長崎弁をあまりよく知らないので改めて質問させていただきます。
申し訳ありません。
仲里依紗さんのパッソCM「とっとっと?」について
(とっとうと、ではなく、とっとっと、でしたかね)
あの場面、つまり、自分が知らないうちに、
友人が自分の写真を勝手に撮ったとき、
「(今、写真)とったと?」がしっくりきませんか?
あるいは、
「(自分の写真をパシャパシャ何度も)とりよっと?」
ということはあると思いますが、
あの場面で「とっとっと?」はなんか変に感じないでしょうか?
福岡、熊本、あるいは長崎の中年層以上では変だと思うと思います。
長崎の若者世代では、「とっとっと」は「とりよっと」と同じ意味で使われる傾向があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

先日、別のカテゴリーで同じ質問に答えました。


(その方も「とったと?」が正しいのでは、と主張されていましたが)

「とっとっと」は「とりよっと」と同じ意味で使われる傾向があるとまではいえないと思います。
「とりよっと」の意味で「とっとっと」を使うことはあると思いますが、逆に「とっとっと」の意味で「とりよっと」を使うことはないと思います。

私は福岡なので「とっとーと」「とりよーと」になりますが、「今、とっているの?」と言う場合は「とりよーと?」と言うことが多いです。
ですが同じ状況で「とっとーと?」と言われたとしても、それはそれで普通に意味は理解できます。
「変じゃないか?」「おかしくないか?」と言われるほどの違和感はありません。

体系的に分類すれば
・「とっとっと」(とっとーと)は完了形(事前にとってある)
・「とりよっと」(とりよーと)は進行形(今とっている)
と区別されるのかもしれませんが、実際そこまで厳密に使い分けられている感じはしないです。

個人的には
・「とっとっと」(とっとーと)は完了形(事前にとってある)と進行形(今とっている)の二つの意味がある
・「とりよっと」(とりよーと)は進行形(今とっている)の意味だけ
くらいの感覚ですね。

No.2の方が
>「とっとっと」が「とりよっと」を侵食する現象
と表現されているのは、言い得て妙だと思います。

この回答への補足

ちなみに侵食しとっと?は
侵食しよっと?
の意味でもありうるわけですね。
となると、現在侵食最中なのか、侵食し終わったのか
わからないというわけですね。

補足日時:2012/02/23 20:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とっとっとがとりよっとを侵食している。
標準語の影響で区別がつかなくたっていってるんでしょうかね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/23 20:23

夫が長崎モンです。

(私は九州地方のことは全くわかりません。スミマセン!)
「とっとっと」は、「取る」には使いますが、「撮る」には違和感があるそうです。
写真を「撮ってるの」の時は「とりよっと」
座席等をキープしている時の「取ってるの」が「とっとっと」だそうです。

夫いわく、あのCMで「とっとっと」と言っているのはクルマの座席を取ってる?
なんかよくわかんないな...と思っていたそうです。
写真を撮っていることを言っているとは気づかなかったらしいです。
(写真なら「とっとっと」とは言わないので)
やはり「とりよっと」がしっくりくるそうですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いうまでもなく質問は長崎の若者世代についてきいているわけですので、
旦那さんは、長崎出身である「若者世代」ということですね。
本来はそのとおりだと思いました。
長崎出身の若者世代でも変だと感じる言葉に敏感な人がいてうれしいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/23 20:29

 No.8、再回答させていただきます。


 今、「とっとっと」「方言」で質問検索してみたら、いろいろ出てきました・・・。
 いろんな地方地域の方が、いろんな意見を述べてらっしゃいます。

 他の情報や聞き込みでも調べたのですが、どうやらこれは地方地域によって違和感の有る無しが分かれるようです。 同じ県内でも。

 それと先程書いた、自分が見た武田鉄矢さんとタモリさんのTV番組というのは、初見が相当昔です。
 10年以上経ってるかもしれません。その間に「とっとっと」の言葉遊びがジワジワと(若い人の間でも)定着していって、違和感がなくなった地域もあるのではないでしょうか。

 その証拠になるかわかりませんが、なんと長崎では「とっとっとテレビ」なる番組が放送されていたそうです。 友人に聞いたのですが、長崎の放送局が独自に制作・放送していた番組だそうで、朝10時頃の帯番組として、確実に放送されていたそうです。 残念ながら放送年代・期間が不明ですが、平成であることは確かなようです。

 ですから、あのCMの「とっとっと」の使い方が現在正しいか否か、そして若い人は普通に使っていてある年代の方が違和感を感じるか、というのは・・・答えを出すのは難しいと思います。
 でも「とっとっと」「とりよっと」をほぼ同等の意味でお使いの方は、結構いらっしゃるようですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/23 20:16

1です。

「とっとっと?」は撮っているの?と同じですね。※別で…「私を撮るの?」=「私を撮っと?」→になります。あと1つでも、他のバージョンも見てみたいなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
標準語の「とってるの?」は元来、長崎では完了相(とっとっと)と進行相(とりよっと)がありえますが、
「とっとっと」には現在長崎の若者世代では「とりよっと」(進行相)をかねているのかという
質問でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/23 20:14

 「とっとっと」「すーすーすっ」については、TVでよく武田鉄矢さんやタモリさんが“面白い九州弁”として話されていましたよ。

(長崎の人は「とっとっと」って、鳥みたい・・・という感じの内容でした。) それらの番組をご覧になった方々は記憶の片隅に“九州の言葉遊び”として印象が刻まれているのではないでしょうか。 パッソCMのスタッフの中にも、その“九州の言葉遊び”印象の「とっとっと」を覚えていた方がいて、CMで使われた・・・ということでは?

 そういえば、Youtubeだかニコニコ動画だかに、仲さんと川口さんが長崎弁で語り合う映像がありましたよ。「パッソ CM」で検索したらすぐに見つかると思いますが。

 ・・・とか書いてみましたが、既に同じような事を書かれた方がいらっしゃったらごめんなさい。
    • good
    • 0

    #3です。

補足です。

>>No1のかたは片言だとは思えませんが。

    僕はそう申しておりません。
    • good
    • 0

#2です。



>>長崎の若者世代では、「とっとっと」は「とりよっと」と同じ意味で使われる傾向があるのでしょうか。
>そういうことは特にないと思います。

と書きましたが、

私は、長崎県北部の出身で、現在、佐賀県在住ですが、
長崎市周辺に、親戚もいますし、友達・知り合いも、
結構広い年齢層にいますので、そのへんからの回答だった
訳ですが、サンプルに偏りがある可能性は確かにあるでしょう。
(余談ですが、私の地元では「とっとると」「る」が完全に
母音が落ちて、子音化しますが、長崎市のような[t]化や、
博多のような母音化まではしない、中間段階にあります)

なので、上の回答は、「あるかもしれない」に変えても
別に構わないのですが…

それよりも、#2の回答に書いた通り、
ず~っと昔から、共通語の影響なのか、元々そうなのか、
「とっとっと」が「とりよっと」を侵食する現象はありましたから、

地区や年代層によっては、

浸食された部分では、「とっとっと」と「とりよっと」は、
どっちでも、特別には違いを感じない表現になっている、
ということがあっても、何の不思議もありませんし、

「完了」というのも、国語の文法で言う「完了」と考えると、
見誤りやすく、むしろ、英語でいうと、「現在完了」の「完了」
用法というよりは、「現在完了」、過去のことと現在の状態を
まとめて表し、現在の状態の方に、より重心をおいた表現
(だから、過去の副詞と一緒に使えない)、の方に、近い感じの
「完了」で、よく例に出てくる「(席を)とっとっと」も、
国文法の「完了」より、英語の「現在完了」「結果」、
「私は、過去、この席をとったという行為の結果、現在、
この席をとっているという状態にあります」の方がずっと
近い内容を表しているので、進行形的な「とりよっと」には、
他の地方の人が、文法的な解説を見て考える以上に、転化
しやすい面があり、元々そういうものだから、CMの
「とっとっと」も、全面的に「とっとっと」化している
地区・年代層でなくても、特別に不自然な表現だと思い
にくい、そこそこ厳格な地区・世代でも、自分だったら
「とりよっと」というと思うが、「とっとっと」でも、
別にひどくおかしいとは思わない、

