left circumflex artery (左冠動脈回旋枝),

left anterior descending artery (左冠動脈前下行枝)

の二つについて教えてくれませんか?
体のどの辺りにあるかとか、太さや役割等、何でもいいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

解剖学的なことは、今まで回答がでているので、その他のことについて記します。


冠動脈の太さは、個人差がありますが、3mmから5mm程度です。普通、心臓が拍出する血液量の約5%は、冠動脈に流れます。これは、体重に占める心臓の重さを考えると非常に多い量です。心筋での酸素消費量もとても多く、心臓から戻ってくる静脈の中の酸素濃度は体の中で、最も低い値になります。
動脈硬化が進行して、冠動脈の内腔が狭くなっても、90%の狭窄が来るまで安静時には症状がでません。体を動かしているときには、やく75%の狭窄で、狭心症の症状がでます。
    • good
    • 0

MiJunです。


追加情報です。

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「coronary arteries」

蛇足ですが、
http://brighamrad.harvard.edu/education/online/C …
(Glossary of abbreviations)

ご参考まで。

参考URL:http://brighamrad.harvard.edu/education/online/C …
    • good
    • 0

MiJunです。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「左前下行枝」
http://www.cvc-ohno.or.jp/~ohkawa/NS_Study3/lcx. …
(左回旋枝)

蛇足ですが、
http://www.cvc-ohno.or.jp/~ohkawa/NS_Study3/inde …
(虚血性心疾患と不整脈の外科的治療)

補足お願いします。

参考URL:http://www.cvc-ohno.or.jp/~ohkawa/NS_Study3/lad. …
    • good
    • 0

sieg様の回答されているように,心臓の表面にある,心臓に栄養を与える血管になります。

心臓はポンプなので中に沢山の血液が入っていますが,その血液からは栄養を取る事ができないのです。
冠血管は心臓を出てすぐの大動脈の起始部より始まり,心臓の表面を走行しています。心臓の左側が左前下降枝と左回旋枝の2本でほぼ栄養されています。左前下降枝は心臓の前の壁(前壁といいます。良くanterior という単語を見ませんか?)をメインで担当し,回旋枝は側壁を担当しています。右半分,裏側は右冠動脈の担当です。(大まかに言って)

上述のようにこれらの血管は心臓に栄養を与えるとても重要な血管です。ですので,コレステロール,血栓などが原因でその一部が狭くなったり,ふさがったりした場合には心臓に栄養が行かない,という事態を引き起こします。
もともと血管が狭くなっている人が運動や興奮による心拍数の増加をおこしたり、あるいは一時的な血管の収縮(スパスムspasmといいます)によって一部が狭くなった場合に心臓は一時的な虚血状態に陥ります。(心臓の酸素の需要と供給のバランスが崩れた状態です)そのときに痛みなどの症状が出ます。その状態が狭心症です。
心筋梗塞とは,血栓などが原因で血管の一部が完全にふさがってしまうことによっておこります。そうなると,その血管の先は栄養が行かない状態になり(necrosis=壊死)を起こします。
    • good
    • 0

どちらも、心臓の左半分に血液を巡らす非常に重要な血管です。

心臓への血液は右冠状動脈と左冠状動脈に別れますが、左は更にぐるっと後ろにまわる回旋枝とそのまま下行する下行枝に別れます。これらが詰まると狭心症や、心筋梗塞となります。

この回答への補足

ありがとうございます。
ちなみに、狭心症や、心筋梗塞というのはどういった症状なのですか?

補足日時:2001/05/07 10:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冠動脈と冠状動脈は異なりますか?

冠動脈と冠状動脈は異なるものですか?それぞれについて教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「図1 狭心症と心筋梗塞症の違い」
◎http://www.geocities.co.jp/Beautycare/8826/KANDOMYAKU.html
(冠状動脈(冠動脈)とは)
同じですね。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_05/panfu05_03.html

Q膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。

膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。
また、血管を数える際の単位は「枝」でいいのでしょうか。
たとえば、膝窩動脈と後脛骨動脈は「2枝」と数えていいのでしょうか。

Aベストアンサー

>膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。
そうです。
>膝窩動脈と後脛骨動脈は「2枝」と数えていいのでしょうか。
私たちはそう、読んでいます。例えばCABGなどは2枝バイパスとか。

Q冠動脈CTのリスク

時々動悸がするので、医者に行くとカテーテル冠動脈CT検査をするといわれました。
細かいことは看護婦が説明しますと言われ、検査に対するリスク説明がありませんでした。
カテーテル冠動脈CT検査に対するリスクにどのようなものがあるのか、ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

冠動脈を映し出すには
冠動脈の入り口までカテーテルと呼ばれるチューブを血管を通じて進め
造影剤を冠動脈だけに流して撮影するのが従来からのカテーテルを用いた冠動脈造影検査です

こうしたカテーテルを使わず、手から点滴をするような場所だけに刺した針から造影剤を流し
CT検査で冠動脈に流れて行く造影剤を撮影するのが冠動脈CTです

よって「カテーテル冠動脈CT検査」との呼び方はどちらのことなのか不明なものですから、
あなたのメモの間違いと考えます

CTとのことですからカテーテルを使わない検査と思われますがこの場合のリスクの代表は
造影剤による副作用です
検査に先だってはこの造影剤についての説明書を渡され、

http://www.jcc.gr.jp/navy/ic/hup-005.pdf

確認の上サインが求められることと思いますので熟読ください

Q動脈と静脈

動脈は血液を心臓から体の外部へ運ぶ血液ですよね?そして、静脈は血液を心臓に運ぶ血液ですよね?どっちが皮膚のそとからみえやすいんですか??静脈のほうが、もっと内部にあって、よく自殺したい人が腕をきるのが静脈なんですかね?それをきったらしんでしまうんですよね??血圧を測る時に聞くひじのあたりにある血液は動脈ですかね。。?なんかややこしいかもしれませんが誰かおわかりになるかたお願い致します・・。

Aベストアンサー

動脈:血液を心臓から遠ざかる方向へ運ぶ血管で相対的に壁が厚く筋に富み拍動を示します。肺動脈と臍動脈を除けば、動脈は酸素を多く含んだ赤い血液を運ぶものです。
静脈:心臓へ血液を運ぶ血管で、肺静脈を除くすべての静脈は、暗色の、酸素の少ない血液を運ぶものです。

ですので、動脈=酸素飽和度が高いとはいえません。
肺動静脈に関してはそれが逆転します。
動脈と静脈で皮膚の外から見えやすいのは静脈です。
お聞きになりたいのは、血圧を測るときに聞く肘のあたりにある「血管」ではないですか^^;?
あれは上腕動脈です。
手首で脈を取る場合に触っているのは橈骨(とうこつ)動脈です。
自殺したい人が基本的に静脈でしょうね。
あまり致命傷になることはありません。(場合によりますが。)

pulp pressure:細胞以外の組織液の圧力による歯髄腔の圧力で、歯髄が歯に取り囲まれているため、心周期に従って脈動性変化を示します。
Korotokoff sounds:聴診法により血圧を測定するとき動脈上に聞こえる音で、収縮期血圧以下まで駆血する圧力が低下したときに聴取されます。
同じ意味ではないです。

動脈:血液を心臓から遠ざかる方向へ運ぶ血管で相対的に壁が厚く筋に富み拍動を示します。肺動脈と臍動脈を除けば、動脈は酸素を多く含んだ赤い血液を運ぶものです。
静脈:心臓へ血液を運ぶ血管で、肺静脈を除くすべての静脈は、暗色の、酸素の少ない血液を運ぶものです。

ですので、動脈=酸素飽和度が高いとはいえません。
肺動静脈に関してはそれが逆転します。
動脈と静脈で皮膚の外から見えやすいのは静脈です。
お聞きになりたいのは、血圧を測るときに聞く肘のあたりにある「血管」ではないですか...続きを読む

Qカテーテル検査で冠動脈造影した造影剤はどこへ?

今更人に聞けないのでこの場で質問。

冠動脈造影するために、冠動脈に流した造影剤は、冠静脈へ流れるのでしょうか?

その後、造影剤は冠静脈から腎臓へ行き代謝だれるのでしょうか?

Aベストアンサー

冠静脈洞→右心房→....→全身

参考URL:http://www.keio-cardiovascular-image.com/education/kaibou/3.html

Q大動脈石灰化

健康診断の結果表に記載された文言です。
「腹部超音波検査結果」に左腎石灰化と大動脈石灰化の文言が記載されて、指示欄に経過観察が必要です。1年後に検査をうけましょう。との記載がありました。
これは私自体の検査報告書ではなくーーー第三者のものでーーーこの教えてコーナーに出題すれば何のことか分かるだろうと思い出題しております。
どなたか、この病名らしき文言に付き分かりますか?

Aベストアンサー

大動脈が長期間高い圧力にさらされていると、動脈硬化が起こります、更にそのまま放置しておくとその部分が石灰化を起こし、カチンカチンになってしまいます。
従って高齢者で高血圧の治療を真面目に行わなかった人に起こります、しかし血管が非常に硬くなっているので、血圧が上がってもその部分が破裂する事はないでしょう。
若い人でも起こる例が報告されています、戦場で戦う兵士は極度の恐怖感、ストレスにさらされています、すると極度の血圧の上昇の結果、
動脈硬化が起こり石灰化が生ずる事があります。
戦死した人を解剖し大動脈を取り出すと、金槌で叩かないと割れない位に硬くなっているそうです。

Q冠動脈ステント留置後の再狭窄時の治療

カテーテル検査の結果左冠動脈に狭窄がありステント治療を医師からすすめられております。再狭窄がある程度の頻度であるようで悩んでおり、お教えください (1)ステント部分の再狭窄の場合どのような治療を取ることになるのでしょうか?同じ箇所に再度ステントをいれるのでしょうか?(2)ステント留置による何らか刺激で他の冠動脈箇所にも狭窄が起こる可能性が高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

〔1〕ステント内の再狭窄の場合は、ステントのサイズや種類、狭窄の性状にもよります。バルーンのみで終わる場合もありますが、ステント内ステントが多いようです。〔2〕病変部の血管の走行により様々です。例えば、分岐部など片方を押し広げると隣接する血管は狭くなります。このような場合には、分岐する二つの血管を同時に広げるなどの手技が必要です。また、ステント留置によって分枝の細い血管が、狭窄または閉塞することもあります。

単純な病変ならカテーテル検査と同じように局所麻酔、所要時間は1~2時間ですみます。術後問題なければ一週間以内に退院できるでしょう。バイパス手術でも吻合部狭窄など、狭窄のリスクはゼロではないはずです。医師の説明が不十分なら、納得されるまで主治医とお話してくださいね。

Q心筋の栄養動脈について

3本の冠状動脈が、心筋のどの部分を栄養しているのかを知りたいのですが、教科書に載っているようで載っていなくて・・・
右冠状動脈、前下行枝、回旋枝がそれぞれどの部分を栄養しているのか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに「教科書に載っているようで載っていなくて」と感じるかもしれません。冠動脈の分布図の多くは心臓表面のもので、それが心筋のどの部分に相当するかは断面図での理解となりますので。
超音波での壁運動異常の生じる場所と冠動脈の関係や、心電図での梗塞部位と冠動脈の関係の解説のほうがはっきりと書いてあると思いますのでそちらの本もご覧ください。

参考URL:http://www1.linkclub.or.jp/~yosihide/m.i,http://www.tk2.nmt.ne.jp/~morih/infarct.htm

Q「冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下は」

新聞でもテレビでも、タイトル(↑)のような言い方がなされているようです。

例えば、朝日新聞のサイト。
http://www.asahi.com/national/update/0220/TKY201202200136.html

(引用開始)--------

東大病院で冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下は20日午前11時、集中治療室(ICU)から車いすに乗って入院棟14階の特別病室に戻られた。皇后さまが病室前のエレベーターホールで待ち受けたという。

--------(引用終り)

個人的な感覚として気になるのは、敬語が使われていないことです。

「冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下は」
「皇后さまが病室前のエレベーターホールで待ち受けたという」

とありますが、

「冠動脈バイパス手術を受けられた天皇陛下は」
「皇后さまが病室前のエレベーターホールで待ち受けられたという」

としなくてもいいのでしょうか。
 

Aベストアンサー

「天皇陛下は…戻られた。」なので許容範囲。

個人的には、皇后様がお出迎えなさったのを、「待ち受け」
と表現した事に違和感を感じます。(敬語以前の問題)

NHK
「午前10時半前に病院に到着した皇后さまは、14階の
エレベーターホールで天皇陛下を出迎え、病室で付き
添われているということです。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120220/t10013143601000.html

日経新聞
「皇后さまが特別病室のある入院棟14階のエレベーター
ホールで迎えられた。」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E2E2E3858DE0E2E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000

読売新聞
「病室のある入院棟14階のエレベーターホールで、
皇后さまに迎えられたという。」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120220-OYT1T00472.htm

「天皇陛下は…戻られた。」なので許容範囲。

個人的には、皇后様がお出迎えなさったのを、「待ち受け」
と表現した事に違和感を感じます。(敬語以前の問題)

NHK
「午前10時半前に病院に到着した皇后さまは、14階の
エレベーターホールで天皇陛下を出迎え、病室で付き
添われているということです。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120220/t10013143601000.html

日経新聞
「皇后さまが特別病室のある入院棟14階のエレベーター
ホールで迎えられた。」
http://www.nikkei.com/news/category/article...続きを読む

Q頸動脈エコーの結果について

高脂血症を長年経過させ、テレビでアテロームのひどい血管の例を見て自分が恐ろしくなり病院で「軽度脈エコー」と両手両足の血圧を同時に測定する検査で、異常なしの判定を受けました
頸動脈エコーで頸動脈の血管壁断層が「付着?が1mm以下?」とかでOK(大丈夫?)との診断結果でした
心臓の近くの血管は、この結果から類推できるものなのでしょうか?
それとも、異常は独立しているものでしょうか?
また、血圧測定で血流異常が無いという意味は何のことでしょうか?
高脂血症のリスクは、血管がOKといわれた場合に、それ以外に悪影響を及ぼしている可能性は、何があるのでしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

結果が正常で良かったですね。
頚動脈エコーでの「1mm以下」というのは、恐らく血管壁の厚さのことで、肥厚がないと言うことだと思います。つまり、動脈硬化による頚動脈内膜の肥厚がないと言うことで、正常です。
動脈硬化は全身の血管に起こるもので、ある程度の類推は出来ますが、もちろん完璧ではありません。ですが、大きな心配はいらないといえるでしょう。
両手両足の血圧を測る検査は、主に下肢に行く太い血管に狭窄や閉塞がないかどうかを見るためのものです。足の血圧は通常は上肢の血圧より高いのですが、足に行く太い血管が閉塞したりしているとずっと低くなります。また、上肢の血圧に左右差が大きい場合にも、血圧が低い方の血管が閉塞したり狭窄している可能性を示唆します。これ以上の詳しい説明は省きますが、それで異常がないと言うことは、閉塞性動脈硬化症がないと判断できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報