位置情報で子どもの居場所をお知らせ

こんにちは。閲覧ありがとうございます。

だんなさんが、がん保険の審査に通りませんでした。
ですが、理由が解らないのです。
詳しい方、経験者の方、いらっしゃりましたら教えて下さい。

■状況
だんなさん、30歳。
数ヵ月前に約10万円程する、かなりしっかりとした全身の
身体検査のようなものをしており、基本的にどこも問題ありませんでした。
唯一問題があったのは、視力です。目はかなり悪いです。
再検査をすすめられています。

嫌煙家。今まで吸っていたこともありません。
ただしだんなさんのお母様は、ヘビースモーカーだったため
肺がんでお亡くなりになっています。
(反面教師で、本当にたばこ嫌いです)

がんや、その他、大きな入院経験は、ありません。

アルコールも、人並み程度です。

-------
会社で要職者へ保険を加入させようとなり、
申し込んだところ、私のだんなさんだけ、通らなかったようです…。
社長も心配してくれ、理由を問い合わせているのですが
理由を教えてくれるかは解りません。

ちなみに、関係ないとは思っているのですが、借金問題もありません。
(むしろ、借金問題のある方は、審査にパスされてました…。)

唯一引っかかるのが、再検査がまだ済んでいない点かと思っています。
しかし、目でも引っかかるのでしょうか…?

とても心配していて、多くの情報をいま集めているところです。
どうぞ、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

親がガンで亡くなっている、というのが大きいでしょう。



審査の際は「ガン患者が直系の親族に居たかどうか」だけが問題視され、「何が原因でガンになったか?」は考慮されません。

ですので「母親のガンはヘビースモーカーが原因だから」と言っても、聞く耳は持ってはくれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
説得力あるご回答、早々に頂きありがとうございました。
残念ですが、もしその旨記載していれば、それが原因な気がします。
1番最初にご回答頂きました、chie65535にベストアンサーを…☆

お礼日時:2012/02/15 18:33

告知書にどのような内容まで申告したかによりますね

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
だんなさんにも改めて確認してみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/15 18:19

引き受け保険会社により、審査基準は違います。


大手ですか?
ネット保険ですか?

母親が肺がんで亡くなったと書いたのでしょうか?
どちらかというと、再検査が済んでいない事が原因だと思います。
異常があるか無いかわからなければ保険会社も引き受けできません。

目の異常は全く関係ありません。
借金も関係ないです。

再検査の結果がでたら、もう一度申し込めば通ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
細かい申告は解らない部分もあるので、改めてだんなさんとも話してみたいと思います。
参考になりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/15 18:21

過去にその保険会社とトラブルを起こしているのでは?



・短期解約(契約したがすぐ解約した)
・失効(契約したが保険料を払わなかった)
・申告漏れ/虚偽申告
・意図的な誤請求/虚偽請求

特にがん保険の場合は安価な保険が数多く売り出されており、本人も忘れているケースがあります。
法人担当の勧誘員の中には(契約欲しさに)「最初の保険料は負担します」といって契約させ、
短期解約にならない時期に失効(払わないと失効する)させる勧誘や誘導をしているケースがあります。
短期解約のペナルティがない代わりに、保険者の記録には「失効」という履歴が残るため、
いざ本人が契約をしようとすると、「いわゆるブラックリストに入っていて契約できない」という
例があるようです。

その他にも保険会社が内規で決めている「契約NG」のケースはあるので、
その様な場合には契約できないでしょう。

上記の例の場合は保険会社が理由を説明せずに「総合的判断で契約しません」という回答をしてきます。
理由を回答しなくても違法ではないので注意。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
そういうケースもあるのですね…。
だんなさんはとても慎重派なので、ないはずですが
そういった勧誘は、解らないですね…。
参考になりましたし、勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/15 18:24

ただのがん保険か死亡保障つき保険かで大きく告知書が変わってくると思います


告知書の控えを見ないとはっきりとはわかりませんが引っかかってるのは目の再検査
だと思います
目の癌の疑いも否定できない状態では加入は難しいと思います
再検査を受けて癌に関係ない状態だと加入できると思います
癌に関しては3月後からの補償になるので早めの加入進めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
再検査も、審査も保険の加入も、良い機会になったと思い
いろいろ急ピッチで進めたいと思います。
ご親切に、ありがとうございました!

お礼日時:2012/02/15 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフラックのがん保険に入ろうと申込みしましたが断られてしまいました。

アフラックのがん保険に入ろうと申込みしましたが断られてしまいました。
保険会社は、ガンに罹ってなくても下記の状態ではがん保険加入を拒否する
ものなのでしょうか。もし入れる保険があれば教えてくださいませんか。

(状態)
申告時に「マンモグラフィー検査で、乳房に石灰化が見られたので検査
することになり、その石灰化している部分を切り取る手術をしました。
結果として、ガン細胞ではありませんでした。しかも、仮にガン細胞であ
ったとしても患部を切り取ったので大丈夫でしたが・・・と医師が言って
ました。」と係りの方に告げました。

結局、アフラックの審査結果では、女性用の保険とがん保険への加入は不可
とされました。

よくご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険に契約できるかどうかを判断できるのは、
審査担当者だけであり、その基準は非公開となっています。
第三者にできるのは、過去の経験や伝聞から、
「たぶん、だろう……」と推察することだけです。
このことをご承知の上、お読みください。
まず、がん保険の方から。
 
申し込みをしたのがいつなのか、ご記入がなかったので、
最近の申し込みだと仮定してお話します。
 
アフラックのがん保険(フォルテ)の告知の質問は、
細かく告知をする方式ではなく、告知の質問に対して、
「はい」「いいえ」で答えるものです。
一つでも、「はい」があれば、契約できません。
 
つまり、がん保険については、質問者様がおっしゃっているような細かい
告知をすることはないので、がん保険については、おっしゃっていることが
良くわからないのですが……
 
医療保険
アフラックの女性保険とは、新EVERに女性疾病特約を付加した
保険だと思います。
この保険の場合、女性疾病に対して保障が厚くなっている分、
女性疾病に対する審査は厳しくなっています。
つまり、通常の保険において、女性疾病に対して何らかの条件を付けなければ
ならないならば、女性疾病特約では、契約不可となります。
 
新EVERでは、「はい」があれば、それに対して、詳細を告知する
という従来型に近い告知となります。
 
さて、問題は、「どのように記入したか」ということです。
担当者に口頭で伝えても、それは告知をしたことになりません。
告知書に書いた内容で判断されます。
asukoso様は、「係りの方に告げました」とおっしゃいますが、
問題は、「何と書いたか」ということです。
 
告知に「どのようにお書きになったのか」ということがわからないと
お答えのしようがありません。
 
追加で……
「房に石灰化が見られたので検査することになり、
その石灰化している部分を切り取る手術をしました」
これは、検査なのですか? それとも治療を目的とした
手術なのですか?
同じように見えて、まったく違います。
手術室を使ってする、どのような大掛かりな検査であっても、
検査は検査であって、手術ではありません。
つまり、その検査で「異常なし」となれば、告知不要なのです。
 
「しかも、仮にガン細胞であったとしても患部を切り取ったので
大丈夫でした」
これでは、医師ががん細胞があったと言ったのか、
なかったと言ったのか、わからないと言ったのか、
第三者には判断できません。
保険は、判断できないことは、最悪を想定するのが原則です。
つまり、医師が「あったかもしれない」と言えば、
それは、「がんがあった」と判断することになります。
 
「がん」があれば、すべてのがん保険は、契約不可となります。
医療保険も、完治後5年は、契約できません。
 
上記の「何とお書きになったのか」という問題とも絡みます。
担当者がasukoso様のコメントをお聞きして、会社に何らかの
報告をしている可能性もあります。
などなど、事実がわからないと、判断のしようがありません。
 
ご参考になれば、幸いです。

保険に契約できるかどうかを判断できるのは、
審査担当者だけであり、その基準は非公開となっています。
第三者にできるのは、過去の経験や伝聞から、
「たぶん、だろう……」と推察することだけです。
このことをご承知の上、お読みください。
まず、がん保険の方から。
 
申し込みをしたのがいつなのか、ご記入がなかったので、
最近の申し込みだと仮定してお話します。
 
アフラックのがん保険(フォルテ)の告知の質問は、
細かく告知をする方式ではなく、告知の質問に対して、
「はい」「いいえ」で答えるも...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q告知義務を無視してしまうと、どうバレてしまうの?

こんにちは。
下の質問の続きです。
保険契約に告知義務があるので、正直に肝炎であることを告知しましたが、
告知せずに生保に加入することは可能ではあります。

もちろん告知義務違反となるのは分かりますが、
いつどんなときに発覚するのでしょうか?
保険金支払の時に過去のことまで、こと細かく調べ上げるのでしょうか?

バレないから契約したいとは思いませんが、
どうしてそんなことがわかるんだろうと思ったので
どなたかいろいろご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑い深くなり、契約する客よりも、身内の保険募集人を疑う様になりました。

確かに、生損保合体、外資の躍進、保険販売のコンサルティング化で、所謂昔ながらの生保外交で中々数字を挙げるのは難しく、コンプライアンスに抵触しても、保険を売ろうという輩が増えているのです。

macchan72さんにも、違う会社が「大丈夫です」と言うかもしれませんが、果たして本当に必要な時にその人はもう会社にいないでしょう。

現在、外資や国内生保の一部にもコンサルティング営業をしている部署がありますが、彼らは保険金を届けるところまで担当しますので、保険監査にも契約者に替って交渉、実際に一銭でも多くお金を取ってきます。ある意味で代理店よりも信頼ができます。

それから、告知義務違反を約款で2年といっていますが、この限りでは無いことが注釈や補足に必ず書いてあります。

現在は医療機関の「カルテ開示」が叫ばれ、一部法案化されようとしていますが、こうなると、保険会社は益々情報収集がやりやすくなります。
民間診療所なら「患者のプライバシーを開示できない」と、きっぱり断る事が殆どですが、中堅クラスから大病院になってくると、関係者は誰でもカルテを見ることができてしまいます。この点ね併せて考えなければいけない大きな問題だと思いませんか?

ちょっと論旨が外れてしまいましたが、要は保険会社は保険金はなるべく少なく払いたいと考えているという事を是非覚えておいてください。

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑...続きを読む

Q診断書は「がん」なのにがん保険がおりません

質問です。
宜しくお願いします。

先月直腸癌になり手術をして現在退院しています。
診断書の病名は「直腸癌」、病理組織診断名は「高分化腺癌」。
手術内容は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)
と記載があります。

契約している生命保険(アフラック)の保障対象疾病は上皮内新生物、悪性新生物とありました。
上皮内新生物・・第5桁性状コード番号2のもの
悪性新生物・・第5桁性状コード番号3、6、9のもの

昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社から電話があったようです。
診断書の病名が直腸癌なのに保険が出ないのはどうしてでしょぅか??
第5桁性状コード番号は診断書に記載はありません。
保険会社は診断書のどこを見て判断しているのでしょうか・・・

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
固有筋層、しょう膜という構造になっています。
がんは、最初に、粘膜にできて、大きくなっていくのですが、
粘膜内にある場合には、浸潤・転移をしないので、
「癌細胞があるだけ」という状態なので、
上皮内新生物として、浸潤・転移のある悪性新生物とは
区別されています。

粘膜内癌を「0期(ゼロ期)」として、別扱いにしているのは、
大腸癌(直腸癌を含む)の特徴です。
胃癌、食道癌などには、0期はありません。

「高分化腺癌」というのは、細胞の形で、
低分化~高分化まであり、
大腸癌の場合、多くは高分化型です。

アフラックのがん保険には、いくつも種類があります。
古い物から言えば……
がん保険、新がん保険、スーパーがん保険、
21世紀がん保険、フォルテ、DAYS
となります。
このうち、上皮内新生物を保障するのは、
21世紀がん保険以降か、
または、スーパーがん保険以前のがん保険に、
上皮内新生物も保障の対象とする特約を中途付加している
場合だけです。

従って、今回の場合……
ご病気は、大腸の粘膜内癌=上皮内新生物です。
質問者様の契約しているがん保険が、
スーパーがん保険以前のがん保険で、
上皮内新生物を保障する特約を中途付加していない、
または、契約してから90日以内ならば、
保険会社の言う通り、保障の対象外となります。

21世紀がん保険以降のがん保険、または、
スーパーがん保険以前のがん保険に上皮内新生物を保障する
特約を中途付加している場合には、
保険会社の言っている事は、間違いです。

なので、ご質問の内容からだけでは、
判断できません。

ついでに……
「昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社
から電話があった」
とのことですが、これがわかりません。
まず、結果を電話で連絡するということは、普通はありません。
(代理店ならば、サービスとして、している場合がある)
さらには、支払いの結果を請求者以外の方に伝えるというのは、
あってはならないことです。

こういうことは、とても微妙な問題なので、
必ず請求者に伝える
(請求者が本人ならば本人、家族ならば家族)
問題が微妙であればあるほど、文書で伝える
というのが原則です。

この件については、クレームを申し立てることができます。

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
...続きを読む

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Q肥満は保険に入れますか

以前勤めていた会社で半ば強制的に大手保険会社で加入させられました。今後の毎月の掛け金がどんどん大きくなっていくようですし、見直しをしたいです。
現在私は38歳なのですが、太っており、血圧が140くらい、脂肪肝で肝臓系の数値が正常値より少し超えています。
今のところ持病はこれだけです。

さてこんな私も改めて入れる医療保険はありますでしょうか?

Aベストアンサー

多くの保険会社は病気になるリスクが高い人はお断りと云った
システムが殆どです。

私は20代後半の頃、実に100キロを越えていまして
保険に入りたいなぁ・・と電話で問い合わせをしました。

名前を伏せないといけない理由が見当たらないので書きますが
アリコ、チューリッヒ、住友生命等の大手に掛けましたが
いずれも有る程度の体重制限は加入条件として必要になります

との返答で諦めました。


アリコには身長-110=の体重が基本体重で
そこに大きくても+20キロ未満程度が加入条件になるとの事でした。

私の場合、身長が156cmなので理想体重は46キロですが
当時100キロですからね^^;

当然不健康ですし、いずれ病気になるリスクが高い訳ですから
お断りされました。


大手で・・となると難しいかもしれません。

質問者様は既に血圧が140との事ですから高血圧の分類でしょうし
脂肪肝に加え肝臓機能の問題も有るとなると
通常の大手保険会社では掛け捨てで何とか行けるか・・・と云った所でしょうか・・。


電話での問い合わせだと電話料が掛かる場合も中にはありますが
大手ならフリーダイヤルも有りますので
一度問い合わせをされたら正確ですし早いと思います。

直接が嫌ならメール等で問い合わせも出来るでしょうから。


関係の無い話ですが、私は100キロ位だった頃
質問者様と同じで血圧が140位有りました。
今は痩せて(20キロ位)血圧が理想値と言われる112~118を保っているので
是非健康の為にもダイエットをされてください。

食生活の見直し等しないと・・肝臓系に問題が既に有る様ですから
肝硬変になれば死に至るケースも多いですので
保険を考える機会と同時に健康になる機会と思って頑張ってください。

私は結局肥満とは関係の無い病気で来月1日に手術をしますが^^;
健康が一番です。

関係の無い話失礼致しました。

保険会社の殆どは自分達に有利になる様にやっていますので
少しでも掛け金を減らしたいとなると
掛け捨て、終身型保険等がオススメかと思います。

ネット、電話、メール等で納得の行く場所を探す・問い合わせをしてからですが
加入されるのが確実で間違いは無いと思います。

多くの保険会社は病気になるリスクが高い人はお断りと云った
システムが殆どです。

私は20代後半の頃、実に100キロを越えていまして
保険に入りたいなぁ・・と電話で問い合わせをしました。

名前を伏せないといけない理由が見当たらないので書きますが
アリコ、チューリッヒ、住友生命等の大手に掛けましたが
いずれも有る程度の体重制限は加入条件として必要になります

との返答で諦めました。


アリコには身長-110=の体重が基本体重で
そこに大きくても+20キロ未満程度が加入条件になるとの事...続きを読む

Q告知について:健康診断の結果

自分なりに勉強し、やっと加入にまでたどりつきました。
告知書記入の段階で疑問に思うことがありますのでよろしくお願いします。

■夫(20代後半)の死亡保険・医療保険について
過去2年分の健康診断の結果です。
なんとなく見返してみたら再検査や経過観察はないのですが、
GPTと中性脂肪が基準を上回っていたのです。

告知書には
「過去2年以内の健康診断で再検査や経過観察・要治療があったか」という質問だったので、
「いいえ」になるのですが、

再検査がなかったので、安心していたらこのようなことになってしまい、困っています。
余計なことを書けば不利になる。
でも告知義務違反になりかねないのでどのように対処すべきでしょうか?

Aベストアンサー

健診結果票の判定が「異常」という意の記載であれば告知しないと駄目です。もし告知を怠ったら遠い将来の保険金請求時に発覚したら告知義務違反や詐欺無効に抵触する危険性を負うことになります。
ただし健診結果が「ただの基準値外」ならちゃんと告知しても加入できる可能性が大です。
なお保険会社により査定結果は異なる場合がありますので、一社が駄目でも他でトライすることも考えに入れておいてください。

詳述です。
質問では少し省略されていますので告知書の文言を今一度確認しておきましょう。以下はある外資系生保の告知書から転記です。(一部略は~とします)
「過去2年以内に健康診断を受けて右記の臓器・検査の異常(要経過観察・要再検査・要精密検査・要治療を含む)→~血液検査~」となっています。
あなたのご主人の場合、基準値から外れているとのことなので「血液検査の異常あり」となります。つまり告知は「はい」になります。
ただし例えば「*」印がついているという程度でコメント欄に何も記載は無いということであれば、ちゃんと告知しても加入出来る可能性が大ですよ。

告知の仕方ですが告知書に書き込むだけでなく、お手元の健診結果票のコピーを取り、任意提出という形で告知書に添付すれば確実です。こうした積極告知は多少リスクがある健康状態でも査定結果を被保険者に有利に見てもらえる可能性があるからです。もちろん尿糖や蛋白が出てしまっているような場合は逆の可能性が高くなりまけど。
担当者と今一度相談してみてください。

なお今回の件を「告知しない」というワザはお勧めできません。「保険に入れないかもしれない」との考えのもとでこうした行為を行うと約款に定める告知義務違反・詐欺に抵触する恐れがあるからです。

また「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説を耳にすることがありますが正しくありません。約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として
●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
(※簡略化。また会社により表現相違あり)
としています。
この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約から2年間に支払事由があればアウトです。
さらに請求事由があったのに「告知義務違反の発覚を恐れて」ワザと請求しなかった行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。

また約款にはさらに強力な「詐欺による無効」という条項もあります。これは民法に基づく規定でして
●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません
(※同上)

詐欺無効の規定には時効がありません。

不告知・不実告知をめぐって告知義務違反や詐欺を争った裁判は数多くあります。
「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

正々堂々と行きましょう。
例え健診結果のせいで保険に条件がついてもまずは受け入れて、これから健康管理に注意して「きれいな身体状態」になった数年後に再トライすれば良いじゃないですか。告知を怠って「バレタラどうしよう」と不安を抱えて生きるよりも「条件はついたけど正々堂々ともらえる保険」というほうが精神的にも健全ですよ。
もし迷われたら生命保険協会でも中立的にアドバイスしてもらえますよ。

参考URL:http://www.seiho.or.jp

健診結果票の判定が「異常」という意の記載であれば告知しないと駄目です。もし告知を怠ったら遠い将来の保険金請求時に発覚したら告知義務違反や詐欺無効に抵触する危険性を負うことになります。
ただし健診結果が「ただの基準値外」ならちゃんと告知しても加入できる可能性が大です。
なお保険会社により査定結果は異なる場合がありますので、一社が駄目でも他でトライすることも考えに入れておいてください。

詳述です。
質問では少し省略されていますので告知書の文言を今一度確認しておきましょう。以...続きを読む

Q医療保険、断られたが、再度申し込みたい

先日、医療保険を申し込んだところ、「告知内容等により」という理由で審査に通りませんでした。申し込み時に告知した内容は、

1 鉄欠乏性貧血の治療を受けているが、年内には治療が終了予定であること。
2 健康診断で「尿を再検査してください」という結果がでたが、再検査の結果、「異常なし」だったこと。

の二点です。貧血は女性にはよくあるものですし、一時的なもので、治療のめども立っています。尿検査についても「異常なし」だったので問題ないと思うのですが、なぜ通らなかったんでしょうか。
できれば今回申し込んだ医療保険に入りたいので、他社に申し込むことは考えていません。貧血の治療が終わってから、今回と同じ保険に再度申し込んでも、駄目でしょうか?アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
先日加入することができなかった保険を、加療状況が変わらないまま申し込んでも結果は変わりません。
さらに言えば、鉄欠乏性貧血の場合、完治後も5年間は新規の契約に影響がでます(保険会社によって違いますが)。

保険会社の取扱う医療保険は、簡易な告知扱いと、告知に加え健診データを提出したりする診査扱いがあります。告知扱いの場合は、契約の引きうけは○か×かの2種類が基本ですが、診査扱いの場合は○か×か△(特別条件付き引きうけ)と、引きうけの範囲は広いのです。
ちなみに、鉄欠乏性貧血の場合、貧血不担保ではなく、保険金削減(契約後数年間は支給額が減る)という条件付きで引きうけするのが通常です。診査扱いの場合の話ですが。
鉄欠乏性貧血は、女性に多い疾病で女性医療保険の対象にもなっている疾病です。他の疾病を引き起こす危険は少ないのですが、その疾病を原因として入院する方がいますので、条件付きの対象となっています。

アドバイスですが、どうしてもその医療保険でないといけないというならば、診査方法の相談をされるとよいかと思われます。
ちなみに私は、薬を飲んでいる方に告知扱いの保険は原則すすめません。○か×かになるからです。体況になにかある方こそ診査扱いの保険に入るべきだと考えています。他の回答者の方もおっしゃってますが、代理店を通じてのご加入を私もおすすめします。

ここからは蛇足です。「逆選択」という言葉があります。保険会社が使う言葉で、体に不安がある、入院する予定がある、そんなことですぐに保険金をもらうことを目的に新規加入する人をそう呼び、それを排除しなければ他の契約者の方に不公平なため、気をつけています。
自分から保険に入りたいとあまりにも強く申し出る人を、逆選択の可能性があると考えているところも否定できないんですよね。
そんな側面からも、通販より代理店経由をおすすめします。

こんにちは
先日加入することができなかった保険を、加療状況が変わらないまま申し込んでも結果は変わりません。
さらに言えば、鉄欠乏性貧血の場合、完治後も5年間は新規の契約に影響がでます(保険会社によって違いますが)。

保険会社の取扱う医療保険は、簡易な告知扱いと、告知に加え健診データを提出したりする診査扱いがあります。告知扱いの場合は、契約の引きうけは○か×かの2種類が基本ですが、診査扱いの場合は○か×か△(特別条件付き引きうけ)と、引きうけの範囲は広いのです。
ちなみに、鉄欠...続きを読む

Q癌保険 断られました。。。

友達から相談を受けとってもかわいそうなのでアドバイスしてあげたいのですが、何せ初心者な者で・・・皆様の御知恵を拝借させていただきたいと思います。

女 34歳 未婚
昨年11月に乳がんの疑いで検査済。
検査の際、患部に針が刺さらなくて切開してしこりを出しての検査となった。
結果は癌ではなかった。

イザというときの為にア○コの癌保険に入ろうと思ったら加入拒否された。

あくまでも検査の段階で切っただけなのに保険加入できないというのは良くある事なのですか?担当医は保険加入は問題ないと言っていたようなのですが。
何か入りやすい保険はありますか?たまたま申し込んだ会社が審査が厳しいのでしょうか?

いろいろ教えて下さい。友達はまだ未婚だし、この事でとても落ち込んでいます。お母様も他界されているのでなんとか力になってあげたいと思っています。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

病気に関する引き受けの知識はある程度経験を必要とします。そのため最低でも5年以上の経験があることが大事だと思います。

医療保険の契約選択(保険会社が行う可否のこと)は大きく分けて2種類の方法をとっています。
ひとつは大量契約大量処理を前提に契約書類を簡略化しています。そのため告知内容も少なく、処理側が扱いやすいようにしています。そのため告知事項にひとつでも「はい」があれば加入できない「×」を付けるような会社もあります。特にCMを行って商品名を宣伝している会社はこの傾向があります。
もうひとつは個別判断を重視し細かく契約内容を決定する方法を取っている会社があります。そのため細かい告知を求め、細かい条件で引き受けるようになっています。後者の会社にはプルデンシャル社やソニー社などが入ります。
さて担当者の探し方ですが保険会社に直接問い合わせるとよく売れている人や押しの強い人を紹介される可能性がありますので、周りの人で前述の会社に入っている人を探し、その人を紹介してもらうことがよいと思います。ひとつ欠点をいうとプルデンシャル社やソニー社は担当者は男性です。気になるのであればソニー社などやっている代理店に電話をして女性の担当者と話してみて感触を得ることいいかもしれません。

病気に関する引き受けの知識はある程度経験を必要とします。そのため最低でも5年以上の経験があることが大事だと思います。

医療保険の契約選択(保険会社が行う可否のこと)は大きく分けて2種類の方法をとっています。
ひとつは大量契約大量処理を前提に契約書類を簡略化しています。そのため告知内容も少なく、処理側が扱いやすいようにしています。そのため告知事項にひとつでも「はい」があれば加入できない「×」を付けるような会社もあります。特にCMを行って商品名を宣伝している会社はこの傾向がありま...続きを読む

Q最近の告知義務違反や解除の考え方の変化について

最近の生命保険告知義務違反等々の考え方の変化について教えてください。

10年程前(保険業界にいました・・・)の知識では、
(1)契約2年以内に告知義務違反が発覚すると解除される。裏を返せば、2年経過後に発病、請求したケースは、告知義務違反に問えない。
(2)しかし実際は、例えば6年経過後の発病、請求であっても保険会社が「詐欺による無効」を持ち出してきて支払わないという事例も多々あった。(糖尿病や高血圧を黙って契約といったレベルでも)
でした。

その後、保険業界の不払い問題や保険法成立などをもあり、
(3)2年以内云々のくだりは変化ないが、告知を求められたことのみ告知義務違反に問われる、つまり聞かれていないことまで「黙ってたから告知義務違反!!」と言われることがなくなった。
(4)2年経過後に告知義務違反解除の代替策としての詐欺無効を乱用できなくなった。
という認識です。
あってますでしょうか。特に(4)については、これができれば保険会社のやりたい放題のような気がします。ご教授よろしくお願いいたします。

(あくまで通常の告知義務違反レベルの話で保険金殺人等々の話は置いといてください)

最近の生命保険告知義務違反等々の考え方の変化について教えてください。

10年程前(保険業界にいました・・・)の知識では、
(1)契約2年以内に告知義務違反が発覚すると解除される。裏を返せば、2年経過後に発病、請求したケースは、告知義務違反に問えない。
(2)しかし実際は、例えば6年経過後の発病、請求であっても保険会社が「詐欺による無効」を持ち出してきて支払わないという事例も多々あった。(糖尿病や高血圧を黙って契約といったレベルでも)
でした。

その後、保険業界の不払い問題や保...続きを読む

Aベストアンサー

FPです。
ちょっと私の認識とは異なるようです。
(1)については、その通りです。
(2)については、どうか分りません。
そのような事例にあったことがないので。
ただし、意図的な告知義務違反の場合、不正取得目的として、
商法の時効5年を持ち出す場合があると思います。
詐欺目的の場合には、契約者に騙して、お金を受け取る
という意図がなければならず、
保険に契約しても、必ずしも保険金・給付金が受け取れるとは限らない
ので、実際には、それを証明するのは極めて困難でしょう。

実際に、詐欺が成立するのは、
余命半年と診断されてから契約するとか、
手術や入院を勧められているのに契約する
という場合で、数年先のことを考えて詐欺……というのは、
実際には、難しいでしょう。

(3)については、保険法が成立した後のことです。
それ以前の契約では、契約者側に告知をする義務があるので、
問われていないことで、重大なことを黙っていれば、
告知義務違反となる可能性が残っています。
(4)については、もともと、詐欺無効ではなく、
商法による不正契約に基く時効5年を多用したと思いますから、
今でも、同じでしょう。
ただし、以前も、今も、軽微な告知義務違反で契約解除というのは、
裁判で負けていますよ。
例えば、半年前の風邪を告知しなかったことで、
胃癌で入院したことに対して、告知義務違反で契約解除になれば、
それは、やりすぎでしょうとなります。
しかし、肺がんで入院したらならば、告知義務違反に問えます。

こうしたことは、裁判の結果が大きく影響してきます。
だから、契約者が訴えなければ、保険会社の主張が通りますし、
保険会社が裁判で負ければ、それは、改善される
ということです。

最近の判決で有名なのは、
保険会社ではなく、税務関係ですが、
年金の二重課税問題があります。
もう一つ、有名なのが、保険料不払いに対する契約解除で、
契約者に十分なインフォメーションを行わなければ、
2ヶ月の不払いで契約解除にするのは違法という判決がでています。
これは、上級審で争われているので、確定はしていませんが、
重要な点になると思います。

一方では、告知の質問になかったからといって、
重大な事柄を告知しなかった契約者に対して、
質問になかったからと言って、告知しなかったのは違法である
という判決が出ています。
保険会社が強気にでるのは、このような判決があるからです。
にも係わらず、保険会社が態度を軟化させているのは、
軽微な告知義務違反で契約解除するのは、解除権の濫用という
判決がでていること、
不買問題が生じたこと、
などの社会的な批判に答えてのことだと思います。

FPです。
ちょっと私の認識とは異なるようです。
(1)については、その通りです。
(2)については、どうか分りません。
そのような事例にあったことがないので。
ただし、意図的な告知義務違反の場合、不正取得目的として、
商法の時効5年を持ち出す場合があると思います。
詐欺目的の場合には、契約者に騙して、お金を受け取る
という意図がなければならず、
保険に契約しても、必ずしも保険金・給付金が受け取れるとは限らない
ので、実際には、それを証明するのは極めて困難でしょう。

実際に、詐欺が...続きを読む


人気Q&Aランキング