『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

皆さんの好きなギターアンプと嫌いなギターアンプを教えてください。
メーカー名でもモデル名でもよいです。

何か勉強になるような情報が得られるかなと思いまして。よろしくお願いします。

私は、メサ・ブギーのマークIIが好きです。
80年初頭のをずっともっています。

あと、プリアンプですが、ADA MP-1が好きです。

嫌いなのはORANGEのアンプが嫌いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お!面白い御質問ですね。

『アンプは楽器』と言えるほど重要なのに、そういえばこの手の御質問は今まであまりなかったかも。

★好きなアンプ
 エフェクターによるちょっとの音ヤセもガマンならん自分は、エフェクターを全く使わないことを前提としてアンプを選んでいますが、そうなるとマーシャル以外考えられませんね~。
 細かいことを言うと色々注文があって機種が限定されるのですが、とりあえずマーシャルであれば小さいソリッドステートでもヨシとします。
 よくマーシャルは『ナニを繋いでも同じトーンになる』と言われますが、それは元々ギブソン系かフェンダー系の音が出る様に設計されたギターを繋いだ場合であって、妙なギターを繋ぐと、妙なトーンのままバリバリになります。

★嫌いなアンプ
 まずジャズコー(ローランドのJC)シリーズ。色々使いましたが、大きいのから小さいのまで全部ダメ。エフェクターなどでトーンを加工するヒトには相性がいいのかもしれませんが・・・。
 それとフェンダー銀パネ(ツインリバーブの方)もあまりスキになれません。きっとフェンダー系のトーンが欲しいヒトにはピッタリなんでしょうが、自分のギターとは最悪の相性です。

★使用方法を限定すると好きなアンプ
 メサブギーは、意外なことに?歪ませないと自分のギターと相性がよい様です。というか、ハワイアン風のプリミティブなトーンになり、このトーンがかなりステキなんですよ。
 MKIIは欲しいアンプの1つですが・・・・あの値段ではなかなか手が出ませんね~(2段積みのマーシャルが買えますよ。)
 グヤトーンのチューブのシリーズも結構好きかも。チューブというと歪ませたくなりますが、歪ませないとよい感じで鳴ります。

★よく判らないアンプ
 ヒューズ&ケトナーは、どうにも世間で言われているトーンが出せません。使い方が悪いのかギターとの相性が悪いのか・・・・コンポーネントを見る限り、(自分にとって)結構使えそうな気がするのですが・・・・謎です。
    • good
    • 1

フェンダーのアンプが好きです。



VOXも好きです。

マーシャルは嫌いです。
    • good
    • 0

エフェクターで音を作るようになってからジャズコが好きでそればっかり使っています。



嫌いなのはJCM2000とオレンジのキャビネットです。
JCM2000は自分の持っている機材との相性悪くてどうやってもキンキンしてしまう。
オレンジは、近所のスタジオのアンプがそれまでメサ・ブギーだったのが、故障かなんかでオレンジに変わったのですが、オレンジの方が印象悪かったから。でも見た目は好き。
これも機材との相性かもしれない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qストラトのリア・ピックアップはなぜ斜めについている?

素朴な疑問ですが、一般的なレスポールモデルやセミアコのピックアップは弦に対して直角に取り付けられているのにストラトのピックアップ(主にリア側)はなぜ少し斜めになっているのでしょうか?リア側がハムバッキングタイプの場合、垂直についているものもありますがジェームスタイラーStudio Eliteみたいにやはりすこし斜めになっているものもあります。フロント、ミドル、リア全て斜めのものもあります。また、モズライトのフロントピックアップみたいに逆の角度で斜めになっているものもあります。1弦~6弦の音質補正?単なるデザイン上の遊び心?知っておられる方もしくはギタークラフトマンの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び失礼します。

ピックアップをスラントに配置することについては、先にも書いたようにそのポジションのピックアップについて、各弦ごとにピックアップが拾う音質を微妙に変化させることを狙った設計から来るものです。 リアが特別そうした影響を強く受けるということではなく、ストラトやテレではリアピックアップに限ってそうした効果を得るための設計がなされていると受け止めるのが妥当かと思います。
実際に同じFenderのモデルでも、ムスタングやジャグスタング、サイクロンなどではフロントPUにスラントマウントが採用されていますが、これはフロントPUでも同じように各弦ごとにピックアップが拾う音質を調整する狙いがあってのことです。 逆にジャガーではシングルコイルPUをリアにも配置していますが、こちらはよりブリッジに近接した位置でもスラントマウントにはなっていません。 ジャガーの設計では、そうした効果を求めていなかったと捉えることはできます。
また、箱物のギターのリアピックアップのマウントにスラントが採用されていないことについては、やはりそれもギターの設計としてスラントマウントで得られる効果を必要としていないために、そうしたデザインになっていると見るのが良いかと思います。 ブリッジからの距離が近い・遠いはあまり関係ないでしょう(実際、ES-335などのブリッジサドルからリアPUまでの距離は、ストラトのそれと大差ありません)。
モデルによって狙う音質があり、それに合わせたデザインが施されていて、その一環としてピックアップのスラントマウントが採用されることがあると見るのが妥当と思います。

また、斜めにするのは、ボールピースのセンターを弦の直下から外すということは焦点ではないでしょう。 あくまでも狙いとしては、ボールピースが弦の張られている方向に対してどの位置に来るかを重視した配置とみるのが妥当です。 ボールピースには直径がありますし、多少斜めにしたところで、ボールピースの上から弦が落ちるほどの移動はないはずです。 むしろ、弦がボールピース上の位置から外れてしまうと、ピックアップの感度が落ちるという害が出ますので、それを狙っていると考えるのは難しいでしょう。 スラントにマウントするとしても、できるだけ弦の直下にボールピースが来るように設計されているはずです。
なお、一つの弦に対してボールピースが二つになるハムバッカーの通常サイズのものでも、スラントマウントが採用されることはあります。 その場合、ボールピースと弦の位置関係などは豪快に無視して通常設計のものを斜めに積むモデル(ジャグスタングなど)もあれば、スラント配置を前提にボビンの位置をずらして両方のボールピースの上を弦が通るように設計されている専用のピックアップを積むモデル(Gibson ナイトホークなど)もあります。 感度の面から言えば、専用設計のものの方が当然有利です。

再び失礼します。

ピックアップをスラントに配置することについては、先にも書いたようにそのポジションのピックアップについて、各弦ごとにピックアップが拾う音質を微妙に変化させることを狙った設計から来るものです。 リアが特別そうした影響を強く受けるということではなく、ストラトやテレではリアピックアップに限ってそうした効果を得るための設計がなされていると受け止めるのが妥当かと思います。
実際に同じFenderのモデルでも、ムスタングやジャグスタング、サイクロンなどではフロントPUにスラン...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qギターアンプ「オレンジ」の特徴

 みなさんこんにちわ。私はバンドでギターを演奏していましてマーシャルアンプを使用しているのですが、そろそろ新しいサウンドが欲しくなり、別のアンプの購入を考えております。そこでアンプの「オレンジ」は見た目だけで音は良くないと書かれているのを色々見たのですが、実際のところどのような特徴があるのかご存知の方、ぜひ簡単で構いませんので説明してください。マーシャルと比べられるところがありましたらぜひ比較した説明もお願いいたします。

Aベストアンサー

僕の個人的な意見ですが、オレンジは最高のアンプです!!ギターはギブソンのレスポールを使っています。アンプは以前マーシャルを使っていました。マーシャルは確かにすばらしいアンプです。クリーンもキレイで、歪みの具合も良く、いろんなギター、エフェクターとの相性も合わせやすいと思います。が、しかし、僕の個人的な思いではフツーすぎるのです。今やプロアマ問わず、多くのギターリストがマーシャルアンプを使っている時代です。あのギターリストの音を出したいと思えばだいたいがマーシャルで出せてしまいます。僕はそんなところにあきあきし、何か自分自身が本当に出したい自分だけの音はないかいろんなアンプを試奏していたときに出会ったのがオレンジアンプです。オレンジにはclassAという超一級品の真空管が搭載されています。スピーカーもものすごく深い迫力のある音がします。真空管がものすごくイイものなので、ワット数がすくなくても、え?このワットでこんなにデカい音が出るの?と思われるほどのヴォリューム感があります。クリーンは粒がはっきりしていて、ギラギラしたような鋭い音ですが、真空管によりどこか暖かみが感じられる音です。僕はむしろこのクリーンの音にハマりました!!歪みは暖かく、そして深く、いくら歪んでも一つ一つの音の芯がしっかりしていて極上のサウンドだと思います。全体的な音の感想としては、音がどんどん前にでてくる感じです。確かにエフェクターはつなげばつなぐほど、音が劣化していきます。でもこれは音の入力信号を下げなくさせる音痩せを防止するブースターのようなエフェクターがありますので、エフェクターをたくさん使う方でしたら、こちらをお使いになられると問題はないと思います。そしてエフェクターとの相性ですが、はっきり言ってあまり良くはないです。が、オレンジだからこそ合うエフェクターもあります!!マーシャルのときにはダメだったけど・・・というエフェクターが相性抜群だったりします!!僕にもそういう例がありました。とにかく癖のあるアンプですが個性的なギターリストは結構使ってる人が多いですよ!!エフェクターもオレンジと自分に合うエフェクターを探して、抜群の音を見つけることこそ本物のギターリストの楽しみの一つではないかと思います。オレンジは最高ですよ☆

僕の個人的な意見ですが、オレンジは最高のアンプです!!ギターはギブソンのレスポールを使っています。アンプは以前マーシャルを使っていました。マーシャルは確かにすばらしいアンプです。クリーンもキレイで、歪みの具合も良く、いろんなギター、エフェクターとの相性も合わせやすいと思います。が、しかし、僕の個人的な思いではフツーすぎるのです。今やプロアマ問わず、多くのギターリストがマーシャルアンプを使っている時代です。あのギターリストの音を出したいと思えばだいたいがマーシャルで出せてしま...続きを読む

Qエフェクターをマルチかコンパクトかで悩んでます…

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」と。
そのときは決めきれず、お金も13000円程しかもっていなかったので今日は何も買いませんでした。

家に帰ってからインターネットでマルチエフェクターについての意見というか、使用感を調べてみると… あんまり良くないみたいですね。
そもそもなぜそんなにマルチエフェクターがバッシングを受ける必要があるのでしょうか。
僕も実際マルチエフェクターを購入する気はさらさらありませんでした。
それはマルチエフェクター自体が嫌いなのではなく、僕の好きなギタリスト(浮雲さんです)がライブなどでコンパクトエフェクターを使っているということで、「真似しよう!」という単純な理由です。

実質的にコンパクトエフェクターを繋いでいくのと、マルチエフェクターを使うのでは音が違うのでしょうか。
ネットで意見を見ていると、みんながみんなマルチを批判し、ただ「みんながマルチを批判してるから確かに俺もそう感じるかも…」というので言ってるように思わなくも無いのです。(気を悪くされた方、申し訳ないです。)

今日の楽器屋見物でマルチエフェクター購入も考えの中に入ってきました。
「マルチがいいかコンパクトがいいか、それは個人の好みです。」て言われるとどうしようもなくなるのですが、皆さんの場合はどうお考えなのか、聞きたく思い、質問させていただきました。
また、もしオススメのマルチエフェクターがあるというなら教えていただきたいと思います。
皆さんの率直な意見をお聞かせくださるとうれしいです。

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」...続きを読む

Aベストアンサー

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材をつないでいく関係上、音が出ないなどのトラブルが出たときにチェックするべき項目が多くなるというのも頭の痛いところです。それに、細かなところまで突き詰めれば、ケーブルの接点は音質劣化の元になる要素ですので、配線が増え接点が多くなること自体も音質面では不利といえます。マルチエフェクターの場合は、電源は一括して管理できますし、配線関連や配置でも頭を悩ますことはないでしょう。
また、パッチを記憶させておくことでエフェクトをまとめて一気に変更することができると言うのも一つの利点ではあります。コンパクトペダルの場合は、特別な機材を追加するか、一つ一つのペダルをon/offしていくしかありませんので、たくさんのエフェクトを変更するのが難しいことがあります。

ただ、マルチエフェクターは直感的な操作が難しいものが多く、パラメータにも癖がある場合があります。特にコントロール類が簡素化されすぎて細かな調整が利かなかったり、エフェクトの内容によっては煮詰めきれないと感じることも少なくないでしょう。痒いところに手が届かないマルチエフェクターも多いと感じます。
また、マルチエフェクターに含まれるエフェクトについて、同じエフェクトで比較するとそれ単体を商品化したコンパクトの方が肌理細やかな調整がしやすかったり、音質的な品質についてもより高品位なものの方が多くあります。
それと、一部の機種を除いて、コンパクトエフェクターでは可能なつなぎ順を変えたり、一部の欲しいエフェクトだけをフレキシブルに交換したりというような使い方ができないことがあるのも、マルチエフェクターの弱点の一つともいえます。エフェクトはつなぎ順のセオリーはあるものの、つなぎ順を変えることでエフェクトのかかりを変えることができることもまた事実で、そうした要素によりいろいろと突き詰めることにも一つの楽しさがあります。マルチエフェクターはそうした楽しみができる機種が非常に限られます。

