最近三島由紀夫の興味をもったのですが、三島由紀夫の本で最初に読むに一番ふさわしい本・三島を知るのに一番オススメの本を教えて下さい★

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 こんばんは。

満場一致で『金閣寺』ですね。
是非読んで頂きたい一冊、賛成です!

 最初に読まれるということで、一応『金閣寺』より文字数の少ない(途中で挫折しにくい・・・?)著作も以下に挙げておきます。
1)『憂国』
 死ぬ瞬間ってどんなだろう、経験した人って少ないと思いますが、目が離せないほどの迫力の描写でした。

2)『頭文字』
 ベールに包まれている天皇家の物語。何というか、ゾクッとします。

3)『不道徳教育講座』
 エッセイです。結構笑えます。これは最初に読むより、何冊か読んだ後の方がいいと思いますけど、ご参考までに。他の著書との関連性、根本みたいなのが見え隠れしてます。

あと、『孔雀』は美輪明宏さんをモデルにしたということで有名ですよね。美輪ファンにもおすすめ・・・かな。
    • good
    • 2

最近は読んでいませんが、私としては、仮面の告白をお勧めします。


また、花ざかりの森は、初期の作品として、よくできていたように思います。
そしてやはり、三島ワールドの総集編として、豊饒の海4部作は、読んでいただきたいと思います。
名作 憂国の、味もあり、作者が、力を注ぎ込んだ作品だと思います。
また、皆さんがおっしゃるように、金閣寺などのモデル小説を読み進めていくのも面白いかもしれません。
青の時代とか、宴のあととか。
また、エッセイや、戯曲も、おもしろいです。
ひとつの時代を作り、生きぬいた人として、日本を代表する何かを、持っていると思います。
    • good
    • 4

おはようございます!



「金閣寺」私も一票です♪やっぱり三島文学の金字塔ですよ!で、他の一冊を・・・と言うと、#6さんの品揃えも良いのですが、それプラス三島の人となりを感じる上で、私は「師・清水文雄への手紙」を推薦したいです。

まだ十六歳の中学生の作品『花ざかりの森』に目を留め、三島由紀夫のペンネームで世へ送り出す役割を果たしたひとであり生涯唯一人の師と仰いだ国文学者の清水文雄との書簡集です。今まで「潮騒」と同時収録だったのですが、更に何通かの書簡が見つかったのを機に、新たに最近、文庫本化されました。

三島の文学を知る上での大切な軸となるものだと思いますので、是非とも一読していただきたいと思います。
    • good
    • 2

皆さんが答えているとおり、私も『金閣寺』をおすすめします。

この本を読んでから一発で三島由紀夫のファンになりました。『仮面の告白』もいいですね、誰でも持っているけど表にはなかなか出さない人間のこころの奥にある気持ちを表現していて私はすごく共感しました。
三島文学の入り口としてふさわしいのは『金閣寺』でしょう。
    • good
    • 1

三島由紀夫さんご自身に聞いたとしたら、きっと「金閣寺」と答えられるかもしれませんが(たしかインタビューでそうおっしゃてたような記憶が。

)、私的には「午後の曳航」そして「愛の渇き」なんてショッキングでしたねぇ。
    • good
    • 1

わたくしも「金閣寺」をおすすめします。


これを読み終わった時は、「小説なんて他にはもう何も読む必要ないや。」と思いました。

…なんてことは、もちろんその時の興奮状態にあるから湧き上がった感情ですが。
それくらい、すべてがそこにあるように、思わされました。
(若かったからかな…)
    • good
    • 1

 最初にというならば、やはり『金閣寺』がおすすめです。

ついで『仮面の告白』。後はアトランダムに何でも。ちなみに私は三島の真骨頂は戯曲にあると思いますが。特にいえば『サド侯爵夫人』ですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三島由紀夫の本

最近三島由紀夫の興味をもったのですが、三島由紀夫の本で最初に読むに一番ふさわしい本・三島を知るのに一番オススメの本を教えて下さい★

Aベストアンサー

 こんばんは。満場一致で『金閣寺』ですね。
是非読んで頂きたい一冊、賛成です!

