先日ローマ法王が和解を目指しギリシア正教の最高指導者と会いました。
カトリックと正教は1054年に分裂が決定的になったということですが、
この年に何があったのですか?
資料をひっくり返しているのですが、分裂を決定付けたできごとについての
記述が見当たりません。

もう一つ。前から気になっていたのですが、ローマ法王のことを教皇とも言います。
正式には「教皇」のようですが、なぜ2種類の呼び名があるのですか?
辞書によると、「法王」は仏教から来た言葉のようですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 page」に関するQ&A: HTMLの"?page"の意味

A 回答 (3件)

 手もとのコンサイス世界年表にも1054年の条に「教皇レオ9世がコンスタンチノーブル教会を破門、総主教ミカエルと争う、東西両教会との決定的な分離」となっています。

「法王」と「教皇」はほとんど同じ意味ですが、
http://homepage2.nifty.com/Etna/church/hajimetek …
 には、教会では「教皇」と呼ぶとなっています。

参考URL:http://plaza15.mbn.or.jp/~fnagaya/Nenpyou.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レオ9世は聞いたことがあるかもしれません。
ミカエルのほうは記憶にないですね。
たぶん初耳です。情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/08 19:54

ローマカトリックと東方教会(ギリシャ正教・ロシア正教)の分裂については、参考URLに説明がありますのでご覧下さい。



教皇と法王については私見ですが、日本史の後白河法王などの仏教用語から来ているのだと思います。
ちなみにカトリック教会では、教皇「聖下」と呼ぶ事もあるらしいです。君主に対する「陛下」、王族に対する「殿下」、将軍や大臣に対する「閣下」のような物でしょうか。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~chfujimi/1054-breaku …

この回答への補足

都合によりこの質問を締め切ることになりました。
回答をお寄せいただいた皆様ありがとうございました。

補足日時:2001/09/30 17:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「法王」はやはり仏教用語ですか。
とするとどこからなぜ「教皇」という言葉が持ち込まれたのか
やはり謎ですね。

東西の教会の分裂の件については一応これにて解決としたいと思います。

お礼日時:2001/07/28 05:23

今百科事典を見たのですが、双方の破門の前に色々と対立面(教義や教会慣行など)があったのですが、


「…かくして1054年、ささいな事件から破門状をお互い突きつけ…」
とあるので、あんまりそこは重要じゃないのかも。

あ、コンスタンティノープル総主教ミハエル・ケルラリオスの項に
「ローマ教皇レオ9世から派遣されたフンベルトゥスとハギア・ソフィア教会で論争の末、破門状を投げ合った」
とありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに1054年以前の摩擦については記述を見かけるのですが、
1054年の出来事のほうはあまりとりあげられないようですね。

お礼日時:2001/05/08 19:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、マスコミはローマ教皇といわず、ローマ法王と呼ぶのか

カトリック中央協議会のホームページでは
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/pope.htm
その中に
教会では「ローマ教皇」を使います。とあり、
 以前混用されていました。そこで日本の司教団は、1981年2月のヨハネ・パウロ2世の来日を機会に、「ローマ教皇」に統一することにしました(略)
その時以来、たびたびマスコミ各社に「ローマ教皇という名称を使ってください」とお願いしていますが、残念ながら実現していません。と書いてあります。
大使館にしてもローマ法王庁大使館という表現を政府はかえてくれないそうです。
どんな理由だろうが、当事者が、そうしてくれというんだから、教皇にすればいいじゃないですか
なんか、できない絶対的な理由があるんですか?
マスコミがつかわないから、一般的にもならないだけじゃないんですか?

Aベストアンサー

・カトリック中央協議会のホームページより引用

>日本とバチカン(ローマ法王庁、つまりローマ教皇庁)が外交関係を樹立した当時の定訳は「法王」だったため、
>ローマ教皇庁がその名称で日本政府に申請。そのまま「法王庁大使館」になりました。
>日本政府に登録した国名は、実際に政変が起きて国名が変わるなどしない限り、変更できないのだそうです。

日本政府が「法王」の呼称を使用していることが関係するかもしれません。
政府が公式に「法王」を認定しているのだからこれに従うという考え方です。

一方で、本来専門用語ではない言葉が、マスコミを通じて一般化する場合もありますよね。

Q新ローマ法王について

この前にヨハネ=パウロ2世の後継者として、
ラッツィンガー枢機卿が選ばれ、
ベネディクト16世と名前を変えましたが、
何故名前を変えたのでしょうか?
名前を変えなくてはならない規律でもあるのでしょうか?
それに、ヨハネ=パウロ2世の跡継ぎなのに、
何故、ヨハネ=パウロ3世ではなく、
ベネディクト16世というまったく違う名前にしたのでしょうか?
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん、いや「基本的に名前は引き継がない。先代は異例であった」というのが前提。
そして、法王の最初の儀式である質疑応答は、まず法王を受けるかどうかを聞き、次になんと名乗るかを聞く事になっています。そこで本名を選んでも悪くはないですが、普通は何か聖人から名前をもらうわけです。「意志を継ぐ」と書いたのは、ヨハネ=パウロの話です。1世がわずか33日で死去し、法王として何も出来なかったので、その遺志を継ぐ為に2世を名乗ったという訳です。

今回はそのような話ではなく十二分に責務を果たしてからの死去なのでわざわざ継ぐ必要はなく、慣例の様に過去の聖人の中から名前をもらおうと考え、自分が尊敬する人物「ベネディクト」を選んだ、と言う事でしょう。
何故ベネディクトを選んだかは本人の談話によれば6世紀のベネディクト(初代)と、第一次大戦で和平に尽力した15世を念頭に決めたそうです。

Qもし日本にローマ法王が来たら・・・

 もしローマ法王が日本に来た場合、日本には「ローマ法王」という役職がないと思います。
 だったら日本でローマ法王はどんな立場になるのでしょうか。宗教者として、いち民間人になるのでしょうか?それとももっと上の立場になるのでしょうか?
 おしえてください!お願いします!
 (できればその根拠となる資料も教えてください)

Aベストアンサー

バチカン市国=法王聖座(Holy See)はれっきとした独立国ですので他国の元首(国王、大統領など)などと同じことになります。

ちなみに日本とバチカン市国には1942年に外交関係が樹立され相互に大使館を設置しています。

また、公式に国家間として往来の記録は以下です。
○往
皇太子殿下(当時、1953年)
常陸宮同妃殿下(1965年)
浩宮殿下(当時、1984年)
天皇皇后両陛下、法王と御会見(1993年)
吉田、岸、池田、中曽根、竹下、海部、羽田、小渕各首相
小坂、大平、椎名、愛知、倉成、宇野、中山各外相
○来
ローマ法王(1981年)
オッディ枢機卿(大喪の礼、1989年)
カプリオ枢機卿(即位の礼、1990年)

参考URLは外務省のページです。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vatican/data.html

Qローマ法王に自由?

ささいなことかもしれませんがローマ法王に自由ってのはあるのですか?(趣味で映画を見たり散歩に行ったりみたいなこと)

Aベストアンサー

あるようですね。
映画見たりしたのは、聞いたことがあります。
でも、基本的に、法王って、法律でも何でもなく、
人の意志に縛られている人なので、
主の御名において、幸せ会ったと思いたいですね。

Qカトリック以外の宗派におけるローマ法王死去に対する弔意について

 ローマ法王が亡くなられました。「空飛ぶ法王」として各国を回り、世界平和に尽力されたとのことで、ニュースでは世界各地で弔意を表していると報道しています。
 そこで質問ですが、同じキリスト教とは言え、他宗派の対応はどうなのでしょう?完全に他宗派だから無視というか無関心という状態なのか、他宗派だけどキリスト教の大勢力の親分が亡くなったから弔意をしめしているのでしょうか。
 完全なプロテスタントの対応は、あまり興味ないのですが、一見カソリックに見える英国国教会や、同じカソリックでも他宗派となる東方正教会の対応に興味があります。
 外国の状況は無理でも、函館にあるロシア正教系の教会の対応を教えてくだるだけでもありがたいです。

Aベストアンサー

東方正教会の最大勢力であるロシア正教会の対応についてです。

ロシア正教会のHPによると、4月3日付でアレクシー総主教がバチカンに弔電を送ったということです。

弔電では、ローマ法王が亡くなった事に対し、深く哀悼の意を示すとともに、その人柄にも触れ、法王が世界に強い影響を与えたことなども記されています。

そして新しい時代を迎えたローマ・カトリック教会が、正教会との間にお互いに尊敬できる関係を築き、キリスト教の兄弟愛を築けることを望む、という趣旨のことも書かれており、ローマ法王の魂のために、キリストに祈りを捧げるという内容の文で締めくくられています。

ローマ法王は生前、ロシア正教会との対話も希望していたが叶わなかったと聞いています。ローマ・カトリックと正教会の間にはまだいろいろな問題があるのかもしれませんが、同じキリスト教を信じる者同士、ローマ法王を失ったということは大きな意味があるようです。

参考URL:http://www.pravoslavie.ru/news/050404125648


人気Q&Aランキング

おすすめ情報