芸能人とかで、整形している人を見かけますが、
子供が出来たら、やはり整形前の容姿が、子供に受け継がれるのでしょうか。

もしくは
整形によって、遺伝子に変化が起きるとか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

整形 芸能人」に関するQ&A: 芸能人の整形

A 回答 (5件)

整形前の形質が受け継がれます。

整形後の姿は遺伝とは無関係ですね。たとえば整形ではありませんが、怪我などで傷がのこったり、指を失ったらその形質が遺伝するでしょうか?決してそんなことはありませんね。それと同じです。
    • good
    • 0

人間はだいたい98%くらいまで同じです



残りの2%くらいで顔が違ったりします

ですから遺伝子などにはほとんど影響はないでしょう
    • good
    • 0

普通に考えれば、



遺伝子というのは生物の体を作る設計図のような物です。
整形というのは、「遺伝子によって完成されたに体」の、表面だけを後からちょっといじっただけですから、元々の設計図である遺伝子には何の変化もありません。

遺伝子によって引き継がれるであろう遺伝情報は、当然整形したという事実には何の影響も受けません。
    • good
    • 0

子供が出来たら、整形前の容姿が、子供に受け継がれます。


整形によって、遺伝子に変化は起きません。
    • good
    • 0

>整形によって、遺伝子に変化が起きるとか?



そういうことはありません。

>子供が出来たら、やはり整形前の容姿が、子供に受け継がれるのでしょうか。

そういうケースもありますが、隔世遺伝など、そうでないケースもあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子を使わない進化を見かけたことある?

進化には遺伝子が必要ですが、遺伝子を使わないでこのような進化ができている、という植物や動物を知りませんか?

遺伝子を使っていないのにどうしてこのような進化ができたのだろうか、という疑問を抱いたことはありますか?

もしあるのなら、その生物名を教えてください。

Aベストアンサー

私は図書館でそういう情報を読む事が多いので、最新の情報ではありません。

おそらく自然淘汰説に疑問をお持ちになっているとともいます。
自然淘汰説は、足が遅いチータや首が短いキリンは生き残れない結果、足が速いチータが生まれたり、首の長いキリンが生まれた訳です。
人間も、高身長の親からは、遺伝的に背の高い子供が生まれるのと同じ原理です。
ただ、自然淘汰説にもミッシングリングや進化の進化途中の生き物が生き残れないので?という弱点も持っています。
中途半端に足の速いチータやそこそこ背の高いキリンとか。
また、は虫類から鳥への進化も、複数の条件が都合の良いように進化するのか?という疑問も残ります。
他にもウィルス進化説やいろいろとあるようです。

>10m以上の高さのところで成るので、その種子がまともに
>地面に落ちたとき、種子が粉々に壊れて駄目になってしまいます。
>そこでその植物は、種子にプロペラのようなものをつけることに
>よって種子の破壊を防いでいます。
>ではその植物の遺伝子は、その「まともに地面に落ちたのでは
>破壊してしまう」という情報をどうやって得たのでしょうか。

ものの考え方の時間軸が一緒になっているような気がします。
例えば、自然淘汰の場合は10m以上の前に、成長しても2,3mの植物があり、そのころはプロペラはありませんでした。
その植物は、実を食べられるのを避けるために、進化しようと思ったのでしょうか?
それとも、たまたま背が高くなる遺伝子(紫外線やウィルス、偶然による)を持った植物が生き残ったのでしょうか?
生き残ってさらに実が壊れないように、プロペラをつけたものが生き残る。
偶然が重なりすぎているのが、自然淘汰説の弱点です。
でも、私は偶然が重なった結果だと思います。
ピラミッドの図形のように、一つの植物でも進化の結果には、進化のために生き残れなかったものが大量にいたと思いますよ。

植物の世界では山火事が起こるやゾウに食べられるというのが前提の植物があるそうです。
ゾウも山火事なんていつ起こるか分からないし、植物としては不利益ですよね?
これは山火事でたまたま生き残った植物が、そのまま繁殖してしまった結果だと思います。

ただ、人の場合は、努力は遺伝する”らしい”ので、努力する事はいいらしいですよ。(w

私は図書館でそういう情報を読む事が多いので、最新の情報ではありません。

おそらく自然淘汰説に疑問をお持ちになっているとともいます。
自然淘汰説は、足が遅いチータや首が短いキリンは生き残れない結果、足が速いチータが生まれたり、首の長いキリンが生まれた訳です。
人間も、高身長の親からは、遺伝的に背の高い子供が生まれるのと同じ原理です。
ただ、自然淘汰説にもミッシングリングや進化の進化途中の生き物が生き残れないので?という弱点も持っています。
中途半端に足の速いチータやそこそ...続きを読む

Q退化と遺伝子の変化について

退化と遺伝子の変化について

最近、テレビ番組で人間の足の小指はあまり使われないので、将来退化するかもしれないと言っていました。
退化には遺伝子が関係しているのだと思いますが、生物のある機能の退化と遺伝子の変化の関係がほとんどわかりません。
そもそも、このテレビ番組の件に限らず、生物が使わない骨などが少しずつ退化していく仕組みがわかりません。
ある人が生まれてから死ぬまでほとんど足の小指を使わなければ、小指の骨がほんの少し退化するというのは何となく分かります。
しかし、そのことがどのような仕組みで遺伝子に影響して、長い年月を経て退化するのでしょうか?
(このテレビ番組の件に拘らず、ご解説いただいた方が幸いです)
以下に同じような質問がありますが、あまり理解できませんでした。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3129926.html
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、進化(退化も進化に含まれます)とは、集団中の遺伝子の構成が徐々に変化していくことです。(ある個体の一生の内である器官が小さくなることは、生物学的には退化とは言いません。)

小指の発達に関わる遺伝子に突然変異が生じると、小指の小さい人が生まれることがあります。これは使う、使わないに関わらず、常に確率的に起こっていることです。

小指が小さいとうまく歩けないなど生存や繁殖に不利であれば、小指の小さい人は子孫を残しにくく、小指を小さくする遺伝子は集団から除かれていきます。自然淘汰によって小さくならないように保たれているわけです。ところが不利ではなくなるとその遺伝子は淘汰されず(小指の小さい家系が生き残り)、確率的に集団中に広がっていきます。すると人類の平均小指サイズは今よりちょっと小さくなります。指の発達に関係している遺伝子はたくさんあるので、その後また別の遺伝子に変異が生じれば、更に小さいタイプが確率的に増えていきます。このような過程を繰り返して、徐々に人類の足の小指は小さくなっていく可能性があります。

上記の過程は完全に確率によるものですが、どうせ必要がない小指ならむしろ小さい方が怪我のリスクが減る、などのようにメリットがある場合は、小指を小さくする遺伝子の方が長くするものより集団中に広まりやすくなり、退化はもっと速く進むでしょう。

まず、進化(退化も進化に含まれます)とは、集団中の遺伝子の構成が徐々に変化していくことです。(ある個体の一生の内である器官が小さくなることは、生物学的には退化とは言いません。)

小指の発達に関わる遺伝子に突然変異が生じると、小指の小さい人が生まれることがあります。これは使う、使わないに関わらず、常に確率的に起こっていることです。

小指が小さいとうまく歩けないなど生存や繁殖に不利であれば、小指の小さい人は子孫を残しにくく、小指を小さくする遺伝子は集団から除かれていきます...続きを読む

Q食物や細菌、ウイルスや病気により、人の遺伝子は長い時間を経て変化してい

食物や細菌、ウイルスや病気により、人の遺伝子は長い時間を経て変化していくのだろうか?

Aベストアンサー

食物や細菌、ウイルスや病気が、自然選択の一因になっているのは確かなことです。

Qがん遺伝子&がん原遺伝子

がん遺伝子とがん原遺伝子についてよくわからず、ネットでいろいろ調べているのですが、あまり理解できないので質問させていただきます。
がん遺伝子:ある正常な遺伝子が修飾を受けて発現・構造・機能に異常をきたし、その結果、正常細胞のがん化を引き起こすようなもののことをいう。
がん原遺伝子:修飾を受ける前の遺伝子をがん原遺伝子と呼ぶ
と書いてありましたが、
つまり、どの遺伝子もがん原遺伝子の可能性があると考えていいのでしょうか?
また、ウイルスのがん遺伝子と私たちの正常細胞の遺伝子との関連も教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ガン細胞の主な特徴というか、正常細胞とガン細胞を分ける大きな違いは、分裂能力の違いです。

ガン細胞は、猛烈に分裂するという特徴があります。

よって、ガン遺伝子のほとんどは、もともと正常な細胞が持つ
細胞分裂を促進する、または抑制する遺伝子です。

詳しく書くと長くなるので、他人の文章ですが参考ください。
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_ba3e.html

分からないことがあったら、追加質問していただければ答えることができるかもしれません。

ウイルスが持つガン遺伝子というのは、

例えば、ウイルスが生物の細胞内で作られるときに、その生物から
細胞分裂を促進する遺伝子の一部を(活性を抑制できない形で)
取りこんで作られたウイルスであったりします。

そのウイルスが細胞に感染すると、感染した細胞は猛烈に分裂するようになってしまい、ガン化します。

Q父母が全く同じ遺伝子だったら子も同じ遺伝子になる?

遺伝子操作でも一卵性双生児でも何でも良いですが
何らかの方法で全く遺伝子が同じ父母が子供を作った場合、
子供の遺伝子は父母と全く同じになるのでしょうか?

Aベストアンサー

なりません。
全く同じ親でも配偶子にどの遺伝子が入るかは1/2の確率です。

簡単に言うと、血液型がAAの父とAAの母ならば子供は100%
AA型です。
しかし、ABの父とABの母の場合、子供はAA、AB、BBの
3通りが出現します。
これと同じで遺伝子の大半はヘテロ型(ABのように異なるペア)
なので、子供の遺伝子は親と異なります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報