人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お恥ずかしいですが歴史に疎いです。
あちらこちらに帰化人の墓、といわれる古墳や洞穴のようなものを見かけます。
例えば阪急電車の沿線宝塚から花屋敷ぐらいまで、窓から見える低い山々には
古墳や石の塚が沢山ありすべて帰化人の墓である、と市の広報か何かで読んだことがあります。
また神奈川の足柄上郡にいた時も、地元の人の歴史探索に参加しこの茶畑の向こうには
身分の高い帰化人の墓がたくさんあるとの説明を受けました。
茶畑の中にもあるということでした。
兵庫県の綾部梅林に行った時も、たくさん土を盛り上げたほこらがあり、
帰化人の墓という説明がありました。
大阪の池田市には呉羽、伊古太というふたつの神社があり、そこには
日本に織物をもたらした二人の姉妹の姫がまつられています。
やはり帰化人ということです。
この帰化人とはどういう人を指すのでしょうか。
古くからある神社には古墳が境内にあるのをよく見かけるのですが、古代からの
神をまつる祭事のばしょなのでしょうか。
また帰化人とはどこから来た人を指すのでしょうか。
頭の片隅に引っかかっていました。
できましたら詳しく教えていただけたら有り難いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>この帰化人とはどういう人を指すのでしょうか。



大化の改新までは、日本と朝鮮・中国は文化的な繋がりがあったのです。
当然、当時の先進国は中国ですよね。
中国の文化が、朝鮮半島を経由して日本に伝わる訳です。
(韓国の国定教科書では、古代韓国が韓国の最新技術・文化を日本に教えてあげた!と記載しています。爆笑!)
日本は、先進技術を得る目的で多くの知識人・秘術者を国内に招いたのです。
この知識人・秘術者及び子孫の方々ですね。

>古くからある神社には古墳が境内にあるのをよく見かけるのですが、古代からの神をまつる祭事のばしょなのでしょうか。

神社は、明治維新までは色んな神を祭っていました。
別に、天照・八幡でなくても良いのです。
日本に住みついた方々の故郷に似た地形があれば、祖先を祭る社を建てています。
京都の太秦も、帰化人が住んでいた地域として有名です。
現在でも、京都の某地域は在日南北朝鮮人の方々が多く住んでいます。

>また帰化人とはどこから来た人を指すのでしょうか。

先に書いた通り、中国・朝鮮(百済・任那)が大半でしようね。
藤原鎌足(中臣鎌足)って、ご存知ですか?
彼も、朝鮮半島から来た帰化人です。
日本書紀を読めば分かりますが、突然歴史に登場していますよね。
中臣鎌足は、高句麗・新羅に攻められて滅んだ「百済の王子」という説が強いのです。
百済・日本の友好関係の証拠として、百済から渡って来ていた王子らしいです。
(人質と書いている文書もあります)
天智天皇は、何故か敗北確実の百済救援の為の軍隊を派遣しましたよね。
これも、鎌足の進言らしいです。(天智にしても、天皇にしてもらった訳ですからね)
白村江の戦い前後は、日本の歴史から鎌足が消えています。(日本書紀)
たぶん、百済で戦闘指揮をとっていたのでしようかね。
「百済復興だ!」とね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしいか回答をいただきまして、ありがとうございました。
もっと日本の古代史を勉強したいという意欲がわいてきました。!
イギリスの児童文学の研究が面白くてはまっていましたが
また別の目標ができました。
老いていて記憶力も落ちてきましたが、近くの図書館で本を探し、
てみます。感謝!

お礼日時:2012/02/05 09:08

直接の回答ではないかも知れませんが、質問者様のおっしゃる「日本に織物をもたらした二人の姉妹の姫」のお話が、今も、昔話として池田に伝わっているそうです。



http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/20 …

後半部分にお話が書かれています。

この昔話では、姉妹の姫は百済(朝鮮半島)からやって来た事になっているようです。

「日本人は渡来人たちに、機織をはじめ染色、鏡や石や太刀の細工、船の造り方などたくさんの技術を教わったにもかかわらず、最近は、渡来人を帰化人としてさげすむ者が数多くいる事に、常日頃から少し腹立たしい思いがしていた」(上記のサイトから引用しました)

このあたりが回答につながるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。期待していた回答でうれしく思います。
あの辺りには呉羽という地名もあり、秦という姓の人も住んでいます。
日本の文化の基礎を作るため貢献してくれた渡来人を現代の日本人は
差別や嫌悪の言葉を使ったり情けないことです。
逆にコンプレックスがそうさせているのかもしれません。
奈良に住んでいたころお隣の家の奥さんと親しくなり、
自分の家は代々寺侍だが、遠い祖先は渡来人だといっておられました。
東京にいたころ日本民芸館で古代朝鮮の美術を見ました。
おおらかで、でユーモラスで、すぐれたものでした。
日本人としてのアイデンティティを脅かされるという感覚がそうさせるのかもしれません。
日本人としてのアイデンティティは一人一人の人間性にあると思います。

お礼日時:2012/02/05 07:56

その頃の帰化人は、いわゆる外国人を意味します。



外国人が日本で死んだ時に帰化人の墓として母国の地を踏めずに、この世を去った人を祀ったのです。

今の語源とは意味が違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/04 21:03

こちらに詳しく書いてありますのでご自分で読んで勉強してください。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E5%8C%96% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/04 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング