新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

会社によって違う説明を受けて混乱しておりますので、
是非アドバイスをお願い致します。

私は夫の扶養に入っており扶養控除内でダブルワークで現在働いております。
一つがメインのお仕事A(長期)で月5万くらいの収入があります。
扶養控除申告書に書き提出しました。

次にまた別の派遣にて二日間の単発の仕事をしたのですが、
営業の方に、「他の会社に扶養控除申告書を提出しててもこちらでも提出をお願いします。
メインは他の会社で提出済みという事なのでこちらに提出してもらう用には、
乙欄適用に○をして頂ければ大丈夫ですので。」と言われ、
乙欄適用というところに○をつけて普通に住所名前などを記入して提出しました。

そして今回もう一つの仕事B(長期)を見つけてきて、そちらでも提出を求められましたが、
会社の方には、メインの収入を得ている方に提出をしていたらこちらは書かなくて結構ですと言われました。
という事は、二日間の単発で提出した方のもいらなかったのでは?と思いました。

そして更に疑問が…。
今確かにAの会社がメインではあるので、
今回見つけたBの会社の方には扶養控除申告書は説明されたように提出はしないでおこうと
思っていたのですが、メインで働いている方の仕事がいつ終わるかわかりませんし、
収入が逆転するかもしれません。
つまり今の時点ではAはメインですが、今後新しく始めた仕事Bの方がメインに
なる可能性もあります。

その時になったら会社に話しをして扶養控除申告書を新たにもらって提出するのですか?
今の時点ではメインじゃないのでBの扶養控除申告書は提出しないでおいておくものでしょうか。

何かシステムがよくわからず、単発で提出した乙欄適用ってやつも出してよかったのかどうか…。

おわかりの方がいらっしゃいましたら是非アドバイスお願い致します。。。
宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>乙欄適用に○をして頂ければ大丈夫ですので。

」と言われ、
>乙欄適用というところに○をつけて普通に住所名前などを記入して提出しました。

実に奇怪な事業所です。

>そして今回もう一つの仕事B(長期)を見つけてきて、そちらでも提出を求められましたが、
会社の方には、メインの収入を得ている方に提出をしていたらこちらは書かなくて結構ですと言われました。

その会社のいうことが正論です。

>という事は、二日間の単発で提出した方のもいらなかったのでは?と思いました。

不要でした。

>つまり今の時点ではAはメインですが、今後新しく始めた仕事Bの方がメインに
なる可能性もあります。
>その時になったら会社に話しをして扶養控除申告書を新たにもらって提出するのですか?

そのとおりです。年の途中で扶養控除等異動申告書の提出先を変更することは可能です。

>今の時点ではメインじゃないのでBの扶養控除申告書は提出しないでおいておくものでしょうか。

そのとおりです。並行して働いている場合、2カ所に提出することはできません。

「乙欄適用」などと、本来存在しない字句を勝手につくって提出を求めた会社が奇抜なことをしただけです。

>2社目の方も一応扶養控除申告書を出しておいた方が良いでしょうか? 会社には一応メインは他にあるのですが、今後どうなるかわからない事を言うつもりですが、一応乙欄適用でお願いしますと一言伝えようかと思っています。

乙欄適用などという申告書は存在しませんので、提出はしません。前述のように、年の途中で提出先を変更することが可能ですから、メインになったそのとき提出なさってください。


[No.2より補足]
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変分かりやすい説明をありがとうございました!
納得がいきました!
なるほど…乙欄適用なんて存在しなかったんですね…。
いったい何に使われるのか怖くなってきました…。。。

あとあとの処理はどうするかよくわかりました!
ありがとうございます!

お礼日時:2012/02/24 22:40

>乙欄適用に○をして頂ければ大丈夫ですので。

」と言われ

扶養控除等異動申告書に 乙欄適用に○をつけるような ところはありませんが、なにかの間違いではありませんか。

その会社が独自の書式をつくって提出させたのかもしれません。

この回答への補足

会社側が扶養控除申告書の欄外に乙欄適用という欄を作っていました。
そちらに○をすれば大丈夫ですとの事でした。

補足日時:2012/02/23 21:21
    • good
    • 0

扶養控除申告書を出さなければ 乙欄を適用して源泉徴収します



ですから 乙欄適用なら 扶養控除申告書を提出する必要は無いですが、その会社では源泉徴収処理を確実にするために提出を求めたのでしょう

なお、年末調整の際に、適用する扶養控除を変更するよう扶養控除申告書の訂正が可能です
また 2個所以上からの給与所得ですから、確定申告が必要です
確定申告には、全ての会社の収入を合算し、諸々の控除を適用し、源泉徴収票を添付します
ですから、全ての会社で乙欄でも問題はありません、還付ですから年が明けたらすぐに申告ができます

全てを甲欄にしてしまうと、納付になりますから 2/16~3/15の申告になります

この回答への補足

という事は、2社目の方も一応扶養控除申告書を出しておいた方が良いでしょうか? 会社には一応メインは他にあるのですが、今後どうなるかわからない事を言うつもりですが、一応乙欄適用でお願いしますと一言伝えようかと思っています。

なかなか理解できずに申し訳ありません!