少なくとも、質問者さんがそう言っていると聞こえてしまう
「非難すべき表現」とは、到底思えない、

というのが、真相に近いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/02/23 20:08

私の心象の回答です。



まず、冒頭の「でん出らりゅば 出てくるばってん ~」
の中に実は答えがあると思います。
中氏と川口氏は長崎出身ですから、お互い言葉遊びをしている
と思います。
冒頭の“でん出ら” と “こん来ら” は、
「行く」と「来る」が同じように使われるパターンです。
「来ない(こん)」は『行かない』という使い方でしょう。
「来ない(こん)」は『行かない』と言う意味であることは全国共通
ではありません。
そこで、「とっとっと?」「とっとっと!」
というように「とっとっと」一つの言葉に
「撮ってるの?」 「撮ってるんだよ!」
という意味をのせています。「とっとっと」という言葉には
きっと二つの意味があるのでしょう。
なので「とりよっと」では言葉遊びができないのでしょうね。
    • good
    • 0

前にも同じような質問をされてましたが、クドイですねぇ。



》 福岡、熊本、あるいは長崎の中年層以上では変だと思うと思います

福岡県出身の前期高齢者ですが、ちっとも「変だと」は思いません。
「とったと?」でも「とっとっと?」でも。前者は「撮り終わったの?」だし、後者は「撮っているの?」ですね。

余談ですが、別の意味の「すっすっすっ」あるいは「す-す-す-」と同じ間隔です。

この回答への補足

ありがとうございます。
長崎の若者世代の区別・感覚を聞きたかったので、
わざわざ知りもしない福岡高齢者のかたにクドイとわざわざ言われるのはのはとても悲しいです。

補足日時:2012/02/20 14:59
    • good
    • 0

   僕はそのCMを見ておりませんが、ご質問では



1。場面
    「あの場面、つまり、自分が知らないうちに、友人が自分の写真を勝手に撮ったとき、」

2。解釈1(単なる過去)標準語で「撮ったの?」
    とったと?

3。解釈2(終わってしまった)標準語で「撮っちまったの?」「撮ってしまったの?」
    とっとっと?

    この解釈次第だと思います。

4。>>長崎の若者世代では、「とっとっと」は「とりよっと」と同じ意味で使われる傾向があるのでしょうか

    進行相の「とりよる」系と、完了相の「とっとる」系の区別は京阪地方から西は全部画然と分かれています。長崎弁では進行相と完了相の区別がある、人下記にも明記されています。
標準語では他の東日本地方と同じように「とっている」に中和されて、進行相と完了相の区別がありません。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E% …
  
    年齢に関係無く、「とっとっと」が「とりよっと」と同じ意味で使われるなら、片言の長崎弁ですね。

    

この回答への補足

ありがとうございます。
No1のかたは片言だとは思えませんが。

補足日時:2012/02/20 14:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「カバとトット」??というアニメ知ってる方いませんか?

題名も覚えていないくらいなのですが、
「カバとトットは仲良しこよし、カバとトットでカバトット~♪」という感じの歌のアニメです。
アニメの名前は「カバとトット」ですか?
いつごろがオンエア期間だったのでしょう?

詳しい方、詳しいHPなどあれば教えて下さい。
アニメのタイトルが覚えていないので、検索しようがないくて・・・。
お願いします。

Aベストアンサー

懐かしいですね。そのアニメのタイトルは「カバトット」です。1971年1月1日~1972年9月30日に放映されていました。

http://www.tatsunoko.co.jp/Works/Works1/1_2/

参考URL:http://www.tatsunoko.co.jp/Works/Works1/1_2/

Q【長崎弁】長崎弁で「歩く」ことを「さるく」と言うそうです。 さるくの漢字は何と書くのでしょうか?

【長崎弁】長崎弁で「歩く」ことを「さるく」と言うそうです。

さるくの漢字は何と書くのでしょうか?

なぜさるくが歩くになったのかその歴史を教えてください。

そのほかにも長崎弁ってあるんでしょうか?

長崎弁のさるくはどの辺りまで通じる日本語なのでしょうか?

九州なら通じる言葉なのでしょうか?

近畿だと通じないので四国や広島の人はさるくは歩くと理解出来るのか四国人と広島県民の方いたら教えてください。

Aベストアンサー

「さるく」はひらがなだと思います。漢字を見たことないです。
自分は福岡ですが「さるく」通じますよ。
特に年上の人は「さるく」を今でも使いますから。
時々、華丸大吉も使ってますよ。

用法:「そこらへんば、さるかっしゃる。」
意味:「そのあたりを歩いている。」

Q窓際のトットちゃんについて

大変今更な感じなのですが、小学生の頃黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」を読み、「?」と思い、それなりに年齢が高くなった今でもよく分からないので質問させて下さい。

こんなエピソードがあったと思います。

トット(黒柳徹子の小学生時代)には身体障害者の少年の友人がいた。
(その子は木登りをトットとした後、トットが本を借りっぱなしにしている状態で死んでしまったと記憶しています)
担任の先生が授業でその少年に、「○○くんにはしっぽがあるんじゃないの?」と言ってしまった。
その先生は身体障害のことを意識したわけではなく、可愛らしかったからつい言ってしまったとかそんな感じだったと思います。
それを聞きつけた校長がその先生を呼び出し厳重注意。
先生は泣きながら反省。
盗み聞き?していたトットは「なんで怒られているの?私だったらそんなこと言われたら嬉しいのに」と疑問に思ったが、黒柳徹子は校長はその子のことを本当に考えていると語った。


私には校長の「○○くんにはそんなことを言ってはいけない」は、その子だけ特別扱いしろと言っているようで、逆に差別しているような感じを受けたのですが、何が問題なのか教えてください。

大変今更な感じなのですが、小学生の頃黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」を読み、「?」と思い、それなりに年齢が高くなった今でもよく分からないので質問させて下さい。

こんなエピソードがあったと思います。

トット(黒柳徹子の小学生時代)には身体障害者の少年の友人がいた。
(その子は木登りをトットとした後、トットが本を借りっぱなしにしている状態で死んでしまったと記憶しています)
担任の先生が授業でその少年に、「○○くんにはしっぽがあるんじゃないの?」と言ってしまった。
その先生は...続きを読む

Aベストアンサー

健常者だって「しっぽがある」と言われて嬉しい人もいるかもしれないけど、嫌な気持ちになる人もいるでしょう。

障害があるから、と短絡的な考えでなく、○○くんが抱えていること全て(もちろん障害のことは含まれるし、なしに語れないでしょうけど)、○○くんの感受性をもっと考えて、それを言われたらどんな気持ちになるか、そこまで子どもの気持ちを考えて言葉を発しましょう、ということです。

同じ言葉でも、嬉しくなる人、何も感じない人、嫌な気持ちになる人、いろいろいます。質問者様も同じ場面でも、人によって言葉を使い分けていませんか?それは差別ではないでしょう?

特別扱い、というと言い方は悪いようですが、一人ひとりの子どもの個性や感受性をきちんと考えることは、先生として心がけなければなりません。

Q大阪弁か関西弁

「しゃっちも」とはどういう意味なのでしょうか?さっぱり見当がつきません。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 愛媛県ですが,漁師言葉にあります。
「しゃっちも~--ない(否定形)」で。わざわざ~しなくても,と言う意味です。うしろは必ず否定形が来ます。「しゃっちに~--ない」ともいうようです。
このニュアンスで合ってますか。

Qトットとチッチ

ずーと探しているのですが、昔の漫画?かさだかではないのですが
トットとチッチが出てくる本を探しています。その本の名前もわからず
わかっているのは、トットという小さい女の子とチッチという背の高い男の子の恋の物語みたいなのですが、どなたか本の名前だけでも知っていたら教えてください。
3年付き合って今年結婚をしたのですが、お店の店員さんや、同じマンションの年配の方によく『トットとチッチみたいだね』と言われ、約3年間この本を探しているのですが・・・どうしても読んでみたいのでよろしくお願いします。
カテゴリーがよくわからなくここにしてしまいました。
間違っていたらすみません。

Aベストアンサー

チッチとサリーではないですよね?ちなみに書名は“小さな恋の物語”です。小さい女の子と背の高い男の子の話です。
私も、背の高い男性と小さい女性が並んでいると、「チッチとサリーみたい!」っていつも言います。私は20代なので、読んだ世代ではありませんが、有名なマンガです。

Q関西弁と河内弁の違い

今日友達と話していると「関西弁にもいろんな種類があって、摂津弁、河内弁、泉州弁があるねん。」と教えてもらいました。

摂津弁と泉州弁の例を出してもらうと馴染みのあるように感じず、あまり聞かないのですが、河内弁の例を出してもらうとほぼ理解できました。関西弁とは河内弁のことなのでしょうか?違いがよくわかりません。

このことに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は八尾市出身ですので、河内平野のど真ん中で子供時代を
過ごしました。
★標準語で『ない』という単語で説明しましょう。
標準的な大阪弁では『あれへん』ですが、河内では『あらへん』です。
更に訛って『あらぃん』
1・ARAHEN→2.ARAHIN→3.ARAIN
実際には2と3の中間くらい『H』が半ば落ちかけた音です。

★紙幣を硬貨に両替してもらうこと何といいますか?
『この銭、こわいてくれ!』(河内弁)
両替のことを『こわす』という地方がありますが更に訛っています。

河内訛りを表すこんな、一節もあります。
『よろがわの、みるのんれ、はら、のらくろりん』
(淀川の水、飲んで腹ノラクロリン)
何とダ行・ザ行がラ行に変化しています。
私の子供の頃は、ここまで訛っている人には会いませんでしたが(笑)

最後に河内弁や泉州弁とはいいますが、摂津弁とはいいません。
大阪市と神戸市では、言い回しが違います。
千度ぶり(久しぶり)、さんこにする(散らかっている)
後世に伝えたい美しい神戸ことばの例です。

Q【PC98x1/国民機】窓ぎわのトットちゃん

【PC98x1/国民機】窓ぎわのトットちゃん 黒柳徹子

http://www.suruga-ya.jp/database/155006777001.html

駿河屋オンラインショップさんのミスなのでしょうか。


ご存じの方、ご一報下さい。

Aベストアンサー

でしょうねぇ。当時は5インチが主流だったし。うちは外付けで3.5を使ってましたよ。40MB!HDとのコンパチだったなぁ。5万とか取られた気が・・・NEC儲けすぎだよね。
トットちゃんも年代的には合ってるのかな?

Q大阪弁と関西弁の違い

大阪弁と関西弁、どちらも言葉としては聞くのですがイマイチ違いというものが分かりません。(京都弁は話し方がソフトなので何となく分かるのですが・・・)
同じ意味の「言葉違い」なのか、何か決定的な「違い」があるのか、分かる方教えてください。
※「言葉」→「日本語」からこのカテにしたのですが、もし違っていたらすみません!

Aベストアンサー

おはようございます、

大阪弁は西は武庫川を渡る尼崎まで、西宮に入ると播磨の影響を受けます、

東は大和川を越えると紀州の影響が出てきます。

といっても言葉は日々、変化していきますから大阪弁、関西弁と今は区別を
つけれません。

七輪を「カンテキ」と呼んだり赤ちゃんの服を「やや子のべべ」と呼ぶ人は
今は見ませんからね、大阪に育っても知らない人が多いんじゃないでしょうか、

言い回しも大阪弁はストレートに言わずにワンクッション入れて表現するんですね
「不便」と一言で済むところを「便利が悪い」とか、
「まずい」と言わず「美味しくない」とか「うまない(うまくない)」と言ったんですが、
今はあまり聞きませんね、

大阪弁、関西の違いよ、古い大阪弁と新しい大阪弁の違いの方が大きいですね、

ちなみに「茶をシバク(お茶を飲みに行く)」は私が20代の頃にはありませんでした、
新しい大阪弁の一つです、ある程度の年代の人は使いません。

Q『窓際のトットちゃん』は何故そんなに売れたの?

黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』は何故580万部も超える売り上げを成し得たのでしょうか。
読んでみたのですが、いくら何でもそんな記録をたたき出す様な作品かと言われると???という感じでした。
何か売れる時代背景でもあったのですか?

Aベストアンサー

時代背景が絡む理由は2つあると思います。

(1)1981年の出版当時は、まだ“トットちゃん”のようなタイプの子供の存在や、彼女をとりまく柔軟な教育環境の存在が、広く知られてはいませんでした。当然、ADHDやアスペルゲンガーといった言葉を知っている一般人は皆無に等しかったし、「平等」は謳われていても、実際に、障害者を完全に同等に扱ったり、本当の意味で個性を尊重する教育は、なされていなかったどころか、システムとして確立し得るという概念が殆どありませんでした。そこへ来て、この本は「こういう子もいるんだよ。こういうやり方も現実にあるんだよ」という斬新な事実を知らしめたと同時に、トットちゃんのような読者に勇気を与えたのだと思います。今、本書が大したことがないと思われる時代になったのは、ある意味、いいことなのかもしれませんね。(念のために申しますと、黒柳さんがADHDやアスペルゲンガーや障害者だと申しているのではありません。)

(2)出版当時は『徹子の部屋』が、今のようなネタ切れ感がなく、絶頂期でした。このあとで、類似の番組が出没してはポシャるのを繰り返したほどです。そんな絶頂期のフシギちゃんであった黒柳さんの生い立ちを、初めて本格的に描いたものとして、注目を浴びた部分も大きかったと思います。

(3)時代背景とは別に、この本の特徴は、時代を経ても読まれ続けていることだと知りました。それはおそらく、本書がタレントの自伝にとどまらず、教育的な分野にまで及んでいるので、新たな子育て世代や教育者世代に読まれ続けているということなのでしょう。

時代背景が絡む理由は2つあると思います。

(1)1981年の出版当時は、まだ“トットちゃん”のようなタイプの子供の存在や、彼女をとりまく柔軟な教育環境の存在が、広く知られてはいませんでした。当然、ADHDやアスペルゲンガーといった言葉を知っている一般人は皆無に等しかったし、「平等」は謳われていても、実際に、障害者を完全に同等に扱ったり、本当の意味で個性を尊重する教育は、なされていなかったどころか、システムとして確立し得るという概念が殆どありませんでした。そこへ来て、この本は「...続きを読む

Q関西弁(大阪弁)でしょうか?

知り合いのある大阪の人は「地下鉄」のことを
「地下」といいます。
「梅田から地下のろか~」みたいな風に。
これは大阪では普通なんですか?
ちなみにその人は大阪生まれ大阪育ちで
かなり高齢です。

Aベストアンサー

関西弁では有りませんね、その人オリジナルの略語です。
30年以上関西に居ますが、その様な言い回しは聞いた事がありません。

ネット上では、関西では吉野家で牛丼を食べる事を「牛をしばきに行く」、ケンタッキーのチキンを食べる事を「鳥をしばきに行く」と表現すると言われていますが、これも関西の極一部の地域での事ですので、関西弁ではありません。


人気Q&Aランキング