育児休業後、この4月から職場に復帰しました。
休業中に組織改変があり、以前から面識のある人
がほとんどいません。机は各自パーテンションで
仕切られており、中でも特に遮断された場所に座
っています。各人が独立したプロジェクトを進め
ているので、仕事上の打ち合わせの機会もなく、
また、日中雑談をするような雰囲気も無く、周り
に座っている人は、特に話をしないタイプの人の
ようです。復帰したてで、仕事中に雑談を振るわ
けにもいかないので、昼食で外に出るグループに
は加わるようにしていますが、わからない話も多
く、話に加われていない感じがしたり、気を遣わ
せてしまっているのではないか考えたりしてしま
ってとても疲れます。(周囲は男性ばかりです)
育児休業中にはそれなりに友達もできましたが、
日中のつきあいが多く、仕事が終わって一段落し
たあとに会ったり、話をしたりすることもできま
せん。夫も帰宅が遅く、子供は当然まだ小さいの
で、一日中ほとんど誰とも話をしないこともあり
ます。こんな生活は異常ではないでしょうか。

A 回答 (3件)

私も女性1人に年輩の男性郡、という会社で勤務していました。


人見知りするという性格もあってか、初めは話が1つも合わず
苦労しました。
一応一緒に飲みに行ったりと頑張っていたんですが、精神的に
耐えられなくなり、頑張るのを辞めました。

話を振られれば話すし、無理にそっけなくした訳じゃないですよ。
私も結婚してますから「家庭の事情です」って言いながら
お付き合いを少なくしたりしてた。
そして人に対してあまり気を使わなくなった分、仕事を頑張った
んです。ミスのないように一生懸命しました。
どうせ話す事もないんだからその方が助かった(笑)

そしたら仕事の話にも混ぜてもらえるし、そこから話も広がるし
信用度もUPしたと思います。
開き直りで行動したんですが、いい方向に行けました。
ある程度の割り切りは必要だと思います。
自分を守る為にもね。

男性は会社は仕事をする為の所、と割り切ってるせいか、会社でも
仕事の話が多いと聞きました。(男性同士)
仕事の話についていければ、少しは立場が良くなるのではないでし
ょうか?まずは仕事を通じてma-you2000さんをわかってもらうと
言うコトです。
またわからない話であれば、何回かに1回は聞いてみていいと
思いますよ。男性は教える事好きなので喜ぶかも(笑)

私は子供はいませんがma-you2000さんと同じような生活でした。
誰とも話さないって、孤独で寂しくて自分が存在しないみたいで
嫌でした。
でも異常ではないみたいですよ。
たくさん同じ人がいるみたいです。
私はそれを聞いて安心しました。

死ぬまで誰とも話さないわけではないし、今1人の時間を楽しむ
コトを見つけましょうか?
TVゲームでも散歩でも仕事でもいいから、打ち込めるモノが
あると生活にハリが出ると思います!

頑張ってくださいね!!
    • good
    • 0

確かに育休後の復帰はいろいろありますよね。


会社の雰囲気にもよると思いますが、ma-you2000さんが
いなかった1年間、実際に会社としてはなんら変わりなく
動いていたんですから冷たいようですが、周りは
あまり気にとめていないでしょうね。
だからこそ、気持ち的にわりきっちゃった方がいいですよ。1年前の楽しかった職場っていう思いでは
とりあえずしまっておいて、『あ~あとで00さんに
愚痴っちゃお~』なんて軽く考えてみては?
仕事、妻、母親、3足のワラジは大変ですよね。
『私は私よ!』って楽な気持ちで過ごしたら
案外、周りの人達の思いがけないステキな1面なんか
発見できるかも・・
それに何より ご主人や子供さんに、おだやかな気持ち
で向かい合えますよ。子供って母親のストレスに
ものすごく敏感ですよ。気をつけて。
それから頑張って!応援しています。
    • good
    • 0

28歳の独身OLです。

ご結婚され、お子さんもいらっしゃるma-you2000さんとは状況は違いますが、最近体調を崩し、やっと職場復帰した者です。そして私も、オフィスフロアの中で女性1人で仕事をしております。

男性は雑談などしなくても生きていけるのか、と思うくらい会話のない日もあります。息の詰まるようなお気持ち察します。

ただ、最近感じたのは、みなそれぞれの気持ちを抱え、1日の中で色々な思いをしているのは男性も同じなのだ、ということです。うまく表現できませんが。私の場合、それで気持ちが落ち着きました。

あと、思う存分気を使わせていいと思います。育児もされお仕事もされるのは、精神的にも肉体的にも、かなりのハードワークですから!独身の私は尊敬するばかりです。私もなかなか甘えられない性格だったのですが、「甘えていいのだ」と思ったときから職場に行きやすくなりました。

誰かにお話したいと思ったら、かまわず親しい友人等に電話の1本するだけでも気が休まります。私自身も、自分の実感として、女性とは会話(落ちのないものも含めて)しないと生きていけない生き物なのだと思います。

取り留めのない話で恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辛いときに、真っ先に温かい回答をいただいてありがとうございました。おかげさまで、最近ではずいぶん余裕が出てきました。こんな回答を下さるsanjaleeさん、きっと素敵な方なのだと思います。

お礼日時:2001/06/20 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育休制度について教えてください。

どこを調べてもわからなかったので質問させてください。

私は、昨年の10月に子供を出産しアルバイトですが現在は育休を取得しています。
しかし、保育園の、入園の難しさを考えてと、旦那が急かすように職場復帰を望むことから4月に入園が出来次第職場復帰を考えて職場にはそのように育休申請をしました。

しかし、すくすくと育つ子供の抱っこでの腰の痛みや睡眠不足を最近感じるようになり、職場も力仕事が主な仕事なため週5で復帰直後から働く自信がなく、日数を減らしたいのですが、給料が少なくなるのは、かなりの痛手。

そこで育休について調べたのですが、育休中でも労働時間を80時間以内または10日以内での労働なら育休手当が出るとかいてあったのですが、

⚫保育園に預けてもこの規定内に納めれば、育休手当を貰うのは可能なのか
⚫またその場合は会社には育休延長というかたちの手続きを取らなくてはいけないのか

出来れば子供が1歳になる10月までは仕事をセーブしたいと思ってます。
どなたか分かる方がいましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

>育休中でも労働時間を80時間以内または10日以内での労働なら育休手当が出るとかいてあったのですが、

これは、育児休業中に人手不足などで臨時に就業する場合の措置であって、保育施設も手配できていて継続的にその範囲で就業するなら単なる時短勤務ですから育児休業には該当しません。

Q鬱病での休業から職場復帰で気をつける事は?

以前、質問をしたのですがhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/6186090.html 明日12月1日13:30に職場復帰支援委員会の面接を受ける事になりました。
 主治医からは最初から完全復帰ではなくて6割勤務からの復帰を勧められています(決まった時間帯を勤務するだけでも最初は疲れるだろうとの事)
 また、職場復帰支援委員会の面接で気を付ける事などが在れば教えて下さい。

Aベストアンサー

>職場復帰支援委員会の面接で気を付ける事
できる限り「正直」に自分の現状を報告して下さい。
また、職場の「不適応」などが原因の場合、できるだけ不適応を起こした職場に異動する以前の職場に返してくれるように「強く」述べて下さい。
給料が下がってもそのほうが良いです。長く勤められますから。
職場復帰支援委員会があるような企業の場合、ポストは沢山あるので自分に合った職場を探しましょう。
また気をつけたいことがあります。
通常「復職」は「形式的」に八時間勤務が可能が前提ですので、可能と答えて下さい。
その後産業医や上司と「復帰プログラム」を作成し、就業区分を四時間、六時間就業の期間を決めます。
この時上司が希望すれば短時間就業の期間を長くして貰えることがあるので、できれば長くして貰って下さい。

Q育休延長中の妊娠について。制度に詳しい方がいましたらお願いいたします。 第1子を出産後、今年1月から

育休延長中の妊娠について。制度に詳しい方がいましたらお願いいたします。
第1子を出産後、今年1月から週に1日~2日(月に4~8日)の勤務で職場に戻りました。勤務日数が少ないので、雇用保険以外の社会保険料は育休延長とみなされ免除されています。
このたび、第2子を授かりました。今のままの勤務状態では、今回は出産手当金や育児休業給付金は支給されないのでしょうか。
第1子の産休に入るまでに勤続9年です。

Aベストアンサー

>出産手当金や育児休業給付金は支給されないのでしょうか。

出産手当金は健康保険の被保険者であれば支給されます。
育児休業給付金は、時系列がわからないので回答はできません。

Q親がわかってくれない。 私は話すだけで軽い吐き気がして泣きたくなる程人が嫌いで、ほとんど毎日部屋で過

親がわかってくれない。
私は話すだけで軽い吐き気がして泣きたくなる程人が嫌いで、ほとんど毎日部屋で過ごしてます。
そんな私に母は、「そろそろ学校行きなさい。高校生になったら面倒みないからね。」と言いました。
でも嫌です。
外に出たら人と関わる事になります。
それなら死ぬほうがましです。
でもゴミ人間な私は死ぬ勇気なんてないです。
生きるのが辛すぎて、1度精神科に通いたいと母に言いましたが、「そんなところに行く程じゃないでしょ。あんたは考えすぎなの。」と言って終わりにそれました。
考えすぎな性格だからこうなってしまったんだと思います。
自分が悪いのはわかってます。
でもわかってくれない母が嫌で、1度精神科で見てもらいたいんです。
中学生ひとりで精神科に行く事は可能ですか?
いくらくらいかかりますか?

Aベストアンサー

>中学生ひとりで精神科に行く事は可能ですか?
回答:可能です。

>いくらくらいかかりますか?
回答:あなたの病状によって、費用は変わるでしょう。

Q育休明けの勤務について。 私の会社は短時間勤務制度があり、今までの先輩達は時短で日曜日休みで勤務され

育休明けの勤務について。

私の会社は短時間勤務制度があり、今までの先輩達は時短で日曜日休みで勤務されていました。

入社時(10年前)もワーキングママへのサポートは同業他社で1番と聞いていました。

業種はサービス業なので、普通は日曜日絶対出勤なのですが、保育園や幼稚園の関係で休めるというシステムでした。

それが去年から、育休明けの時短で働く社員も日曜日に出勤してくださいと変わっていて、今は誰も日曜日に休んでませんと通告されました。

いつ変わったのか知らなかったのですが、私が妊娠中に一緒に働いていた時短の社員も日曜日はやすんでました。


制度変更を知らずに子供を作った私が悪いのですが、ちょっと納得出来なくてモヤモヤしています。

旦那の両親も私の両親も他県に住んで居て、ちょっと預けると言う事が出来ないので、私が日曜日に休んで子供をみる予定でした。(旦那も同業)

それが日曜日に休めないとなると、どうしていいか分かりません。



ここからは愚痴なので、、、、

そもそも、預けれる環境があれば短時間勤務にしなくてもいいわけで、それこそ保育園に預けなくてもいいし、育休も要らなかった訳で・・・
と思ってしまいます。

育休明けの勤務について。

私の会社は短時間勤務制度があり、今までの先輩達は時短で日曜日休みで勤務されていました。

入社時(10年前)もワーキングママへのサポートは同業他社で1番と聞いていました。

業種はサービス業なので、普通は日曜日絶対出勤なのですが、保育園や幼稚園の関係で休めるというシステムでした。

それが去年から、育休明けの時短で働く社員も日曜日に出勤してくださいと変わっていて、今は誰も日曜日に休んでませんと通告されました。

いつ変わったのか知らなかったのですが...続きを読む

Aベストアンサー

子供出産に伴い、預け先が困りますよね。
他に日曜日休みの方が居るならば、まず掛け合ってみてはいかがですか?
それで、もしも駄目なら状況的に辞めるしか有りませんね。
そして、日曜日休みの仕事を、血眼になり探すしか有りません。
有ると思うけど、小さい子供か居る方は、皆そういう仕事をしたいので、倍率高いと思いますょ。

Q休職からの復帰について(同じ職場への復帰)

 先月末より、うつ状態で休職に入っている30代サラリーマンです。
 うつ状態になった原因としては、上司のパワハラと未経験の仕事に対する重圧です(転勤後半年)。上司から、「ぶち殺す」や「気合が足りない」などと言われてました。そのせいで、常にビクビクしながら仕事をしており、仕事への意欲もなくなり、うつ状態へとなっていきました。
 その上司は、昨年も部下を心の病にして休職に追い込んでいます。
それ以外にも、20人ほどの部署で昨年だけで3名心の病にかかっているほど病んでいる職場です。鬱の薬を飲んでいる方も3名います。
徹底した個人主義で、新人を排除する職場の雰囲気です。
 幸い、早めに自分で医者に行き休職し、薬も飲んだので体力的にも仕事にいけそうなくらいには復活してきました。
 医者(会社嘱託医)も、年明けくらいから復帰しませんか?と復帰を勧めてきています。
 私も、復帰したいと考えています。来年には、結婚も考えているのでできる限り早く復帰したい気持ちがあります。
 ですが、医者は同じ職場に復帰したほうがいいと言っています。本などで見てもその方がいいと書いてありますが、原因が職場のパワハラ、職務の重圧、職場環境にあると考えるとまた同じ状態になるのではと考えてしまい、悩んでしまいます。
 ですが、このような心の病から復帰した社員を受け入れてくれる部署があるのかとか考えると不安になってきます。
 同じような経験をされた方、心の病から復職された方アドバイスください。よろしくお願いします。
 

 先月末より、うつ状態で休職に入っている30代サラリーマンです。
 うつ状態になった原因としては、上司のパワハラと未経験の仕事に対する重圧です(転勤後半年)。上司から、「ぶち殺す」や「気合が足りない」などと言われてました。そのせいで、常にビクビクしながら仕事をしており、仕事への意欲もなくなり、うつ状態へとなっていきました。
 その上司は、昨年も部下を心の病にして休職に追い込んでいます。
それ以外にも、20人ほどの部署で昨年だけで3名心の病にかかっているほど病んでいる職場で...続きを読む

Aベストアンサー

うちの会社もけっこう鬱で休んでいる人がいますが
復帰後はほぼ別の部署に異動させてもらっています。

幸いにも複数部署あるのでなんとか異動先がみつか
った!という事もあると思います。早い話が天下り
部署みたいな感じですよ。

ですのでその人がもう天下り部署(窓ぎわ部署)に
いるのであれば受け入れ先は見つかりません。

天下り先の部署は快く引き受けてくれますよ。
最前線でやっていたような優秀な社員がもらえるわ
けですから。

どの会社でも複数部署あると思いますが、仮に営業
がトップなら営業支援、倉庫番と天下り先があるはず
です。
でも倉庫番していたひとが鬱ならもうどこも行き先が
ないということです。

Q産休・育休の制度

http://kikitai.teacup.com/qa4246955.html

この質問をしたものです。

今日、社内規定を見てみました。
すると、

「配偶者(育休に係る子の親である者に限る)が常態として当該子を養育することができる従業員」
は産休・育休が受けれないと書いてありました。

コレは、父親が働いていて、普通に給料がもらえている人は産休育休を取らずに辞めてくれ、という事でしょうか。
だとすると、それはどういった基準になるんでしょう…
父親が働いていたらダメということなのか…
それとも、父親が働いていても生活が厳しかったら産休を取れるのか。。

