人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

今私の使用している自転車(ロードバイク700c-23)のホイールがクイックリリース式になっています。
最近近所では盗難の被害が出ているそうで、つい先日、この「クイックリリース式」のホイールが盗まれたと聞きました。
さすがに怖いのでナット固定式に変更したいのですが、やり方がいまいち分かりません。
アクスルって言うんでしょうか?このアクスルを交換しないとだめなんでしょうか?
あるいはホイールごと交換しなければならないのでしょうか?

もうひとつお聞きします。
ナット固定式の新しいホイールを買おうと目を付けているものがあるのですが、ハブは変更しなくてもナット式は取り付け可能なのでしょうか?

ご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応ハブ軸を交換するという作業をすると


該当の作業はできます=シマノスモールパーツで取り寄せ
・・・が。
取り付け外しの際に
ハブ軸が共周りしてしまい、玉当たりが回ってしまうという
欠点が生じます。
=玉当たりをハブコーンレンチで押さえながら取り付け外しをしなければならない。
また、最近多くなってきている
カートリッジハブベアリングには対応が微妙です。

ですので、
そう言う目的には普通
レバーなしクイックレリーズへの交換が
一般的です。
http://www.cycle-yoshida.com/tak21/bazooka/hub/b …
http://www.cycle-yoshida.com/gt/bbb/parts/q_rele …
ホイール固定においては
いずれも信頼性が万全とはいえませんけどね・・・
ケアレスミスが起きやすい構造。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。
早速購入致しました。

お礼日時:2012/02/19 18:46

クイックレリーズ式のハブシャフトは短くて、ナットがつけられないんで、ハブシャフトを長いものに交換するのが安いが、後ろ(アクスル)のホイールなんかだとフリーを外す必要が出てきて、工具に費用がかかることがままありますね。



レバー自体をアダプタ式のレバーに交換する方法もあったかと記憶してますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/02/19 18:46

クイックリリース対応の盗難防止シャフトが出ていますから、クイックリリースのシャフトをそういうのに交換すればよいのです。



例えばこんなの、これはアーレンキーで着脱します。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/10/00/item3684140 …

これらは専用工具が必要
http://www.cb-asahi.co.jp/item/05/00/item3682970 …

これも専用工具(五角形レンチ)、私はこれを使っています(かなり目立つカーボンバトンホイールなので)
http://www.cb-asahi.co.jp/item/03/00/item3680900 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/02/19 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクイックリリースにできますか?

最近CORVETTOのAL-CRB7007Nという3万円程度のクロスバイクを購入しました。スポーツバイクに乗るのは初めてで、いろいろいじることに楽しみを覚えてきました。見た目もかなり気に入っています。しかし、ブランドの自転車だからか、クイックリリースではないため、15mmの六角レンチを使用しないとホイールを外すことができません。パンクしたときなど不便なのでクイックリリースに替えられるのであれば替えたいと思っているのですが、無理なのでしょうか??
また、タイヤのチューブも英式なのですが、これを仏式に変更できますでしょうか?
初心者の質問で言葉足らずなところが多いとは思いますが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 bittenyanさん こんばんは

 #3です。

 自転車のバルブには 「英式」・「仏式」・「米式」の3種類があります。太さは「英式」=「米式」>「仏式」です。したがって「英式バルブ」採用車用のホイールには、「仏式バルブ」採用のチューブが使えます。しかし、バルブを注す穴の大きさが違い過ぎますから、入る事は確実に入っても空気を入れる段階でチューブをホイールの穴をはさんでしまってパンクする可能性が高いです。したがってバルブを固定する為のナットでバルブを固定して「英式」・「米式」用の大きな穴に「仏式」用の細いバルブを対応させると言う事をします。
 その時に使うナットが「NTスペーサー」と呼ばれるバルブアダプターです(http://www.panaracer.com/new/lineup/other/acce_so.html の最下段参照)です。この「NTスペーサー」と今お使いのタイヤサイズに合った仏式バルブ装着チューブが有れば、どんな自転車でも「仏式バルブ」に替える事は可能です。
 ご存じと思いますけど、バルブの形状が違えばポンプをバルブに繋ぐ「口金」の形状が違うので、仏式バルブ用のポンプが必要になります。その点だけは忘れないで下さいね。

 前レスでお持ちの自転車をけなした感じになってしまいましたけど、気を悪くした様でしたら、謝ります。実際問題は、きちんとメンテナンスする事と本物のスポーツバイク式に激しい走りはしない事と言う条件で、街乗りの舗装路限定で十分使えます。その点は安心して下さい。質問にも「いろいろいじることに楽しみを覚えてきました」との事ですので、きちんとしたメンテナンスが可能な方だと思いますから、十分使えると思いますよ。
 お持ちの自転車はbittenyanさんの愛車なのですから、ピカピカに磨く位メンテナンスを欠かさず行って使ってあげてください。そうすれば十分使えますから・・・。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 bittenyanさん こんばんは

 #3です。

 自転車のバルブには 「英式」・「仏式」・「米式」の3種類があります。太さは「英式」=「米式」>「仏式」です。したがって「英式バルブ」採用車用のホイールには、「仏式バルブ」採用のチューブが使えます。しかし、バルブを注す穴の大きさが違い過ぎますから、入る事は確実に入っても空気を入れる段階でチューブをホイールの穴をはさんでしまってパンクする可能性が高いです。したがってバルブを固定する為のナットでバルブを固定して「英式」・「米式」用...続きを読む

Q自転車のハブシャフトの互換性

エンド幅のことなる自転車を複数台もっています。
クイックリリース付のホイールでは シャフトの長さが クイックリリースでないものと比べ
よりシビアになるとおもいますが、

1、クイックリリースの中空ハブシャフトを 普通のものに交換できるものでしょうか?
2、できるとしたら ものたろう などで 売っている10mmのシャフトでよいのでしょうか?

3、エンド幅135mmのアルミ製バイクに 130mmのホイールを両側にワッシャ―をたして入れてみたいのですが 中空シャフトの長さが足りなくなりませんか?  その場合 135mmのハブのシャフトと入れ替えが可能でしょうか?

Aベストアンサー

1.可能です

2.ダメだと思います モノタロウで売っているような ネジでは、柔らかく撓みが出ます。
ハブシャフトとして販売されてる シャフトを購入してください。

3.130mmにワッシャー入れたら当然短く クイックシャフトでも
エンド部の引かかりが少なく危険です。
適正な長さのハブシャフトを用意してください。

135mmのハブシャフトを購入し センターを出すようにワッシャー調整する必要が有ります。 ワッシャーも ハブシャフト用のワッシャーを用意してください
ハブシャフトとワッシャーを購入する ショップへ持ち込み 店頭で
サイズ調整と センターをお店に計ってもらうと良いでしょう。
スモールパーツを在庫してるショップを捜して 尋ねてみて下さい。
今どきのロードバイクやですと 煙たがれるかも。

Qシングルスピードバイクに、クイックリリースは?

シングルスピードバイク、SE-LAGERに乗ってます。出先でパンクしたときのタイヤ交換に往生した経験からの質問です。なんでクイックリリースを使ってないのかしらん?構造上無理なのか?コストの問題なのか?
前後輪ともロード用のクイックリリースつきホイールに変えてしまおうと考えてますが、強度上の問題とかあるのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ご質問者さんの自転車は、ピストバイクです。ピストバイクはトラックエンド幅(120mmか昔のものなら110mm)でロードエンド幅(130mm)やMTBエンド幅(135mm)と違います。ですから#1さんの仰有るようにリアのクイックリリースは発売されていません。前輪は100mmでロードと共通かも知れませんが、リヤはご自分で切って加工しないと市販品は使用できません。

「チェーン引き」での中心出しは確かに難しいですが、クイックであっても難しさが多くなるわけではなく何の問題もありません。事実競輪選手のロード練習用のピストバイクはクイックにしている人もいます。しかし、#1さんご指摘の通りで「チェーン引き」のナットを蝶ナット(手で回せるナット)に換えてある人もいます。競輪選手がバイクをばらして軽自動車に乗せる時間は、私がロードをばらして自動車に乗せる時間よりも遙かに短いですよ。

競輪が盛んな地方の自転車屋さんはその辺のことはよくご存じのはずです。もし競輪が盛んなようでしたら自転車屋さんに相談したらと思います。競輪が盛んでない地方では自転車屋さん自体が全く知らないかも知れませんが…。何かの参考にして下さい。

ご質問者さんの自転車は、ピストバイクです。ピストバイクはトラックエンド幅(120mmか昔のものなら110mm)でロードエンド幅(130mm)やMTBエンド幅(135mm)と違います。ですから#1さんの仰有るようにリアのクイックリリースは発売されていません。前輪は100mmでロードと共通かも知れませんが、リヤはご自分で切って加工しないと市販品は使用できません。

「チェーン引き」での中心出しは確かに難しいですが、クイックであっても難しさが多くなるわけではなく何の問題もありません。事実競輪選手のロード練習用のピ...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Qハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤専用の為、
取り敢えずメカ的には、ドノーマルのまま乗る事にしました。
ですがメカ的以外にアクセサリーなどで、R3をカッコ良くしたいんです。
今付けているアクセサリーは、LEDライト・サイコン・ボトルグリップ
携帯ポンプ・着脱式ワイヤーロック・サドルバック・テールライト
バックミラー(SPYミラー)・フロントバック・バルブキャップ等です。
今回バーエンドを購入しました。取り付けてみると何だかハンドルの幅が、
広く感じて不細工に見えるんです。実際には、取り付けの為、グリップ・
シフト・ブレーキレバーを内側に移動したので、従来よりは通常運転時の
グリップの位置は約4センチ内側になり実質的には有効幅が、狭くなってます。
ちなみにR3のハンドル長はノーマルで、54センチなので、未だカットは、
してませんんのでエンドバーからエンドバーまでの幅が54センチ、
グリップからグリップまでの幅が50センチです。ネットで、ハンドルバー
カットのレビューを色々検索しましたが、50・52・54センチと色々で、
中にはドロハンの長さ位まで、大丈夫と言うような極端な意見も有ります。
良く言われる肩幅プラス〇センチと言う数値はどうもピンと来ません。
通勤専用ですので、実際の運転は、グリップを握っての運転が主体ですが、
途中に3ヶ所あるアップダウンだけはエンドバーを握っての運転です。
安全を重視すれば見た目を考えずに今のままで良いと、重々承知してます。 
非常に答えにくい質問だと思いますが、安全とカッコ良さを考えた場合
何センチが適正だと思われますか?出来れば私は何センチにして、
成功だった、失敗だったと言う経験談がお聞きしたいです。
ちなみに私の身長は168センチ体型はガッチリタイプです。

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤...続きを読む

Aベストアンサー

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グリップ部の適正幅は肩幅+10cmになりますから10cm以上の違いになります。ですから一概にどの幅が適正ですとは言えません。例えばドロップに乗り慣れている人は上ハンドルでは30cm程度のハンドル幅で使用しています。ですからバーエンドを肩幅近くに合わせようとします。方やグリップが中心でバーエンドは風が強いときやスピードを出す場合のみに使用するならばずっと幅が広くなります。

ご質問者さんよりも少し体格が上ですが、R3を街乗り用に使用していますが、グリップエンドからグリップエンドまでが52cm強にカットしてあります。子供がバーエンドを付けるかも知れないといった親心で少し長めにカットしたのですがいらないと言われまして両側1cm程度私には長くシフト部を持って乗っています。ご質問者さんの場合にも現在の長さでグリップ部の違和感なくどこまで内側を持てるかでカット幅を決めたら如何かと思います。

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グ...続きを読む

Q手組み用?ハブはなぜ32Hが多いのでしょう?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的のように思います。
(シマノの場合。 別のメーカーでは違うのかもしれませんが・・・)
リム単体も、32Hが多く販売されているように思います。

ところが、完組みは24H、20H、18Hなどが普通にありますよね。

スポークの空気抵抗だけを考えれば、本数はなるべく少ないほうがいいと思うのですが、
なぜ標準~低グレードのハブは32Hなのでしょう?

やはり手組みで20Hなどは技術的に熟練していないと難しいからなのでしょうか?
個人的に考えるに、
 ◎少スポークのメリット
  空気抵抗が小さく、重量が軽い
  横風の抵抗を受けにくい
  かっこいい(←個人的ですが)
 ◎32Hのメリット
  組みやすい(バランスが取りやすい)
  ショック吸収がいい
  強度がある
  バリエーションが多い(たくさん販売されている)
という感じなのですが、それ以外に32Hのメリットがあるのでしょうか?

自転車は空気抵抗との戦いですので、32Hだと少しもったいない気がします・・・
エアロスポークなら、そんなに気にならないものでしょうか?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的の...続きを読む

Aベストアンサー

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージがあるので売れるのではないか?スポークも若干ケチれるし」ということで、アップグレードホイールと称して売り出したそうです。
これは36Hに比べ、明らかに耐久性や剛性が劣っていましたが、一般の人が使うには十分な強度で、商業的には成功したそうです。
その後、28H, 24H, 20H, 16Hとスポーク数の少ないホイールがアップグレードホイールとして発売されました。しかしこれらは当時のプロメカニック達に好意的に受け入れられなかったそうです。その理由は
1)スポーク数を少なくするとリムを丈夫にしなければなりません。これはリムの重量が増えることを意味します。リムの重量が増えると運動性が悪くなります。この現象は同じ重さのおもりを背中に背負った場合と足首や靴に付けた場合で、同じ距離を同じ時間で歩いてみればすぐに分かります。後者の方が疲れを感じるはずです。
2)スポーク数が少なくなるとスポーク1本にかかる荷重が増え、異常に高いテンションを必要とします。またスポークが1本でも折れれば即、走れなくなります。
3)ハブからリムにトルクを伝えるためにはスポークをクロス組みする必要があります。36Hの場合、8本取り(4クロス)、6本取り(3クロス)、4本取り(2クロス)の3種類の組み方ができますが、32H, 28Hの場合、6本取り、4本取りの2種類になります。さらにスポーク数が少なくなると4本取りか2本取りのどちらか一方しかできなくなります。クロス数が少なくなると、ホイールのねじれ剛性が著しく下がり、加速の悪いホイールとなります。

このような流れで、レースイメージを持つ32Hがスポーツ系自転車に生き残り、それ以下のものは自然淘汰されたようです。ちなみに競輪は36H, 8本取りが標準だそうで、瞬発力でホイールがねじれるのを防ぐために理にかなっています。

完組の場合はホイールを総合的に専用設計できますので、少スポークでも十分な性能のホイールを作ることができます。今や高価な完組の性能を越える手組みホイールを作るのは事実上不可能です。コストパフォーマンスや絶対性能を取るなら迷わず完組です。
しかし手組みには手組みの良さがありまして、性能はともかくユーザーの好みや用途に幅広く対応できます。また、スポークが切れても少しは走れる余裕がありますし、街の小さな自転車屋でも応急処置が可能です。さらに自分でホイールがいろいろ組めるようになると、先人達の工夫が理解できるようになり、少スポークが必ずしもメリットが多いとは思えなくなると思います。私は別にプロのメカニックではないですが、ホイール組は自転車弄り上級者への登竜門です。最初はプロの自転車屋さんの助けが有った方が良いとは思いますが、機会があったらホイール組にも挑戦してみてください。

タイヤ幅を細くするとパフォーマンスアップしたように感じるのは主にホイール外周の軽量化と転がり抵抗の低減だと思います。これを説明していると長くなりますので今回は止めておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.html

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージ...続きを読む

QホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう

ホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう意味なんでしょう。某通販店の説明にあったのですが50mm47mmというラインはあるわけで気にしないで、という意味がどうも分からないのです。
現在、クロスバイクにFSA AL-8TTTが付いており実測47~48の様です。これをシマノホローテックII使用に変えると50mmになりますがリヤスプロケもHG30-8速からシマノで9速に交換しようと思っております。
その場合ラインもそろうのでしょうか。
シェル幅68mm リヤエンド130mm

Aベストアンサー

同様な質問がありますが、こちらが参考になりますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1846375.html

Qボスフリーとカセットってそんなに重要視すること?

