日本の中学校のクラブ活動(運動系)は
朝7時から朝の練習が始まり
授業後も遅くまで練習
疲れた体で夜に塾に行き、帰ってからは学校の宿題

と、中学生活はかなりハードですが、外国の中学生はどんな生活をしているのでしょうか
日本のように忙しいのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

フランスの場合についてお答えします。



中学校においてのクラブ活動はあまり存在しません。学校は授業のみの事が多く、放課後のクラブ所属は、教育活動の一環という意識もなく、参加は自由です。(わが校の場合、体育の先生が週1回~2回見てくれるクラブ活動はあります。)
多くの生徒の場合、運動系の活動は、学校とは別の団体(たいていは各地区にあるスポーツクラブ)に所属して行ないます。

地区大会、全国大会で優勝するような強豪チームでしたら、やはり毎日の様に練習がありますし、週末はほとんど試合です。朝練は聞いた事ありませんが。
弱いチームで、そこそこやっている我が中3の息子(種目はサッカー)の場合、学校終了後6時から8時まで週2回の練習と、毎週日曜の試合です。(ランク別のリーグ戦形式)

学校生活は月から金曜までの夕方4:30まであります。
宿題はたくさんでますし、落第もあるので、きちんと勉強はしなくてはなりませんが、高校受験はないので、塾はほとんどの人は行かないですね。
でも、普段の授業の成績が重要ですので、学校の勉強は大切ですよ。

私立の学校によっては、体育会系のスポーツのできる生徒ばかり集めて、半分授業、半分スポーツ、将来はプロ、あるいはオリンピック選手を目指すという学校もある様です。

学校生活は学校で、スポーツはやりたい人はクラブで一生懸命やり、両立したい場合は、やはりそれなりに努力をし、ハードな生活をしていますよ。
ただ強制されているという意識がないし、高校受験と言うハードルがないので、のんびりしているように見えるかも知れません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報