私は海釣りにて堤防よりリール付の竿で遠投し、真鯛を釣りたく日夜努力いたしておりますが,物理の観点から皆様のご助言を戴きたく投稿いたしました。よろしくお願いいたします。
釣のタックルですが、マキエを入れる籠(おもり付)を道糸の端に固定し、そのすぐ上のほうに浮きを道糸上を動ける誘導式にして、リール付の竿でブン投げます。道糸の途中に浮止めを付けていますので、遠投して着水後、錘のついた籠は沈んでいき、浮止めで浮きが止まるため、その深さで浮と籠がバランスするということになります。
籠の重量が増せば、竿を振り出した時の遠心力が大きくなるため初速が同じであれば良く飛ぶと思いますが,浮(通常発砲スチロールが主体)はそのおもりに釣り合うように大きくして浮力を付けねばなりません。大きくなると飛ばした時の空気抵抗が増えて余り飛ばなくなると思います。
そこで質問ですが、
(1)浮の形状は空気抵抗を考えると短くて太いものより細くて長いものの方がよいと思いますが,正しいでしょうか? また、目印になることもあるため、よく浮きの上部に羽を4枚ロケットのようにつけていますが,この羽は遠くへ飛ばすために役立つのでしょうか?弓矢の羽は、矢を回転させて直進性を挙げる意味があるとは聞いたことがありますが,羽は飛距離も伸ばすのでしょうか? またその羽は大きいのと小さいのではどう違ってくるのでしょうか?
(2)上の説明のように誘導式にして投げると、特に向かい風の時には、浮が飛んでいるときに道糸の上のほうに上がってきてしまうことがあります。こうした仕掛けにおいて籠の重さと浮きの重さは近いほうが飛びやすいのでしょうか?それとも浮は軽くした方が飛びやすいのでしょうか?これは浮の形状は一緒という前提で結構です。
以上、よろしくお願いいたします!!

A 回答 (1件)

私つり好きの一応物理屋です。



釣りの遠投だとテグスの抵抗(空気抵抗+竿との間の摩擦)なども馬鹿にならないくらい効いてきそうなので「理想的な」状態の好きな私ども物理屋にはちょっぴり複雑すぎる系なような気がしますが…それはさておき、

>(1)浮の形状は空気抵抗を考えると短くて太いものより細くて長いものの方がよいと思いますが,正しいでしょうか?
正しいと思います。空気抵抗は断面積と速度の関数だと思っていいので、同じ重さであれば断面積が小さいほうが減速が少ないです。

>浮きの上部に羽を4枚ロケットのようにつけていますが,この羽は遠くへ飛ばすために役立つのでしょうか?
たぶん、役立っていないと思います。うまく設計すれば後方の乱流を防いで抵抗を減らすのに役立つはずですが、大抵の場合抵抗は増えると思います。回転させる、もしくは風見鶏のしっぽが風下を向くようにして直進安定性を増すのには役立っていると思います。

>その羽は大きいのと小さいのではどう違ってくるのでしょうか?
あまり大きいと抵抗が増すばかりなのでちょうどよい大きさがあるはずです。最適な大きさは簡単な計算で出るとは思えないので試行錯誤で見つけ出さないといけないかもしれません。

>(2)上の説明のように誘導式にして投げると、特に向かい風の時には、浮が飛んでいるときに道糸の上のほうに上がってきてしまうことがあります。こうした仕掛けにおいて籠の重さと浮きの重さは近いほうが飛びやすいのでしょうか?
籠よりも浮きのほうが重さあたりの空気抵抗がずっと大きく思えるのでいつでも浮きは浮き止めまで下がってしまう気がするのですが、いっしょに飛んでいくときもあるんですか?
いっしょに飛んでいくということは浮きと籠との重さあたりの空気抵抗がほぼ同じもしくは浮きのほうが小さいということだと思います。えっと、答えになってないですね。
(2)のご質問に関してはあまりいい答えが浮かんできません。たぶん浮きの重さと籠の重さとを近づけることはあまり意味がないと思います。

では、がんばって工夫してすばらしい釣果をあげてください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に明快なるご返事、誠に感謝致します!!
とてもよく解りました! 最後のu13さんの疑問も、私が説明不足でしたが,実際には浮きの下におもりを付けていますので、籠よりは軽いですが,そこそこの重量を付けています。浮の浮力がありますので,重量を同じにはできませんが,その二つを遠投時に離さないような工夫は今仲間と検討中です。 
ありがとうございました!!! 頑張りま~~す!!