会社に聞くのが早いとは思うのですが、
まだ私は結婚は決まっているものの、まだ入籍もしていなく、
妊娠もしていないので聞けません。

正直、結婚しても彼だけの給料では夫婦2人でも生活はきついです。
私の給料は少ないですが、あるとないとでは違います。

Aベストアンサー

 育児・介護休業法第6条第1項に
「事業主は、労働者からの育児休業申出があったときは、当該育児休業申出を拒むことができない。ただし、当該事業主と当該労働者が雇用される事業所の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、その事業所の労働者の過半数で組織する労働組合がないときはその労働者の過半数を代表する者との書面による協定で、次に掲げる労働者のうち育児休業をすることができないものとして定められた労働者に該当する労働者からの育児休業申出があった場合は、この限りでない。
一 当該事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない労働者
二 労働者の配偶者で当該育児休業申出に係る子の親であるものが、常態として当該子を養育することができるものとして厚生労働省令で定める者に該当する場合における当該労働者」
という規定があります。
 「『配偶者(育休に係る子の親である者に限る)が常態として当該子を養育することができる従業員』は産休・育休が受けれない。」というのは、育休について労使協定があるため、対象とならない労働者(従業員)がいるということではないでしょうか。
 「労働者の配偶者で当該育児休業申出に係る子の親であるものが、常態として当該子を養育することができるものとして厚生労働省令で定める者に該当する場合における当該労働者」とはどのような人かというと、育児・介護休業法施行規則第6条で規定されています。
「育児・介護休業法第6条第1項第2号の厚生労働省令で定める者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。
一 職業に就いていない者(育児休業その他の休業により就業していない者及び1週間の就業日数が著しく少ないものとして厚生労働大臣が定める日数以下の者を含む。)であること。
二 負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により育児休業申出に係る子を養育することが困難な状態にある者でないこと。
三 6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定であるか又は産後8週間を経過しない者でないこと。
四 育児休業申出に係る子と同居している者であること。」
 質問者さんのご主人となられる方が、職業に就いておらず、健康上問題がなく、養育する赤ちゃんと同居している場合は、労使協定で除外されていれば質問者さんは育児休業を取得できない、ということと思います。逆に言えば、週3日以上仕事をしていれば、育児休業は取得できる(育休取得の申出を事業主は拒めない)、ということになると思います。
 この規定は、主に男性労働者を対象とした規定で、奥さんが専業主婦の場合の育児休業取得の制限の規定と思いますが、「産後8週間を経過しない者でないこと。」と規定されているため、奥さんが専業主婦の場合でも、男性労働者は産後8週間までは育児休業が取得できます。
(産前産後の休業については、労働基準法第65条が根拠規定で、労働基準法は事業主に義務を課した法律です。労働基準法第119条で「6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金」という罰則もあります。労働基準法第13条で「この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において、無効となつた部分は、この法律で定める基準による。」という規定もあり、仮に就業規則等で産休取得を妨げるような規定を設けても、法的には無効です。)
 ただ、産休・育休の取得についてはは会社からあまりよく思われないことが多いのも事実で、妊娠の報告や産休・育休の相談をすると「子どものため」「あなたと赤ちゃんののため」と退職を求められる(退職勧奨・退職強要)ことも少ないわけではなく、法令や制度と現実(実際の運用)に大きなギャップがあるのも事実です。
 将来の産休・育休の取得の交渉の際には、法令や制度の知識を持って、会社(上司・人事等)とよく話し合い、「お世話になってきた会社や仕事に愛着がありますし、これまでの経験や知識を生かしてこれからも会社に貢献していきたいので、いろいろご迷惑をお掛けするかもしれませんが産休・育休をとらせていただき、職場に復帰したいと考えています。」という姿勢・意思表示と「法令や制度で認められていることを会社が拒否することは、違法行為になります。コンプライアンスやCSR等の点でも問題ではないですか。」という駆け引き、職場・同僚への配慮や感謝・味方になってくれる人を作る等の対応も必要かもしれません。
 産休や育休、母性健康管理等の公的な相談先(法令や制度の解釈等の問い合わせ先)としては労働局雇用均等室があります。

【参考?URL】 
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%88%e7%8e%99%81%45%89%ee%8c%ec%8b%78%8b%c6%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H03HO076&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(育児・介護休業法)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%88%e7%8e%99%81%45%89%ee%8c%ec%8b%78%8b%c6%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H03F04101000025&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(育児・介護休業法施行規則)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/index.html(13~14ページ:● 「育児・介護休業法のあらまし」パンフレット(平成19年6月版))
http://www.hyougo-roudoukyoku.go.jp/seido/ikuj_kaigo/q_and_a/q_and_a.htm(Q5 常態として子を養育できる状態 :兵庫労働局)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei17.html(Q3 男性の育休:静岡労働局)
http://www.e-roudou.go.jp/annai/k_kinto/21004/2100406/index.htm(Q2 男性の育休:愛媛労働局)
http://www.hiroroudoukyoku.go.jp/03/contens/qa.html(Q2 男性の育休:広島労働局)

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2810247.html(産休取得困難)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3547921.html(育休取得困難)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3566355.html(産休とパートへの降格)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3268193.html(育休終了後解雇)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4122734.html(既婚者のみを対象としたリストラ)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3166091.html(働くママの情報交換サイト)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4158804.html(退職後の出産手当金等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334882.html(出産育児関係リンク)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4013698.html(教育費等)
http://www.i-kosodate.net/search/(保育所等)
http://www.i-kosodate.net/search/healing/aftercare.asp(病児・病後児保育実施施設)
http://www.byoujihoiku.ne.jp/shisetsu/ichiran01.html(全国病児保育協議会加盟施設一覧表)
http://byouji.kosodatesedai.com/(病児・病後児保育等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3871636.html(ファミサポ)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3009045.html(ファミサポ等)
http://www.bosei-navi.go.jp/(厚生労働省委託 母性健康管理サイト)
http://www.bosei-navi.go.jp/faq/
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3703191.html(母性健康管理等)
http://www.iwate-roudou.go.jp/date/koyoukinto/ninpu2.html(母性健康管理等:岩手労働局)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=7100(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等のための労働省関係法律の整備に関する法律の一部施行(第二次施行分)について
平成9年11月4日 基発第695号・女発第36号:各都道府県労働基準局長、各都道府県女性少年室長あて労働省労働基準局長・労働省女性局長通達 第一 二 (2)イ)
http://renai.sunmarie.com/qa4245840.html
http://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/kintou/ikukaihou/maternity.pdf(働く女性のマタニティースケジュール:岐阜労働局)
http://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/kintou/ikukaihou/papa.pdf(働くパパの子育てスケジュール:岐阜労働局)
http://www.nagasaki.plb.go.jp/q_and_a/index.html(仕事を続けたい、子育てもしたい:長崎労働局)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/index.html(労働局雇用均等室)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/roudousya/trouble.html(労働局雇用均等室の対応)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4220268.html(労働局雇用均等室の対応等)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/danjokintou/q-a.html(事業主への指導・妊娠・出産等を理由とする退職勧奨(個別紛争解決援助の利用)・解雇・退職勧奨・雇止め:厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/dl/06.pdf(リーフレット:厚生労働省)
(長文・参考URL過多で、簡潔にまとめられずすみません。)

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/dl/02_0011.pdf

 育児・介護休業法第6条第1項に
「事業主は、労働者からの育児休業申出があったときは、当該育児休業申出を拒むことができない。ただし、当該事業主と当該労働者が雇用される事業所の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、その事業所の労働者の過半数で組織する労働組合がないときはその労働者の過半数を代表する者との書面による協定で、次に掲げる労働者のうち育児休業をすることができないものとして定められた労働者に該当する労働者からの育児休業申出があった場合は、この限りで...続きを読む

Q複数の人間での雑談ができない

4人以上くらいで雑談すると、まったくできません。入っていけないというか、ついていけないというか。まるで目の前を暗号が飛び交ってるようにさえ思えてきます。
一対一での話なら全然できますが、複数で話すことが難しいんです。もともと内向な人間なので、それが原因かなとも思います。これって病気でしょうか?どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくり一対一で話す事から徐々に増やして場数などで慣れるしか無いのではありませんか?

自分も数年の海外生活から帰国した時は日本での会話のスピードや
買い物のレジの早さ、電車のきびきびした動きや車両内の静寂さに
気が引けました。二年離れていて帰国し半年くらいリハビリをしてから仕事復帰をしました。
少し話しがずれますが、オノヨーコさんなど若くして日本を離れた日本女性はとても美しいテンポや豊富な語彙の日本語を話すんですよ。

質問者様は1対1では問題ないのですからあとは
場数を踏めば大丈夫ですよ。
あせらずゆっくり正確に話す事の方が美しいのですよ。

Q産休育休の制度はあるが取れない可能性が高い・・・

初めまして。

正社員で働いて5年、このたび妊娠しました。(妊娠5ヶ月です)
職場は、社員8名と小さな営業所で、女一人(=総務事務一人)です。

家計のためにも仕事は続けたいとずっと思っていました。
(旦那の職場はボーナスが出ません・・・)
会社にも育児休業の制度はあります。
(数年前にも「会社の義務になった」と業務連絡が流れました)
仕事を続けたいと申し出たところ、事務一人の小さな営業所だから続けるのは難しいと言われました。
過去に、大きな営業所では産休、育休をとって復帰した人は数名います。(一人休んでも業務ができるから権利が取得できるようです。)
同じ人数の小さな営業所でも一人だけいますが、会社としては本当は認めたくないみたいです。
もし私が育休を取るなら、代わりの人事はナシ(=欠員の間、営業所で総務の仕事も全部やれ)だそうです。
そう言う割には「総務がいないと業務ができないだろ」と言います。
期間限定で新入社員を取るのもないそうです。
「会社としては制度があるから辞めろとは言えない」と言われましたが、これでは「辞めろ」と言われているのと同じです。
辞めるのなら、会社都合で辞めたいと言いましたが、無理だろうと言われ、有休もろくに使えそうもなく、さらには辞めるなら産休前に辞めさせられそうです。(交渉でどうにかなるかも?)
私が妊娠してから、「○○さん子供はまだ?妊娠したら辞めてもらえ」と拠点長が常務に言われていたそうです。(この発言もかなり腹が立ちます。)
辞める事に納得はいきませんが、こんな会社辞めたほうがいいのかとも思い始めました。
(そもそも辞めるしかなさそうですが)

家計のことを考えると続けたいですが、やっぱり辞めるしかないでしょうか?
もし、辞めるとしたら絶対に損はしたくないです。
何か損はしない方法(いつ辞めるのがいいのか)等ありましたら、教えていただきたいです。
長文になりましたが、よろしくお願いいたします。

初めまして。

正社員で働いて5年、このたび妊娠しました。(妊娠5ヶ月です)
職場は、社員8名と小さな営業所で、女一人(=総務事務一人)です。

家計のためにも仕事は続けたいとずっと思っていました。
(旦那の職場はボーナスが出ません・・・)
会社にも育児休業の制度はあります。
(数年前にも「会社の義務になった」と業務連絡が流れました)
仕事を続けたいと申し出たところ、事務一人の小さな営業所だから続けるのは難しいと言われました。
過去に、大きな営業所では産休、育休をとって復帰した人は...続きを読む

Aベストアンサー

二児の母です。

妊娠・出産を理由に解雇することは禁止されてますから、他の方々のおっしゃる通り、労働局に訴えれば産休・育休を取得できます。

しかし質問文を拝見する限り、母子に優しい職場とは言えないような気がします。
お子さんを保育園に預けるご予定なら、保育園ではたくさん病気をもらってきます。うちの下の子も4月から保育園ですが、5月はまだ1日もまともに登園できてません。(突発性発疹→風邪→中耳炎と続いてます…)もちろん元気で休まず通える子もいますがね。

私も同じ女性・母親としては、質問者さまには泣き寝入りせず頑張ってほしいのですが、こればかりは職場内に理解してくれる方がいなければ、復帰しても働きにくいと思います。

もし退職を考えるなら、産休・育休を取得した上で、出産後に退職…という形を取れば、出産育児一時金は現在の会社から、そして出産手当金も支給されると思います。
出産前に退職してしまうと、出産手当金は支給されませんので、お気をつけください。

ちなみに他の方の回答の訂正を。
産休も育休も取得する権利があるだけで、妊娠・出産する者が必ず取らなければならないものではありません。現に私自身、一人目のときは産休は取得せず、出産前日まで働いていました。
しかし雇用する側は、希望する者には産休・育休を取得させる義務があります。
気をつけておいてほしいのは、産休に入る時期です。
今のところ制度として認められているのは、産前6週間だったと思います。それ以前に休暇を取りたいというなら、辞めてくれと言われても不当ではありません。(医師が必要と認めた場合は別)


本当に私個人の意見としては、どうか頑張っていただきたいです。しかし質問者さまの生活がかかっている以上、安易に頑張れということは言えません。
ご主人さまやご家族の方々、職場内に相談できる方があるならぜひご相談なさって、質問者さまと生まれてくる赤ちゃんに最良の道が見つかりますよう祈っております。

二児の母です。

妊娠・出産を理由に解雇することは禁止されてますから、他の方々のおっしゃる通り、労働局に訴えれば産休・育休を取得できます。

しかし質問文を拝見する限り、母子に優しい職場とは言えないような気がします。
お子さんを保育園に預けるご予定なら、保育園ではたくさん病気をもらってきます。うちの下の子も4月から保育園ですが、5月はまだ1日もまともに登園できてません。(突発性発疹→風邪→中耳炎と続いてます…)もちろん元気で休まず通える子もいますがね。

私も同じ女性・母親とし...続きを読む

Qある書籍で、日中に自慰行為を行うと神経症になる、という記述があったので

ある書籍で、日中に自慰行為を行うと神経症になる、という記述があったのですが、それはふつう人が経済活動をしている日中に自慰行為を行うと後ろめたさから精神的に不安定になるということで、何らかの医学的根拠がある事柄なのでしょうか。私は真面目に質問しています。ちなみに、その書籍は鴻上尚史著『ラブアンドセックス』です。

Aベストアンサー

「日中に自慰行為を行うと神経症になる」と言うのは、動物としての本能点から考えると
精神的に不安定になると言うのは考えずらいですね。
本来、狩をする動物は大きく分けて昼と夜に分かれると思うのですが、出産に関しては早朝から昼に掛けてが多いと思います。
また、性行為自体、夜に行う野生動物は居ないと思います。
その点から考えると、野生的な部分を残している人間本来の本能からすると、性行解消のために、「日中に自慰行為を行う」と言うのはありえると思います。

なので、神経症?になるのは精神疾患を抱えた方が、日中に自慰行為を行うと神経症になると言うのが私の結論です。

ご参考にどうぞ


人気Q&Aランキング