マルチエフェクターは、便利さの点ではコンパクトを突き放す利点があると思います。ただ、音質的な追求の上では、マルチエフェクターはコンパクトエフェクターよりも制約が多くなることも多いでしょう。

個人的には、自宅練習用のエフェクターと割り切るのであれば、安いマルチエフェクターでも使いでがあると思います。ただ、大型アンプにつないで使う場合には、安いマルチエフェクターでは少々心許ないかも知れません。ただ、特にこのエフェクトが欲しいと確固たる目的がない場合には、マルチエフェクターの便利さの方が際立つでしょう。マルチエフェクターを通じていろいろなエフェクターの種類や実際の効果などを知るのもよい経験だと思います。

参考まで。

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材を...続きを読む

Qエレキギターを普通のオーディオ・アンプに接続することは可能ですか???

友人からエレキギターを譲り受けたのですが、
専用のアンプがありません。
普通のオーディオ・アンプにケーブルで接続して
スピーカーから音をだすことは可能なんでしょうか???
もしつなげたとしても、エレキからの信号を
オーディオに流すと即イカれてしまうのでしょうか???
止めといたほうが良いですか???

(※amp=marantz pma8001 sp=BOSE AM-5III です。)

Aベストアンサー

まぁ、ちょっとでも鳴らしたら即イカれるってことも無いですけど、あーんまりお薦めじゃないですね。っていうか、なるべくなら止めといた方が良いです。

小音量だったら大丈夫だとか言う人も現れるでしょうし、まぁ確かに見た目より頑丈なスピーカってのもあるにゃあるんで、小型スピーカでも小音量なら意外とビクともしないこともないではないんですが、逆にいかにも頑丈そうな大型スピーカでも、ある程度生のギター音出し続けたら傷んでしまうケースも多々あります。

生のエレキギター音って、別にエフェクターとか使って歪み音作って鳴らしてないとしても、実際には一般的なオーディオ信号に比べて、かなり歪んで密度の高い音信号なんですよ。なので、そういう信号を鳴らすスピーカ(つまり、ギターアンプなどのスピーカ)は、ある意味周波数特性などを無視してでも、ギターの「濃厚な信号帯」に大して特に耐久性のある造りになってます。
でも、一般的なオーディオスピーカは、そういう特定の周波数の信号ばかりにやたら偏った音を鳴らすようには作ってないんです。なので、どんなに頑丈そうに見えても、ギターの直接音に対する十分な耐久性は無くて当たり前なんです。

なので、たとえ小音量で鳴らしてても、回数(時間数)がかさむと、確実に蝕まれて音が変わってしまったり…ってことはよくあります。

それに、普通のオーディオアンプだったら、ギターを直接接続できる端子自体が無いですね。

宅録なんかで、ギターを一見普通のスピーカで鳴らしてるような機器構成を構築している人も居ますが、そういう人はギター音への耐久性も考慮した「レコーディングモニタースピーカ」を使ってるケースが大半です。
(逆に、レコーディングモニタースピーカを「音響のプロが使ってるから、さぞや音が良いに違いない」と思い込んで、家庭オーディオに使ってる人もちょくちょく居てますけどね。)

特に、AM-5IIIは、巷で思われてるほど耐久性があるスピーカでもないので、個人的にはあんまりギター直音は鳴らさない方が良いと思います。

ギターをオーディオアンプのライン入力に繋ぐ事ができるように、信号レベルを変換する機器と頑丈なヘッドフォンの組み合わせで鳴らすのはまだ有りかなと思いますが、そういう機器類買う事考えたら、練習用の安いギターアンプなら買えてしまいますから、どっちかというと安い小型ので良いからギターアンプで鳴らす方が良いことは良いです。

まぁ、ちょっとでも鳴らしたら即イカれるってことも無いですけど、あーんまりお薦めじゃないですね。っていうか、なるべくなら止めといた方が良いです。

小音量だったら大丈夫だとか言う人も現れるでしょうし、まぁ確かに見た目より頑丈なスピーカってのもあるにゃあるんで、小型スピーカでも小音量なら意外とビクともしないこともないではないんですが、逆にいかにも頑丈そうな大型スピーカでも、ある程度生のギター音出し続けたら傷んでしまうケースも多々あります。

生のエレキギター音って、別にエフェ...続きを読む

Qいらないと思うエフェクター教えてください!              

いらないと思うエフェクター教えてください!                バイトを始めたのでコンパクトエフェクターを集めて行こうと思っています!  今のところ4個ほど決めました! ・ディストーション ・コンプ ・イコライザー ・ディレイ   です! フランジャーが1つ家にあります! 僕はバンドでセカンド(リズム)ギターをするつもりです! ジャンルはロック・パンク系です! (1)この5つの中で必要ないエフェクターはありますか?(まとめれるなら3つほどにして欲しいです^^;) (2)逆に必要はエフェクターはありますか?   お願いします^^!

Aベストアンサー

ロック、パンクなら空間系はあまり必要ないと思う。
それと歪んだ音にコンプレッサーは必要ないと思う。

一番理想なのはアンプ直結で音を作ること。
アンプ側、ギター側も含めて機能的に音質的に不足、もしくは無いというときに初めてエフェクターを使うようにするのが一番ではないかと。

クリーンブースターとかゲインブースターを持っておくと便利かも。

ちなみに自分はKeeleyのKatanaとLovepedalもCOT50を使っています。

Q好きなギターメーカーと嫌いなギターメーカー

皆さんの好きなギターメーカーと嫌いなギターメーカーを教えてください。モデル名でもよいです。

何か勉強になるような情報が得られるかなと思いまして。よろしくお願いします。

私は、fender usaが好きです。

あと、ibanezも、好きです。

嫌いなのはPLAYTECHやPhotogenicなど安ギターが嫌いです

Aベストアンサー

 ギターを手にして30年超、スライド奏法だけに切り替えて20年のおっさんです。そういえば今やレギュラーチューンではウマく弾けなくなってしまいました・・・・

★スキなギターメーカー
 断然、圧倒的に、唯一無二でカワイ。それもテスコ弦楽器を吸収する以前の遠州工芸製の太古ギター。(大体'60年代中期までに製造されたモデルのこと。もう50年前のギターということになりますね。)
 カワイなら、エレクトリックであればソリッドでもアコでも何でもよいです。ブルースなトーンが出せる、という点に於いてはフェンダーやギブソン始めあらゆるメーカーが比較になりません、と断言してしまいましょう。
 ワタシ、カワイの極端に胴が薄っぺらなフルアコをメインギターにしており、ライブでのスペアギターとしてギブソンUSAのESシリーズやエピフォン・カジノ、更にグレッチまで使ってみましたが、どれ一つカワイの代わりとはなりませんでした。グレッチはバイクが買えるほどの金額だったんですけどね~(´・ω・`)ショボーン
 ハウンド・ドッグ・テイラーが見直されている昨今、特にSリシーズ(ソリッドボディのシリーズ)の中古価格が笑えるほど高騰してしまったのは非常にザンネンです。(ワタシがカワイを使い出した頃は、すぐに弾ける状態のモノが\6000とか\8000とかで買えました。それが今や\7万・8万当たり前、\10万超もあるぐらいですからねぇ・・・・・)
 さすがヤマハと双璧を成すピアノメーカーのギターだけあり、この手の『日本製ガラクタ』の中では木工の精度が抜きん出ている点も魅力です。
 次点でテスコ弦楽器。こちらも経営が傾いてカワイに吸収される以前の、'62~3年辺りまでがよろしいかと。
 テスコの場合設計や木工が怪しいところが多々あり、どんな機種も全て使えると言うワケではありませんが、古くはハウリン・ウルフ、存命のギタリストではライ・クーダーやデビット・リンドレィがテスコをメインに使っているのは見栄えだけではありません。

★キライなギターメーカー
 叩かれる事を覚悟して言ってしまうと、ESPとイバニーズ。
 ワタシ、エフェクターを全く使わないことを前提にトーンをセットアップしているのですが、この2社のギターって、多くがフェンダーかギブソンの改造でもよくね?ってトーンしか出ないのですよ。
 勿論、ハイポジの弾き易さとかネック形状とか、設計が古いフェンダーやギブソンよりよく出来ているのは確かなんですが・・・・ワタシ、本質的にフェンダーの設計はスキなので(世の中にカワイとテスコがなければテレ弾きになっていたでしょう)、近いトーンならストラト買って改造した方がいいよなぁ、などと感じてしまいます。