お礼日時:2001/05/08 18:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2段浮き仕掛け、普通の浮き仕掛け?

よろしくお願いします。
私は釣りをして、数年経ちました釣り好きです。

昔から浮き釣りが好きで大体浮きが中心で釣りをしてきました。
そこで聞きたいのですが、
私は浮き釣りするときはだいたいが、2段浮き仕掛けが好きで
いつも2段浮きです。

しかし2段浮きだと深い棚の魚を釣る時に使いにくく、苦労します。
どうしても2段仕掛けと、浮きを固定したり、カラマン棒を
使ったり、するので、どうしても竿の長さまでしか、棚を探れません。
この場合どうしたらいいのでしょうか?

あまり1個だけの浮きを使っての仕掛けはあまりやりません。
どんぐり浮き一個でも仕掛けは、浮きを確認しにくく、
アタリも繊細に分かりにくいように思いますが?
どうでしょうか?

みなさんはどんな浮き釣りをしていますか?

Aベストアンサー

深いタナを探るには棒ウキを使った移動ウキ仕掛け、円錐ウキの遊動仕掛け
円錐ウキでウキ止めもなくどこまでも探れる沈め探り釣りなどいろいろありますが
円錐ウキは慣れないとその特性など分かりづらく、どちらかと言えば上級者向きですから
棒ウキを使った移動仕掛けがアタリも明確に出ますからオススメですね。

まず今までウキ止めもそんなに使ったことがないでしょうから、ウキ止めは
ほとんどズレることがなく、ガイドにもまったく引っかからないタナキーパーの
Sサイズが使いやすいでしょうね。どこの釣具店でも普通に打ってますし。
http://www.toukaiturigu.co.jp/shouhin_sikake/sikake_uki/uki_stopper/marufuji_tana_keeper_5.html

ウキは下部にオモリを内蔵している自立式のものが絶対にオススメです。
普通はウキ止めで止まるようにシモリ玉を入れたりしますが、スナップ付きの
スイベルをラインより若干広いぐらいにペンチでつぶすと、仕掛けの落ちが
非常にスムーズになりますし、シモリ玉も不要になります。

あとはオモリとウキの間にウキの全長と同じぐらいの位置にカラマン棒を
付ければ仕掛けの投入時の絡みがなくなりますから、これも絶対の必需品です。
http://niko10.cside.com/shikake/uki01.htm

ウキの負荷は水深にもよりますが、慣れるまでは3Bぐらいから0.5号位が使いやすいでしょうね。

深いタナを探るには棒ウキを使った移動ウキ仕掛け、円錐ウキの遊動仕掛け
円錐ウキでウキ止めもなくどこまでも探れる沈め探り釣りなどいろいろありますが
円錐ウキは慣れないとその特性など分かりづらく、どちらかと言えば上級者向きですから
棒ウキを使った移動仕掛けがアタリも明確に出ますからオススメですね。

まず今までウキ止めもそんなに使ったことがないでしょうから、ウキ止めは
ほとんどズレることがなく、ガイドにもまったく引っかからないタナキーパーの
Sサイズが使いやすいでしょうね。どこ...続きを読む

Q(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)

(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)まで半径rの演習を動く時に力のなした仕事を求めよ。
これが分かりません…

Aベストアンサー

たぶん
(x,y)=(r・cosθ,r・sinθ)
と置いてF・dlをθについて π/4から0まで積分すればいいんじゃないのかな。
ちなみに
dl = (r・sinθ,-r・cosθ)dθ
ベクトルの内積はわかるよね?
だったら計算はできるかと。

Q差圧計に、浮き球を入れた場合の、数値への影響は。

素人なため、基本的なことかもしれませんが、詳しい方教えて下さい。

【条件1】
①U字型差圧計で、圧力をかけていない状態で、左右の目盛が同じであるとします。
②右側の管にだけ浮き球を入れます。
【質問1】
右側の管は、浮き球の質量分だけ、水面が下がりますか?

【条件2】
③その後、左側の管に1kpaの圧力を加えるとします。
【質問2】
浮き球の入った右側の管は、10.2mm数値が上昇しますか?
つまり、浮き球の質量分、上昇が減りますか?
(浮き球が入っていない大気圧の状態では、10.2mm数値が上昇と考えています。)

【要約】
水面を見やすくするために、差圧計に浮き球を入れたいのですが、
その浮き球が、測定の邪魔をするのではないかという疑問を持っております。

Aベストアンサー

No.1です。ちょっと文章が拙かったので、再掲載します。

>【質問1】
>右側の管は、浮き球の質量分だけ、水面が下がりますか?

下がりません。左右の水面の高さの差は浮き球を入れても同じです。   ←「左右の水面の高さ」を「左右の水面の高さの差」に変更します
ただし、浮き球の水面下の体積分だけ、左右の目盛が上がります。   ←断面積の条件が分からないので、1/2を削除
(左右の管の断面積が同じであれば、1/2ずつ)           ←断面積が同じ場合を追記

>【質問2】
>浮き球の入った右側の管は、10.2mm数値が上昇しますか?
>つまり、浮き球の質量分、上昇が減りますか?
>(浮き球が入っていない大気圧の状態では、10.2mm数値が上昇と考えています。)

浮き球があってもなくても、右側の管の目盛は 10.2mm 上昇します。
浮き球が入っていないときに1kpaの圧力を加えると、右側の管の目盛は 10.2mm 上昇するという前提です。  ←条件を明記

>つまり、浮き球の質量分、上昇が減りますか?

こうはなりません。どこが「つまり」なのでしょうか?


>その浮き球が、測定の邪魔をするのではないかという疑問を持っております。

バランス式の差圧計であれば、浮き球の有無は関係しません。
「アルキメデスの原理」で浮き玉の質量と水の圧力はバランスしますし、「パスカルの原理」でその圧力はU字管全体に均等に働きますので。

No.1です。ちょっと文章が拙かったので、再掲載します。

>【質問1】
>右側の管は、浮き球の質量分だけ、水面が下がりますか?

下がりません。左右の水面の高さの差は浮き球を入れても同じです。   ←「左右の水面の高さ」を「左右の水面の高さの差」に変更します
ただし、浮き球の水面下の体積分だけ、左右の目盛が上がります。   ←断面積の条件が分からないので、1/2を削除
(左右の管の断面積が同じであれば、1/2ずつ)           ←断面積が同じ場合を追記

>【質問2】
>浮き球の入った...続きを読む

Q高校物理の振り子でおもりを離した直後の張力について

物理の振り子の問題で、おもりを離した直後の張力を求める問題なのですが、
私は鉛直方向の力のつり合いから、Tcosθ=mgとしたのですが、
解答はT=mgcosθでした。
どうしてそのようになるのでしょうか?
分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、おもりを離した直後は静止しているから、だから「力のつり合い」と考えたのでしょうね(^^;)
そこで、力のつり合いが成り立つときの物体の運動を確認しておきましょう(^^)
力がつり合っているとき、
1)静止している物体は、静止を”続ける”
2)運動している物体は、等速直線運動を続ける
でしたね(-_-)
この問題では、おもりを離した後、一瞬おもりは静止していますが、静止を「続ける」わけではありませんね(◎◎!)
したがって、この問題を力のつり合いで解くのは間違っているんですね(^O^)
じゃあ、どうやって解くかと言いますと、おもりは振り子運動を始めますが、
振り子運動は、”等速”ではない、円運動の一部になっていますね(^^)
そこで、思い出して欲しいのですが、円運動が”等速”でなくても、
円運動の各瞬間は、等速円運動であると考えて式を立てることが出来ましたね(-_-)
それを思い出せば、おもりを離した直後の円運動の式は、
向心力F=m・v^2/r より、・・・向心力Fは、物体に働く力の中心方向(ひもの方向)の成分を入れるんでしたね
T-mgcosθ=m・(0^2/r) = 0  何故なら、おもりを離した直後のおもりの速さは0 だから
これより、
T=mgcosθ
となります(^^)

多分、おもりを離した直後は静止しているから、だから「力のつり合い」と考えたのでしょうね(^^;)
そこで、力のつり合いが成り立つときの物体の運動を確認しておきましょう(^^)
力がつり合っているとき、
1)静止している物体は、静止を”続ける”
2)運動している物体は、等速直線運動を続ける
でしたね(-_-)
この問題では、おもりを離した後、一瞬おもりは静止していますが、静止を「続ける」わけではありませんね(◎◎!)
したがって、この問題を力のつり合いで解くのは間違っているんですね(^O^)
じゃあ、ど...続きを読む

Qスノーケリングと浮き具

海でスノーケリングを使用と思っていますが、休憩時につかまる浮き具を探しています。


浮き具って、他の呼び方はなんていうんでしょう?
検索するのに、浮き具でしか検索できません。。。

スノーケリングをするときは、普通はどういう形態なんでしょうか?私は普通の水着で3点セットをつけて、と思っていますが、ウェットスーツかライフジャケットは必須でしょうか?
水着だけでは浮かないので、浮き具をもっていけば大丈夫かなと思っていました。


オススメの浮き具、スノーケリングに適した浮き具などあれば教えてください。

Aベストアンサー

私はダイビングと素潜りをしています。
普通は潜らないのであればウェットスーツ(これ自体に浮力があります。)に三点セットですが
初心者で泳ぎ疲れてしまうようであればライフジャケットがいいと思います。背泳ぎのように仰向けになってプカプカ空を眺めているだけでも休憩になりますよ。

経験からいうと基本的にはなるべく必要最小限の装備がいいと思います。 結局思いどうりの行動が出来ない水中では後々邪魔になります。批判反論ではないのですが浮き輪にロープもやってみましたが水中で身体にからまり大パニックでした。ダイビングナイフを装備していたので切って脱出しましたが・・・。

必ず誰かと 無理・無茶をせず 体調 天候 に気をつかって楽しくスノーケリングして下さい。

PS 先日伊豆でスノーケリング中、水中10m付近で2Mほどのエイに出会いました。感動で泣きそうでした。素敵な出会いはどこの海にもあります。くれぐれも事故のないように!

Q進行中の船の上空では,かもめは翼を使わずに飛ぶことができるらしい

進行中の船の上空では,かもめは翼を使わずに飛ぶことができるらしいということを聞きました.何故だろうと考えていたら夜も眠れません.誰か教えていただけますか?
お願いします.

Aベストアンサー

翼を使わず、と言うのは羽を閉じているのでしょうか、単に羽ばたきをしていないと
いうことなのでしょうか?

それにしても、羽ばたきはしていないというだけなら、、
進行中の船の海上の部分、特に船橋(ブリッジ)のような部分にあたった風が
左右だけでなく、上向きにも流れて、つまり上昇気流になって、その風に乗っている
と言うことでしょうか?


本当のところは、わかりませんが。。。

Q伏し浮きと背浮き

OKWave に「美しいクロール」という質問が8日前に上がり、
その回答に「究極の伏し浮きがある」とあり、
伏し浮きをしてみると、どうしても足が沈んできます
背浮きは両腕を上に上げると、力を入れなくても自然と足が
浮いてきて、いつまでも背浮きをしていることができます
両手を上げた上体だと、伏し浮きも背浮きも重心が同じ位置
にあり、おそらく浮心も同じかなと思うのに、伏し浮きで
足が沈むのが納得いきません。物理の法則に反してませんか?

* クロールのレッスンで 25m 11回以内のストローク数で
 泳いでください。ドルフィンとか真ん中まで潜水するのは
 なしですよ。というのがあり、「そんなのできません」と
 1ストロークの合間にたくさんキックを打って、10回で
 泳げましたが、練習の目的は1かきでたくさん進むこと
 なので、ちょっとズルですよね。2ビートで11回以内で
 泳ぎたいです。足が落ちてこない伏し浮きできるように
 なったら、11回以内できるかなぁ?

Aベストアンサー

あ、多分それは僕が回答者だったかと。

実は自分もまだできないのですが、調子のいい時は大体出来ている。

キーポイントは肺の空気ですよね。浮いてくるのを押さえ込まないと。

と、肩。柔らかく前に伸ばすような感じにできないと、背中が反り易いし前に体重の乗りにくくなる。

ちょっと手を挙げただけで背中の動きは反りますよ。注意が必要です。

ですから、どちらかといえば背浮きのほうが簡単らしいですよ。

もも下も骨格的にそりにくいので。

でも自分は逆にできません。

んで、肺と骨盤を水面に対して平行にしなければならないそうです。

とにかく重心を感じることが一番大事だと最近思います。

確かに水平抵抗なしは大事ですが、感覚を研ぎ澄ますのに時間がかかるかと。

上手くうけても手足を回す動作も必要ですから。

Q物理の問題について質問です 問題 起電力V1,V2の電池と抵抗値R1,R2,R3の抵抗からなる回路が

物理の問題について質問です


問題
起電力V1,V2の電池と抵抗値R1,R2,R3の抵抗からなる回路がある。bの電位はいくらか。

解答

bの電位 R2V1/R1+R2

なぜbの電位は、R2V1/R1+R2なのでしょうか?

どこに着目すればR2V1/R1+R2の式が導きだせるでしょうか?

解説よろしくお願いします

Aベストアンサー

今、b点の電圧を考えるのですから、左側の回路だけを考えればよいことが分かります。この回路は、2つの抵抗の直列回路です(V1 の電池から a を通ってR1, b, R2 を通って電池に戻ります) 。直列回路の電流は、
  I = V1/(R1 + R2)
です。b 点の電圧は、R2 の電圧ですから、
  Vb = R2 x I = V1 R2/(R1 + R2)
となります。

Qだるま浮きをする

水泳の「だるま浮きをする」(http://www5a.biglobe.ne.jp/~URAGISHI/ab6.htm)を英語でなんと言ったらいいでしょうか?
この浮き方に相当する英語はありませんか?
次のように考えてみました。添削をお願いいたします。

(水泳教室で通常)だるま浮きを10秒間します。
We do/practice だるま浮き for 10 seconds.

We float like a tumbling doll folding the legs with the arms ,and with the back up to the surface of the water for 10 seconds.

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

これはこちらではTurtle floatと呼ばれるものです。

(水泳教室で通常)だるま浮きを10秒間します。
We do turtle float for 10 seconds.

We float in a position with the legs tucked in with the arms around for 10 seconds and get up in a standing position.

と言う表現になるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Qばねとおもりの運動

質量m[kg]のおもりAと質量M[kg]のおもりBが自然長L[m]、ばね定数k[N/m]でつながれ、摩擦のない水平面上に置かれている状況での問題です。
A○www●B←このような感じです。
おもりAに右向きに初速度v[m/s]を与えたとき、最初にばねが最も縮んだときのおもりの速度をva[m/s]、vb[m/s]、ばねの縮みd[m]としたとき、『vaとvbの間に成り立つ関係と、va、vb、dの値』を求めたいのですが、未知数の数に対し、式の数が少なくなってしまいます。
いまのところmv=m(va)+m(vb)と、0.5m(v^2)=0.5m(va^2)+0.5M(vb^2)+0.5k(d^2)という式があるのですが、ここで手詰まりになってしまいました。
可能であれば解を教えてもらえればうれしいのですが、どう間違ってるか、どんな式があるのかだけでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

takanotinnさん こんにちは。
ばねが最も縮んだとき、
va=vb
となることは、相対速度(Aから見たBの速度)がこのとき0になることから明らかです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報