初めに申し上げておきますが、国語に詳しい方から見れば、この問題は非常に低レベルな問題だと思います。しかし国語力の無い私から見れば非常に深刻な問題なのです。問題とは以下のようなものです。

以前私は、メールで相槌を打つ時に、「ふ~ん」という言葉を多用していました。それに対し、友人から以下のようにメールで注意されました。かいつまんで言うと、以下のような内容です。

友人>ふ~~~~ん、じゃなくて。w「ふ~ん」だと、真剣味がない(軽くあしらっている)感じがするので、せめて「へ~」の方が好印象かと。「へ~」だと、相手の話に興味を示しているように聞こえ、場合によっては自分も得をします。似た様な言葉に「ほほー」なんてのもありますね。

私は、なるほどその通りだなと思い、それ以後、メールでの相槌には「へ~」「ほほー」を使うようにしました。それからしばらくたって、友人に以下のような内容のメールを送りました。かいつまんで言うと、以下のような内容です。

私>~ラジオ番組を聞いていたら、たしかにアナウンサーの人が相槌を打つ時は、「へ~」と言っていました。やっぱりDくん(友人のニックネーム)のいうことは正しいんだなと思いました。

それからいくらか経って、友人から次の様なメールが届きました。かいつまんで言うと、以下のような内容です。

友人>ともくん(私のニックネーム)「へ~」「ほほう」が多いけど、ホントは「ふ~~ん」と言いたい所をラジオ(アナ)の真似をして言っているのかと思うと、俺の話に真面目に向き合ってもらえていないみたいで、なんか寂しいです。

「ホントは「ふ~~ん」と言いたい所をラジオ(アナ)の真似をして言っているのかと」という文を読んだ私は、そんなつもりなど微塵も無かったので、以下のように返信しました。(全文)

私>逆だよ逆!!「ふ~ん」と言いたい所を、Dくんが不快というのだから、それが世間の一般常識なんだろうなと思って、「へ~」「ほほう」と言うように心掛けるようになったんです。おれ、一般常識に自信がないものでDくんのアドバイスが頼りなんです。

それに対して友人は、以下のように返信してきました。(全文)

友人>逆じゃなくて、さっきのメールをちゃんと読んで欲しいです。それでは「へー」「ほほう」と言いたい時は何と言えば良いの?と質問される事を予想していましたが、○○歳ですし、折角の情報ツールを有効に活用して「話術」を勉強してください。人生、毎日が勉強ですよ!?

(かいつまんで)
友人>「へー」「ほほう」は良い(悪くない)んだけど、やけに多いし、使い方がわざとらしい(機械的)で、これもちょと不快を感じる時があります。話題に応じて臨機応変に使って下さい。人と話すって難しいね。

それに対して私は次のように返信しました。(かいつまんで)

私>おれがDくんからのあのメールをどのように解釈したのかというと、
自分(Dくん)が「へー」「ほほう」という言葉を教えたのに、ラジオのアナウンサーが同じ言葉を使っていたから、そっちを信用して、「へー」「ほほう」と言うようになったのかと思うと、なんか寂しい…
と言っているのかと解釈しました。このように誤解される可能性のある文面ではありませんでしたか?

それに対して、友人はこう返信してきました。(かいつまんで)

友人>それは違います。
「へー」「ほほう」は良い(悪くない)んだけど、やけに多いし、使い方がわざとらしい(機械的)で、これもちょと不快を感じる時があります。話題に応じて臨機応変に使って下さい。

(かいつまんで)
人の解釈の仕方は十人十色だと思うけど、先日のメールに書いてあったともくんの解釈とは違うという事です。

ここから二人の仲が急に険悪になり(今になって思い起こせば先に口火を切ったのは私の方でした。私の方から絶交しました。でも、親友と絶交するというのは、思いの外ショックで、翌日には謝罪し無事仲直りできました。

私が教えて頂きたいのは、友人からのメールを誤解した事は認めます。ただ、有り得ない誤解だという友人の発言にはどうしても納得できません。私は真実を知りたいだけです。済んだトラブルを蒸し返すつもりなど全くありません。
 お願いします。どうかどなたか国語に詳しい方、私の解釈は、友人の言う通り、「有り得ない誤解」だったのでしょうか?真実を教えて下さい。宜しくお願い致します。
 なお、恥ずかしながら私は国語力が低いので、恐れ入りますが中学生でも理解できるレベルの文章で御回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論と言うと、あなたは理屈では正しいが人間というものの感情(感覚)についてよく理解していない、ということになります。


「理屈では正しい」という意味は、友人は自分自身の気持ちを正確にあなたに伝えていないからです。

友人>ともくん(私のニックネーム)「へ~」「ほほう」が多いけど、ホントは「ふ~~ん」と言いたい所をラジオ(アナ)の真似をして言っているのかと思うと、俺の話に真面目に向き合ってもらえていないみたいで、なんか寂しいです。(A)

これは友人が自分の気持ちを正確に表現できていません。
実際には以下のようになります。

友人>ともくん(私のニックネーム)「へ~」「ほほう」が多いけど、俺の話に真面目に向き合ってもらえていないみたいで、なんか寂しいです。
しかも、ホントは「ふ~~ん」と言いたい所をラジオ(アナ)の真似をして言っているのかと思うと、余計に馬鹿らしくなってしまうよ。(B)

友人はこのように言いたかったのですが、正確な文章として表現できなかったわけです。
つまり、#2さんもおっしゃるように、「へ~」「ほほう」は元より、「ふ~ん」も含めて、相手の話を軽く受け止めている証拠なのです。
しかも、それを多用している。
これが全ての原因です。
友人はそのことを言いたかったが、上手に表現できなかった、ということです。

上記 A のような文で B のような内容を表現したつもりになっていたという点では友人に落ち度があります。
この意味であなたの言っていることは理屈としては正しい。
しかし、「へ~」「ほほう」「ふ~ん」という相槌は多用すると相手を馬鹿にしていることになる、という基本的(根本的)なことに気づかなかったという点ではあなたに落ち度がある。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、両方に落ち度があったという事ですね?私の知りたかった真実が分かった気がします。解説も学力の低い私でも比較的分かりやすかったです。溜飲が下りました。どうも有難うございました。

お礼日時:2012/02/02 20:45

 確かに低レベルな問題ですけど、何が低レベルかというと、メールの返事の仕方を指南している友人自身が、ろくな読解力や表現力を身に付けていない点です。



 短い文章で何か言おうとする場合、遠回しな表現や、どうとでも受け取れるような曖昧な表現を使うべきではありません。
 友人は最初から「へーやほほうも多用したり、使い方を間違えると不快に取られることがあるよ」と書いておけば何も問題なかったはずです。

「真面目に向き合ってもらえてない」云々の文章は、あなたを遠回しに非難していることだけはわかりますけど、具体的に何をどう非難しているかは書かれていません。どう受け取られても文句の言えない文章です。他者の文章にはケチを付けるけど、自分の表現力の稚拙さには目を向けないのですね。
 だいたい、自分のアドバイスを「真面目に受け取っている」からあなたが「へー」を多用するようになったんでしょうが(笑) あなたを非難する以前に、自分の教えた方が悪かったことに対して責任を感じるべきでしょう。

 ただし、以上のことは第三者だから言えることで、あなたは「そもそもお前の教え方が悪いんだろ! 自分だってろくな文章書けないくせに偉そうにしやがって!」と言える立場ではないですけどね。

 この件は、あなたが頼りにしている友人ですら誤解を招くようなメールを打つことがある、という教訓として憶えておけばいいでしょう。
 そもそも文章でのやりとりなんてものは、かなり気をつけて書いていても誤解を生む可能性を常に孕んでいるものです。だからこそ、自分が文章を書くときには厳しく、相手の文章を読むときには甘く接する必要があるのです。

 私からアドバイスしておくと、「ふーん」も「へー」も「ほほう」も相づち以上の意味のない言葉です。電話や対話なら、声のトーンやジェスチャーなどを絡めることで多くのニュアンスを込められますが、文章ではそれができません(つまり、ラジオの「へー」とメールの「へー」は別物だということです)。
 そうすると、相手は勝手にジェスチャーを補完するのですが、そのとき好意と取るか悪意と取るかは書き手には制御できません。つまり、あさっての方を見つめながら鼻でもほじりつつ「へー」と言っている姿を想像される可能性はいつでもあるわけです。

 だから、文章を書くときは、特にメールなどの短い文章では、具体性のない曖昧な言葉はなるべく使わず、よほどのことがない限りこちらの意図を誤解されないような、明瞭な文章を書くべきです。
 せめて「へー」の後に「それは興味深い見解ですね」とかなんとか、具体的な感想を付け加えておいた方がいい、ということです。携帯で文字を打つのは面倒ですけどね。

 そして相手のメールを読むときには、多少気に食わない表現があっても、「そう受け取られるのは相手の本意ではないかもしれない」という可能性を常に頭に入れておくべきです。携帯で文字を打つのは面倒ですからね。

 また、メールで話がこじれそうになったら、そのままメールでやり合うのではなく、早めに会って話をするべきです。文章で自分の意図をうまく伝えるのは非常に難しいですし、一度誤解が生じると、何をどう書いても相手は悪意のジェスチャーをイメージして文章を読んでしまう傾向にあります。この点は今回の件であなたも実感したはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

懇切丁寧なアドバイス、どうも有り難うございました。私もご回答者様からのアドバイスの一文一文を心に刻み、実践していこうと思います。解説も学力の低い私でも比較的理解しやすかったです。溜飲が下りました。

お礼日時:2012/02/02 20:20

「ふ~ん」、「へー」、「ほほう」では、いずれも相手を小馬鹿にしている対応です。

真から納得すれば、こういう表現にはなりません。つまり、どのように小馬鹿にしているかと言えば、「ふ~ん」、「へー」、「ほほう」、君はそのように理解しているのかい、世間一般とはずいぶん違うんだね、というわけです。相手の常識の無さや、不見識を嗤っていることになります。これでは、普通の人はちょっとムッとしますね。
違うのなら違うで、「僕の理解ではこういうことになる」と言うべきでしょうし、納得しての相槌の意味で使いたいのなら、「僕も同意だよ」とか、「了解できるよ」と言うべきでしょうね。その辺りを明らかにしないで、曖昧な応答を口癖のように繰り返されれば、誰だって怒りますよね。こういう人には、真面目な深刻な話などできませんね。
友人は、そういう曖昧表現を止めて、自分自身の意思を明らかに表示をすることを求めているのだと思われます。己の意思、己の精神を確立して欲しいのだと思われます。そうでないと、どのような哲学や思想で生きているのか分からないことになりますので、どう付き合って良いか分からないことになりましょうし、従って、良好な友人関係を維持することが困難になります。
そういう意味では、貴方にとって、その友人は大切な人と言うことになりますので、かつてサルトルが言ったように、曖昧な中立的立ち位置を恥ずべき事と考えられたら良いと思われます。まず、Yes、Noをはっきりさせるということから始めてみましょうか。中庸などと言うことは、もっと大人になってからにして、お若い頃は、その特権として白黒はっきりさせて良いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生経験豊富な方とお見受けしました。学力の低い私には、読めない漢字が2つ、(辞書で調べました)サルトルという偉人がいることを初めて知りました。(Wikipediaで調べました)お恥ずかしい限りです。学力の低い私には少々高尚な御回答なようです。ですからおっしゃられた事に素直に従うことにします。まずは友人にYes、Noをはっきりさせ、背伸びして中庸な立場はとらない事から始めてみようと思います。御回答有難うございました。

お礼日時:2012/02/02 16:43

私も質問者さんと同じように解釈しました。



あなたは友達が言っている事が間違っていなかったと言いたかっただけだとわかりましたよ。

なんだか難しい解釈をする友達ですね…

私も「ふ~ん」と言われるのは不快ですね。
興味がない・なんだか嫌だなぁと思われてるように感じます。

「へー」とか「へ~」ではなく「へ~!」とか「へー!」
もしくは感心したような、びっくりしたような顔文字や絵文字を「へー」の後につけたり
「なるほど。そうなんだ。」とか、そのあとに自分はこうだなとか
なにか文章を添えるといいかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の見解に共感して頂ける方が表れて、とても嬉しかったです。こういう解釈をするのは自分1人じゃなかったんだと分かってほっとしました。暖かい言葉での御回答有難うございました。アドバイスも参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/02/02 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ふ」に落ちないの「ふ」って何?

納得がいかないことを俗に「ふに落ちない」などと言います。「ふ」とは何でしょうか?また、本来「ふ」に何が落ちるのでしょうか?どなたかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

参考URLにあるように、「ふ」とは「腑」ではらわた、つまり腹のあたりの内臓、腸のことだと思います。
昔から、腸は心の存在するところの一つと考えられ、人に言われたことなどが、自分でしっかりと実感として納得できた場合は、「腑に落ちる」と言いました。「腑に落ちない」はその否定形で、「どうも納得できない」という意味だと思います。

又、「腑」に何が落ちるのかということですが、この場合は「頭ではわかっていることがどうも実感できないこと」が食べ物のように腸に落ちることによって、実感としてはじめて消化される、というイメージだと思います。

参考URL:http://gogen-allguide.com/hu/funiochinai.html

Qaがなんで連用形になるのですか? は ひ ふ ふ へ へ で終止形じゃないですか?

aがなんで連用形になるのですか?
は ひ ふ ふ へ へ で終止形じゃないですか?

Aベストアンサー

「あきなふ」の連用形は「あきなひ」ですが、それが「て」という接続助詞に続くとき、「あきなひて」⇒「あきなうて」と変化することがあります。これを「ウ音便」と言います。

Qモムンとへーテの話の題名

35年くらい前の小学一年生の国語の教科書にモムンとヘーテという小人がいて、栗の実を分け合うのだけれど、片方が実を、片方が皮をもらうことになります。その後洪水がきて、実を食べた方の小人が困っているところに皮だけしかもらえなかった方の小人が一つの皮には自分が、もう一つの方には家財道具を入れて避難していたのに、家財道具を捨ててもう一人の小人を載せて、二人が助かる、という話が載っていました。
この話をもう一度読みたくて、題名を知りたいのですが、どなたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?
年齢的には現在40~45歳くらいの方が一年生の時のものだと思います。教科書はたしか、啓林館だったか東書だったかだと思うのですが、定かではありません。

Aベストアンサー

モムンとヘーテについてですが、最近ですと小学校の道徳科の副読本に収録されています。光文書院の『ゆたかな心-あたらしい道徳-』に「モムンとヘーテ」というタイトルで収録されています。

Q京ことば「へー」

現在京ことばについて習っています。
標準語の「はい」にあたる「へー」について調べているのですが、疑問に思ったので投稿させてもらいました。

江戸後期に京都では「へいたい」のことを「へーたい」と言うようになったと本にあり、「へー」も初めは「へい」だったのが、二重母音エイが長母音エーに移ったのではないかと考えています。
それを立証するために、江戸後期以前で返事が「へい」と使われている作品を探しているのですが、検討がつかず、途方に暮れています。
もし、この作品は??という心当たりがある方は是非教えて下さい。

また、「へー」は感動詞と書いてある本と、応答詞と書いてある本があります。
感動詞といえば、応答詞という意味も含まれると思うのですが、どちらの記述のがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 うーん、その試みはどうなんでしょう……

 江戸後期もなにも日本語の -ei の発音はほとんどのものが長音化するものですよ。

 生活はセーカツ、平和はヘーワ、警察はケーサツ、姪はメーなどなど無数にあります。
 「いや、そんなことはない、オレはセイカツとちゃんといってるぞ」という人もいらっしゃいます。はい、そのとおり、きちんとゆっくりとしたときにはセイカツということはもちろんあります。しかし、そんな人でもお気楽なときにはセーカツと無意識のうちに言っているものなんです。
 実際、アナウンサーも「平成」は「ヘイセイ」と発音しているようですが「経済」は「ケーザイ(またはケエザイ)」と言っています。もちろん、意識してそう発声しているのです。

 また、辞書には「せいかつ」と載っている、だからセイカツと発音するのが正しいという人もいます。しかし、それは辞書表記が「せいかつ」なのであって、日本人がそう発音しているというものとは別のことなんです。
 注意しなければならないのは表記がそのまま発音されているわけではないということです。
 江戸ことばで「てやんでい」と書いてあったからといって、それが本当に「テヤンデイ」と発声されていたとは限りません。場合によっては「テヤンデー」とも言っていたわけです。人によって、この人は「テヤンデイ」、あの人は「テヤンデー」と言う、というわけでもありません。場面や状況によるのです。

 日本人はとかく表記と発音が一致しているものと思い込みがちです。しかし、「わwa」「はwa」、「おo」「をo」、「非難ゴーゴー」「象(ゾー)さん」のように、表記発声不一致や異文字同発音の例はいくらでもあります。
 したがって、江戸前期の書物で「へい」の例をある程度集めても「へい」から「へー」に移ったという証拠にはならないのではないでしょうか。

 また、質問者さんのおっしゃるとおり応答詞は感動詞の中に含まれている概念ですから、どちらをお使いになられてもかまわないのでは? 指導教官の門閥というか、ご自分のポリシーに従われればいいのではないでしょうか。

 #1さんのおっしゃる応答詞の分類は正しくありません。普通の学校文法では返事の「へい」も感心したときの「へえ」も感動詞です。ご存知のようにお見受けしましたが…念のため。

 うーん、その試みはどうなんでしょう……

 江戸後期もなにも日本語の -ei の発音はほとんどのものが長音化するものですよ。

 生活はセーカツ、平和はヘーワ、警察はケーサツ、姪はメーなどなど無数にあります。
 「いや、そんなことはない、オレはセイカツとちゃんといってるぞ」という人もいらっしゃいます。はい、そのとおり、きちんとゆっくりとしたときにはセイカツということはもちろんあります。しかし、そんな人でもお気楽なときにはセーカツと無意識のうちに言っているものなんです。
 実際、...続きを読む

Qふーん、って相槌しますか?(特に東北地方の方)

 ふーん、という相槌はしますか?岐阜市出身(25)です。岩手県出身(29)の友達と電話で話をしていて、「ふーん、」と相槌を打っていたら「何?ちゃんと聞いてるの?」と言われました。彼女が言うには、「ふーん、」というのは、その話がどうでもよくて、聞き流しているように聞こえるらしいのです。言い方にもよるとは思うのですが、私は彼女の話を聞いて本当になるほどなあ、という感嘆の気持ちも含んで、なるほどねー、という感じで「ふーん、」と言っていて、言い方が興味なさそうだった、というような感じではなかったと思います。「ふーん」という言葉自体使わない、と言っていました。

 彼女だけではないかと思い、彼女の周りの地元の人数人に聞いてみてもらったら、みんな「ふーん、」は言わない、馬鹿にしている、というような意見だった、と言っていました。

 「ふーん、」は、友達の間では極普通に使う相槌なので驚きました。地方によって、失礼にあたるようなイメージがあるのでしょうか。みなさんのお住まいの所では「ふーん、」という相槌は使いますか?教えてください。

 それから、彼女と話す時は「ふーん、」という言葉を使わないように心掛けてはみるものの自然に出てしまうので無理でした。では私が「ふーん、」と言う時、「へー、なるほど、そうなんだ」という気持ちで相槌を打つ時、何と言うかと尋ねたら、「そうなんだー、」と言うらしいです。確かに話の間その相槌が多かったですが、私からするといちいち「そんなんだー、」という相槌はちょっと長くて面倒くさいです。「ふーん、」は、短く、軽い感嘆のニュアンスを表明できて良い、と個人的には思っているのですが。

 相槌について、みなさんの場所ではどのような言い方をするかも教えていただけませんか。宜しくお願いします。

 ふーん、という相槌はしますか?岐阜市出身(25)です。岩手県出身(29)の友達と電話で話をしていて、「ふーん、」と相槌を打っていたら「何?ちゃんと聞いてるの?」と言われました。彼女が言うには、「ふーん、」というのは、その話がどうでもよくて、聞き流しているように聞こえるらしいのです。言い方にもよるとは思うのですが、私は彼女の話を聞いて本当になるほどなあ、という感嘆の気持ちも含んで、なるほどねー、という感じで「ふーん、」と言っていて、言い方が興味なさそうだった、というような感じ...続きを読む

Aベストアンサー

東北(山形)出身者です。

確かに「ふーん、」と言われると、ちゃんと聞いているのか不安になるような気がします。話に関心がないんだな~・・・とか。
でも感嘆の気持ちで「へ~!」って言ったりはするかも・・・って考えてると、「ふ~ん、」の言い方次第でも使うかも知れません。

でも、いちいち「そうなんだー」とは言わないですね(;´▽`A``
感情がこもってなさそうな「そうなんだー」のほうがヒドイと感じてしまうかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報