AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

知り合いが悪性リンパ腫が胃にできていたそうです。

手術はできないとのことだったのですが
その場合、どのように治療していくのでしょうか。
抗がん剤などを使用することで症状が進行することを防いだり痛みを和らげたりするのでしょうか。
その場合、今の日常生活を送ることは難しいのでしょうか。
完治することもあるということは聞いたのですが
どのくらいの確率で完治できるのでしょうか。
ネットで調べてみたものの、臓器にできてしまった場合
きびしいというものを見つけたのですが本当にそうなのでしょうか。

あと、そのような病気になってしまって
本人は相当なショックを受けていることと思います。
病気を治すことは自分にはできませんが
精神的な部分で支えてあげたいと考えております。
その場合、露骨に気を使ってしまうと本人も負担に感じてしまうと思うのですが
どのように接することが本人にとっては楽になるのでしょうか。

また、関東近辺でこの病気の治療に強い病院などご存知でしたら
教えて頂ければ幸いです。

まとまりの無い文章になってしまい申し訳ないのですが
回答の程宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

胃の悪性リンパ腫と言っても、腫瘍細胞の種類によって、完治するものから難治性のものまで様々です。


治療は抗癌剤を用いた化学療法が主となりますが、放射線治療を行う事もあります。

ご相談者さんの持っておられる情報だけでは、これ以上の事はわかりません。
心配される気持ちはわかりますが、病状については、お知り合いの方がお話になるまで、詮索しない方が良いと思います。
    • good
    • 1

知り合いが病気になり大変心配だと思います。


患者の年齢、症状など不明ですが、下記アドバイスを差し上げます。
23区内の血液内科がある病院を選択することが賢明です。
ネットで良さそうな病院を調べてください。
がん系の病気には、メンタルケアが重要ですので、専門家と共に心の支えになってください。
代替療法の効果は、個人差が大きいですが、食事療法(玄米菜食)や気功なども有効だと思います。
患者全体の統計データは、患者の病状、体質、年齢、環境などが違いすぎて個々人に当てはまりません。
5年生存率は、あくまでも統計上の話しです。
最終的には、患者本人の生きる意志が強ければ、乗り越えられると思います。
ご参考にしてください。
    • good
    • 0

私も「悪性リンパ腫」で化学療法により、入院治療から通院治療へと経過中の


62才、男性です。

悪性リンパ腫も種類が多くどの種類かが解りませんので
一般的な事を記入します。
 (1)まず、悪性リンパ腫に「完治は有りません」、「寛かい」と言って
  リンパ腫が見つからなくなった時点で一応の区切りとなります。 

 (2) (1)でお解りと思いますが、再発の確立も多く経過観察は必須です。
 (3)5年後の医学的生存率は(リンパ腫の種類、年齢、病期(ステージ))
  により大きく変わります。 私の場合は5年後で50%の生存率です。
 (4)関西人なので関東の状況は不明ですが、「免疫血液内科」が有る
  大学病院等が良いでしょう。

病期(ステージ)は臓器に出来ているので有れば「IV期」で5年後の
生存率は50% 以下と思います。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

完治は難しいこと、5年後の生存率は50%以下とのことで
やはり大変な病気であることを認識出来ました。

少しでも良くなってくれることを信じ、
病院を色々と探してみたいと思います。

7294283様も闘病生活で大変かと思いますが
頑張ってください。

お礼日時:2012/02/10 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング