専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

人工甘味料が不使用のヨーグルトを教えて下さい。
今、カゴメのラブレを飲んでいますが、こちらはペクチンと書いてありました。
他に人工甘味料が不使用のヨーグルトを教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ヨーグルト」に関するQ&A: ヨーグルトの作成

A 回答 (2件)

カゴメのラブレで人口甘味料(スクラロース)が表示されているのは


ラブレ ライトと 食物繊維プラスですね
http://www.kagome.co.jp/labre/material/
    • good
    • 0

何故人工甘味料を忌避されるのかは分かりかねますが、


ペクチンは甘味料ではありませんね。
400g位のパッケージなら、たいていのヨーグルトは天然も人工も甘味料は使いません。
甘さはあとで砂糖やらジャムやらを足せばよいものですから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q甘いものを食べると頭がふらふらするのは・・・

最近になって、休日の朝食にドーナツを食べたり、夕食後しばらくしてからケーキを食べたりしたときなど、甘いものを食べると頭がふらふらするようになりました。
若いころはなんともなかったのに・・・(現在40代です)
健康診断で血糖値に異常はありません。

これって、低血糖(高血糖)?の症状なのでしょうか。
繰り返していると、糖尿病になっていまう危険があったりするのでしょうか。

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

食後低血糖の症状に似ていると思います。
食物は摂取されると消化器で分解・吸収され、吸収された糖分は血液に流入して、エネルギー源として身体中を回るわけです。つまり食後は一時的に血糖値が誰でも上昇します。
しかし、ヒトなどの動物(特に哺乳類)の身体にはホメオスタシスといって、常に身体のさまざまな状態を一定に保とうという機能が備わっています。この機能により体温は一定に保たれ、血液成分も常に安定しているわけです。
ですから食後の高血糖状態は、身体にとっては異常な状態なわけです。だから身体はインスリンというホルモンを分泌させ、血糖値をもとの安定な状態に戻そうとします。インスリンには血糖値を下げる働きがあるのです。
しかしこのインスリンが過剰に分泌されると、血糖値は逆に下がり過ぎてしまいます。これが食後低血糖です。糖尿病の初期症状としてもみられ、反応性低血糖症と呼ばれます。

これは血液検査では異常として発見されません。なぜなら検査時は食後ではないからです。
食後にのみ症状があらわれる低血糖症ですので、病院での糖負荷検査によりはじめて診断されるものだと思います。

急激に血糖値が上がることが原因となるので、疾患がなければ白米を玄米に変えるなどの栄養指導により改善します。しかし原因となる糖尿病などの疾患が見つかれば、そちらを治療しなければなりません。

食後低血糖の症状に似ていると思います。
食物は摂取されると消化器で分解・吸収され、吸収された糖分は血液に流入して、エネルギー源として身体中を回るわけです。つまり食後は一時的に血糖値が誰でも上昇します。
しかし、ヒトなどの動物(特に哺乳類)の身体にはホメオスタシスといって、常に身体のさまざまな状態を一定に保とうという機能が備わっています。この機能により体温は一定に保たれ、血液成分も常に安定しているわけです。
ですから食後の高血糖状態は、身体にとっては異常な状態なわけです。だか...続きを読む


人気Q&Aランキング