直流型電位差計で電池の電圧を測定するにあたり、
電池・蓄電池の内部抵抗の大きさ、および内部抵抗の変化は測定に影響するのでしょうか?

A 回答 (1件)

<内部抵抗の大きさ、および内部抵抗の変化は測定に影響するのでしょうか?



全く影響しません。
電位差計で電池の起電力を測定する場合、電流ゼロになる条件が平衡条件ですから被測定電池の内部抵抗の影響を全く受けず、真の内部起電力が測定できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただき有難うございました。よくわかりました。

お礼日時:2001/05/08 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶縁抵抗測定について教えて下さい。 給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。

絶縁抵抗測定について教えて下さい。
給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。
その電圧が回路に残っていると良くないので放電する対策があるみたいなのですが、具体的にはどんな方法で放電するのでしょうか?
放電する為の専用工具があれば、それも教えて下さい。

Aベストアンサー

5.被測定回路の放電
のところを参照。
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubihosyu/zetuenteikousokutei.html
ワニ口クリップとピン型プローブが必要なようです。

Q回路計である電圧を測定したら25[dB]を示した。その電圧は何ボルトか?

回路計である電圧を測定したら25[dB]を示した。その電圧は何ボルトか?
答えは15.5[V]
なので途中式を教えて下さい。

Aベストアンサー

dbは、比率を表すというのは、#1、#2の方々の言われるとおりです。
dbを使い始めた電話の世界では600オームの抵抗に1mWの電力を消費
する物を基準に、dbを使います。(#1の方が言われるようにdbm)
0dbmはV**2=R*Pから基準のVは600*0.001=0.6の
ルートです。つまり、V=0.775ボルトです。

ご質問の15.5Vは丁度20dbに相当します。

問題のミスかあるいは途中経過かとも思われます。

Q高電位治療器の電圧測定方法を教えて下さい。

高電位治療器(ヘルストロン&パワーへルスなどの)出力電圧(5000V~15000V位)を調べたいのですが、静電電圧計とか静電気測定器(表面電位計)はいずれも高価で買えません、デジタルマルチメーターは中古で2万前後で販売されているのでコレなら手が届くかな・・・・などと思いましたが、コレで測定可能なのでしょうか?良い測定方法や計測時の注意点など教えて下さいお願い致します。

Aベストアンサー

一部訂正です。

ハイメグ抵抗は本来高電圧用ではないのかもしれません。大きさも1/4W型との情報ですので、W数的にもダメのようです。

やっぱりあまり見た目はよくなくても10MΩ抵抗の数珠繋ぎが「正しい」気もします。

>良い測定方法や計測時の注意点など教えて下さい

大学時代に教わったことですが。

1.高抵抗の場合、抵抗表面の汚れが誤差となる場合もあるので前もって(もちろん電圧印加前に!)汚れをふきとっておくとよいと聞きました。

2.高圧測定の注意点
a.回路の配線は一にearth,ニにearth。うまくやればノイズ対策にもなるのですが、上手にやるのは結構奥が深い。
b.高電圧部は自分から遠い場所に配置し、できるだけ露出させない。
c.1kV/cmの安全距離を守る(ちなみに空気の絶縁耐力は一般に30kV/cmといわれています)。
d.測定後、装置(高電圧部)を扱う時にはかならず導線で接地する。電源に残留電荷が残っている場合があります。

実際のところ、5~15kVだと身の回りのちょっとした絶縁性のもので絶縁が保てると思いますが、油断は禁物です。
なにより「安全第一」で。

ご参考になれば。

一部訂正です。

ハイメグ抵抗は本来高電圧用ではないのかもしれません。大きさも1/4W型との情報ですので、W数的にもダメのようです。

やっぱりあまり見た目はよくなくても10MΩ抵抗の数珠繋ぎが「正しい」気もします。

>良い測定方法や計測時の注意点など教えて下さい

大学時代に教わったことですが。

1.高抵抗の場合、抵抗表面の汚れが誤差となる場合もあるので前もって(もちろん電圧印加前に!)汚れをふきとっておくとよいと聞きました。

2.高圧測定の注意点
a.回路の配線は一にearth,ニにea...続きを読む

Q電池の内部抵抗

電池の内部抵抗を求める計算式の導き方を教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

電圧計のみで計った電池の電圧を E
負荷電流を流した時の電池の電圧 e
その時の負荷電流を I

とすると、

内部抵抗=(E-e)/I

です。

Q電圧降下法による抵抗の測定

電圧降下法による抵抗の測定において、抵抗値Xの高低により電圧計の接続個所を変える理由がどうしても分かりません。

どうか理由を教えてください。

Aベストアンサー

電流計と電圧計との位置関係で、被測定抵抗値により電圧計を電流計の前に入れるか後に入れるかと言う質問と思い回答します。

電圧計の針が振れる為には電流が流れる必要があります。
その電圧計を流れる電流が被測定抵抗を流れる電流に比べ無視できる値であれば前後どちらに入れても構いません。
が、無視出来ない場合は前に入れるか後に入れるかを判断する必要があります。
同時に電流計には内部抵抗があり、そこを電流が流れると電圧降下が生じます。この電圧降下が抵抗の両端の電圧に比べ無視できるか否かにより電圧計の挿入位置が変わります。

特に0.5%誤差品の特級と呼ばれる電圧計、電流計の内部抵抗はほとんどの場合無視できない値です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報