乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

はじめまして、今年高校を卒業し。大学の法学部にはいるものなんですが、
僕は高校3年の9月までまったく勉強をしてこなかったので、英、国、日本史B しかちゃんと勉強をしてませんm(_)m
そういう理由で大学が始まってから授業についていけるのかすごく不安です

最近では憲法入門などを勉強してみたりしているんですが、他に大学に入る前に勉強しておくと得なことなど教えてもらえるとうれしいです。

それと将来的には司法試験も目指しているのでもしできたらそっち方面のアドバイスも教えてもらえるとうれしいです。

なんかすごい質問だらけですみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

個人的な体験談ですが、外国語でつまずきました。


教養科目の英語は適度に勉強しておいた方が良いかもしれません。ドイツ語と英語を同時に学んで、ごっちゃになりました。

あと、第二外国語の希望とか、サークルの希望とか考えておくと学業以外で余裕が出ます。中国語とか韓国語とか興味のある外国語の特徴をつかんでおくだけでも良いかもしれません。
新入生歓迎コンパで、飲酒の誘惑をどうするかが法学部生の課題でしょうか。

運動だけではなく法律相談とか研究のサークルもあります。
可能ならば、法律用語辞典を眺めておくと、スタートで得かもしれません。
    • good
    • 3

 大学に入る前に勉強しておくことですが,まず法律関係の科目は,入学前に勉強する必要は特にありません。

ただ,法制度の沿革は世界史の知識がないと理解できないので,世界史を勉強していないのであれば,近現代史だけでも読んでおくとよいでしょう。それ以外は,基本的に大学入学後でも遅くはないと思います。
 なお,将来的には司法試験を目指しているとのことですが,他の回答者さんも言及しているとおり,現在の司法試験制度は大変な状態になっています。大学在学中に予備試験を受けるという方法もありますが,基本的には司法試験の受験資格を得るには法科大学院を修了する必要があり,修了には授業料と生活費を併せて数百万円単位の学費がかかります。
 また,法科大学院で学習した内容は,基本的には司法試験にも実務にも役に立たないものが多いと言われており,司法試験の受験対策には別途予備校を利用する必要があるほか,近年国が司法試験合格者の数を増やしすぎたため,司法試験に合格できても就職できない人が急増しています。司法試験を目指すかどうかは,様々な情報を収集した上で慎重に判断した方がいいでしょう。
    • good
    • 0

こんばんは。



1 「大学が始まってから授業についていけるのかすごく不安です」
→そう思っているあなたはとても立派だと思います。多くの人がそこまで深刻に考えていませんから。
 その気持ちを持っている限り何とかなるはずです。

2 「他に大学に入る前に勉強しておくと得なことなど」
→法律の予習もいいですが,ぼくはそんなことはしなかったです。それでも入学後についていけないことはなかったですよ。それよりも大学で何をするのか,大雑把でいいから計画を立ててはいかがでしょうか。今はネットがあるから,事前にいろいろな情報が入るでしょう?

3 将来的には司法試験も目指しているのでもしできたらそっち方面のアドバイスも教えてもらえるとうれしいです
→ぼくも一時は司法試験を目指していました。一番悩んだのは,勉強の内容よりもモチベーションの維持・向上でした。人間,尻に火がつけば大概のことはできるものです。(:合格していない自分が言っても説得力が無いかもしれませんが)司法試験を目指すのなら,なぜ法曹資格を取りたいのか,法曹になってどういう仕事をするのかをはっきりさせていくのが,実は一番大事だと思います。
 もっと言わせてもらえば,最初から司法試験にとらわれずに自分の将来像を自由に描くことが必要だと思います。その結果が法曹であれば,やる気をもって司法試験勉強もできるでしょう。
 仮に司法試験を目指すとして大切なことは,自己流の勉強をしないことです。通信でも通学でも,予備校の講座を必ず受けてください。司法試験は制度改革で大きく変わりました。学説・理論・基本書重視から条文・判例・事務処理能力重視になっています。先輩方の昔の勉強法だけによったアドバイスを鵜呑みにしてはいけません。

 最後に,学生時代に考え抜いたことによる自分なりのものの見方・考え方は,社会人になってもずっとあなたを支えます。私の場合も,何か壁にぶち当たった時には学生時代の原点に立ち返っています。先の回答者の方がおしゃるように,新聞を読んで世の中のことを知り,自分とのかかわりを考えるのもとても大切と思います。
 がんばってください。
 
