痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして。 よろしくお願いします。

夫と、夫側の義両親と同居中です。

家は義両親が購入し、支払いも義両親がしていたのですが、家と土地の名義は義弟名義になっています。

不動産登記は、家、土地とも、権利部(甲区)は義弟の単独名義です。
権利部(乙区)は権利者その他の事項という部分に連帯債務者として、まず義弟の名前、その下に義母の名前が記載されています。

義弟は家を購入当時、義両親と一緒に住んでいたのですが、結婚後、家を出ています。
義弟夫婦が家を出た暫く後、義父、義弟とも合意の上で、夫と私が義両親と同居を開始しました。

義両親は『義弟のために家を購入した』という意識は無く、単純に自分達が住む為の家を買ったつもりだったと言っています。
購入当時、諸手続きを義弟に一任していたので、登記の名義は、当時のなりゆき上義弟のものになったようですが、義両親は、自分達の権利について全く無頓着です。
現在訳あって義弟とは疎遠にしているため、当時の経緯を直接義弟から確認する事が出来ません。

義弟名義の家の登記を、家の購入主である、義父、もしくは義母の名義に変更する場合はどのような手続きが必要になるのでしょうか?
名義変更の手続きの際に発生するであろう諸費用についても教えていただけないでしょうか。
家の購入のための頭金と、月々の支払いは義両親によるものです。(支払いは完済しています)

また、義弟が登記を自分名義にしていたという事は、義弟は義両親から家を贈与されたとみなす事ができるのでしょうか。
税金の諸問題などについても教えていただけたらと思います。
義弟(子供側)から義父(親側)へ名義を変更すると、支払ったのは義両親(親側)であるにも関わらず、義両親側に贈与税などの義務が発生するのでしょうか。

どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1で回答したものです。



義弟さんと不仲とのこと。

義弟さんの承諾は必要です。
義弟さんの実印や印鑑証明書も必ず必要になりますし…。


義両親が頭金を支払い、義弟さんの家を購入したとすれば、その時点で、本来なら義両親から義弟さんへの贈与として、贈与税が生じます。

頭金については、住宅購入のための特例で、贈与税は免除されるかもしれませんが、これには申請が必要です。

また、生前贈与は年間110万まで非課税となりますが、この特例は、住宅ローンには使えなかったはずです。
義弟名義の住宅のローンを義両親が支払ったなら、そのローン分については贈与になり、贈与税が発生します。それに無申告加算税、延滞税などが発生しますよね。

義弟さんに、このことを告げて、現在住んでもいない住宅の為に多額の贈与税がかかるとお話になってはいかがですか?

その負担が掛からないためにも、義両親名義に更生したいとお話になってはいかがでしょうか?

嫌な話になってしまいますが、普通は贈与税よりは相続税の方が安いはずなので、今さら、贈与税や遅滞税などを支払うよりも、義両親名義に更生された方が良いと思います。
(ただし、住宅購入がかなり以前の話で、ローン完済からも時間が経っている場合は、贈与税について時効になっているかもしれませんが)

司法書士さんに再度ご相談されて、できるだけ、穏便に解決できるといいですね。

あと義両親のご意向をもう一度しっかりと確認された方がいいですよ。
義両親の為にとやったつもりでも、後から
「確かに購入時点で弟に贈与することは考えていなかったが、いずれ、弟に残すつもりだった。あなたたちが騒がず、あのままにしておけば、贈与税も相続税も掛からずに弟に残せたのに…。弟は一番得な方法を考えて色々とやってくれていたのに」等と言い出すかもしれないので。
おそらく、司法書士の方も、そのあたりを心配されているのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

義両親が支払っていた住宅ローンの年間総額は110万円以内なのですが、特例が適用されないという事は知りませんでした。義両親は非課税枠を超える額で、繰り上げ返済もしています。(通帳に履歴がありました)当然、この繰り上げ返済総額が贈与とみなされれば贈与税が発生するという事ですね。

実は、数年前義母が病気で入院している最中に、義弟が一方的に家を売却すると言い始めたのです。権利があるとはいっても、いくらなんでも義母が入院しているさなかに突然何を言い出すのだろう??、これは一筋縄ではいかない…と感じ、抗議した事がきっかけで揉め、疎遠になってしまったのです。

住宅購入の時期を考えると時効になっている可能性は高いです。購入資金も、住んでいる地域の平均相場からすると低いので、仮に義弟に贈与税が発生しても大きな負担にはならないだろうと思うのですが、遅滞税などが発生していると事情が違ってきますね。

実情を税務署で確認したいのですが、そうする事により、言い方は悪いですが、寝た子を起こすような事にならないかが気がかりで問い合わせた事がありませんでした。
それこそ、ご指摘のように、黙っていれば義両親の思惑どおりに、義弟の物になったかもしれないのに、余計な事をしたと却って恨まれるような事にならないとも限りませんよね…。義弟に全てを残したい本音が言えない義両親の苦しい立場もあるかもしれない。

義両親の立場も考慮して、慎重に行動したいと思います。

本当にありがとうございます。
ご親切な回答や情報、そしてアドバイスをいただき、大変感謝しております。

お礼日時:2012/02/08 00:19

土地建物を買って登記する際には、必ず売買契約書を必要とします。


ですから、売買契約の買主が義弟さんになっていたものと思われます。
そうなると、義父母さんが買ったという証拠はどこにもないことになります。

錯誤による更生登記ができるのは、間違いが明らかか当事者がそれを認める場合で
このケースでは、義弟さんに問い合わせがいくと思われます。
また、更生登記を申請できるのは義弟さん本人です。
話し合いで本人に「この登記は間違っている」と認めさせるか、認めない場合は
更生登記しろと証拠をそろえて訴えるしかない。
当時の資金の移動の経緯が振り込み用紙とか預金通帳等で確認できるとか
義母様が書いた売買契約の委任状の控えとかあれば、訴訟に勝てるかもしれません。
重要な証拠になりそうなのは、頭金の支払いの際の領収書。
さらには、毎月のローンの支払い(銀行の引き落としのある義母様名義の通帳の履歴)
が義母様が行っていた証拠。これらは重要です。
だめなら、義弟さん実印のある譲渡証書を作って所有権が移転したことを明確にする以外
名義を書き換える手立てはないでしょう。
裁判手続きや、更生登記申請でなく無償譲渡の形なら贈与税の対象となります。

>義弟が登記を自分名義にしていたという事は、義弟は義両親から家を贈与されたとみなす事ができるのでしょうか。

そうなります。毎年連帯債務のローンを払い続けた行為が贈与です。
税法上は暦年贈与110万を超える分が贈与税対象ですが時効といえるでしょう。
(知らないでいた贈与については時効は5年、知っていれば7年)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、どうも有難うございます。

義弟名義の売買契約書は家にありました。きちんと保管されていたというより、無造作に家に置いてあったのです。契約書の入った封筒の中に、『資産についてのお尋ね』の書類も未記入のまま入っていました。この『お尋ね』に回答する事は義務ではないそうなので、放置されていたのかもしれません。
義両親は「この家は自分達が買ったのだから、当然自分達の物だと思っていた。」というほど無防備です。

頭金の支払いが義両親によるものであることを証明出来る書類等は残っていなかったのですが、ローン引き落とし履歴がある義母の古い通帳を義父から預かっています。

義弟に対し、義両親側から更生登記をするよう依頼してもらうという方法があるのですね。何時も、親に対しても、自分に利益が無い事は言わない、しない、という義弟の性格を目の当たりした事があるので、公正、スムーズに事が運ぶとは思えず、どうしても身構えてしまいます。

貴重な情報をありがとうございました。今後対策を検討する際の参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/02/05 18:06

1つ聞かせて下さい。

 固定資産税は、現在は親が払っていると思うのですが、誰のお金で住居を購入したのかは、
はっきりさせておいた方が良いですよ。  相続のトラブルを避けるために、子供の名義で家を建てる例は意外と多いと
思います。 二世帯住宅にするはずが、子供との折り合いが悪くて、現実には住んでない事が有ります。

法務局か、司法書士と相談して、早めに解決した方が良いですよ。 義弟とは疎遠と有りますので、なにかの揉め事が
有ったのでしょうかね。  現状なら、自宅を担保に銀行から、借金をしていて、返済不能になったら、銀行に自宅を抵当に
持ってかれて、家を追い出される場合だって有りますからね。 早めに処置してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

固定資産税は、家を購入した当時から義両親が払っています。納付書は義弟の名前宛てで届いてていました。

お察しの通り、過去に夫の家族間で家に関する揉め事が起きて、問題が長引いています。この事情まで説明すると大変複雑になってしまうので、今回は登記についてのみ質問させていただきました。

以前、揉め事自体への対処法を司法書士に相談した事があります。その時、義両親が家を義弟の為に買ったのか、義両親自身が住む為に買ったのか、家のお金を払い続けていた義両親側の気持ちを確認するようアドバイスされました。
義両親には義弟の為に『家を買ってあげた』という意識は全く無く、購入の際の手続きが難しく大変そうなので、義弟に一任していたに過ぎないと言っていました。

義弟と義両親だけではなく、義弟の妻も利害関係に大きく絡んで来るので、事が非常に複雑になっています。法務局等に相談して、早めに対処法を考えておきたいと思います。本来の家の所有者が曖昧だったせいで揉め事が起きたので…。

ご回答、どうも有難うございました。

お礼日時:2012/02/05 22:50

本来、不動産は、その支払いをした人の名義にしなくてはいけないはずです。



なので、全ての金額をご両親が支払ったのであれば、土地・建物はご両親名義であるのが正しいことになります。

なので、今の名義が間違っています。

うちで以前に名義変更した際は、名義が間違っていたということで、
「錯誤」と「真正な登記名義の回復」という手続きを取りました。
ローンは完済されているんですよね? ローンがあると銀行との絡みで「錯誤」の手続きが難しいことがあります。

「錯誤」という手続きは確か千円で手続きできたと思います。

「真正な登記名義の回復」という手続きが必要になると、登録免許税が、数万~数十万掛かると思います。金額は土地建物の課税金額から算出されますので、ここでは正確には分かりません。


司法書士の方に相談するのが一番簡単だと思います。
10~20万位掛かると思いますが。


お時間があって、お金は掛けたくないということでしたら、まず、法務局や税務署に電話で相談されるといいですよ(名前や住所は名乗らなくて大丈夫です)。
担当者によって当たりはずれはありますが、親切に教えてくれます。
感じの悪い担当者が出たら、違う都道府県の法務局や税務署に電話して相談してみてください。

「錯誤」で手続きできるようでしたら、法務局に出向いて、書類の書き方などを教えてもらい、自分で書類を作成すれば、数千円で手続きが終わります。

ただし、いずれにしても、義弟さんの承諾と協力が必要です。
あと、頭金やローンの支払いがご両親がなされたものであることがわかる書類(通帳の写しや、振込用紙など)が必要だったかもしれません。



うちの話は十年前ですので、今は少し違うかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうも有難うございます。

親子間の事なので、義弟が親の住む家を自分の名義のままにしている事が、別に問題ないものなのか、間違っているのか、判断がつきかねる部分がありました。
間違っているというのであれば、今のこの状況を継続する事は好ましくないという事ですよね。今後の判断基準とさせて頂きます。

「錯誤」と「真正な登記名義の回復」という手続きが必要との事ですが、早速詳しく調べ、公的機関に相談出来る事は相談したいと思います。義両親が支払った事実も銀行通帳によって証明する事が出来ます。

法務局に相談する事は特に抵抗が無かったのですが、税務署に相談する事にはためらいがありました。感じが悪い人(親身ではない人)が応対したら、違う県の機関に相談するという方法も、思いつきもしなかったので、大変有難いアドバイスを頂く事ができました。匿名でもOKとは知りませんでした。

義両親が自分達の名義に戻すように義弟に申し出ても、義弟がすんなりと司法書士に手数料を払ってまで義両親の要求に応じるとは思えないので、対策を講じながら様子を見ていようと思います。

お礼日時:2012/02/05 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供名義の不動産を親名義に変更したい。

親に頼まれ、息子名義で購入した土地・家屋があります。
そこには65歳と71歳の両親が生活しております。
息子(当方)は結婚後別世帯で賃貸生活。住宅ローンと賃料の二重払いをしています。当方の給料が不景気によりカットされてい為、ローンが支払い困難になってきています。そこでまず、
(1)名義を父に変更することは可能か
メリット、デメリットは。
(2)居住者(両親)が反対していても所有者である私の意志で売却行為を行ってよいか

購入時の父息間で支払い不納になったら売却する。
という約束をした上でしたが、納得いかぬまま判を押しました。
上記(1)(2)は可能でしょうか、また、他にもアドバイスがあったらお願いいたします。
分かりづらかったらすみません。どうか知恵をお貸しください

Aベストアンサー

抵当権が設定されている不動産をかってに売却することはできません。名義変更も新名義人に売却するのと同じ行為です。親が贈与ではなく、買う資金力があるのですか。変に操作すると贈与と見なされて、額も大きいので50%税率が適応されます。
危ないことはやめたほうが良いと思います。

親が子から家を借りているのだから、家賃を貰えないのですか。家賃分でローン返済ができると思います。現在、貰っていないなら子から親に家賃を贈与していることになります。

問題はローン滞納が続くと、債権者が競売にかけて資金回収をはかることです。子は財産を失い、親も家に住めなくなる最悪のことが起こりかねない。このことを親に分らせる必要があります。

親が住んでいても、家は債権者の同意があれば売却できますが、出て行かない条件ならば、なかなか売れないし、売れても非常に安いものとなります。もし、親子でそのようなことをしたらし決定的な破局になります。

親の名義に変更したいと考える前提には親がローン返済していける能力を持っていることを意味しています。だったら、やはり家賃を貰い、その家賃でローン返済を続けるのが賢明です。

抵当権が設定されている不動産をかってに売却することはできません。名義変更も新名義人に売却するのと同じ行為です。親が贈与ではなく、買う資金力があるのですか。変に操作すると贈与と見なされて、額も大きいので50%税率が適応されます。
危ないことはやめたほうが良いと思います。

親が子から家を借りているのだから、家賃を貰えないのですか。家賃分でローン返済ができると思います。現在、貰っていないなら子から親に家賃を贈与していることになります。

問題はローン滞納が続くと、債権者が競売にかけて...続きを読む

Q子から親への不動産の名義変更(贈与税)

親名義でローンを組むことが年齢等の条件的に難しかったことから、私が独身時代に中古住宅を私名義で購入、ローンを組みました。その後、私は結婚し、会社の社宅に入ったため、購入した中古住宅には親だけが住んでいます(ローンの返済は親が実施)。
私自身もそろそろ社宅から出て、家を購入しようと考えているのですが、私が住宅を所有していると、会社が優遇している住宅ローンを貸してもらうことができないため、名義を私から親に変更(所有権移転)しようと思っています。このような場合、
1.住宅ローンの契約は私ままにしようと思っているのですが、問題あるでしょうか?(年齢的に親が契約するのは困難なため)
2.名義変更により贈与税がかかることになるのでしょうか?(土地、家屋の現在価値としては数百万円だと思われます)
3.現在、私が親を扶養していることになっているのですが、名義変更すると親の一時所得(?)となって扶養家族から除外するといった手続きも必要になるのでしょうか?
以上、こちらの説明が不足しているかもしれませんが、知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
また、このような内容を相談するにはどこにすればよいのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

親名義でローンを組むことが年齢等の条件的に難しかったことから、私が独身時代に中古住宅を私名義で購入、ローンを組みました。その後、私は結婚し、会社の社宅に入ったため、購入した中古住宅には親だけが住んでいます(ローンの返済は親が実施)。
私自身もそろそろ社宅から出て、家を購入しようと考えているのですが、私が住宅を所有していると、会社が優遇している住宅ローンを貸してもらうことができないため、名義を私から親に変更(所有権移転)しようと思っています。このような場合、
1.住宅ローン...続きを読む

Aベストアンサー

1.住宅ローンの契約は私ままにしようと思っているのですが、問題あるでしょうか?(年齢的に親が契約するのは困難なため)

問題ないでしょう。ローンの返済は親が実施していることが事実ですから、会社から、たとえ「証明せよ」と言われれてもいつでも証明可能だからです。

銀行にとっては、ローンが滞りなく返済されているにもかかわらず、名義を変更したいといわれると、かえって迷惑でしょう。

2.名義変更により贈与税がかかることになるのでしょうか?(土地、家屋の現在価値としては数百万円だと思われます)

その前に、私は会社の住宅資金貸付制度の趣旨から言って、この名義書き換えは不要と思います。現在の所有土地家屋はお父上の事情で、質問者さん名義のローンを組む必要があって、そのために質問者さん名義にお父上がされたのでしょう?ということは本件、質問者さんとは、事実上無関係でしょう。

現に会社は、質問者さんの社宅入居を認めています。ならば住宅ローンもOKなはずです。

そこで回答。当然贈与税が課せられます。登記名義を変えると自動的に法務局から税務署に通知が行きます。よってこのお父上に課せられる贈与税はのがれられないでしょう。単なる形式を維持するために高額の税金をお父上が払うことになるのは、実にばかばかしいことと、誰でも思うでしょう。

法律対策のウルトラCとしては、登記名義はそのままにして、お父上と質問者さんとの間で、本件土地建物売買契約書を締結する方法があります。売買代金はローンの残高金額とします。そして特約条項に
1本日より所有権は父親に移転するが、登記名義は変えない
2.銀行ローン名義も変えない
3.ローンの支払いは父親が行う。
4ローンを3ヶ月滞納したときは本契約は解除され、父親は質問者に本件土地建物の所有権を放棄する

として、双方実印で調印しておきます。

そうすると所有権はこの契約書の存在により父親に移転しています。登記していないために第三者に対する対抗要件が具備されていないだけです。
民法上はそうなっているのです。登記と所有権の変動は無関係なことは物権法という法律を知っている人なら、誰でも理解するでしょう

この契約を会社からみると、質問者さんは自己が所有する家屋は無く、よって住宅ローンを認めない理由も無いということになります。


3.現在、私が親を扶養していることになっているのですが、名義変更すると親の一時所得(?)となって扶養家族から除外するといった手続きも必要になるのでしょうか?

贈与は贈与であって、たとえ金銭贈与であっても所得ではないですから、扶養家族から外すというような手続きは不要でしょう。

1.住宅ローンの契約は私ままにしようと思っているのですが、問題あるでしょうか?(年齢的に親が契約するのは困難なため)

問題ないでしょう。ローンの返済は親が実施していることが事実ですから、会社から、たとえ「証明せよ」と言われれてもいつでも証明可能だからです。

銀行にとっては、ローンが滞りなく返済されているにもかかわらず、名義を変更したいといわれると、かえって迷惑でしょう。

2.名義変更により贈与税がかかることになるのでしょうか?(土地、家屋の現在価値としては数百万円だ...続きを読む

Q不動産登記申請の錯誤について

専門家の方に,教えて頂きたいことがありますので、
宜しくお願い致します。
不動産登記の所有権の変更の申請に時に,よく言われる「錯誤で戻す方が安い」との言葉ですが,
今度、所有権を元の方に戻すのに錯誤で戻そうと思って居りますが,申請の理由として売買,譲渡,などがある中で、
錯誤を適用すると,「錯誤は安い」とのメリットは何なのでしょうか?
元の所有者に戻るので,単に取得税が,かからないまたは減額であるなどんの税金面での安さなのでしょうか?
それとも登録免許税が自分で行きますので(印紙代だけ)安く申請できるのでしょうか?
評価証明は土地が900万と家屋が50万円での950万の評価額です。
印紙代金が,1000分の10ぐらいで95000円の印紙代と自己で推測しておりますが,間違っておりますでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 錯誤を原因とする登記は、抹消登記か更正登記しかありません。真正な登記名義の回復というのは登記原因であり、それを原因とする登記は、所有権「移転」(一部移転も可)登記です。なお、真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記の登録免許税の税率は、1000分の20です。
 AからBに移転登記をすべきところ、何らかの手違いがあって、AからCに移転登記をしてしまった事例を例にすれば、登記名義をCにする方法は次の二通りです。
1、AからCへの所有権移転登記を錯誤を原因として所有権抹消登記をして、あらためて、AからBへ、売買などを原因として所有権移転登記をする。
2、真正な登記名義の回復を原因として、CからBへの所有権移転登記をする。

Q土地家屋の名義変更、自分で出来ますか?

資産価値800万円程度の土地家屋があります。現在は父親(10年前に他界)の名義になっているのですが、所有権を私に移したいのですが何をすればいいのでしょうか?やはり司法書士さんに依頼しないと出来ないものなのでしょうか?

相続人は私と兄と母です。私がその土地家屋を貰う事は了承済みです。
相続税は発生しません。

何分、予算がないので出来るなら自分で行いたいのですが・・・・

Aベストアンサー

質問者様のやろうとしたい事は、相続による所有権の移転手続きです。
(一般的に相続登記と言う)
相続登記は、法務局に、申請書と、それに関わるいろんな添付書類を添付して申請します。
自分でも出来ますし、司法書士等に、代理申請してもらうことも出来ます。
自分で行なうのは、非常に手間が掛かりますが、司法書士に頼む場合に比べて、
相当安く出来ます。

グーグルで「相続登記」で検索すると、たくさん参考になるホームページがヒットします。
参考URL http://homepage2.nifty.com/office_yamada/souzoku.html

上記等のホームページを参考にしてみて下さい。
または、法務局に相談窓口がありますので、そこで相談すると、申請書類を含めて、
そろえる書類等の説明が受けられます。

私なりの注意点として、被相続人(質問者様の場合は父)の出生から、死亡時までの連続した
戸籍謄本が必要ですが、父が本籍を何度も変更していると、そろえるのが大変です。
相続人(質問者様の場合は、質問者様を含め3人)の戸籍謄本は、現在の物のみで良い。
(抄本でも可)父のように、出生から、全部そろえる必要は無いです。
固定資産税評価証明書は、市役所でもらいますが、土地と建物は、別管理ですので、
土地及び、建物の両方を取得します。

>資産価値800万円程度の土地家屋があります。

自分で行なった場合の金額的な目安は、集める書類関係(戸籍謄本、印鑑証明等)と、
登録免許税です。登録免許税は、
固定資産税評価額(固定資産税評価証明書に書かれている)×4/1000(0.4%)です。
要は、固定資産税評価額が800万円ですと、3.2万円(収入印紙で収めます)になりますが、
通常、家の評価などは、古くなると、下がりますので、固定資産税評価額は800万円もないと思います。
(3.2万円の半分ぐらいかも?)
あと、自分には手に負えないとお感じなら、司法書士に頼む事になりますが、やる内容、集める書類は、同じですので、自分でそろえられる書類はすべて用意すれば、その分は安く依頼出来ると思います。

質問者様のやろうとしたい事は、相続による所有権の移転手続きです。
(一般的に相続登記と言う)
相続登記は、法務局に、申請書と、それに関わるいろんな添付書類を添付して申請します。
自分でも出来ますし、司法書士等に、代理申請してもらうことも出来ます。
自分で行なうのは、非常に手間が掛かりますが、司法書士に頼む場合に比べて、
相当安く出来ます。

グーグルで「相続登記」で検索すると、たくさん参考になるホームページがヒットします。
参考URL http://homepage2.nifty.com/office_yamada...続きを読む

Q母名義の家を生前に名義変更する事

母親名義の土地・家を、名義変更する場合の
必要な書類を教えて下さい。
税額はどのくらいかかりますか?

母親が現在住んでいる家に介護が必要になったため、
子の一人が同居する事になりました。
4人兄姉妹話し合いの結果、同居してくれる人に、自分の相続分を
渡すと意思表示をしています。
母は、同居してくれる子に相続させたい。

土地は200平方メートル・田舎ですので路線価格で1500万位かと思います。
築35年経過。

相続時に相続を放棄する事でも良いのですが、
もし、同居開始の時に、
生前贈与など著しく、無駄な行為では無いならば、
名義変更、したいと思っています。
同居する子に対して、他の兄姉妹の気持ちを
表すためです。

不明な事があったら、補足させて頂きます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

親の名義の不動産を去年数筆 名義変更しました。登記も自分で行いました。法務局の無料法律相談へいけば、そう難しいことはありません。
雛形をもらい、かきかえてチェックしてもらう。提出するだけです。

巨額の生前贈与は言葉はあっても制度としては
”相続時清算課税”しかありません。(詳しくは要検索)

10~20万程度でリスクがなくなるので司法書士へ相談もいいでしょう。
調べるなら。
(1)相続時清算課税
(2)近くの法務局への無料登記相談(随時)
(3)死因贈与契約(登記)また遺言もありますこれならほぼ無税です。

はやまって贈与で移転登記するとかなりの贈与税が来ます。

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q田舎の不要な土地の処分法方

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合いに、
「土地を役所に寄付するから何かに使わないか」と持ちかけましたが
土地はいっぱいあるし管理費がかかるし要らない」と断られました。
マブダチなのに冷たい奴です。

2,3無い知恵で考えましたが、
条件としてこちらからは出費は無し。もちろん対価も要りません。
1.地元に自治会に無償贈与、または貸与。
2.地元お寺に寄付(無償贈与)、または貸与。
3.その他があれば・・・

以上(譲渡される)相手に納得がいく、こちらにも大金の出費無く解決方法はない物でしょうか。

こちらのカテでもくぐって覧ましたがこういう悩みをお持ちの方が沢山いらっしゃいました。
解決も各々条件が違い難しい問題のようですが宜しくご教授頂ければ幸いです。

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合...続きを読む

Aベストアンサー

田舎の畑ですよね。
日当たりがいいでしょうからもっと『土地活用』でお金を生み出すと考えては?
太陽光発電システムを使うのがいいですよ。
いや、ほんとうに羨ましい。
お金は持っている人のところに集まるって、ホントなんですね。

ほっておいても売電による利益を生みますから(何しろ自分で電気を使わないんですから)
10年後に設備償却が終わり、20年後には土地が2倍になっているかもしれません。


人気Q&Aランキング