新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

12月から婚活をはじめました。積極的にやりすぎて1月は9名とデート。
断られた理由が、映画やドラマに出てくる人みたいで結婚は考えられません、
さらには素晴らしい、即戦力として我が社に来ていただきたい。例えば公務員の方とはバリアフリー社会について日本は遅れているなどと、いつもビジネスのような話で盛り上がってしまいます。いつもニコニコ楽しそうに話しますね、と言われます。
でもやはり無理して家庭的な人っぽい話をするべきでしょうか?得意な料理は何ですかと聞かれても、全く楽しくないんですが。何でそんなこと聞くんでしょうか?家政婦の面接じゃないんだから。私よりかなり年収少ない人達もやはり、女性には家事、料理を期待しているのでしょうか?
浮き世離れした暮らしをしているので、普通の人の感覚からずれているのだと思いますが、これから婚活でどんな会話をすればよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

浮世離れした暮らしとは何なのでしょうか?



普通の人とはどういったものかわかりませんが
少なくとも質問者様は婚活されている場所の
標準的女性ではないのでしょうね。

質問者様は活動的で魅力ある女性に思えますので
男性方も相応の評価をされていると思いますが
パワーありすぎで男性が引いてしまう、と言う事でしょうか?

フィールドを変えてみてはどうでしょうか?

質問者様のような話題は僕も好みです。
将来の家事の話題なんかよりも、
世界情勢や時事の話のほうがはるかに楽しいし
そのような会話が延々と続いていと飽きない。
疲れることはあってもそれは話をする事自体に
疲れるのであって話の内容でもない。

質問者様と話題の「波長の合う」
または、
質問者様相手でも一歩も引かない男性も
世の中的には結構多いはず。
ただ、
そんな連中は婚活する時間的余裕もあまりないので
場所を変えないと見つからないかも知れません。

レベルの低い人間程、パートナーに依存しようとします。
僕はこれを仕事の観点から言いますが、
家事にも料理にも適用できるはず。
能力的に劣っている男性はそれを補うために
必要とする能力(=家事)を女性に求めると思います。

質問者様の100%性能に十分対抗できる男性は
家事も料理もまったく助力を必要とせず
「困ったときだけお互い様だよ」と言うだけでしょう。
ただし、彼らは独力でなんでもできてしまうので
人生の伴侶を積極的にGetしようとしない。

僕の想いの話ではありますが、
もし質問者様も同感されるのであれば
次回のお相手にぶつけてみてはどうでしょうか?

引く男性と、
努力を約束する男性、
即に達成していると答える男性の
三つに分類できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同感です。困ったときだけ助け合いたいんです。
浮き世離れしたとは、世界最大のターミナル駅から徒歩8分に住み、一流企業や国家公務員の男性を越える収入、海外は年8回ほど行き。
年収、仕事(管理職)、行動力ありすぎ、活動的すぎてひかれます。

お礼日時:2012/02/17 21:15

再投稿です。



完璧な方ですねー。妥協しないなら、ひたすら進むだけですね。
「私は不完全だな」と自覚しているので、自分がミジンコみたいに思えてくるy(泣)。

家事・料理 結構楽しいですケド♪。趣味の一環でやってますよ。
毎日はやらんけど。強制もやだな。

>私に足りないものを補ってくれる人を探します。
質問者さまに足りないものって、なんだろう・・・と思います。
同じように、仕事に家事にバリバリこなす方が良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
完璧じゃないですよ!
足りないのは愛情ですね~。おもいっきり甘えてしまう、甘えん坊です。部下には見せられません。

お礼日時:2012/02/17 23:08

50歳のおっさんです。


20年近く前にお見合いをして結婚しました。
2児に恵まれいまでも夫婦仲、家族中は良好です。我が家では笑い声が絶えません。

当時私が条件として考えていたのが、いっしょに居てホッとできる女性というものでした。
夫婦になれば長年一緒に暮らすのですから、とにかく余計なストレスを感じないお相手を探すことが第一条件でした。

その次が、料理です。
私自身も独身時代はよく自炊しました。
料理と言うのは複数の工程を同時並行にこなさなければならないので、学力だけでは計れないその人の潜在能力がよく分かります。
また、結婚して育児をするのであれば、食育の問題はおろそかにできません。
これは人として最低限の話であって、仕事の話はその先のことです。

男性目線ではそんなところです。
旦那様に家事の協力を要請するのはまったくかまいませんが、最初から家事に積極的で無い女性ならご免です。
私ならストレスを感じ続けてじきに離婚するでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり分かりません。家事や料理は誰でもできて当たり前。それに価値を感じる人、自分ができないものを求めているって、人間として自立していない人ってことなのでしょうか?
私には「歯磨きはちゃんとできますか」っていうのと同じな感じなので、違和感ありです。

お礼日時:2012/02/17 21:04

今まで通りでよいのでは?



「断られた理由が」と謙虚な表現ですが、「普通の人の感覚からずれている」ならそんなに簡単に合う人が現れる訳じゃないのは分かり切ってることですし、
それに合った人と出会えるまで「質問者さんの方から断って」いってもいいと思うのですが…

だって、離婚でもしない限り、一度結婚したらどちらかが死ぬまでの気の遠くなるような長い期間を、プライベート開けっぴろげで一緒に過ごす必要があるんですよ?
ずれて合わない人同士がどんなことでも協力して最後まで仲良く生活し続けられるなんて、とても稀なことだと思いますもん

「結婚」を目的とするから、無理して興味もない価値も薄い会話をすべきなのか悩むんだと思います
「結婚生活をやっていけそうな相手を探す」のを目的とするなら、無理して会話するのは逆効果にしかならないと思います


ただし、結婚を意識するなら、無意識に行っていた家の中での日常生活にも意識を向けなければいけなくなります
たとえば、入浴だけでも
「入浴はいつするか」
「入浴はシャワーか湯船か」
「湯船に入るのはシャワーを浴びてからか体を全部洗ってからか」
「歯磨きは入浴前か入浴中か入浴後か」
「お風呂掃除は入浴前か入浴後か」
「お風呂掃除はどこまでするか」
「お風呂掃除は毎日か」
など、それぞれの家庭では当たり前でも他の家庭ではおかしいとされてしまうような「自分ちルール」はいくつもあるものなのです

家政婦と考えて質問している方もいらっしゃるでしょうが、「結婚とは自分の生活リズムを相手の生活リズムに変えること」みたいな言葉もあるくらい、
日常生活上のちょっとした価値観のずれというのは毎日積み重なって山になりやすいのです
ですから、興味が無くても答えることは必要でしょうし、「興味がない」と伝えることも必要かと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに無理して後で別れるより、最初から無理しないほうがいいですね。なんか、ふっきれました。ありがとうございます。
ところで、やはりお互いの生活スタイルを尊重して一緒に暮らすって無理なんでしょうか?

お礼日時:2012/02/17 20:56

考えがしっかりしている方ですね。


そんな、あなた程の方なら、既に人生設計は決めておられるのではないでしょうか?

どういう家庭を築きたいとか、結婚後仕事をどうするか、子供の問題とか

その条件に近い方を想定し、・・・じゃ、面倒ですか。

所詮大半の男は料理も家事もろくにできない奴ばかり、なので、それをそつなくこなしている方が
欲しいのです。自分に足りないものを補う感じ。

私なら、家庭の中でまで仕事内容の議論したくないな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生設計は決めていません。そんなことをして自分の人生の幅を狭めたくないですから。
家事や料理なんて、今の仕事に比べたら楽勝ですので、そんなものに価値があると思っている人の気持ちが分かりません。
私に足りないものを補ってくれる人を探します。

お礼日時:2012/02/17 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婚活における2回目会う基準について

32歳男性です。
ネット婚活をしており、2人の女性と会いましたが、2回目に繋がることが
できておりません。

会ったその日は、自分では楽しく会話できたと思っており、一応相手からも楽しかったという
メールを頂いております(社交辞令だと思いますが。。。)
会った時も相手に話させるように色々と話をふるなど気を付けてはいるのですが。

その後、次の約束を取り付けようとしても仕事が忙しいという典型的な感じの
返答がきて、代替案も頂けてない状況です。

本題なのですが、女性側の心理として2回目に会おうと思う基準としては
どういった点を重要視していますか?
1回目に会う時にこの辺を注意していくと次につながるなどのアドバイスも頂けると
幸いです。

Aベストアンサー

50代既婚男性、お見合い結婚です。
20代からお見合いを始めて、結婚したのが45歳の時です。
その間、100人以上の女性と会わせて頂きました

>一応相手からも楽しかったというメールを頂いております<
良くある事です。
連絡先を交換して別れた後に、間に入ってくれた人から「お断りさせて頂くそうです」と連絡を受けた事が、何回もありましたし、次の約束をして別れたにも関わらず「お断り」の連絡が入った事も何回もありました。
最初はへこんでいましたが、そのうち「話は会わせていたけれども、求める男性ではなかった」と言う事だと理解するように成りました。

>女性側の心理として2回目に会おうと思う基準としてはどういった点を重要視していますか?<
私は男性ですが、経験から考えると、明確な基準は無いと思います。
先にも書きましたが「求める男性ではなかった」と言う事だと思います。

>次につながるなどのアドバイスも頂けると幸いです。<
これにも明確な答えは無いと思います。
何故なら女性が男性に求める物に、同じ物はないからです。

「縁がなかった」とは、どういう意味だと思いますか。
私も最初の頃、上手く行かないと「縁がなかったんだ」と軽く考えていました。
しかし、お見合いの回数を重ね、上手く行かない事が続くうちに「縁がないとはどういう事だろう?」と考えるように成りました。
「縁が無い」とは「先に進むだけの関係が作れなかった」と言う事では無いかと考え始めました。
「先に進めるだけの関係が作れた時、縁があった」と言い、「先に進めるだけの関係を作れなかった時、縁がなかった」と言うに過ぎないのではないでしょうか?
縁があるだけで結婚出来るなら、出会った瞬間に「縁があるから結婚しよう」「縁がないからお断り」となる筈ですが、そんな事無いですよね。
おつき合いの中で「この人なら」と言う関係を作って行くのではないかと思います。

そう考えると、恋愛結婚も婚活での結婚も同じなのではないかと思います。
恋愛でも「この人と結婚したい」と思える関係を作れれば結婚しますよね。
「この人と結婚したい」と思える関係が作れ無ければ別れます。
婚活でも「この人と結婚したい」と思える関係を作れれば結婚できます。
「この人と結婚したい」と思える関係が作れ無ければ先に進めません。

恋愛と婚活・・・出会いが何であったのかと言う違いしか無いと思います。
婚活は「出会いの機会が増える」と言うに過ぎません。
それ以上でも以下でもないと思います。
「お互い婚活しているんだから、すぐにでも相手が見つかるだろう」と思うのは、思い違いなのではないかと思います。
ですから2人の女性と上手く行かなくても、まだ悩むには早すぎると思います。
もっと経験を積まれる事です。
簡単に結婚相手が見つかるなら、誰も苦労はしません。
そして「こうしたら結婚相手が見つかる」と言うマニュアルもありません。
足掻いて足掻いて、自分で自分なりの答えを見つけるしか無いんですよ。
そして結婚を「目的」にしない事です。
結婚を目的にしてしまうと、自分に取って大切な物を見失ってしまいますから。

書かなくて良い事を回答したかも知れませんが、ご容赦下さい。

50代既婚男性、お見合い結婚です。
20代からお見合いを始めて、結婚したのが45歳の時です。
その間、100人以上の女性と会わせて頂きました

>一応相手からも楽しかったというメールを頂いております<
良くある事です。
連絡先を交換して別れた後に、間に入ってくれた人から「お断りさせて頂くそうです」と連絡を受けた事が、何回もありましたし、次の約束をして別れたにも関わらず「お断り」の連絡が入った事も何回もありました。
最初はへこんでいましたが、そのうち「話は会わせていたけれども、求める男性で...続きを読む


人気Q&Aランキング