらの車は購入して半年もたっていないので、もちろん修理してもらいたいです。
納得していないようなのですぐに警察を呼びました。本来ならバックをして通路に出てから前進してくださいと相手に指導していたそうです。その後も、駐車場を出るまで危なっかしい運転だったそうで警察に注意されていたようです。

状況としては、通路側一番端に止めた車が、車止めに対し前進駐車をして、一旦バックをし前を確認せず(後ろを見たと主張していることから)車止めの横を抜けて通路に出ようと車にぶつけたようです。こちらとしては、停まっていた車の横を通過したら突然ぶつかってきたという、もらい事故です。
こちらの保険会社は10ゼロで主張してください、こちらは相談のみの処理をとりあえずしておくと言いました。
ですが、相手保険会社は10ゼロはあり得ないと言います。
しかし、後方ヨコから突然出てきた車を追突を避けることは無理だと思います。
10ゼロを主張してもよいでしょうか?
それとも、時間の無駄で当方の保険も使ったほうが良いのでしょうか?

わかりづらいかもしれませんが、本日相手保険会社と話し合いたいのでよろしくお願いいたします

いつもお世話になります

身内が駐車場で車をぶつけられました。
駐車場内を出口に向かってゆっくり走っていると、ガツンと音がしてみると、左後方に相手の車がぶつかって停まっていたそうです。
相手が下りてこないので、降りて確認させると、後ろは見たと何度もいい、謝ることもなく私の車は古いからいいと言っていたそうです。おそらく自分に非がないと思いこんでいる?
こちらの車は購入して半年もたっていないので、もちろん修理してもらいたいです。
納得していないようなのですぐに警察を呼びました。本来...続きを読む

Aベストアンサー

よく両車が動いていたら、10:0はないと言いますが、そんなことはありません。

動いていても追突の場合は、10:0です。

過失割合ですから、状況的に過失がなければ0になります。

走行中、後方をぶつけられたら、安全運転も避難回避もありません。

同業であるあなたの保険会社が0を主張するように言っているのですから、0はあり得るということです。

当然、過失0の主張をした方が良いと思います。。

もし、相手の保険会社が0で納得しない場合、あなたの過失の理由を聞いてください。
あなたも動いていたからなどという理由でしたら、動いていたら何故過失なのか理由を聞いてください。

裁判になっても、勝てる状況だと思います。


人気Q&Aランキング