痔になりやすい生活習慣とは?

平熱が高い人と低い人ではどちらが夏に体感温度がより暑く感じるのでしょうか?
反対に冬だとどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

平熱が低い人が夏に体感温度がより高く感じ、平熱の高い人が冬により寒く感じると思います。


つまり、体温と気温の温度差が大きくんある方が、体感温度の違いも大きくなるのだと思います。

風邪をひいている人(高熱の人)は、寒くて震えますね。それは本人の体温が高くなっているから、周囲の温度を普通以上に寒く感じるためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明ありがとうございます
よく分かりました
回答ありがとうございました

お礼日時:2012/02/18 01:46

体感温度は平熱だけで決まるものではないと思います。


平熱が低いと代謝機能等に影響がありますが
胃腸の丈夫な人、弱い人では違うし
体脂肪率、血圧、貧血の有無、色々な要素で体感温度は全く違ってしまいます。
日常の生活状態
小さい頃から、比較的薄着で育った人
厚着で育った人、とでは違ってしまいます。
育った地域でも大きく違います。
北海道育ち、沖縄育ち、内陸育ち(山地、都会)でも違うと思います。

平熱高め(36.5以上)の人でも
寒がりの人、暑がりの人、居ますよね。

体感温度・・感じ方は人それぞれですからね~。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暑がりの人って体温が高いのでしょうか❔逆に寒がりの人は体温が低いのですか❔

暑がりの人って体温が高いのでしょうか❔逆に寒がりの人は体温が低いのですか❔

Aベストアンサー

面白い御質問ですね。
 医学的には、健康体であれば人体の内蔵温度(正確には、直腸温度を測ります)にはそれほど差はありません。(通常37℃強で、体温計で測る温度より少し高めです。)
 御質問の体温とは、体温計で測る温度=体表温度のことですね?っとすると、

>暑がりの人って体温が高いのでしょうか❔逆に寒がりの人は体温が低いのですか❔

 それは甚だ感覚的・感情的な思考ですね。『そんな気がする』レベルの話であって、よく考えてみてください、理論的にはそれではツジツマが合いませんよ。
 学問的(医学的)に考えると、当然逆の結論になります。

※暑がりとは『体温を放熱し難い体質』であることを意味し、『体温を放熱し難い』ということは、『体表温度が低い』ということになります。(毛細血管が少なく体温を伝達し難い脂肪組織をブ厚くまとったデブは、実は体表温が低いのです。いつも汗ダクなので近くにいると非常に暑苦しいですが、体表温が低く体温の放熱が苦手なので、いつも汗ダクというワケです。)
 逆に、寒がりとは『体温をすぐに放熱する体質』ということになり、それは即ち『体表温度が高い』ということです。(病気で熱が出ると異常に寒く感じますよね?同じリクツです。)

※但し。
 寒がりに関しては実は話はもっと複雑で、実際には体表温度がそれほど高くも低くもないのに、温度感覚の狂いから『寒い』と感じることがあります。
 または、自身の体温調整機能に問題があり、実際に体温が低下して結果的に『手足が冷たく感じる』っという寒がりもいます。
 これらが俗に『冷え性』と総称されている障害の原因であり、寒いと感じても体温には異常がないとか、いくら温めても手足の温度が上がらない、などの症状になります。

面白い御質問ですね。
 医学的には、健康体であれば人体の内蔵温度(正確には、直腸温度を測ります)にはそれほど差はありません。(通常37℃強で、体温計で測る温度より少し高めです。)
 御質問の体温とは、体温計で測る温度=体表温度のことですね?っとすると、

>暑がりの人って体温が高いのでしょうか❔逆に寒がりの人は体温が低いのですか❔

 それは甚だ感覚的・感情的な思考ですね。『そんな気がする』レベルの話であって、よく考えてみてください、理論的にはそれではツジツマが合いませんよ。
 学問的...続きを読む


人気Q&Aランキング