ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

アメリカの車 つまりアメ車の ご自身が思われる
人気ランキングを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

有名どころでは、


1. '66 Shelby Cobra 427 S/C 
2. '69 CamaroZL1
3. '69 Chevelle 427 COPO
などはいいと思うな。

あと、
'63 Corvette
'64-'66 Mustang
なども捨てがたいし、
'55のT-birdも魅力的だな。

実際にもっていたことがある車は、
'69 Cutlass 442 って言ってもわかんないだろうな。 
    • good
    • 0

正直質問がおかしいのでは?



ただ知りたいだけですか?

なんのために統計を取るのですか?

何かの理由により、知りたくて質問ならわかりますが、

教えてくださいだけ・・??

ただ書いただけ?

理由のないものに教えてもなんにもならないのでかく気が起きません。

質問という意味を勉強してください。
    • good
    • 0

1:1967 Chevrolet Corvette Grand Sport


2:Ford GT40(新旧共に)
3:1969 Ford Mustang Boss 429
4:2010~ Shelby GT500
5:1969 Chevrolet Camaro SS

って感じです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメ車が日本で売れないのは何故。

TPP参入で日本は農業、アメリカ合衆国は車で特例があるのではとの観測がされています。
アメリカ合衆国が車で特例に日本でアメ車が売れないのが理由だそうです。
アメ車が大型車なことも一因ですがアメ車の広告が少ないこともあるのではないでしょうか。
アメ車に比べて欧州車はドイツ車のCM等TVや新聞で頻繁に見かけます。
ドイツ車ばかりでなくフランス、イタリア、スウェーデン等もCMは多いのですがGM等ビッグスリーのCMは見たことがありません。何故でしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

回答者が若い方が多いのか、かつては憧れのシンボルであり、よくとは言えませんが、それでも結構売れたことを、お忘れのようです。
それくらい現状は、日本のマーケットからアメリカ車が消えてしまっていますね。

いくつかの理由があり、皆さんが書いておられる通り、税制を考えると排気量が大きい、車体が大きくて取り回しがし難い、全体の品質がプア(に見える)などの理由の通りだと思います。

しかし1950-70年代途中までは、アメ車は「あり」でした。
結構品質も、日本車が劣っていた頃は、上に見えたのです。そしてアメリカンライフは憧れのオール電化生活でした。

またスポーツカーというより今考えれば、スポーティーカーだったと思いますが、カッコ重視の2ドアクーペやハードトップ、オープンカーは、夢、憧れだったのですよ。

当然広告も多くしていました。
どこからアメリカ車が、栄光の座から転落したかというと、一つが石油ショック(1973年暮れ)でガソリン価格が高騰したことと、もう一つが変動相場制の以降で1972年8月までは、1ドル=360円で固定でした。
考えてみたらそりゃ儲かるでしょう。アメリカ車も日本で走りにくいことが多少の欠点であっても、売れればもうかるのですから、イメージだけ良けりゃいいという考えでした。

石油ショックはアメリカ自動車産業に大ショックで、それまでの巨大さを誇りにしていたマッスルカーたちも現実の路線になり、排気量もボディサイズも小型にして行きました。
それが現在に至っています。
しかし往年のような伸びやかなデザインは復活できず(近年少し名車復活のようなトレンドもあり)じつにショボいアメ車の時代が、ずっと続いて、日本にも積極的に輸出しなくなり、反対に日本のメーカーがアメリカに進出し、国内より排気量、ボディ共に大きい日本車を大量に売るようになったというのが、こんにちの姿です。

あとはフォードはヨーロッパフォードがあり、GMはドイツのオペルがアメ車の代わりに日本で、ある程度売れるのが、それぞれの本社の国際戦略です。
フォードは一時期、長くマツダと提携しました。マツダの一時の窮地を救ったのが、フォードが窮地になると、マツダが開発してコンポーネンツを輸出するまでに。
またGMはスズキといすゞの関係が深い時期があり、オペルも性質がかぶるクルマが多かったので、それぞれ自由に販売拡大できない時代が続きました。
それも日本市場からイメージが薄くなった理由のひとつです。

もう2010年代になり、それほど大家や“親戚”の顔色を伺わなくてもよい時代になっていると思います。
ただアメリカの自動車産業に、残っている力は、あるにはあるのですが、欧州車の力と魅力の方が大きく、国際的なトレードを考えれば、自動車産業以外の分野で、日本に攻め込む方がTPPの目的を達するのではないか。

5年後の日本を今見られたら、びっくりするような変化も起きているかもしれませんね。
教育とか、介護サービスとか、病院とか、ごっそりアメリカ型になっていたりして。
そんなところです。
それでは。

回答者が若い方が多いのか、かつては憧れのシンボルであり、よくとは言えませんが、それでも結構売れたことを、お忘れのようです。
それくらい現状は、日本のマーケットからアメリカ車が消えてしまっていますね。

いくつかの理由があり、皆さんが書いておられる通り、税制を考えると排気量が大きい、車体が大きくて取り回しがし難い、全体の品質がプア(に見える)などの理由の通りだと思います。

しかし1950-70年代途中までは、アメ車は「あり」でした。
結構品質も、日本車が劣っていた頃は、上に見えたので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報