ワーファリンを服用していると納豆は食べてはいけないと良く言いますが、なぜ納豆だけを強調するのでしょうか?ビタミンkがこの作用を弱めると言いますが、納豆以外にも色々あると思うのですが、どうして納豆だけをとくに強調するのでしょう?

あと、逆に納豆キナーゼは血栓を溶かす作用があると聞きますが、その影響についてはどうなのでしょうか?どなたか分かりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他の回答でも指摘されているように、納豆菌の産生するビタミンKは、ワーファリンの活性を低下させます。

納豆が特に強調されるのは、ビタミンKの産生量が多いからです。他にも、緑色の野菜にも含まれていますが、普通ワーファリン治療を行っている患者さんには、納豆と野菜の中でも含有量の多いブロッコリーは食べないように指導しますが、他の野菜については、大量に摂取しなければ特に問題はありません。
そもそも、肝臓で作られる凝固因子のうち、4種類はビタミンKがないと、産生されません。つまり、血液の凝固にビタミンKはなくてはならぬもので、新生児メレナとよばれる下血も、閉塞性黄疸の時の、出血傾向も全てこのビタミンKの不足によるものです。ワーファリンはこのビタミンKに拮抗することにより、抗凝固作用を発揮します。すなわち、ワーファリンとビタミンKはお互いに拮抗作用を持っています。したがって、ワーファリン投与時は、ビタミンKを多く含む食べ物は制限しなければなりません。
ワーファリンの効果は、服用をやめて数日でなくなりますが、例えばこれを服用中に脳出血などを起こすと、致命的になる危険性が高くなります。このような場合は、ビタミンKを静脈内に投与して、ワーファリンの効果を短時間で失活させる治療を行います。

ビタミンKが不足すると、ビタミンK依存性の凝固因子の産生が低下して、出血傾向が出現します。それでは、ビタミンKを多くとりすぎると、血液が固まりやすくなるかというと、凝固因子はビタミンKだけでできるわけではありませんから、そのようにはなりません。まとめると、ワーファリンを服用している患者は、もともと血栓症などの血液が固まりやすい素因を持っていますから、ビタミンKを摂取してワーファリンの効果が減じると血栓症を起こしやすくなりますが、もともとそのような素因を持っていない人が、納豆やブロッコリーなどのビタミンKを含む食物をたくさん食べたとしても、血栓症を起こしやすくなるということはありません。むしろ納豆キナーゼの働きにより、血栓が出来にくくなるというわけです。
最後に蛇足ですが、納豆に含まれるビタミンKは納豆菌が産生するもので、納豆自体に含まれているわけではありません。ですから、加熱すればワーファリン服用中の方でも納豆を食べられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。単純に納豆キナーゼの働きと比べてたのですが、そう簡単なことではなかったようですね。でも、疑問に思っていた事がわかってとてもすっきりしました。わかりやすい説明をしていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/09 00:26

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「納豆」
これを見ると「血液凝固因子」も単純ではないようです?
その13因子の寄与度がどうかとの問題でしょうが・・・?
「ビタミンK」が一番関与しているかどうか、データは探せばあるのでしょうが?

さらに
http://www.net-ibaraki.ne.jp/uchihara/02/nosan-2 …
(納豆の効能)
これによると「納豆キナーゼ」は「ウロキナーゼ」よりも活性が高く、持続性もあるようです。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2001/nto20 …
(弘大でにおいの少ない納豆菌発見)
http://www.health.co.jp/NEWS/features/nf904.htm
(納豆)

ご参考まで。

参考URL:http://naoru.com/nattou.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なかなか単純には理解できないようです。参考ページもみて勉強します。

お礼日時:2001/05/09 00:18

ワーファリンという薬を飲んでいない人には、『納豆は血栓症にいい』といえますが、ワーファリンを飲んでいる人には、良くないということだと思います。

    • good
    • 1

参考URLの「ワーファリンと納豆」をご覧ください。

疑問がすべて解けます。

他に、緑色の強い野菜や海藻類 ほうれん草・小松菜・春菊・三つ葉・パセリ・にら・芽キャベツ・ブロッコリー・サニーレタス・クレソンは一度に大量に食べないようにとのことです。
(http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/snp/ntm/10-55wa …より抜粋)

参考URL:http://www.people.or.jp/~otakisuta/warfarin.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。やはり納豆がだめという理由は、ビタミンKのためみたいですね。

参考のページの内容から考えると、納豆キナーゼの働きは総合的にみて、微々たるものと言う事になるのでしょうか?つまり納豆にふくまれるビタミンKの働きのほうが圧倒的に強いと言う事でしょうか?だとしたら、納豆は血栓症にいいとは言えないのでは?
それとも、凝血作用と、血栓を溶かす作用とを比べる事が間違ってるのでしょうか?凝血させないことと血栓を溶かす事は全く別の事になるのでしょうか?
またまた質問になりましたが、よろしくおねがいします。

お礼日時:2001/05/07 12:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワーファリンを飲んでいて、体に良い食べ物ってありますか?

脳梗塞でワーファリンを飲んでいて、食べてはいけない食べ物(納豆・クロレラ。山菜もやめてと言われました)は分かるのですが、
じゃあ逆に、これを食べるといいよ、というものはあるのでしょうか。
もしあれば作ってあげたいなあと思うのですが^^
アドバイスよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

特にありません。強いて言えば、ワーファリンは骨代謝にかんばしくない影響を与える事が考えられているので、骨粗鬆対策で散歩などの運動と毎日の少しづつのカルシウム摂取(過剰症があるので多すぎても考え物ですが)程度ではないでしょうか?

Q血栓と納豆

納豆は血栓を溶かすと言われています。
そうであれば、脳梗塞の予防にはいいのではないかと思います。
一方、納豆のビタミンKは血液凝固作用があるといいます。
脳梗塞の血栓溶解薬を飲んでいるときは、納豆と作用が拮抗するので納豆を食べてはいけないとのことです。
だとすると納豆は脳梗塞に良くないように思えるのですが、いったいどっちが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

看護大学の教員をしています。

血液の凝固にはたくさんの因子が絡んでいるのですが、大別すると線溶系と凝固系という二つの系のバランスで成り立っています。

納豆にはナットウキナーゼという酵素があり、こちらは線溶系を亢進させて血液をさらさらにする働きを持っています。

また納豆には大量のビタミンKが含まれています。ビタミンKは凝固機能が働くために必須なのですが、直接的に働くわけではないので、それが多いからといって凝固機能が強くなるわけではありません。(化学でいう触媒みたいな機能です)但し、不足していたり、機能を妨げられると凝固機能は落ちます。
ワーファリンのような血栓溶解剤は、ビタミンKの働きを抑えることで凝固機能を落としています。ですから、ビタミンKを大量に補給すると薬の機能が落ちてしまいます。

長くなりましたが、普通の人は納豆を食べるほうが血液がさらさらになり、脳梗塞など血栓症の予防につながると考えられますが、すでに治療としてワーファリンを飲んでいる人については、納豆を食べないほうが血栓症の予防に有効と考えてよいのではないでしょうか?

看護大学の教員をしています。

血液の凝固にはたくさんの因子が絡んでいるのですが、大別すると線溶系と凝固系という二つの系のバランスで成り立っています。

納豆にはナットウキナーゼという酵素があり、こちらは線溶系を亢進させて血液をさらさらにする働きを持っています。

また納豆には大量のビタミンKが含まれています。ビタミンKは凝固機能が働くために必須なのですが、直接的に働くわけではないので、それが多いからといって凝固機能が強くなるわけではありません。(化学でいう触媒みたいな機能...続きを読む

Qワーファリンと食べ合わせない食品

心筋梗塞になって、ワーファリンという薬を服用しています。
納豆は薬の作用をなくすので、食べてはいけないと言われました。
納豆以外の注意すべき食べ物があるでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

 ビタミンKが多く含まれる野菜(玉ねぎ・ブロッコリー・ほうれん草など)は一緒に食べたり飲んだりしないほうがよいです。絶対に食べてはいけないということではなく『多めの量を一緒に食べる(食後に薬を飲む)』ことを控えた方がよいのであって、それらの野菜を通常量、十分火を通した場合には薬に大きな影響は与えないといわれています。

Q電子カルテ導入は医者の立場を従来より弱めますか?

小説・ジェネラル・ルージュの凱旋でしたか、数ページ立ち読みしたところ、その小説内の話ですが、その病院では電子カルテの導入に、反対する医者が多くて、その本当の訳は、これまでどおりに「カルテは患者の物ではなくて医者の物としておきたいから」というような説明がありました。
どういう事でしょうか?電子カルテの方が患者の入り込む隙のない医者の自由になるような気もするのですが。
ご教授のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医師です。

実際に現在も電子カルテを使ってます。

医師が電子カルテに反対する理由は、忙しいからです。

電カルは入力が面倒で、採血1つオーダーするにもすべて入力ですからね。

紙カルテの時は、看護婦に採血しといて、で済みましたが、現在はそうもいきません

また電カルは入力日時がリアルタイムで表示されるので、後日間違いに気が付き訂正しても、いつ、誰が、どのように、カルテを書き直したかわかってしまいます。

よって、医療過誤などが明るみに出やすくなるので、反対する医師もいます。

Qワーファリンとの併用する薬について

私の70代の母について質問です。
概ね10年ほど前に心臓に近接する動脈の弁に機能不全があり、ステンレス製の人工弁を装着いたしました。それに伴い、ワーファリンを常時服用する事になりました。

その後、間もなくそれに起因すると思われる血栓により脳梗塞を発症し、左半身不随となりました。(ワーファリンの服用量を減らしたタイミングでの発症でした。後遺症が残る脳梗塞を発症する以前も、ワーファリンを減らしたタイミングで軽い梗塞を起こして、また服用量を元に戻すということを複数回繰り返していたため、本人は現在でもワーファリンの服用量の減少にはかなりナーバスなのです)

多少の前後はありますが、最近までの概ねの期間はワーファリンを毎食後に『1mg×3錠』を服用しておりました。

またPT-INRの値は正常値を超えた状態を維持しておりました(常に3.0前後です)。
(今までの経緯を発症時の主治医が考慮して、概ね3.0前後のPT-INRを許容していただいてのワーファリンの服用でした。)

その後引越しなどの関係で主治医が代わることとなり、あわせて最近になり高脂血症対策として、ローコール『フルバスタチンナトリウム』を夕食後『20mg×1錠』併用することになりました。加えて、解熱鎮痛剤のボルタレン『ジクロフェナクナトリウム』を併用している時期もあり、PT-INRの値が急激に(最高時6.5程度)跳ね上がることもあり、新たな主治医の危険であるという判断で検査結果を参考に、ワーファリンを漸減されているというのが現在の状況です。

(ワーファリンの服用の推移)
PT-INR 3.9   ワーファリンを3錠→2.75錠に減ずる
↓その2週間後
PT-INR 3.8   ワーファリンを2.75錠→2.5錠に減ずる
↓その2週間後
PT-INR 3.6   ワーファリンを2.5錠→2.0錠に減ずる

現時点では2.0錠ということです。
本人は急なワーファリン量の減少に戸惑っておりましたところ、ひとつ気づいたのですが、ワーファリン添付の説明書の中の使用上の注意(相互作用、併用注意)に『フルバスタチンナトリウム』、『ジクロフェナクナトリウム』が「ワーファリンの作用を増強する事がある」との注意書きに気づきました。

私の素人判断ですが、PT-INRの値の急激な上昇はワーファリンの量だけではなく、こちらも原因の可能性があるのではないかと思い、念の為その点を主治医に確認しましたところ、「ワーファリンはほとんどの薬と相互作用が起こるので、それを排除すると使える薬がなくなります。」という趣旨の返答でした。『ジクロフェナクナトリウム』に関してはその折、一時的な服用で現在は服用しておりませんので、さしあたっては大丈夫なのですが、高脂血症対策の『フルバスタチンナトリウム』は今後も服用する必要があるため、ワーファリンと併用できる他の薬がないか情報を得たいと思うのですが、当方素人の為思うように情報を集める事が出来ません。ゆえにこちらの掲示板に質問させて頂きました。

どなたかお詳しい方おいででしたら、アドバイスいただけますとありがたいのですが。
何卒よろしくお願い致します。

私の70代の母について質問です。
概ね10年ほど前に心臓に近接する動脈の弁に機能不全があり、ステンレス製の人工弁を装着いたしました。それに伴い、ワーファリンを常時服用する事になりました。

その後、間もなくそれに起因すると思われる血栓により脳梗塞を発症し、左半身不随となりました。(ワーファリンの服用量を減らしたタイミングでの発症でした。後遺症が残る脳梗塞を発症する以前も、ワーファリンを減らしたタイミングで軽い梗塞を起こして、また服用量を元に戻すということを複数回繰り返していたため...続きを読む

Aベストアンサー

ワーファリンの効き目には遺伝子レベルで個人差が大きい事がしられており、それこそジクロフェナクなどのNSAIDsに対して超過敏ともいえる人々がいて、そういう人はほんの1~2錠のNSAIDsを飲んだだけでひどい出血性合併症を起こします。おそらく、お母さんはそういう遺伝子をもっているのでしょう。

ただ、フルバスタチンをはじめとするスタチンはほとんど経験がありません。が、ひとつは私がワーファリンを飲んでいる人の場合、フルバスタチンを投与していないせいもあるかもしれません。
併用薬は多くは肝臓でのCYP代謝がワーファリンと干渉するためにワーファリンの効きが変わってきます。フルバスタチンなどのスタチンは肝臓でのCYP代謝を必要とするので私は使っていません。
プラバスタチン(商品名はメバロチンなど)はCYP代謝を必要としないので、おもに使っています。

プラバスタチンに変更するのも一法ですし、飲む事を前提にワーファリンの量を減らすのも一法です。

ただ、PT-INR 3前後を治療目標とするのは、いくらなんでも危険すぎるかと思います。

Qワーファリンの内服タイミングについて

ほとんどの患者がワーファリンは朝内服していますが、このあいだ夕食後に処方されている方がいました。特に理由はないのでしょうか?

また、APTT、PTと血小板は手術ではどっちの値が重要となってきますか?
またワーファリン、ヘパリン、バイアスピリンが影響を与えるのはどれになりますか?

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

ワーファリンの内服タイミング?
ワルファリンは吸収が速やかで、ほぼ 100%吸収され,半減期が長い
そのため日内の服用時間での作用に大差はなく、患者さんの生活サイクルのなかで、最も服用しやすく、飲み忘れのない時間を決め、毎日決まった時間に服用するのがいいものです。
投与開始時期など、容量が決定できていない入院中などでは、検査結果を見て変更する都合から昼以降にされることもあります

APTT、PTと血小板は手術ではどっちの値が重要?
それぞれ重要ですから、選択するようなものではありません

ワーファリンはPT
ヘパリンはAPTT が効き目のモニターに使われます

アスピリンは血小板の作用を落とすものですが、数を減らすものではありませんので血小板数はモニターに使えません
PT、APTTは血小板の無い血漿の値ですからこちらも使えません

参考URL:http://www.3nai.jp/weblog/entry/23570.html

Q急いでいます。 現在ワーファリンを服用しています。 本日ノドの不快感のためかかりつけ医でワーファリン

急いでいます。
現在ワーファリンを服用しています。
本日ノドの不快感のためかかりつけ医でワーファリンを服用している事を伝え、SPトローチ0.25mgとアンプロキソール塩酸塩を処方してもらいました。
飲み合わせワーファリン、SPトローチ、アンプロキソールはどうなのか教えて頂いたいです。

Aベストアンサー

この3つの飲み合わせは特に問題ありませんよ。
ただワーファリンを服用しているならば、納豆や青汁などビタミンKを多く含む食品はなるべく食べないようにしましょう。ワーファリンの効果が減退します。

QワーファリンとPT時間について教えてください

ワーファリンでプロトロンビン時間が延長する仕組みについて質問です。

ワーファリンの投与量のコントロールの指標としてPT-INRを使用しますが、ワーファリンを内服してPT時間が延長する仕組みがどうしてもわかりません。

PT時間について調べると

”患者の血漿に、組織トロンボプラスチンと塩化カルシウム混合液(カルシウムイオン)を加えて、プロトロンビンが作られる時間(血液の凝固時間)を測定する”

とありました。

しかしプロトロンビンはビタミンK依存的に、「肝臓で作られるタンパク質」であると理解しています。

なぜ肝臓で作られるタンパク質が、試験管内の血漿にカルシウムイオンと組織トロンボプラスチンを加えることで産生されるのでしょうか?
カルシウムイオンと組織トロンボプラスチンを豊富に供給することで、肝臓でのプロトロンビン合成される時に似た環境を作り出しているということなのでしょうか?

自分なりにいろいろと文献を当たってみたのですが腑に落ちません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://medical-checkup.info/article/43834701.html

どこのサイトにそう書いてあったかは知りませんが上のサイトは普通に書いてあります。
もちろんプロトロビンが作られる時間=凝固時間ではないです。どのサイトにそう書いてあったですか?

Q人間ドック受診当日の、ワーファリンの服用について

毎朝ワーファリンを服用していますが、このたび、人間ドックを受診することになりました。
(8:00頃に受付、10:00頃に終わります。)

ご存じのとおり、受診当日の朝食(飲食)を控えなければいけませんので、朝のワーファリン服用ができません。
受診後に服用しようと考えたのですが、バリウムを排泄するために強めの下剤を飲むことから、服用のタイミングを間違うと、ワーファリンが吸収される前に、強制排泄してしまいそうな気がします。

この場合、どのタイミングでワーファリンを服用すべきでしょうか?
便意が治まってからで構わないのでしょうか?
(経験上、14:00頃には治まっています。)

主治医に尋ねるべきですが、忙しい方のようでなかなかつかまりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワーファリンは血液凝固を妨げる薬ですから、
出血を伴う検査がもし人間ドックの内容に含まれていたら、
出血が止まらずに大変なことになる可能性があります。
必ず主治医に人間ドックの検査内容を事前に見せて
ワーファリンの服用に関して指示をもらっておくべきです。

Q病院から退院を迫られる理由・病院の種類・ワーファリンについて

こんにちは。

いろいろ介護について勉強をしています。勉強していて疑問に思ったことを質問させていただきたいです。
“いまさら人に聞けないなぁ・・・”というものももありますがよろしくお願いします。

(1)介護施設の現場にいると病院から退院を迫られていてその後の入居先を探しているという方が多いです。迫られている理由として、“医療保険が落ちないから”ということを聞くのですが。。。。病院側の収入に関係しているのでしょうか?詳しく教えて下さい!!

(2)療養型病院について
 (1)ふつうの病院と違うのですか?
 (2)医療保険が使える病院と、介護保険が使える病院  とがあると聞きましたがどこがどう違うのでしょう  か?
 (3)一般病棟と介護病棟、具体的にどう違うのです   か?これは1つの病院の中に同時に入っているもの  ですか?

(3)ワーファリンというお薬について、出血があった場 合、私たち介護職にはすぐ看護士を呼ぶように言われ ています。ワーファリン服用の方が出血した場合何か まずいこととかあるのでしょうか??

ダラダラと長文ですみませんが宜しくお願いします。。

こんにちは。

いろいろ介護について勉強をしています。勉強していて疑問に思ったことを質問させていただきたいです。
“いまさら人に聞けないなぁ・・・”というものももありますがよろしくお願いします。

(1)介護施設の現場にいると病院から退院を迫られていてその後の入居先を探しているという方が多いです。迫られている理由として、“医療保険が落ちないから”ということを聞くのですが。。。。病院側の収入に関係しているのでしょうか?詳しく教えて下さい!!

(2)療養型病院について
 (1)ふつうの病...続きを読む

Aベストアンサー

(1)必要性があって入院するわけであり、自費診療でない場合は約7割が保険基金から支払われています。退院の時期は基本的には医師が判断するものです。患者が決定するものではありません。医師が必要性を認めたら長期入院する場合もあるし、不当に入院を続けたら厚生族の某大物政治家でも批難されます。
(2)-(1)慢性期の患者のための施設であり、検査機械は少なめでしょう。また、診療報酬が包括(定額払い)になります
(2)-(2)入院では介護保険は使えません
特養、老健、自宅などで支給されます。
病院と特養を混同されてるんじゃないでしょうか
(3)-(3)一般病棟は急性期、介護病棟は慢性期を扱います。当然 人員や機器は急性期の方が多くなっています。一つの病院に両方ある場合も多々あります。介護病棟に入院中の患者が重症な疾患を発症して一般病棟に移る、軽快して介護病棟に戻る、といった状態に応じた治療を行うことになります。
(3)内出血して血腫を作ることがあります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報