ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

テレビで「写真家たちの日本紀行」を
時々みとります。
竹下景子のナレーションがいいのと
風景が綺麗なのでみとるのですが
そこで質問ですが
商業写真を手掛けていない写真家さんたちは
いったいなんで収入を得ているのでしょうか?

結構いい車に乗り、移動費や機材もお金がかかると思うのですが・・・

写真集も図書館や一部限定的なマニアが購入するでしょうが・・

どないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

商業写真ではない写真というのは芸術的で広告などにも使われないような写真のことですかね。


それであれば、そういう写真を撮る写真家のほとんどが商業写真を撮ることによって成り立っているといっていいと思います。例えば、芸術的なポートレートを撮る写真家も、普段は雑誌や広告などに商業用のポートレート写真を撮ります。広告などにも載らない芸術的な写真はいってみれば本人の「趣味」で撮っているようなもので、その写真家が有名になれば写真集にして発売されることもあります。
前衛的なポートレート写真を撮るアラーキーこと荒木経惟さんも、普段は出版社などの依頼を受けて雑誌のグラビアのヌード写真を撮っていたりします。
風景写真などの場合は、たいてい写真雑誌に載っています。写真というのは分野によって撮る人が違っていて、例えばポートレートを撮る人はポートレートばっかり、風景を撮る人は風景ばっかり、動物写真家は動物ばっかり、鉄道写真家は鉄道ばっかり、なんていう感じです。
それで人気が出れば写真雑誌を中心にカメラメーカーや写真のイベントなんかに呼ばれたり、アマチュア写真家向けの写真講座の講師をやったりします。
風景写真では最近は女流写真家の米美知子さんが大人気ですね。しかし彼女が売れっ子の理由のほとんどは、たぶん、そのルックスでしょう。まさに美熟女って感じですね。彼女のように売れっ子の風景写真家なんて、たぶん日本に数人です。風景写真家の99%はアマチュア写真家だと思いますよ。アマチュアでもプロ並みに上手な人も少なくありません。

写真家が写真家として食べていくためには、写真家としてのウデより営業の才能だ、なんていわれています。実際問題、カメラメーカーのイベントには欠かさず顔を出してそのカメラの宣伝をしてギャラをもらっているプロ写真家はいます。
最近は雑誌が売れないことと、広告費も圧縮する傾向があり、プロ写真家の活動の場所は狭まっています。あのリーマンショックの後は、業界でも有名なカメラマンが知り合いに「なにか仕事はありませんか」と聞いて回っていたなんて話もよくあったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました、ありがとうございます。
つまりあの番組で出ている写真家も
普段は広告などの商業写真をやっとるのですね。

芸術写真一本で食っていくのは
不可能なのですね。

また機会がありましたらよろしくお願いします。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/13 17:49

結婚式などの専属、町の写真館なら七五三や履歴書用の写真など撮るでしょうし、依頼があれば修学旅行のアテンドなどもするでしょう。


お見合い用や遺影用の写真補正も、商売としてやっています。
賃貸物件の写真や、会社のホームページ等で使う写真、美術品の写真など、モノを撮ることも多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか

お礼日時:2012/02/13 17:47

まぁ、写真家ってのは「資産」が無いとできないですね。



【我々が普通に言う写真家】
普通に言う「写真家」っていうのは、自分で撮った自然写真なんかを「写真集」にして売ったりしますよね?写真集を出版するだけでも、結構なお金がかかりますからね。そして売れた分だけ印税が入ってくる。

【戦場カメラマン】
こちらは、新聞社とか雑誌社とかと契約してる事が多く、契約金も入りますし、危険な戦場へ行く際は、それこそ手当ても付くでしょうし。フリーも多いですが。

【報道写真家】
こちらはフリーが多いですね。自分が撮った事件や事故が起きた直後のスクープ写真ですね。それを新聞社や雑誌社へ持って行って売るといった具合でしょう。有名なのは「新宿西口バス放火事件」で燃えるバスをスクープしたフリーカメラマンです。仕事の帰りにたまたま事件現場にぶち当り、残りのフィルムで次々とバス・路上に呆然とたたずむ被害者の写真を撮り、それを新聞社に持っていって「売った」と自分で言ってますから。

あとは、写真展なんかで、収入を得たりしてるケースもあるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芸術的な風景写真や心像的なポートレート写真集で
どれだけ印税がはいるか・・^_^;

もうあかんと思うとります。

お礼日時:2012/02/12 17:37

写真を生業としているからこそ写真家です。


収入を得るための写真を商業写真と言います。

逆に商業写真を手掛けていない写真家って何してるんですか?

この回答への補足

補足日時:2012/02/12 16:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2012/02/12 17:37

ちょっと前に話題になった戦場カメラマンの場合は、どこにも属さない全くのフリーランスは自分で撮って売り込み先を探して売り込みます。


売り込み先は、通信社や新聞社などです。
それでその写真にはクレジットが入りますから、写真が注目されれば今度はその売り込み先から依頼が来るようになります。
週刊誌や特定の新聞社などと契約している場合は、渡航費用や関係経費、ギャラなどをもらっています。
どちらも、特ダネが撮れなければやがて干される職業です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しい仕事だと思うとります。

お礼日時:2012/02/12 17:38

プロ写真家です



その番組に出演した写真家の一覧を見てみました

直接の知り合いや友人、間接的な知り合いが多数出演していましたが、商業写真を撮っていない人は一人もいませんでしたよ
出演者全員を知ってるわけではないので、例外もいるかもしれませんが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり商業写真で稼いでいるのですね
とても誠実な回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/12 16:49

資産があるのでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは違うと思うとります。

お礼日時:2012/02/12 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング