『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

「源泉報酬税」を英語で何と言えばいいのか探しているのですが、見つからず困っています。

ご存じの方、教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そのものズバリな単語は無さそうですね。


”Withholding tax on compensation” = 「報酬に対する源泉税」
でいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頂いたアドバイスなどを元に、”Withholding tax on compensation”としたところでした。
不安でしたが、頂いた回答にほっといたしました。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/02/01 17:16

「源泉報酬税」ピタリではありませんが、ご参考まで。




源泉徴収所得税 withholding income tax
源泉課税/源泉徴収 withholding at source
源泉徴収制度 withholding tax system

-和英用語対照税務会計用語辞典 国税庁企画課長編 財経詳報社 より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
参考にさせて頂きます!!

お礼日時:2012/01/30 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外会社に請求書発行する場合(源泉徴収・消費税)

普段は国内の法人相手にフリーランスで仕事しています。
源泉徴収義務があるため、100万円以下の請求なら1割源泉してもらうように請求しています。

たとえば、100万円の請求なら、消費税5%上乗せしますが、
源泉10万円ひいてもらって、95万円振り込んでもらいます。

このたび、シンガポールの会社にサービスを提供しました。
80万円の請求になりますが、この場合の消費税や源泉の扱いはどうなり、
いくら振り込んでもらえば良いのでしょうか。

ご存知の方教えていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>源泉徴収義務があるため…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけでないことはお分かりなのですね。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけで、下記にあなたの職種が載っているわけですね。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>シンガポールの会社にサービスを提供しました…

海外の人・企業は、源泉徴収義務者に当たりませんから、源泉徴収は関係ないです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

消費税は、輸出取引として免税ですので、もらえません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6551.htm

ただ、そのサービスはあくまでも国内で行われたものであり、支払者が海外というだけなら、輸出取引ではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>源泉徴収義務があるため…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけでないことはお分かりなのですね。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけで、下記にあなたの職種が載っているわけですね。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>シンガポールの会社にサービスを提供しました…

海外の人・企業は、源泉徴収義務者に当たりませんから、源泉徴収は関係ない...続きを読む

Q経理用語で「計上」と「「振替」は?

ご存知のかた、よろしく御願いします。

経理上の処理で、「計上する」、「振替える」というのは
英語でなんと言えばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

計上するは、一般的にbookでしょうが、いろんな状況には下記を参照:
http://eow.alc.co.jp/%e8%a8%88%e4%b8%8a/UTF-8/
振替えるは、送金でしたら、transferでしょうが、これも下記参照:
http://eow.alc.co.jp/%e6%8c%af%e6%9b%bf/UTF-8/

Q「講演謝礼」「謝礼金」に相当する英単語は?

こんにちは。お世話になります。
学術的な講演会で海外の方に特別講演をお願いするのですが、講演謝礼金をお渡しすることになっています。封筒に現金を入れた上でお渡しするのですが、日本語だと封筒表に「講演謝礼」「謝礼」「謝金」などと書くかと思いますが、これに相当する英単語は何でしょうか?
「Honorarium」、「Lecture's Fee」などを考えたのですが、適切な単語を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「学術的講演に際する寸志」ということであれば、やはり Honorarium でしょうかね。Rewardというと、何か突発的事項における「お礼、謝礼」ということです。Remuneration、Fee というと、サービス内容によってある程度価格体系が決まっている医者や弁護士への報酬を言います(両者とも水商売みたいなものですが)。

受取人の税務申告がどうなるかという現実問題もありますので、まああまり堅苦しくならないように封筒にはこんな風にだけ書いておき、あとは本人に判断させるというのも一案です:

Dr. John Smith
Thanks for your lecture.
From all of us at the ○○ University, △△ Department


ご参考までに。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q英語で言うと?「20日締め翌月15日支払い」

「20日締め 翌月15日現金払い」を英語で言うとどうなるのでしょうか?教えてください!!!

Aベストアンサー

Excite翻訳サイトで英訳すると、No1さんの回答が出てきますが、これは完全な迷訳(誤訳)です。"Tighten"は、、強化する(タイトにする)の意味で、日本特有の「締め切る」の意味はありませんし、単語の並びも、めちゃくちゃです。翻訳ソフトの実力もまだまだですね。

・丁寧な言い方:
Invoices will be cut off on 20th every month and the payment will be made on 15th in the following month.

・省略的な表現:
(Invoice) Cut-off date: 20th every month, the payment: 15th in the following month.

なお、どんな局面でご使用になるか存じませんが、海外では、日本流の「月〆」の習慣がない国が多く、省略した言い方をいきなり言っても、理解できないかもしれませんよ。その場合は、もっと丁寧に、例えば、以下のようです。
We will pay on 15th in the month next to the following month for total amount of all your invoices which we receive for the period from 21th every month to 20th in the following month.

Excite翻訳サイトで英訳すると、No1さんの回答が出てきますが、これは完全な迷訳(誤訳)です。"Tighten"は、、強化する(タイトにする)の意味で、日本特有の「締め切る」の意味はありませんし、単語の並びも、めちゃくちゃです。翻訳ソフトの実力もまだまだですね。

・丁寧な言い方:
Invoices will be cut off on 20th every month and the payment will be made on 15th in the following month.

・省略的な表現:
(Invoice) Cut-off date: 20th every month, the payment: 15th in the following mo...続きを読む

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Qこれで手続きを進めてください。(英訳)

ビジネスでのことなのですが、誰かからある提案を受けました。その内容で進めてほしいときに、「これでお願いします。」「これで進めてください。」などは英語でどういったらいいのでしょう?

Aベストアンサー

コンテクストにもよりますが、一般的な場合です

気心知れた親しい相手なら、Looks good. Please go ahead. で意味は通じると思いますよ。

ちょっと丁寧に言うなら

Your proposal looks great/good/reasonable Please proceed with it. など 

提案の評価は状況に合わせて適当な言葉を選んでください。

Q輸入品仕入れに生じる「関税」の仕訳項目

 小口輸入にて輸入業を営んでおります。今年から青色申告にするため、現在、細かく帳簿をつけていますが、輸入時に生じる「関税」「消費税」は、経費の支払項目上は何になるのでしょうか?関税も「消費税の支払」に混ぜてしまってよいのでしょうか?
 どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

輸出輸入に関する費用の消費税は結構面倒だと思います。品代だけに消費税がかかるなら税込み処理でも十分でしょうが、品代+関税の合計に消費税がかかるのがポイントだと思います。ただ、現在は関税のかかるものも減っていますし、税率もかなり低くなっています。消費税の名称は内国消費税といいますから輸入品の場合は通関されるまでは内国品と見なされないのでその間は消費税の対象にならないし、通関すれば内国品となるので消費税の対象になります。ですから輸入品は通関されて関税が課されて初めて内国品となりますのでそこで消費税の対象となることをご確認ください。なお、消費税の計算はIDに記載されていると思いますので確認ください。

Q委員謝金の源泉所得税について

納期の特例の適用を受けている事業所です。
年4回の運営委員会に出席する運営委員(雇用関係なし)数名に、出席謝金を払う際、10%源泉して会議当日に現金を渡しています。1人当たり年間最大14,000円(1年に4回出席した場合)の謝金ですが、委員が出席出来ない場合、欠席または代理が出席するので、事前に出席者を確認し領収書を準備して出席者に謝金を渡します。
この謝金は報酬になると思うのですが、税務署曰く「○○委員」は謝金でも給料扱いで、委員会のメンバーは[給与所得の源泉徴収税額表 月額表の乙欄]適用、代理出席者は[同 日額表の丙欄]適用になると説明されました。
納付書は[給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書]の、俸給・給料などの欄に含めるということですが、何故報酬扱いではないのか根拠が分かりません。
給与扱いだと今の状態は預りすぎで、すでに預かった差額を納付しないで、各人に返金しないといけないのか? 年末には、報酬・料金の支払調書ではなく、給与所得の源泉徴収票を出すのか? ○○委員とつかない人(例えば監事)は日額表丙欄適用? そもそも委員にも日額表丙欄を適用出来ないのか? 疑問が多く処理に大変困っています。
出来るだけシンプルに考えたいのですが、どなたかご教示ください。

納期の特例の適用を受けている事業所です。
年4回の運営委員会に出席する運営委員(雇用関係なし)数名に、出席謝金を払う際、10%源泉して会議当日に現金を渡しています。1人当たり年間最大14,000円(1年に4回出席した場合)の謝金ですが、委員が出席出来ない場合、欠席または代理が出席するので、事前に出席者を確認し領収書を準備して出席者に謝金を渡します。
この謝金は報酬になると思うのですが、税務署曰く「○○委員」は謝金でも給料扱いで、委員会のメンバーは[給与所得の源泉徴収税額表 月額表の乙欄]適...続きを読む

Aベストアンサー

給与といっているのはたぶん所得税基本通達28-7を適用しているのだと思います。ただし書き出し部分からすると、これは国と地方公共団体の場合に限って適用されるように思われますので、質問の事業所に適用されるかどうか疑問ですが。
給与に該当するのであれば原則として乙欄になるでしょう。丙欄の適用はその日だけ採用する人に適用されるものですから、代理としてその日限りの人には適用できるでしょうが、委員や監事として一定期間任命されている人に対する支払いであれば丙欄が適用される余地はないと思います。
預り金をどうするかは、これまで税務署に納めた分をどうするかということにもかかわるので、還付してもらえるかどうか税務署に確認したほうがいいでしょう。少なくともまだ税務署に納めていない分は返すことになるんだろうと思います。

 
所得税基本通達28-7(委員手当等)
 国又は地方公共団体の各種委員会(審議会、調査会、協議会等の名称のものを含む。)の委員に対する謝金、手当等の報酬は、原則として、給与等とする。ただし、当該委員会を設置した機関から他に支払われる給与等がなく、かつ、その委員会の委員として旅費その他の費用の弁償を受けない者に対して支給される当該謝金、手当等の報酬で、その年中の支給額が1万円以下であるものについては、課税しなくて差し支えない。この場合において、その支給額が1万円以下であるかどうかは、その所属する各種委員会ごとに判定するものとする。

給与といっているのはたぶん所得税基本通達28-7を適用しているのだと思います。ただし書き出し部分からすると、これは国と地方公共団体の場合に限って適用されるように思われますので、質問の事業所に適用されるかどうか疑問ですが。
給与に該当するのであれば原則として乙欄になるでしょう。丙欄の適用はその日だけ採用する人に適用されるものですから、代理としてその日限りの人には適用できるでしょうが、委員や監事として一定期間任命されている人に対する支払いであれば丙欄が適用される余地はないと思...続きを読む


人気Q&Aランキング