【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

最近、友情とは何かを考えているのですが、私は次のモンテスキューの言葉が気になっています。というより、私の関係の大部分を集約しているように思います。

>友情とは、誰かに小さな親切をしてやり、 お返しに大きな親切を期待する契約である。

モンテスキューによれば、友情とは、「契約」であり、かつ、少ない元手で、大きなメリットを見込める関係だというのです。ムシがいいと言えばそれまでですが、これは現実にあるような気がします。たとえば、カウンセラーを友達に持てば、無料で相談ができるでしょう。学者が友達にいれば、無料で教えを請うことができるでしょう。本当ならアポを取って、お金を支払うべきところを、無料でやってもらえることになります。私の方でも、専門を生かして相手を助けますが、金銭のやり取りよりは、支払うべきコストとして楽であるわけです。

しかし、一方で、友情とは利益に関係なく成立する純粋なものだという意見もあるかと思います。そしてメリットを見越した上でしか友情が成立しないのだとすると、能力のない者は友達など持てないことになるでしょう。となれば、これは何かしら偏った意見であるには違いありません。ところが私は、対人関係において、メリットの無い関係というものがよくわかりません。そこで、皆さんに伺ってみることにしたのです。

1.モンテスキューの言葉をどのようにお考えになりますか?
2.メリットやデメリットを考えない純粋な友情をお持ちですか?
3. 2について、Yesであるのなら、何が関係を成立させる基盤になっているとお考えですか。
4. 友情をどのように定義しますか?

gooドクター

A 回答 (16件中1~10件)

1、ある意味正しい。

しかしそれは友情(友人)という単語を使っただけの単なるステークホルダーの事ではないでしょうか?
2、結果としてメリット・デメリットが発生するというだけで、それを念頭に置いていない人間関係は持っています。
3、「一緒にいて楽しいから」が基盤だと思います。しかしそれをメリットと捉えるとなると2の答え自体が覆されてしまいますが……
4、「お互いがそれぞれの価値観に共感し、相手への信頼関係を持つ間柄に生まれる親愛の感情」とでも言いましょうか……。

う~ん難しいですが、やはりメリットやデメリットが念頭にあるかないかだと思うんですよね。

>対人関係において、メリットの無い関係というものがよくわかりません。
これは私もそう思います。
「付き合いの結果としてメリット・デメリットが発生する」か「メリット・デメリットを考えた上で付き合うか」の差だと思うんです。
小学生の時とかって、いちいちコイツと付き合えば宿題やってくれそうとか、家が金持ちっぽいからとか考えて付き合ったでしょうか?
価値観が合って、一緒にいて楽しくて、なんか解らないけど信頼してて。
そいつが苛められてたら「てめー!俺の友達に何すんだよ!」って一緒にケンカして。
その時にいちいちメリットやデメリットなんて私は考えていなかったなぁと思います。
そこにあるのが友情ってやつだったのかな?と思います。
そう考えると大人になればなるほどそういう意味での友情って無くなっていってるような気がしますね。

この回答への補足

皆さま、どうもありがとうございました。この問いは一端、締めさせていただきますが、ここから発展させた問いを新たに投稿いたしました。そちらも参照していただけると幸いです。

補足日時:2012/02/07 09:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えられた回答を、ありがとうございます。回答者様は、メリットとデメリットが無い対人関係はないという点に同意してくださっています。しかし、

>結果としてメリット・デメリットが発生するというだけで、

とおっしゃる。となれば、損害をこうむっても、それが友情を保つか否かという判断に影響しないと、基本的にはお考えなのでしょうね。利害関係に先立って、友情を考えていらっしゃるというわけです。

――それは何か?。「楽しい」というものです。しかし「楽しい」は、お笑いを見て快楽を感じるのとは異なることでしょう。自分の同胞だと感じられ、波長が合うことによって生じる安心感に似ているものなのかな、と私はご回答を読みました。
言い換えると、友人とは同胞であり、自らの帰属意識を規定する際に、大きな役割を果たすということです。No3の方のご意見が今一つ私にはわかりませんでしたが、こういう意味なのかな、と関連付けて解釈させていただきました。

お礼日時:2012/02/06 16:14

 ☆☆(回答No.6) ~~~~~~~


  ○ (モンテスキューの心の内なる影の声):じつはわたしは 利害関係を超えた――ということは 利害関係に換算すると こちらの持ち出しになってもよいと〔無根拠にて〕思える――あいだがらが 友情としてあると思っていた。けれども・・・かなしきかな 人間よ。

  ☆ というところではないでしょうか?
 ~~~~~~~~~~ 

 ★★(上記へのお礼欄) モンテスキューの内面の声は、そのようなものかもしれません。この意味では、彼は純粋な友情を見出したがっていた、ということはできるでしょう。


 ☆ これでその定義をふくめて《友情》について了解したのではないのですか?





 もうひとつ 同じ言い分を例示しておきましょう。

 ★★(No.14お礼欄) ~~~~
 私は No3 と No4 の回答を読んで、次のように考えています。
 ( a ) 友情とは同胞である。同胞は自己のアイデンティティを確固としたものにするために不可欠な存在である、と。
 ( b ) しかし、無論、齟齬が生じることはあるでしょう。
 ~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ( a )の《同胞》を じんるいに広げただけです わたしの《社会関係性》というのは。

 ( b )の《齟齬》は 《その社会関係性の実現の度合いが 相手それぞれによって違うということ。度合いが薄いということは 〈齟齬〉が生じているということ》に対応します。





 あまりいい加減な応答をつづけるのは いただけません。
 それに乗ったわたしがわるいとしてもです。
 

この回答への補足

投稿を控えてくださいとお願いしたにもかかわらず、その点について一切の釈明や説明もなく、一方的に見解を縷々の述べ、自分の意見に同意するようと議論をしかけてくるのはいただけません。討議倫理という点からしても、ネットのエチケットとしてもマナー違反でしょう。当分、ブロックさせていただきます。

補足日時:2012/02/07 08:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これでその定義をふくめて《友情》について了解したのではないのですか?

この程度の説明で、何が了解できるのか、私にはわかりません。可能性がありうるという点について、そうかもしれないね、と言っただけ表面的な同意です。

次にNo14のお礼欄はあなたに向けたものではないのです。私の書いた部分を見て、自分の考えと接点があるとおっしゃりたいらしい。bについては、あなたに向けた言葉ではないのですから、何とも言えません。だが、a「同胞を人類に広げただけ」は見過ごせませんね。「だけ」と言って済まされるのですか? とすれば、あなたは思想や哲学に向いていないかもしれませんね。概念を拡張する際に、どういう手続きを踏むべきか、まったく理解していないことになるからです。そして共同体レヴェルの問題は、設問の趣旨から外れるので、他でやってくれとお伝えしたはずですが。

お礼日時:2012/02/07 08:25

友情とは,(敵に)小さな親切をしてやり, お返しに大きな親切を期待する契約である

    • good
    • 0
この回答へのお礼

何がおっしゃりたいのですか?
http://www.devoir-de-philosophie.com/dissertatio …

お礼日時:2012/02/07 06:21

こんばんは、Marie-Aimerさん。




>友情とは、誰かに小さな親切をしてやり、 お返しに大きな親切を期待する契約である。



「契約」を「約束」としたらば…


【走れメロス を面白く語ってください】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …


心遣いのつもりが… 相手にとって迷惑なことだったりすると


「小さな親切、大きなお世話」ρ(`D´#) んっもぉぉっ!



心遣いのつもりが… 相手にとって「ありがとう!」て言いたくなるようなことだったりすると


「小さな親切、大きな親切」(^人^)感謝っっ♪


まね、相手のあることだからね、遣うって言ったからって…おっと、小遣いじゃないよ、心遣い

これ「よかれ」と思う気持ちね。こちらの気持ちがどうであれ結果次第っちゅうのー

遣った先でどう受け取られるか相手次第なんだよなあー。祈りにも似た気持ち。いい風に転べ。


で、 「メリットやデメリットを考えない純粋な友情」つーのは、掛け値なしって言うか…

損得勘定抜きにってことだろうから、時に相手にとって憎まれようが厳しいことも言いと

友情を抱く同士であっても間違ってれば「間違ってる」正しければ「正しい」ともの言いあえる

そういう間柄のことなのかな? もしそうであるなら、そういう間柄の友人はいるよ。

「何が関係を成立させる基盤になっている?」うーん、そうだなー、付かず離れづ

どっかで見ていてくれてるからかなあー。

「あいつも頑張ってるからおれも頑張ろう」ってな感じかなあー。

「友情をどのように定義しますか? 」これは、あれだよ、元気の素。

「君たちがいて僕がいた」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。いろいろな回答者がいましたが、友情を実体験で分かっている方は、あなたなのかもな、という気がしつつ読みました。

さて、なるほど、お互いの進む道にお互いが敬意を払っていて、お互いが、お互いのやれる形でサポートをしているというわけですね。しかも元気の素というからには、あまり気を回さないでも、相手の存在だけで、幸福な気持ちになれる、と。このような基盤があるので、お互いに言い合っても、喧嘩にならないわけです。

こうした点を、私はNo3とNo4の回答を読んで、次のように考えています。友情とは同胞である。同胞は自己のアイデンティティを確固としたものにするために不可欠な存在である、と。しかし、無論、齟齬が生じることはあるでしょう。だから、

>心遣いのつもりが… 相手にとって迷惑なことだったりする

こういう時は、単なるうわべの価値観の違いという以上に、相手との根本的な異質性を感じて、悲しくなるのです。お互いに同胞ではなかったのか、違うんのだな、と。こうした悲しみが重いものであるのは、自己のアイデンティティの基盤をカリッと傷つけられるからだと考えています。

しかし、もしよかったら、一つ、踏み込んだ質問させてください。あなたにとって、異性の友人は存在するのですか? というのも、おっしゃっているような「祈る気持ち」は、私に言わせると、恋愛に近いような気がするのでした。あまりに友情が重いものであるため、恋愛とほとんど変わらないのではないかと思えるのです。身も蓋もないいい方をすると、恋愛と友情の違いは、肉体関係の有無ということにならないでしょうか。そして、精神的なレヴェルでは十二分に結びつきを感じているのだから、残る問題は、相手がセクシーであるか否かという純粋な性の相性の問題にならないでしょうか。
恋愛と友情はよく似たものとみなされるので、友情の成分が大体わかった後は、その差異を考えなければ、十分な定義を出来ないと考えての質問でした。

お礼日時:2012/02/07 02:33

お世話になってます.


ボク個人の考えとして回答させていただきます.

1.契約説が正しいと思います.
たとえば,友人が持っている物や人間関係のうち,
当人が,さほど価値を感じていないが,ボクにとっては
とても価値が有るものを見つけた時に,無償で貸しても
らえる.または真似させてもらえる保障があるからです.
またその可能性が高い人を判断して(その人の行いを見て)
友人にしています.これはお互い様で歩み寄りです.

もしかしたら,我々は気づかずに,原始的な器官の影響
を受けて判断しているのかもしれませんが,ボクは専門
ではないので,ちょっとわかりません.

精神分析理論では,自分の中に『赦しの輪』『救いの輪』
というシステムがあるそうですが,それを友情のなかに
みいだしたならば,契約説が覆される場面もありそうです.
というより形を変えた契約になるんでしょうね.

2.メリットのない友情は,少し仲良く,しかもお盆と
正月だけ.それでいて末永く.と続いている人がいます.
季節のお便り的な人物です.
しかしデメリットとなる友人は,一人もいないです.

3.基盤になるのは,なつかしさでしょうか.
しかもあまり頻繁に会わないこと.あまり手間がかから
ないことですね.お互いに.

4.友情とは,ハイブリッドである.
一人じゃ出来ないときに,二人なら出来る.
1人+1人=2人が親密になる.
1人がへこんだとき1人が盛り上げる.

ああ あまりにハイブリッドな人間関係.
※個人の感想であり効能には個人差があります(´ω`;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。基本にはメリットがあるが、ノスタルジーが補完的な要素を果たすと理解しました。つまり今現在の即戦力とならなくなってしまった「友達」でも、利益にならないと見捨てることなく、価値を新たに見出すというわけです。しかも、「あまり頻繁に会わないこと.あまり手間がかからないこと」とお書きなので、非常に一貫してらっしゃいますね。

お礼日時:2012/02/07 01:44

 つまり むつかしく考えすぎなんですよ。



 たぶん。まりえーめさんは。

この回答への補足

できれば、当分、投稿してこないようにお願いいたします。その理由は、紙幅を費やした割に、中身が薄いと感じたからです。また話もかみ合っていません。あなたと話をするより、他の回答者の意見の方が有益だと思うので、そちらの方に集中したいとも思っています。

補足日時:2012/02/07 03:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざどうも。しかし、そういうお言葉は明晰にお答えになることができた方だけが発せられるものと思います。私から見ると、あなたのおっしゃることは十分にそうではありません。有体にいうと、あまりに曖昧なので、何も考えていない人と紙一重に見えております。

お礼日時:2012/02/07 01:31

 たぶんと書いておいたので 最後というのが決まりではなかったと言い訳できるわけです。



 でも大風呂敷がいやだとおっしゃる。

 ただどう大風呂敷であるか。これを明らかにしておくことが 対話のための最小限必要事であろうと思います。

 ○ 友情をきづくのに けっきょく何もしない。ただそこに存在するだけである。あとは 声をかける機会があるかないかだけということになります。生まれつきの自然本性において 友情の素はそなわっているゆえに。

 ☆ これが わたしにとって最も緻密な定義です。見解の相違において お納めくださいませ。

 モンテスキューが 友情の構築に失望して何もかも打算に帰したということは 思い描いていた友情を捨ててしまったということですが もしこれに挫折していなければ いま定義しているわたしのようになるはずです。そこの違いだけだと思います。意外とかんたんだとお思いになりませんか? つまり風呂敷はちいさいでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>見解の相違において お納めくださいませ。

と書いてありますが、何もしないでよい、自然状態で良いとは何とも楽観的なお答えだなという感想をもちました。

お礼日時:2012/02/07 01:29

 たぶん最後の投稿になるとおもいますが。




 ★(No.8お礼欄) ~~~
 たとえば、高校の同級生に感じる友情と、ネットで議論する誰かに対する友情は、同等の重みをもちますか? 私は持たないと思います。しかし、こうした区分けが、あなたの「友情」という語の使用によってはできないわけです。あまり私は、あなたの議論に意義を感じません。
 ~~~~~~~~~~

 ☆ 理論上誰れに対しても 友情として《同等の重みをもちます》。
 理論上というのは 潜在性として――生まれつきそなわった自然本性として――という意味に取ってください。

 あとは 実際にどの程度において友情が実現されているか。その度合いの違いということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。最後ということで、了解いたしました。おそらくあなたは、非常に大きなことをお考えになりたいのでしょうね。だから、「度合いの違い」と言って片付けてしまえる。しかし私は、細部を緻密に考えることに意義を見出すのでした。

というのも、私にしてみれば、ミクロな議論をきちんとしない限り、マクロな議論も成立しないと思えるからです。たとえば「親を愛するように、隣人を愛しなさい」という言葉があったとしますね。この時、「親を愛するとは何か」を定義しないと、「隣人愛」の性質は精密にわかりません。何かテキトーなことを言って終わってしまいます。同じことで、「友愛」という理論的な大ぶろしきを広げる前に、個人の「友情」を考える必要があると思えるのです。あなたが「同等の」と言ったところで、そのモデルになるケースを緻密に考えた上で、発展させなければ、説得性は出てこないでしょう。しかしこのモデルとなるであろうケースについて、あなたは「何か」という曖昧な言葉で片付けてしまったのでした。

もちろん個人情報を過度に書き込む必要はありません。だが、ある程度は個人的なことを書かないとわかりませんし、面白くありません。ましてや、あなたは人より器が大きいのでしょう? あなたの回答を読んでいて思いますが、全般的に、他人の書いたことには口を出したがるが、自分の意見を緻密ぬ煮詰めて表現するのが下手なのではないかという印象をもっているのです。ともあれ、双方関心の持ち方が違うのですし、それはすぐに埋まるわけではありません。ご投稿そのものが最後ということで承りました。

お礼日時:2012/02/06 19:12

1.モンテスキューの言葉をどのようにお考えになりますか?


  ↑
 欧米人は、婚姻ですら、契約と考えますからね。
 日本人が感じる契約と、モンテスキューが感じる契約とは
 異なるのかも知れません。

 それはともかく、この定義に従えば、メリットの無い奴とは
 友達になれない、てことになるでしょう。
 これでは、まるで政治家のつきあいです。
 結婚で言えば、政略結婚みたいなものです。

 私は、逆に利害関係が無いからこそ、友達になれる
 と考えております。

2.メリットやデメリットを考えない純粋な友情をお持ちですか?
  ↑
 そのように心がけております。

3. 2について、Yesであるのなら、何が関係を成立させる基盤になっているとお考えですか。
  ↑
 つき合っていて、楽しい、癒される、緊張しない、などですか。

4. 友情をどのように定義しますか?
  ↑
 共感、信頼があり、利害関係が無く、互いに尊敬し得る関係。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>私は、逆に利害関係が無いからこそ、友達になれると考えております。

なるほど、モンテスキューの意見は完全に違うというのですね。それはそれで承っておきます。しかし、あなたのご回答は、次のようなロジックにも考えられますね。つまり、利害関係が無いからこそ、緊張感が無くて楽しいし、適当な発言をして相手を慰めることもたやすい、話を合わせることも自由自在、と。

これも一つの友情のあり方でしょう。しかし、私には、そのような関係が非常に表面的な関係であって、「友情」と強調して考えるほどのものに思えないのです。実際、会話のエチケットを心得ている人なら、相手を不快にせずに話すことができるでしょう。エチケットを心得ている人と友人になりやすいことは確かです。しかし、それだけがすべてではないでしょう。

このように突き詰めて考えると、私は、あなたのご回答に、あまり満足できない次第です。もっと別に本質的な問題があると考えて、この質問をしておりました。

お礼日時:2012/02/06 18:57

 ★★(No.6補足欄) ~~~


 そういえば、あなたは前に、どこまでも平等で自由なコミュニケーションを取りたいとおっしゃっていましたね。友情が無ければ、それは不可能であって、友情こそ、あなたが関心を持つべきテーマではないかと思えます。
 ~~~~~~~~~~~~
 ☆ この主題は 次のような取り扱いからすれば 範囲が広がり過ぎるのではないかと思われます。

 ★★(No.5お礼欄)おっしゃっているのは「友愛」であって、友情ではないと思います。話のスケールが共同体のレヴェルになっていますので。

 ☆ つまりは《共同体レベル》における 《慈悲》あるいは《愛》といったテーマで論じるべきものだと思われます。
 ちなみに 慈悲も もとは 友といった言葉から出たそうです。


 そうして
 ★(No.7お礼欄) ある程度、その連想をめぐらせる片鱗は書いてありますが、語の定義が無いので、意味が分かりません。
 ☆ というお叱りを受けました。
 こう定義します。

 ○ 友情とは いま・そこにいるというただそれだけの存在をつうじて 互いに自由な批判をとことんおこなって行けるあいだがらである。見解の相違に遭っても そのようにして互いに了解しあえる信頼関係にある。


 ☆ みづからの身を投げ打ってでも相手の状態をよくするというおこないは 伴っていてもよいのでしょう。なくても成り立つと考えます。

 ですが 自同律だとまたお叱りを受けるかも分かりません。でしたら この定義の内容が ちょうど馬が合うという言い回しがあるように自然史過程として 成り立つということになるかと考えます。堂々巡りにしかならなかったでしょうか?

 言葉にして説明する責めに誰もが任じなければならないと思いますが 少なくとも論理〔で表わす事態〕は超えているのが 友情なのではないですか? 逆に言うと 論理で示せたなら 友情はその論理の中に押し込められてしまいますから。
 なぜ友情があると思うのか? という問いは 次の問いに似ています。 なぜわれわれは生まれて来たと思うのか? 

 ○ 友情とは 社会関係性(人は互いにかかわり合うということ)なり。

 ☆ でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足、どうも、ありがとうございます。まず、共同体の話は別でやってください。友情はマクロな視点で見れば、友愛というべき共同体の問題に発展させられることは認めます。しかし、私はまず、ミクロな視点で、マクロの基盤となる個人の関係を考察しておきたいのです。将来的に新たに友愛について問うかもしれませんが、私のペースというものがありますから、あなたにとってはよくても、私はよくありません。実際、個人間の友情について、私の思考は明晰に未だなっていません。

さて、あなたからの友情の定義ですが、一端、承っておきます。しかし、これはかなり漠然としていますし、「いま・そこにいるというただそれだけの存在」というからには、場合によっては「知り合い」程度の浅い関係も含むようだと思います。いや、浅い関係をすべて、あなたは友情とおっしゃりたいらしい。というのも、「社会関係性(人は互いにかかわり合うということ)」を友情とまとめてらっしゃるからです。

このように言い切るのなら、友情という関係の意味は、いうなれば脱構築されてしまい、何も意味していないことになります。というのも、一切合財が友情になるからです。その結果、世界すべてが友人だと言ってもよろしいくらいの、茫漠とした視野が持てます。
だが、ここでいう「友情」とは、もう普通の意味の友情ではありません。というのも、もうすでに、友情という言葉そのものが機能しなくなっているからです。たとえば、高校の同級生に感じる友情と、ネットで議論する誰かに対する友情は、同等の重みをもちますか? 私は持たないと思います。しかし、こうした区分けが、あなたの「友情」という語の使用によってはできないわけです。あまり私は、あなたの議論に意義を感じません。

お礼日時:2012/02/06 18:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング