氏によれば、近代以降日本は3度の敗戦を経験した、といわれます。
最初が薩英戦争
次がWW2
最後が昨年の東北大震災

薩英戦争が英国、WW2がアメリカ、それぞれ時の世界覇権国に敗れたということはわかりますが、そうすると昨年の3.11大震災は果たしてどこに敗れたということなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

少し考え方を変えるべし。



単に対国家戦争とだけで考慮するのではなく、それまでの常識というか世界観が崩れた事への比喩と考えるべし。

薩英戦争
 尊皇攘夷の下、(自分達の論理の中では)負けるはずのない戦だったが、実際には井の中の蛙であった。
 刀と張りぼての大砲では、鉄の軍艦と近代砲へ対抗する術がなかった。
 戦争の結果、それまで尊皇攘夷の急先鋒だった薩摩が開国へ大転換した。

WW2
 万世一系の現人神天皇の下、神国日本は決して敗れることはない筈だったが、やっぱり井の中の蛙だった。
 総力戦とは何かを知らず、資源も生産力も物流(補給)という概念も無い日本は、戦術的に関して勝つことは出来ても、戦略では世間知らずの子供のようなモノだった。
 敗戦の結果、国家と国民の関係や経済発展の方向性が大転換した。

先の震災
 日本の技術力は超一流で、津波なんぞは海の万里の長城で防ぐ事が出来る。
 原子力技術も並外れていて、スリーマイルやチェルノブイリの様な事故は日本ではそもそもあり得ない。
 と言うような、何の根拠も無い神話だけが一人歩きして、人々の慢心が蔓延っていた。
 多重防御や津波てんでこの様な過去の経験に学ぶこともせず、結果として万余の人名と何十万の避難者を生んだ。
 
<ここからは、推測するしかないけど>
 この自己の過信による大失敗は、先の2度の敗戦と同じではないか?
 それら敗戦は、そのまま敗れ去るのではなくその敗戦を切っ掛けに国民の意識や行動を一変させて、その後の日本の発展の原動力ともなった。
 だから、日本国民も今回の大きな犠牲を無駄にすることが無いように、過去の常識などに囚われずに大胆に発想の転換を行って、復興の道を考える切っ掛けにするべきだ。

と言うような、レトリックとして三度の敗戦という表現をしているものと思われる。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
レトリックですね、なるほど理解できます。
そうすると堺屋氏が先の震災を、あえて過去の敗戦と並列表現したということは、今後の発想転換のみならず、現状国家体制および国家ベクトルの抜本的変更が待ったなしの不可避であることも示唆している、と解釈できませんか?

補足日時:2012/02/21 21:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/02/28 10:38

堺屋士の言説としては違和感がある。

今の時点で第三の敗戦にしてしまうとらえかたは、相当おかしいとおもう。三度目の敗戦はだれに敗れたのかという疑問、違和感は、無理やり「敗戦」にしてしまうところにその原因がある。

原発の問題は、戦争で言うなら実は戦闘中。

これで官僚体制をぶち壊せなかったら官僚の大勝利。
これほどの大問題で体制が崩れない。官僚は磐石。敗北を知らない猿のような国民。


見殺しにするといわれても立ち上がらない国民。 俺じゃないからいいか・・・ということか。

残念。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/02/28 10:40

1,薩英戦争が敗戦であったかは説が分かれています。


 人的被害は英国の方が大きかったですよ。
 英国軍は軍艦三隻が大破中破されて、旗艦の艦長と副艦長
 までもが戦死しています。
 薩摩の死者は5人だけですし。
 
2,第二次大戦は、外交の敗北ですね。
 戦争に追い込まれた外交の敗北です。

3,東北大震災は何でしょう。
 科学技術に対する奢りでしょうか。


氏は、価値観の転換を以て敗戦、という言葉を使ったので
ないでしょうか。
そうするとつじつまが合うように思えます。

薩英戦争は、外国に対する価値観の転換。
第二次大戦は、政治体制に対する価値観の転換。
東北は、科学技術とか、物質文明に対する価値観の転換。

この回答への補足

回答ありがとうございます
「価値観の転換」ですね。

ただ、堺屋氏が「転換」ではなくあえて「敗戦」という表現をこの度の大震災に対しても用いているということは、19・20世紀の敗戦後と同様、今後早急に新時代に即した大幅な体制変化が必要不可欠であるということを示しているのではないでしょうか

補足日時:2012/02/21 22:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/02/28 10:39

見えない敵です。


原発が大変な時に視察してわざと破壊し、その後日本の経済を苦しい状態にして、企業を追い出し、韓国、中国の雇用を増やした北朝鮮のまわし者が、ペテンを弄したとき、不信任案反対票を投じた集団です。
    • good
    • 0

堺屋さんの言う敗北は、慢心による敗北です。



原子力発電所の安全神話を盲信していた事が、国策として原子力発電を推進して来た。
日本国政府の敗北です。

敵を知り己を知れば百戦危うからず。

薩英戦争も、第二次大戦も戦力差を理解しない無謀な戦争でした。

日清戦争と日露戦争は、国力のギリギリの所で講和条約を結んで、負けを回避したに過ぎないのです。

第二次大戦の敗北で植民地と国土の一部分を失いました。

そして、原子力発電所の敗北で福島県の一部分を事実上失ってます。


薩英戦争では、国土を失っていないので、もしかしたら敗北ではないのかも知れません。

しかし、
今回の原子力発電の敗北は死守すべき本土を大きく失いました。
学者と政府は、敗北を認めて責任を果たす事が必要です。
特に官僚と御用学者は腹を切れ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

安全神話崩壊ですね
確かに、この世に絶対はあり得ないことを改めて再認識させられました

敗北した以上はなんらかのけじめが不可欠でしょう、同意です

お礼日時:2012/02/21 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎年の敗戦日について・・・

個人的な意見です。
敗戦日も不確かな日本。
8月15日なのか9月2日なのか?
一般的?には8月にしていますが・・・
しかも多数が「終戦」と呼ぶ。
明らかな「敗戦」なのに・・・
御霊に対して敗戦と呼ぶことに抵抗があるとしたら、それは、
生き残った者の思い上がりでしかない。
散った者は潔い。
決して、「敗戦日」と呼ぶことに汚名は着せないと思うのだ。
反省を含め、平和の礎を築くことの方が大事に思うのだが・・・

Aベストアンサー

「二度と…」鎮魂も含め平和尊守主国家として再生への理にかなった表現なのです。

Qイギリス(英国)の電力消費量について。

現在、海外の電力消費量を調べています。
そこで、イギリスの夏季と冬季の電力需要において
夏季より冬季の方が電力需要が高いという図がありました。
日本では夏季の方が電力需要は高いため、これはなんでか考えましたが、わかりません。
また、図がまちがっているのかとも思ったのですが、はっきりわかりません。
どなたか、知っている方いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

もちろんそれは冬が寒いからです。緯度的に見ればほかの同緯度地域(北海道付近)よりもずっと暖かいのですが、それでも冬は暖房が必要です。それとは反対に夏はほとんど冷房が要りません。
それに加えて、暖房事情が日本とはかなり異なるという点も有ります。日本では石油やガスで直接暖房するのが主流ですが、ヨーロッパ諸国では電気式の暖房が結構多いのです。そのため暖房による電気代が多くなってしまいます。

Q東日本大震災

被災地の方々に官総理は
どんな援助、対策、取り組みをしてきたのでしょうか?

あまり具体的なことが書かれておらず
調べてもよくわかりません;;

どんな取り組みをしてどんな成果がでたのか
また出なかったのか
など詳しく教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分も最初同じことを思いましたよ~。

でも、政府の地震情報・生活支援【東日本大震災への対応】
http://www.kantei.go.jp/saigai/index.html
という形で発表していたんですよ~。

マスコミは、そんなことは取り上げず、何もしていないとか遅すぎるとか言っていますが、結構やっていますよ。

といっても、普通の地震の災害のように、崩れた建物を修復するとか、仮設住宅を立てるといったこととは、わけが違い、津波で何もかも持っていかれた所の整備や修復。そして、仮設住宅に至っては、津波の影響のない場所へというのが前提ですので、なかなか場所もないというのが現状のようです。

管総理はもちろん、各府省庁・自治体へ、政府が命令し、色々やっています。
上記URLの下の方を参照。



下記URLはほんの一部ですが、こんな具合で、色々と、頑張っています。
http://www.cao.go.jp/shien/2-shien/1-bunrui/4-bunrui110506.pdf
100や200の報告では済まないほど、やられているようです。



ただ、マスコミとしては、頑張っているものを放送するよりは、政治家が叩かれたり、誤ったりする姿を放送した方が受けるので、そういう情報が流れていますね。

元々、この津波対策や、原発推進運動などは、戦後、長年続いた自民党政権がやってきたこと。その対策や原発推進が間違い、そして、甘かったということを付け加えておきます。

自分も最初同じことを思いましたよ~。

でも、政府の地震情報・生活支援【東日本大震災への対応】
http://www.kantei.go.jp/saigai/index.html
という形で発表していたんですよ~。

マスコミは、そんなことは取り上げず、何もしていないとか遅すぎるとか言っていますが、結構やっていますよ。

といっても、普通の地震の災害のように、崩れた建物を修復するとか、仮設住宅を立てるといったこととは、わけが違い、津波で何もかも持っていかれた所の整備や修復。そして、仮設住宅に至っては、津波の影響のない場...続きを読む

Q9/28の東京大震災は

噂によると、科学的にも信頼できるんだとか。
あと、10日。
信じている人は、今、引っ越し・避難だと思いますが、この噂、どのぐらいの信憑性がありますか。

Aベストアンサー

一応大学で構造地質学を専攻していた者です(おちこぼれ学生でしたが)。
私も0%に1票です。
科学的にと言われましたが,10日も20日も前から,日付を特定した地震の予知が出来るほどには,残念ながら現在の科学は進んでいません。

じゃあ絶対にこの日には起きないかと言われると,そこまで断言はできないのです。
日本は地震国ですが,なかでも南関東は,いつ大地震が起きてもおかしくない地域の一つです。
しかも,東海地震なら予知ができるかも知れないといわれていますが,東京の真下で起きるいわゆる直下型地震は,ほぼ予知は無理だろうと思います。つまり不意打ちです。

インチキ予言者はそこにつけこむわけですね。
つまり,すごく確率は低いけれど,「偶然」当たるかも知れない。
仮に外れたとしても,いろいろな言い訳ができる。
たとえば,どこかよその地域で同じ時期に地震なり火山の噴火なりがあれば,「エネルギーがそっちに逃げてしまったから」などと適当に言っておけばよい。
また,「起きるには起きたけれど,エネルギーが分散して小さい地震になった」という言い訳もできる。
実際,人体に感じられないくらいの地震まで含めると,日本列島で観測される地震は1日に(1日ですよ。1ヶ月とかじゃなくて)平均して100~200回はあります。
そのなかから,震源が南関東で,人体にも多少感じられたぐらいの地震を適当に選んできて,「これを当てた」といえば,知らない人は「多少は当たったのかな」と思うかも知れません。
そして,究極の言い訳は「はずれて良かったじゃないですか,大震災が来なかったんだから」。

というわけで,外れたとしても誰も傷つかない,という非常にうまくできた「予言」なのです。

28日に大震災が起こるかどうか,それは分かりません。
しかし,それを信じて避難したとして,もしその日に何も起こらなかったら帰ってくるのでしょうか。
だとしたら,愚の骨頂というしかありません。
南関東の地下では,確実に地震のエネルギーが日々たまっているわけで,「いつ起こってもおかしくない」という状態には全く変わりがないわけですから。

一部の週刊誌は,売れればいいと思ってしょっちゅうこんな記事を載せますが,無責任な噂に振り回されて消耗するなんて馬鹿馬鹿しいことです。
それよりも,いつきても大丈夫なように,日頃から防災の備えをしておく方が,よほど役に立つと思います。

一応大学で構造地質学を専攻していた者です(おちこぼれ学生でしたが)。
私も0%に1票です。
科学的にと言われましたが,10日も20日も前から,日付を特定した地震の予知が出来るほどには,残念ながら現在の科学は進んでいません。

じゃあ絶対にこの日には起きないかと言われると,そこまで断言はできないのです。
日本は地震国ですが,なかでも南関東は,いつ大地震が起きてもおかしくない地域の一つです。
しかも,東海地震なら予知ができるかも知れないといわれていますが,東京の真下で起きるいわゆる...続きを読む

Q関東大震災!?

関東地方で大地震が起きるって本当なのでしょうか?私は今受験生で関東地方の大学も考えているのですが、恥ずかしい話、このことが頭に浮かんでくるとやはり恐ろしくなって決めかねています。絶対起こるとは限らないしほかの地方でも起こっていますが、やはり可能性は高いのでしょうか?また、関東地方といっても特にどこのあたりなのでしょうか。どうか教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 まず、前の方もおっしゃっているように、残念ながら現在の科学技術では、被害地震の発生について、1~2日程度の精度で、その規模・場所・日時を正確に予知することは無理とされています。ですから、近々関東地方で関東大震災級の地震が発生するという話があるなら、それはデマです。惑わされないで下さい。

 以下は、あくまで一般的な話として書きます。
 確かに関東(南関東)は地震によって被害を受ける確率が全国平均から見れば高いと思われます。日本は地殻変動の激しい「変動帯」で、その意味から言えばどの地域でも大きな地震が発生し被害に遭う可能性はあるのですが、やはり、場所によってその可能性の大小には多少差があります。
 「危ない」書き方ですが(この部分だけ過度に反応してもらっては困るという意味)、気象庁や地震予知連関連のサイトを見れば、「特定観測地域」(全国に8つほどあるそうです)が明示されているはずで、この「特定観測地域」というのは、簡単に言えば、今後被害的な地震が発生する可能性が高い地域ということです。また、地震には「地震保険」というものもありますが、その保険料は場所によって違うのです。参考URLを見て下さい。

 すごく簡単に言うと、被害を与える地震には大きく2つのタイプがあります。1つは2つのプレート境界の(この場合は海溝沿いの)巨大地震。2つは前者より地震そのものの規模は小さいが、足元の活断層が動くマスコミ命名の「直下型地震」です。「直下型」地震のほうは(やはり確率に多少の差はあるものの)日本中どこでも起こるかもしれませんが、海溝沿いの巨大地震は、やはり日本海溝などが近い太平洋沿岸地域が被害の可能性が高くなります。
 また、この海溝沿いの巨大地震は(あまり正確ではありませんが)周期的に発生する性質があり、その意味からも南関東は被害地震がそろそろ起こるかも知れないわけです。(しつこいようですが、それがいつになるかはっきりしません。明日かも知れないし、10年後かもしれないし、50年以上大丈夫かもしれません。)

 ですから、leekさんが、どうしても気になるなら、多少なりとも被害地震の確率が低い地域の大学を選んでもそれは自由です。(でも、せっかく安全な場所を選んだつもりでも、たまたま1000年に1度くらいの「直下型」地震で死ぬかも?)
 また、東京などで、地震で死ぬ確率よりも、ひょっとしたら交通事故や犯罪に巻き込まれて死ぬ確率のほうが高いのではありませんか(よくわかりませんが)?
 私的には、地震のことはあまり気にせず、自分が何をやりたいのかという、基本的というか普通の選択で、大学を選んで良いと思いますよ。
 

参考URL:http://www.sonsan.or.jp/publish/jaramasi/p38-42.pdf

 こんばんは。

 まず、前の方もおっしゃっているように、残念ながら現在の科学技術では、被害地震の発生について、1~2日程度の精度で、その規模・場所・日時を正確に予知することは無理とされています。ですから、近々関東地方で関東大震災級の地震が発生するという話があるなら、それはデマです。惑わされないで下さい。

 以下は、あくまで一般的な話として書きます。
 確かに関東(南関東)は地震によって被害を受ける確率が全国平均から見れば高いと思われます。日本は地殻変動の激しい「変動帯...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報