【お知らせ】カテゴリの見直しについて

日本で始めて英語を身につけたのはジョン万次郎でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

”身につけた” とはどういうことかによります。

以下はウィキペディアからの抜粋です。

1808年のフェートン号事件以後、江戸幕府においてイギリス・アメリカの脅威が議論の対象となり、これらの国々に対する研究が行われるようになった。
翌年吉雄権之助らが幕命によって長崎出島のオランダ商館の荷倉役で英語に堪能であったヤン・コップ・ブロムホフより英語の教授を受け、1811年に『諳厄利亜興学小筌(あんげりあこうがくしょうせん)』という会話・単語集が刊行されている。その後、1814年に『諳厄利亜語林大成』という6,000語からなる日本最初の本格的な英単語集が出された。

日本人で最初に生きた英語を話すことができたのはジョン万次郎であろう。彼は英語圏でイマージョン・プログラム(注1)を受けた日本で初めての人物とも言える。

つまり、読み書きとしてなら吉雄権之助、実際的なコミュニケーションということならジョン万次郎になると思います。

[ご参考]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E5%AD%A6
    • good
    • 0

戦国時代、イギリス商船が、平戸に商館をもっていましたから、平戸の商人のなかに、英語を身につけていた人がいるかもしれません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどその可能性もありますね。

お礼日時:2012/02/17 11:37

”日本で”


ということになると 森山栄之助 が マクドナルドに直接英語を教わったのが1848年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%8A% …


ウィリアム・アダムスの奥さんとかも英語を話したとは想像できる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6% …
    • good
    • 0

 ジョン万次郎 より先に漂流したが故に、当時鎖国だった日本に帰国を許されなかった音吉らもいますから、ジョン万次郎が最初ではないかと思います。


   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%90%89

 なお、音吉ら日本人漂流民の送還の為に来た船を追い払ったモリソン号事件は、後にその目的が日本に伝わり、いくらなんでも日本人送還の為に来た船まで追い返すのは酷すぎると異国船打払令に対する批判が強まった事により、後のジョン万次郎らの帰国が可能になりました…。

 音吉が後世に記録として残っているのは、現存する最古の日本語訳聖書「ギュツラフ訳聖書」の翻訳に関与(その人生がハリウッド映画になると言うニュースが去年出ていたかと)し、英国兵として阿片戦争に参戦、長崎で日英交渉を開始したとき通訳を務め、デント商会(清名:宝順洋行)で財を成したからですが…。
 (記録に残らず外国の地で亡くなった漂流民[現地の言葉は当然覚えたものと思われる]は相当の数に上るようです…。)

 ちなみに、それよりさらに前に若宮丸の津太夫が日本人として最初の世界一周を成し遂げていたりします。
 (彼らは、ロシアに救助されたので、英語はできなかったかもしれませんが…。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音吉は知りませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/17 11:38

    日本で最初に英語を教えた英語ネイティブは、下記ラナルド・マクドナルド(Ranald MacDonald 1824-1894) と言われています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%8A% …

    母がアメリカ先住民で、その先祖は日本と信じていたので、捕鯨船に乗り組み1848年に北海道の利尻島に着きます。

    教え子の中で著名な者に、ペリーとの交渉で通訳を務めることになった森山栄之助がいます。彼は最優秀の弟子だったそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング