初めまして。
現在大学の卒業研究で電波時計の研究をしています。
しかし、学校での成績自体がよくない事と、半年は都合で教官が実験を見られないことで難儀しています。
詳しく言えば、電波受信の為のアンテナと復調回路の設計です。
ただ市販されているような物をそのまま作っても意味がないのです。
専門家の方、またはそれらに詳しい方、何でもいいので教えて頂けたら嬉しいです。
参考になるサイトでもいいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ただ市販されているような物をそのまま作っても意味がないのです。



とのことですが、市販品で不満なところはどこでしょうか?これを自分なりにまとめることが必要だと思います。

思いつくところでは、

●時刻の精度が足りない
●消費電力をもっと小さくしたい。
●地底、深海でも使いたい
●もっと安く作りたい

こんなところでしょうか?
1番目は標準電波よりもGPSの信号を使ったほうがいい?
3番目、4番目は…

とにかく、質問をもう少し具体的にすると専門家の方々のアドバイスを受けられるかとおもいます。
がんばってください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。同時に説明がつたなくてすいません。

市販品をそのまま使用できないという事は、あくまでもキット販売されている物をそのまま作っても研究にはならないという事で、やはり一から作っていかなければならないという事からです。
u13さんが指摘して下さった時刻精度や消費電力等については、これからの研究の対象にさせて頂きたいと思いますので、こちらの方にもお礼を申し上げます。

至らないところもありますが、また何かいい情報があったらよろしくお願いします。

補足日時:2001/05/09 15:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の締め切りが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/07/17 14:46

長波帯標準電波は通信総合研究所が発信しています。


担当部局のURLは下の通りです。
標準電波の周波数、信号フォーマットなどが掲載されています。参考にしてみてください。
また、目的を伝えれば的確なアドバイスが受けられると思います。

参考URL:http://jjy.crl.go.jp/

この回答への補足

参考ページまで教えて下さりありがとうございます。
まだ研究はスタートしたばかりなので、何をどうしたらいいのか分からないといったところです。
また疑問点が出たら随時質問・補足をしていこうと思いますので、その時はよろしくお願いします。

今現在のところ、電波時計に関する基本的な回路図等が参照できるページ・文献を教えて頂ければ嬉しいです。

補足日時:2001/05/09 15:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の締め切りが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/07/17 14:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPLLを用いたFM復調について

ディジタル信号処理によるFM復調についての質問です.
PLLを用いてFM信号を復調する際,入力信号の振幅が大きく変動する場合でも,復調は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>入力信号の振幅が大きく変動する場合でも,復調は可能なのでしょうか?
FM信号の特性の関係上可能です。
FM信号は周波数変化で変調してますので、振幅変化・変動は影響しません。
信号処理の過程でリミッタ回路を通して復調されますので、入力信号が大きく変動してもほとんど影響を受けずに復調が可能です。
 

Q研究者が複数の研究を同時にするしかた

アインシュタインは、1905年に、3種類の研究をした発表をしたとの事です。
研究者が同時に複数の研究をすることは、ごく普通のことなのでしょうか。
それはどのようにするのでしょうか。
たとえば、助手や大学院生を分けているのでしょうか。
3種類の研究をするときは、助手や大学院生を三つに分けて、それぞれが一つずつ研究して、三つのグループを教授や責任者が統括するのでしょうか。そうして、3種類の研究を同時にするのでしょうか?

どういう風に複数の研究をするのか教えて下さい。
特にアインシュタインの場合をも教えて下さい。

Aベストアンサー

大学で研究をしているものですが、お考えのやり方で合っていると思います。
普通、研究者は、複数の研究テーマを持っています。大体一人で考え出したものです。
大勢スタッフがいるところでは、それを助教授、助手などに分配し、教授が統括するという形が多いですね。
とにかく、研究はアイデアが勝負です。良い研究のアイデアを生み出すには独創性が必要で、それは生まれながら持ったセンスが大きいといわれています。

Q科学の基礎研究と応用研究の関係性について

科学の、基礎研究と、応用研究の関係性について調べています。

すぐには役に立つとも限らない「基礎研究」と、私達の暮らしに役立つ「応用研究」について、
たとえば、最初はなんの役に立つかわからない発見でも、後々私達の生活に欠かせない・役立つような成果になった具体例を教えてください。

身の回りの物から医学的な物まで、できるだけ簡潔に(専門用語などはなるべく用いずに)お願いいたします。

Aベストアンサー

A No.2 の homma-mon です.

06kumagoroさん wrote:
> なにぶん科学には素人なものですから、あまり専門的表現が多く、
> 理解できないところもあります。
> もしできましたら、もう少し簡潔にポイントをまとめていただけると幸いです。
> 「○○という研究をしていたら、そのときの成果の××という特性が、
> のちの△△の開発に大いに役立った。」
> というように

次の改訂版ではいかがでしょうか?

金属の化合物が様々に色を変えることに興味をもって研究が進められた.
お菓子などの乾燥剤のシリカゲルの効力の「見える化」も,この金属化合物の色の変化を利用している.
スーパーのレジ袋や灯油の20 リットルのタンクなどは,安く手に入って,その材料も,金属の化合物の特性を調べていって,開発された技術で大量生産されている.

Q何故,心霊学は研究機関で研究がなされないの?

以前から疑問に思っておりました。

以前に人間は臨終の直後に4gだったか忘れましたか体重が軽くなると聞きました。
哲学とかは大学とかの教育機関で研究されているのにどうして心霊学は教育機関で研究がなされていないのでしょうか(個人的には哲学(存在するとは何か,自己とは何かが研究対象)も心霊学も対してやってる事は変わらないと思います)?

もしかしたら、どこか(国内外問わず)の大学とかでは研究費もおりて学会で研究成果が発表されたりしているのでしょうか?
その場合、現在までで何処まで解明されたのでしょうか?

それとも、「死後の世界は無い」とか「心霊学は研究をやる必要性が無い」とかが誰かによって証明されたのでしょうか?

Aベストアンサー

「魂の重さ」を測定する実験が行われたという話は私も聞いたことがありましたので、この機会にと調べて見ました。ネット検索の範囲で判ったことを箇条書きすると、以下のようになります。
-------------------------
△発表時期・発表学会誌など:不明
△実験日時:不明
△実験場所:米マサチューセッツ州の「大きな病院」以外不明
△実験者:ダンカン・マクドゥーガル博士(所属・肩書き詳細や実在人物かどうか不明)
△実験方法:巨大な秤にベッドごと患者を載せ、3時間40分観察し生前・死後の重量を比較
△被験者:末期結核患者
△減少量:1.25オンス(=35.4グラム)
△補足:
 ・30分ごとに14.2g減少して臨終時に21.3g減少との説もあり。なお9g、35g、75gとの異説もあり。
 ・つづく2年半の間に5人以上を測定、体重減少量は平均平均1オンス(28グラム)とのこと。
 ・ラットを密閉箱に入れて行った実験では減少は確認されず。ただし密閉不完全な箱では若干減少とのこと。
 ・他の研究者による追試や確認が行われた情報は無し。
-------------------------
私としては、これは根拠のない「都市伝説」だと思います。
百歩譲って、この実験が実際に行われてかつ35グラムほど秤の表示が減少したのが事実だったとしても、呼吸その他による水分の蒸発、秤の誤差や零点ドリフトが原因と考えられます。
ANo.4のご回答にあるようにこれが百年以上前に行われた実験だとすれば、当時は今のような精密電子秤など無かったわけだから、ますます実験精度が疑わしいですね。
未だに追試で確認できた例が見あたらないところを見ると、間違いなく「ガセ」でしょう。


ところで心霊現象を含む超常現象についての研究は(信憑性は別として)それなりに行われています。

肯定派の総本山は
 日本サイ科学会  http://homepage3.nifty.com/PSIJ/
 日本超心理学会  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspp2/
あたりでしょうか。
 余談ですが、サイ科学会の論文一覧や講演一覧を見ると、もし本当なら現代の科学常識がひっくり返るようなぶっ飛んだ表題が並んでいます(^^;)。例会講師の中には、かつてスプーン曲げ少年として有名だったK氏(TV番組中でインチキがばれたがその後も自称エスパーとして活動、昨年は大麻取締法違反で有罪確定)なども名を連ねています。
 まだ「日本超心理学会」の方が学術研究団体としてはまともに見えます。日本での最近の超常現象研究について知りたければ、このサイトに載っている下記論文が大変参考になるでしょう。ここには「気功」も含む超常現象一般について、肯定派・否定派それぞれの研究を客観的に紹介しています。きっとご参考になるでしょう。
 小久保・笠原「特異現象に関する1990年代の日本の研究」(International Journal of Parapsychology, Vol.11, No.2, 35-61, 2000)  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspp2/pdf/v11n2kokj.pdf

私としては下記サイトのほうこそぜひご覧になることをお薦めします。
懐疑派の代表として
Japan Skeptics(超自然現象を批判的・科学的に究明する会)  http://www.skeptics.jp/

参考URL:http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspp2/pdf/v11n2kokj.pdf

「魂の重さ」を測定する実験が行われたという話は私も聞いたことがありましたので、この機会にと調べて見ました。ネット検索の範囲で判ったことを箇条書きすると、以下のようになります。
-------------------------
△発表時期・発表学会誌など:不明
△実験日時:不明
△実験場所:米マサチューセッツ州の「大きな病院」以外不明
△実験者:ダンカン・マクドゥーガル博士(所属・肩書き詳細や実在人物かどうか不明)
△実験方法:巨大な秤にベッドごと患者を載せ、3時間40分観察し生前・死後の重量を比較
△被...続きを読む

Q研究生という立場でも研究室を移ることはできますか?

本来なら、研究テーマ的には今のラボがピッタリなのですが、もうほぼ限界です。
理由は、動物実験のやり方が世界標準ではなく、哺乳動物が明らかな対応不足で苦しみの死を迎えています。救いだしてあげたいけど、私が犯罪になってしまいます。

とりあえず、アニマルウェルフェアに理解のある先生の研究室に移りたいのですが、研究先という立場で円満に移るにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

研究生として指導教官の研究室に受け入れてもらうにあたり、指導教官からの承認のための内諾書一筆をもらっているはずです。

そこまでさせておいて、他の先生の研究室に移るのは、さらに実験動物が苦しむだけで、ご自身だけが楽になるのではないですか?

実験動物のQoLや倫理を遵守する意識がある先生にご助言いただいて、今のラボの飼育環境や頭数管理、実験手法などをより人道的に必要最小限と思われる負担を強いるのみにしてあげよう、という改良をすることも、研究テーマに限らない「研究者」としての訓練ではありませんか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報