補足日時:2012/02/23 21:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乙欄適用というのが存在しないというのが今回わかりました…。
あまりに無知すぎて普通に書いてしまったのですが…。

ご相談に乗っていただきありがとうございました!

お礼日時:2012/02/24 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養控除等申告書を二ヶ所に提出してしまった場合の対処

こんにちは。似たような質問もかなりありましたが、
いまいちよく分からないので、こちらで質問させていただきます。

今、私は大学生で、二ヶ所の派遣会社で、アルバイトをしています。
そこで、二ヶ所の会社から、それぞれ扶養控除等申告書を提出したのですが(ほぼ同時期)、よくよく見たら、扶養控除等申告書は、同時に二ヶ所には提出できません、と書いてあるじゃありませんか!!

もうすでに提出してしまったのですが、
これって問題なのでしょうか??
もしかしたら、脱税になってしまうんですか??
私はどうすればいいんでしょうか??

困ってます。
助けてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,説明から…

◇「給与所得者の扶養控除等申告書」

・「給与所得者の扶養控除等申告書」は,ご質問のとおり2箇所に同時には提出できないこととなっています。
 なぜなら,この申告書は主たる勤務先に提出することとされているからです。

◇「給与所得者の源泉徴収税額表」

・質問者さんも含めて勤務先から給与をもらわれている方は,所得税の源泉徴収(給与天引き)がされますが(金額が少ない場合は0円の場合もあります。),その際の所得税の額は,「給与所得者の源泉徴収税額表」に定められています。つまり収入がいくらの場合は,所得税がいくらということが書かれている表です。

・この表には,「甲欄」「乙欄」があり(ちなみに「丙欄」もあります。),「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している方は「甲欄」,提出していない方は「乙欄」が適用されます。

・「甲欄」は「乙欄」より税額が低く設定されていますので,質問者さんは両方の給与について「甲欄」,つまり本来より低い税額が適用されていることになります。

----------------
 以上から,

>今,私は大学生で,二ヶ所の派遣会社で,アルバイトをしています。
そこで,二ヶ所の会社から,それぞれ扶養控除等申告書を提出したのですが(ほぼ同時期),よくよく見たら,扶養控除等申告書は,同時に二ヶ所には提出できません,と書いてあるじゃありませんか!!
もうすでに提出してしまったのですが,これって問題なのでしょうか??

・所得税法に反することですから,一方を取り下げてください。

>もしかしたら,脱税になってしまうんですか??

・源泉徴収は所得税の仮払いですから,来年の確定申告が終わるまでは脱税にはなりません。
 今年の12月31日までの収入について所得税を計算し,来年の確定申告が終った時点でその税額より少ない額しか納税しなければ脱税になります。

>私はどうすればいいんでしょうか??

・上記のとおり,一方の申告を取り下げられればよいです。

・なお,両方の勤務先の収入を合わせて103万円以下でしたら,「確定申告」をされれば所得税の額は0円ですので,そもそも脱税にはなりません。

 こんにちは。

 まず,説明から…

◇「給与所得者の扶養控除等申告書」

・「給与所得者の扶養控除等申告書」は,ご質問のとおり2箇所に同時には提出できないこととなっています。
 なぜなら,この申告書は主たる勤務先に提出することとされているからです。

◇「給与所得者の源泉徴収税額表」

・質問者さんも含めて勤務先から給与をもらわれている方は,所得税の源泉徴収(給与天引き)がされますが(金額が少ない場合は0円の場合もあります。),その際の所得税の額は,「給与所得者の源泉徴収税額表...続きを読む

Q二か所でパートしてる場合の扶養控除申告書の提出

12月から二か所でパートしています。
A社:二年前から働いている。今までは月3~5万の収入。12月からは月1万5千くらいの収入になる見込み。扶養控除申告書は提出済み。
B社:12月から勤務。月5~6万の収入になる見込み。

B社に「二か所から給与をもらってる人は年末調整をしてはいけないことになってるので、A社でも年末調整しないほうがいいのではないか」と言われてしまいました。今年はもう間に合わないので、A社で年末調整をしてもらい、B社分は確定申告をします。私は旦那の扶養に入ってます。
そこで質問なのですが・・・
(1)二か所で働いてると、二か所とも年末調整をしてはいけないのでしょうか?
(2)B社にそう言われてしまったので、掛け持ちが続いてる限り、来年もB社には扶養控除申告書を出せなさそうなので、来年もこのままA社に扶養控除申告書を提出し、B社で引かれた税額は再来年の確定申告で全額還付されるのでしょうか?
(3)それともB社が言うとおり、来年はA社B社ともに扶養控除申告書を提出しないで、再来年2社の源泉徴収票を持って確定申告に行けばいいのでしょうか?(因みにその場合、両社それぞれ毎月いくらくらい引かれてしまうのでしょうか?)
(4)いずれの方法でも2社合わせて月8万以下の収入なので、確定申告に行けば天引きされた税金はまるまる返ってくるんですよね?

いろいろ調べたり問い合わせしたりしたのですが、よくわからなかったので、よろしくお願いします。

12月から二か所でパートしています。
A社:二年前から働いている。今までは月3~5万の収入。12月からは月1万5千くらいの収入になる見込み。扶養控除申告書は提出済み。
B社:12月から勤務。月5~6万の収入になる見込み。

B社に「二か所から給与をもらってる人は年末調整をしてはいけないことになってるので、A社でも年末調整しないほうがいいのではないか」と言われてしまいました。今年はもう間に合わないので、A社で年末調整をしてもらい、B社分は確定申告をします。私は旦那の扶養に入ってます。
そこで...続きを読む

Aベストアンサー

>B社に「二か所から給与をもらってる人は年末調整をしてはいけないことになってるので、A社でも年末調整しないほうがいいのではないか」と言われてしまいました。

違います、2ヶ所から給与をもらっていれば1ヶ所には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して年末調整をしてもらう、もう1ヶ所では「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しないで年末調整はしない。
両方から源泉徴収票をもらって確定申告をする、と言うようになります。

>(1)二か所で働いてると、二か所とも年末調整をしてはいけないのでしょうか?

複数で働いている場合は、そのうちの1ヶ所だけに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して年末調整をしてもらう。
後のところは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出せずに年末調整をしない。
全てから源泉徴収票をもらい確定申告をする、となります。

>(2)B社にそう言われてしまったので、掛け持ちが続いてる限り、来年もB社には扶養控除申告書を出せなさそうなので、来年もこのままA社に扶養控除申告書を提出し、B社で引かれた税額は再来年の確定申告で全額還付されるのでしょうか?

そうですAに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出すればBには出せません。
そしてAとBの源泉徴収票で確定申告をして、還付されると言うことになります。

>(3)それともB社が言うとおり、来年はA社B社ともに扶養控除申告書を提出しないで、再来年2社の源泉徴収票を持って確定申告に行けばいいのでしょうか?(因みにその場合、両社それぞれ毎月いくらくらい引かれてしまうのでしょうか?)

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出せば甲欄ですので月額88000円以下なら源泉徴収はなし、出さなければ乙欄ですので3%の源泉徴収です。

>(4)いずれの方法でも2社合わせて月8万以下の収入なので、確定申告に行けば天引きされた税金はまるまる返ってくるんですよね?

そうなります。

>B社に「二か所から給与をもらってる人は年末調整をしてはいけないことになってるので、A社でも年末調整しないほうがいいのではないか」と言われてしまいました。

違います、2ヶ所から給与をもらっていれば1ヶ所には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して年末調整をしてもらう、もう1ヶ所では「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しないで年末調整はしない。
両方から源泉徴収票をもらって確定申告をする、と言うようになります。

>(1)二か所で働いてると、二か所とも年末調...続きを読む

QWワークの質問です。

Wワークの質問です。
ほかの方の同じような質問も読んでもよくわからないので教えて下さい。

私は、主人の扶養内でアルバイトをしています。時間に余裕があるのでもうひとつ仕事を増やそうと思っています。


今いっているところは、アルバイトでだいたい1日4時間、週4日で年間70万程度です。
毎年確定申告をしています。住民税はかかる金額ではありませんが、あれば普通徴収です。
WワークOKです。

これから行く新しい職場は、パート契約で、ひと月7~8万程度の予定です。
たぶんWワークはだめだと思います。

2つの収入が合算されると、主人の扶養から外れてしまう所得になってしまうかなとおもうんですが。

この場合、住民税などの税金や健康保険はどうなるのでしょうか。
新しい職場の給料から天引きとかになってしまいますか?
Wワークということは、ばれてしまいますか?ばれるとしたら、ばれない方法はありますか?

たとえば2箇所から源泉徴収票をもらって、自分で確定申告をすればよいとして、
新しい職場で、自分で確定申告したいのでって言ったら、どうしてか聞かれますよね?あやしまれませんか?

まとまらない文章ですみません・・・・
よろしくお願いします。

Wワークの質問です。
ほかの方の同じような質問も読んでもよくわからないので教えて下さい。

私は、主人の扶養内でアルバイトをしています。時間に余裕があるのでもうひとつ仕事を増やそうと思っています。


今いっているところは、アルバイトでだいたい1日4時間、週4日で年間70万程度です。
毎年確定申告をしています。住民税はかかる金額ではありませんが、あれば普通徴収です。
WワークOKです。

これから行く新しい職場は、パート契約で、ひと月7~8万程度の予定です。
たぶんWワークはだめだと思い...続きを読む

Aベストアンサー

>アルバイトでだいたい1日4時間、週4日で年間70万程度です。毎年確定申告をしています。
ということは、バイト先で年末調整されてないということですね。
「扶養控除等申告書」を出してないんでしょうか。
それを出せば確定申告する必要ありませんし、今の月収なら毎月の給料から所得税引かれません。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があると扶養からはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

>2つの収入が合算されると、主人の扶養から外れてしまう所得になってしまうかなとおもうんですが。
そのとおりです。
税金上の扶養も健康保険の扶養もはずれます。

>この場合、住民税などの税金や健康保険はどうなるのでしょうか。
貴方は会社の社会保険(健康保険、厚生年金)に加入するか、国民健康保険に加入しなくてはいけません。
なお、会社の社会保険は労働日数や時間が正社員の3/4以上なければ加入できません。
国保に加入の場合は国民年金にも加入します。
今年に限っては、税金の「配偶者特別控除」は可能です。
もちろん、所得税も住民税もかかります。
住民税は前年の所得に対して翌年課税なので、来年かかります。

>新しい職場の給料から天引きとかになってしまいますか?
それはわかりません。
所得税はもちろん天引きですが、住民税はわかりません。
パートは住民税を給料天引きにしない会社も多いです。

>Wワークということは、ばれてしまいますか?ばれるとしたら、ばれない方法はありますか?
通常、パートの会社からもバイト先からも「給与支払報告書」が役所に提出されます。
役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算し主たる収入の会社にバイト分の住民税も合わせて通知し給料から天引きしてもらいます。
そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。

これを防ぐには、確定申告してその申告書の第二表に「給与所得・公的年金等に係る住民税の徴収方法の選択」という欄があるので、そこで「自分で納付」にチェックを入れれば、バイト分の住民税の通知は貴方のところ郵送され本業の会社に行かないのでばれません。
バイトも「給与所得」ですが、ほとんどの役所でこの対応をしてくれます。
心配ならお住まいの役所に電話などで確認されたらいいと思います。

これも、パート先が給料天引きしないならその必要もありませんが…。

>たとえば2箇所から源泉徴収票をもらって、自分で確定申告をすればよいとして、
新しい職場で、自分で確定申告したいのでって言ったら、どうしてか聞かれますよね?あやしまれませんか?
そんなこと言う必要ありません。
パート先でパートの分の年末調整はしてもらい、その後自分で確定申告すればいいです。
「扶養控除等申告書」は1か所にしか出せないので、パート先にそれを出せばバイト先には出せません。
いずれにしろ、パート先でもバイト先でもバイトの分は年末調整はできません。
なので、パート分とバイト分を合わせて確定申告して所得税の精算をするわけです。
なお、確定申告したことがパート先に通知されることもありません。

>アルバイトでだいたい1日4時間、週4日で年間70万程度です。毎年確定申告をしています。
ということは、バイト先で年末調整されてないということですね。
「扶養控除等申告書」を出してないんでしょうか。
それを出せば確定申告する必要ありませんし、今の月収なら毎月の給料から所得税引かれません。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう...続きを読む

Qダブルワーク 扶養控除等申告書 マイナンバー

ダブルワークをしています。

今までは本業の会社に扶養控除等申告書を提出し年末調整、バイト先では扶養控除等申告書を提出せず2社分の源泉徴収額を集めて個人で確定申告しています。

今まで本業ではないバイト先から扶養控除等申告書の提出は求められませんでした。乙欄でやっていたので。しかし今年になって扶養控除等申告書を提出してくださいと求められました。扶養控除等申告書は主たる会社に提出するもので提出先は一社のみというのが今までの私の認識です。

今年と去年で変わった点といえばマイナンバー。今年から源泉徴収の関係でマイナンバーの提出はどの会社に対しても必要になるということはわかるのですが、そのマイナンバー収集方法として扶養控除等申告書が利用されるということなのでしょうか?

扶養控除等申告書でマイナンバーを収集するとなると扶養控除等申告書を二社に提出することになりますよね。なぜバイト先から扶養控除等申告書の提出を求められるのか疑念をもっています。私はバイト先が間違っていると思うのですが、マイナンバー絡みだと新制度のためよくわかりません。

このバイト先の対応は合っているのでしょうか。教えてください。

ダブルワークをしています。

今までは本業の会社に扶養控除等申告書を提出し年末調整、バイト先では扶養控除等申告書を提出せず2社分の源泉徴収額を集めて個人で確定申告しています。

今まで本業ではないバイト先から扶養控除等申告書の提出は求められませんでした。乙欄でやっていたので。しかし今年になって扶養控除等申告書を提出してくださいと求められました。扶養控除等申告書は主たる会社に提出するもので提出先は一社のみというのが今までの私の認識です。

今年と去年で変わった点といえばマイ...続きを読む

Aベストアンサー

平成28年分以降の源泉徴収票については、支払者は支払相手の個人番号を記載することになっていますので、乙欄給与の場合でも、支払者は貴方の個人番号を知る必要はあります。
また、「従たる給与についての扶養控除等異動申告書」というのもありますから、いかなる場合でも1か所にしか申告書を提出できないわけではなく、従たる給与についての扶養控除等異動申告書を提出できる場合はそこに個人番号を記載します。
 (*従たる給与にかかる扶養控除等異動申告書を提出できる場合とは、主たる給与からだけでは配偶者控除などの控除が全額できないと見込まれる場合に限ります)
 貴方が上記に該当しない場合(1か所にしか提出できない場合)は、扶養控除等異動申告書に記載させて個人番号を知る方法は貴方のお考えの通り間違いです。
 
「個人番号の記載された住民票の写し」などを提出するなどが適切と考えられます。
(参考
http://keiei.freee.co.jp/2015/07/13/my_number_nenmatsutyousei/

平成28年以降の扶養控除等異動申告書には個人番号を記載する「枠」が備わっているため簡単に記載してもらえそうなので、質問文にある「マイナンバー収集方法として扶養控除等申告書を利用する」対応になってしまったと推測されます。

平成28年分以降の源泉徴収票については、支払者は支払相手の個人番号を記載することになっていますので、乙欄給与の場合でも、支払者は貴方の個人番号を知る必要はあります。
また、「従たる給与についての扶養控除等異動申告書」というのもありますから、いかなる場合でも1か所にしか申告書を提出できないわけではなく、従たる給与についての扶養控除等異動申告書を提出できる場合はそこに個人番号を記載します。
 (*従たる給与にかかる扶養控除等異動申告書を提出できる場合とは、主たる給与からだけでは配...続きを読む

Qダブルワークで扶養からはずれる場合

先月末からダブルワークを始めました。

Aの所では週5で週20時間くらい+αの支給がありだいたい月7万強。
Bの所では週4で週16時間くらいでだいたい月5万前後の予定。
Bの所を先月末から始めました。Aの所は3年勤めています。

現在主人の扶養に入っていて、家族手当も頂いています。

こちらで色々検索して130万の壁にぶつかり(年間130万に収めればよいかと安易に考えていました)、このままだとすぐに扶養を抜けなければ?と焦っています。

恐らくどちらの会社でも就業時間とか日数の関係で社会保険は厳しいかな?と思っています。
なので自分で国保等に加入しなければならないのかと思っています。

残念ながらかなりの働き損ゾーンで微妙~になるのは理解できました。

ただ子どもがいるので、就業時間等で条件が合い仕事内容はどちらも魅力的なのでやり甲斐としてはあります。
また月々のお給料を10万に収めながら・・・と計算しながら増減するのも大変ですし、どちらの仕事も簡単には減らす事はしづらいので、潔く主人の扶養を抜けた方がむしろ思い切り仕事ができるし、時々の時間増も可能かもという結論になりました。

こういう場合は合算での月10万超えなので国保等に加入する場合に必要な所得証明?のようなモノは両方から頂くのでしょうか?

とりあえず2月は月末からの就業だったので10万は超えていないのですが、こういう場合の手続きはいつくらいにした方がよいのか教えて頂けますか?

またその他何か気をつける事等アドバイスなどありましたらお願いします。

先月末からダブルワークを始めました。

Aの所では週5で週20時間くらい+αの支給がありだいたい月7万強。
Bの所では週4で週16時間くらいでだいたい月5万前後の予定。
Bの所を先月末から始めました。Aの所は3年勤めています。

現在主人の扶養に入っていて、家族手当も頂いています。

こちらで色々検索して130万の壁にぶつかり(年間130万に収めればよいかと安易に考えていました)、このままだとすぐに扶養を抜けなければ?と焦っています。

恐らくどちらの会社でも就業時間とか日数の関係で...続きを読む

Aベストアンサー

>現在主人の扶養に入っていて…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

1. 税法の話であれば、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、それぞれ今年分の判断をするということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>国保等に加入する場合に必要な所得証明?のようなモノは両方から…

国保に、現在いくら儲けているかは関係ありません。
前年 (今の時期ならまだ 23年分) の所得状況によるだけです。
23年が年末調整または確定申告がきちんと行われているなら、市役所は分かっていますから、あなたから特に所得うんぬんは言い出さなくても良いです。

23年に年末調整も確定申告もしていないのなら、23年の所得状況が分かる資料を持って行かなければなりません。

>こういう場合の手続きはいつくらいにした方がよいのか…

国保の加入手続より社保の脱退手続が先ですが、社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことを夫の会社、健保組合にお問い合わせください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>現在主人の扶養に入っていて…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

1. 税法の話であれば、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり...続きを読む

Q複数の会社からの給与合計が103万を超えた場合

いろいろ検索してみたけれどわからないので教えて下さい。

現在、夫の扶養の範囲内でパートをしています。
昨年までパート収入は70万前後だったので夫の配偶者控除で年末調整も私自身では特に何もする事はありませんでした。
今年になってから掛け持ちでパートを始め、もう1つの職場からの収入が50万円ほどになりそうです。
2つのパート先からの給与を合計すると103万円以上130万円未満になるのですがその場合103万円を超えると払う事になるらしい所得税と住民税はどのようにして支払ったらいいのでしょうか?
1か所からの収入だとその会社でやってくれそうですが2か所からの収入の合計になるとどうしたらいいのでしょうか?
夫の会社には家族手当の様なものは何もないので私の収入が増える事によって貰えなくなる手当はないのですが夫の会社にも届け出なければならないのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>現在、夫の扶養の範囲内で…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあぜいきんのカテですから 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>103万円を超えると払う事になるらしい所得税と住民税は…

103万円を超えると直ちに所得税が発生するわけではありません。

103万円というのは、
「基礎控除以外の所得控除に一つも該当するものがなければ」
の枕詞が付いたときの話です。
自分で生命保険をかけているとか、多額の医療費を使ったなど、基礎控除以外の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
に該当するものがあれば、それらを上回るまで所得税は発生しません。

百歩譲って、基礎控除以外の所得控除に一つも該当するものがないとしても、事由民税はもっと低い数字でかかり始めます。
自治体によって若干異なることがありますが、給与収入で 95~98万以上
あれば、翌年に住民税が発生します。

>どのようにして支払ったらいいのでしょうか…

年末現在で並行して 2社以上から給与を得ている人は、年が明けてから自分で確定申告です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

確定申告とは、所得税を自分で計算して自分で納めにいくことです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

ただ、給与である限り、所得税を取らぬ狸の皮算用で前払いさせられているはずですから、確定申告は狩りの成果との不足分を納めるだけで良いです。
狩りの成果より皮算用のほうが多い場合も多々あり、この場合は多すぎる分が返ってきます。

確定申告さえ正しく行っておけば、あとはだまっていても 6月頃に住民税の納付通知書が自宅に届きます。

>夫の会社にも届け出なければならないの…

120万ほどなら配偶者控除でなく配偶者特別控除になりますので、夫の年末調整に関係してきます。

もちろん、会社にはだまっていて年末調整で配偶者控除を取っても良いですが、その場合は夫も 3/15 までに確定申告をして、配偶者控除を配偶者特別控除に訂正しないといけなくなります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>現在、夫の扶養の範囲内で…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあぜいきんのカテですから 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるも...続きを読む

Q主婦の賢い働き方。パート+かけもちでバイトだと???

これから、パートを始めようとしています。
税金面で損をしない働き方をしたいので、知恵を貸してください。


これから始める仕事。
月収、8万円弱の見込みで扶養内でのパートです。


実のところ、もう少し収入が欲しいところです。

おしえてグーを見ていると。

一番いいのは、年収180万以上稼ぐこと。
次は、103万以内に収めること。
120万位は、まあまあ。

130万~150万だと、逆に税金を引かれて損をする。

ことがわかりました。


かけもちをするとしたら、
月収いくらくらいなら、損をしない働き方でしょうか?

2つの職場の年収を合算すれば、いいだけでしょうか??

イマイチ、わからないので教えて下さい!!

主人は会社員で社会保険に加入しています。
家族手当はありません。

Aベストアンサー

>主人は会社員で社会保険に加入しています。家族手当はありません
 ・貴方がご主人の健康保険の扶養になっていて、国民年金の弟3号被保険者なら・・貴方に対する健康保険料・国民年金保険料は0円です
 ・この扶養状態で居る為には、月の給与収入(パート等の収入)は108333円を超えないようにする必要があります
  (この金額には、別途支給の通勤交通費も含まれます)
 ・この金額を超えた場合は、これから先の1年間の収入見込みが130万を超えることになりますから、扶養から外れる必要が生じます
  (108333円×12ヶ月は1299996円になります、108334円だと130万8円で130万を超えます)
 ・扶養から外れた場合に、貴方自身で、国民健康保険・国民年金の保険料を負担しなければいけなくなります
  この保険料の出費により手取金額がその分減ってしまいます
  それで、扶養でいられるギリギリの130万弱と150万~160万(保険料の支払が生じる)の手取額が同じ様になるわけです
  それで、手取額を増やすには、180万以上とか、尚且つ社会保険(健康保険・厚生年金)に入れる働き方とか(社会保険料の方が国保+国民年金の保険料より安い場合が多いので)になるわけです

>主人は会社員で社会保険に加入しています。家族手当はありません
 ・貴方がご主人の健康保険の扶養になっていて、国民年金の弟3号被保険者なら・・貴方に対する健康保険料・国民年金保険料は0円です
 ・この扶養状態で居る為には、月の給与収入(パート等の収入)は108333円を超えないようにする必要があります
  (この金額には、別途支給の通勤交通費も含まれます)
 ・この金額を超えた場合は、これから先の1年間の収入見込みが130万を超えることになりますから、扶養から外れる必要が生じます
 ...続きを読む

QWワークで社会保険加入はどうなりますか?

私は現在は、主人の扶養になっており健康保険、年金も主人のものに入っていますが、もし、Wワークをして、例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要がでてくると思います。年金も正社員なら会社が半分負担で社会保険に加入出来ますが、Wワークの場合どうしたらいいでしょうか?相談窓口などご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

当方、知識は古いですが、企業で今も実務を行っている「勤務社会保険労務士」です。
久しぶりに訪れたら・・・法律に基づかない回答が幅を利かせていますね。


> 健康保険、年金も主人のものに入っていますが
以下の状況と言う事ですね。
 健康保険⇒被扶養者として加入中
 国民年金⇒第3号被保険者として加入中


> 例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、
> 年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要が
> でてくると思います。
「そもそも」の話しから書きます。

 実際には雇っている側が強いので「そんなこと言うなら来なくて結構です」と言われてしまいますが、健康保険及び厚生年金の適用事業所で働く者は、収入額が月額8万を超えていようが下回っていようが、労働条件[日数]が正社員と比べて「大凡4分の3以上」であれば強制加入。
  ⇒これが所謂「4分の3基準」と言うモノであり、回答を書いている時点ではこの基準が生きています。
  ⇒回答文の最後に【参考】として通達要旨を載せておきますが・・・世間では「4分の3に満たないモノは加入できない」「法定労働時間が週40時間だから、週30時間未満は加入できないとする通達だ」「4週間(又は月)の労働時間が120時間までは加入させなくてもよいと言う業界慣例はこの通達が根拠だよ」と誤解・誤用されていますが、加入させない(出来ない)という規定は法律および行政通達には存在しません。唯一、法条文(厚生年金保険法で言えば第12条)に定めのある「適用除外」に該当する労働者は加入できません。
  ☆こちらのサイトがこの事を簡易に説明しています☆
   http://www.geocities.jp/srkonuma/tekiyou2.html

で、複数の適用事業で働く被保険者(=労働者)は、健康保険法や厚生年金保険法の政省令に定めにより、「私は2以上の適用事業所に加入しています」と言う届出を『年金事務所』へ提出しなければなりません。
 【日本年金機構hp】
  〇複数の事業所に雇用されるようになったときの手続き
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2268

この届出を行う事で、両方の会社からもらっている賃金の合計額を計算基礎とした保険料徴収が実施され、いざと言う時などに健康保険や厚生年金から給付される額が増えます。

但し、上記届出を行う際には保険料を納める責任を負う「事業所a」を指定しなければなりません。


> 相談窓口などご存知でしたら教えて下さい。
先ずは、勤め先の住所地を管轄する年金事務所ですね。
 【日本年金機構hp】
  〇全国の相談・手続き窓口
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/  
それ以外にも
(1)各都道府県に設立されている「労政事務所」と言う公的機関も相談に乗ってくれます。
(2)各都道府県ごとに「社会保険労務士会」と言う公的資格「社会保険労務士」の団体が設立されており、そこが無料相談会や電話相談を実施していることが有ります[全ての都道府県で実施されているか確認していないので]
 【全国社会保険労務士会連合会hp】
〇都道府県社会保険労務士会&会員リスト
 http://www.shakaihokenroumushi.jp/footer/list/




【参考】
パートタイマー等に対する健康保険および厚生年金保険の適用基準(いわゆる4分の3基準の根拠)
○昭和55年6月6日付け指導文書(都道府県民生主管部(局)保険課(部)長あて 厚生省保険局保険課長・社会保険庁医療保険部健康保険課長・同年金保険部厚生年金保険課長連名)


【要旨】
  事業所の使用者に対する厚生年金保険の適用については、当該就労者が当該事業所と常用的使用関係にあるか否かにより判断すべきものであるが、短時間就労者(いわゆるパートタイマー)に係る常用的関係の判断については、次の点に留意すべきである。
  ①常用的関係にあるか否かは、当該就労者の労働日数、労働時間、就労形態、職務内容等を総合的に勘案して認定すべきものであること。
  ②その場合、1日または1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が当該事業所において同種の業務に従事する通常の就労者の所定労働時間および所定労働日数のおおむね4分の3以上である就労者については健康保険および厚生年金保険の被保険者として取り扱うべきものであること。
  ③上記②に該当する者以外の者であっても、①の趣旨に従い、被保険者として取り扱うことが適当な場合があると考えられるので、その認定にあたっては、当該就労者の就労の形態等個々具体的事例に即して判断すべきものであること。
  <http://www.rd.mmtr.or.jp/~yamamasa/top.htm>

当方、知識は古いですが、企業で今も実務を行っている「勤務社会保険労務士」です。
久しぶりに訪れたら・・・法律に基づかない回答が幅を利かせていますね。


> 健康保険、年金も主人のものに入っていますが
以下の状況と言う事ですね。
 健康保険⇒被扶養者として加入中
 国民年金⇒第3号被保険者として加入中


> 例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、
> 年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要が
> でてくると思います。
「そも...続きを読む

Q扶養控除等申告書とは?

ぶしつけなご質問なんですが、「扶養控除等申告書」とは
どういった目的で会社に提出するのでしょうか?。これって毎年
提出でしたっけ?。

実は昨年1月に提出が間に合わず「月額表の乙欄により源泉徴収されるべきこととなります」とかで大変高い額を控除されてしまいました。
※すぐに会社に申請して次月からは「甲欄の額」になりました

なんで乙欄になり高い額を控除されたのかも良くわからないのですが・・。

すみませんがアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

会社から給与をもらっている人は、毎月のお給料から所得税を
源泉徴収(天引き)されていますよね?

その天引きする所得税の額というのが、支払い給与の額によって
決まっていて、一覧表になっているのです。
で、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を年初に提出すると
甲欄の額で引きなさいと税法で決まっているのです。
だから、未提出の人は乙欄(金額が高い)で天引きされます。

そもそも「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」とは、
各家庭の扶養家族とか配偶者の所得を把握するための書類で、
年末にその書類を基に年末調整します。

しかし、最終的には、年末調整するわけですから、払いすぎていた
分は還付されるので損得はありません。
もし、仮にずっと提出していなかったら、年末調整できないので、
翌年に自分で確定申告して還付を受けることになります。

年度の途中で子供が生まれたり、配偶者がパートで働いたり、
扶養家族に異動があった場合にも、逐次会社に提出しなければ
いけません。

QWワークの確定申告について教えてください。

Wワークの確定申告について教えてください。
今月から家庭の事情により、Wワークをせざるを得なくなりました。
主たる勤務先(正社員)にアルバイトをしていることがわかると大変問題なので悩んでいます。
勤務先の収入とアルバイト先の収入の両方の確定申告方法について、教えてください。
勤務先ではもうすぐ年末調整の手続きが始まります。
この年末調整と確定申告とは関係がありますか?
また確定申告は、勤務先/アルバイト先の両方の確定申告が必要とのことですが、どのように手続きするものなのか、教えてください。
アルバイトでの収入は月6万円程度で今月から始めたばかりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この年末調整と確定申告とは関係がありますか?
いいえ。
普通に年末調整すればいいです。

>また確定申告は、勤務先/アルバイト先の両方の確定申告が必要とのことですが、どのように手続きするものなのか、教えてください。
本業分とバイト分の源泉徴収票、印鑑を持って、税務署に行き確定申告します。

>アルバイトでの収入は月6万円程度で今月から始めたばかりです。
2か所以上から給与をもらっている場合、副業分の年収が20万円以下なら確定申告の必要はありません。
ただし、貴方の場合は確定申告をしたほうがいいです。
「所得税の確定申告」ではなく、「住民税の申告」でもいいです。
「住民税の申告」も両方の源泉徴収票、印鑑があればできます。
理由は次のとおりです。

通常、本業の会社からもバイト先からも「給与支払報告書」が役所に提出されます。
役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算し本業の会社にバイト分の住民税も合わせて通知し給料から天引きしてもらいます。
そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。

これを防ぐには、確定申告してその申告書の第二表に「給与所得・公的年金等に係る所得以外の住民税の徴収方法の選択」という欄があるので、そこで「自分で納付」にチェックを入れれば、バイト分の住民税の通知は貴方のところ郵送され本業の会社に行かないのでばれません。
バイトも「給与所得」ですが、ほとんどの役所でこの対応をしてくれます。
心配ならお住まいの役所に電話などで確認されたらいいと思います。

>この年末調整と確定申告とは関係がありますか?
いいえ。
普通に年末調整すればいいです。

>また確定申告は、勤務先/アルバイト先の両方の確定申告が必要とのことですが、どのように手続きするものなのか、教えてください。
本業分とバイト分の源泉徴収票、印鑑を持って、税務署に行き確定申告します。

>アルバイトでの収入は月6万円程度で今月から始めたばかりです。
2か所以上から給与をもらっている場合、副業分の年収が20万円以下なら確定申告の必要はありません。
ただし、貴方の場合は確定申告を...続きを読む


人気Q&Aランキング