 最初に読まれるということで、一応『金閣寺』より文字数の少ない(途中で挫折しにくい・・・?)著作も以下に挙げておきます。
1)『憂国』
 死ぬ瞬間ってどんなだろう、経験した人って少ないと思いますが、目が離せないほどの迫力の描写でした。

2)『頭文字』
 ベールに包まれている天皇家の物語。何というか、ゾクッとします。

3)『不道徳教育講座』
 エッセイです。結構笑えます。これは最初に読むより、何冊か読んだ後の方がいいと思いますけど、ご参考までに。他の著書との関連性、根本みたいなのが見え隠れしてます。

あと、『孔雀』は美輪明宏さんをモデルにしたということで有名ですよね。美輪ファンにもおすすめ・・・かな。

Q★☆オススメの本教えてください★☆

最近読書にハマってます♪ 感動系の小説を探してます。
DeepLoveみたいなのを探してます 恋愛感動系みたいなのあったら教えてください!! 他感動系の本・オススメの本あったら教えてください>∀<

Aベストアンサー

初めまして★
何だかココを見ていると、乙一さんを好きという方が多くてビックリ…。私も大好きでほとんど読んでいます。周りの友達には「誰それ??」って言われちゃいますけど…。

さてさて。恋愛系でオススメなのは村山由佳さんの「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズです!もう8作目だったか9作目だったかまで発売されています。
ほのぼのとしていて好きです★
機会があればぜひ読んでみてください(^^♪

Q三島由紀夫が潮騒を書いた理由

このまえ学校で三島由紀夫の作品についての授業があったんですが、
気になることがあって質問しました。

三島由紀夫の作品の中で「潮騒」は明らかに浮いていると思います。
三島由紀夫がこのような作品を書いたのには、
どんな背景、理由があったのでしょうか?

分かる方いらっしゃいましたら、
回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>三島由紀夫が潮騒を書いた理由

ギリシャの古典作品の「ダフニスとクロエ」に触発されて書かれたとされています。Wikipediaの記述で確認できます。
三島作品の中では異色のように思われますが、三島は戯曲・台本なども数多く手掛けています。また、「豊饒の海」が「浜松中納言物語」に着想を得て書かれているように、三島の幅広い古典の渉猟ののなかから生まれた作品は数多くあります。

以上、参考までに。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E9%A8%92_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

Q三島由紀夫の『翼』について

 高校の時、現国の問題集で見かけて以来、ずっと気になっている作品です。
 しかし、問題集にはこの作品の一部しか掲載されていなかったので、読みたいと思っているのですが・・・。
 この作品は、書店などで簡単に手に入るモノなのでしょうか?
 それとも、図書館にあるような全集にしか収録されていないモノなのでしょうか?
 出来れば、手元において読んでみたく思っています。
 どなたかご存じの方、ご回答下さい。
 お願いします。

Aベストアンサー

以下の成書にあるようですが・・・・(内容未確認!)?
=========================================
真夏の死/三島由紀夫/創元社/1953 
三島由紀夫選集/第10/新潮社/1958 
三島由紀夫全集/6/編纂:佐伯彰一∥〔等…/新潮社/1973 
三島由紀夫全集/6/編纂:佐伯彰一∥〔等…/新潮社/1973 
三島由紀夫短篇全集/4/講談社/1971 
=======================================
これらの中で短編(?)としてあるようですが・・・?

ご参考まで。

Q三島由紀夫に関する書籍

大学の講義で三島由紀夫について学び、すっかり魅了されました。
そこで、三島氏に関する(思想、人柄、生涯等について書かれている)著書で
お勧めがあれば教えて下さい。
ちなみに、数年前『三島由紀夫の最期』を購入しましたがイマイチでした。

Aベストアンサー

私は昔、三島由紀夫の「金閣寺」を読んだことがあるのですが、その後たまたま出会った本にインドのエリートビジネスマンが書いた日本体験記「喪失の国、日本」(M・K・シャルマ著)で三島由紀夫に一部触れている章「三島由紀夫は民族主義者じゃない」があります。「金閣寺」に対する著者の三島由紀夫論なのですが、観察眼のない一般書評などとは一味違い深く切り込んだ解説が圧巻でした。「金閣寺」を読んでいなくともこれを見たら読みたくなると思います。この他にも驚きの日本体験談で前半笑いをちりばめながらも、後半で日本人以上に日本を見る鋭い目や先見性で語っていく著者の頭の良さと洞察力に関心します。読み物としても面白く、あっという間に読めてしまうので娯楽にも勉強にもなりおすすめです★

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167651386/qid=1107897707/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-6085018-8442660

Q最初は笑って読んでいて最後に気づくとないてる本

最初は笑って読んでいて最後に気づくとないてる本
こんなふれこみで、ラジオ(4/6、昼頃、j-wave)にて紹介されていたんですが、最近の本で中央公論社から発売されているらしいのですが、車の運転中に拝聴していたので肝心のタイトルや作家名はサッパリ聴き取れずじまいでした。
もしそんな本があったらラジオ紹介に合致してなくても一度読んでみたい気がします。
ご紹介よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浅田次郎さんの『プリズンホテル』はいかがでしょうか?
夏・秋・冬・春の全四冊です。
はじめのほうはただの荒唐無稽な話のようですが順番に読んでいくと
最後の春でほろっときます。不意打ちのように涙が出て
自分でもどうして泣くのかわかりませんでした。
4冊読んできて心の中にたまっていたものが一気にあふれてしまったような感じです。
ラジオで紹介していた本はわかりません。ごめんなさい。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087473295/249-5976363-7411539

Q谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はどんな感じでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。ある中国人作家のインタビューで谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章が好きだと聞きました。私は二人ともの作品をあまり読んだことがありません。谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、ご存知の方教えていただけないでしょうか。谷崎潤一郎と三島由紀夫のどちらについてもかまいません。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、

実際に読まれるのがいいのですが、ひとことでいえば即物的な描写を心がけ、それが成功した文章だということでしょうか。さらりと流すのではなく、これでもか、これでもかと形容詞や比喩を駆使し、何重にも描き重ねて表現したいものを正確に、しかも美的に表現することに努めたということだと思います。

二人の小説は主題はかなり異なりますが本質的に似通っていると思います。哲学的に深いものはありませんが、読者を酔わせるものがあります。

単なる私見です。
ご参考になれば。

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q三島由紀夫が少年時代坂口安吾のようなスポーツマンだったら?

三島由紀夫が少年時代坂口安吾のようなスポーツマンだったら?

坂口安吾と三島由紀夫の少年時代は対照的です。
坂口安吾は柔道が強く、陸上部ではないのに大会の時には助っ人を頼まれる程スポーツが得意だったそうです。三嶋由紀夫は虚弱児で、剣道やボディービルをやり始めたのは(或いは、そういうことが出来るようになったのは)大人になってからです。私は、ふと、もし三島由紀夫が少年時代坂口安吾のようなスポーツマンだったら小説家にはならなかったのではないかと思うことがあるのですが、みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

cpbrさん、こんにちは。

一介の安吾ファンですが、なかなか興味深いご質問を立てられましたね。
三島が書いた安吾論は、ほとんど安吾に対する絶賛、オマージュで貫かれていると思います。
安吾も、《戦後派》一色に塗りつぶされていた文壇に、『仮面の告白』を引っ提げて殴り込みを掛けてきた三島を大いに買っていたようです。

とは言っても、もし安吾がもう少し長生きをしていたとしたら、その後の三島の文学をどれだけ評価したかとなると、私としてはちょっと疑問を覚えますね。
その意味では、二人の関係は、三島の方がもっぱら自分の中にない人間的魅力を安吾の内部に見出し、一方的に片思いをしていたのではないかと思われてなりません。

>三島由紀夫が少年時代坂口安吾のようなスポーツマンだったら?

う~ん、生まれてから小学校に入学するまで、看護婦付きの祖母の病室で育てられた三島に、やんちゃ坊主でガキ大将だった安吾のような幼少年期は望むべくもないような気がします。
で、三島が「安吾のようなスポーツマンだったら」と仮定することは、乳幼児期の三島が祖母に溺愛されなかったらと仮定することでもありますが、その場合、祖父や父親と同じように、エリート官僚として大蔵省を勤め上げ、現在も存命中なら、満85歳になっていますから、今頃は悠々自適の隠居生活を送っているのもしれませんね。

>坂口安吾は柔道が強く、陸上部ではないのに大会の時には助っ人を頼まれる程スポーツが得意だったそうです。

はい、それも、三島のような、付け焼き刃のスポーツ憧憬ではなく、幼少時の忍者ごっこの成果なのか、中学時代にはハイジャンプで全国優勝していますし、自分ではヘタだと言ってますが、野球にもずいぶん熱心だったようです。

でも、この点では太宰治と似ているのかもしれませんが、素封家の大家族の中で生まれたこともあって、平均的な家庭の子のように両親の愛情を受けて育ったわけでもなく、幼くして自分探しを余儀なくされ、早い段階で文学にのめり込んでいますよね。
そのことが、彼のふるさと思慕、しかも親とか、先祖とか、生まれ故郷とか、自然とかをも超越した、もっともっと形而上学的な、しかも生きることの現実的必要性から決して遊離しないふるさと憧憬へと彼を向かわしめたような気がします。

cpbrさん、こんにちは。

一介の安吾ファンですが、なかなか興味深いご質問を立てられましたね。
三島が書いた安吾論は、ほとんど安吾に対する絶賛、オマージュで貫かれていると思います。
安吾も、《戦後派》一色に塗りつぶされていた文壇に、『仮面の告白』を引っ提げて殴り込みを掛けてきた三島を大いに買っていたようです。

とは言っても、もし安吾がもう少し長生きをしていたとしたら、その後の三島の文学をどれだけ評価したかとなると、私としてはちょっと疑問を覚えますね。
その意味では、二人の関係は、...続きを読む

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報