 尚、ついでですが。
 安い=使えない、と即断される方が一部にいらっしゃって、ギブソンやフェンダーのトーンを基準とするならそれはそう思いますし、実際超低価格のコピー品に見栄え以外で何の価値があるのか?という疑問も無くはないですが、オリジナルの設計で安いモノというのは、日本製のガラクタばかりでなく北米ブランドでもダンエレクロトやスプロなど、これがいいならこれしかないというギターは沢山ありますよ。
 安物は木工がいい加減という点は、購入後にある程度手直し出来ます。それより、イカレた設計でイカレたトーンが出るギターは、ギブソンUSAにもフェンダーUSAにも、ESPにもイバニーズにもありません。
 安い=使えないと決め付けるのは、あまりに短絡的ではないか、と思いますが如何でしょう?

 ギターを手にして30年超、スライド奏法だけに切り替えて20年のおっさんです。そういえば今やレギュラーチューンではウマく弾けなくなってしまいました・・・・

★スキなギターメーカー
 断然、圧倒的に、唯一無二でカワイ。それもテスコ弦楽器を吸収する以前の遠州工芸製の太古ギター。(大体'60年代中期までに製造されたモデルのこと。もう50年前のギターということになりますね。)
 カワイなら、エレクトリックであればソリッドでもアコでも何でもよいです。ブルースなトーンが出せる、という点に於いては...続きを読む

Qギターを弾ける方に質問です

ギター歴10ヶ月の初心者です。


正直、実力はありません。
耳コピもできません。


皆さんはギターを弾き始めて1年程の頃
何曲くらいひくことができましたか。

弾けた曲の名前やレベルも
教えてもらえるとうれしいです。

また、その頃
バンドを組んだり
セッションをしたことがありましたか。

耳コピは出来ていましたか。



ちなみに僕が弾ける曲は
TAB譜を見て覚えた曲が
大体10曲くらいです・・・。


具体的には、

弱虫モンブラン、モザイクロール、
It's my life、嘘つきのパレード、
曇天、Don't say lazy、
eye of the tiger、心の形、
天ノ弱

などです。
完璧には弾きれませんが・・・。


僕の友達に、ギター歴2年くらいの
人がいるのですが、
100曲以上弾けるらしいのです。
耳コピも出来て羨ましい・・・

Aベストアンサー

 やる曲の難易度によるでしょうね。

 僕なんかは、馬鹿だから、一番最初にやったのがカノンロックでした(笑)

 しかしあまりの難易度ゆえに二週間で挫折。一年間の放置期間の後、ようやくまた本気でやり始めました。そのとき最初に覚えたのがGodknowsです。それを半年ほど掛けて弾けるようになりました。

 僕は放置の一年を抜いて三年ほどギターをやっていますが、しっかりと弾ける曲は数曲です。ある程度でなら、十曲ほど弾けますし、パワーコードを多用した――例えばDon't say lazyとか初音ミクの消失、MAGIAとかだったら数時間で全部弾けるようになります。


 つまり、簡単な曲を100曲弾けたところで何にも凄くないと言うことです。その100曲に難しい曲ばかり入っているなら凄いと思いますけどね。



 以下は僕がこれまでにやった、それなりに難しい曲。


 一年目(放置した一年は入れない)

・Godknows


 二年目。

・Rebirth the edge
・Endless Tears…
・Crazytrain

 三年目。

・アニメタルの残酷な天使のテーゼ
・trilogy
・天樂のTESTさんアレンジ
・JOINTアレンジ
・demetoriのネクロファンタジア ←今ここ


 上記の曲を覚える過程で、気分転換に簡単な曲を多くやりましたが、数えるほどのものでは無いので書きません。

 それと、友達の100曲ってのは嘘くさいですね。100曲覚えたんだとしても、たぶん全部の曲を覚えてるとは思えません。

 今弾けって言われたら、十数曲が限度だと思いますけど……。

 

 やる曲の難易度によるでしょうね。

 僕なんかは、馬鹿だから、一番最初にやったのがカノンロックでした(笑)

 しかしあまりの難易度ゆえに二週間で挫折。一年間の放置期間の後、ようやくまた本気でやり始めました。そのとき最初に覚えたのがGodknowsです。それを半年ほど掛けて弾けるようになりました。

 僕は放置の一年を抜いて三年ほどギターをやっていますが、しっかりと弾ける曲は数曲です。ある程度でなら、十曲ほど弾けますし、パワーコードを多用した――例えばDon't say lazyとか初音ミクの消失、M...続きを読む


人気Q&Aランキング