親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

飛行機は、自動操縦で飛んでいる時間が長いと聞きましたが、
そうすると、飛行機のパイロットは、暇で寝ていたりするのでしょうか。
暇つぶしに何をしているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現在の主力機は自動操縦(A/P:Auto Pilot)で飛ぶ事を前提に


作られていますので、基本的に離陸、着陸を除けばA/Pで飛んで
いると考えて下さい。
(場合によっては着陸も自動で行いますが、様々なシチュエーション
があり難しくなりますので割愛します)

しかし、A/Pと言っても命令を出すのはあくまでパイロットであって、
A/Pが全て勝手に判断し飛行機を飛ばすわけではありません。
また、機械ですから故障することも頭に入れておく必要があります。

したがって、パイロットは計器を常にモニターして異常がないか
を確認しています。

他にも、気象情報の取得や無線交信、機外の監視、客室との連絡等
することは沢山ありますので決して暇ではありません。

ただ、長距離便の場合、3名から会社によっては4名のパイロット
が乗務し(通常は2名)交代で休憩を取ります。
この場合、操縦席の近くにある(操縦席の下と言うのは私は
聞いた事がありませんが、近くにあることは事実です。)
*私の勉強不足でしたら申し訳ありません*
小部屋のような所で休憩します。

こんなご時世ですので、あまり詳細に書くことは出来ませんが、
休憩中以外、暇で寝ていることはありませんので誤解の無いよう
お願い致します。
    • good
    • 1

それなりにすべきことがありますが、


時には、二人とも寝ていることがあるそうですよ。
寝ていたため、空港をそのまま通過する事故も起きています。
(ふだんはそんなことありませんが)
    • good
    • 0

計器を監視したり、外にぶつかるようなものがないか監視したり、天候が変化していないかを調べたりしています。



最低2人は搭乗していますが、1人は休憩していてももう1人は絶対に業務をしています。
一瞬の判断ミスが数百人全滅になりますから、暇だと言うことは無いですよ。

例え自動操縦であっても、それが壊れているかも知れませんし、突然壊れるかも知れません。
神様が作ったモノでは無く、人間が造った物ですから、100%壊れないと言うことはありません。
99.999%であっても100%ではないのです。
いつ起こるか分からない非常事態に、いち早く気づいて対処できるように、必ず1人は起きています。
また、1人はきちんと座席に着いていて、すぐに操縦桿や計器板、無線装置などを操作できるようにしてあります。
もう1人は、座席を少しリクライニングさせてゆったり出来ますが、基本的には座席に着いています。

あまりに長時間のフライトの場合は、もう1人の操縦士が乗り込んで、3人で交代して運行することもあります。
その場合、休める順番の人は、コクピットの下の空間にあるベッドで横になることができます。
    • good
    • 0

国内線ですか?国際線?



国内線でしたら、寝ることはありません。昼は。

国際線でしたら、時差ぼけ防止で寝てるのです。

緊急時に対応できるように副機長と機長が

交代で寝ています。

おきている人はレーダーで気象状況やルートを確認しています。
    • good
    • 0

機体の状態・周りの気象状態を調べたり、それを最寄の管制塔に連絡したり、その結果として航路・高度に変更が必要なら修正加えたり。


実際には暇な時間なんてほとんどありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の航空会社の運賃、どうしてこんなに高いんですか?

こんにちは。

いつも思うのですが、日本の航空会社(JAL・ANA)の国際線運賃って

どうしてこんなにも高いのですか?正規運賃が世界共通なのは知ってます。

格安航空券とか、割引航空券とか同じ路線なのに海外航空会社の方が

安いですよね。時間帯もJALとかANAはいいですし、利用したくても

この値段じゃ・・・ってときがあります。何か理由でもあるんでしょうか?

推測ではなく、的確な回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

概ね3つの理由が考えられます。

1、理由は安全性にかける費用が違う
 パイロットの養成にかかる費用が非常に高価。その代わり優秀な乗務員が多い。
 日本の航空会社の事故補償についてはいちおう制限なし。

2、公租公課が非常に高額
 空港の着陸料、サービス受益料、駐機料が日本をベースとすれば当然高い。
 しかも大型機材ばかりで、重量に応じた課金なので高い。国際線空港の
 成田・関西は超高額です。しかし羽田は安いです。

3、協定が存在。
 詳しくは申し上げられませんが、特定の路線で価格協定が存在してます。
 それゆえ日系会社には競争が存在せずにのさばっていられるところがある。
 それは結果として乗客にツケが回ってきます。

1)の理由から需要が高いのは当然です。そうすればまた料金はつりあがります。

けっこう複雑な内情があります。

Q被害者1人の殺人事件で死刑になった被告はいますか?

04年に小1女児を殺害した容疑で現在、起訴されている
小林薫被告に、裁判で検察側は死刑を求刑しました。

日本の法律は失われた人命を嘆くよりも、凶悪犯でも最大限に更正を望むという、私に言わせれば、たかだか、一人殺したぐらいじゃ、死刑には絶対にならない、というイメージがあります。

おそらく、判決では、どうせ無期懲役が言い渡されることと思うのですが、過去に、被害者が1人の殺人事件で、死刑になった被告はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

国民の皆様の税金にて、大学で刑事政策を学ばせて
いただいた者として、御礼をこめて回答させていただきたいと
思いますが、終身刑に関しましては、意見が分かれるので
私の意見を過大評価されずに、一つの意見として受け止めてください。

なぜ終身刑が現実をみないかということですが
ご指摘の通り、刑務所の収容人数が、超過していることも原因です。
それ以上に、関係しているのが、刑罰の不平等にあると思います。
20歳時に終身刑に服すれば、平均余命から考え、60年の懲役です。
しかし、60歳時では、約20年程度となってしまい
憲法上の理念に反する結果となり、取り入れにくいのでしょう。

ご質問者さんは、刑事事件に関心が深いようなので
常磐大学国際被害者学研究所に、お暇がございましたら
訪問してみてはいかがでしょうか?
夏季に開催される国際会議では、世界中から、現代社会が抱える問題への
取り組み等を学ぶことができるかと存じ上げます。

もしくは、日本刑事政策研究会で刊行物を入手されるのも
より一層のご理解を深めるのによろしいかと存じ上げます。

民間主導の刑務所はPFI事業の一環ですが、受け入れ自治体
周辺住民の強固な反対があるので、なかなかうまくいかないようです。

国民の皆様の税金にて、大学で刑事政策を学ばせて
いただいた者として、御礼をこめて回答させていただきたいと
思いますが、終身刑に関しましては、意見が分かれるので
私の意見を過大評価されずに、一つの意見として受け止めてください。

なぜ終身刑が現実をみないかということですが
ご指摘の通り、刑務所の収容人数が、超過していることも原因です。
それ以上に、関係しているのが、刑罰の不平等にあると思います。
20歳時に終身刑に服すれば、平均余命から考え、60年の懲役です。
しかし、60歳時で...続きを読む

Q空港で当日に航空券買うことできますか?

空席などがあれば、海外でも航空券を当日に買うことはできるのでしょうか?
どなたかアドバイスいただければなと思います

Aベストアンサー

 当日買うことはできますよ
別に 普通航空券に限定されることも ありません
#5の ご回答のように
正規割引運賃のうち 最もランクの高いものなら
当日に空港でも買えます
旅行代理店で売っている 格安航空券よりは
高いですけれど
普通運賃よりは ずっと安いです

 ただ 安く旅行したければ
基本的には 早めに買った方がいいです
正規割引運賃は 購入期限が早いものほど
安いからです
それであれば 格安航空券より
安いものもザラにあります
昔の話なら確かに
正規割引が 格安より高いと 言い切れましたけど

 航空会社のページで買えるのは 正規割引運賃と
普通運賃です
旅行代理店で 買えるのは
格安航空券が主体ですが 正規割引も買えます
(普通運賃も買えますけど)

 同じ正規割引でも 航空会社のHPから
インターネットで買うと
多少割引があることが あります
航空会社としては 人件費が
かからなくて済むからですね

Q新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

こんにちは。

新幹線で寝過して、下車駅を越えてしまった場合について
調べたのですが、無料で送還していただけるのでしょうか?

以前、東京→大阪に向かうとき、新大阪駅の出発アラームで起きてしまい、
下車できず、次の駅で下車して、新大阪まで勝手に戻りましたが、
もし戻るときに切符点検に車掌さんが来ていたら、
どうなっていたのだろうか? と思いました。


調べたところ、このような事柄がありました。
『乗車変更等の取扱い(誤乗区間の無賃送還)

第291条 旅客(定期乗車券又は普通回数乗車券を使用する旅客を除く。)が、乗車券面に表示された区間外に誤つて乗車船した場合において、係員がその事実を認定したときは、その乗車券の有効期間内であるときに限つて、最近の列車等(急行列車を除く。)によつて、その誤乗区間について、無賃送還の取扱いをする。

2 前項の取扱いをする場合の誤乗区間については、別に旅客運賃・料金を収受しない。』

この文書だと、当日みどりの窓口で大学生の学割を使い購入した自由席の東海道新幹線でも、
寝過した旨を車掌さんか駅員さんに伝えれば無賃送還していただけるのでしょうか?

それとも指定席でない自由席ではして頂けないのでしょうか?

寝過さないようには気をつけますが、
回答、よろしくお願いします。

新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

こんにちは。

新幹線で寝過して、下車駅を越えてしまった場合について
調べたのですが、無料で送還していただけるのでしょうか?

以前、東京→大阪に向かうとき、新大阪駅の出発アラームで起きてしまい、
下車できず、次の駅で下車して、新大阪まで勝手に戻りましたが、
もし戻るときに切符点検に車掌さんが来ていたら、
どうなっていたのだろうか? と思いました。


調べたところ、このような事柄がありました。
『乗車変更等の取扱い(誤乗...続きを読む

Aベストアンサー

 寝過ごしたり、乗り間違えた時は、落ち着いてまずその列車の車掌さんなどに相談しましょう。故意ではなく、ちゃんと切符を持っていて、誤って乗り越した場合は、切符に証明してくれて無賃で送還してもらえます。
 しかし、車掌や駅員さんに相談せず、証明なしで勝手に折り返し列車に乗って戻っていると、途中で見つかると不正乗車で往復運転・料金はもちろんのこと、悪質と判断させれば追加の割増運賃等を取られますから注意しましょう。
 まず、寝過ごしに気づいたら、すぐに正直に車掌に相談しましょう。時間があれば証明してくれるだけでなく、戻りの列車時刻なども案内してくれると思います。駅で降りてもじもじしていると不正乗車と疑われることもありますから、堂々と早めに乗り越したことを正直に申告しましょう。
 しかし、故意にもう少し列車に乗りたくてとか、まだもう少し友人と話しがしたくてとか、景色が楽しみたくて乗り越したと言ったり、乗り越したついでにその駅で途中下車して観光や用事がしたいと言うと、乗り越し区間の往復運賃・料金が必要となります。
 切符等を持たず、不正乗車で乗り越したりすると、当然無賃送還の証明はもらえず、全て割増運賃を取られると思います。
 また、故意ではなく正しく切符等を持っていても、定期券や回数券、その他特殊な切符では、無賃送還の扱いをしていない切符もありますから注意しましょう。

 寝過ごしたり、乗り間違えた時は、落ち着いてまずその列車の車掌さんなどに相談しましょう。故意ではなく、ちゃんと切符を持っていて、誤って乗り越した場合は、切符に証明してくれて無賃で送還してもらえます。
 しかし、車掌や駅員さんに相談せず、証明なしで勝手に折り返し列車に乗って戻っていると、途中で見つかると不正乗車で往復運転・料金はもちろんのこと、悪質と判断させれば追加の割増運賃等を取られますから注意しましょう。
 まず、寝過ごしに気づいたら、すぐに正直に車掌に相談しましょう。...続きを読む

Qピーチなどの格安航空(LCC)の安全性について

ピーチで事故につながりかねない重大な過失があったので、ANAやJALではない格安航空会社の安全性が気になってきました。
機長の能力や機体の安全度などには違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

会社経営者です。

常識的な内容で考えてもLCCが特に危険である、と言う結論には至らないと思います。

まず会社としては「1回の事故」が起きれば、会社が倒産するような危機になることもありえます。客足が遠のき、保険料率が上がり、役所に痛くない腹を探られる、だけで十分に利益に影響します。
今回のピーチの一件で、この質問のような反応や実際にキャンセルする人も出たでしょうから、この程度の「事故」でもLCCにとっては利益に直結するスキャンダルとなります。

したがって「むしろレガシーキャリア(大手航空会社)よりもLCCのほうが安全運行とその評判には気をつけている」と言っていいでしょう。

次にパイロットなどの乗務員などについては、国家が認めた資格と訓練が義務付けられています。これらの資格検査などについては役人が試験監督をしますので、大手であろうがLCCであろうが、基準が変わることはありえません。むしろ基準が下がるなら、天下りを受けれている大手のほうでしょう。

また、運行上の「事故」があれば、それはパイロット自身のキャリアに影響しますし、パイロットは一旦事故が起きれば直接的に刑法で罰せられることもあります。
つまり自分自身の生活に直結します。そのような責任の有り方なのに、LCCのパイロットだから手を抜く、ということはありえないでしょう。

そもそもLCCのビジネスモデルは
・無駄なサービスを省く
・無駄なコストを省く
・機材の運行コストを下げる
というのが基本です。

機内食を省くだけで、単に機内食そのものの費用だけでなく、機内食を考え衛生管理をし、機内食を作って運ぶコストや人員などまで削減できますし、回収して廃棄するコストも浮いてきます。

それ以外のコスト削減ということであれば、飛行機の機種を統一することで運行管理費や整備なども安く済ませる事ができますし、旅行代理店などでチケットを販売せず、自前で売ることでもコスト削減ができます。

そして、飛行機の運行回数を増やすために、空港で止まっている時間をなるべく短くしています(逆にそれがあるので、搭乗手続きも簡素化されています)、この時間を短くすると、短距離路線では、大手航空会社よりも1日に1往復以上増やすことができますので、1日あたりの1機の飛行機が運ぶ旅客数が増え、その分コストが低くなります。もちろん機内食を積み込む時間がかからない分や、預かり荷物を有料にすることで、積み込み時間も短くしています。

荷物が少なくなると燃料の消費量も減りコスト削減になりますが、有料にしているのはそれ以外にも理由があるのです。

こういう地道な努力、一つのこと(機内食を積まないことや、荷物を有料にすること)がひとつのことだけでなく幾つものコスト削減につながるから、LCCは格安運賃で提供できるのです。

そのうえで安全管理費を手抜きにしたら、何もなければ儲かりますが、1回でも事故を起こせば倒産の危機になるでしょう(某国フェリー事故の安全管理のでたらめさを考えれば分かると思います)

それでもって、安全管理費に手を付けないでなおかつ格安で提供するためのLCCのすごい方法に(大手では考えられない方法に)「この便は客が集まらなかったのでキャンセルします」というのがあります。

日本では搭乗率が平均して70%ぐらいあるらしいので、そういうことにはなりにくいようですが、外国のLCCでは頻繁に起きます。1日2便しかないLCCで1便をキャンセルすれば、もう一便の搭乗率は当然に上がりますよね(もちろん便の変更は無料です)

私はシンガポールのLCCでこれをやられましたが、そもそも5000円ぐらいしか払っていないので「しょうがないな・・」というレベルでした。大手の同じ行き先にすると2万円ぐらいするんですから。


こういうコスト削減というビジネスモデルを理解すれば、安全性には関係ないことが分かると思います。

会社経営者です。

常識的な内容で考えてもLCCが特に危険である、と言う結論には至らないと思います。

まず会社としては「1回の事故」が起きれば、会社が倒産するような危機になることもありえます。客足が遠のき、保険料率が上がり、役所に痛くない腹を探られる、だけで十分に利益に影響します。
今回のピーチの一件で、この質問のような反応や実際にキャンセルする人も出たでしょうから、この程度の「事故」でもLCCにとっては利益に直結するスキャンダルとなります。

したがって「むしろレガシーキャリ...続きを読む


人気Q&Aランキング