    • good
    • 0

とりあえず法学部の学生になるのだから法律辞典は買いましょう。

大学生協の書店だと組合員割引があります。
後、自宅学習用に「模範六法」判例が付いた六法だから意外に使います。
司法試験は今は法科大学院(所謂ロースクール)に大学卒業後2年行く必要があります(既習だから、既習試験に落ちると3年必要に)。
普通に四大卒での就活をしない前提だから比較的勉強時間は取れます。「就活失敗したから司法試験」なんて甘くはないです。今の段階からきちんと司法試験に焦点を絞り、親にも就活しない旨伝えて了解を取るべき。
法律は常識問題的な面があります。
憲法論議をする事は日本の将来像を論議する事。更には政治がどうあるべきかを考える事でもあります。
後きちんと新聞は読みましょう。新聞は新聞社の取る立場によりどうしても記事に書き方が偏ります。例えば産経は夜警国家論を中心とした国防重視、朝日は逆にリベラル主義的な価値観、読売は「うちが日本を動かす」政治部第一主義、毎日は余り色が無いとされて来ましたがやはりそれなりに傾向があります。日経は財界中心主義です。が、それらの立場を理解して読めば案外公平に書いていると思います。
    • good
    • 0

>僕は高校3年の9月までまったく勉強をしてこなかったので、英、国、日本史B しかちゃんと勉強をしてませんm(_)m



専攻にもよるかもしれませんが,とりあえず,高校までの勉強が直接的に法学部の勉強に必要になることはほとんどありません。

ちなみに,法律学という学問は,高校まででいうと数学に最も性質が似ています(よく地歴のような暗記科目に似ていると思っている人がいますが,まるで違います)。
もっとも,「性質が数学に似ている」というだけで,別に数学の公式が必要なわけではありません。「スキル」という意味で言えば,一番必要なのは現代国語の能力です。

>そういう理由で大学が始まってから授業についていけるのかすごく不安です

そこは頑張れ,としか。
ただ,後述するように司法試験を受けるには法科大学院に進学することになりますが,そのためにもできる限り大学では優秀な成績を取っておくべきです。

>最近では憲法入門などを勉強してみたりしているんですが、
>他に大学に入る前に勉強しておくと得なことなど教えてもらえるとうれしいです。

別に,大学入学前に予習しておくべきとは思いません。むしろ余計なことはしない方が良いようにも思います。
高校生である貴方には馴染みがないかもしれませんが,法律学を含む学問というのは,「はっきりした答えがなく,個々人の見解だけがある」世界です。
ですので,法律に関する本であっても,それは必ずしも絶対的に正しいことが書いてあるわけではなく,ある程度認識の一致している点や,その人個人の見解が書いてあるものです。
そういう意味では,法律学においては「誰の何という本を読むか」という選択が極めて重要です。
はっきり言って悪本と言えるものもありますので,勉強は,入学後に教授や先輩に相談しながらやれば良いのではないでしょうか。

>それと将来的には司法試験も目指しているのでもしできたらそっち方面のアドバイスも教えてもらえるとうれしいです。

強いて言えば,「どうして司法試験を目指すのか」「どんな法律家(弁護士・検察官・裁判官)になりたいのか」ということをしっかり考えておくことが,入学後のモチベーションのためにも重要だと思います。
司法試験は,貴方が思っているよりも非常に困難な道です。
今は司法制度改革により,法科大学院(ロースクール)を卒業しなければ司法試験の受験資格が貰えないということになりました。
つまり,(大学を成績優秀で早期卒業するなどしない限り)大学の4年と,ロースクールでの2年間(未修コースなら3年間)の6年間が最低でも必要です。
そして,ロースクールを3月に卒業し,5月に司法試験を受け,9月の合格発表で見事合格していれば,11月から1年間の修習です。
その後,1年間の修習を終えて,晴れて4月から法律家となります。
つまり,ロースクールを卒業してから法律家になってお給料をもらうまで,最短でも2年がかかります。
そうすると,大学に入学してから初任給を貰うまでに8年間がかかるということで,その頃には20代も後半戦です(ちなみに,希望すれば1年間の修習中は国から借金を受けることができます)。
しかも,これは全てがうまくいった場合で,っもしかしたら司法試験に落ちるかもしれません。
現行制度上,司法試験受験には「5年間以内に」「3回まで」という制限があります。
ロースクールを卒業して5年が経過すると,司法試験は受けられなくなりますし,5年以内であっても3回落ちればもう受けられません。
5年目一杯使って3回受けてそれでも落ちたなら,大学入学から11年経って,30歳になる頃に,プータローに成り果てます。
あるいは,運良くなんとか受かったとしても,最近は,弁護士が溢れていて,司法試験に受かったのに就職できずプータローにという人も多いです。
そういうリスクを覚悟して,高い志で挑むのが司法試験です。

これらを踏まえても,自分は法律家になりたいのか,ということを,入学前はもちろん,入学後も考えておくことが必要だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学部に必要な高校の知識ってあるんですか?

法学部法律学科に指定校推薦でいくことになりました。
それで、大学の授業についていけるように、高校の知識を完璧にしようと勉強しようとしたのですが……いったい何を勉強すればいいのですか?

生命学部とかは高校の生物とか必要だって分かるじゃないですか
でも法学部って高校の知識、必要ないような気がするのですが…

文系だから英語は必要なんでしょうけど、他は何を勉強すればいいのやら…

Aベストアンサー

こんにちは

指定校推薦合格おめでとうございます

指定校推薦受かるぐらいですから
社会、国語あたりは当然のごとく普通の高校生以上には
勉強していると思います

>生命学部とかは高校の生物とか必要だって分かるじゃないですか
>でも法学部って高校の知識、必要ないような気がするのですが…
言いたいことはわかります。

他の方が、数学って書いてますけど、たぶん意味がわからないと思います
で、もうちょっと補足すると、
将来的に数学で学ぶような論理的思考能力が必要ですよ
ということです。別に微分積分が必要ということではありません

回答者の方の頭に何があるかっていうと
将来あなたが法学部を卒業して、法科大学院を希望するとしましょう
そういう人向けの試験として例えば「法科大学院適正試験」ってのがあります
http://www.dnc.ac.jp/houka/houka_index.htm
ここの過去問題が公開されてますので、見てください

なんだか見慣れない問題がありますよね
一瞬クイズみたいな問題。国語みたいな数学みたいな社会みたいな問題
そもそもどこから手をつけたらいいのかすらもよくわからない問題
問題の意味自体がわからない問題。

こういうのが将来要求されるので、国語とか数学とか勉強しておけよ
という言葉は厳しいですが、やさしい回答者の方々のお知恵ということです笑

ただ個人的には今すべきことじゃないと思うよ
今は英語、もっと言えばTOEICに集中した方がいいと思います
留学も考えてるならTOEFL。
今は新入生にTOEIC受けさせる大学多いですから

がんばってください

こんにちは

指定校推薦合格おめでとうございます

指定校推薦受かるぐらいですから
社会、国語あたりは当然のごとく普通の高校生以上には
勉強していると思います

>生命学部とかは高校の生物とか必要だって分かるじゃないですか
>でも法学部って高校の知識、必要ないような気がするのですが…
言いたいことはわかります。

他の方が、数学って書いてますけど、たぶん意味がわからないと思います
で、もうちょっと補足すると、
将来的に数学で学ぶような論理的思考能力が必要ですよ
ということで...続きを読む

Q法学部進学までにした方が良いこと

東京在住の高校3年生です。
2010年度の一橋大学の前期日程を受け終わり
後期は出願していないので受験は一応終えました。

一橋大学はまだ合否がわからないのですが
慶応大学法学部法律学科、早稲田大学法学部、
中央大学法学部法律学科に合格することができたので
一橋大学の結果次第ですが上記の4大学のどれかには
進学する予定です。

高校の卒業式が3月初頭にあり、大学入学までの約1ヶ月を
有意義に過ごしたいので何か法学初心者でも読めるような
法学の入門書や新書の類を探しています。
法学部在学の方や法律関係職の方にお答え頂けるとうれしいです。

一般的に大学に進学するまでにしておいた方がいいことなども
アドバイスして頂けると幸いです。

Aベストアンサー

大手資格スクールで講師をしていた経験から一言。

学部の講義と司法試験の勉強は全く別物です。
講義などで大学の先生方は分厚い専門書を推奨されますが、
これら分厚いだけの専門書はあくまで法律解釈を学ぶには良いのですが、
初心者にはわかりにくい本が結構ありますよ。
入りにくいどころか、中には法律が嫌いになる人さえ出てきます。
法律をわかりだしてくれば、こういった専門書も短時間でよみこなせるようになりますが、
いかんせん初心者には荷が重過ぎます。
何よりも憲法や民法を好きになることが大切です。

そこで初心者にとっては「自由国民社のシリーズ本」が向いているかなと思います。
これらの本は民法や憲法や刑法などの全体像を短時間で把握するにはうってつけの本だと思います。

(1)「よくわかるシリーズ」・・・・「よくわかる民法」や「よくわかる会社法」とか。
なにせ気楽な気持ちで読むことができます。
高校卒業したばかりの人が、大学へ入学するまでの間に読むのにはうってつけの本だと思いますよ。

(2)あとは同じく自由国民社の「図解シリーズ」。 要点を図でまとめていて初心者には非常にわかり易い内容です。

さらに、あなたは司法試験突破(前提としての法科大学院入学)という明確な目的がありますので、
司法試験受験指導者として有名な方々の入門書などから入ってみてはいかがでしょうか。

司法試験受験生には有名な伊藤真さんやS式司法試験受験指導の柴田孝之さんの著書などが良いでしょう。
「伊藤真の試験対策講座」シリーズ・・・出版社は弘文館だったかな?
(すいません、出版社名は自信はありませんが受験生にはよく読まれています)
 
でも、対策講座シリーズなどはちょっと早いかもしれませんので、最初は柴田孝之さんの入門編
・・・・・「入門憲法」や「「入門民法」(自由国民社)など、こういった入門本が非常に読みやすいです。

彼らは司法試験受験対策のプロであり
、全くのビギナーから合格レベルの実力の持ち主に至るまで、
さまざまな人たちに法律科目を教えている現役の講師たちです。

ですから法律の要点を簡略にまとめるのが上手く、当然にムダがありません。
何よりも法律に対するアプローチ、法律に関する考え方を学ぶことができます。
法律への思考回路を学ぶ、私はこれが大きいと思いますよ。

東大や京大の著名教授の方々(いわゆる司法試験受験生の間では有名な)の書かれた分厚い専門書では、こういった考え方を教えてくれることはありません。
判例や学説は詳細に記述されていますが、初心者には荷が重過ぎます。

ローから司法試験と進まれるなら、学部講義や大学の定期試験とは
取り組み方が全く違うということを念頭に置くのが良いでしょう。
そのためにも入学までの1ヶ月間は上述しました「入門シリーズ」や「図解シリーズ」などの本を薦めます。

これらの本は紀伊国屋書店などの大手の書店で立ち読みしたとしても読みこなせる内容です。
私はいちいち購入するのももったいなかったので、こうした入門書は通学途中などで立ち読みで読みこなすことにしました。

当時は大学生なのだから許してくれるだろうという甘えの中で、
心の中で大手書店様に謝りつつ、将来、必ず社会には貢献しますから
という厚かましい考え方をしていましたが(笑)。

大手資格スクールで講師をしていた経験から一言。

学部の講義と司法試験の勉強は全く別物です。
講義などで大学の先生方は分厚い専門書を推奨されますが、
これら分厚いだけの専門書はあくまで法律解釈を学ぶには良いのですが、
初心者にはわかりにくい本が結構ありますよ。
入りにくいどころか、中には法律が嫌いになる人さえ出てきます。
法律をわかりだしてくれば、こういった専門書も短時間でよみこなせるようになりますが、
いかんせん初心者には荷が重過ぎます。
何よりも憲法や民法を好きになる...続きを読む

Q法学部の定期試験問題と勉強方法

私の第一志望は文学部史学科ですが、
落ちた場合を考えて法学部も受験します。
おそらくMARCHレベルの大学になります。
はっきり言って法律には興味がなく、
法学部に入るとしても、就職が有利だからという理由です。
興味が無い分野を勉強するのは苦痛なので、
あとで中退することにならないように、
定期試験がどのような問題形式で、
どのような勉強をすれば良いのか知っておきたいと思います。
定期試験の問題は空所補充・論述・正誤判定・択一など色々考えられますが、
どのような出題形式でしょうか?
また、普段の勉強方法は、条文を暗記するのか、
原理を理解するだけで良いのか、よく分かりません。
どのような勉強をすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

法学部出身です。

法学部の試験の90%以上が「論文式試験」です。で、民法と商法だけが論文式試験のなかでも「事例問題」で、他はだいたい「一行問題」ですよ。まぁ刑法や刑事訴訟法でたまに事例問題が出されることもありますがね。

10%未満が択一式ないし○×式でしたね。うちの大学では一人だけ○×式試験の先生がいただけで、あとは全て論文式試験でしたよ。

条文を暗記することは下記のANo.2の方が言っているようにありません。六法(条文だけしかのっていないもの。判例六法は不可)持ち込み可なケースが大半ですね。

法律学の基本は
「定義・要件・効果・学説・判例・法の趣旨」を覚えるというのが中核になります。

定義は本の中に「○○とは~」という風に書かれているところがだいたい定義と呼ばれています。要件は法律の効果が発生するための条件ですね。複数あることが多いです。こんな感じですね。

基本的に法律学は「法律の条文内にある言葉をどう考えるか?」というのがメインの学問です。

簡単なもので話すと、例えば
民法第三条の一項に『私権の享有は、出生に始まる。』という条文があります。素人目には「生まれれば、そりゃあ人間として色々権利を持つだろう、何を当たり前のことを言っているんだ!」となるはずですが、法律学的には、『出生ってなんだ?』ということになります。

学説では一部露出説・全部露出説・独立呼吸説というのがあります。学説名からもわかるように、「出生」という言葉一つとっても胎児がちょっとでも出たら「出生とする」というのが一部露出説です。

てな感じが法学部で学ぶことです。これで問題になるのが、「お母さんが、お腹の中に赤ちゃんがいる状態でお父さんが死亡した場合の遺産相続」です。これを論点といいます。まぁ、ココから先は興味があれば学んでみてください。

それと法学部は別名「法楽部」と言われます。理由は「授業の出席をとら無い・レポートが無い・卒論が無い・前期試験が無い」からです。試験は「後期試験一発勝負!」ということになります。なもんで、よく後期試験ちょっと前くらいになると、今までやっていた小教室から、急に大教室にかわるなんてこともありますよ。それぐらい、法学部生は大学の講義に(出席をとらないため)来なくなりますね。

法学部出身です。

法学部の試験の90%以上が「論文式試験」です。で、民法と商法だけが論文式試験のなかでも「事例問題」で、他はだいたい「一行問題」ですよ。まぁ刑法や刑事訴訟法でたまに事例問題が出されることもありますがね。

10%未満が択一式ないし○×式でしたね。うちの大学では一人だけ○×式試験の先生がいただけで、あとは全て論文式試験でしたよ。

条文を暗記することは下記のANo.2の方が言っているようにありません。六法(条文だけしかのっていないもの。判例六法は不可)持ち込み可なケ...続きを読む

Q法学部は忙しい?

すいません、タイトル通りです
再来年に早慶の法学部を受験するんですが、予習中に何故か頭にこれが浮かびました
それから法学部のことを調べるうちに。どんどん法学部学生の話をみてると辛い所ばかり聞いてます
司法試験受けるか、などにも左右されると思われますが、受験勉強なんて序の口~や、単位取るだけで精一杯などなど。
法律の勉強できることになるのを目指している筈なのに、忙しいか気にしてるなんて・・・すみません
大学に寄りけりってのもあると思うんですが、
法学部は他の文系の学部と違って一味も二味も違うんでしょうか?(笑)
勉強の息抜きにでも軽く教えてください、おねがいします

Aベストアンサー

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなります。講義は講義で、先生たちは「俺の講義を受けている暇があったら勉強しろ!」っといいますので、学生が必然的に寄り付きません。なんか一種の短大に行った錯角すら覚えます。法学部に行く人間は「一人で勉強する」ことが求められます。それと、あまり群れを成すタイプの人間は向かないと思いますよ。確かに講義は出てもわかりませんね。また、司法試験勉強をしている奴からすると、司法試験と関連性がない講義を受験科目(例:民法)ですらやっているので、出ている意味が無いのですよ。

司法試験勉強は確かに、大変でした。浪人時代が十年以上続いた感じがして、私は20代いっぱいいっぱいまで頑張りましたが、さすがに30代まで勉強するのはつらいと思い、辞めました。正直、大学時代も浪人の延長線上でしたね。もっとエンジョイした大学生活を送りたいなら、司法試験はやめた方がいいでしょう!

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなりま...続きを読む

Q大学法学部生が読むべき新書

来年度に法学部への進学が決まりました。
将来は法に関わる仕事をしようとは思っていないのですが、法学部なので入学前にほんの少しだけでも法律に触れておきたいのです。
何か、法律に関するおすすめ、あるいは読むべきだという新書を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、進学おめでとうございます。

大学ではほとんど入門の講義などはなく、予習をしていることを前提とした授業がいきなり始まる場合が多いと思います。
ところが予習など法律の勉強の仕方を教えてくれる講義や書籍はあまりありません。

そんな中で私が読んでおくと良いと思う本は
法律学習マニュアル(第2版補訂版)著:弥永 真生 有斐閣 2100円
これです。
入学前に読みきっておくと良いと思います。法律を勉強する目的、勉強の方法、発展的な学習などが書かれています。

これを読んでなお余力があれば、民法の専門書又は予備校本を読むと良いと思います。民法は多くの人がわからなくて苦労します。
専門書として読みやすいものは
民法I(第4版) 著:内田 貴 東京大学出版会
民法II(第2版) 著:内田 貴 東京大学出版会
民法III(第3版) 著:内田 貴 東京大学出版会
これらだと思います。ちなみに民法IVもありますがこれは必要になってからでもいいでしょう。
値段が高いので注意してください。
なお大学ではこれらとは違った専門書が教科書として指定されている場合もあります。

また予備校本とは司法試験受験予備校が出版している本です。主な予備校としては伊藤塾、辰巳、LEC、Wセミナーがあります。これらのサイトを調べてみてください。
予備校本は専門書よりもわかりやすく書かれているので入門に適しているといえます。その反面詳細な記述は少ないです。
さらに法律には学説というものがあるのですが、専門書ならば一人の教授が書いているので一貫しているのに対し、予備校本ではいろいろな専門書から抜粋しているので一貫していない場合があります。そのため論理的におかしなところがある場合があります。またどういうわけか内容の間違いがあったりします。
まあそれでも使っている人は多いと思います。わかりやすいので。

最後に、これは入学後のことですが、上記の予備校が出版している司法試験・法科大学院受験向けの論文問題集をやることをオススメします。
なぜなら大学の試験は論述形式が普通ですし、論文を書くこと、つまりアウトプットすることで法律をよく理解できるからです。論理的思考力が身につくという副産物もあります。ちなみに大学の講義では論述の仕方は教えてくれないのが普通だと思います。
論文問題集としては
Wセミナーの
論文基本問題 民法120選
など基本的なもの、解説がしっかりしているものが良いと思います。

まずは、進学おめでとうございます。

大学ではほとんど入門の講義などはなく、予習をしていることを前提とした授業がいきなり始まる場合が多いと思います。
ところが予習など法律の勉強の仕方を教えてくれる講義や書籍はあまりありません。

そんな中で私が読んでおくと良いと思う本は
法律学習マニュアル(第2版補訂版)著:弥永 真生 有斐閣 2100円
これです。
入学前に読みきっておくと良いと思います。法律を勉強する目的、勉強の方法、発展的な学習などが書かれています。

これを読んでなお余...続きを読む

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Q大学入学前の勉強

4月から岡山大学の農学部に入学するものです。

入学前にやっておいてもよさそうな予習勉強はありませんか?

TOEICの対策(というか英語)はやっておいた方がいいとよく聞くので
英語に触れておこうと思いますが大学の科学や数学の方は何かありませんか?

Aベストアンサー

まず英語。当然ですが4,5月は君が思うより忙しいです。気づいたら夏、いつのまにか秋です。大学生になったら・・・じゃなく暇な今こそ毎日やりましょうね。うだうだ言わないでともかく買ってやれ。

それから小論系の本を読むこと。薄いのを2,3冊でいい。ともかく買って読め。
大学生になるとテストやレポートで
「○○について論じよ」風の小論系の論述問題が増えます。
全体の70%と言うとこでしょうか。
「国語力」と思ってる方がいますが、実は足し算や引き算同様の基本を暗記して使うことが大事です。この手の小論にはフォーマットが存在するからです。独学はムリです。
それで1科目につき20点は変わります。
1期で20科目あるとしたら400点分・・・
それ考えたら今すぐ対策しないとだめですよね。
もちろん4.5月は忙しく今からやるべきです。

最後にパソコン。
最近の子なら小学校から触ってるんで大丈夫かと思いますが、ワードの書き方、保存の仕方、メール添付の仕方、送信の仕方などです。最近では「メール添付で送って下さい」な教授も増えていますし、
「プレゼン(パワポ使って)で授業発表せよ」みたいな授業も多いです。
ブラインドタッチなども含め、いきなりは出来ないんで、ここ(道具)でつまづくことで、科目自体も苦手になり、時間もかかり、ストレスになります。
これは遊びの中から覚えるのが◎です。
ワード・・・ミクシィとか2ちゃんねる
エクセル・・・家計簿つけるとかダイエット日記とかラーメン日誌などつける。
パワポ・・・
勝手cm http://www.movieimpact.net/award/005.html
とか
すごい企画書 http://matome.naver.jp/odai/2128831983939950301

みたいなギャグぽいcmや企画書を作る。例えば、「山田太郎トリセツ」みたいにして合コンやサークルの飲み会で配ってもいい。
みんなで卒業旅行に行く時に、旅行会社のパンフを改善(改悪?)して作って配ってもいいし。ネタ的に作ってもアイデアや使用法は同じなので必ず、後日生きる。

あと農学部なら男くさくなりがち。「女なんて俺は」とか言わずにちょっとは気をつけろ。後々で後悔するから99、9%
・まずメガネは外せ(オマエがイケメンじゃない限りにあわん)
・髪は切れ。さわやかに。髪色は「1回染めてから考える」ぐらいでいい。
・ユニクロでいいんで服は全部新しいのに変えろ。
・ブランド品でも服がしわくちゃとかそういうのダメだから。
・意味の分からんドメブランドに走るな。そういうのは中級者に上がってからやれ。
まずはブルージーンズに白Tシャツに青シャツ、ナイキやアディダスのスニーカーに無地系のトートやリュックで「バカなぐらい分かりやすい女ウケ狙い」でよい。
・姿勢や声のトーンを気をつけろ(見た目を気にする人が多いが、ここでドンびかれてる事が多い)。分かんないなら毎日you tubeでジャニーズの喋り方を見てまねろ。今よりはずっとマシになる確実に。
・4月~夏ぐらいしばらくは飲み会は毎日出ろ。サークルは2,3個入れ。
異性に好かれることはムズくとも同性の先輩に好かれるぐらいのことはできるはず。
最悪それでいいんでそうしろ。「ノリがいいけど、でもちゃんとしてる奴」が好かれる。

大学では同級は何も持ってないし、教職員は何もしてくれない。
授業でも、シュウカツでも院試でも、先輩ってのはびっくりするぐらい大事だ。緩い関係でいいんで保っておけ。
もちろん自分が1番大事なんだが、「俺は誰の力も借りないぞ」みたいな奴は損するだけ。

まず英語。当然ですが4,5月は君が思うより忙しいです。気づいたら夏、いつのまにか秋です。大学生になったら・・・じゃなく暇な今こそ毎日やりましょうね。うだうだ言わないでともかく買ってやれ。

それから小論系の本を読むこと。薄いのを2,3冊でいい。ともかく買って読め。
大学生になるとテストやレポートで
「○○について論じよ」風の小論系の論述問題が増えます。
全体の70%と言うとこでしょうか。
「国語力」と思ってる方がいますが、実は足し算や引き算同様の基本を暗記して使うことが大事です。...続きを読む

Q行政書士・司法書士の大学在学中合格について

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学も、私のために無理をして通わせてくれています。)親からの援助は無理だと思います。
そうして考えた結果、今は無理でも長い人生の中で成就していこうという結論に至りました。

ただ、せっかく司法試験の勉強を必死にしようと思って大学に入学したのに、何もせず貴重な大学生活の時間を無駄にはしたくない(通わせてくれている親にためにも)と思い、以前から興味があった行政書士・司法書士の資格を取得しようと考えました。

そこで、皆様のアドバイスを聞かせていただきたいです。
(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?
出来たら、4年に進級するまでに合格をしたいです。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?
 皆様が実際に使ってみて、これは良かったと思ったものを教えていただけると大変嬉しいです。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?
金銭的に現状は難しいのですが、必要であればバイトをして、お金を貯めたら通おうとは考えています。しかし原則、利用はしないつもりです。

生半可な考えでは通用しないというのは、十分承知しています。
しかし、そのための覚悟も出来ているので、ぜひ皆様の良きアドバイスを聞かせていただきたいです。
モチベーションを上げるためにも、厳しいご意見もお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても、まずは行政書士ですね。
大学2年の秋に行政書士合格、4年の夏に司法書士合格という計画ではどうですか?
なぜなら、行政書士合格後、登記関連の法律の勉強や、行政書士試験の勉強で得た知識を、司法書士試験の出題形式や傾向にあわせていく作業が必要だと思います。
そうすると、司法書士は3年の夏だと少し間に合わない気もします。3年の夏は挑戦のつもりで、4年の夏が本番くらいが現実的かと思います。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?

まずは民法からはじめるのがいいと思います。次に憲法。民法、憲法までは1年の間にやりつくしましょう。
大学の春休みは長いので、1年生が終わった後の春休みから、行政法、商法を始めるくらいがいいかと思います。
参考書は、Wセミナーのコンパクトデバイス、伊藤塾の試験対策講座、LECのC-BOOKあたりの読みやすいのがいいと思います。
行政書士、司法書士の試験は論文の出題はありませんが、可能な範囲で司法試験などの論文問題集に目を通してみると理解がぐっと深まるかもしれません。
民法の勉強できっちり法的思考力を磨いてください。これは本当に大事です。
せっかくの法学部なんですから、授業のみならず、いろいろ教授に質問しましょう。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?

行政書士は、法的思考力を身につければ、あるいは暗記の力技で、予備校抜きで何とかなるでしょう。
ただし、最近行政書士試験が少し変わって、記述形式の問題について、暗記では対処しづらいような印象も受けます。
しかし、司法書士については短期で合格するには、予備校のノウハウを利用するほうがいいかも知れません。
いずれにしても、まずは行政書士でしょうから、行政書士試験合格後に、司法書士の過去問を解いてみて、予備校抜きでは不足だと感じる部分だけでも、おそらく登記関連の法律や、記述式の試験の部分になると思いますが、予備校を利用することを検討してみてはどうですか?
検討するのは行政書士試験合格後ないし2年から3年になるときくらいでいいかと思います。
勉強の妨げにならない程度で、社会勉強だと思ってバイトをすれば、2年後には、必要最小限の予備校費用は稼げなくもないかと思います。

最後に、途中でも書いたアドバイスですが、法的思考力を身につけてください。
高校の勉強の延長気分で勉強すると、暗記に陥りがちで、力がつかないことになりかねません。
きちんと条文を読んで、どのように解釈されているか、文言に忠実なのか、広げて解釈しているのか、限定して解釈しているのか、なぜそのように解釈されているのか、なぜその解釈の必要性があるのか、なぜその解釈が許されるのか、不利益を受ける人はいないのか、というような視点を持ってみるといいと思います。

頑張ってください。

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても...続きを読む

Q早稲田大学法学部と中央大学法学部のどっちがいい?

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿にお金がかかりますので、できるだけ親に迷惑かけないよう塾には行かないつもりでいます。そのため中央大学のこのシステムはうれしいです。
また、法科大学院の合格者数・合格率ともに中央の方が勝っております。

次に早稲田大学に行きたいと考えるのは
単純に大学の名前です。やはり受験勉強する中でずっと早稲田のほうが(偏差値が)高いという認識で来たので、何となく早稲田のほうがいいんじゃないかなと思えてしまいます。もし中央よりも早稲田が良いという認識が社会レベルであって、司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際に、早稲田の名前が有利に働くのなら早稲田も捨てがたいです。

以上のことを踏まえまして以下のことにお答えいただきたいです。

(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)
(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?
(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。
(4)上記を踏まえて最終的にどちらを薦める?

にお答えいただきたいです。

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿に...続きを読む

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが良いです。

(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。

早稲田大学の場合、高田馬場キャンパスで4年間を過ごせるので、
学生街の雰囲気に浸り、早稲田祭で大いに盛り上がり、また文学部キャンパスなどを含め膨大な種類の科目から、
自分の学びたいことを選ぶことができます。
早稲田は7限まであるので、集中的に科目を履修して平日にあき時間を作ることもできますし、
留学制度が盛んなので、王道な欧米圏への留学以外にも、同志社大学への国内留学、中央アジアなどへの短期留学も考えることができます。

一方、中央は4年間八王子なので、勉強以外の面ではちょっと・・どうなんでしょうね。

(4)

明らかに早稲田です。
もし法曹につきたい場合、大学院で中央のロースクールに行けば良いのではないでしょうか?

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが...続きを読む

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報