ボスフリーだろうがカセットだろうが、そんなこと何だってんですか。
重要視することですか。
油差してメンテナンスしてりゃいいんじゃないの。

そんなことに拘るなんてヲタクの証なんじゃないの。
http://dt6110.web.fc2.com/parts/free8.html

Aベストアンサー

まあ 世の中には「7速の自転車を・・・」と質問しただけで「気でも狂ったのか!」と頭ごなしに非難する回答者も居るので その疑問も判らないではないけど...

以前ボスフリー6段の自転車を街乗りに使っていたけど何の不都合もなかったよ。 とある回答者によると「7速ボスフリーの自転車なんて20kmも走らない内にリアディレイラーが壊れる!」と断言していたけど まったくそんなことはなかった。

自分の気に入らないコンポのグレードや車種に関して「妄想レベルの否定的見解」を述べる回答者が居るから、君のような疑問が生じたんだろうな。

ただ7速ボスフリーだとそれ以上の多段化はちょっと難しいね。勿論ホイール毎交換すれば問題ないことだけど。
まあカセットフリータイプでも 例えば8速を10速に買えようとすれば カセットだけでなくシフターやチェーン、チェーンリングなど大がかりな交換になる。共通なのはハブ(ホイール)だけだね その場合。

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

Qリアディレイラーとシフターの互換性

Escape R3 2015のスプロケットをCS-HG50-8-S(12-21T)のクロスレシオに交換に伴いRDを交換しようと思っています。
105のRD-5701-SS(10速)に変えようと思いますが、付属のSHIMANO EF51 8Sと互換性はありますか?
ちなみにClaris RD-2400-SS(8速)ではグレードが低いらしいので避けました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CS-HG-50の12-21の7速フルクロスで踏力一定の定ケイデンス、リッチ&リーンを潰す目的は長距離サイクリングをする上で非常に有効な改造だと思います。
これから先の自転車ライフを見越した時にフロントシングル&ダブル化はせず、フルクロススプロケットの弊害をフロントトリプルのワイドさで補うことが現状では可能なのですからフロントはトリプルのままで。

さて、クロススプロケットを使用するのならばRディレイラーも交換したくなるのは人の常。
ですが、8速&9速のチェーンやスプロケット寸法の違いはわずかでも10速対応フリーハブにスペーサーを噛ませて使う10速スプロケットは歯のクリアランスや厚みが8・9速と比べて大きく違います。
当然チェーンも薄く狭くなっていますから10速Rディレイラーが8速チェーンを変速し得るかどうか、ガイドプーリーやテンションプーリーの薄さが8速チェーンを動かせるかどうかが微妙なところではあります。

私が確認している限りでは14-25の9速スプロケットを5700系105のSSゲージで9速チェーンでは使える事が出来ています。
違和感不都合は発生していませんが、さらに太い8速チェーンでは。。。微妙でもあります。

ですからRディレイラーも現状のままでスプロケットのみ交換でいくのが良いと思います。
場合によってはチェーンのコマを詰めたほうが良いとおもいますが。
どうしてもSSゲージが使いたいのでしたらClarisでも良いと思いますよ。低いのはグレードのみでメンテナンスしながら使っていくうちにアタリがついて良くなっていきますから。

ちなみにR3のエンド幅は昔っから130mmです。
質問者様はご存知でしたね。

CS-HG-50の12-21の7速フルクロスで踏力一定の定ケイデンス、リッチ&リーンを潰す目的は長距離サイクリングをする上で非常に有効な改造だと思います。
これから先の自転車ライフを見越した時にフロントシングル&ダブル化はせず、フルクロススプロケットの弊害をフロントトリプルのワイドさで補うことが現状では可能なのですからフロントはトリプルのままで。

さて、クロススプロケットを使用するのならばRディレイラーも交換したくなるのは人の常。
ですが、8速&9速のチェーンやスプロケット寸法の違いはわずかで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング