ある業種の上場企業にアンケートを実施したいと思います。費用をかけずに調べる方法があれば、どなたか教えてください。

A 回答 (4件)

ご質問にお答えします。


少し費用を使っても宜しければ会社四季報がベストです。
はっきりした金額は度忘れしてしまいましたが、2千円はしなかったと思います。
これで企業が選定できると思います。
企業の名称や、住所、株価の推移や財務状況などが分ります。
    • good
    • 0

その会社の住所やHPが掲載されたサイトがあります。


業種別に分かれていて、ご希望の業種を即座に
登場させることが出来ます。
いくつか類似したサイトはありますが、
下記のURLのものは見やすく作られていますので
どうぞジャンプしてみてください。

また、未上場の企業ばかりを集めた一覧表サイトなども
あります。

もし、ご自分でお調べになるのなら
検索エンジンで【企業一覧】というキーワードを
打ちこむとかなりの数がヒットします!

参考URL:http://www.yajima.shibuya.tokyo.jp/inetkj/interk …
    • good
    • 0

何を調べたいのか分かりませんが、


www.yahoo.co.jp
に行って、ファイナンスを選択後に業種別を選択すれば、各企業が調べられません?

面倒だったら、四季報とかの企業雑誌を購入すれば良いのでは?

多分これで電話番号も分かるはずです(勿論代表のですが)。
    • good
    • 0

日経新聞を買う=上場企業の名前は全てわかります。


あとは地道に、タウンページとかネットで住所を調べるしかないん
じゃないですか?
費用を掛けずにって条件があると・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか…日経新聞には上場企業の名前が全部載ってるんですか…そんな事も知らないでOLやっている自分がはづかしい…早速会社で取ってるのを見てみます
ありがとうございました!
ちなみに、費用をかけたらもっと簡単な方法があるんでしょうか?
調べたい業種は、不動産の賃貸管理業・建築業です。

お礼日時:2001/05/08 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上場企業って?

よく東証1部上場企業だとか非上場とか耳にします。

やはり上場企業の方がいいのでしょうか?

上場、非上場がどちらがいいと比べるものではありませんが、世間一般人の意見としてお願いいたします。

私としては、どちらも関係ないとおもっています。

Aベストアンサー

上場企業のほうがいいと思われます。
非上場だと、社長がワンマンになりやすく、法令遵守にも疎く、財務情報が不透明なところが多いように思います。
上場すると、定期的に株主に財務情報を公開せざるを得ないため、財務情報は透明となり、労働法も含めた法令遵守にも気を配る必要もでてきます。
また、上場すると、資金調達の手段が増え、金融機関からの信用も増加するので会社経営は安定し、倒産しにくくなります。
また、東証一部の会社の方が新卒の優秀な人材を得やすいというのもあります。また、そのために会社としては、給与水準もそれなりに上げていく必要があります。
また、上場企業勤務の従業員の場合は雇用が安定しているということで、金融機関からの多額の融資も受けやすくなります。
日本の社会では、まだまだ、上場企業勤務というのが会社や個人の信用を計る一つのバロメーターとなっているのも事実です。

Q同じ業種の企業名を調べたい

下記3点を調べたいと思っています。

・例えば「飲料品メーカー」など、一つの業種に絞って
 どんな企業があるのか、その数と企業名が知りたい
・その企業の概要が知りたい
・できれば売り上げ状況等も知りたい

このようなことは、どうすれば情報が得られるでしょうか?効率的な方法を教えてください。

また、情報図書館のようなものがあると聞いたのですが、それについても教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その業界の「業界団体」「工業組合」「協議会」「連絡会」
などがほとんどどの業界にも有りますので、そこへ問い合
わせれば名簿等は入手可能です。

それら団体の HP も沢山有りますので、アクセスすれば加
入者名が分かります。1つの業界で、複数のサブ団体が有
る場合も有ります。

逆に、大手1社が、どの組合・団体に入っているかを調べ
れれば(HP にアクセス)、それらも分かります。


団体NET
 http://www.dantai.net/dantaisearch.asp?s2=05&s3=10
 酒飲料


大阪商工会議所・図書館/企業名簿の目録
 http://www.osaka.cci.or.jp/Jigyou/Toshokan/meiboA.html#13
 13 飲料・たばこ、飼料製造業


http://www.mdb-web.ne.jp/dd/#gyokai
業界別情報源
 http://www.mdb-web.ne.jp/dd/details/06dd.html
 食品のメーカーリストは?
  ・「食糧年鑑 食品界総合名簿」
  ・「日本の食品メーカーガイド」
  ・「食品工業総合名鑑」


名簿図書館などは有料ですから、大きな公共図書館(国立
国会図書館)などで。

参考URL:http://www.dantai.net/dantaisearch.asp?s2=05&s3=10,http://www.mdb-web.ne.jp/dd/#gyokai

その業界の「業界団体」「工業組合」「協議会」「連絡会」
などがほとんどどの業界にも有りますので、そこへ問い合
わせれば名簿等は入手可能です。

それら団体の HP も沢山有りますので、アクセスすれば加
入者名が分かります。1つの業界で、複数のサブ団体が有
る場合も有ります。

逆に、大手1社が、どの組合・団体に入っているかを調べ
れれば(HP にアクセス)、それらも分かります。


団体NET
 http://www.dantai.net/dantaisearch.asp?s2=05&s3=10
 酒飲料


大阪商工会議所・図書館...続きを読む

Q上場企業の奥さまと、自営業のご主人は上手くいってますか? 私の友人が旦那38歳独立開業したばかりで、

上場企業の奥さまと、自営業のご主人は上手くいってますか?

私の友人が旦那38歳独立開業したばかりで、奥さまは上場企業の34歳でできちゃった婚しました。

Aベストアンサー

妻が上場企業の役員というなら別ですが、そうでないなら単なる共働きです。

Qアンケートを実施し、ある方の回答をみたら、1.2.3.4と並んでいる中

アンケートを実施し、ある方の回答をみたら、1.2.3.4と並んでいる中で、1と2を大きく〇で囲んでいました。その場合、1.5とカウントしてしまってもよいものか、それとも無効とすべきでしょうか。

Aベストアンサー

「1.5」では1を回答した人と2を回答した人が1名ずついることになってしまいます。
これは統計学上、サンプル数と合計点数で人数の整合性が取れずおかしなことです。

1は無効、2以上は有効とカウントする調査もありますし。

この場合無効とすべきです。

QGetMoneyの親会社の上場企業を、教えてください。

御世話になります。GetMoneyは、上場企業の子会社が運営だから安心
とありましたが、上場企業を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

GetMoneyはチャンスイットという会社が運営しています。
そのチャンスイットという会社は、東証マザーズに上場しているアドバックスという会社の子会社です。
下のサイトで分かると思います。
http://www.advax.jp/

銘柄コードは4749です。しかし株価は32円です。
業績はかなり悪そうです。特別損失を出して赤字のままですね。
http://jp.reuters.com/article/resultsNews/idJPJE9HWRPIP20080509

上場企業だから安心というのは当てはまらないかも。

Q企業(特定の業種)の住所を調べるのにタウンページの様な物ありますでしょうか?

企業(特定の業種)の住所を調べるのにタウンページの様な物ありますでしょうか?
ネット版のタウンページではデータ量が少ない物で....
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

意外と役に立つのが東洋経済の会社四季報(CD-ROM版)です。単語でフィルタリングして、企業の住所を抜くことができます。

Q【上場企業が上場廃止になるのは良くあることなんでしょうか?】 10年で生き残る企業は1割と言われてい

【上場企業が上場廃止になるのは良くあることなんでしょうか?】


10年で生き残る企業は1割と言われているので、上場企業も1年でバンバン上場廃止になっているのかなと思いました。

1年でどれくらいの上場企業が上場廃止になっているのか教えてください。

Aベストアンサー

件数までは存じませんが、そんなに珍しいことだとは感じません。
倒産(または倒産に近い状態)した場合だけでなく、合併したとか買収されたとか、これからは増えてくるかもしれませんね。

http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/delisted/
http://jojogaisha.com/kijyun/haishikensu.html

Q上場企業のマーケティング事例

上場している企業は、さまざまなマーケティング戦略が行われていると思います。

たとえば、任天堂であったら、Wiiのときのブルーオーシャン戦略などがありますが、任天堂がブルーオーシャン戦略をとっているというのは公表している情報として存在するのでしょうか?

任天堂でなくてもいいので、気軽にマーケティング戦略をその企業のHPで見られるような企業がありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●ASDAQ上場の日本マクドナルドホールデングス(http://www.mcdonalds.co.jp/company/outline/enkaku.html )は子会社に衣替えした日本マクドナルドを通して、"QUARTER POUNDER"の名を冠した店で先ず販売し、その後マクドナルドたる仮面を脱いで、マクドナルドが仕掛けたのを明かした例
→http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081211/1021818/?ST=yahoo_headlines&P=1

●(日本の企業風土からは馴染み難い!?)西友の比較広告→http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-a2b6.html

●("日本国内"とは限らぬから)NYSE上場企業迄、含めて、日本では3M(http://ja.wikipedia.org/wiki/3M )の合弁子会社、の住友スリーエムが手掛けるある意味日本向け専用と看做せそうな(!?)付箋紙タイプのポストイットの例→http://www.mmm.co.jp/develop/story2-7.html
等がひょっとすると、ある程度参考になるかも知れません。

●ASDAQ上場の日本マクドナルドホールデングス(http://www.mcdonalds.co.jp/company/outline/enkaku.html )は子会社に衣替えした日本マクドナルドを通して、"QUARTER POUNDER"の名を冠した店で先ず販売し、その後マクドナルドたる仮面を脱いで、マクドナルドが仕掛けたのを明かした例
→http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081211/1021818/?ST=yahoo_headlines&P=1

●(日本の企業風土からは馴染み難い!?)西友の比較広告→http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-a2b6.html

●("日本...続きを読む

Qこの場合、「上場企業」とは、どこまで含むと思いますか? 

下記ページのグラフで「上場企業の広告宣伝費」という言い方で金額がプロットされていますが、ここでの「上場企業」とは、どこまでを含んでいると思いますか?

http://www.nikkei-koken.gr.jp/study/01.html

他の資料では、日経広告研究所は、上場企業の数を2700社(2003年のデータだと思います。正確な数は記憶していませんが)程度として、出しているようです。ということは、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレスなどは含まない?と思うのですが、いかがでしょう?

あるいは、東証や地方の証券取引所の1部、2部上場の企業だけを含むと考える場合、重複上場の分を差し引くと、2700社を下回ってしまうでしょうか?

ちなみに今日現在の上場企業数は、東証1部1677、2部521、マザーズ131、大証1部675、2部281、ヘラクレス121、JASDAQ945です。

#まず日経広告研究所に聞いてみましょうとは言わないで、いっしょに考えてください。急いでいます。

Aベストアンサー

「日経広告研究所が、日本経済新聞社の「NEEDS日経財務データ」を基に調べたもので、対象は上場企業および有価証券報告書を提出している有力企業の合計4532社」と言っていますから、結局、有価証券報告書を出している全企業が対象になっているのではないかと思います。

Q翻訳会社が営業すべき企業・業種について

 この度、知人が翻訳会社を立ち上げようとしております。が、営業先の選定に困っているようです。そこで「もしご自身が翻訳会社の経営者となった場合に、営業先に選ぶ企業の業種は?」と想定して、アドバイスをしていただけますでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きくは無いけど技術力を持ったメーカーで、今まで海外に出ていないところが狙い目だと思います。
今現在輸出入をしているところは自分で翻訳が出来るか、今付き合いのある業者が必ずいます。
そこからまるで過去の実績のない会社が仕事を取ろうとすると料金を下げることになり、価格のたたき合いになります。

メーカーで輸出をしていないと言うのは言葉の壁が障害になって外に出て行けないというところが結構あります。
そういうところであれば今まで入っている業者が無いので価格の戦いをしないで済みます。
ただし、専門用語や技術用語などがわからないと難しいと思いますが。

#2さんの案なら、輸入先より、展示会に行って輸出元に売り込みに行った方が良いと思います。
言葉が壁になる輸入先は元々そんなに輸出入をしてない会社だと思われます。
ですが日本の展示会に来るような輸出元は日本に売り込みたいと考えているがそこまでのスタッフの準備が万全でないと言うことです。
そこで翻訳会社が間に入って言葉の壁に扉を開く役目になれば、その会社からいくつもの日本の輸出先への翻訳の仕事が来ることになると思います。
日本の企業を相手にするのでなく、日本に輸出したい外国の企業を相手にするんです。
それならアパレルに限らずビックサイトなどで行われている展示会に何度も足を運び、輸出元の外国の企業に売り込みをかければ良いので営業にかける時間も絞れると思いますよ。

大きくは無いけど技術力を持ったメーカーで、今まで海外に出ていないところが狙い目だと思います。
今現在輸出入をしているところは自分で翻訳が出来るか、今付き合いのある業者が必ずいます。
そこからまるで過去の実績のない会社が仕事を取ろうとすると料金を下げることになり、価格のたたき合いになります。

メーカーで輸出をしていないと言うのは言葉の壁が障害になって外に出て行けないというところが結構あります。
そういうところであれば今まで入っている業者が無いので価格の戦いをしないで済みま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報